カテゴリ:放射能と医療の真面目な話( 46 )

 

破傷風とアスベスト 平成23年4月16日(土)

破傷風とアスベスト 平成23年4月16日(土)


破傷風ウイルスはあちこちの土の中に潜んでいる。
裸足で遊んで走り回って、いつのまにか傷を作ると、その傷口から感染する。
潜伏期数日後に発症すると、全身けいれん、呼吸困難などで非常に死亡率が高い。
子供はそんなこと知らずに走り回って怪我をするので、子供には予防注射をする。いわゆる「三種混合」の中に含まれている。しかし、ワクチンの効果は10年で消える。
大人になれば、むやみに怪我をしないだろ、ということで問題ないが、被災地ではそうはいかない。

一般に、東南アジア、アフリカなどへ渡航する際には破傷風の予防注射が推奨される。(けど、僕自身は一度も注射したことがない。そんなこと知らなかったから。)


予防注射にも副反応(副作用)があるので、絶対に、とは言えないが、
被災地で瓦礫を片付けるなら予防注射を考えるほうがいい。瓦礫の中で「かすり傷ひとつなし」という自信がないなら、注射を考えるべきだ。
釘のひとつくらい、踏んづけるでしょ?

破傷風の予防注射は少なくとも2回必要。1回注射したあと、3週間後にもう1回。これで効果が1年持続。
ひとりにつき2本も必要。なのに、、、、薬屋にまだ在庫があるという。

みんな、大丈夫なの?
無防備すぎる。


★★★

アスベスト

吸い込むと20年後に肺癌(中皮腫)になる。
まさに「ただちに影響を及ぼすものではない」。

レベル1:建物の石綿剤除去作業
レベル2:建物の断熱材除去作業
レベル3:建物の成形板などの除去作業
レベル4:足場組み立て、掃除など

それぞれに応じて「法律」で決められた装備がある。「法律」で。
レベル1では宇宙服並の装備が必要。

レベル3とレベル4でさえも、グフみたいな「毒ガスマスク」が必要と。「法律」ね。
↓こんなマスク。4000円もするのを買ってしまった。
f0131183_13284927.jpg



つまり、被災地で倒壊した建物(2006年以前に建築された学校、公民館、ガソリンスタンド、などなど)を掃除している人たちはレベル3かレベル4適応のマスクが「法律」で義務付けられているはずなんだけど…

テレビでそんな場面を見たことがない…

気軽にボランティアなんてやってる場合じゃないよ。
学校の体育館とかに永遠に住んでて大丈夫なの?
誰かが指摘しているはずなんだけど。

確かに、マスクが品薄なので、そのへんは期待しておこう。




ま、なんだかんだで、レンホーが嫌い。
石原が好きというわけではないですが。
[PR]

by akogarehotel | 2011-04-16 13:29 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

ソーラー充電器 平成23年4月8日(金)

ソーラー充電器 平成23年4月8日(金)

来月末に行く南三陸町について、医師会から連絡が来た。

水道ガス電気のすべてが不通。
避難所の教室に寝袋か毛布で宿泊予定。
食事は自衛隊が提供。


そりゃそうだ。ビジネスホテルに泊まって、毎日お風呂に入ったりしてたら、何のために行くのかわからない。
所詮4日間なので、自分のための飲料水と食事くらい持参しよう。

そんなことを考えるのは、、、、新婚旅行以来だ。

サハラ砂漠に2泊3日。水と食料持参。ブロックの上に毛布を敷いて寝た。非常用の電源以外はないから、夜空が恐ろしいくらいにきれい。まさに「星に手が届きそう」だった。
イスラムのラマダン(太陽が昇っている時間は飲食禁止)とも重なって、日本人がいかに平和かと痛感したが、。
けど、新婚旅行でそこまでがんばる必要はないような…

