2075. この本を読む?? 「村上海賊の娘」 平成29年9月25日(火)

この本を読む?? 「村上海賊の娘」 平成29年9月



f0131183_22374271.jpg

チョーガッカリ。


村上義弘、じゃなくて、


上武吉とか、来島村上とか、因島村上とか、鈴木重秀とか、本願寺顕如とか、小早川隆景とか、児玉就英とか、

が登場するので、てっきり「戦国モノ」だと思ったら、


なんと「ファンタジー」でした。


一言でいうと、まったくパイレーツオブカリビアンですね。

そういうものが好きな人はうれしいだろうけど、この題名で、この表紙で、それって


…広告にいつわりあり

じゃろ?


本屋大賞で、「もっとも売れている本」らしいけど、みんな騙されてない?



………



主役は、船が爆発しても死なないし、鉄砲や弓矢が絶対に当たらないし、

敵ボスは何回倒されても(進化して)復活するし、


敵が投げた手榴弾を、すぐに拾って投げ返して返り討ち、なんて実際にあるか?

戦争の最中に敵と味方の総大将が、一騎打ちをしながら会話をするって、やりすぎじゃね?



まるで弱虫ペダル。自転車のレース中に選手同士が会話するわけないじゃん。でもドラマだから仕方ない。

だから、この「村上の娘」も「ドラマ」。空想のドラマ。

木津川河口の戦いは毛利方が勝った、という1%の史実に、99%の架空妄想を肉付けした作品。


あくまでも、それが好みならいいけど、

いわゆる「歴史もの」に比べると、安っぽい。


2時間ドラマの脚本としてはピッタリなので、映画化を目論んでいるのかもしれないが、船戦なのでかなりお金がかかりそう。



読み始めたので、なんとか頑張ったけど、最後は苦痛でしたね。ボスが3回くらい生き返るから。まだかよ、またかよ!という感じ。もはや「戦術」じゃなくて、「魔術」か「妖力」。

「のぼうの城」と同じ人らしいです。「のぼう」はDVDを借りたけど、つまらないので途中で息絶えた記憶。



口直しに「左近」を買ってきた。これは面白そうだ。





[PR]

by akogarehotel | 2017-09-26 22:36 | この本を読め | Comments(2)  

Commented by マサノリ・ツキノ at 2017-10-01 21:57 x
これ、読もうかなと思ってたんですが、やめといてよかった(笑)
パイレーツオブカリビアン、ですか(笑)
わかりやすいたとえですな。


ps・何かの間違いで、wccf店舗大会優勝しました。
次はエリア大会です。まぐれでもうれしい。
Commented by akogarehotel at 2017-10-02 08:17
ツキノさん

優勝おめでとう!
すごい!

ついに、ツキノさんも廃人の仲間入りですね。雲の上ですね。

パイレーツオブカリビアンが好きなら読んでもいいです。その日本版。
名前
URL
削除用パスワード

<< 2076. 広告塔 平成29年... 2074. 今頃赤城で 平成2... >>