2014年 11月 01日 ( 1 )

 

自分から勉強する子が育つお母さんの習慣(村上綾一著) 平成26年11月1日(土)

自分から勉強する子が育つお母さんの習慣(村上綾一著 ダイヤモンド社) 平成26年11月1日(土)



f0131183_1342941.jpg

幼稚園から小学校低学年の子供を持つ親なら、ちょっと読んでみてはいかが?

という本です。
目からうろこ、の部分もあるし、
そうでしょ、そうでしょ、という部分もあるはず。


………


随分前に、「あ」の人がこの本を送ってきたくれた。
毎回ありがとうございます。
ところが、その本がおばあちゃんの目に止まり、そのまま返してくれない。
仕方ないのでアマゾンでもう1冊購入しました。売り上げ貢献。



たとえば、
笑いをとる目的で突っ込もうと思えば、

『子供は、テレビやゲームでストレスを発散することはできません。外で体を動かしたり、スポーツをさせましょう。』

さんざんゲームをやっていたあなたが、それを言う?


でも、こんな突っ込みは著者さんの本意ではないだろうから、このへんまで。
(続きはアルコール付で。)


まじめに、
内容は、
・マンガ、テレビなどにも必ず「プラス」がある
・勉強と運動はセットで
・読むか読まないかに関係なく、身近に本があればいい
・ちょっとだけ得意だ、という感覚を育てるコツ
これ以上はネタバレリーナになるので、、、、。
とりあえず、我が家でも「ドラえもん」シリーズを補充しておきました。(その理由は本書内に。)


以上のようなことが、読者層である保護者を想定して、非常に簡単にわかりやすく書いてあります。どこかのブログ以上に、簡単に読み進められるので、読書が苦手なお母さんにも、忙しいお父さんにもオススメです。


それにしても、よくもこんなにたくさんのことを思いついて本にすることができますね。
常にメモ用紙を持ち歩いていて、ネタが浮かぶとメモしておく。まるで芸人のような生活をしていたのでしょうか?そんなそぶりは全然ありませんでしたが。むしろ、暇があればゴルフをしていたような…


………


そんな「あ」の人の履歴っぽいことが背表紙に載っている。
f0131183_13431211.jpg


・教材製作のかたわら、個人的に依頼された生徒を目白の事務所で指導する。
・2006年 理系専門塾エルカミノ創設。


僕が初めて「信長」に登録したのが2000年の冬。
初オフが2001年の冬だったか。
目白の事務所で徹夜でスーパーマリオをご披露いただいたのが2002年冬だったか。

あれから10年。
感慨深い10年です。



そんな本の、ある1ページ。
f0131183_13433238.jpg

誰が突っ込む?



『たった、100人かよ!』
[PR]

by akogarehotel | 2014-11-01 13:44 | この本を読め | Comments(4)