カテゴリ:あちこち旅行記( 93 )

 

想定外  平成27年2月21日(土)

想定外  平成27年2月21日(土)


今夜は銀座で結婚式(二次会)。
ついでに、家族連れで都内に宿泊しちゃおう、という予定。
だったのだが、、、、



朝5時。
朝練に出発。
真っ暗なのでロードとピストは遠慮して、ママチャリで畜産試験場まで。

帰り道。
水のペットボトルをかごに入れて走ってきた。
確かに、いつもより寒いなぁとは思っていたが、、
f0131183_17354028.jpg

ペットボトルの水が凍ってしまった!
今度はバナナでも持って行こうか。

朝焼けの赤城山。
f0131183_1736191.jpg



………


午後1時。
午前中の仕事を適当に片付けて、さぁ出かけようと思ったら、、、

長男が発熱。
38度で、のどが痛い、と。

仕方ない。家族旅行は中止。ホテルはキャンセル。
ある意味、出発前ギリギリでよかった。電車の中やホテルで調子悪くなっていたら悲しい。



でも、「二次会とはいえ」誘われた結婚式には行くだろ、普通。
(誰とは言わないチーム「K」とか…)


ギリギリまで自宅で子供の世話をして、夕方6時に出発。
ところが、急な予定変更のため、新幹線の指定席が取れない。
グリーン車すらあいていない。景気がいいの?東京マラソンのため?
仕方ないので、「グランクラス」へ。

追加料金3000円。
んーーー、座席の可動部分がたくさんあって、子供だったら喜ぶのだろうが、
お弁当を置くテーブルが小さいし、
缶ビールは倒れそうだし、、
普通かな、という感想。

贅沢列車には「缶ビールが倒れない設計」が最低限必要だと思いますね。


………


パーティは、銀座のNBクラブというお店。
f0131183_17362266.jpg

せっかくの美男美女だから修正なし。失礼。

ひりゅ君(25歳)、ご結婚おめでとう。
僕が彼と初めて会ったのは、彼が17歳のとき、新宿の居酒屋で。あれ以来、中野や前橋で何度焼肉をごちそうしたんだっけ。
当時「まだ(酒を)飲んじゃいけないんですよ~」と言っていた、あんな「子供」が、もう結婚だって。地球は回ってるねぇ。

ちなみに、ひりゅ君の出身地は長野県の佐久。
うらやましい。
もしも俺が佐久に住んでいたら、毎日八ヶ岳に行ってるよね、自転車で。八ヶ岳に飽きたら、浅間(車坂や地蔵峠)でもいい。


新郎新婦が20歳台なので、お客さんの平均年齢もかなり低い。
その中で、異様な雰囲気の高齢者席に、僕のほかには、
幸福さん、サイクルさん、あやのいちさん。

要するにオフ会。
話題は、
あやのいち塾の好調ぶりとか、
国家公務員は忙しいとか、
呼ばれたのに来ない「チームK」とか信じられないよね、とか。(注意:個人Kではなく、チームK。)

そしてビンゴ大会。
参加者のうち10名にしか当たらない賞品が、我々4人のうち、3人に。
f0131183_17364317.jpg

僕は「マッサージ券」。自転車で疲労した筋肉には非常にうれしい。
え、年寄りなんだから辞退しろ?
いや、酔っ払いすぎて、そんなことまで気が回らなかったよ。。。

年寄りなぶん、お祝いの品を10倍返しくらいでお送りしますから、許してください。
f0131183_1737098.jpg

これは100万倍返し。



楽しくて、おししいパーティでした。
3日間禁酒して挑んだ甲斐がありました。ごちそうさま。
ひりゅ君が、あんなに「しきり上手」だったのは意外、と私たちの総意でした。

おしあわせに。
(他人には見られたくないだろう写真をたくさん撮影しておきました。)



………


最終の新幹線で帰宅。
銀座の地面にいた時間は約2時間。まるで芸能人のようなスケジュール。
[PR]

by akogarehotel | 2015-02-23 17:37 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

軽井沢プリンスホテルスキー場 平成27年2月15日(日)

軽井沢プリンスホテルスキー場 平成27年2月15日(日)


