【15】草津山本館(群馬県、草津温泉)

草津山本館

群馬の名湯、草津温泉にある豪華老舗旅館。
湯畑の目の前で、厳かにたたずんでいる。温泉に行くなら、ホテルじゃなくて旅館だよね、と素直に感じさせる旅館。
(政治の色が見えるので、本当はあまり宣伝したくない。)

【データ】
宿泊したのは平成12年頃に2回。そのうち1回は4人で予約したために角部屋に泊まることができた。
当時、1泊25000円(1人2食付)だったが、現在は1泊23000円らしい。

①ハコ 8点
外見は木造。中身は不明。
千と千尋に出てくるような旅館。お風呂は地下にある。部屋は3階まである。エレベーターはない。エレベーターは似合わない。上から下までが見下ろせる階段を上ってこその旅館。
②寝室 7点
和室が一間。寝る部屋として考えるとちょっと不満。
③浴室 10点
大浴場、といっても10人は入れない大きさ。でも、旅館の規模からすればそれで十分。実際、一度も他人とバッティングしなかった。
熱ーーーーいお湯は、黄色のような茶色のような色をして、硫黄の臭いが限りなく強い。
温泉なんて全く興味のない私でも、値段を納得させられる風呂とお湯。温泉が好きな人の気持ちが少しだけ理解できる。
④部屋総合 8点
狭い感じはするがロケーションは抜群。草津名物の湯畑を真下に見下ろすことができる。早朝も夕闇も情緒たっぷり。湯畑周辺に街が発展しているから、ちょっと遊びに出るにも便利な位置。

⑤フロント 9点
⑥他の働く人 9点
日本の温泉旅館で働く人に欠点なんてありません。(稀に例外がありますが。)
ホテルの人も、温泉旅館を見習いましょう。特に、コ(ピーーーー自主規制)。

⑦ルームサービス なし
部屋食ではないけれど食堂は完全個室。

⑧ホテル内施設 -点
温泉しかないんだけど。

⑨宿泊客層
(今風に言えば)セレブ

⑩総合
宿泊する前は、温泉ごときで2万円以上もするの?なんて思ってたけど、お風呂に入ったら納得。温泉旅館の相場を考えると決して高額ではない。
お風呂を含めて旅館全体の雰囲気が、なんとも和やかなムードにさせてくれる。大人だけで行くのなら間違いなくマイベスト温泉旅館。

あえて欠点を探すとすると、温泉街に共通して自動車が入りにくいということ。駐車場完備ということだったが、実際は旅館があちこちに場所を探して置いてきてくれる。昼間、散歩をしていたら、お土産屋の脇の空き地で偶然自分の車を見つけた。安全性はちょっと低い。

草津は町全体が温泉街として大きく発達しているため、遊び場には困らない。山本館に露天風呂はないが、公営の巨大露天風呂が有名なので、そこで十分。
冬はスキーもできるけど、山本館に泊まってスキーをするのは遠慮したほうがよい。乾燥室がないし。

総合評価82点
伊達政宗クラス:老舗の格式と現代人の好みに完璧マッチ。
[PR]

by akogarehotel | 2007-03-18 23:37 | ホテル日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 【16】蒼海ホテル(新潟県柏崎... 【14】センチュリーハイアット... >>