カテゴリ:WCCFブログときどき絆ポップン( 476 )

 

1967. WCCF15-16 赤いボタンの押し方 平成28年12月7日(水)

WCCF15-16 赤いボタンの押し方 平成2812月7日(水)




今年の流行語大賞は、絶対に、


 流行語大賞落ちた、ユーキャン死ね

 (BY パーフェクトヒューマンの人)


がいいと思うよ。

少なくとも、密書で送れない言葉を選んじゃダメだろ。

つるの剛士は偉いよ。




………


本題


サイド攻撃全盛の時代ですが、どんなタイミングで赤ボタンを押せばいいの?


 結論:ウイングの選手が左手をあげたとき


………



クリメシでCPUと対戦するだけなら、そんなことはなぁぁぁぁんにも考えなくていいですけど、

クリメシで人間と対戦するとか、

U-1200とか、全白とかバカなことをやってると、シュートボタンのタイミングは非常に重要。


そんなことは誰でもわかっている。

で、今までは、クロスボールが上がった瞬間に、早押しゲーの感覚で赤ボタンを押していたけど、

残念だけどこれでは遅い、遅すぎる!



ウイングの選手をよく見ていると、

ドリブルのときには両手を下におろしているが、クロスをあげようとするときは胸を開き、腕を肩の高さまで上げる。これはバランスを取るために、理にかなった動き。

右ウイングの選手は左手を高くあげる。左ウイングの選手は右手を高くあげる。

そして、その直後にクロスボールを蹴る。



ボールや足を見ている必要はない。

ウイング選手の腕の振りだけを見ていればいい。

腕を振り上げた瞬間に、赤ボタンを押せばいい。

(え、もう、みんな知ってた?)



赤ボタンを早く押せたシュートは、特殊モーションを含んだ「フラグシュート」になる。オーバーヘッドとか、ダイビングとか。

f0131183_19033011.jpg

ビアトリが空を飛んでます。


本当は、ウインガーの動画を載せたいけど、ガラケーなので無理。

というか、1ゲームでも見れば、すぐわかるはず。


ま、何回か失敗して、マキシロドリゲスが「ここから?」とか言われながら、シュートしちゃったりしますけど。


このことが全てであるわけないが、

これくらいはやっておこうということ。



………



ということで、オーシャン。

オーシャンをPK以外で勝つなんて何年ぶりだろ、本当に。

f0131183_19074761.png

対人はGTを2戦して2分。

人間のバルサを相手に引き分けなら十分に楽しい。

f0131183_19080934.png

ところで、このバルセロナさんとの戦力比。

56:44

バルサは、140勝5分みたいなチーム。もちろん、六角上限。

こっちは、90試合消化。U1200。FW3人だけ覚醒して、他はあえてグランドコミュニケーションゼロ。

こんなに近接する戦力比なんですかね。



………



ジョンケンさんのU-1200ブラジルをモニターで見ましたよ。

ユニバーサルチャンピオンで、CPUインテルにPK戦で辛勝。さすがU-1200



………


一方、こちらは、今日、センモニで見かけた対戦。

f0131183_19034350.jpg

飛行機事故に気を使ってでしょうか?そんな細かいところに気がつく会社ではありませんが。







[PR]

by akogarehotel | 2016-12-08 20:48 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(2)  

1960. 15-16WCCF 一緒に行こう、岩出 平成28年11月23日(水)

一緒に行こう、岩出 平成281123日(水)



ツキノさんをリスペクトする人間として、当然のことです。


新チームを立ち上げました。

本拠地を和歌山県の聖地にするために、

オファーを受けずに、涙のような大きさの六角で。

そして、当然の1200アルゼンチン。


「ツレモテ・イコラ・岩出」

f0131183_18531456.jpg
f0131183_18524754.jpg

相手に応じて、433から、532へ移行できるようにメンバーを選びましたが、

目玉はなんと言っても、このひと↓

f0131183_18525903.jpg

マキシロドリゲス(85、リバプール、MF


私の知りうる限り、白アルゼンチンで最高のウイング。

その理由は連携。

突破力やクロス精度なんてのは、いいやつはみんないい。

マキシロドリゲスは、さらに連携がよく、アルゼンチン同士なら通常太線。

どんなによいウイングでも、ボールをもらえないと話にならないので、連携は必要だと思うんです。



しかし、パラ85。

まさに「嶋左近」。


意味分かりますか?


