カテゴリ:競輪ブログ( 102 )

 

岸和田競輪 最終日 市田2着 平成25年9月6日(金)

岸和田競輪 最終日 市田2着 平成25年9月6日(金)

11R決勝

1着 1稲川 大阪 差
2着 6市田 福井 マーク
3着 7稲毛 和歌山 逃


市田が2着!
さすがに優勝はかなわなかった。
それでも、ラインの3番手から稲毛まで届いている。

松戸のころよりは元気になってるんじゃないかな。


で、悪い友達から、「応援車券を買わないの?」と催促されたので、
ついつい、いえいえ、当然に、買ってしまった。
f0131183_2223487.jpg


的中したけど、3200円→320円。
そりゃそうだ。
(前橋場外は、流し車券に選手名が入る。松戸は入らなかった。)


さて、次の斡旋は、

向日町
弥彦
西武園
小田原

なんだか、関東が多い。
ちょっと、そそられる。
[PR]

by akogarehotel | 2013-09-07 02:23 | 競輪ブログ | Comments(0)  

速報!市田復帰後3勝目 岸和田競輪 平成25年9月5日(木)

速報!市田復帰後3勝目 岸和田競輪 平成25年9月5日(木)

岸和田競輪 F1
9R
準決勝

6市田 井 差
2筒井 兵 捲


おいおいおいおいおい。
また、勝ったぞ。
捲りを差したぞ。
6番車だぞ。

しかし、配当は6-2で800円だと。

この配当は、どうなん?
6番車なのに?
ちょっとみんな、そんなに市田のことが好きなの?


明日は決勝です。
[PR]

by akogarehotel | 2013-09-05 15:33 | 競輪ブログ | Comments(0)  

速報:岸和田競輪 市田復帰2勝目!! 平成25年9月4日(水)

速報:岸和田競輪 市田復帰2勝目!! 平成25年9月4日(水)



岸和田競輪 F1 初日 
10R

1着 市田 差
2着 稲毛 逃 B

復帰2勝目です!

ガチガチの人気だったけど、(差せないほうが)
稲毛様のおかげだけど、(ほぼ1周)

でも、
負け戦じゃないぞ。
稲毛の番手に競ってきた6番車を軽くいなしたぞ。
市田は1番車だぞ。


解説の井上薫・成徳ペアは、
『まだまだ、本物の市田じゃない』
と厳しいご意見だけど、

松戸の頃から見ると、随分とレベルアップした気がする。

十分に、うれしすぎる。
[PR]

by akogarehotel | 2013-09-04 17:53 | 競輪ブログ | Comments(0)  

【速報】 市田が復帰後初勝利! 防府競輪

【速報】 市田が復帰後初勝利! 防府競輪

防府競輪二日目で、復帰後初勝利。
8月29日、第9レース。
1着 ④市田 (差)
2着 ①古性 (捲) B


F1ですけど、
負け戦ですけど、

無事に走っていることがキセキな状態で、
勝ってくれるなんて、。


今回も市田をひっぱてくれた古性(こしょう、大阪100期)、ありがとう!


ちなみに、防府競輪場のバンクレコード保持者(後半の半周の最高タイム)は、、

なんと、市田(9秒00)なんです。

さすが、バンクレコード保持者。
復帰にふさわしいバンクです。
[PR]

by akogarehotel | 2013-08-29 15:00 | 競輪ブログ | Comments(0)  

松戸記念競輪(市田復活) 平成25年8月15日(木)

松戸記念競輪(市田復活) 平成25年8月15日(木)


8月15日は特別な日なのだ。
市田が競輪に復活する特別な日だ。
そんな日に、たまたま、仕事が休みならば、当然出かけないといけない。
もちろん、松戸まで。


………

市田は、3月の落車で骨盤骨折と肺挫傷となった。

骨盤骨折だけでも、重傷だ。
骨盤骨折は、一般的に出血が多く、整形外科的に「メンドクサイ」骨折だ。
しかし、肺挫傷(肺損傷)は骨折なんてものとはレベルが違う。

個人情報のため、ほとんど発表されていなかったケガの状況だが、
復活とともに本人がインタビューで報告している。

f0131183_11554414.jpg

『肺の損傷がつらかったけど、現在はそれでも「正常人の101%」ある。』

このコメントに明るい話題はひとつもない。「101」という数字は全く意味がない。


【%VC(肺活量)】
肺活量は身長を基準に正常値が決められている。
その基準値に対して、自分の肺活量がどれくらいあるか。それが「%VC」(パーセントブイシー)。医学的に論じられる「肺活量」のこと。100%が正常。80%を下回ると異常。

