ゲーセン日記、23

高崎Lに通いつめた結果、常連さんの顔を覚えた。
いつもいる人が、いつもいる。
もちろん、大将さんは「必ず」いる。

「大将」を維持するためには、月間ポイントが店内1位でないといけないらしい。
月間ポイントは、たとえ二等兵でも回数をこなせば大将においつく可能性がある。
(仮に、平均800点の大将さんに対して、平均200点の二等兵が4倍プレイすれば、追いついてしまう。)
なので、大将さんはポイントを積み重ねないといけない。
だから、毎日のように「出勤」してくるのでしょう。

遊んでますか?

今日はホワイトデー。
バレンタインとホワイトデーは、「戦場の絆」プレイヤーにとっては特別の日。
そう、ミノフスキー粒子が100%になるから。

ガンダムを知らない人には、全然興味のない言葉だけど、
ガンダムを知っている人には、心躍る単語。
「ミノフスキー粒子」
レーダーを妨害する物質のことです。
ミノフスキー100%だと、レーダーに敵が映りません。自分の目以外は頼るものなし。
これぞ、格闘!という状況ですね。
相手を見つけたら、建物の影にかくれて、
こそこそっと動いて、エイっ!

でもね、
絆歴1ヶ月の私に、ミノ100%かつ新マップはつらいです。
ジャブロー地下マップは初体験。どの通路がどこへ通じているか、全然わかりません。
道に迷って、敵を探しているうちに、ゲーム時間が終わっちゃいます。
敵に見つからないのはいいけど、敵を見つけることもできない(^^)

格闘攻撃がヒットすれば、ほぼ確実に2連までいくようになった。
でも、ほぼ確実に2連で止まる。
3連めが出ませんねぇ。
その理由は少し分かる。
人間の本性として、3回ボタンを押す場合に、どうしても等間隔で押してしまう。

タン、、、、、タン、、、、、タン

これじゃ、ダメ。
1発めと2発めの間には、ダッシュして敵においつく時間が含まれるから、2発目と3発めの間よりも間隔が長くなる。3発めは少し早く押さないといけない。

タン、、、、、タン、、、タン、、、ズキューン

こうやって、文字にすると簡単なのにね。
オヤジにはむずかしいよ。

【三国志大戦近況】
英傑伝に「呉武将限定」とか「蜀武将限定」なんていう制限がある。「群雄」専門の僕としては、
 そんなの差別だ!
と叫びたいが、それをクリアしないと次へ行けない。

仕方ないので、まずは呉武将をいじってみた。

初心者にはSR呂蒙の「麻痺矢の号令」が非常に魅力的。
佐吉さんと同じ。

SR呂蒙
UC黄蓋
C祖茂
UC将欽
C呂範
軍師:魯粛

SR呂蒙以外は安ーーいカード。
でですね、柵が1個しかないんです。すると、僕には、柵がなくなった時点でゲームオーバー。
麻痺矢の号令なんてしている暇ないですね。
夏侯月姫に勝つのがやっとでした。

そんななか、呂範は偉い!
コスト1なのに、まずは伏兵でドスン!
次は、弱体弓が必要士気がたったの3。しかも知7!
華雄だって全然恐くない。曹操だって恐くない。(ちょっと言いすぎ?)
この次は呂範を中心にしてデッキを考えましょう。
[PR]

by akogarehotel | 2008-03-15 03:04 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ゲーセン日記、24 ゲーセン日記、22 >>