カテゴリ:本気のサイクリング( 235 )

 

ハルヒル(その2)…第4回、備忘録 平成28年5月24日(火)

ハルヒル(その2)…第4回、備忘録 平成28年5月24日(火)

  →→→(その1)はこちら


「ブログ、見てます。」

こんなことを見ず知らずの人に言われると、もちろんうれしいんですけど、
非常に照れますね。
大事な人生の時間を、こんなブログを読むために割いていただいて申し訳ない。ありがとうございます。


と、榛名湖畔で思いました。


というのも、
あのマスクのおかげで、「赤の他人」さんと話す機会がたくさんありました。
素顔でないから、気軽に話しかけてくれるみたいですね。

ぽたがーるのSANAさんや、キクミミさんなんて、本来なら殿上人のはずなのに、むこうから声をかけてくれたりして。
でも、”初心者”な私は、非常によそよそしかったのではないでしょうか。どういう対応をしていいかわからなかったんです。
シャアのように威風堂々とするのか、本来の私のように「人当たりのよい腰の低い対応」をするのか。本来の私のように。本来の。

でも、シャアが頭をペコペコさげてたらおかしいから、どちらかというと胸を張っていたつもりですが、ひょっとして「態度がでかい」と思われたかもしれない。ちょっと気がかりです。


………


そんな赤の他人の一人が、例の「ミニーマウス」さん。

スタート直前に、わざわざ僕のところまで挨拶に来てくれた。
第一印象は「気持ち悪い女装」の「超アスリート」。(失礼(^^))
上半身まで真っ黒に日焼けして、足は筋肉パンパン。黒いスカートとピンクのリボンで、そういえば、あれはミニーマウスなの?とあとで気が付いた。
4000番台のゼッケン(僕は3000番台)のくせして、

 『 すぐに追いつきますよ 』

とか言いやがるから、内心、

 …(スタート差が5分もあるから)追いつかれるわけないじゃん

と思っていたのだが、、、、、

あっさり突き抜けていった。ものすごい速さで。

動画あり
(1分40秒付近ですっ飛んでいく黒いのに注目)


ゴール後、その「ミニーマウスさんの友達」という人と話をした。

友達さん 『 僕が14分かかるところを、奴は10分で登ってしまう。 』

 ちなみに、その友達さん自身のハルヒルタイムは、55分。
 「奴」は40分ってことですか?!

その友達さんが付け加える。

友達さん 『 僕はシャアさんにも途中ですごい速さで抜かれました。僕が55分だから、シャアさんはもっと早いんですね。 』


よろしい、いいコメントだ。録音しておくぞ。

(ミニーさんの正面画像がないのがもったいないが、オールスポーツコミュニティならあるかも。)


………


赤の他人といえば、テレビ局さん。

ありがたいことに、群馬テレビさんにインタビューしてもらいました。

ただし、内容は、、、、


TV 『 どちらから来たのですか? 』

TV 『 こういう服装でいつも走っているのですか? 』


 どう答える?
 マジメに答えちゃいけないだろ、これ?


なので、放送されても見たくないし、むしろカットされてることを希望。

【問題】
上記の質問に対して、どのように答えるか?

【不正解の例】
「前橋市から来ました」
「コスプレは初めてです」


………


f0131183_193285.png

(オールスポーツさんから拝借。転載禁止ですが、購入したのでゆるしてください。)



………


最後のネタは、パンフレット。
出走者全員の名前が掲載されている「あれ」ですが、後半にはたくさんの広告が載っています。

いいなぁ、うちも広告を出したかったよ。

こんなの↓。
f0131183_193465.jpg

赤城の電柱は許可が出なかったけど、ハルヒルなら?
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-27 19:04 | 本気のサイクリング | Comments(8)  

ケイリン ノ ススメ 平成28年5月25日(水)

ケイリン ノ ススメ 平成28年5月25日(水)


榛名山を登るのは疲れたので、今度はバンクを上りましょう。
f0131183_9115062.png

茨城県自転車競技会へリンク(上記画像はキャプチャです)

 6月26日(日)取手競輪場にて開催。
 スポーツエントリーで受付中。


競輪場は本来は、競輪選手しか走ってはいけない(ものだった)。
そこを、一般人が走れるなんて、それだけで感動です。
だって、東京ドームで素人が野球していいってことだよ。