肺活量は、もちろん、スポーツで鍛えれば増加するし、タバコ、大気汚染、肺癌、農薬による肺炎などで低下する。または、ケガにより肺の一部が破壊されれば、当然低下する。一方、気管支喘息では肺活量は低下しない。(医学部の試験に出やすいところ。)

で、この基準値というのが、意外と低めに設定されている。
私くらいの運動経験(大学水泳部)でも、学生時代に測定したら、%VCが120%もあった。(ちなみに私は小児喘息。)
プロの運動選手となれば、130%はあっただろうし、高橋尚子やインデュラインなら150%以上あるのでは?

で、ここからが肝心。
仮に、市田がケガの前に130%あったとしたら、
ケガをした瞬間に、その瞬間に、101%(またはそれ以下)になったとしたら

肺活量が一瞬にして、4分の3になったとしたら、
それは、肺の4分の1が一瞬にして破壊されたことを意味するが、

呼吸困難どころか、窒息の危険がある。
すぐに酸素吸入をしないと命の危険がある。
そんな大事故なわけだ。

肺癌の患者さんの手術の場合、肺の4分の1を切除したりする。
手術終了後は当然のように酸素を吸入しながら退室し、そのまま2週間くらいは酸素を吸ったままの生活になる。
肺挫傷とはそういうものだ。

だから「肺挫傷」と発表されたときから、医者としては、そんな可能性を考えて、生死不明と同じくらいに心配していた。

なので、今回の復活は涙が出るくらいにうれしい。
本当にキセキだし、
だからこそ、昨日(8月14日)、碓氷峠2往復くらいできないようでは応援する資格なんてない、と言い切ったわけだ。



だが、当然、まだ終わってはいない。
肺癌手術の患者さんは、そのままでは息苦しくて日常生活にも苦労する。自転車なんてもってのほか。
「呼吸リハビリ(肺リハビリ)」というトレーニングを行い、数ヶ月の後に、やっと酸素吸入をやめ、やっと日常生活で呼吸苦を感じなくなる。

市田が医者の想像を超える体力と体格と気力の持ち主であったとしても、もう少し時間が必要だ。
現時点では、まだやっと「普通の人間」に戻っただけである。


肺はふくらむ。
肺はトレーニングで鍛え上げることができる。
事故で壊れた肺は、破れた風船のように縮んで小さくなっているが、残っている元気な肺がふくらんでくればいい。
そうすれば、また肺活量は増える。以前と同じまで?それも不可能ではないかもしれない。

だから、本当の復活はまだ先なのだ。
でも、たったの半年で、自転車に乗っている元気な姿を見られるだけでも「奇跡的な復活」なのである。



………


松戸競輪の指定席発売開始時刻は午前8時半。
去年の小田原記念の苦い経験から、朝5時半に起きて新幹線で松戸へ向かう。
発売時刻には100人弱の行列。
奮発してロイヤル席(3000円)を購入。市田の快気祝い。

指定席を購入したら、駅前のマックで時間つぶし。同じようなオッチャンが多数。開場時刻の10時になったら再び競輪場へ。

f0131183_11552229.jpg

f0131183_1222868.jpg

準備万端。
もちろん「市田の金ヘル」を忘れずに。
新聞を1つ買ってきたら、入場時に1つ無料。合計2つもある。


というか、初めての「ロイヤル席」。
バブル時代の遺産ですか?涼しくて、静かで、ムダに豪華。
f0131183_11545070.jpg

当然、フリードリンクなのだが、お姉さん(おばさん)に注文して持ってきてもらうので、逆に不便かも。


f0131183_11542742.jpg

お客さんも多いのでは?
暑いけれど、小田原よりは日陰が多く、指定席がなくても不可能ではないかもしれない。

そして「アウェイ絶好調」の法則
f0131183_1154686.jpg

1Rでいきなり、新幹線往復ぶんのプラス。



2Rが終わると、3Rの展示。
いよいよ市田の登場。
バンクを3周してくれる。
スタンドから市田に大声援が飛ぶ。
もちろん、俺も叫ぶ。金色のヘルメットを振る。
首を振って答えてくれる市田。
(競輪では、選手が観客へアクションをしてはいけない。八百長防止のため。そんな規則なんて、なければいいのに。車券の発売のない全プロ(単なるレース)では、佐藤慎が観客に投げキッスしていた。)


