2057. 関東選手権という大会 平成29年7月9日(日)

関東選手権という大会 平成29年7月9日(日)



日曜日のお仕事。

グリーンドーム医務室。

f0131183_00232805.jpg

関東選手権:

県別の対抗戦。社会人大学生高校生が、ごちゃまぜで対戦する。若手に経験を積ませる試合とのこと(シミズさん)。



外は気温35℃の炎天下。

でもグリーンドームは冷房完備。

こんな日に屋外で運動したら死んじゃうよ。ドーム万歳。

f0131183_00231062.jpg

しかも、モニターでは小松島記念放映中。

競輪を見ながら仕事をしていい職場があるか??



………



ということで、医務係。

誰も何も起こさなければ、なーーんにも仕事がないのだけれど、そうはいかない。

ケイリン女子で落車。


最終4コーナーで足が終わって、外によれた。これは致命的。

なおかつハンドルから手を離して、ペダルも止めた。

今回が初レースだという。是非もなし。

顔面から落下して、脳震盪と顔面裂傷。救急車搬送。



みなさん、落車しないでください。

審判が許しても、俺が許さない。



………


f0131183_00253237.jpg

ケイリン競走の先頭誘導員は、水島洋一さんという元選手。(上の写真の最内の白い競輪用ヘルメット)

名前、知ってるよね?あまりにも有名すぎる。

誇張なく、20回くらいは予想紙で見て、3回くらいは現地で応援したことがある。


その水島さんの弟が医者だそうで、まずビックリ1。

しかも、専門が神経内科(群馬大学)と聞いて、ビックリ2。

モロ同業者です。神経内科って、医者のなかでもずば抜けて希少種なんです。

神経内科と競輪選手の兄弟が存在しうるってのも驚きです。

水島さん自身は、3年前に「50歳になったので引退した」と。



………



競技としての「ケイリン」は先頭誘導員が時速50kmで走ります。速度を安定させるため、バイクか電動機付自転車を使います。今回は電動機付自転車でしたが、


「電動機なんかなくても時速50kmで誘導できるよ、そりゃ今でも。」

さすが元S級選手です。


「でも、(ギャンブルとしての、通常の)競輪で時速50kmで誘導することはないよね。なぜなら…」

なぜなら…


  「そんなスピード出したら、選手が付いてこれない」



………



ケガの対応以外は自由時間。

有効に使わせていただきました。

f0131183_00245569.jpg

ここどこ?

カメラを引いてみましょう。

f0131183_00251173.jpg

ローラーが9台並んでいる!


そう、選手専用のローラー。レース前後に選手がアップやダウンをするためのローラー。

前橋に来た選手が全員使うローラー。

市田も神山も吉岡も使ったであろうローラー。


特別に許可をいただいて乗らせてもらいました。

仕事に来た甲斐があったね。

これだけで十分。


寸暇を惜しんで、30kmも回せたので、練習も十分です。





[PR]

by akogarehotel | 2017-07-12 00:23 | 競輪ブログ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ニュース速報 平成29年7月1... 2056. たかはらやまに向け... >>