2016年 12月 02日 ( 1 )

 

1964. 飛行機事故 平成28年12月2日(金)

飛行機事故 平成2812月2日(金)



そのとき、コロンビア国際空港の上空で着陸待ちをしていた飛行機が4機。

 うち、2機は燃料に余裕あり。

 1機は、燃料漏れを起こし緊急事態。

 1機は、サッカー選手を乗せたチャーター機。航行距離3000kmぶんの燃料を積んで出発した。しかし、目的地コロンビアまでの距離は2985km


池袋-渋谷が15kmくらい。

前橋-渋川も15kmくらい。


燃料漏れを起こした航空機が先に着陸。それを待っている間に、サッカー選手を乗せた飛行機が燃料切れで墜落。


かわいそうですね。

かわいそうですけど、

今後、コロンビア、ブラジル、ボリビア間で国際問題に発展するかもしれないですね。

または、情報が消えるか。


そんな中、PSGのカバーニ(コロンビア人)はゴール後にユニフォームを脱いで、その下にはシャペコエンセへの応援メッセージ。

(でも、しっかりとイエローカード。リーグ・アン厳しい。)



そもそも、シャペコエンセなんてチームは聞いたことがない。

それもそのはずで、2009年まではブラジル4部。

その後、今回亡くなったジュニオール監督(本名ではない。京都でも監督?)が指揮を執りはじめてから大躍進。とんとん拍子に昇格して、現在1部。

ブラジルのレスターと呼ばれているそうです。(本当かな?ブラジル人はレスターなんて興味ないんじゃない?)


そして、今回は、南米カップ(コパ・スダ・メリカーナ)の決勝戦に向かう途中の事故。ここまでのシンデレラストーリーが際立つだけに、言いようのない悲劇。



亡くなった監督が、事故前日にインタビューを受けていて、

「 明日死んでもいい。(ここまでの快進撃が)それくらい幸せだから。 」

と。



早くも、チーム再建の話が出ているのは、ラテンゆえでしょうか。日本民族としては、むしろ不埒に感じますが、


★ロナウジーニョがシャペコエンセに加わる(かも)


という報道。しかし、これはサッカー界によくある噂レベル。単に無所属のロナウジーニョならちょうどいい的な周辺の報道。本人はコメントしないし、年俸が無理、という続報も。


そもそも、シャペコエンセの最高年俸は3000万円

年間予算は他の1部チームの10分の1程度(フルミネンセの9分の1)だそうです。

11人ぶん支払っても、ロナウジーニョの年俸は出せない。

だからこそのシャペコエンセなわけで、とすると、続報、


リケルメが無給で加入


さすが、われらがリケルメ!

これは本人サイドからの報道なので、実際にありえるかもしれない。

一緒に、パレルモさんもお願いします。



ブラジルでは自粛ムード一色のようです。

シャペコー市ではクリスマスイベントのほとんどが中止。

ロナウジーニョはシャペコー市民ではありませんが、前橋イベントに来ない可能性もありますね。



………



と、勝手にネット記事をまとめてみました。

南米白マニアとして。


そんなニュースが日本ではほとんど報道されないってのが、、、、

テレビって、残念なメディアだね。


哀悼の意をこめて、全白ブラジルでもする?

というのも、なんだかバカにしているようで。

↓パワー系のMFは大好きです。全白で必ず活躍します。でもこの人に限っては、このパワー数値は「FW扱い」。ボール奪取ではなくて、ヘディングシュートのために加算されたようです。

f0131183_18063864.png

ありきたりですが、

ご冥福をお祈りいたします。



[PR]

by akogarehotel | 2016-12-02 18:07 | ただの日常日記 | Comments(2)