パークハイアット 新宿 東京

ホテル日記を再開。
書かずにはいられないから。

とてもすごいところに泊まってきました。
間違いなく、史上最高のホテルです。部屋です。
僕の人生史上ね。

実際に泊まったのは、
平成20年、4月12日(土)

パークスイート、1泊160000円を予約。
そしたら、
なんと
なんと、
2階級特進。
2ランク、グレードアップサービス。

その結果、ディプロマートスイート
というなんとも仰々しい名前の部屋。
160㎡の部屋。
一般的な家よりも広いんじゃない?
(広めの3DKのマンションが通常65㎡)

玄関からしてすごい。
ドアが両開き。
しかも、勝手口(キッチンへつながる別の扉)まである。

この時点で、すでに我が家を越えている。

玄関を入ると、目の前にピアノ!
グランドピアノ。
貧乏人は、ついつい触ってしまう、が、
ふたをあけると
「他の部屋に迷惑をかけないように」
と書いてある。

つまり、ひくな、ってことね。
金持ちにとっては、ピアノは弾くものではなく、置物なんです。

部屋は、
ピアノのある玄関ホール、リビング、ダイニング(以上が全部いっしょで25畳くらい。)
ひろーい寝室(これだけで、通常のツインルームを越える。)
バスルーム、シャワールーム
洗面は2箇所、トイレも2つ
最後にキッチン。

キッチンにはネスカフェのエスプレッソマシーン。
使い放題。
食器もなんだかわからないけど、いいいいいいいっぱいしまってある。

ダイニングセットのテーブルの上には、得体の知れない、値段の計り知れないガラスの置物。
うちの子供(2歳)をけっして近づけるわけには行かない。

リビングと寝室に、それぞれテレビがある。
当たり前ですが、プラズマで超大型(50?)。
自慢じゃないけど、我が家のも大きいテレビ。
それをはるかに越える。

DVDプレーヤー、CDプレーヤーは当たり前。

もっとすごいのは、ほとんどオブジェとかした本。本。本。
おそらく1冊、数万円する大きな写真の載った本。本。本。
「エジプト」「アフリカ」とかいった観光モノ、「ONSEN」とかいう日本モノ、
「英英辞典」なんてものも。
壁一面が書架。本棚じゃなくて書架。
全部で100冊は越えてるよね。
我が家よりも間違いなく多い。

どうやって、ここまで持ち上げたんでしょう?

そう、ホテルは超高層。
レセプションが41階。
50階まである客室のうちの、僕が泊まったのは48階。

お風呂から新宿の町が見渡せる。
うーーん、マンダム。ガンダム。

ここのすばらしい点は、部屋だけではない。
人がすばらしい。
○ンラッドとは、雲泥の差。
みんな若い人ばかりなのに、しっかりしている。
教育がすばらしいのでしょう。
車を停めてから、部屋につくまで、
子供を抱えているのに、まったくひとつも苦労しなかった。
至れり尽くせりの、ご案内です。

ルームサービスも文句なし。
丁寧で、親切で、、
メニューが殆ど英語だけど、そして、ナントカ風、という料理ばかりだけど、
一応、カレー、ミートソースもあるからね。
しっかり、オレ好み。

最後に値段。


定価480000円
!!!!!!!!!!

48000円じゃないよ。

定価どおりで宿泊する人っているのかな?
[PR]

by akogarehotel | 2008-01-01 15:43 | ホテル日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ホテルメトロポリタン、東京、池袋 ホテル西洋銀座 2回目 >>