2043. 海までサイクリング(直江津) 平成29年5月23日(火)

海までサイクリング(直江津) 平成29年5月23日(火) 



群馬県民は海が好き。

f0131183_19232092.jpg



………



毎年恒例のロングライド。

 八ヶ岳自走 →リンク

 渋峠自走 →リンク

 福井半周(北陸新幹線開業記念) →リンク

と続いて、今年はどこへ?


トラックと信号が少なくて、トンネルのない場所。

結構限定されます。

さらに放射能の少ないところとなると、、


今年の目的地は日本海の直江津(新潟県上越市)。

いわゆる、上杉謙信の春日山です。

f0131183_19124544.png

直線的に最短ルートは、志賀高原の渋峠経由。しかし標高2000mをクリアできる自信がない。

最低標高ルートは千曲川沿いで長野市経由。ただし、市街地で信号の多い道。

その中間が、菅平経由。菅平は標高1200mのスキー場。名前からして、平らっぽいから、これくらいなら行けるでしょ。

予想距離200km



………



ハルヒル翌日の月曜日。

自転車的には完全休養日。昨日のうちに整備も済んでいるので何もしない。


夜、子供が9時半まで卓球の練習。

その送迎が終わったら、子供よりも先に就寝。夜10時。



すぐに火曜日。

2時起床。興奮しているので全然眠くない。

なんやかんやと家事を済ませてたら、もう3時。

職場でロードに乗り換えて、さあ出発。3時半。

f0131183_19225154.jpg

軽井沢までは、通いなれた道。

前橋→安中→松井田(市街地)→碓氷峠旧道→軽井沢


国道18号はトラックが多いので、なるべく迂回。

碓氷峠入り口の坂本宿で空が明るくなってきた。

とんがってる山は妙義山。

f0131183_19162790.jpg

ここから碓氷峠旧道を上がれば軽井沢。


ハルヒル直後だと、碓氷峠が平坦すぎる。

「これって下り坂ですか?」と感じる。決して誇張ではない。時速20kmで180個のカーブを上りきると、軽井沢に到着。

f0131183_19223732.jpg

AM5:30

距離55km。休憩なし。2時間で到着。


でもまだ予定よりも遅れている。急ごう。

標高900mの軽井沢から、標高600mの上田まではくだり基調。

浅間サンラインという直線道路は自転車にも最高だけど、流通業界にも最適らしい。トラックがガンガン走っている。トンネルも2つある。

あまり走りたくない道だけど、仕方ない。



AM6時過ぎ、

上田の手前、「東部湯の丸IC」近くの鞍掛交差点のセブンイレブンに到着。

約75km地点。

ここから先は、菅平まで休憩地はない。


さっき軽井沢で休憩したばかりだけど、当然、立ち寄る。そして、たくさん買い込む。

コーラを買って、全部飲みきれなかったけど、


 「捨てようと思えば、いつでも捨てられる」


ので、飲み残しもリュックに背負っていく。



………



鞍掛のセブンイレブンから菅平へ。


標高は、

 鞍掛 600m

 菅平口 900m(草津方面への分岐)

 菅平 1200m


距離は、

 鞍掛→菅平口 約20km

 菅平口→菅平 約5km


菅平口までは距離20kmで標高差300m。

ま、平坦みたいなもんだ。

 と思って、出発したが、、、


ルートは県道4号。

地図ではよくわからなかったが、上田(真田)の市街地を通らない山道だ。

10%程度の上り坂が、何度もやってくる。

そして、もったいないくらいに下り坂もある。

真田本城跡のすぐ脇を通る、ってことは、容易に想像できる難所。


想定外のヒルクライムのため、菅平口の手前でヘトヘトとなり休憩。

f0131183_19183298.jpg

さっき捨てずにおいたコーラを飲み干し、さらにボトルのポカリも消費。

残り水分がギリギリだ。


というか、さっきセブンイレブンで休憩してよかった。

というか、コーラを捨てずによかった。



菅平口から菅平までは、想定内の上り坂。

約5kmで300m。

「坂」とわかっていれば、それほどでもない。

想定していれば、それほどでもない。

登坂車線があるので、トラックの被害も少ない。しいて言えば、朝8時なのに日差しが強すぎる。

f0131183_19185113.jpg


8時半。菅平に到着。

f0131183_19175761.jpg

f0131183_19110132.png

自宅から100km

自宅から5時間。

予定通りの平均時速20km

このペースで走れば、13時に直江津に到着して、春日山城か日帰り温泉に寄っても、直江津駅15時の電車に乗れる、はず。

f0131183_19174464.jpg

↑菅平のセブンイレブン。お世話になります!



………



さぁ、あとは下り坂。

有名な小布施(標高300m)まで一気に下る。

f0131183_19181210.jpg

途中、猿の群れを発見。

本当は危ないから、近寄っちゃいけない。猿は恐いよ。

f0131183_19171087.jpg

須坂→小布施→中野 と、長野市周辺の小都市を通過。

↓千曲川を渡ると、次のチェックポイントの飯山市。140km

f0131183_19115789.jpg

千曲川は八ヶ岳・佐久から流れてきているのだから、川沿いに走れば、理論上は「下り」だけで、ここまで来れるのにね。菅平なんて経由しなくていいのに?

