ゲーセン日記、42

連休は家族サービスに専念、と言っていたはずが、、、

6日。午前中は家族で前橋公園へ。
ここには「緑化フェア」という口実で、広大な敷地内に池、噴水、庭園などが建築された。
10年くらい前から工事をしていたと思うが、それがやっと、このGW緑化フェアの日を前に完成した。
五月晴れの5月6日は大勢の家族連れ、年寄り連れが集結し、予想外にすばらしい野外コンサートなども開催され、子供連れの僕たちには非常に楽しめた。
敷地があまりにも広いから、そんな、一年で最大に混雑しそうな今日でも、全く人混みを不自由に感じなかった。

そんなにすばらしい前橋公園の増改築は、当然、保守派のフクダ自民党がお金を動かしていたわけで、
それを妬んだ民主党が黙っているわけはない。
黙ってくれてたほうがいいけど、黙ってない。。。
こんなのどかな休日に、
民主党の議員が公園のほぼ中央に位置する交差点(公道)で、手持ちの拡声器で演説をしている。
こんな日に?
陽気がよくて昼寝したくなるこんな日に?
本来なら静かで赤ちゃんも楽しめるこんな日に?
さすが民主党、空気が読めない。まるで○翼が演説してるのかと思ったよ。
公園に休養に来てる人たちはみんなが同じように感じているようで、民主党員の配るビラを誰ももらおうとしてない。当然。

でもね、この増築された前橋公園の場所に、もともとは「前橋競輪場(屋外)」があったということは、みんなに忘れられてる、たぶん。

ちなみに、この前橋公園に隣接してある「るなぱぁく」という遊園地は、誰もが認める「日本一」の遊園地。
前橋に近づいた際にはぜひ立ち寄ってください。
何が日本一かは来てみないとわからないけど、来れば絶対にヤミツキになります。
とりあえず、「日本最古の木馬」がある。

木馬といえば、ガンダム?

そんなこんなで、うちの子供とグリーンドーム(屋内前橋競輪場)などを見学し、民主党の騒音にもマケズニ子供が昼寝したので、、。
いざ、出撃!


今日は昼間っからイベント。
王子絆たまたまオフ。
あやのいちさんが、やっと重い腰を上げるという。
もともとガンダムが大好きなのに、仕事が超多忙、さらにタバコの煙が大の苦手、という二つの困難をかかえていた。
そんな『あ』さんが、GWは仕事が休みらしく、さらに、王子に「完全分煙」のゲーセンがあるとのことで、、、
ここでのめりこんでもらいたいよね、ぜひ。

ということで、昼間のゲーセンで「オフ」。
あやのいちさん、と他はいつもの方々。
急な呼び出しにもかかわらず、集まっていただいたお暇な方々は、
幸福さん、サイクルさん、ひりゅーくん、佐吉さん、蓮さん、そして私。

何度も言うけど、絆は大勢でやるほどおもしろい。
僕たちは所詮、尉官程度なわけで、うまい人から見れば全然格下。
それでも、みんなでワイワイやればどこまでも楽しめる、それが絆のすばらしさ。
絆ってネーミングもよく考えたものだね。

で、なんとこの日は、幸か不幸か、
(あやのいちさんにとっては幸。他にとっては微妙。)
幸か不幸?か「オフラインで店内対戦」というイベント開催中。

王子Nは、Aランク(あこがれ設定)のゲーセン。
8台設置。
完全分煙。
POD内クーラー完備。
POD外モニターあり。
順番待ち体制完備。
唯一、24時閉店ということだけが、、、
(せっかくボウリング併設なのにな。)

で、その8台が4対4に分かれて対戦できる。

早速、7人で、3対4に分かれて対戦。
こういうのが「正しい絆の楽しみ方」
本当は7人とも「ジオン」のはずだけど、「連邦」のカードを作って、で、
連邦4(あやのいちさん含む) 対 ジオン3+バンナム
こんなので対戦。

結果は、
ま、いろいろね。。
ザクキャノン祭りが、全然ダメということは確実でした。

ただし、今日のメインは、あやのいちさんへの個人指導。
大尉の分際で人に教えるのは気が引けるけど、民間人になら十分指導できる。
POD内に二人で入って、
赤ロック、青ロック、オレンジマーク、オレンジ×印、とかいろいろと、、
ダッシュのオーバーヒートとか、ダウンの対応とか、
教えてもいないのに、3連撃が決ってたとか、
道に迷ってるのをそのまま眺めてたりとか。
狭い空間で二人っきりで長い時間を過ごしました。


祭日の昼間なので、中学生?もいたりして、だいたい一組待ち。
ちょっと混んでたけど、その割には楽しめた印象。
さすがに今日は空いてるわけはないし。
うちから遠いとは言っても1時間半の距離なので、また遊びに行かせてもらいます。

地元の幸福さん
セッティングを ≪ありがとう≫
[PR]

by akogarehotel | 2008-05-07 03:32 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ゲーセン日記、43 ゲーセン日記、41 >>