あのときはビーフジャーキーが保存食として重宝した。今回も忘れずに。


で、昼休みにいろいろと買い物。
やっと携帯ラジオが手に入るようになったので購入。

あとは携帯電話の問題。
他人の日記で「手動式携帯電話充電器」というものが存在すると知った。
しかし、そんな便利グッズといえば、東急ハンズとか王様のアイデアとか、前橋では手に入らない。

そんなとき、持つべきものはトモダチ作戦。

すると、
「ソーラー式充電器のほうが一般的ですよ。ググレカス」
「電器店で売ってるらしい。ググレカス」
「チャージ式アダプタなら数日分なら問題なし。ググレカス」
「ドコモなら無料でもらえるかも。ググレカス」

ありがたいお言葉(メール)を頂きました。はい。
(携帯からのググり方を知らないの、ごめん。)

ドコモショップでチャージ式アダプタを2つ購入。1800円だが、ポイントを使って無料でゲット。これでフル充電4回分。
さらにネットで、
ソーラー式充電器、ついでに、ソーラー式充電付き懐中電灯など購入。

こんだけあれば、夏の「計画停電じゃない停電」でも大丈夫だ、たぶん。




いつもの日常が復活している。
朝、子供と格闘しながら歯磨き、着替え、幼稚園へ送迎。
そして、いつものように仕事に遅刻。

しかし、震災前と違うのは、、

そんな小さいこと気にしてどうする?いいじゃん、そんなの。

幼稚園に遅刻とか、仕事に遅刻とか、どうでもいいんじゃね。

と大きくかまえよう。。。。おおきすぎ?




賛同するニュース

賞賛するニュース
[PR]

by akogarehotel | 2011-04-09 13:23 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

ギリギリ日記 平成23年4月7日(木)

ギリギリ日記 平成23年4月7日(木)

桜満開


ギリギリの美学。

世の中すべてギリギリクリアが最適。

今さらギリ入力のことでもなく、ましてやモザイクのことでもなく、

前橋出身の剣聖上泉伊勢守のごとく、敵の剣をギリギリでかわして自らの刀を振る。なんて、まじめな話でもいいけど、、。
大学の入学試験を一生懸命勉強してトップで合格するよりも、適当に手抜きして勉強して補欠合格の最後尾で合格するが勝ち。なんて、まじめな話もいいけど、、、。
麻雀の危険牌をギリギリまでとおして、自分が上がる。なんて、まじめな話もいいけど、、。
仕事を一所懸命手抜きして、ギリギリの仕事量ですませる。なんて、まじめな話もいいけど、、。

敵のマシンガンを歩いてギリギリで避けて、3連を叩き込む。なんて、まじめな話。。。というか、いつもそんな風に叩かれてるけど、、。


放射能をギリギリで避ければよい。

「あるボーダーラインを越えれば癌になるが、そのラインを越えなければ何も害は生じない。」
これが放射能。
敵の刀から1mmでいいから離れていればいい。それで無傷。敵の刀から10mも離れる必要はない。

しかし、もちろん、その刀が見えないから問題なんだけど、、、

情報を集めれば、大気からの外部被曝と、飲食物からの内部被曝の総量は計算できる。しかし、どこがボーダーラインなのか。。。
1mSV/年という人もいれば、100mSV/年という人もいる。

おそらく20年後くらいに、「日本(福島)のデータ集計による放射能基準値」というのが発表されると思う。
今、福島の特定の避難所にいる人たちが、今後どれくらいの率で癌になるかを追跡調査すると、ギリギリの答え(基準値)が出てくる。
そんな研究をどこかの誰かが冷静に、冷徹に始めているはず。


ちなみに、
自分だけなら、大人なら、
20mSV/年は安全域と思うが、50mSVは、、、、ちょっとどう?
[PR]

by akogarehotel | 2011-04-08 18:33 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

放射性物質に関する基準値、指標値 平成23年4月1日(金)その2

「原発事故などの際に被曝しても問題のない数値」
1mSV/年

一般的に言われている数字。群馬県のHPもこれを基準値としている。
100年生活して100mSVとなるところから逆算。つまり、一生のうちに許される被曝量が100mSV。
0.11マイクロSV/時を1年積算すると1mSV/年になる。


