カテゴリ:子育てられ( 167 )

 

親子でドン  平成23年9月27日(火)

親子でドン  平成23年9月27日(火)

今日は育児のみ。


子供には何でも買ってやる私ですが、絶対に買ってあげないものが1つだけあります。

ニンテンドーDS

ポケモンにひたっている子供にはかわいそうだけど、DSだけは与えられない。
かわりに、毎週火曜日はゲーセンの日。

ポケモンバトリオブイ、という子供用のゲームのために幼稚園の帰り道にゲーセンに寄る。
ゲーセンといっても小さなショッピングセンターの片隅。
子供用のゲームしかないので、せいぜい小学生までしか来ない。

そんなポケモンバトリオブイについても、あれこれネタがつきないが…

突然バージョンアップして、古いカードが使えなくなったとか、
マイナーチェンジの際に「なんでこのポケモンがキラなの?」とか長男が申したり、
今日こそキラが出るといいね、なんて話をしたり、、、

親子まるで同じレベル。


で、本題は「太鼓でドン」
説明不要の有名ゲーム。

中学生の甥がかなりうまくて、マイバチを持参し「鬼モード」をらくらくクリアする。
プレイしていると観客が付くという。
そんな甥は受験のためにプレイはお休み中。


長男は、これまではラウンドワンの「小太鼓」の太鼓ゲームに夢中だったが、
本家の太鼓でドンをプレイしてからは、もっぱらこちら。

で、今ではポケモンバトリオよりも太鼓のほうが大好きかも。


初めは、当然、アンパンマン。
次がドラえもんかおもちゃのチャチャチャ。
これが普通の通り道で、

その次は、ポケモン主題歌、これもごく自然。
さらに銀河鉄道999とサザエさん。アニメそのものは知らないけど、歌は好きと。名曲だからね。

で、その次、
今では、なんと、

リンダリンダ

え?どこで知ったのそんな曲。
僕が教えた覚えはない。
で、今日、親子2人でリンダリンダ。

どーぶーねーーーーずみー、みたいに♪

リンダリンダーーーー、リンダリンダリンダリンダリンダ♪

長男「難しい曲だね。おとうさん、うまい!」


これからはゲーセンに行くのがさらに楽しみだ。

親子でドラムマニアまで、あとどれくらい?




マトリクスから撤去されたドラムマニアが、同系列のボストンにある。
しかも設置環境が最適で、音量が大きい。
マトリクスより遠いけど、行く価値ありあり。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-28 17:55 | 子育てられ | Comments(0)  

北海道旅行記【5】 水曜日、8月31日

水曜日、8月31日

当初、有名な特急「旭山動物園号」に乗る予定だった。
が、朝8時にホテルを出発しないといけないので中止。連日の遊び疲れのため、親子ともに早起きは無理ゲー。

ゆっくり寝坊して、そして、毎度の朝食バイキングで子供は大喜び。
もちろん、子供に優しい設定で、さらにクッキーとメロンまである!
ここでメロンを多少遠慮するの大人の見栄。

朝食のあとは、旭川市内の公園へ。

カムイの杜(もり)
国の政策で10年前くらいにできたという巨大な公園がある。名前は忘れた。
全国で15ヶ所造られたうちの1つだという。

確かにでかくて、広い。ついでに、市外からちょっと遠い。

旭川の山肌にそって広場が広がり、巨大な遊具がいくつもある。群馬でいうなら「こどもの国」に似ている。
そんな広大な公園に、、、なぜか我々だけ。
平日だから?誰も遊んでない。おかげで、ありがたく占有。

子供達は、斜面にはられたロープの滑車につかまって滑り降りるアスレチックに夢中。
大人が真似してみると、、、
体重があるほうが落下速度が速くなる(ガリレオが怒る)ので、さらに夢中。
何回くりかえしたか分からない。