しかし、
「応援車券は儲からない」の法則。
f0131183_11531753.jpg

今日は、この車券を買うために松戸まで来た。
(名前を入れるために100円車券も購入。)

市田を1着にした当たるはずのない車券。
だって、休養明けで、まだ完調ではなくて、いきなり初戦から1着が取れるほど、プロの世界は甘くないでしょ?
「誰も応援しなくたって(誰も車券を買わなくたって)、俺だけは応援するよ(俺だけは車券を買うよ)。」
と思って。


そしたら、なんと1番人気?
松戸の番組屋さんの配慮なのか、意地悪なのか。
『調子が悪い』と宣言しているのに、一番人気??


みんな(お客さん)、肺挫傷を甘く見すぎているんじゃない?


だから結果は仕方ない。
それでも、しっかりと、一度は大西をブロックしたじゃないか。
番手から出られなくて6着だったけど、大差負けではないじゃないか。
完走しただけでも、
酸素吸入をしなくていいだけでも、
車椅子じゃないだけでも、
全然、十分でしょ?


レース終了後は、応援が野次に変わってしまったけど、本当の「復活」まで、もうちょっと待とうじゃないか。
福井県民にしかわからない「復活」という言葉の意味がある。
福井記念がなぜ「フェニックス」といわれるか。



それにしても、車券が下手なやつほど声がでかい。
(あまりの野次られようから、そのまま「お帰り」にならないか心配だったけど、eSHINBUNのサイトで「まだまだがんばります」とコメント。よかった、安心しました。)


………

ということで、12レース中、4レース的中したけど、大きくマイナスな松戸競輪が楽しく終了。

そういえば、脇本君もがんばってたね。

そういえば、記念競輪につきものの「素人自転車大会」的なものも楽しませていただきました。坂田選手、ありがとう。


上野に移動して、久しぶりに「オフ会」。
村上さんが無事に合流できるか、みんなでヒヤヒヤしたけど、会えて安心。
ついでに、また新刊される本を頂いてありがとう。
それにしても、公務員コンビは飲み屋探しのプロだね。いわゆる、町の達人。上野までテリトリーなの?恐るべし。
御徒町の社長さんとは数日前から群馬でニアミスしてたと聞き、ビックリ。
好青年No1は、相変わらず未来豊富な好青年だった。
そして、実は「一度、ロードを買おうと考えたことがある」合コン大王様、ロードを買ってください、乗ってください、一緒に北海道へ走りに行こう。僕のジャイを進呈してもいいです。


(あえて、いろいろな呼び名を使ってみました。失礼。ちなみに、岡ちゃんが来れないことをみんなで寂しがってました。)




★追記
群馬県にお住まいの方は、本日付け(8月18日)の上毛新聞を買ってみてください。地域欄の「グリーンドームふわふわイベント」に注目。
[PR]

by akogarehotel | 2013-08-18 11:48 | 競輪ブログ | Comments(0)  

前橋競輪日記(最終日) 平成25年7月1日(月)

前橋競輪日記(最終日) 平成25年7月1日(月)


先日購入したカッパとTシャツが、非常に着心地がよい。
さらに買い足したいので、昼休みにグリーンドームへ。
ついでに、車券も買い足し。


ドームについたら、たまたまこんなイベント開催中。
f0131183_12482381.jpg


日本の神様。背がデカイ。クビが太い。さすが大金持ち。
「自分だけのために走ります」と堂々と宣言していた。要するに、グランプリを取りたい、と。


トークショーのあとは、特設売店へ。

え、こんなものまで売ってるの?


メダリスト社は競輪選手用の、ほとんどすべてのウェア類を製作している。レース用の特別ユニフォームとか、表彰用の特別ジャージとか。
それらの「余りもの」が販売されている!