少しくらい仕事をしてやってもいいよ、


なんてささやいたら、、、、

突然の激務状態突入。。。。

全日本選抜とか、いっこも見てないし、結果も知らないし、
13日(金)と15日(日)は練習できなかったし、、、

一応、13日は夜10時半に仕事が終わって、ローラーの前までたどり着いたけど、、
そのまま仮眠したら、日付が変わってた…


そんな中、まだ暇があった12日の木曜日、ママチャリでタイヤ引き。
f0131183_17385177.jpg

ま、笑い話に。

引き足ができないので、全身を棒立ちにしてダンシング。
そうでもしないと、上れない。

自転車が壊れそうだから、もうやらない。


………



15日の日曜日。

軽井沢プリンスホテルスキー場へ。
f0131183_17421131.jpg

40年前にオープンした人工雪スキー場。
当時は、まるでアイススケート場のような雪質だったけど、だんだんと技術が進歩。
今では、人工雪ということを感じさせない。そもそも、今年は天然雪が多いみたいだし。

さらに、日本一晴天率が高いことでも有名。
でもって、新幹線の駅前、さらに、軽井沢インターから5分となれば、当然混雑。
f0131183_17415555.jpg

とはいえ、
リフト待ちは、長くても5,6分。
スキーバブルを経験している世代なら、こんなもの「混雑」とは言えない。

レストランもプリンホテルの管理なので、順番待ちがしっかりしている。
周辺のスキー場では横行している「場所取り」が、プリンススキー場には存在しない。
うれしいね。


ただ、もともとが山岳地帯ではないので、急斜面はない。
上級者には物足りないかな、仕方ない。


………


朝8時に家を出て、9時半から滑り始められる。
終了時刻の夕方4時まで滑って、5時半には自宅に到着。


ちょっとそこまで、的なスキー場。

全国的に天気の悪い日には最適。
[PR]

by akogarehotel | 2015-02-16 17:45 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

やっぱり苗場だよね  平成27年1月11日(日)、12日(月祝)

やっぱり苗場だよね  平成27年1月11日(日)、12日(月祝)



なんだか、去年も同じようなブログを書いた気がする。


連休に、ホームゲレンデへ行ってきました。
苗場で1泊スキー。
f0131183_2037388.jpg

連休のために、さすがに混雑していた、、、、が、、、、
f0131183_2037349.jpg

f0131183_20375064.jpg



バブルの頃は、こんなもんじゃないから!
f0131183_20371857.jpg


上の写真は、有名な「大斜面」。
この写真でも、ちょっと混んでいるな、と感じるでしょうが、あのころは、間違いなく、この3倍、4倍、もっと?というイモ洗い状態だった。
むしろ、その頃が異常で、今が「ちょうどいい」とみんなが思っているはず。


苗場の弱点は、天候の悪さ。

上越国境のスキー場は、基本的に、雪、または吹雪。
運がいいと「曇り」
晴れなんてのは、一年分の運を使ったようなもんだ。


ということで、1月11日(日)は曇り。

運がいい!
大斜面からプリンスホテルが見えるなんてのは、10%もあるかないかの幸運。

思いっきり滑って、昼から思いっきり飲んで、、、、


翌日。1月12日(月祝)は、通常通りの雪+風。
一般的には吹雪っていうかな。
有名なドラゴンドラ(かぐらスキー場への連絡ゴンドラ)が風のため運行中止。

ま、いつものことだ。

ゲレンデ上部(たけのこ山ゴンドラ)に行くと、視界が5mくらいしかない。
ちょっと恐怖を感じながら滑れます。

ま、いつものことだ。

(こんなスキー場でエリア外へ出ようとする奴の気がしれない。40代ではありえない。)


遅い昼食を食べて、ゆっくり帰宅。
連休のため、多少渋滞していたけど、午後4時には自宅へ到着。
近いな、苗場。



★宿泊スキーの利点。

昼から飲んでスキー。
これこそ、サーフ天国、スキー天国。
[PR]

by akogarehotel | 2015-01-13 20:55 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

謹賀新年  平成27年1月

謹賀新年  平成27年1月


あけましておめでとうございます。
f0131183_10395962.jpg


去年はサホ○へ行って「はずれ」だったので、今年は基本どおりにトマム。

おかげで気持ちよくお酒が飲めました。


飲み放題(ビール限定)が1000円。さすがサッポロ。
f0131183_10493016.jpg

でも5杯で限界…


帰りは飛行機が1時間半遅れたために、ANAから一人1000円の買い物券が配られた。4人家族で4000円。
↓これで980円。
f0131183_10495998.jpg