そしてもちろん、ここでもトンボを追いかけて、、、御満悦。

しかし、残念ながら飛行機の出発が近い。
「帰りたくなーい」と泣く子供をレンタカーに引きずり込む。
そりゃ、僕だって「帰りたくなーーい!」


レンタカーを返却して、満員の飛行機に乗って、羽田に着いたのが午後3時。
ぎりぎり台風に間に合った。(翌日から関東が暴風圏。)

台風で飛行機が欠航になったときのために電車の切符を買っておいた。
「北斗星」札幌→上野
むしろこっちのほうがプレミアで、入手困難だが、
幸運にも不要となってしまった。
帰り道、品川駅で払い戻ししながら車で帰宅。

前橋着、午後7時。

北海道で目が覚めた12時間後には自宅。
日本って小さい?


何が一番楽しかった?と子供に聞くと、
1 ポケモン!
2 トンボ!!
3 プール!!!

それぞれ通訳すると、
ポケモン:ポケモンホテルでえんえんと見たDVD
トンボ:手で捕まえられるほど大発生。すべての場所で捕獲。
プール:旭川の水風呂

あれ、旭山動物園は?


大人的には、
1 イカそうめん
2 睡眠時間
3 放射能
かな。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-09 12:21 | 子育てられ | Comments(0)  

北海道旅行記【4】 火曜日、8月30日

火曜日、8月30日

今回の旅のメインイベント、旭山動物園。

富良野から旭山までは約60km。
一般国民的に考えると、レンタカー(プリウス)で2時間くらいかかるかな?

早起きして急いで食事をして、朝8時半に出発。
ところが、さすが北海道。
平均時速60km、てことは巡航速度80km。(たぶん、気のせい)
1時間で動物園に到着してしまった。(これも気のせい。一応、警察関係の仕事もしてるので。)

さすがに旭山。開店直後なのに、そこそこの混雑。
修学旅行、幼稚園、そして中国人など多数。
これが日曜日だったら、もっと恐ろしい状況なのだろう。

と言うほど驚く内容ではないような気もしたりする、実は。
水族館もそうだけど、我が家族は目が肥えすぎている。
上野動物園と群馬サファリと伊香保牧場に数え切れないほど行っているので。
広さでは上野動物園にかなうものはない。
動物の群れを見れるのはサファリだけ。
動物と触れ合うのが目的なら牧場。

それらが全て平均的か、平均よりちょっと上で集められて、
で、おそらく放射能の影響がない。
それが旭山の利点。
それだけのために飛行機に乗る必要があるか、というと、、ないことはないが、、、。

決して不満があるわけではない。日本一ではないけど日本二位を狙える動物園だから。
知られているとおり、動物が活動するような工夫があちこちにされている。
猿の檻には、人間でもぶら下がりたくなるような棒やハシゴがあり、
レッサーパンダには、有名な綱梯子が用意されている。

f0131183_12201786.jpg


ここをレッサーパンダが渡るだけで大歓声。

白熊の泳ぎを水中から見たり、ライオン目線、シマウマ目線などなど。
工夫だけなら日本一。

ただ、旭山というだけあって、山にある。
園内に坂ばかり。子供は駆け上るけど、親にはつらいね。
サル山からの眺めも、旭川市街が一望。猿も喜んでる?

f0131183_12203892.jpg


定番のお土産(ガシャポン)とぬいぐるみを買って、
トンボを追いかけて、、、
子供が眠くなったので午後1時ころに動物園から撤退。
そりゃ、あなた、走りすぎです。俺も眠いは。


眠そうな子供を、揺り起こしながら、なんとか眠らさずに車を走らせ、
せっかくなので、旭川ラーメンへ。
どっかで聞いたことのある名前の「ラーメン ひびき」へ入店。
俺好みのコッテリスープ。麺以外はフジマルと戦える。
しかし、もしかして「響」とは別店?
でも、おいしかったからOK。子連れなので行列店は無理だから。