↓飯山地方の一般的な景色

f0131183_19121494.jpg

信越地域の穀倉地帯。「ハンの木」が点在。のどかで懐かしい景色です。大好き。



………



飯山まで来たら、ゴールは近い。

あと50kmちょっと。


国道292号で、斑尾スキー場を回り込むようにして日本海側へ抜ける。

最後の峠は、標高600m。飯山からの標高差は、たったの300m。

しかし、距離3kmで300m登る。10%!

終盤に来ての10%は、かなり堪えます。

f0131183_19165750.jpg

しかも、天気予報どおりの、向かい風(北風6m)。

登りきったところにある「商店」は、まさにオアシス。

こんなところで、僕以外、誰が利用するんだろ?

f0131183_19164225.jpg

あとは直江津まで一本道の下り坂。


予定時刻に遅れているので急ぎたいが、お尻が痛い。思いっきりペダルが回せない。

下り坂では、ただ座っているだけ。位置エネルギーだけで走る。



新井市街地(妙高)に入ると、残り10kmは平坦な一般道。

北風が強く、信号もたくさん。

お尻の痛みもあり、時速30kmが精一杯。

信号待ちを繰り返しながら、最後の10kmだけで、1時間くらいかかった。



やや低血糖になりながら、十分にヘトヘトで日本海にゴール!

190km、約10時間。

f0131183_19112307.png

ゴールは、海辺にある上越水族館。


あれ?水族館がない?

なんと新築中だ。

f0131183_19172814.jpg

上越水族館は、ナポレオンフィッシュや、ウツボが泳いでいる、個人的には評価の高い水族館。数年前に家族で来たときは大混雑だった。

その人気のために、新装大開店なんですね。納得。



とりあえず、海で記念撮影。日差しが強すぎて、写真うつりが悪い。

f0131183_19221866.jpg

大衆食堂「いるか」で、いくら丼。

海辺で食べられるなんて、最高です。このために、ここへ来た。

f0131183_19230541.jpg

カニ汁、イカ焼きが付いて1000円。

低血糖と低塩分を思いっきり補給できる。



………



いくら丼を食べたら、春日山も温泉もあきらめて、直江津駅へ。

そんなにゆっくりはできない。

自転車を収納して、


14:50 直江津駅で乗車

15:00 妙高高原駅


新幹線の乗り換えまで、休憩やお土産や。

↓そこで見つけた「意味不明な」お土産。

f0131183_19220430.jpg

どこがおかしい?

気が付かない人は「戦国鍋TV」を見ましょう。

(上杉と真田は敵対関係だし、大名と陪臣だから並べるのもおかしいし、そもそも直江津と真田は縁がないし、、、でも、長男が喜ぶから全然OK!)



15:50 新幹線に乗って、めでたく乾杯!

f0131183_19114409.jpg

17:20 新前橋到着

 自転車をきれいに拭いて、片付けて、、


19:30 長男と卓球の練習(本当のゴール)

楽しかった一日が終了。



………



本日の水分補給量

ポカリ500 : 6本

その他ジュース : 6本

アイス : 4個


計算上、7リットル以上の水分を補給したはずだが、トイレは2回だけ。







[PR]

by akogarehotel | 2017-05-25 19:04 | あちこち旅行記 | Comments(8)  

Commented by マサノリ・ツキノ at 2017-05-26 19:08 x
ちゃんと見てました。見てましたが最近忙しくて・・・
中々コメント書けませんでした。
200㎞ってあんた・・・人間じゃねぇ。
私2㎞でもやだよ>自転車漕ぐの

意味不明なお土産にはワロタ。つーか、軽く腹立ちますが。
それって巨人の帽子に阪神のユニフォーム着て応援するのに等しい
行為ですがな。
お土産作るなら最低限の知識を持っておいて欲しいですね。
Commented by akogarehotel at 2017-05-27 05:41
ツキノさん

いつもありがとう。

2kmくらいで文句を言うな!
20kmくらい気軽に乗って、ぬくぬくさんと戦ってください。

上杉真田のタオルは本当に意味不明です。パロディが狙いなのかな?
外人向け?というには観光客は日本人ばかりでした。
Commented by 音三郎 at 2017-05-27 07:18 x
お遍路の旅も自転車で挑戦しそうで期待してます。
Commented by 幸福 at 2017-05-27 09:02 x
もうちょっと頑張って弥彦競輪場へ!
Commented by akogarehotel at 2017-05-27 16:49
音三郎さん

四国一周は楽しそうですよね。
でも、歩く人からにらまれそう。
真面目に答えると、自転車的には、瀬戸内一周というコースがあります。
Commented by akogarehotel at 2017-05-27 16:51
幸福さん

弥彦に行くには、国道17号の三国トンネルを通らないといけない。日本最長のトンネル(だった時期もある)ので、自転車ではほぼ不可能です。

が、飯山から回りこめ、ってことですよね。
飯山→津南→十日町→ というローカルな地域を抜けると長岡から弥彦へ行けますね。

うん、不可能ではない。
Commented by 音三郎 at 2017-05-28 05:53 x
弥彦競輪場に行くと弥彦温泉と群馬競輪場まで行きたくなります。
Commented by akogarehotel at 2017-05-28 14:10
音三郎さん

弥彦競輪場に行ったことがあるのですか?!

弥彦温泉まではよいですが、弥彦と群馬は意外と遠いです。体感的に、群馬―新潟間は、群馬ー東京間の2倍くらいあります。
名前
URL
削除用パスワード

<< 2044. 前橋高校水球部OB... 2042. ハルヒル(榛名山ヒ... >>