ゲーセン日記、58

今日は、なんと小学生とバースト(同店出撃)した。

僕がマッチングの待ち時間に、PODの外でモニターを見ていると、小学生が空いているPODへ入っていった。
ジオンの一等兵だ。
このままではバーストしてしまう。

一応、声をかけてみた。

私「今、コインを入れると、僕といっしょになるけど大丈夫?
  中佐、少佐といっしょになるけど、いい?」

小学生は、分かったような、分からないような、で、
  「はい」
と答えて、コインを入れた。

(パイロットネームを公開して申し訳ないけど、)
その小学生のPNは、

  シャア

可愛いいねぇ。
ほほえましいねぇ。
僕が小学生の頃、夢中になってたものと、全く同じものに夢中のようだ。
親子で同じ趣味、という感じ。
なんか、自分の子供のように見えてきました。

しかし、ゲームになれば話は別。
ジオンも連邦も、大佐から一等兵までの混合戦。
さすがに、シャア一等兵は、2回ともD。
でも、ゲームが終わった後に、一緒に来たおばあちゃんと楽しそうにリプレイモニターを見入っていた。

感動!

絆って、いいね。
親子で楽しめるって、すばらしい。

こんな小学生を悲しめるような、偽二等兵とか、本当に許せない。
無理矢理でもいいから、バーストを避けさせるべきだったかな、とちょっと反省。

おばあちゃんと一緒にいなければ、お詫びに500円を返してあげたかった。


今日は金曜日。
トリントンで、ミノフスキー50の6対6。
味方にはぐれてもいいけど、敵にはぐれてしまうと点数が全く取れない。
まさに魔の金曜日。
敵のタンク探し、スナイパー探しに奔走。

そんななか、いけてるドムプレイヤーさんと出会った。
4階屋上から砲撃している連邦タンクを、ジオンアーチ上から撃墜。
ふわふわしながら、タンクのミサイルをよけながら、バズーカを連発。
私には、全く不可能なプレイ。
感動!!

平日プレイヤーの僕としては、月曜日が8対8になったのがうれしい。
4対4より点数が取りやすい。

【最近の課題】

格闘家とタイマンになったときに、

”敵の格闘のタイミングを見てから”

タックルを入力すること。

つまり敵と同時入力よりもわずかに遅めに。
間合いを十分にあけていて、素早く入力すれば、決して不可能ではないはず。
遠い間合いからの格闘は、踏み込み時間がラグとして考慮されるから、その時間内であればタックルが間に合うはず。

もちろん、自分はデザク(近)。
[PR]

by akogarehotel | 2008-06-06 18:51 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ゲーセン日記、59 ゲーセン日記、57 >>