『 三成にすぎたるものがふたつある。島の左近と佐和山の城。 』


石田三成が、自分の所領の半分を与えてまで雇い入れたという嶋左近。

マキシロドリゲスを雇うために、パラ70の選手を3人も登用しないといけない。



………



立ち上げて、

4試合だけやって、

家に帰ってPCでアイテム買って、

翌日、また数試合ほど。


いや、なにが、どうって、、、


遅いのなんの、

シュートが入らないのなんの、

パスが通らないのなんのって。


冗談じゃなく、

大笑いしながらゲームを見てた。



しかし、

FWがシュートをはずすのは許されない。

ファリアス(78):残念だけど足が下手。頭はいい。

マルコルベン(78):足はうまいが、頭が下手。

エレーラ(76):足と頭とも80点。


はずしてわかったビアトリ(78)の偉大さ。

ビアトリ(78)+ノイル(73)のボカコンビがあっさり復活。

(すでに入れ換えちゃいました。)



これを書いている時点で、

30試合消化、

レギュラープレミア優勝

B級カップ3つ獲得。

そして、キャンペーンは30口!



★★★



ちょっとした実験中。


『 グランドのコミュニケーションに成功すると「信頼度」があがる。信頼度の高いほうから師弟関係になりやすい。 』

↑これは正しいはず。


問題は、16人全員の信頼度が100の場合、どうなるか。

信頼度が上限値に達した順番らしい。だけど、その調節は難しい。

(活躍しているのに褒めないと、信頼度が下がることがある。FWに多い。)


てことは、師弟関係になりたい選手以外は信頼度を上げなければいい。

ということで、あえてグランドのコミュニケーションを全く無視しています。

マキシロドリゲス、ビアトリ、ブオナノッテ以外は、グランドに呼ばない。


現時点で、一応、この3人と、もともとの弟子のセンシーニとナスティがミーティング最前列。


センシーニとナスティの信頼度を落とす工夫が必要だね。


前半で途中交代?

チーム全体に悪影響かもしれないから、いっそのこと解雇か。



ついでに、(個人覚醒しないで)戦力が増えないとどうなるか?という検証もかねています。



ま、バカです。




[PR]

by akogarehotel | 2016-11-24 18:54 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(4)  

1958. U1200アルゼンチン 1枚目終了 平成28年11月21日(月)

U1200アルゼンチン 1枚目終了 平成28年11月21日(月)


いわゆる「IC1枚」終了したので報告。
全冠2周(OCは1勝でも2周と判定された!)

一方、

対人戦 1分6敗(ワールドB)

わたしまけましたわ。。。


f0131183_20010547.png
こんな題名はずいぶん前にも書いた気がしますが、
今回は、想定内の敗戦ですね。そりゃそうだ。
逆Aのネラズーリに、U1200のセレスティ地蔵が勝っちゃったら、むしろ客が減る。

つまり、ワールドBって、そんな感じ。
まさにガチのチームで、140勝無敗みたいなチームばっかり。
さっき戦った相手が、センモニ(エリアチャンピオン)に出てる!とか。
メンバーは、クリメシよりも、イブラインテルのほうが多いかもしれませんね。

★そんな逆境の中、気づいたこと★

★失点数の上限は試合前に決まっている。
例:もしも上限2失点と決まっていれば、3点目以降はキーパーボタンを押さなくても、すべて防いでくれる。急にカランタが神セーブを連発する。

