三国志大戦日記、6

槍撃のつづき

「一定時間カードを静止させて、その後動かす」と、シュパパッっと槍撃が出る。
この「一定時間」てのが、

画面上の槍兵士が整列するまでの時間のようだ。
各槍部隊には、ピクミンみたいな槍兵士がわらわら動いているが、それが一定方向に整列してから、カードを動かすと、シュパッっと槍撃が出る。整列が終わる前に動かしても、槍撃が出ない。
ふーーん、つまり画面を見ながらやるってことが大事なんですね。
初心者の私は、自分の手元、つまりカードしか見えないから、まだまだなんですね。

でも、ってことは、180度旋回すると、部隊の整列に時間がかかるから、旋回角度はなるべく小さいほうがいいのかな?
ちょっと試してみましょう。

このゲームは本当に奥が深いね。たかが槍武将、なんて思ってたのに。

で、あいかわらず、「手動槍ワイパー」もやってみてますが、、

ぐわーーー、のわーーーー
敵に当たりません。
あるいは、
当たったとしても、その後すぐに乱戦になって、槍撃が出せない。。。

さらに、槍マウントもやってますが、、
それっ!、、、、あれ?
そりゃ!、、、、スカッ!
攻城部隊の後ろでひたすら槍撃を出してるけど、敵が出てこない。
出てきたと思ったら、槍撃をかわしていきなり乱戦になっちゃう。。。

悩み多き年頃です。


今日は、2回しかプレイしてないのに、R黄忠(ゼロ戦)ひいた。
RやSRって、言われているよりも多く封入されてるね、絶対に。自分がこんなにカード運がいいわけないもん。


夏侯月姫(だったか、他の誰かだったか)の、回復時のセリフに、夜毎悶々としています。

『イカセテ!』

でも、最も多く夢に出てくるのは劉曄です。

『残念だったな、むは
f0131183_091689.gif

[PR]

by akogarehotel | 2008-02-15 23:59 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 三国志大戦日記、7 三国志大戦、5 >>