【4】オーベルジュ ラ・バラカ(モロッコ、メルズーガ)

オーベルジュ ラ・バラカ
多分誰も知らない、モロッコ(アフリカ)にあるホテル。
サハラ砂漠の入り口にある。

【宿泊データ】
1998年春(新婚旅行)
2001年秋(ラマダン中)
ともに2泊滞在。
1泊2ドル(約200円)。食事は別料金で、1食につき2ドル。朝食も夕食も各2ドル。
「ラマダン」中は朝食は出てこない。

①ハコ 8点
②寝室 8点
③浴室 なし
④部屋総合 8点
土でできたホテル。もちろん1階建て。
シャワー・トイレ・水道は共同。
部屋は8畳一間。ベッド、というかブロックの上に布団がしいてあるベッドらしきものが部屋にひとつ。
電気設備は一切ない。
壁は何かの土、天井は何かの草でできている。超低気密低断熱。小さな虫が出入り自由。
でも、それがいいんだよなぁ。
当たり前だけど、お風呂はない。

そもそも「ホテル」という言葉は全く似あわない。
外観は、小屋とかブロックのかたまりというほうが正しい。

⑤フロント 10点
⑥他の働く人 10点
言葉が通じないことなんて、全く問題にならない。
モロッコは、特に田舎地域は、観光資源が全てなので、観光客には非常に優しい。
言葉が通じないために伝えたいことが通じなくて、こっちがあきらめようとしても、モロッコ人は身振り手振りで最後までこちらの意志を感じようとしてくれる。
現地の人が、自分の自宅に招いてお茶をごちそうしてくれる、なんてのは日本であったら恐いけど、モロッコでは当たり前のお話。
彼らには一ミリの欠点もない。
お金に執着していることは欠点ではない。

⑦ルームサービス 0点
そんなものない。
さらにいうと、ホテル内には飲料水と食料(おやつ)がない。
自分が必要なぶんの水とお菓子は、自分自身で持参しないといけない。
食事を注文できるのは夕食と朝食だけ。昼食は自分で調達する必要がある。
ラマダン中(太陽の出ている間は飲食禁止というイスラム教のルール)は朝食も出てこない。
日本から持っていったお菓子をチビチビと食べるさみしさ。

⑧ホテル関連施設 3点
ラクダ散歩:ラクダに乗って適当に散歩。金額を確認してから乗らないと、めちゃくちゃ高額を請求される。そんなことはイスラムでは当たり前。
砂漠スキー:板を自分で担いで、砂漠の山を登る元気がある人は是非どうぞ。
ベンチ:昼間は石でできたベンチに座って、ただ、ぼーっと砂漠を眺めているだけ。心が洗われます。
洗濯場:洗濯は自分でやりましょう。もちろんすべて手洗い。
共同トイレ:これだけはさすがに勘弁してくれ、って感じでした。流れていかないトイレ。
砂漠の散歩:一人で出かけると迷子になって帰れないかもしれません。砂漠の夜は日本の冬並の気温になります。
星空:星に手が届きます、あと少しで。

⑨宿泊客層、
1ヶ月間の春休みを利用してアフリカを旅するアメリカ兄ちゃん
バイクでモロッコを縦断しているドイツ人おっちゃん

⑩総合
また行きたい、何度でも行きたい。競馬で100万円当たるよりも、モロッコへ行きたい。
1週間の休みがあれば…

真田幸村クラス:夢と力を与えてくれます

おまけ:アクセス
ホテルラバラカへの行き方。
飛行機:成田→パリ→マラケシュ(モロッコ)
タクシー:マラケシュ→ワルザザード
ワルザザードのホテルロイヤルにて、オーベルジュラバラカまでの送迎と宿泊の手続きをしてくれる。
ワルザザードからメルズーガまでは約400キロ。車でノンスストップなら5時間。
上記の行程だと成田から砂漠まで、0泊2日で到着できる。マラケシュからのタクシーでぼったくられないように注意。もちろんプチタクシーではなくてグランタクシー。

★追記
予想外にヒット数があるので驚いています。おそらく「東京」「ホテル」というタグのおかげかと。
そうすると、栃木とかモロッコなんぞについて書いていると怒られそうなので、次回は「東京」の「ホテル」にしましょう。
いわゆるラグジュアリーホテルの先駆けとなったホテルです。
[PR]

by akogarehotel | 2007-03-07 21:42 | ホテル日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 【5】セルリアンタワー東急ホテ... 【3】ホテルサンルートプラザ栃木 >>