★ただし、それは逆も言えるので、「こちらの得点数の上限も決まっている」、たぶん。

ついでに言うと、
弱い方のチームは先に得点させてもらえる。
例:もしも上限1得点と決まっていれば、開始ワンプレイで得点できることが多い。
でもって、その後逆転。
ワールド7試合のうち、3試合は、まさかのこちらが先制。しかし、当然のように後半に2失点。
(1-2で敗戦の3試合とも同じ得点経過)

ワールド7試合目は唯一の引き分け。
クリメシなチームにあっさりと先制されるが、その後、こちらがまさかの逆転。
しかし、後半44分からの失点して引き分け。
上限が2-2だったのかな?とすると、あと何かをすれば勝てていたのかも。


【注意】上記はすべて個人の妄想の上に成り立っております。事実と違っていても、当方は責任を持ちません。


………


そんなことよりも、「気が付いたこと」。

なんで、逆Aのインテル5Rやクリメシテンプレチームと、うちの1200アルゼンチンの戦力比が、
 45:55?

僕は逆B。
予想値40:60なんだけど、彼らはあえて戦力比を下げる工夫をしているのでしょうか?
例えば、個人を全く覚醒させないとか。
特殊は覚醒させないと逆Aにならないですからね。


………

★その特殊覚醒の話。
(次バージョンでは全く無視されてしまうので意味ないですが、)

『特殊11人覚醒で、六角の上限が上昇』

これは有名なことなんですか?
16人全員を覚醒させなくていいので、最初から11人といってくれると非常にラクです。
特にサブメンバーはなかなか覚醒しないから。
(サブメンバーには非常に奇妙な選択肢が出現するんです。どう奇妙なのかは、知ってる人にしかわからないけど、知っても何にも得しません。)


→と言いながら、例えば


サブメンバーを、ミーティングで擦ると、
 『 次の試合は俺をスタメンにしろ。そうすれば勝つ! 』
と言う。
じゃぁ、使ってやるか、とスタメンにすると、当然の敗戦。だって、スタミナないし。。
しかし、その敗戦後、そのサブ選手が、

『 言ってることが違うだろ! 』

とミーティングで怒ってる。
って、それ、俺のセリフでしょ?


結論:サブメンバーをミーティングで擦るときにはとても注意!



………


対人用フォメ

敵は、3ボ、FW2枚サイド+1枚センター の 4-3-3 がほとんど。
これを1200で防ぐには5バックで仕方ないでしょ。
5-3-2
f0131183_20181072.jpg
サイドバックとSMFに超攻撃型を入れれば、これで点を取れないこともない。

が、
右のMF、FWをぎりぎりまで上げる。→
敵が右サイドへDFを寄せる。→
カード位置はそのままで、左攻撃を指示する→
左からクロス!

のほうが、得点しやすかったりします。
ただ、「得点の上限」は越えられませんけど、たぶん。


………

最後に、たぶん誰も興味のない1200選手(平均U75)の使用感。


★ビアトリ(78、FW、ボカ)
 :シュート完璧、枠外ゼロ。ただしクロスが通ってくれれば。スタミナ問題なし。連携普通。
★ノイル(73、FW、ボカ)
 :ヘディングだめ、足シュート良好、連携普通。中央突破良好。サイド突破だめ。
★マリオーニ(74、FW、ボカ、SS)
 :足シュート完璧、頭だめ。連携ダメ、クロス下手、中央突破良好。貴重なSS。
★Mディアス(73、リーベル、MF)
 :シュートまぁまぁ。クロス良い。サイド突破良好。連携悪い。
★ブオナノッテ(75、リーベル、MF)
 :ドリブル完璧、中央突破良好、サイド突破良い、クロス良好。連携普通。
★ガジャルド(72、リーベル、MF)
 :シュートだめ、連携良好。中央突破良好。スタミナ(9)意外と大丈夫。
★アウマダ(リーベル、DMF)
 :奪取良好、範囲良好、ドリブル突破良好、クロス良好、シュート良い。新発見の優良白。
★トゥッシオ(リーベル、左SB)
 :奪取良好、守備優先意識まぁ良い。攻撃苦手だけど、十分使える1枚。
★キローガ(リーベル、CB)
 :奪取良好、範囲良好、クロス守備まぁまぁ。ちょっとした優良白。
★ナスティ(リーベル、CB)
 :奪取良好、CBなのに攻撃意識高い、ドリブル良い、クロスまぁ良い。使い方次第。
★センシーニ(72、ウディネーゼ、CB、SS)
 :貴重な守備のSS。しかし、それ以上はなし。
★Pフェラーリ(リーベル、右SB)
 :超攻撃SB、ドリブル良い、クロス良好。MF配置でもガンガン上がる。


