三国志日記、15

ジュンイク軍を相手に五分五分に戦えるようになってきた。ずいぶん進歩した。
で、いろいろと見えてきたものがある。

負けるパターンは、だいたい次の3通り。

①愛する華雄の計略暴発
②シバイ、張遼の計略を反計

ま、このへんはどうにか対策ができるとして、

③こっち4枚、敵7枚
武将数の差は、どうしようもない。
初心者な私は、乱戦してばかり(突撃、槍撃が少ない)。そのため戦力重視で、高武力4枚。
でも、これじゃちっとも攻城できない。

華雄を城門につけて、残りの2枚で突撃マウント。(残り1人は撤退中とか。)これで城から出てきた敵武将を各個撃破しながら、城門を一発狙う。

でもね、キリがないんです。

敵は7人。
1人倒しても、また次。次から次へと次が来る。
山手線の宣伝みたい。

やっとこさ攻城1発できたとしても、華雄はほぼ瀕死(ほぼ、と瀕、って同じ意味)。で、帰還できずに華雄撤退。
で、それにあわせて敵7枚の大カウンター。

こんなパターンを何度くらったことか。

じゃぁ、ってんで、なんとか5枚に挑戦。

群雄5枚
2.5華雄
1.5カク完殺
1.5白馬公孫さん
1.5紀霊
1.0張魯

張魯は華雄を回復させるため、そして、自分も攻城するため。

さて、結果は…

張魯って、すごーーーーーーーーーーーく、むずかしい。
「米」を反計されないように隅っこのほうへわざわざ移動して、
で、貴重な士気を4つ使って、
そりゃ、生き返れ!

って思ったら、華雄じゃなくて紀霊が生き返ったりして、、。

華雄以外は撤退してちゃいけないんです。
ていうか、張魯自体が撤退しちゃいけない。
でも、敵は馬が多いから、それが難しい。

張魯って、上級者用なんですね。

張魯、華雄、高順、ホウ徳、こんなのならいいのでしょうが。。

魏5枚
2.5典イ 9,2
2.0ホウ徳 9,1
1.5曹仁 6,5
1.0楽進 4,3
1.0程イク【伏】 1,8

これが意外といい感じ。
程イクの「隠密」がとりあえず決る。端攻城1発のみで勝つ、そんなのが可能。
隠密以外の計略を使う楽しみがないのが、ちょっと寂しいところ。

現在、3連勝中!(もちろん相手はジュンイク軍)


つづいて、戦場の絆
AM1時過ぎているのに、満員。ちょっと待ってから、1プレイ。
さすがに、ほとんどのゲーセンの閉店時間なので、
COM3人+私。敵もCOM3人+1人。
気楽でいいね、足を引っ張っても誰も怒らない。

で、むーーー。

そろそろ、限界かな?
壁を感じます。
後ろから殴られて終わり。わかってても回避できない。

なんかねぇ、ゲームじゃなくて、競技みたい。
負けると楽しくない!

絆にも「牛金戦」をつくればいいのに。

「大会」を開催すれば、コアなプレイヤーが増えるだろうけど、
なんか楽しくないんじゃないかな。
仕事みたいで。
「試合」は信長のガチで十分。
ゲーセンでは、楽して遊びたいなぁ。
[PR]

by akogarehotel | 2008-02-26 03:24 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 三国志日記、あらため、ゲーセン... 三国志日記、14 >>