ゲーセン日記、48

あっさり終わった…

降格しました。
少佐に昇格後の2クレで、
 D B E B

Eは一発で降格です。
250秒の間に、4オチだから仕方ないです。
力の違い。

少佐昇格のデビュー戦はめちゃくちゃ緊張。
それをDBで終われたのでちょっと油断していた。

2クレめは、6対6で、なんと一等兵が混ざってる。
もちろん、敵にも一等兵や軍曹が。。。。
で、いい気になって、グフ、しかもバズーカ(機動力低下)を選択。

しかし、敵の一等兵と軍曹が、、
 QD外しを連発されて、あっさりと沈められました。

屈辱!というよりも、大尉が相応ってことですね。
ちょっと背伸びしすぎました。
Eのあとの、2戦目は汚名返上のため、デザクでB。
これで、十分です。
「少佐」という肩書きで4戦。
緊張感を楽しめました。
学生の頃の、部活の試合みたいだった。

で、大尉に下がったので、今度はマッタリ楽しみましょう。
楽しむ、のがゲームの基本だから、これでいいのかな、と。

ただし、
せっかくの経験をムダにしないために復習。

①:QDキャンセルくらいはマスターすべきだが、これは練習が必要。
 プレイヤーを相手に格闘は波がありすぎるので、しばらくはバンナム戦に限定。

②:デザクでふわふわ。
 3連ポッドB、あるいは6連マシンガンで、ホッピングショット。
中距離なら基本中の基本のホッピングショット。もちろん近距離でも必要。
少佐になろうとするのなら、これくらいできないといけない。
ジャブロー地下の連邦本部付近が、高低差があって格好の練習場所。

さらに、ホッピングから「ふわふわ」格闘へ。
デザクならではの攻撃変換。
ホッピングから、射撃にするのか、格闘にするのか、それを決めるためには、
目の前の敵の、さらに後ろにいる敵を意識しないといけない。
そのへんまで、流し目プレイしとかないといけない、少佐になろうとするのなら。

③:ノーロックでマシンガン
デザク(近)でEz8(格)とタイマンになったら、勝てないといけない。
そのためにも、マシンガンのばらまきが必要。
赤ロックでは、歩いているだけでよけられちゃうから、ノーロック。
マシBだと、ばらまきが狭いから、マシA。
さらに、こっちもふわふわしてないと、敵のマシンガンやグレネードにやられてしまう。
ふわふわしながら、ノーロックマシンガン。
タイミングを見て、3連ポッドB!
(ダブルクラッカーは僕の性格にあわない、特定のマップ以外は。)
なおかつ、ダッシュ禁止。 むずかしい!

ただし、ジャブロー地下は狭いから、あまり練習にならない。
タクラマカンか、トリントンの外で。

そのへんを考え、以後精進したいと思います。

とか言いつつ、やっぱり「気楽にプレイ」がいいね。
ガチ(少佐)は疲れた。。。
[PR]

by akogarehotel | 2008-05-17 03:59 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ゲーセン日記、49 ゲーセン日記、47 >>