以上、勝手なメモ書きです。


さぁ、オファーを受けずに辞任しましたよ。
和歌山へ旅立つために。




[PR]

by akogarehotel | 2016-11-22 20:32 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(4)  

1954. 15-16WCCF U1200アルゼンチン 平成28年11月14日(月)

15-16WCCF U1200アルゼンチン 平成28年11月14日(月)

とりあえず全冠しました的な日記。

90試合消化
レギュラー6周+全冠
68勝8敗14分

オフェンス、ダッシュ:震撼
パワー、スピード「A」
個人16人震撼
特殊10人震撼
黄金ゼロ

監督年俸 約49億
称号「カリスマ」

統計:
ゴール数 1.ビアトリ(137点)
アシスト 1.Mディアス(70) 2.ブオナノッテ(60)


↓S級決勝戦とオーシャン
ぎりぎりヒヤヒヤの連続。
f0131183_06050574.png
基本的にビアトリ様なんですが、実はSSマリオーニのほうが密度が高い。
f0131183_06051338.png
1試合にSS2発は必須。そうしないとフラグを維持できない。メンバーのパラの都合上、SS3発は無理。
f0131183_06052107.png
↑明らかに勝ちフラグだったけど、なぜか退場。赤紙は「まぎれ」なの?トゥッシオなんて人生初退場だよ。
f0131183_06052993.png

オーシャンは、0対0からのPK勝ち。
相手がカシージャスのような気がしたが、あからさまな「フラグ勝利」。
なぜ、カランタにフラグが立つ?2本止めた。


………


以下、思うことの羅列。
U1200をプレイすることによって、「勝つときと負けるときの違い」を感じることがある。


★何よりも大事な六角形
当然といえば当然ですが、「何よりも」大事。
個人の成長よりも六角の大きさが勝敗に関係する。

★KPランクが大事
当然といえば当然。
で、この二つを踏まえると、
まずは、国籍KP(またはチームKP)を「A」にすること。
そうしないと全白は戦えない。
他の5つのパラは低くても構わない。
「空気清浄機」「オーディオ」は必須で、練習を2厳1休で繰り返す。
セレスティブランコの場合、ひたすらオフェンスを練習し、「A」になったら、奪取。
奪取が「A」になったら、再びオフェンスを繰り返し、震撼を目指す。目標は40試合で震撼「S」。50試合で2項目震撼。
単一項目だけの練習では、なかなか震撼しないので、2項目平行して練習。
イタリアリーグのコーチはオフェンスを下げるので要注意。(オファーの関係で、2期連続でイタリア在籍中。)


★KPの中では、国籍KP、チームKPに潜在的フラグがある。
当然といえば当然。
チームKPを持つCPUは強い。
同じ戦力比でも、敵チームがチームKPかそうでないKPかで勝敗が全然違う。
レギュラーリーグの対戦相手が、ナポリ、ローマ、ミラン、インテルと続いたときには泣く。ミラクルブラウグナよりも、ただのバルセロナのほうが厄介。

★(オカルト)
活躍する選手が、試合開始時に決まっている。その選手を試合後のミーティングで評価するときは「称賛」。
逆もあり。活躍しない選手が決まっている。負けると、その選手が原因というコメントあり。
活躍する予定の選手にボールがわたるように仕向けられるといいが、ボールを受け取るかどうかも試合前から決まっているのかも。
とすると、だいたいの勝敗が試合開始前に決まっていることになる。

