2093. この本を読む?  三国演義 安能務 平成29年11月24日(金)

この本を読む?  三国演義 安能務 平成2911月24日(金)



☆その前に、

ネタがないのでブログが更新できません。決して、手抜きしているわけではありません。

仕事して、子供の卓球の送迎して、な毎日。

暇を見つけて、ローラーを20分程度な毎日。


子供が卓球で4位だったこととか、ピアノ発表会は名探偵コナンの独演だったとか、ドラム発表会はドラムソロだったとか、水彩画で表彰されたとか、のネタならありますが、まさに親バカなので自重課長。



………



デュークさんに勧められたので、6冊セットで購入しました↓

2巻まで読んだら、やっと孔明が出てきた。

f0131183_19122454.jpg


三国志って、要するに、


 『中国という国を嫌いにさせる本』


なのですね。



あの国は、今も昔も、賄賂と汚職の国だ。と再確認させる本。


吉川英次は、「子供に楽しく読んでもらう本」を目指して、三国志を書いたようだが、

この安能さんは、「もうちょっとその国の文化を探ってみよう」と思って、書いてくれたらしい。


権力を奪った人間は、必ず専横に走り、その権力者にはおこぼれをもらいたい小物が群がってくる構図。別に、董卓だけが悪人ではない。呂布も曹操も、横暴な権力者で、劉備も同じようなものらしい。


「日本の侍もの」とは全然違う。

三国志の中に、「義」を重んじる武将って?関羽のほかに、誰?

負けて潔く切腹した武将って、関羽のほかに、誰?



戦争に負けると、ほとんどの武将が「ごめん」といって降伏する。で、何かの折にまた裏切る。

負ける降伏する裏切る、の繰り返し。ほぼ全員が松永弾正状態。



戦争の形態も全然違う。

(ご存知の通り、)何万人の戦争だろうが、基本は「一騎打ち」。

一騎打ちで負けたほうは、兵隊が何万人いようが、あっという間に退散する。だって、「親分」が一騎打ちで負けて死んじゃったら、自分が戦う必要はない。

「親分」に対する義理や信頼なんて、これっぽっちもないから、戦う理由がない。



日本なら、主君が戦死したら仇をとろう、となるのだろうが、大陸の国には、そんな侍スピリッツはない。一目散に逃げていく。

てことは、戦争が「一騎打ち」で片がつく時代に、「軍師」っているのか?軍師って必要なのか?

日本の戦国時代のような戦争ではないのだから、軍師が戦争を左右するってのは、そうそうあることではないらしい。

だから、孔明を「へぼ軍師」呼ばわりするのも納得できる。


孔明といえば、三顧の礼。

その「三顧の礼」の解釈は、


 孔明は、『わざわざ三度も訪ねていくほどに、素晴らしい人材』


と一般的に解釈される。

が、それは間違いらしい。本当は、


 劉備は、『在野にうもれたどこの馬の骨かわからない人物に、わざわざ三度も訪ねていくほど、民のことを考えて他人の言葉に耳をかたむける素晴らしい君主』


と思わせるのだそうだ。

 へーへーへー

別に、孔明が天才だという理由はない。



では、その劉備はヒーローなのか?

あたかも『努力と魅力と忍耐の人。その誠実さで人を惹きつける。』

というのが、もしかして一般的でしょうか。


しかし、実際は腹黒政治家で、(これも本当かどうかは誰も知らないけど)、

 呂布に味方して、すぐに裏切り殺し、

 曹操に味方して、すぐに曹操暗殺計画に加わり、

 袁紹に助けてもらって、すぐに裏切り、

というか、そもそも袁紹は、劉備が限りなくお世話になった公孫讃を殺した人間。そんな人間に頭を下げて助けてもらうほど、信念とか義理とか、全く持ち合わせていない人物。


ついには、

 劉表にイソウロウして、その領地を奪ってしまう。


よく考えたら、寄生虫みたいだな。

安納さん曰く、「誰にでも簡単に頭をさげることのできる、薄汚い政治家」だそうです。

はげしく納得。



じゃぁ、曹操がヒーロー?

実は、大量虐殺や無罪の処刑を何度も繰り返してる。信長の比叡山どころじゃない。

じゃぁ、呂布がヒーロー?

父親と呼んだ人間を2人も殺している。

じゃぁ、孫権?

一番まともな部類かもしれないが、単に情報がないだけかも。



大統領になったら、利権を食い物にして、やりたい放題。

あの辺のやつらは、

どこの国も、どこの時代も、悪役もヒーローも、みんな一緒だな。



………



さて、今、第3巻。

吉川英次よりは、面白いかもしれない。

がんばって6巻のゴールを目指す。





[PR]

by akogarehotel | 2017-11-24 19:11 | この本を読め | Comments(6)  

Commented by 音三郎 at 2017-11-25 08:15 x
司馬一族が理想の国を建国するまでの本あこがれさん書いて下さい。
Commented by akogarehotel at 2017-11-27 08:28
音三郎さん

まかせとけ!

実際、あれこれ事実と関係ないことを肉付けして出来上がった時代小説だから、なんでもOKでしょう。

しかし、司馬懿の子供の時代なんて知りません…

Commented by at 2017-11-27 15:11 x
先日はメール相談あざした( ;∀;)

私はどの三国志を読んでも、だいたい劉備が成都に入るくらいで、熱が冷めちゃいます。
読んでくれてありがとうございます。
Commented by akogarehotel at 2017-11-27 18:48
デュークさん

何の相談をしたかすでに忘れているけど、
どういたしまして。いつでもどうぞ。

もうすぐ赤壁が始まります。まだ楽しいよ。

というか、違う目線でみると、意外とおもしろいね。
実は、劉備が悪役だとか、
新野から住民3万人を連れて逃げたのは劉備の策謀だとか。


Commented by マサノリ・ツキノ at 2017-11-30 22:36 x
ども。何とかアクセスできることが分かりました。
(「初心者目線の~」はOK。「あこがれドン兵衛」はだめ)

その三国志、いいなぁ。俺も読もうかなぁ。
松永弾正とか、道三とか、元就が好きな私としては、中国の
あけすけな裏切りが清々しくて好き(笑)
あの国は今も昔も「利」だけが唯一の価値観なんですね。
Commented by akogarehotel at 2017-12-01 13:34
ツキノさん

「あこがれドン兵衛」のサイトは10月で閉鎖になりました。KDDI時代から続いてたのに残念です。
このエキサイトブログは見れますよね?信長時代の文章は、こちらのどこかに転記してあります。
無料分の容量がいっぱいになるまでは、こちらで続けるつもりです。

「ただのウソツキの劉備」と「はったり野郎の孔明」のお話は、そこそこ面白いです。
もうすぐ3巻が読み終わるので、そうしたら1,2,3巻まとめて送ります。うちに置いておいてもゴミになるだけだから。
4,5,6巻は、僕が読み終わるまで待ってください。

名前
URL
削除用パスワード

<< 2094. もてぎエンデューロ... 2092. 小学校理科自由研究... >>