さらに、ピストでなく、ロードでもよい、というのは異常。
東京ドームで軟式野球というよりは、サッカーしていいってくらいなもんだ。


こんな素晴らしいイベントは他にはない。


「もてぎ」や袖ヶ浦や富士スピードウェイなら走ったことがある人がたくさんいると思うけど、、、全然違うから!
僕は(非公式で)オートレース場をロード(DHバー)で走ったけど、それはそれで快感だったけど、、、、競輪場は全然違うから!
あのバンクの勾配(カント)を体感してしまったら、もう他のものでは満足できない。
(その禁断の楽しみを知ってしまったのね)


「ハンドルを押さえつける上半身の筋力がないと、コーナーで飛ばされてしまう」(小雪さん)
というくらいの「G」を感じてしまったら、中毒間違いないね。



………


ということで、早速エントリー済み。

・ケイリン(ピスト)
・ポイントレース
・1000mタイムトライアル(ロード)


今年は4km速度競走がなくなったかわりに、ポイントレースが新設された。

4km速度競走:
 4km(10周)走るうちに、200m(半周)ごとにチェックポイント。
 チェックポイントを先頭で3回通過した選手に対して、ゴール勝負。

ポイントレース:
 24km(60周)走るうちに、2km(5周)ごとにチェックポイント。
 チェックポイントを通過する際、4位までにポイント。その合計で勝負。

両方とも同じような競技だけど、スケールが10倍大きいのがポイントレース。そもそも、バンクを60周なんて、やったこともないし、見たこともない。何時間かかるの?
って、時速40km平均なら36分。
バンク競技のなかで最長だという。



1000TTは、あえてロードバイクで申し込んだ。
9月のトライアスロンに向けて、DHバーで走ってみたかったので。




★★★


ということで、バンクを走ったことがないという人でも、試しにエントリーしてみてはいかがでしょうか?
ハルヒルを走れるなら、全く問題ないです。

ただし、注意が二つだけ。

① コース上を絶対にクリートで歩いてはいけない。
傷がつくから。運動靴かサンダルを持っていきましょう。

② (よほどのことがない限り)レース中にブレーキをかけてはいけない。
ピストにブレーキはありません。ロードでは、ブレーキのあることがむしろ危険です。手信号のない急ブレーキは当然、危険です。

知っておくべきことは、これだけ。
ロードでも参加できるケイリン、タイムトライアル(単走)、スクラッチ(レース)などいかがでしょうか。


【注意】
コスプレは自重しましょう。神聖な土俵の上です。
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-26 09:11 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

ハルヒル 平成28年5月22日(日)

ハルヒル 平成28年5月22日(日)


参加した皆様、お疲れ様でした。
僕は参加していないのですが、かわりに、僕の友人の、シャアこと、キャスバル・ダイクンさんが走ってきました。
f0131183_13143512.jpg



………
(以下、シャアさんから聞いたこと。)


AM5時半に駐車場到着。車内で「お化粧」。
f0131183_13145994.jpg

前日のうちに荷物を預けてあるので、ゆっくりと行動できる。素晴らしいサービスですね。
5時50分、駐車場の誘導員さんに笑われながら、体育館へ向けて出発。

あいかわらずスタート地点は人口密度が高くなってます。
増えすぎた人口は宇宙へ分散しましょう。
f0131183_13152955.jpg



3000番台(3ウェーブ)でスタート。
実は、マスクの視界が悪く、ブーツカバーのためクリートも装着しにくい。スタートでふらついて他人に迷惑をかけそうだったので、グループの最後尾からスタート。

神社までは爽快。3倍速。
神社から先は壁。恥ずかしいくらいの速度。

ゴールが近くなったころ、ツールドフランスのようにカンカンカンと鐘を鳴らしている人がいる。
てっきり、そこがゴールだと思った。
その鐘に向かって、最後の力で思い切り踏んだ。出し切った!

と思ったら、ゴールはまだ先。カーブがあと2つもある。。。。
もちろん、もう足ないよ。
笑われるくらいに、ノロノロでヘロヘロになってゴールした。

52分18秒
目標から2分オチ。


ちなみに、その紛らわしい鐘の主は、あのマンダ先生だそうだ。
もうっ!
(試走をしない俺が悪い?)


f0131183_1316071.jpg

f0131183_1316201.jpg


………


rosuket師匠も言っていますが、
ハルヒルは「市民参加の大会」として素晴らしい。誰でもが気軽に参加して楽しめるイベントだ、と。
(一方、あれは?)