不意にもらったプレゼント。なんだか得した気分。


………


年末の12月30日のこと。

恒例の幸福さんちでグランプリ観戦。
2-5 で 約3000円。
15000円 → 65000円 になりました。
SSイレブンがどうたら言うおかげで、単に「当たりやすい」レースだったと思うのですが。。


幸福さん
毎年、会場を提供していただいてありがとう。
1歳未満の子供がいるところに、子連れで押しかけてごめんなさい。
[PR]

by akogarehotel | 2015-01-04 10:55 | あちこち旅行記 | Comments(4)  

お台場BBQ 平成26年10月25日、26日(土、日)

お台場BBQ 平成26年10月25日、26日(土、日)



恒例となりつつある、大学水泳部OBでのお台場BBQ。
今回で4回目。
「誰かのお祝い」が前提だけど、宴会好きなメンバーなので口実なんていくらでも設定できる。そのうち「誰かの子供が大学に合格したから」程度でも開催されそう。
どこかにお祝いのネタを探せ!
f0131183_15172017.jpg


一応、今回は「K君の教授就任祝い」なので、名目上は、そして税務会計上は、れっきとした「仕事」と分類されます。
f0131183_1521231.jpg



………


土曜日。
仕事が終わってから家族と東京へ。

子供たちの希望で、夕食を兼ねて、カラオケへ。

「妖怪ウォッチの新曲」(正確には、祭り囃子でゲラゲラポーという歌らしい。)が歌いたいというので、配信されている店をわざわざ検索した。
DAMではまだダメで、JOYSOUNDだけとのことなので、東京駅近くのJOYSOUND直営店(京橋店)へ。
f0131183_15175988.jpg



f0131183_15182725.jpg

『歌うのが忙しくて、ごはんなんて食べられないよー』と。



………


日曜日。
葛西臨海公園へ。

5年前に来たときは連休だったので大混雑。
今回は普通の日曜日。すいている!

水族館のほかには、観覧車と豆汽車しかない「公園」だから、隣駅にある巨大ネズミ遊園地ほどの集客力はない。
でも、海辺の公園は爽やかで気持ちよくて、、、
単純に「公園」として考えれば、子供たちには大好評。
サイクリングコースもあり、ロードで来ている親子がいたりして、、うらやましい。
売店、露店も多数。食事には困らない。

f0131183_15185513.jpg

水族館は有名な「マグロが回遊する」水槽。
大学時代に何度も通いましたね。誰と?
で、入場料がたったの700円。しかも、中学生以下は無料。さすが都立。
先日、成田ゆめ牧場に行ったばかりなので、余計にお得感が大きい。


………


家族とは水族館の入り口で別れ、私だけ一人でお台場へ。
りんかい線の東京テレポート駅はフジテレビの門前駅なので日曜日は大混雑。人ごみを避けながら、真夏のようなアスファルトの上をはぁはぁ言いながら歩き、やっと潮風公園が近づいた頃、
何やら物騒な集団が、、、、
f0131183_15191651.jpg

なんとお台場トライアスロン開催中。
ちょうどこのあたりがバイク区間らしく、そこらじゅうをロードバイクの集団がものすごいスピードで流れていく。で、各集団の後にはテレビカメラを積んだオートバイが追いかけていく。それなりのレベルのレースのようだ。
「JPN」というユニフォームの選手もいた。

で、、、、この信号を渡れば潮風公園というところに来たら、、
「この道路は渡れません。あそこに見える駅の歩道橋を渡ってください」
と、係員に冷たく言われ、
指差された方向を見ると、、、、はるかかなたに霞んで見える駅がある。。
おいおい。。。

ま、赤城では他人に迷惑をかけた分際なので、仕方なくトボトボと歩きましたが。
幅15mの道路を横断するために、往復1500mほど遠回りですけど。


………


都立潮風公園。
都内でも絶大な人気を誇るBBQ広場。日曜日の昼ぶんは、2ヶ月前の予約開始日にすぐに満員になってしまう。
f0131183_15194189.jpg

前回のBBQのときから導入された生ビールサーバー。まさに神。やっぱ生だよね。
f0131183_15195839.jpg


f0131183_15202588.jpg

去年は同じ時期に、僕が幹事での開催だった。寒かったので、キムチ鍋とモツ鍋が重宝した。
一方、今回は真夏のような絶好のBBQ日和。やきそばだけで十分に楽しめた。
寒いときのBBQってのは、結構気を使うんですよね。キャンプのおかげで、そんな経験値だけは上がってます。



