2016年 10月 07日 ( 1 )

 

1938. 全白ブラジルディフェンダーバッカリ 平成28年10月7日(金)

全白ブラジルディフェンダーバッカリ 平成2810月7日(金)



ツキノ杯に向けて、ツキノさんにそそのかされて。

f0131183_18144745.png

GKと、FWアドリアーノ以外、全員ディフェンダーの全白ブラジル。

ブラジルの国籍KPは「コンビネーション」と「個人守備」。



昔のバージョンでは、白DF選手でも、FW並みのシュート精度を持っている選手が多数存在した。

たとえば、マルセロ、エベルトンシウバ、イウシーニョ、、


それが、1112頃の「基盤」交換とともに一気に劣化した。

というか、リアルに近づいた、というべき?

ほぼ、全てのDF選手のシュート精度が、もはや笑うことしかできないくらいに、ボロボロのヘロヘロになってしまった。

それでも、もしかして、今バージョンで上方修正されてないかと期待して、立ち上げてみたのだが、、、、


残念!

無理!



PKより近い位置でのシュートが天まで届くとか、

クロスへのヘディングが、風船みたいなシュートでGKキャッチとか、



【結論】

すべてのDF選手のシュート精度は、非常に低値に設定されている

DF選手が「ほぼ」一律の設定であり、カードの個性は「ほとんど」存在しない。

補足すると、レオナルドモウラのような「DFなのにシュートのうまい選手」は存在するが、正規のFW選手に対しては比較できるようなレベルではない。

実験的に加えたアドリアーノと比べると、その違いが明らかすぎる。



30試合ほど消化して、個人星が3,4個ついたが、

わざわざ、お金を払ってストレスをためる必要はないので、このへんで終了。


ツキノ杯は、

1)マジメなアルゼンチン

2)マジメなオランダ

3)マジメなブラジル

4)マジメなフランス

のどれかにします。


まだそんなに選択肢があるのかよ。




[PR]

by akogarehotel | 2016-10-07 18:15 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(2)