宿泊は旭川グランドホテル。
学会や結婚式で成り立っているホテル。しかし、旭山動物園の影響だろうが、
親子連れが非常に目立つ。
だから、フロント含めて全ての職員が子供に優しい。
東京のいわゆるシティホテルでは、あまり感じられない優しさで、うれしい。

夕食は、地元のタクシー運転手に聞いてオススメの店へ。
居酒屋「天金」(てんきん)

玄関をはいると大きな水槽。カニやヒラメがうようよいて、長男は大喜び、長女は恐くて泣き始めた。
いわゆる地元の魚介類居酒屋。しかし、畳の部屋を予約したので子供でも全然問題なし。
メニューも、おにぎり、からあげ、とうもろこしなど子供向け多数。
大人はウニやイカそうめんで大満足。
震災以来、こんなに魚を食べたのは初めてかもしれない。もちろん、安全という保障はないが、どうせ灰色ならおいしいほうがいい。


そして、夜。まだまだ続く北海道の夜。
このホテルの大浴場は有料。富良野もそうだったので、最近の流行なのでしょうか。
だから空いている。
家族で大浴場に行くと、男湯には僕と長女と、他に2,3人しかいない。
しかも、この大浴場のメインは「サウナ」。
てことで、湯船には人がいない。しかも、サウナから出てきた人のために、一番大きな湯船が、なんと水風呂になっている。
水といっても30度前後の温水プールなみ。

当然、長女は大喜び。
「プール!プール!」といってはしゃぎっぱなし。
一応、モラル的に泳がせるわけにはいかないが、、、他に誰もいないしね。ある程度、やりたい放題。
随分ゆっくりと「お風呂」で遊んでしまった。

風呂から出てくると、女湯も同じ状況だった様子。
長男が、ひたすら「プールで遊んだ!」と言っていた。

お風呂のあとは無料のジュースサービス。至れり尽くせり。
子供にはかき氷もできるという(無料)が、夜なのでさすがに遠慮。


不思議な街、旭川。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-09 12:20 | 子育てられ | Comments(0)  

北海道旅行記【3】 月曜日 8月29日

月曜日 8月29日


北の国から、ラベンダー、、いろいろあるけど、
富良野はスキーの町。
ホテルの窓からはスキー場が一望。ロープウェイやリフトが見える。
「おいしそうな」斜面が見える。
これって、つらい。
スキーマニアの僕にとって、
たとえ雪がなくても、スキー場にいてスキーができないのはきつい「おあずけ」。
ゲーセンに行ってWCCFをしないよりもつらい。グリーンドームに行って競輪をしないよりも当然つらい。


子供がポケモンホテルをかなり気に入っているので、
「スキーができるようになれば、また連れて来てやる」と約束。
一緒にスキーができるようになるのだろうか…


今日の目的は、ノロッコ列車。
富良野線(富良野-旭川)を、のろのろと走るトロッコ列車。のろいのでノロッコ。

富良野と中富良野の間の往復40分に家族で乗車。
車内はまるで遊園地の電車みたい。木造の椅子とテーブル。石炭ストーブまである。
ノロノロと走り、自動車に追い越される。
全開の窓から景色を眺めると、車窓は花畑と山。ひたすら畑と山。
大人には満足。
子供には、、、、最初は喜んでいたけど、15分が限界かな。
おやつを食べてまぎらわす。

そういえば、群馬のSLにもあまり興味がないみたいだから。
駅での待ち時間の間に、またまた無数のトンボを追いかけまわすほうが楽しかったようだ。

で、ノロッコ列車にも中国人多数。新婚旅行風の客もいるところを見ると、営業努力が結果を出しているような。


昼は、富良野のスープカレー。
カレー人間の僕としては、、、、、「おおいに褒める」けれど「賞賛」までは、、、
僕が賞賛できるのは信濃町のメーヤウだけ。

というか、「カレー」と1つにまとめてはいけない料理だ。両方とも。


午後は新富良野プリンス内を散策。
富良野が「北の国から」などで有名な倉本そうゆかりの地だということを、プリンスが最大限に宣伝して、最大限に利用している。
プリンス敷地内の林の中には、ドラマゆかりの喫茶店、とか、ロケで使われた森とか、倉本そうプロデュースのバーとか、テレビに映った石ころとか、、

