2083. ゲーセン日記復活 平成29年10月20日(金)




ゲーセン日記復活 平成29年10月20日(金)



いろいろなものが復活している。


リアルドラムを演奏しているので、ドラムマニアはむしろ遠慮。

・戦場の絆

・三国志大戦4

・クロスビーツ



★戦場の絆


あちこちのゲーセンから撤去されつくし、ついに前橋ではマトリクスくらいしか存在しなくなったが、そのマトリクスは1ゲーム200円の大サービス。

前橋じゅうのお客が集まるらしく、意外と混んでいる。とはいっても、8PODのうち半分がうまる程度。

モビルスーツが一新されて、またまた所持MSが減ってしまった。悪徳商法め。


中尉大尉でまったりプレイ中。



★三国志大戦4


「漢」勢力が導入されたが、興味はない。

それよりも、、、

ついに「他人が捨てたカード」を利用できるようになった。

捨てた側には「縁」がたまるので、リサイクルボックスにSRが捨ててあったりする。


そのゴミ箱から念願のホウトウを発見。(いまさら?)

 Rホウトウ(連環) 1.0

 R孔明の妻(攻城兵) 1.5

 R関羽(武神) 3.0

 SR馬超(白銀) 2.5

行き着くところは、やはり攻城兵。



★今日のメインは、音ゲーの「crossbeats(クロスビーツ)」

f0131183_17591882.png

音楽にあわせて、画面上の「◎」をタッチする。


「シュガーソング アンド ビターステップ」という曲が好きで始めたのだが、第一印象はつまらなかった。センサーが厳しいし、スマホを使わない人間にスライドは難しい。

しかし、なぜか、やり込んできたらハマッてしまった。

最初は低レベルの曲にも苦労していたが、苦節半年、ついにレベル53をフルコンボできた。

f0131183_17524618.jpg

DAYBREAK FRONTLINE(ORANGESTAR) master Lv53

↓動画は他人のもの。ゲームは同じ。



他には、トルコ行進曲、カノン、四季(春)、エンターテイナーなど、一応、「大人用」の曲もありますが、、、

やはり、恥ずかしいのでプレイ時間帯を気にしています。


シュガーソングとビターステップ(リンク)

さよなら最終列車(リンク)




WCCFは…

一度、離れると、再び遊ぶのは難しいゲームですね。

コーチもいないし、。

イチゲンさんには不可能なゲーム設定になってしまいました。








[PR]

# by akogarehotel | 2017-10-20 17:55 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

2082. 太もも育成計画 平成29年10月19日(木)

太もも育成計画 平成29年10月19日(木)



そろそろ話してもいいでしょう。


数年前、僕のところで働いていた女性が、競輪学校の入学試験を受けた。

同時に受験した児玉アオイを退け、一番時計で合格したものの、諸事情あり、現在は競輪選手にはなっていない。

その女性の1000TTのタイムが、1分17秒だったか、18秒だったか。


ということで、僕自身の目標タイムは、1分17秒。



………



ベストは1分20秒1。

まずは、1分20秒を切りたい。

なので、太もも育成中。

f0131183_18361668.jpg

基本的にピスト練習。


ローラー:持久力練習

時速43kmで距離15km

本来ならロード用の練習を、ピストでする。

ギアは50-16(3.12)。上ハンドルを持てないぶん、ロードよりもつらい。

本当は20kmくらい走りたいけど、そんなに暇がない。



ローラー:もがき練習

km全力

メニューは他にもありえるけど、まずは単純に。

1本終わると、5分休んで次。

何本もやりたいけど、時間の都合で2本くらい。いい大人なので。



特にもがきのときには、ハムストリングと大臀筋で「踏む」ことが大切。

ただし、そうするとピストがローラーの上を「はねて」不安定になる。ローラーから落ちそうになる。時速55kmを越すと、かなり危ない。

落車を防ぐ1つの方法は、引き足を同等に使うことだが、なぜかピストの引き足は大腿四頭筋に負担がかかる。おそらくギアが重たいため。


もう1つの方法は、体重を確実にサドルに乗せて、腹筋と背筋でピストをしっかりと押さえること。ハンドルに体重を乗せちゃダメ。前傾しちゃダメ。

サドルにしっかりと座る、基本中の基本ですね。


しかし、もがきは翌日に応えますねぇ。

自宅の階段を上るのもつらい。いい大人が…



………



DVDを観ながらのローラーは楽しい。

(もがき中は観れないけど)


戦国鍋を見終わってしまったので、今は、「ゲームセンターCX」。

昔懐かしいファミコン世代のゲームをよゐこ有野がひたすらプレイするだけ。全く知らないゲームがほとんどで、プレイ内容もだらだらしているけど、なぜか見入ってしまう。その「息抜き感」がいいのかも。

系列DVDを合わせれば30巻以上あるけど、これももうすぐ見終わってしまう。

f0131183_18355096.jpg
f0131183_18360353.jpg








[PR]

# by akogarehotel | 2017-10-19 18:34 | 本気のサイクリング | Comments(0)