しかし、、、
これ以外にも、いろんな数字が飛び交っている。。

そもそも、

地球上で生活しているだけで浴びる放射線量の値:2.4mSV/年
(世界上の平均値。日本は基本的に1ミリ以下らしい。)

温泉地や中国の奥地、ブラジルなどは放射線が強く、年間5mSVになるところもあるという。
矛盾しているじゃん、と言いたいところだが、上記の「事故の際の1mSV/年」は許容される「追加分」と理解される。


では、追加分という概念で考えると、、

胸部CT1回につき、6mSV。
あっというまに上限オーバー。こんなに高いんですね。人間ドックで毎年CTを撮影してる人って、結構いるよね。
ちなみに、頭部CTならば0.5ミリSV前後。



「放射線て意外と大丈夫じゃね?」
ということで、不思議な数字が設定された。

放射線技師の年間被曝許容量:50mSV/年
さらに、
単一年だけならば(仕事に関係なく):100mSV/年

さすがに、これってどうなん?



以上が空気中の放射線量の話。放射性物質の量ではなく、放射線量。

では、放射性物質の場合(食べ物、飲み物からの内部被曝)は?


「原発事故時などの食品からの被曝許容下限」
 5mSV

ただし、放射性ヨウ素の場合、2mSV
(甲状腺に集積するので低め設定)

テレビからよく聞こえる数値はベクレル。それをシーベルトに換算するには、

放射性ヨウ素:1kgの食品を食べた場合の放射線量(mSV)
 大人:1.6×10(-5)
 幼児:7.5×10(-5)
 乳児:14.0×10(-5)

(同じ量のヨウ素を取り込んでも、子供のほうが影響が大きい、ということを示しています。)

たとえば、話題の100ベクレル/kgの水を1リットル(1kg)、乳児が飲むと…

100×14×10(-5)= 0.014mSV

1日1リットルと仮定すると、1年で

0.014×365 = 5.1mSV

あれ?基準値(2mSV)を越えたぞ?!
乳児が1リットル飲むわけないか。。。(^^)
じゃぁ、逆算。
2mSV÷0,014÷365 = 0.39リットル

ジャスト指標値の水を乳児が1日390ml、1年間飲むと、許容限界の2mSV/年になる。

(てことは、この水のほかに放射性物質を食べてはいけないことになる?)


放射性セシウムの場合:1kgの水(食品)につき、
 1.3×10(-5)
飲料水の指標値は、200ベクレル/kg

200×1.3×10(-5)= 0.0026mSV
毎日1kg(1リットル)で1年間とすると、0.0026×365= 0.95mSV

まぁ、こんなもの?
意外と大丈夫だ。


医師会から送られてきた資料にはプルトニウムの指標値も書いてある。

プルトニウムなど:
水は1ベクレル/kg以下、肉野菜は10ベクレル/kg以下

こういう指標が存在するということは、しっかりと測定してるってことかな。
そう信じたい。






こんなニュースもあるぜよ。

ここ
[PR]

by akogarehotel | 2011-04-01 18:03 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

放射能から避難日記 平成23年3月30日(水)

子供を神戸に残して仕事フッキ。
最終の新幹線で前橋へ戻って来た。

電車の中で読む雑誌や新聞は、そのほとんどが、

「放射能は問題ない」的な論調

確かに、問題はないといえばない。

55歳の人が20年後に白血病になっても(ほぼ平均寿命なので)問題はない。

1ミリシーベルト/年という数値はかなり低めの設定だから、大人には問題ない。
(群馬ならギリギリこの数字がクリアできる。他県は微妙。)

今の日本は、意外と情報を公開してくれているようなので、その数字が正しければ問題ない。

原発事故が1年をめどに沈静化するなら問題はない。


たぶんね。


でも、子供にもあてはめていいのか。
それだけが常に心配。
1ミリシーベルトという数字は、レントゲン20回分。子供にレントゲンをそんなに撮影するか??
茨城県などは、今の状況だと10ミリシーベルト/年までいきそう。レントゲン200枚??
これでも大丈夫と言えるのか?