選手から「サイズが合わない」等の理由で、変更されたなどの品物だという。
とすると、金額もソコソコするのだが、

使わないで飾っておくのなら、そんな高い物を買う必要はない。
しかし、ちょうどウェアを買おうとしていた自分にとっては、まさに「オレトク」。

で、買ったのが、これ↓
f0131183_1248068.jpg

共同通信社杯(福井)のジャージ

グリーンドームよりも福井。当然。
GI(高松宮)なども売ってたが、福井。当然。
サイズが「3L」しかないけど、買う。当然。
だって、福井だから。
(他競輪場のものなら「M」サイズもあったが。)

「3L」といっても、その場で試着してみたら、上着は全然違和感なく着れる。もともと伸縮自在な生地だから。
さすがに、パンツは、ちょっと「みすぼらしい」。
でも、競技用のパンツをはいてロードに乗る予定はないからOK。

というか、上着だけでも着ているだけでプレッシャーかもしれない。

オークションに出てたら、8万くらいなら入札するかも。
もちろん、実際の値段は、もっともっともっと安かった。


………

おまけ的に、前橋記念の決勝戦。

その福井の脇本がやっちゃったけど、浅井のがんばりのおかげで、
f0131183_12473941.jpg

3-9 2900円
9000円が8700円になりました。


………

この日は、グリーンドーム往復などもあり、走行距離が45km。

普通に一日じゅう仕事のある日にこの距離。偉い?
[PR]

by akogarehotel | 2013-07-03 12:47 | 競輪ブログ | Comments(0)  

親子で前橋競輪日記 その2 平成25年6月30日(日)

親子で前橋競輪日記 その2 平成25年6月30日(日)


二日連続で、親子でグリーンドーム。
といっても、今日は私が「父親」。


毎朝サイクリングをして、すっかりその気になている長男を、前橋記念絶賛開催中のグリーンドームに連れてきた。目的はもちろん、

「200m タイムトライアル」

固定式の自転車を思いっきりこぐと、タイムと最高速度が電光掲示される。
まるで、ゲームセンターのゲーム。
子供にとっては、「おもちゃ」と一緒。
大喜びで、大挑戦!
f0131183_1744424.jpg


1回目 20秒
(普通は1回だけなのだが、泣いて頼んで)
2回目 19秒

「子供の部」で4位の記録だ。
子供の部といっても、小学生高学年までいるので、低学年でこのタイムは「そこそこ目がある」らしい。

イベントのお手伝いをしている競輪選手の方々とお話をしたら、

A選手「うちの子供と同学年だけど、うちの子より速い」
そばにいたT選手「うちの子も同学年だけど、以下同文」
で、ふたたびA選手「キミが大人になって競輪選手になるまで、オレが現役でがんばって待ってるから。引っ張ってくれ。」

これ以上ない褒め言葉だね。もちろん、冗談だけど。


………

タイムトライアルが終わったら、車券を買わずに親子でロードへ出発した。
子連れでは、ギャンブルをするわけにはいかない。
もちろん、子供はイベントエリアだけでスタンド内には連れて行かない。
一応、誰にも文句を言われないように。

車券は明日(月曜日)たくさん買います。
お手伝いの選手の皆様、ありがとうございました。



………


車券のかわりに。

昨日購入した品物の「使用感」
これ、最高。
f0131183_1753379.jpg


メダリスト社製 1500円

実際に競輪場で使用されているものと全く同じ「カッパ」です。
展示のときに雨が降っていると選手が着て走る。それと全く同じもの。

吊るしてみると、ものすごく大きいのは、選手の平均身長が大きいから。
でも、一般人が”リュックサックを背負って”着ると、ジャストフィット。
まさに、自転車通勤にぴったりの逸品。

雨カッパのくせに、帽子がないのは仕方ない。ヘルメットで雨除けにしよう。というか、よほどの土砂降りでもない限り、体さえ濡れなければ自然に乾くから大丈夫。

非常に使い勝手がいいので、今日、予備を買いに行ったら、、、、

⑥番車(緑)は売り切れ。。。。。


仕方ないので、⑧番車を買ったが、、、

ピンク色???