など、ドラマが好きだった人にはたまらないらしい。ちなみに妻は「北の国から」のマニア。
ふーん。

そんな林の中は、当然、散策する人も多いから、遊歩道や売店が完全装備。
これが子供にとっては抜群に大当たり。
なんでもない木製の遊歩道と階段で喜び、太陽の届かない真っ暗な森に驚き、
売店で売っているどうでもいいような人形に興味津々。
そして、ここでも大発生の無数のトンボを追いかけて、、
ドラマなんか関係なく、森の散歩を堪能している。
親は、坂道を全力で駆け上がる子供を追いかけるのが精一杯だったりして。

「先日(8月上旬)、熊が出たので、ここから先は立ち入り禁止。」
という看板もあるので、要注意。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-09 12:19 | 子育てられ | Comments(0)  

北海道旅行記【2】 日曜日 8月28日

日曜日 8月28日

早起きして、子供に急いで朝食を食べさせて、ホテルを8時半に出発。
11時のフライトの2時間前に羽田に到着。
飛行機の切符が指定席ではないので急いだのだが、この時間でも自動チェックイン機ではバラバラ席。
仕方ないのでエアドゥのカウンターに掛け合ったら、十分に空いていると。
機械って、ダメなの?
しかも、「親切な販売店なら指定席を取ってくれる」とのこと。
前橋の販売店は不親切ってことだ。親切なお店で買っていれば、早起きする必要もなかったのに。。。

そんな羽田でポケモンジェットに遭遇。

f0131183_121602.jpg


夏休み期間は羽田札幌便がポケモンジェットになる。子供達は乗りたがったけど、目的地が違うから…
僕たちは旭川へ。

驚くことに機内は満席。子供も多数。まだ夏休み?
羽田で買ったお弁当を食べ終わる頃には旭川に到着。

来たぞ、北海道。
(自分的には4回目。子供達はもちろん初めて。)

で、まず一言、、、暑ーーーい!


「ちょっと天気のいい日が続いてますね」と牧さんは言うが(^^)


半袖Tシャツのまま、レンタカーのプリウスに乗り、富良野へ出発。

寒いよりは暑いほうがいい。予想外の好天のなか、ドライブは快適。
子供達は快適すぎて、眠くなって、飽きてきたみたいだたが、、

途中、いくつもの花畑を通り過ぎて、ガイドブックに乗ってない深山(みやま)峠で休憩。
ガイドブックは広告と同じ。お金を出さないと掲載してもらえない。ガイドで使えるのは地図部分だけだ。

深山峠は観覧車があるのですぐに目に付く。
観覧車からは遠く大雪山を一望。絶景! でも、子供は「恐ーい」
「早く降りよう」と言われても、、、早く降りるほうが恐い。

花畑は名物のラベンダーが終わった時期。すべて刈り取られている。
妻は残念そうだけど、僕も子供もこだわりなし。
子供の目当ては、葉っぱの間を飛んでいるトンボやバッタ。
無数のトンボが飛んでいる。手で捕まえられるくらい無数。
バッタも無数。しかし、バッタを手で捕まえるとフンをするので注意。

次は有名な富田ファーム。ラベンダーはもちろんないが、
ソフトクリームとメロンで十分。
そして、もちろん、トンボとバッタ。

何があるわけでもないが、、
草と虫と、天気がよくて、まさに自然を堪能できる。
北海道じゃなくてもいいじゃん?という気がするが、
見渡す限りの大自然。視野全体に自然が広がるのは群馬でも無理だ。さらに放射能も考えれば、やっぱり北海道はいいね。という結論。


ドライブで子供が満足するか不安だったけど、全然問題なく、
夕方、新富良野プリンスホテルへ到着。

スキーバブルの時代はまさに天国だったこの一帯も、おそらく今は右下がり。
それでも、かなりの頑張りと結果が見て取れる。

ホテルを含めた町全体が、か、な、り、子供に優しい。
すべてに子供用の道具が用意されている。だから、理由がわからないくらいに子供連れの観光客が多い。
新富良野プリンスのフロントも子連れであふれている。
(花畑だけの街なのに、なんで子供客がいるの?)