今回は、K君の自治医科大学教授就任祝い。
K君は1学年下で仲のよい後輩。
(みんな、偉くなるんだよね、、、僕以外は。)

自治医科大学は栃木県。宇都宮の近くにある。
そんなわけで、K君が、
『宇都宮に遊びに来てくださいよぉ、自転車で』
と、おっしゃる。

去年は家族の体調不良などで中止した「宇都宮競輪に自転車で行こう!」を今年こそは考えてみようか。
[PR]

by akogarehotel | 2014-10-27 15:20 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

台風警報のなか、キャンプ日記とか…  平成26年10月11日、12日、13日

台風警報のなか、キャンプ日記とか…  平成26年10月11日、12日、13日



嫌いじゃないんですけどね、別に。
でも、台風のなかとか無理しなくたって、意外と放射能も高いし、、。
しかも、かなーーーり寒いし。

ま、子供が楽しんでいたからいいか。
f0131183_13341842.jpg


………


体育の日の連休はキャンプ。
今年8回目!
もちろん、今年中にあと2回が予定されています。


10月10日は一年でもっとも晴天率が高い。だからこそオリンピックの開会式になったわけだが、、、
今年は台風直撃ですか。。。


今回は、こんなところに来ています。
f0131183_13345111.jpg


成田ゆめ牧場。
成田ゆめ牧場オートキャンプ場。


今回は我が家と、妻の友達家族との合計7人。

土曜日の午後。
私以外は自動車で早々に出発。
私は仕事が終わってから、ローラーを回してから、のうのうと新幹線で。
で、成田駅に着いたのが午後6時。なんと、たまたま「成田花火大会」のためタクシー待ちが大混雑。
仕方ないのでゲーセンで時間つぶし。仕方ない。
キャンプ場で食べるはずだった夕食も、成田駅前のラーメンで済ませ、夜8時過ぎにキャンプ場へ到着。
もう寝るだけだ。


成田ゆめ牧場は、成田駅から北へ15kmほどの丘陵地帯にある。周辺はゴルフ場だらけ。丘陵といっても、標高はせいぜい40mで、JR成田駅界隈ではTシャツ1枚で過ごせたので、完璧になめてました。

で、夜中。
激寒!!!!!!無理!!!

テントの中で、ヒートテック2枚重ね、その上に雪山サイクリング用のオーバーウォールを着ているのに、まだ全然寒い。
標高1200の軽井沢より寒いんじゃない?


必死で夜を過ごしました。


………


日曜日。
写メでも撮ってみる。
f0131183_13352732.jpg

f0131183_13354125.jpg

f0131183_13355423.jpg


ナニコレ?!
大混雑のキャンプ場。
駐車場のようにひしめくキャンプと車。
360度、どこを見渡しても「駐車場」のように満車、満車。。。

他のキャンプ場に比べて1区画の区切りが小さいから、余計に「駐車場」としか見えない。
これて、どうなん?

ついでに、
屋根にロードバイクを乗っけたベンツのワゴンとかいたりして。
ベンツは品川ナンバーの黒塗り。
ロードはディープリムのグラファイト。
かなり乗ってる人なんでしょうが、、この辺は湿度が高いから、朝になると全てのものがびしょ濡れになる。
さらに帰る日は台風だから、雨のなかでしょ?
自転車がかわいそう、というか、よほどの好条件でない限り、キャンプ場にロードバイクを持ってくることは不可能なんですよね。



ただし、日曜日だけは絶好の晴天。
家族でゆめ牧場へ。
f0131183_13362242.jpg

f0131183_13363668.jpg

一般的な動物遊びのほかに、こんな自転車施設もある。
しかも空いている。
うちの子供たちには、とても楽しかったようなんだけど、、、、高い!

30分で1000円。
お札がパラパラと、あっという間になくなっていった。雀荘みたい。
成田は一応、首都圏だから?

モトクロスは、大人も利用可能です。
f0131183_13373430.jpg

こんなのに乗ったのは去年の素人バンク走行会以来。
でも、なんでもいいから自転車に乗るのは楽しいね。

ただし、高額なので、15分(500円)で終了しました。たったの15分。


他には、牧場にはめずらしいアーチェリーなんてあります。
f0131183_1337538.jpg




天気がよかったので、楽しかった一日。


………


その夜。
あまりの寒さに、近くのイオンで暖房を買ってきた。
簡易式の温風ヒーター、5000円。
(電源付サイトという、ぬるい設定なんです。)

昨日よりは少しはまともになったが、まだまだ寒い。
夜は相変わらず、震えながら過ごした。


………


月曜日。
台風が来る前に急げ!
朝5時半に起きて、ひたすら撤収作業。
テント、寝袋などを急いで片付ける。朝ごはんを食べる暇どころか、水を飲む隙さえない。

8時半。
小雨のなか、ギリギリ任務完了。
まわりを見ると、まだテントを片付けてないお客さんが多数。
大丈夫なの?
もちろん、ベンツのロードバイクもまだそのまま。
本当に、大丈夫なの?