買ってから、ちょっと後悔かも。
[PR]

by akogarehotel | 2013-07-01 17:45 | 競輪ブログ | Comments(2)  

自転車といえば競輪 前橋記念 平成25年6月29日(土)

自転車といえば競輪 前橋記念 平成25年6月29日(土)


前橋市の今年最大の税収イベント。
前橋記念
G1が開催されない年だけに行われる「うるう年」的な前橋記念G3。


仕事が終わったら、ダッシュで買い出し、ダッシュでドームへ。

と、ドーム入り口で「素人タイムトライアル」なイベント開催中。
f0131183_20162644.jpg

誰でも、その場で参加可能ということなので、
仕事着のワイシャツ姿のまま、喜んでトライアル。

競輪用の自転車の前輪をはずして台に固定。後輪はローラー。
ギアは1枚。でもって、「素人用」なので軽い。軽すぎるくらいに軽い。

200mダッシュのタイムで勝負なのだが、

200mとは、通常のバンク半周ぶん。最後の半周のダッシュを体感してください、ということで、
超もがいて、もがいて、もがいて、
ギアが軽くて、空回りしまくりで、、
疲れるというよりも、スピードについていけなくて、、

f0131183_20164769.jpg

14秒3。。
なんじゃ、こりゃ。
(競輪選手の皆様は11秒から12秒)

でも、最高速度が55km!

固定式なので、いわば番手無風。
でもって、競輪用のピスト。
こんなに速度が出るの?
ロードバイクに乗るのががぜん楽しみになってきた。

主催者の設定したタイム(13秒)には届かなかったが、成績優秀ということで賞品をもらいました。ごめんなさい。
f0131183_2017535.jpg

競輪が始まる前からプラスになった。

………

一応、本日も競輪オフ。
自宅前に巨大スーパーがオープンしたおかげで、充実の買い出し。準備完了。
f0131183_2017227.jpg


ちなみに、本日の参加者。
f0131183_20173853.jpg

おい、地べたに座るな。せめて椅子に座れ。

と、お恥ずかしいのですが、父親です。

父は、私と同種の職業。
約50年前に前橋競輪場(当時は屋外)でバイトして以来の競輪ファン。
そして、私と違って酒が大好き。ビールなら3リットルまでなら水と同じ。
そんな父だが、これまでに競輪場で酒を呑んだことがないという!?

「だって、競輪場には酒がないから。」

グリーンドーム前橋をはじめ、多くの競輪場で酒類の販売はない。
弥彦なんて全面的に「禁酒」を宣言している。
古き良き時代の競輪は、ファンが酒を呑んで「さらに」風紀が悪くなると困る、だから酒は売らない。

「中山競馬場ではビールが飲めるのに、ずるい」
という父だが、父も含めて、ほぼ全員が「持ち込み」という概念がない。

もちろん、私も、まさか持ち込んでまで酒を呑むやつがいるなんて思ってもいなかったわけで、、

10年前に、あいつら二人が持ちきれないくらいの荷物をかかえて、グリーンドーム前橋にやってきたときには、「こいつら大丈夫か?この国は大丈夫か?」と思ったほどだ。

ところが、今では、

「これが本当の競輪の楽しみ方でしょう?」

酒を呑んでワイワイ言いながらスポーツ観戦。車券がはずれても感覚がマヒしているから、全然悔しくない。ま、酔いすぎて車券を買い忘れるということがたまにあるけど。

公営ギャンブルが不況を極める現在、「本当の楽しみ方」がもっと広まってほしい。

競輪歴50年にして、「初めて競輪場で酒を呑んだ」と言って、感動して泣きそうになってる父を見て、妙にほほえましかった。


で、車券は「競輪オフ絶好調の法則」が今日も発動。

4レースのうち、3レース的中。
最終11レースはこんな車券↓。
f0131183_20181176.jpg

⑧⑨で5500円もついた。
トータル2万円のプラス。

そんなに儲かってしまい、酒の勢いもあり、
帰りがけに特設売店でアレコレ購入。
f0131183_20182429.jpg

総額15000円。
赤ラインのS級パンツなんて、買ってしまったけど、さすがにこれを街道ではく勇気というか、おバカではない。
じゃぁ、いつはく?いまでしょ!
f0131183_20183820.jpg


緑のシャツは⑥番車。これは、ロードのユニフォームに決定。



日本酒も加わったので、酒の弱い私は、ものすごく酔っぱらって帰宅。
午後5時に自宅のリビングに寝転がって、、、

気が付いたら、夜の11時半になってた。。。。

せっかくもらったクオカードも、どこかになくしてしまうくらい酔っぱらってた。。。

………

☆★☆★☆★☆

そんなことよりも、この日、一番のニュース!
前橋競輪のサイトより、


脇本雄太:
本当は1週間ぐらい前に前橋に来て、稲村好さんや木暮安さんと合宿をやろうと思っていた。
だけど市田さんが練習を始めたので地元で乗り込んできた。
市田さんも、もがき始めたし八月のサマーナイトで復帰すると思いますよ。
親王牌の決勝に乗ってから今の僕がある。だから特別に思い入れのあるバンク。
宮杯の最終日? 後ろが同じチームe-SHINBUNの木暮さんで吹かしすぎた(笑)。いつものスタイルで。