「子供に対しては…」的なニュースが欲しいね。


↓群馬県が素晴らしいという記事。おそらく風だけが原因。
f0131183_1355523.jpg



↓その風の影響で、ひどいときはこんなの??そもそも、この図はドイツのどこかのHPらしい。
f0131183_1361329.jpg




政治の話。

野党(自由ナントカ)って、当たり前だけどヒドイ。ま、政治家なんて…

確かに、民主党は心もとないけど、
今さら総理大臣を替えるわけにはいかないんだから、みんなして協力してやればいいじゃん。

それなのに、馬鹿げた存在感を示そうとして、揚げ足とるような質問「最悪の場合、どうなると想定していますか?」
そんなところで存在感を示さなくていいっての。

「最悪の場合、半径100kmは人が住めない、農作物が育たない地帯になり、海産物は数10年先まで放射能が検出されるようになると思います。」
なんて答えられるわけないし。

「神のみぞ知る」と答えた民主党さんは、ある意味正解。



経済の話。

関西で数日過ごしてみて、、、

まったく影響がない別世界だった。
てことは、経済をどんどんまわすべきだ。60Hz地域では、(節電の効果を期待するよりは)お金をドンドン使って経済に貢献しましょう。

てことは、ドンドンゲーセンへ行こう。行け。

てことで、ゲーセンへ行きたかったのだけど、、、、

子供と一緒に遊ぶのが精一杯だった。ま、めずらしく「ポケモンバトリオ」をして、セガへ投資したつもり。
[PR]

by akogarehotel | 2011-03-31 01:36 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

放射能メモ

第3区分 移住権利対象区域……国家補償による移住の権利。

 土地汚染 18.5万~55.5万ベクレル/㎡ (5~15キュリー/k㎡ )

 土壌汚染 2,846~8,538ベクレル/kg

 空間線量 0.66~2マイクロシーベルト/時

第4区分 放射線管理区域……不必要な被ばくを避けなければならない。新たな工場建設禁止。農地作付制限あり。

 土地汚染 3.7万~18.5万ベクレル/㎡ (1~5キュリー/k㎡ )

 土壌汚染 569~2,846ベクレル/kg

 空間線量  0.13~0.66マイクロシーベルト/時

チェルノブイリ事故の際の放射能汚染の区分(土地)

       【編集:内部被ばくを考える市民研究会 川根眞也】

セシウム137による汚染での区分

第1区分 強制避難区域……居住禁止ただちに強制避難。立ち入り禁止。

 土地汚染   148万ベクレル/㎡以上  (40キュリー/k㎡ 以上) 

 土壌汚染  22,769ベクレル/kg以上

 空間線量    5.2マイクロシーベルト/時 以上 

第2区分 義務的移住区域……義務的移住の区域、農地利用禁止。

 土地汚染 55.5万~148万ベクレル/㎡ (15~40キュリー/k㎡ )

 土壌汚染 8,538~22,769ベクレル/kg

 空間線量    2~5.2マイクロシーベルト/時





2011、3,22

前橋 0.1μシーベルト時

人間影響ない 1ミリシーベルト年

レントゲン1枚50マイクロ


2011、3、23

ヨウ素剤


2011、4、1

人間の上限 100ミリシーベルト(1ミリ×100年)

胸CT 6ミリ

頭CT 0.5ミリ

放射線技師 50ミリシーベルト年

地球表面平均 2.4ミリシーベルト年


2011、4、4

 昆布 1g ヨード10~20mg

ヨウ素剤 50mg

ヨウ素剤を飲むということは、そんなところに二日間も滞在することは想定していない。


H26、5、18

おいしんぼ休刊


甲状腺がん(小児)

福島37万人に50人

全国100万人に9人

















[PR]

by akogarehotel | 2001-03-03 12:03 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)