2016年 10月 29日 ( 2 )

 

1942. 15-16WCCF 「裏」ツキノ杯用チーム 平成28年10月28日(木)

15-16WCCF 「裏」ツキノ杯用チーム 平成281028日(木)



なんだか「裏」ツキノ杯ってイベントがあるらしいよ(噂)。


★ツキノ杯

 全白、国籍統一


★裏ツキノ杯

 全白、国籍統一、U1200


ゲーセンで人生を過ごせるって幸せ~っ、と感じながら、

全白アルゼンチン(ガチ)をチビチビと育ててた。

クルスつぇー、マキシロペスつぇー、マキシロドリゲスつぇー


そんなことをやってたら、ツキノさんのお友達のJUNさんという方が、


『 パラ制限1200ですよ。 』と。


ということで、作り直しました。

全白アルゼンチン(U1200)

f0131183_14044941.png

f0131183_14034623.jpg

0809時代に、網野さんの声かけで「U-79」をやった。


全白補正が利かないように、U5で。そしたら、弱いのなんの…

こんなものやってられるか!というレベルだったけど、


U1200ってことは、各選手は「U-75」だよ。

「79」よりも、さらに下げるのか??

78のビアトリすら、贅沢?


最近のバージョンは、パラが正直になりつつある。低いパラの選手は、使えないカードが多い。

でもさ、クリメシで「作業ゲー」をするよりは、どんなカードを選ぶかを悩んだりして、十分に楽しいと思いますよ。

それもセガの術中でしょうが。



………



自慢のFW陣。一時代を築いた人たちですが…最近は弱体化しちゃって。

f0131183_14041131.jpg

とりあえず、ここまでのビアトリの活躍。

f0131183_14035668.png

まぁ、悪くはない。



………



以下、低パラチームのおかげで分かったこと。


★レギュラーリーグはプラス補正。カップ戦にはマイナス補正。

 …レギュラーリーグは戦力比で負けていても勝てることが多い。カップ戦は戦力比で勝っていても負けることが多い。(この場合の勝ち負けとは、シュートの成功率ということ。)


★フラグ命:スーパーサブ

 …それまで全然攻め切れなかったのに、スーパーサブを入れた途端にチーム全員の動きが変化して、ビアトリがガンガンとシュートを決めるようになる。SS以外にも、フラグを急に変化させる要素がほかにもあるはず。



………



この日、27クレもセガに貢いだ。その成果。↓

f0131183_14043036.jpg

欲しい人にあげます。

いや、0910ポルトのファリアスという、U75のカードと交換してくれ。





[PR]

by akogarehotel | 2016-10-29 14:25 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(8)  

1941. 小学生理科自由研究発表会 平成28年10月16日(日)

小学生理科自由研究発表会 平成281016日(日)



WCCFの前に、親ばかネタを1つ。


子供が学会発表。

f0131183_14033547.jpg

長女の夏休みの自由研究が学校代表になり、前橋市の発表会に行ってきた。


うれしい?

偉い?

まさか。


僕も妻も、ほとんどの学会発表に「意味がない」ということを知っている。

僕自身、これまでに10回弱の学会発表と論文発表をしたことがあるが、「他人に自慢できるもの」なんて1つもない。

順番だから発表してきて、という上司命令で、メンドクサイ仕事を引き受けていただけ。



なおかつ、この「小学生」発表会。

小学生が自分だけで、研究と発表なんてできるわけないじゃん!

大人が手伝っているに決まってるじゃん!

そもそも「考察」とか「結論」て単語が出た時点で、それを子供が考えたなんて言える分けないじゃん!

ワープロできれいにプリントアウトされた原稿を読んでいる時点で、それ小学生の仕事じゃないじゃん!

そんなの暗黙の了解。


今回、大変だったのは、むしろ長女が代表に決定された後のこと。

学校の先生から、


「追加研究として、これとこれとこれをやってください。あとは、これを書き直して、、あれこれあれこれ。」


と、細かい指示が来る。

でもって、当然のように、


「お父さんとお母さんとお兄さんに手伝ってもらいなさい」と。


もはや、「子供の自由研究」じゃなくて「我が家の自由研究」。

こんなことして意味があるの?

いや、そこまで「親の手伝い」が許可されるんなら、本気で手伝うよ?

N増やして、統計処理入れて、方法論は細かく書いて、引用文献も載せる。

冗談ですけど。



ただ、実は、そこまでする価値があった!


長女 「 緊張したけど、楽しかった。 」

長男 「 来年は僕が発表したい。 」


大人の先入観は、よくないね。


ちなみに、長女の発表題名は「ハムスターの研究」。

ハムスターの行動を24時間観察。必ずしも夜行性とは限らないという結論。


ちなみに、長男の今年の自由研究は「本能寺の変について」。

理科ではなく、社会の分野だったので、代表には選ばれなかった。それはそれで、文句を言いたい!




[PR]

by akogarehotel | 2016-10-29 14:05 | 子育てられ | Comments(2)