さらに話題の中国ツアーも多数。札幌や小樽のほうがもっとインテルナシオナルなんでしょうが。

という、予想外に混雑しているプリンスで、、、
で、3ヶ月前に予約した部屋へ到着。それが、

f0131183_12163752.jpg


f0131183_1216588.jpg


いわゆるポケモンホテル。
何も伝えてなかったので子供は大喜び。
単にUFOキャッチャーの賞品がおいてあるだけじゃん。
ポケモンDVDが無数にあるだけじゃん。
ベッドカバーとカーテンがポケモン柄なだけじゃん。
タオルが全部ポケモンなだけじゃん。
コップまでポケモンかよ。って、大人用のコップがないじゃん!

コストパフォーマンスを考えたら、これ以上のことはないでしょうね。
部屋数限定な理由は、、、?、、親玉(ポケモン)の指示かな?


夕食は、子供に優しいレストランでバイキング。
「好きなものだけ取り放題って、すごいよね?」と初バイキングに興奮の長男。そりゃ、デザートまで取り放題だからね。
と、長男の皿はフライドポテトが山盛りだけど。
(いつもは「あまり食べちゃダメ」といわれるので、こんな時くらいは。)

子供用の椅子、食器、子供用のメニュー。簡単なようで意外と揃わないホテルが多い。さらに、子供用の「対応」まで期待できるところはかなり少ない。
北海道(富良野)の観光にかける意気込みを感じられた。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-09 12:16 | 子育てられ | Comments(0)  

夏休み旅行記 【1】  平成23年8月31日(水)

夏休み旅行記  平成23年8月31日(水)

8月27日(土)~31日(水)
北海道旅行
27(土)品川泊
28(日)富良野
29(月)富良野
30(火)旭川
31(水)帰宅



北海道をみくびっていました。
北海道、すごい。

暑すぎる!
広いけど速すぎる!
子供に優しすぎる!

要するに期待値以上の満足度でした。



土曜日、8月27日
仕事を放り投げてから、車で東京へ。
さすがに群馬は田舎なので羽田の近くに前泊。

ストリングスホテル東京(品川)

子供は「プラレールホテル!」(フォーシーズン丸の内)を御希望だったけど満員だったし、羽田へのアクセスを考えて、こっちでガマンしろと。

プラレールはないけど、品川には水族館がある。
夕方、品川プリンスの「品川アクエリアム」へ。
ここには、水族館マニアの私たちが「日本一」と認めるイルカショーとメリーゴーラウンドがある。イルカショーは、音響と照明がまさに大人用、カップル用。子供にはちょっとうるさいかもしれない。メリーゴーラウンドは、水族館らしく魚関係に限定。この、ちょっとした変化が子供にはうれしいんだよね。
他にも、トンネル水槽には巨大なエイも泳いでいたりして、都会の駅前好立地なのにクオリティが高い。
そのぶん値段も高い。
(メリーゴーラウンド、500円。前橋ルナパークなら50円。)

夕食も品川で、と思ったが、土曜の午後の品川。
若者で大混雑。
あちこちさまよった挙句に、プリンスのビアガーデン。。
から揚げとかパンとか、意外と子供に可能なメニューもあって、ギリOK。
それにしても、不景気とは思えないほど、街は混雑だった。

夜。隅田川花火がはるか遠くに小さく見えた。
もっと近いと思ってた。ちょっとがっかり。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-09 12:14 | 子育てられ | Comments(0)  