8時半。
成田を出発。
都内(外環)を経由して関越道から帰宅。
途中、もちろん大雨だったけど、2時間半で前橋へ到着した。
早かったな。

というか、こんなに急ぐくらいなら、前日の夜に帰ればいい?


あまりの寒さに、その日の夕方から38度の発熱。
公園で遊んで発熱なので、デングか?と思ったけど、治りが早かったので違うみたいでした。

でも、おかげで3日間も練習を休んでしまった…
[PR]

by akogarehotel | 2014-10-15 13:37 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

いつの間にかにキャンプ日記:キャンピカ、ぐりんぱ 平成26年9月13、14、15日(土日月)

いつの間にかにキャンプ日記:キャンピカ、ぐりんぱ 平成26年9月13、14、15日(土日月)


はい、今年7回目のキャンプ。

去年までなら、7回行けば、7回ともスウィートグラスだったけど、
今年は、あちこち行ってみよう、的な発想。

今回は、念願の「富士山が見たい」だそうです。


、だそうです、ってのは、僕以外の家族の意見ってことで。


………


キャンピカ
f0131183_2033482.jpg

(↑雲がなければ富士山が見えるはず。ただし天気上は「晴れ」。)
富士山のふもと。5合目の直前。標高1300くらい?
ひとことで、「寒い」

標高のせい、および富士山が近いせい?
そのために、天気が非常に不安定。
一日のうちで、一度は必ず雨が降る?というくらい。

だから、昼間の気温が上がらないのだろう。そのぶん、夜から朝にかけてググッと冷える。
同じ標高の軽井沢と比べて、さらに一段以上に寒い。

昼間はTシャツ1枚でもよかったが、夜から激寒。

寝るときは、Tシャツ、ヒートテック、パーカー、ウインドブレーカー、靴下、そして寝袋。

ちなみに、我が家のテントは「寒くても大丈夫」という超高級品らしいです。

その寒さは、誰もが想定内のため、炊事場が室内にあり、お湯が常に出る。お風呂もきれいなものが用意されている。
清潔な室内トイレには、当然、暖房がガンガンに利いている。
ともに、キャンプではあまり見かけない規模です。




ぐりんぱ
f0131183_2033399.jpg

(↑雲がなければ富士山が見えるはず。ただし天気上は「晴れ」。)
遊園地、というかアスレチック。
以前は「日本ランド」という名前だったらしい。

迷路のようなアスレチックが多数ある。
子供たちは、どれで遊ぶか迷うくらい。
こんな山奥にあるのになんでこんなにお客が来るの?各アトラクションが30分待ちくらい。


ただし、キャンプ場と同じく、天気が不安定。
富士山が見えることのほうがラッキー。小雨が降らない日はないと思った方がいい。
ウインドブレーカー必須。


………


土曜日。
仕事が終わって、2時に駅へ。
新幹線など乗り継いで、5時半に到着。
家族が先に着いているので、ゆっくりとテントの仕上げ。

と思ったら、、

近くのサイトの女の子が火傷。
痛くって泣いている。かわいそうに。

素通りしてもよかったけど、、、

火傷を見せてもらったら、、、、なんと、水泡ができている。
2度(正確にはは専門外)。
いずれにしろ、そこそこの治療が必要。

ステロイドを塗って、NSAIDsを飲んでもらって、
でも、基本は流水で冷やす、ということを思い出して、、

なんだよ、仕事しちまったよ。



最近、子供にはやさしい俺です。
その理由はコシュが知っている。

と、宣伝。


………


日曜日。
一日中、ぐりんぱ。
しかし、超混雑。
「年に3回あるかないかの大混雑」だったらしいが、、

まぁ、想定内。連休だから仕方ない。

ワイヤーアスレチックという木の上を渡るアスレチックが、一番の混雑。
2時間待ちのふれこみを、1時間半並んだ。

すると、そのとき、急に子供が腹痛。

テントに帰って休憩した。
待ち時間がぁぁぁぁ

しかし、その後に大雨。
早めに帰って来れて「運がよかった」と長男。
プラス思考万歳。


………


月曜日。
帰り道。
噂の圏央道の威力はすごかった!