生死不明だったので、お父さんはうれしい!
夏が待ち遠しい。
[PR]

by akogarehotel | 2013-06-30 20:17 | 競輪ブログ | Comments(0)  

街道自転車日記 平成25年6月15日(土)

街道自転車日記 平成25年6月15日(土)


仕事が夕方6時半に終われば、利根川ロードへ出発。
日没まで、SEKAINOOWARIを聴きながら、巡航速度30km/hでもがきつづける。
最近は日が伸びたのでうれしいのだが、7時ころには暗くなり始める。残念だけどそこがゴール。
いつも坂東橋あたり。
職場から14km。

帰りは、暗い中をダイナモ式ライトを点けながら流して走る。

往復して28km。
時間があれば、毎日でも走りたいのだが、職場環境が許さない。悲しい社会人。

今週は、
6月10日(月)
6月14日(金)
の二日だけ。。。

↓6月10日
6時55分くらいに坂東橋。ぎりぎり明るい。
f0131183_17142029.jpg



↓6月14日
7時ちょうど。もう暗い。早く帰らなきゃ。
f0131183_17162697.jpg



昼間の用事も自転車で移動するので、ロードに出た日は、一日で40km近く乗り込むことになる。

でも、全然疲れない。これくらいでは不満。
時間さえあれば、もっと遠くまで行きたいんだよね。

ということで、6月15日(土)。
午後4時に出発。
これなら日没までに沼田くらいまで行けるんじゃないの!
と意気揚々で出かけたら、、、雨、降ってきた。
吉岡でUターン。。。往復で、たったの15kmだった。

むーー。

………

自転車と戦っていると、ロードに乗ったそれっぽい人たちと何度もすれ違う。
さすがに、ロードは早い。というか、そんなものに乗る人たちは、何に乗ってても早い。


俺もロード欲しい。。。かも?

人生で、これまでにロードを2台も買ったことがある。
最初は学生時代。東京から前橋まで乗って帰ったり、日光まで行ったりしたが、卒業時に後輩にあげてしまった。
2台目は社会人。主に通勤用(荒川区から新宿)に使ってたが、、引っ越しを繰り返すうちに消えてしまった。


手入れが嫌い。
片づけが嫌い。
パンクが嫌い。

そんな奴はロードに乗る資格がないわけだが、、、
次は反省します。だから、欲しい。


………


4月22日に購入したサイクルメーターの通算距離が、現在490km。
最近は、1日に30kmを越える日が何度もあるので。
490kmといえば、東京から京都。

ということで自分にご褒美。
サイクルメーターが1000kmに達したら、ロードを買う。

とりあえず、決めた。
何を買うかは、1000kmが近づいたら考える。でもやっぱ、ロードといえば、ジャイ?
毎日40km乗れれば、あと2週間で届く距離。
時間さえあれば。
暇がほしい。

ちなみに、1000kmは東京から山口まで。
[PR]

by akogarehotel | 2013-06-16 17:11 | 競輪ブログ | Comments(0)  

名古屋旅行記(後半) 名古屋競輪 平成25年5月26日(日)

名古屋旅行記(後半) 名古屋競輪 平成25年5月26日(日)


今回の目的である名古屋競輪。
デュークさんとビバは「当日欠」。次回(四日市)には出席しないと留年します。ご注意ください。

マンフレさんとふたりきり。
早朝からWCCFの対戦を済ませて、余裕しゃくしゃくで買出ししながら名古屋競輪場へ。12時過ぎに到着。


そして驚いた。
混んでる!

日曜日とはいえF2開催なんて、どこの競輪場でもガラガラなのに。
ちょうど食事時ということもあり、場内の休憩用の椅子が足りないくらいに人であふれている。
名古屋って景気がいいの?