赤城山情報 平成23年8月20日(土)

赤城山情報 平成23年8月20日(土)

また今年もやってきた。一年で最悪の行事。


赤城山キャンプ


真夏なのに朝になるとブルブル震えるくらいの気温の中でテントで寝泊りする。しかも今年は、一昨日からの猛暑が一転して秋の気配。
予想気温は17度、さらに雨。
大人だけなら修行でもいいが、なぜに、幼稚園の行事?
3歳の長女はまだ年少にもなっていないのに。

天竜川の川下りと同じくらい危険だと思うよ、本気で。
ついでに、今年は放射能のおまけつき。沼田や尾瀬なら断固拒否だったけど、
赤城なら、、、0.3から0.4だからそこまで強気になれない。
1泊なので外部被曝は問題ないが、なんとか内部被曝を少なくして帰還したいものだ。


なるべく、草を触らないで!
自然と触れ合うな!




午後3時、仕事が終わったら赤城山へ。
途中で、ジュース、お菓子など非常食を忘れずに購入。


キャンプ場では2時間かけて食事の用意。
幼稚園児の父親同士で薪を燃やすが、雨のため火力不足。ガスバーナーで薪を燃やして、その火で調理。これエコ?
食事時間は30分。急いで食事。
片付け時間が1時間半も。


親は大変だけど、子供は喜んでる?
と思いきや、あちこちで「おなかすいた」とか「これ、おいしくない」などの声。
修行以外の何物でもない。


食事が終わると、ほとんどの家族が帰宅。これが日帰り組、うらやましい。
しかし私たちは宿泊組。
年々、宿泊組は減っていく。今年はたったの5家族。以前は10個のテントに相部屋で泊まってたのに、今年は家族で独占。
というか、このイベント自体、存亡戦?


夜9時、子供と一緒に就寝。寒いけど長袖パジャマと毛布で許せる気温。
11時、寒くなったので、子供にパジャマの上にトレーナーを着せる。
1時、さらに寒くなったので、その上にセーターを着せる。
3時、もっと寒くなったので、雨の中、管理棟へ行って毛布を4枚調達。

6時、起床。あー、よく寝た、

な、分けないだろ。ねむい…


朝8時、温度計は16度。とすると、最低気温は14度くらいだったかな。雨なので意外と気温が下がらなかった?
ちなみに3日前の前橋は気温37℃。その差、20度。


ま、最大の問題は、今日(日曜日)仕事ということ。
いわゆる日曜当番医。
さーて、一所懸命仕事しようか。
バーベキューの炭をかぶったけど、お風呂も入ってないし、歯磨きもしてないし、それどころか着替えもしてないし、朝ごはんも食べてないけど…

「やる気」が想像できるね。


しかし、研修医の頃はいつもこんな感じだった。着替えもしないで40時間連続勤務。朝食抜き。
慣れてるといえば、慣れてる。

今にして思えば、暴動を起こしても悪くはなかったな。
[PR]

by akogarehotel | 2011-08-22 12:55 | 子育てられ | Comments(2)  

夏休みの日記 平成23年8月15日、16日、17日(水)

夏休みの日記 平成23年8月15日、16日、17日(水)

子供の発熱のため図臼さんとの「関西WCCFオフ」は中止。
ごめんなさい。

15日は、子供と家でゴロゴロごろごろ。
大人にとっては夏休みだ。

TSUTAYAとコンビニへ外出しただけだ。TSUTAYAはもちろんポケモンDVD。


16日。
やっと元気になった子供と外出。
明石公園へ。135度で有名な明石天文台と、明石城のある公園。
これで20回めくらい?おそらく前橋市民で最多回数。

目当てのボートが定休日でお休みとか。お盆なのに?
それでも子供たちは、林の中でセミを追いかけて大喜び。
今年は神戸界隈でセミが大発生。幼稚園生が手で捕まえられるくらいに大発生だ。

しかし、暑い、暑すぎる。。。
1時間が限界。そういえば、遊んでいる人も非常に少ない。まだ午前中なのに。
近くのショッピングセンターへ移動。子供用のゲーセンへ。
当然、こんなところが混雑中。
異常気象のおかげで景気がいいところもあるのでは?