八王子ー海老名間が開通したため、関越道から東名までスイスイ行ける。行きも帰りもほとんど渋滞していない。

キャンピカ(富士山)を正午に出て、御殿場インターを12時半。
連休の渋滞が始まる前に、海老名JCTを通過。

午後3時。なんと2時間半で前橋に到着。
近いな。近すぎる。

おかげで、競輪のオールスターに間に合ってしまった。
車券を買いに行ってしまった。


楽しい、清潔、でも寒い!
でもそれ以上に近い!

また行きたいキャンプ場だね。


………


ということで、天気が「晴れ」であるにもかかわらず富士山は見えませんでした。
そういうもんだよ、富士山って。

富士山が見たいなら、こちらへリンク


子供たちは、遊園地が楽しかったので、富士山なんてどうでもよかったみたい。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-15 20:43 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

いつの間にかにキャンプ日記 平成26年9月7日(日)

いつの間にかにキャンプ日記 平成26年9月7日(日)


この週末は、キャンプ場に泊まって、翌日ヒルクライムという予定だったが、
嬬恋ヒルクライムが土砂崩れのために中止。
北軽井沢のキャンプ場には影響はなく、キャンプだけが予定通りに。


f0131183_12444658.jpg

北軽井沢スウィートグラス

もはや何度目なのか uncountable:数えられない = たくさん。
いつもいつも、本当に混雑しています。
暑さが一段落した(というか夜になると極端に冷える)ので、真夏よりもさらに混雑している。
f0131183_1244412.jpg

f0131183_12442582.jpg

テレビ番組で取り上げられたのがいいのか、悪いのか。
キャンプ場の定員は決まってますからね。


今回は、ハンターテントに宿泊。
f0131183_1245726.jpg

すでに設置されているテントと、屋根つきBBQ施設。
テントを設営する手間が省けるというよりも、非常に強固で大きなテントが「売り」。テントの中には、土間とベットスペースが区別され、さらに薪ストーブとテーブルまでもが設置されている。
規模的には、テントというよりは小屋だ。

この日は、夜から雨になったので、屋根つきBBQが非常に重宝した。さらに、夜中には15℃前後まで一気に冷えたので、あわてて薪ストーブを始動させた。
前橋では30℃になる日なのに、さすが軽井沢。雨の夜はかなり冷え込む。そんな状況でも、不満が1つも発生しないハンターテントはかなり強力な要塞だ。
欠点といえば、唯一、布のカビのような水のようなニオイが、わずかに気になるくらい。


【トウモロコシのおいしい焼き方】
①そのへんの直売所で、皮のついたままのものを買う。
②BBQ台の端っこの、なるべく弱火の場所で、皮のまま焼く。
③皮がまんべんなく薄茶色に焦げ目がつくまで、転がしながら焼く。約30分。
④できあがり。そのままかじってもよし、輪切りにしてもよし。トウモロコシそのものには焦げ色がついていなくともかまわない。

おいしさの最大の理由は①だったりしますね。


翌朝には雨がやみ、いつもどおりにトランポリン。
f0131183_12452991.jpg

2月の大雪で崩壊した屋根つきトランポリンが復活していた。これなら雨でも問題ない。

その後は、森の中のアスレチックで「宝探し」など、やはり子供にとっては楽しい場所なんだろうね。

しかし、レンタル自転車だけには苦言。
僕が自転車にうるさいとかいう次元ではなく、、、
トレックのMTBなどが、1時間500円で貸し出しされているが、、、
せめてブレーキくらい利かせて欲しい。。。
ワイヤーがさびついて、ブレーキ、ギアがほとんど機能しない。10年以上も雨ざらしで置いてあるから仕方ない?そこそこ儲かっているんだろうから、お願いします。


………

ところで、

この日は、スウィートグラスで結婚式が開かれていた。
それはそれで、いいことだろうが、、なんと、、

新郎新婦もお客さんもキャンプ場に宿泊するらしいのだが、
男性はスーツに革靴。女性はドレスにハイヒール。
こんな格好で、キャンプの準備をしている。。。

小雨の中で、その衣装が回復不可能になるのではないかと心配です。
せめて「カジュアルな服装でお越しください」と主催者が言ってあげればよかったのに。

そんなだから、受付で、
「シーツありますか?枕ありますか?」
と尋ねている超露出ドレスの女性がいても当然で、キャンプスタッフが、
「寝袋なので、シーツなどありません」
と応えているのも正しい流れ。