★敵の無敵時間を止める方法って?
SS発動
どんどこドン
GK飛び出し(効果少)
瞬時に5バックに切り替え(効果遅)

★敵のコーナーキックを味方GKがはじいたら、勝利フラグ。
★味方のCBがコーナーまで攻め込んでクロスをあげたら、勝利に近いフラグ。
★KP「ドリブル重視」(またはセレスティブランコ)で、ショートパスを多用するようだと負けフラグ。
★明らかに強い相手と対戦した際、ドリブルで突っ込まずに、戻ってきたり、サイドへ避難するのは、意外と勝ちフラグ。



[PR]

by akogarehotel | 2016-11-15 06:09 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(18)  

1951. WCCF15-16 U1200アルゼンチン、および… 平成28年11月10日(木)

WCCF15-16 U1200アルゼンチン、および… 平成281110日(木)



私のまわりには「バカ」が多いもので。

もちろん、「バカ」というのは褒め言葉です。自転車バカとかね。



で、そのある人が、


 『 僕も始めちゃいました 』


 「 何を始めたの? 冷やし中華? 」


 『 ブラジルを。 』


ただのブラジルを始めたくらいで、僕に報告する人じゃない。

ただの全白ブラジルを始めたくらいで、僕に報告する必要はない。


ということは、もしかして、、ここにも「バカ」が。

↓ブラジル全白(U1200)

f0131183_18403786.jpg

本人の許可なく、あげちゃいます(^^)みんな好きなんですよね、このゲームが。


普通の全白ブラジルなら、何試合も遊んだことがある僕ですが、

このU1200の中には、使ったことがある選手があまりいません。

スタミナが不安で、まともな良心を持っていたら、常識的には使えないカードばかりです。

「アンデルソン」って、あの「アンデルソン」ではないですからね、ちなみに。

当然「アドリアーノ」も、新たなる怪物ではなく、バルサのSBでもない、3人目のアドリアーノ。

エドゥドラセナは、昔でいうところの「キャプテンシー」があったので、結構使った記憶。

レオナルドモウラは、キャプテンシーとスーパーサブの両方持っていたはず。


あれ?なんだか意外と使ったことがある選手がいる?



そんなジョンケンさんのその後は未確認。

おそらく、数日後に「とりあえず全冠しました」というメールが来るはず。



………



さて、僕のU1200アルゼンチン。


30試合を越えたので、そろそろメッキがはがれてきた。

(立ち上げ初期補正が切れてきた。)

ウイングにパスが通らない。ウイングにパスが出ない。

そりゃそうだ、せいぜい細線でしかつながってない。線がないところもある。

これではチャレンジすら勝てないし、S級は完全に想定外。


やはり、ウイング選手には連携が必要。

ディアスが悪いわけではないが、「連携が普通」では、ちょっと困る。

ダトロのように、「連携が悪い」だと論外。


低パラ選手は、若い選手が多いから、総じて「連携が悪い」。

やはり、マキシロドリゲスのような贅沢品に手を出さなければいけないのか。。。


一応、もう少し、宝を探してみよう。


そんな窮地を救うのが、神様仏様ビアトリ様。

W4決勝戦

f0131183_18405087.png

(というか、CPUインテルのパラシオって強すぎない?)





[PR]

by akogarehotel | 2016-11-10 18:41 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(11)  

1949. WCCF15-16 U1200アルゼンチン 平成28年11月7日(月)

WCCF15-16 U1200アルゼンチン 平成2811月7日(月)



第一次U1200アルゼンチンが終了。

もともと50試合くらい消化したチームに、メンバーを総入れ替えで動かし始めた。

なので育成期間が100試合くらいしかない。

さらに、なぜか、3択の正答率が低く、育成がかなり不十分。

個人は全員覚醒したものの、特殊は3人。黄金ゼロ。


こんな悲しい状況でも、任期最後にチャントロ優勝。

まぁ、なんとかいけるのか?というチームでした。


リーグ戦:

戦力比4060くらい。基本は全勝。戦力比が低くても問題ない仕様。


カップ戦:

A級は、5545くらいで、こちらが優勢。

S級は、一転して、3565。これだと五分五分。戦力比が正しい仕様。



………



各選手を簡単に。


FW

ビアトリ(ボカ) 完璧

ノイル(ボカ) 完璧

ダトロ(ボカ) 交代


OMF

ブオナノッテ(リーベル) 完璧

DMF

フェラーリ(リーベルDF) 完璧

アウマダ(リーベル) 完璧


DF左から

トゥッシオ(リーベル) 完璧

キローガ(リーベル) 許容

インサウラルデ(ボカ) 許容

ナスティ(リーベル) 完璧


GK

カランタ(ボカ) 許容


GKは誰を使っても同じという印象。チームパラ次第なのでは?


DMFの二人がよく動く。というか、DMFこそ、どんなカードでも動くのかな?

スーパーサブは必須。低パラだからだろうか、SS発動した選手がものすごく活躍する。ただし、SS選手は「パラが高い」。FWマリオーニ75DFセジャイ76FWスケロットは79!いわゆるひとつの「ぜいたく品」です。


ということで、問題はウイング。



………



急募 ウイング選手


条件:

右ウイングができて、突破力と連携を兼ね備えている方。パラ応相談。

ゴールラインまで上がって、もどってから逆足でクロスをあげるような方はお断りいたします。


★ウイングに連携は必須です。ボールが渡らなければ、攻撃が始まらない。


ここまで使ってみたのが、

スケロット(79):連携超良好だが、サイド突破が苦手。

ダトロ(74):突破力良好。ただし、連携チョワル。

ロサレス(79):突破良好。連携普通だが、パラが贅沢。

マキシロドリゲス(85):突破連携ともに最高の超贅沢品。

リカルドアルバレス(85):突破とクロス精度最高も、連携やや悪。



………



ということで、マキシロドリゲスを使いたい!


そのためには、他の選手の能力を極限まで下げる。

まさに島左近状態。(正確には嶋左近だそうです。)


でも、

前回のブログのとおり、「補正」があるとすれば、、、。


★能力の高すぎる選手を入れると、他の動きが悪くなる


で、選んだのが、↓

マウロ・ディアス(73)

f0131183_19014442.jpg

たった73のパラ。スタミナ14は全く問題なし。

ここまで、いい感じです。

しかし、マキシロドリゲスを雇用するために、より低パラに組んだので、なんと、、

f0131183_19020115.jpg

合計パラ 1190 !

あと10も余裕があるよ。





[PR]

by akogarehotel | 2016-11-07 19:02 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

1948. 15-16WCCF 低パラで感じる補正の妄想 平成28年11月6日(日)

15-16WCCF 低パラで感じる補正の妄想 平成28年11月6日(日)


ちょっと長くて、文字がたくさん。
WCCF愛のある人だけ読める。


ホセイといっても、ガンタンクのパイロットじゃなくて。


妄想のお話:

各パラについて、チーム平均値に対して、当該選手が多いか少ないかで、プラス・マイナスの補正がある


一蹴されてもいいけど、
一笑に付されてもいいけど、
一生ついてきてくれてもいいけど


言い換えると:
パワー16の選手がいて、そのチームのパワーの平均値が15だとすると、「プラス1」ぶんの補正がある。つまり耀く。

言い換えると:
オフェンス17の選手は、そのチームのオフェンスの平均値が13のチームよりも、平均値が9のチームで使う方が耀く。


実際例①:
ビアトリ(オフェンス17)は、全白で活躍するが、アルゼンチンU5では全く活躍しない。

アルゼンチンU5にしてメッシやリケルメをいれるとオフェンス平均値が上がってしまう。
平均値との差が少なくなれば、本来あったはずのプラス補正が少なくなる。


実際例②:
ディフェンダーバッカリのチームは、攻撃よりも、むしろ守備がザル。

ディフェンダーバッカリなのでDFの平均値は17以上。とするとDF17の選手にはマイナス補正。
通常のチームではDFの平均なんて、せいぜい10~11。ほぼすべてのDF選手にプラス補正がついているはず。