長男は風邪が治って久しぶりに「ポケモンバトリオ」が出来て大喜び。
ゲーセン命!


17日
夏休みがあっという間に終わり。前橋へ帰る日。

最後に神戸で放射能を測定してみた。
0.10から0.19 マイクロシーベルト/時
年間1ミリというラインを越えるので、意外と高い。
こうなると、おそらく測定機器の問題だろう。

フランス軍が使用しているという、12万円もする機械で測定したが、
前橋も神戸も、都市部で同じって、、、?
測定下限に近いから誤差が大きいのでしょう。つまり0.2以下では。

赤城山で測定したら、予想通りに0.25から0.40と高値になったので、このレンジでは正しいようだ。

しかし、ひょっとして機械が正確で、
実は日本中が汚染されているとか?
ちょっと恐いな。
もっと西日本で測定してみるか…




新幹線で帰宅。
3人席に子供二人が横になって昼寝。残された大人一人は、、、、
手のひらくらいの面積にちょこんと座って、、、疲れた。。



もっと疎開していたいけど、、、
我が家もいいね。
何より、子供がそう言っている。
おじいちゃんちでは、子供なりに気を使うようだ。


「何が一番楽しかった?」

「海!」
[PR]

by akogarehotel | 2011-08-18 18:03 | 子育てられ | Comments(0)  

子供と一緒の夏休みの日記  平成23年8月4日(木)

子供と一緒の夏休みの日記  平成23年8月4日(木)

7月31日(日) 明石で海水浴。終電で前橋へ。
8月1日(月) 0時、高崎着。ゲーセンWCCFを経由してから帰宅。
        通常の仕事。夜は24時までマトリクス、当然。
8月2日(火) 朝5時、新前橋発。10時半神戸着。子供と水族館へ。
        須磨海浜公園水族園。すでに10回めくらいの訪問。おそら
        く前橋市民では最多?
8月3日(水) 明石で海水浴。平日なのでさらにガラガラ。
        夜、終電で東京へ。東京着24時。ホテル泊。
8月4日(木) 朝7時、新幹線で前橋へ。通常の仕事。

うーーん、こんなことをするから?熱が出た。

確かに熱病が流行ってはいるけれど…
その夜、39度。体中痛くてうなってた。ポカリを2リットル飲んで、夜中中汗をかいて4回着替えて、、、、
奇跡的に朝には37℃台まで回復。
でもフラフラで仕事なんて無理。
通常の業務を臨時休業にしてもらい、さらに、今日の介護審査会議も欠席の連絡。

で、8月5日(金)
気になる患者さんを二人だけ診察して、あとは休業の看板。
さて昼食。
体調が悪いけど食欲はある。折角だからおいしいものが食べたい。

前橋で一番おいしいカレーを食べるために、、、

グリーンドーム前橋へ。

と、たまたま、
なんと、、

全日本選抜競輪開催中(岸和田の場外)
仕方ない、ただで見るのは申し訳ないから、見物料を支払う。
1レースだけ見て帰ろうと思ったら、、、悪い友達からのメールが。
「12レースが、、、どうのこうの、、」
「あれとこれと、あれとこれを、買っておいてちょうだい。」

カレーを食べに来ただけなのに2時間も滞在してしまった。


帰り道。理由はないけど、マトリクス。

ディフェンダーばっかりチームで3クレ。
コンチ 1-0 バルセロナ
コンチ 0-0 バルセロナ
決勝  3-2 アーセナル
f0131183_17214641.jpg