ただ、夜中にあれだけ冷えたのが大丈夫だったろうか、
おかげでキャンプが嫌いになったりしないか、とどうでもいい妄想。


………


ということで、この日も雨。
前回の軽井沢キャンプも雨。
今年の春から順番でまとめると、

晴 軽井沢スウィートグラス
雨 鹿沼
雨 三条スノーピーク
晴 八ヶ岳ウッドペッカー
雨 軽井沢クレスト
雨 軽井沢スウィートグラス

降水率66%は、今年の雨量から考えれば、期待値どおり。
むしろ「雨なのにキャンプするのか?」という疑問難問。

いや、それよりも、来週末もキャンプが予定されているという事実。
本当に日記の題名が代わっちゃうよ。

もちろん、日曜日には自転車の練習ができなかったので、ストレス警報発令中。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-08 12:45 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

東京グルメツアー 平成26年9月3日(水)

東京グルメツアー 平成26年9月3日(水)



今日は午後から、都内でちょっとだけ仕事。
4時に終了して、あとは自由時間!


まずは、1軒目。
f0131183_18115584.jpg

タイ風カレー「メーヤウ」(信濃町)
信濃町駅前から外苑東通りを、北へ信号2つ歩いた右側。地下一階。
その昔、私がこの界隈に住んでいたときは、決して誇張ではなく、週に4,5回は通っていた店。

メニューは甘口、辛口、大辛の3種類。
甘口は、決して甘くない。3種類は、味の違いというより具の違い。
大辛:鶏肉、じゃがいも
辛口:豚肉、大根、たけのこ
甘口:鶏肉?

甘口は滅多に食べないので、中身を知りません。
今日は、辛口(カレールーの大盛)を注文。
f0131183_18121413.jpg

見ただけで、唾液があふれてくる。
「うまい」なんてありふれた言葉では表現できません。

カレーの後に「ココナッツゼリー」を食べるのが、古くからのルール。
f0131183_18123282.jpg

カレールーをつまみに、ビールがうますぎるんだよ。
それゆえのカレールーだけの大盛。


………


その後、秋葉原へ移動。
ゲーセンで時間調整をしてから、神田まで、てくてくと散歩。秋葉原から神田への道は国道17号。前橋を通っているあの17号。ところ変われば、景色も大違いだね。
中央線、山手線の高架をくぐり、万世橋を渡る。このあたりには、富岡よりも古そうなレンガの建築物がたくさんありますね。あれもこれも世界遺産にしちゃえばいい。

午後5時、目的地へ到着。

f0131183_18125030.jpg

「浜貞」
神田。神田駅北口から西へ徒歩2分。

名店中の名店。
看板のようなふぐ専門店ではなく、魚介類中心の「飲み屋」。
常識的な時間では常に満席。だから、こんな非常識な時間から飲む。
5時半に来るって言っているコシュを待ちきれずに店内へ。だって、先に入って席をキープしてあげたいでしょ?

注文は当然のアジ。
f0131183_1813938.jpg

アジが動くのでピントが合わない。
このアジを食べるために、交通費1万円出して、わざわざやって来たようなもんだ。
f0131183_18132618.jpg

食べ残った骨はから揚げにしてもらえる。これも美味。

他に、サザエ食べて、たこさし食べて、マグロ食べて、お茶漬け食べて、イカ焼き食べて、あさり汁食べて、アユ食べて、フグ食べて、、、


コシュと二人で飲んでいたら、、、
網野さんが来た。
 サイクルさんが来た。
  ひりゅくんが来た。
まだ7時前だよ。みなさん、浜貞の引力には弱い。
全員で25000円。ふぐ刺しが2人前ついたのに?物価がおかしい。


………


7時半にはすでに「できあがり」状態。
合流したあやのいちさんを加えて、6人で3軒目へ。


「ちくりん」
神田。西口からそのへん。ググレ。

普通の居酒屋。普通よりは「上」かな。口コミサイトで★3つだそうだ。
単に、前にも来たことがあるのと、名前がクズイとの理由で選択。「竹林」。

もうこの時点では過酷な酩酊状態だったため、写真もなし。
8時前に店に入ったはずだが、気付いたら10時過ぎ。焼きおにぎりと焼きそばを食べた記憶は残ってる。

最終の新幹線であわてて帰宅した。



新幹線の中はいつも最悪。
気持ち悪ぃぃぃ、。
最高に飲んでたのは推定午後6時の浜貞。その6時間後。
アルデヒド濃度がピークになるには6時間もかかるのか。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-04 18:14 | あちこち旅行記 | Comments(5)  

