ゲーセン日記、86

やっと中尉になった…

にらおちゃんといなか侍さんは大尉。

さっさと少佐くらいに復活する予定だったのですが、

Dを取っちゃうんです。
Dを取るパターンは、前回考察済み。
①負け編成の格闘
②仕方なく遠狙

3つめがあった。
NYで5対5

タンクの護衛は僕のギャンだけ。
そこへアンチが2人。

2対1で、あえなく撃沈。
これくらい、かわせよなぁ。
逃げればいいじゃん、へただな、おれ。

でも、タンクが拠点を落とした。
さらに、味方が大攻勢。
僕も復活して、適度に攻撃してたが…

70秒以上残して、ゲージ勝ち。
え?
うそ?

80点のD。。。
オチ1回がひびいてる。

Dを取るパターンの3つめ。
③味方有利の状態で出遅れ

ある、ある、ある、ある!


話題を換えて、
【ドムトロのお話】

ホバーのせいで、
歩いているのか、すべっているのか、ダッシュしているのか
全然わかんないよね。
だから、いつのまにかダッシュペダルを踏みっぱなしでいて、
いつのまにかオーバーヒートしている。
格闘攻撃もデザクより弱いし、”近距離格闘家”の僕にとっては嫌いな機体の一つだった。

私の初代カードのとき、ドムトロに乗ると100点を取るのが精一杯だった。
でも今は、違う。
2代目カード(再出発カード)では、200点から300点で安定。
さっき(NYの8対8)は460点のドムトロ自己ベスト。

ドムトロ君の気持ちが少しずつ分かってきました。

「格闘攻撃をしないでください」
これは当然。よくわかってます。

それをふまえた上で、
いろいろと考えたんです。
なんで、ドムトロのコストが200円もするのか、と。
最初にもらうザクIIが 120円。
次のドムトロが 200円。
3つめのデザクが 140円。

このコスト差はおかしい、というか、何かワケあり。

「ビームライフルに当たりにくいでしょ?」
という理由だけじゃないと思うんです。僕は、たまに当たるから。

「ホバーが楽しいでしょ?」
鉱山都市の煙突に登りにくいし、NYの高速から落ちるし、、、酔う!
楽しくない。

僕なりの答えは、スタンショットです。

マシンガンBは単発。
2発でよろけ、4発でダウン(低ダウン)。
ちょうどいい間隔でヒットさせて、よろけ状態を維持させるのが「スタンショット」
これができれば、1発のダメージは、たったの10から15だけど、まさしく、

 ずっとオレのターン!

もちろん、3連射のマシンガンでもこれは可能だが、
上級者が相手では、そううまくはいかない。
カス当たりが入ると、ダウンしてしまう。(または反撃をくらう。この反撃が致命的。)
ボタン1回で、たったの1発。これが大事。
(同じ意味で、ズゴックも単発。6連射は論外。)

タンタン、、、タンタン、、、、タンタン

ひたすら、これをつづける。
敵がよろけていて無防備なのに、格闘攻撃をガマンして、
タンタン、、、、タンタン、、、

私の技術からして、理想どおりいくわけはないから、

ときどき、というか、しばしば、反撃をくらう。
「よろけ」と「よろけ」の隙間に、格闘3連撃をもらっちゃう。
タイミングをとるためには、近いほうがやりやすいから、いつのまにか近づいちゃうんだよね…
まだまだ、まだまだ、練習の余地極大。

平坦な地形なら意外とうまくいく。
多少の障害物はあまり邪魔にならない。
つまり、ニューヨーク、そして、次のトリントン。


そんなわけで、
ちょっとだけ、ちょっとだけ、
ドムトロマニアを目指してます。

でも、やっぱり「苦手機体」だから、ときどきD。
だって格闘ボタンを押しちゃいけないってんだから。。。
なので昇格がぁぁぁぁぁぁぁぁっ

ちなみに、にらおちゃんもドムトロマニア。
Sを何回か取ってる。
にらおちゃんは、「オーバーヒートさせない」という最低条件をクリアしているから。
うまいね。


【個人情報】
格50、近35、中96、遠40、狙30

デザクまで、まだまだ。
なので必然的にドムトロマニア続行です。
[PR]

by akogarehotel | 2008-09-01 19:03 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ゲーセン日記、87 ゲーセン日記、85 >>