2017年 03月 01日 ( 1 )

 

2008. WCCF16-17 ツキノ杯の準備完了 平成29年2月28日(火)

WCCF16-17 ツキノ杯の準備完了 平成29年2月28日(火)

今週末、大阪に行く用意がやっとできあがりました。
ツキノ杯用全白アルゼンチン
U1200と言いたいところだけど、どうしてもマキシロドリゲス85を使いたかったので、U1220になってしまった。主催のツキノさん、申し訳ない。
148試合消化。最後に当日、休養を入れて完了。
なんたって、ここ70試合くらい休養していないからね。


………


↓メンバーとレベル
f0131183_01060092.jpg
今バーになってから、突破しない、シュートはずす。カードパワーに依存しているらしい。
とすると、低パラ白(75前後)のカードではほとんど突破しない。
FWはマキシロドリゲス85、マキシロペス80、ビアトリ78。不動の3枚看板です。

100試合を越えたころ、3項目震撼すると、特別指導が発生しなくなった。また、Lv30が近づくと、急に伸びが悪くなる。
予定では、全員30になるはずだったけど、見込み違い。失敗。
ゲーム的に、29と30では何かが違うはず。

↓六角
f0131183_01054764.jpg
多くのプレイヤーにとって念願のオフェンスディフェンス「S」。違う?
基本はアルビセレステSですが、フィニッシュワークS、シュートセーブS、組織守備Sへも変更可能。
「G」はひとつだけ、でもPKセーブ(G)。GKカランタはシュートセーブ。ガチの大会なら、ロメロ(PK)に変更でしょうね。
でも、ボカ愛には誰もかないません。

148試合目でさえも、六角が大きくなりつつあった。どこまでいくのでしょう?




↓悲しいタイトル数
f0131183_01060764.png
S級は狙うだけムダ。任期のムダ。フラグが固すぎるので、育成だけを考えてキングスループ。
しかし、キングスの勝率が100%でない!?目の錯覚です。
ちなみに、キングスの優勝回数は26回でした。



育成の基本はひたすら「連携」。個人能力は通常の練習で上がるのだから何もしない。
3コマすべてを連携に費やした。その結果↓
f0131183_01055349.jpg
スタメン全員黄金。
11×10÷2 = 55本
たった55本です。

サブメンバーのセンシーニ、セジャイ、ルベンともほとんどの選手が黄金。
アイテムを全部使い切りましたんでね。

さて、S級無冠のこのチームが、オーシャン含めて全冠のツキノさんやぬくぬくさんに勝てるのでしょうか??












[PR]

by akogarehotel | 2017-03-01 01:07 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(4)