2016年 12月 07日 ( 2 )

 

ニュース速報

企画の段階から無理があったと思いますね。
飛行機事故がダメ押しのような書き方ですが、。
(内実は、単にチケットがさばけなかったからだと思いますが。前橋であの金額が払える人は、そうそういませんて。)
前橋市民としては、一応、複雑な思いです。対戦するはずだった子供たちが可哀想だね。
(もしかして、その土日に、グリーンドームがあいたんじゃない?走行会ができないかな。)

【ロナウジーニョの都合で、前橋イベント中止】



[PR]

by akogarehotel | 2016-12-07 20:12 | リアルサッカー | Comments(0)  

1966. ハルヒルまでの練習プラン 平成28年12月6日(火)

ハルヒルまでの練習プラン 平成28年12月6日(火)



ロードバイクに乗り始めたばかりの人が、まず最初に鍛えなければいけない筋肉は、何でしょうか?


もったいぶって質問するほどのことではないですけど。


A。太もも(大腿四頭筋)?まさかね。
競輪選手じゃないんだから、そんな筋肉は永遠に鍛えなくて結構です。
鍛えたくなくても、自然にできあがっています、残念だけど。

A。太もも裏(ハムストリング)?
ちょっと違うと思う。少なくとも、一番最初ではない。


A。腹筋、と上腕二頭筋(腕屈側)。
たぶん、これだと思うのです。なぜなら、
上体を固定しないと、足の力が上へ逃げてしまいます。
サドルの上に体を立てて、ペダルを回転すれば効率よく力を伝えることができます。

腹筋のない状態でロードに乗ると、足の力を体重を使って抑え込もうとするので、自然に前傾姿勢になります。
これが「悪い前傾姿勢」。腰が痛いだけ。
腹筋を使って体を立てて、上腕二頭筋(と大胸筋)を使ってハンドルを引くことにより、体全体でサドルを押し付けます。これで、ペダルの回転力を上方へ逃がさずにすみます。
(たぶん)


ただし、これは、あくまでも、
この12月に、2か月ぶりに自転車に乗り始めた初心者に対しての意見です。
すでにロードバイクに乗り慣れている人は、腹筋が引き締まっているでしょうから。。。たぶん。


………

そんなことをふまえて、5月のハルヒルまでの練習日程。

★12月~1月
 腹筋、体幹筋を中心とした筋肉作り
…からだが出来上がっていないのに、ペダルをこいだって、うまく回らないよ。


★2月~3月
 回転数(有酸素)
…軽いギアでケイデンス120維持。もちろんローラー主体。
体が出来上がってきたら、120で回せるはず。あとは、ハルヒルを意識して、「50分間」。どれだけの速度で50分間を回し続けられるか、の練習。


★4月~5月
 パワー
…そろそろ山を登るか。無酸素的に。
パワーを発揮する大腿四頭筋は、1か月もあれば育成できるが、2日でも休めば退化する。
作りあげても、その維持が大変。だからギリギリでいいよ。
効率的に育成するなら、ハルヒル1本という練習よりは、天使×10くらいのほうがムキムキさせてくれます。



………


4日(日) ローラー30km
5日(月) ローラー10km(いわゆる軽めの練習)
6日(火) さて、

火曜日、本当は、どこかの坂へ行こうと思っていたが、

  風速9m

換算すると、時速30km!
こんな強風の中で練習したら不健康になっちゃうよ。
じゃぁ、腹筋の育成のために、、

大渡プール(トレーニングセンター)へ。
f0131183_06114175.jpg
腹筋の練習はランニングと信じている。
ランニングマシーンなら、膝に優しく、人にやさしく、
できるだけ高速に設定すると効率よく腹筋を鍛えてくれる。さらにお腹まわりの皮下脂肪も超燃焼。
毎日でもやりたいくらいだ、というか、一家に一台。

5kmダッシュ
500インターバル(時速16km)などで合計8㎞。
f0131183_06114652.jpg
9月11日のトライアスロン以来のランニング。こんなタイムで我慢しましょ。


………


で、せっかくプールにいるのに、泳がないで帰るのももったいなくない?
ということで、ちょっと、
本当にちょっとだけ、、、900m

とすると、あと1種目で完成だ。
家に帰って、ローラーをちょっと、ちょっとだけ。
20km

6日(火) ラン8㎞、スイム900m、バイク20㎞

ついつい、なんだかんだと、ハーフトライアスロンに。
ついつい、気分がいいからやっちゃうんですよね。


ちなみに、今日の動き。
家事掃除→ラン→スイム→ゲーセン(ドラム)→バイク→仕事打ち合わせ→ゲーセン(WCCF)

こうやって書くと、なんだか仕事をしているように思われる錯覚。










[PR]

by akogarehotel | 2016-12-07 06:18 | 本気のサイクリング | Comments(0)