ゲーセン日記73、のような日常日記

忙しいの…
夜中に起こされるの、子供に。
「そろそろ更新時間だよ」って泣いて、僕を起こしてくれるんです。
で、仕方ないから、競売だったりするから朝一チェックしたりして、
でも泣き止まないから、仕方ないから、抱っこしながらDVDを見たりしてます。

ガンダムのテレビシリーズを。
やっと5巻まで見ました。
ランバラルがかっこいいです。
ハモンが好きです。マチルダさんよりも萌えます。

そんなわけで、夜中の3時、4時にガンダムを見てます。

「格闘間合いに入らなくては!」
とランバラルが叫びます。
グフは格闘で、ガンダムは近距離だからね。
当然です。


ヒミツの日常日記

今日は年に一回の恒例のお仕事の日。
ある学校へ行って授業をしてきました。
110番の人たちを育てる学校です。

すごいの、みんな。
エライの、みんな。

僕みたいな若造が玄関を入っただけで、
「ご苦労様です!」
という怒鳴り声が、四方八方から聞こえてくるの。
直立不動で、頭をちょこっと下げて、
「ご苦労様です!」
って、挨拶してくるんだけど、正確には、

怒鳴ってくるんです。声が大きすぎるんです。
すごいね。

まずは、そういう教育なんですね。

で、なんで、僕に挨拶するの?
僕のことを知っているの?
それは、僕が、その学校の偉い人と同行しているから。
つまり、僕に対して挨拶しているというか、その偉い人に対して挨拶しているというか。

じゃぁ、なんで偉い人って分かるの?

それは、ガンダムと同じ。
肩のところに階級章があるからね。

すごいね、かっこいいね。

で、今年は、その学校の昼食を初体験。
その偉い人に食堂まで案内された。
食堂のドアに「ハエが入るから、すぐ閉めること」と大きく書かれている。

それなりの体育会系ということが推測できる。
僕も姿勢を正す。
食堂に入ると、、
一般的な社員食堂と同じくらいの広さに、おそらく200人くらいの研修生が座って食事をしている。
200人くらいいるのに、食器が触れる音しか聞こえてこない。咳込みすら聞こえない。
みな、無言で、姿勢をただして食事をしている。

偉い人と僕が、隅っこのテーブルに座ると、階級の低い人が食事を持ってきてくれた。
階級こそすべて、って感じ。僕よりも年上っぽいのに、ごめんなさい。
「食事中は私語禁止ですか」
って、一応聞いてみた。
「特に決まりはありません」
という答え。でも、その偉い人は、一言も話さずに食事してんの。
なんか、恐いね。

数分すると、また怒鳴り声が、、、
「しょにんか、だい170き!しせいをただして! ごちそうさまでした!」
「ごちそうさまでした!」

ここは、軍隊か?連邦軍か?

食事時間は約20分とのこと。さっと食べて、さっと食堂の外へ消えていった。

たとえば、競輪学校って、こんな感じなのかな?
「オッヅ」にはそんな風に描かれている。
競輪も、それを取り締まる方も、軍隊精神が必要でしょうから。。。
競輪学校と違うところは、女性がいるということ。しかし、髪が短いから、男女の区別がむずかしい。

「こんだけ鍛えても、社会に出れば数ヶ月で消えちゃうんです」と、その偉い人が言う。
礼儀作法や、体育会精神があっという間に消えてしまうという。

体育会精神があっという間に消えてしまった私としては、返事に困ってしまいました。

いろいろと不祥事が報道されるけど、最初はみんな純粋なんですね。

ちなみに、メニュー。
ささみをあっさり煮たもの、ナスとピーマンをあっさり炒めたもの、きゅうりと白菜の塩もみ風、野菜たっぷりのつくね汁。
当たり前だけど、カロリー、塩分ともに考えつくされた逸品。

旨い。
[PR]

by akogarehotel | 2008-07-24 20:02 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ゲーセン日記74、のような育児日記 ゲーセン日記、72 >>