実際例③:
U1200、つまり、U75では、ほぼ全員のスタミナが13か14。
これでも、SBやCBを含めて、選手交代の必要がほとんどない。(ちなみに、基本的にプレスボタンは点けっぱなし。)

スタミナ平均値が13.5とすると、14の選手にはプラス補正。13の選手はマイナスだけど、その補正はわずかだから。
通常の全白だと、スタミナ16前後の選手が主流。すると、スタミナ13、14の選手はすぐに息切れ。


………


信じるか、信じないかは、国民の自由だが、
もしも(少しは)正しいとすれば、、、、

①サブ選手のパラは、極力低く。サブGKを5人でもいい。

②SBに、無駄にインフレな選手を使わないほうがいい。

③U1200って、意外とやれるんじゃね?



ということで、
第一次U1200が終わったので、その結果と、
第二次U1200の選手選考については、、、、次へ。









[PR]

by akogarehotel | 2016-11-06 21:11 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(4)  

1945. ブオナノッテを語ろう 平成28年11月2日(水)

ブオナノッテを語ろう 平成28年11月2日(水)



(→ブオナノッテの詳細へリンク、おススメ)


ディエゴ・ブオナノッテ
 アルゼンチン
 リーベル、MF
f0131183_23561336.jpg
メッシと同じサンタフェに、メッシよりも2か月早く生まれた。

メッシと同じ下垂体性小人症。
メッシがバルセロナに移籍して小人症の治療を行ったのに対し、
十分な治療ができなかったブオナノッテは身長が160cmである。

(治療内容の詳細は不明。日本では、一般的に、成長ホルモンの注射は身長160cmを目標として行われる。)

苦労して育って、苦労してサッカー選手になった。
そりゃ、応援したくなるよ。


0708、0809時代に、リーベルのキープレイヤー的存在となり、カード化された。
あのファルカオガルシアとも肩を並べる選手だったとか。


しかし、
アトレティコ・マドリーへの移籍が決まっていた12月。自動車死亡事故を起こしてしまい、本人も生死の境目。

その後、奇跡の復活をとげたものの、マラガを経て、現在はギリシャのチームに所属している。



………


応援したい選手であることは間違いないですね。
Jリーグに来ないかな。


WCCFのこと。

僕が、0809時代にアルゼンチンしかプレイしなかった頃、1任期(150試合)だけ使った記憶。
顔CGが可哀想というのが最大の特徴だが、やはりドリブルとスルーパスも目立っていた。

単純にパワー数値が低いので、しばらく使わずにいたのだが、

Uー1200なら使うでしょ!


パワーがどうとか、そんな贅沢を言っていられないのでね。

4-3-3 の中央OMFで使ってます。
サイド攻撃の指示を無視して、中央からバンバンとスルーパスを撃ってくれます。
いわゆる「素晴らしい攻撃オプション」ですね。
f0131183_23562422.png

ただし、0809(パラ75)を使用中。
これを0708(パラ72)に変更する勇気がない。


(ちなみに、シャアの写真を下げたいから、慌てて次の記事を書いた訳じゃないですよ。きっと。)




[PR]

by akogarehotel | 2016-11-02 23:56 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(2)  

1942. 15-16WCCF 「裏」ツキノ杯用チーム 平成28年10月28日(木)

15-16WCCF 「裏」ツキノ杯用チーム 平成281028日(木)



なんだか「裏」ツキノ杯ってイベントがあるらしいよ(噂)。


★ツキノ杯

 全白、国籍統一


★裏ツキノ杯

 全白、国籍統一、U1200


ゲーセンで人生を過ごせるって幸せ~っ、と感じながら、

全白アルゼンチン(ガチ)をチビチビと育ててた。

クルスつぇー、マキシロペスつぇー、マキシロドリゲスつぇー


そんなことをやってたら、ツキノさんのお友達のJUNさんという方が、


『 パラ制限1200ですよ。 』と。


ということで、作り直しました。

全白アルゼンチン(U1200)

f0131183_14044941.png

f0131183_14034623.jpg

0809時代に、網野さんの声かけで「U-79」をやった。


全白補正が利かないように、U5で。そしたら、弱いのなんの…

こんなものやってられるか!というレベルだったけど、


U1200ってことは、各選手は「U-75」だよ。

「79」よりも、さらに下げるのか??

