2014年 11月 04日 ( 1 )

 

キャンプ日記というか、スウィートグラス日記 平成26年11月2日(日)、3日(月)

キャンプ日記というか、スウィートグラス日記 平成26年11月2日(日)、3日(月)


f0131183_11104152.jpg

今年9回目のキャンプ。
ただし、今回を「キャンプ」と言っていいかどうか。宿泊したのは群馬で一番有名なキャンプ場「スウィートグラス」であることは間違いないが。


………

今回、宿泊したのは「トレーラーハウス」。
f0131183_11105120.jpg


便利なキャンプ場として有名なスウィートグラスの中でも、もっとも至れり尽くせりなサイト。
f0131183_111117.jpg

トイレ、電気、ガス、水道、冷蔵庫完備。
まるでホテルのような「部屋」。ないものはテレビくらいだ。
f0131183_11111696.jpg


いつもの薪ストーブも当然ある。
f0131183_11112951.jpg

薪ストーブの火力は、ほんとに冗談にならない。浅間山に雪が積もった日なのに、Tシャツ1枚で過ごせた。

f0131183_11114282.jpg

f0131183_11115140.jpg

ベッドと毛布、シーツもついている。キャンプに来てシーツを使うなんて初めてだね。
せっかく持ってきた寝袋を広げることもなかった。


問題は料金。
1泊、35000円!
定員は10人。そう考えれば高くはないが…

今回、私たちも、子供の友達家族と合計8人での予定だった。
が、直前になってキャンセル。結局、我が家4人だけの参加となってしまった。贅沢すぎるキャンプ…


ま、いつもは、慌ただしくテントを張ったり、片づけをしたり、、落ち着いて酒を呑む暇もない。
たまには、これくらいゆっくりした「キャンプ」をさせてくれよ。



………

2日。
連休中の軽井沢界隈は大渋滞。
そんな街中には近づかず、軽井沢インターから直接、北軽井沢へ。


北軽井沢「ルオムの森」

別名「スウィートグラスアドベンチャー」。スウィートグラスのテントサイトから車で数分の距離。
ここには、いわゆる空中散歩が無数にある。
f0131183_1112375.jpg

木から木へワイアーを伝いながら飛び移る。最後は地面まで滑り降りる。
ランクに応じて種々の綱渡りを選ぶことができるが、
 最低ライン:小学生、かつ身長110㎝
なのでご注意。
うちの長女は僕に似ないで運動神経が抜群なのだが、まだ幼稚園児のため遊ぶことができない。

それでも、本人は併設のトランポリンやハンモックで遊び、ソフトクリームを食べて満足そうだった。

一方、小学生にとっては絶好の遊び場。
「帰りたくなーい」

料金は一人3000円から。
ちょっと高いな。

………

3日。
テントの片づけがないなんて、こんなに幸せなの?

朝から、子供と一緒に森の散歩(妖精探しという無料アトラクション)レンタサイクル、トランポリン、バッジ製作などを堪能。
(ただし、レンタサイクルは園内だけです。)


昼前の11時には軽井沢を出発。
午後1時、自宅に到着。

早く帰れたので、ローラーを回す時間ができた。
これが一番うれしかったかも。
[PR]

by akogarehotel | 2014-11-04 11:12 | 子育てられ | Comments(0)