2016年 12月 15日 ( 2 )

 

1971. 富士見峠(群馬県榛東村) 平成28年12月13日(火)

富士見峠(群馬県榛東村) 平成281213日(火)



その前に、


とりあえず、西宮市長は、西宮競輪を復活させなさい。

それでみんなが許してくれる。



………



富士見峠(榛名)に行ってきた。

→ コースガイド「榛名・富士見峠」へリンク

→ コースガイド目次へリンク



「榛名の自衛隊裏に、いい坂があるよ」

と、rosuket師匠をはじめ、いろいろな方に勧められたので。

f0131183_19010408.jpg

これは、すごい。

こんな近場に、こんな便利な練習場があるとは。

(霞山カントリークラブ周辺。地図の緑が霞山カントリー。)

f0131183_19003583.png

自宅から坂の頂上まで、ちょうど20km

前橋西高校の前をひたすら直進して、

自衛隊駐屯地を迂回すると、霞山(かざん)カントリークラブの看板。坂はすぐそこ。

周辺にはピストの練習地「どんぶり」や「1km坂」がある。箕郷周回コースからも遠くはない。



………



火曜日。

ハトポ号で箕郷周回を予定していたが、天気予報があやしい。

予定を変更して、ロードで榛名富士見へ。



気温5℃を想定。

しかし、走るうちに暑くなり、自衛隊につく頃には、メダリストジャージとTシャツだけ。

それでも汗びっしょり。

やはり、ロードは早い。30分で「どんぶり」に到着。


どんぶり:自衛隊北側の下り坂と上り坂。競輪選手の方がダッシュの練習に使っているという。

なぜか「鳥のフン」のにおいがする。鳥インフルのご時世なので、息を止めて通過。



どんぶりを過ぎてすぐに、「霞山カントリークラブ(早朝営業)」入り口の看板。

ここがスタート地点。


看板に従って左折すると、10%弱の坂が始まる。

 距離5km、標高差470m、平均勾配9.4%


ただし、最後の600mはほとんど平坦なので、それをのぞくと、

 距離4.4km、平均勾配10.2%

10%って、そうそう見かけるもんじゃないよ。



霞山カントリーを通り越し、

 「 ずいぶん登ったな 」

と思った頃に、「あと3.2km」の看板。


まだ、そんなに!?


距離が進むにつれ、勾配もさらにランクアップ。

カーブの内側は余裕で10%超。

交通量がないわけではないので、カーブのアウトに逃げるのは危ない。


「最後の直線」は15%くらいあるでしょうか。これを登りきると三叉路の合流点。展望台にたどり着く。(上の写真)

しかし、ここがゴールではない。「最後の直線」が実は最後ではない。


展望台を惜しみつつ、まだ登る。

これでもか、というくらいに、さらに坂レベルが上がる。

緩いところで10%、カーブになると15%超。しかも長い。

展望台から、えんえんと2kmくらい続く。

塩沢峠の後半部分か、箱根旧道の七曲がりか。


久しぶりに足を着きそうになった。

もしも足を着いたら、再乗不可能なので、スタートに戻らないといけない。


平坦部分が多くなってくれば、ゴールは近い。

ソフトバンクの施設が最高標高地点(ゴール)。

f0131183_19001161.jpg

この道をそのまま進めば、伊香保スケートリンクまで長い下り坂。

スケートリンクから榛名湖までは、すぐそこ。榛名湖と伊香保温泉を通って帰るのもよい。


しかし、雨が降ってきた。雨というか、粉雪?

残念だけど、Uターン。榛名富士がすぐそこに見えるのに。

f0131183_19005105.jpg

富士見峠の「富士」ってのは、もしかして「榛名富士」のこと?


激寒の下り。ダウンの上からウインドブレーカーを着込んで、震えながら帰宅。


往復40km

所要時間3時間



………



13日(火) 榛名富士見

14日(水) ローラー20km、ピスト

15日(木) 天使(激風、激寒)


今週は、いつもよりたくさん回しております!





[PR]

by akogarehotel | 2016-12-15 19:15 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

【17】榛名・富士見峠(群馬県榛東村)

ヒルクライムコースガイド

(最終更新 平成281215日)



【17】榛名「富士見峠」

霞山カントリー周辺(群馬県榛東村)

距離5km 標高差470m 平均勾配9.4

↓地図の緑色が霞山カントリークラブ。

f0131183_19003583.png

f0131183_19010408.jpg


自衛隊駐屯地裏から榛名山への上り口。

平均10%の数字そのままにえんえんと登り続ける。

f0131183_19011685.png

①勾配、コース

平均勾配のとおりに登りつづける。後半になるほど急坂になる。休む場所はない。着地したらスタートに戻る?

コースの中間あたりに展望台がある。ここをゴールとする考えもある。だって、写真を撮りたいでしょ?



②交通量

一般的に利用する車はほとんどいない。

しかし、稀に下ってくる車がある。急坂だけに要注意。



③コンビニ 自動販売機

霞山カントリー入り口の看板手前の中古車屋さんに自販機あり。

自衛隊駐屯地周辺にも自販機多数。

峠内には何もない。


霞山カントリーには入場しないのが礼儀。

前橋西高校から自衛隊に向かう途中にセーブオンとフレッセイ。



④食堂、施設

水沢観音は、有名なうどん街だけど、、、。

その界隈には古風な休憩所あり。



⑤季節、気温、服装

曇り空の12月。推定気温5℃。

上りは汗びっしょりでも、下りはドラえもんくらい着込んでも足りないくらい。



⑥駐車場

村役場や日帰り温泉など、堂々と置くわけには?

ちょっと遠いけど、道の駅「よしおか」なら。



⑦最寄り駅

JR新前橋、JR群馬総社

輪行でも行く価値はあるかと思います。



⑧景色

コースは林の中。展望台からは関東平野一望。

たぶん(本家の)富士山が見えるのだと思う。



⑨ソフトクリーム情報

ここまで来たなら、伊香保グリーン牧場へ。



⑩放射線情報

すでに資料がヤフーでは好評されなくなってるが、

榛名山~伊香保温泉は3万ベクレル/㎡以上だったはず。

(チェルノブイリの立ち入り禁止区域は3万ベクレル/㎡以上)



参考記事へリンク

平成28年12月13日


コースガイド目次へ戻る


[PR]

by akogarehotel | 2016-12-15 19:01 | ヒルクライムコースガイド | Comments(0)