入場ゲートで、特観席の入り口を聞くと、警備の人がわざわざ先導して案内してくれた。泣けるくらいに親切だ。
特観席は半分以上が埋まってる。500円という激安設定。

マンフレさんと二人だけなので、遠慮気味に、マグロと鯛の刺身と生ハムとソーセージと焼き鳥と生ビールと焼酎とコーラを広げ、いざ宴会開始。


………


名古屋競輪場の「敢闘門」はメインスタンド前の地下にある。選手が目の前を歩いて出てくる。
f0131183_1313682.jpg

その選手の向こう側、バンクの中で優雅に座って観戦しているグループは、ガールズケイリンにつきものの「地元の人達をご招待」だ。
しかし、小さな子供をつれたご家族ばかりだから、車券の売り上げに貢献するかどうか。
少なくとも「競輪ファン」や「競輪おやじ」は、このグループには入れない。私達はバンクの中へは入れない。


この日は「芸能人のトークショー」もあるという。
どうせ、芸能人といっても「名前も知らない」芸人程度だろう、と思っていたら、、、なんと、、
「名前も知らない」ことにはかわらないが、、、

SKE48だって。
名前の知らない4人が歌って踊ってた。
すごいな、名古屋競輪。どこまで資金を注ぎ込んでるんだ?

とすると、ご想像通りに、こちらにも競輪場に似合わない人達がたくさん。
警備員さんのお話だと、開門時間の前からファンの列ができていたという。
そして彼らが、歌声にあわせて「合いの手」を入れている、というか、怒鳴り声?ナマで聴いたのは初めてだ。すごい迫力。競輪ファンの選手への「声援」なんて比べ物にならないくらいの音量だ。
そんなライブの様子を、競輪おやじたちが引き気味に眺めている。とてもじゃないが、気軽に近づける雰囲気ではない。
『撮影お断り』なので写メはありません。ごめんなさい。

これが競輪の売り上げに影響するか?
彼らファンがお金を持っていることには疑いはないが、、、、自分の目的以外に支出することはあるか?
試行錯誤としてはありかな。でも、次は吉本のほうがいいんじゃない?


競輪ファンにしてみれば、ガールズの宣伝にくっついてきたヤマコウのほうが100倍も価値がある。
決勝戦に出場する選手へインタビューするヤマコウ。↓
f0131183_13253.jpg



………


さて競輪。
「旅先絶好調」の法則。

11R、ガールズ決勝。
3年前からこの日のこの車券は決定していた。
⑤石井→③中村
どんな倍率であろうと、これ以外の車券は絶対にハズレ。
問題は、どれだけの財産を投資するかだったが、、、
f0131183_1323125.jpg


大人の理性が働いてしまった。
もっと突っ込んでよかったのにね。
「競輪」に「絶対」はないけど、「ケイリン」に「絶対」はある。あった。
ま、福澤さん1人ぶんのプラスで。

石井寛子は、本当にバケモノみたいに強かった。1周逃げ切り。中村先生を外に浮かせてラクラク逃げ切り。これが「競輪」だったら、中村先生がインを競り取って、直線差しているだろうが。しばらくは石井天下が続くはず。


そして、疑惑の最終12レース。A級決勝戦。
なんかガールズの影で勘違いされてるけど、本来ならこれがメイン。

←③⑨④ ←⑧①⑥ ←②⑦⑤

⑧岐阜県民「地元の前で徹底先行」、①⑥は愛知県民。
実力優位は③「勝つ競争」。
②はマクラー。

こんな簡単なレースはない。
①と③から厚く買って、熱くなればいい。
①⑧が1番人気とか信じられない。


結果は、、、
1着入線 ③
2着入線 ①
3着入線 ⑧

③①が15倍。500円持ってる。
③①⑧が90倍。100円持ってる。

しかし、、、、、
「4コーナーで落車。審議対象は①」
さすがに無理。落車してしまったら無理。

ということで、涙の失格。
③⑧で80倍だってさ。
そりゃ、徹底先行を宣言している⑧が残って、①が消えたから好配当。
こんな車券、素人しか買えない。

と思ったら、隣で興奮してる人がいる。
マンフレさんが「300円持ってる。ドキドキ」と。


すなおに、おめでとう!
次はおごれ。


「旅先絶好調」あらため「旅先『ちょい』プラス」の法則が継続発動中。


これで18ヵ所制覇。次は四日市か弥彦か。
[PR]

by akogarehotel | 2013-05-27 13:02 | 競輪ブログ | Comments(2)