78のビアトリすら、贅沢?


最近のバージョンは、パラが正直になりつつある。低いパラの選手は、使えないカードが多い。

でもさ、クリメシで「作業ゲー」をするよりは、どんなカードを選ぶかを悩んだりして、十分に楽しいと思いますよ。

それもセガの術中でしょうが。



………



自慢のFW陣。一時代を築いた人たちですが…最近は弱体化しちゃって。

f0131183_14041131.jpg

とりあえず、ここまでのビアトリの活躍。

f0131183_14035668.png

まぁ、悪くはない。



………



以下、低パラチームのおかげで分かったこと。


★レギュラーリーグはプラス補正。カップ戦にはマイナス補正。

 …レギュラーリーグは戦力比で負けていても勝てることが多い。カップ戦は戦力比で勝っていても負けることが多い。(この場合の勝ち負けとは、シュートの成功率ということ。)


★フラグ命:スーパーサブ

 …それまで全然攻め切れなかったのに、スーパーサブを入れた途端にチーム全員の動きが変化して、ビアトリがガンガンとシュートを決めるようになる。SS以外にも、フラグを急に変化させる要素がほかにもあるはず。



………



この日、27クレもセガに貢いだ。その成果。↓

f0131183_14043036.jpg

欲しい人にあげます。

いや、0910ポルトのファリアスという、U75のカードと交換してくれ。





[PR]

by akogarehotel | 2016-10-29 14:25 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(8)  

1938. 全白ブラジルディフェンダーバッカリ 平成28年10月7日(金)

全白ブラジルディフェンダーバッカリ 平成2810月7日(金)



ツキノ杯に向けて、ツキノさんにそそのかされて。

f0131183_18144745.png

GKと、FWアドリアーノ以外、全員ディフェンダーの全白ブラジル。

ブラジルの国籍KPは「コンビネーション」と「個人守備」。



昔のバージョンでは、白DF選手でも、FW並みのシュート精度を持っている選手が多数存在した。

たとえば、マルセロ、エベルトンシウバ、イウシーニョ、、


それが、1112頃の「基盤」交換とともに一気に劣化した。

というか、リアルに近づいた、というべき?

ほぼ、全てのDF選手のシュート精度が、もはや笑うことしかできないくらいに、ボロボロのヘロヘロになってしまった。

それでも、もしかして、今バージョンで上方修正されてないかと期待して、立ち上げてみたのだが、、、、


残念!

無理!



PKより近い位置でのシュートが天まで届くとか、

クロスへのヘディングが、風船みたいなシュートでGKキャッチとか、



【結論】

すべてのDF選手のシュート精度は、非常に低値に設定されている

DF選手が「ほぼ」一律の設定であり、カードの個性は「ほとんど」存在しない。

補足すると、レオナルドモウラのような「DFなのにシュートのうまい選手」は存在するが、正規のFW選手に対しては比較できるようなレベルではない。

実験的に加えたアドリアーノと比べると、その違いが明らかすぎる。



30試合ほど消化して、個人星が3,4個ついたが、

わざわざ、お金を払ってストレスをためる必要はないので、このへんで終了。


ツキノ杯は、

1)マジメなアルゼンチン

2)マジメなオランダ

3)マジメなブラジル

4)マジメなフランス

のどれかにします。


まだそんなに選択肢があるのかよ。




[PR]

by akogarehotel | 2016-10-07 18:15 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(2)