ウッドペッカーキャンプ場(夏休み、その2) 平成26年7月27日(日)、28日(月)

ウッドペッカーキャンプ場(夏休み、その2) 平成26年7月27日(日)、28日(月)


ビールがおいしい夏休み二日目のお話。


ウッドペッカーキャンプ場。

国道141号(佐久甲州街道)から大門ダム側(東側)の山の中にあるキャンプ場。
甲府方面から来ると清里の5km手前。
長野方面から来ると清里を過ぎて5km。

大門ダム(清里湖)周辺のうっそうとした山中にあり、周辺の雑踏とは無縁。
キャンプ場以外に何もない、自然しかない場所。(そういう意味では北軽井沢スウィートグラスとは正反対。)
大雨が降ると孤立しそうな場所だったりするが、、それはほめ言葉かもしれない。



このキャンプ場の最大の長所は、、店長さん。
本当は、店長さんではなく管理者?社長?場長??でも店長と呼ぶのが似合っている。

この店長さんが、、、
異常なまでに神経質で細かくて、口がうるさくて、文句ばっかり言いやがって、、、
それが長所??

「チェックイン時刻は午後2時」だから、それまでは施設内にはいってはいけない。施設内のブランコで遊んでもいけない。外の駐車場で待ってなさい。
チェックインの際に、約5分の「訓示」を話す。アレをしてはいけない、これをしてはいけない、ゴミはこうやって、ああやって、、、
「みんな簡単なことだから、常識的なことだから、これくらいは守ってください。」
といちいち、イチイチ、いちいち、うるさい。。。。

それが長所?

そうなんです。

この「異常な神経質さ」のおかげで、場内の秩序が完璧に保たれている。
特に、トイレ、シャワー室、炊事場が驚くほどに清潔で整頓されている。
こんなきれいなキャンプ場は見たことがない。
シャワーを浴びてみたい、と思ったキャンプ場はここが初めてだ。

「異常な店長さん」とはチェックインのあとは距離を置いておけば、何の問題もない。いちいちむかつくけど、そんなことは最初の手続きだけ。
(大学の先生や先輩に、同じような人がいる。)

キャンプ場に入ってしまえば、こっちのもの。
あとは、清潔なキャンプ場を存分に楽しませてもらおう。

f0131183_12413569.jpg

キャンプ場は「森の中」。
じゃまなくらいに木が繁っている。日差しがさえぎられて涼しい。
夜はカブトムシも呼び寄せる。探さなくても、炊事場にいたら、あっちから飛んできた。
貸テントもある。もちろん、超清潔整理整頓。

f0131183_12415170.jpg

子供用の遊具はどうやら手作りらしい。
「体重48kgまで」と書いてある。
(49kg以上の大人が遊んでいると、店長さんが怒り出すことは間違いない)
木と木を渡してつくられたブランコは、いわゆる「ハイジのブランコ」のようだ。子供たちは大喜び。
f0131183_12421243.jpg


ジュース、アイス、ビール、炭など「常識的なもの」は施設内で購入できる。
花火は「非常識」なのかもしれない。


短所もいくつか。
区画が狭い。
テント用地の地面は砂が多い。テントを収納するときに汚れやすい。
ま、その程度か。


最後に、その驚異的な値段。
1泊1区画、4000円!
私たちは大きなテントを使いたかったので2区画を借りた。それで2泊しても、、家族全員で16000円。
なんと申し訳ない値段設定だ。

ぜひ来年もお願いしたい。


………

ということで、

27日の日曜日。
自動車と自転車で、午後1時に到着。
駐車場で2時までトンボを追いかけてから、テント設営。
f0131183_18243274.jpg


その後、近隣に無数にある日帰り温泉のひとつへ。
キャンプのときにお風呂ってものに入るのは、今回が初めて。今までは日程が厳しくて、お風呂なんて最初っから想定外だった。やはり、連泊はいい。

夜はバーベキューではなく、ガスコンロで調理をして、もちろんビール。
[PR]

by akogarehotel | 2014-08-01 12:42 | あちこち旅行記 | Comments(0)