まさにヒヤヒヤ、薄氷、ドキドキ。
こんな楽しみ方で十分だと思うんだよね。無理して対人戦でプライドを築かなくてもいいと思うんだけど。



なんだか今日は、仕事を休んで競輪に行った日?のような気がするのは錯覚でしょう、きっと。
[PR]

by akogarehotel | 2011-08-05 17:21 | 子育てられ | Comments(0)  

子供と夏休み日記  平成23年7月26日(火)

子供と夏休み日記  平成23年7月26日(火)

いきなり長女が発熱。
長男の誕生会を予定していたので、ガックリ。

39.7度という体温計を見ると、スーパーの値札の感覚。
40.0と大差ないのに、まぁ許すか、となる。。。


午後、欲求不満になりつつある長男だけをつれて外出。

ポケモン
「光と影のテンキュウギ」

とりあえずリンク
プラネタリウムでのポケモンイベント。
全国で30か所程度でしか開演されてないが、群馬では高崎と太田の2ヶ所で開催。高崎へ。

プラネタリウムの全画面を使ってのポケモンのお話。
360度に広がる真っ暗な画面に迫力ある映像。
通常の映画以上に存在感がある。

約30分のお話で、入場料は、なんと、、、、無料!?

単なる「プラネタリウム」という値段設定なので、大人300円、幼稚園児無料。小学生なら150円。
(施設によって金額は自由に設定できる。リンク先は、ちょっと高め。都会値段。)
ポケモンの権利料が請求されてないんだね。偉いな、ポケモン。
で、そんな値段なのに、ガラガラ…

ほとんど宣伝されていないらしい。6月から開催されているのに、僕が知ったのもまさに「昨日」だから。雑誌でたまたま見つけて。
もったいないおばけ。

さすがにゲーセンには行けてないので、バージョンアップの話だけ。

1011の驚き項目。
「スーパーサブ」はもはや論外なので、置いておいて。

「ポルト」が排出されないんだって?!
あまりマニアではない僕でさえも、ポルトが国内リーグで完全優勝をして、さらにヨーロッパリーグも優勝したんでしょ?ということくらい知っている。
でも排出されないの?
多分、蓮さんが怒って引退しちゃうよ、きっと。
ファルカオガルシアの黒とか、そろそろだったんじゃない?

「ハーフタイムコミュニケーション」は賞賛。
ハーフタイムで練習と同じような指示をすることにより六角形を一時的に変形できる。
「後半だけ思い切って攻めろ。そのかわり守備は不要」そんな感じ。
つまり、六角の反対側は著しく縮小される。
そんなギャンブル要素は大好きです。

前半で0-1とかだと、後半はFW4人なんてことを、普通にする自分にとっては大歓迎の項目です。


でも、ポルトが…

(リーベルは、当然無理と思っていたので仕方ない。フェイエとPSVの消失は微妙にガックリ。世間的には、ユベントスが大ダメージで、アトレティコが中ダメージ?フォルランが出ないってことなの?どうでもいいことだけど。)

ガックリついでに。
アーセナルのウィルシャー白が雑誌の付録で出ると聞いて、一瞬、脈拍が上がった。
が、、、
スタミナが12だそうだ。。。

相変わらずのセガの仕打ち。
19歳の若者が、引退したパレルモよりもスタミナがないのか?
こんなカードはWTでパラを下げる目的でしか使えない。
スタミナは試合出場時間で決まるらしいので、正式にバーアプすれば、もう少しスタミナが増えたウィルシャーが出るだろう。

とすると、誰が雑誌を買うの?
AKBファン?



稲ワラに続いて、腐葉土から放射能。
汚染された土が全国へばらまかれるようになったらゲームオーバーに近い。
とりあえず1年間(1期)は保存食で過ごすべきか。

「基準値を超えてないから安全」
という言葉が出てくる以上、安心はできない。
だって、「基準値」そのものが安全ではないから。。。

とりあえず自民党に戻れば少しは変わるのでは?
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-27 12:00 | 子育てられ | Comments(5)