コスプレさんもそこそこ参加しています。
「ミッキーマウス」さんと「ミニーマウス」さんにはレース中に千切られました。特に、ミニーさんはメチャクチャ早い。
スタート前に、わざわざ挨拶に来てくれたのですが、真っ黒に日焼けして、足の筋肉もガッツリとついていました。レース後に、ミニーさんの友人という人と話をしたけど、おそらく40分ちょいでゴールしているらしい。


もちろん、キクミミさんも参加していましたが、人気者のため近づけず、ちゃんと挨拶できなかった。ごめんなさい。


来年は、コスプレ好きの自転車乗りとして有名なマンダ先生が、何かやってくれると期待しましょう。


………


ハルヒルは地元密着型。
近隣に住んでいる方々が、家族総出で交通整理や応援にきてくれる。レース後の下山でさえも、熱心に手を振ってくれる。
そんな人たちが、「シャア」を見ると喜んでくれるんですよね(多分)。
まずは親世代が気づいて、その子供たちが(シャアを知らないけれど、何かのヒーローと思って)手を振ってくれる。
それで十分です。
僕も、来年は「シャアらしい手の振り方」を勉強して参加します。


ところで、
走りながら、「シャア!」という声はたくさん聞こえましたが、

 「あ!あれ!、、なんだっけ。」

と叫んだ人!
勉強してください!


………


午後からは、例年通り打ち上げ。
f0131183_13164627.jpg

はるかなさん、rosuket師匠、ウチダさん、カンベさん、そしてハルヒルを走っていないのに、打ち上げだけ参加のハトポさん。


前橋の気温は30℃越え。
ハルヒルよりも、帰り道の運転のほうが暑くて、汗をかいた。
そのぶん、ビールがうまいのも当然のこと。



来年は、私の職場で「みんなでやろう」という意見もあります。何を?

ちなみに、私、人生で2回だけ、女装したことがあります。
え、聞いてない?


f0131183_13172210.jpg

ヘルメットを制作していただいたウチダさんと記念写真。


 → その2へつづく


[PR]

by akogarehotel | 2016-05-23 13:17 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

シャア専用ロードバイク出撃準備完了 平成28年5月20日(金)

シャア専用ロードバイク出撃準備完了 平成28年5月20日(金)


ズゴックといえば、六角形のコックピット。
f0131183_1462923.jpg


頭部に6連装ミサイルも装備。
f0131183_1444672.jpg


魚雷装着。
f0131183_1442535.jpg

(一説には、魚雷ではなく水中エンジンとも。ただし、ハイゴックのものは魚雷であることを確認。)

↓アイアンネイルはデュラエース。
f0131183_144382.jpg


ついでにシャア専用サドルバッグ。
f0131183_1434378.jpg

レース中に携帯電話をしまいます。
そういえば、ガンダムに「携帯電話」って出てきませんね。宇宙に行ける時代なのに。


では、ジャブローに向かって出撃!
f0131183_1432367.jpg

いえ、目的地はハルナです、群馬県のジャングル。


………


練習日記。

15(日) ラン6km
16(月) ローラー(5%負荷15km)
17(火) ラン6km、ママチャリ天使ダンシング
18(水) ラン3km +【整体】
19(木) ローラー(負荷なし15km)
20(金) 【整体】+ローラー(負荷なし10km)

17日まで、思い切り体をいじめた。ランはダッシュ含み、ローラーも猛回転。
18日も一叩きする予定だったけど、子供が熱を出してしまい、予定縮小。
その後は、温存療法。
大学時代の試合直前のときのようだ。


ということで、何度もお世話になっております↓。
f0131183_143152.jpg


整体の先生のお話、
『先日、アイアンマラソン(118km)に参加するという人が、レース直前ということで、毎日整体にやって来た。練習で走ったあとにほぐすと、効果的な練習ができるから、と。』


確かに、毎日通うと効果的かもしれないね。
というか、アイアンマラソンとか、おかしいでしょ、それ。
(僕はランニングが大嫌いです。)
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-21 14:06 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

一応、「Xデー」につき 平成28年5月13日(金)

一応、「Xデー」につき 平成28年5月13日(金)



今日のポエムは雲ひとつない青空。
f0131183_17565542.jpg



13日の金曜日がXデーなので、一応、書いておく。
Xデー、つまり、今日から赤城山ヒルクライム(協賛枠)のエントリーが開始!
私は、これまで、協賛枠(1万円寄付)でエントリーしていました。
ま、前橋の自転車事業に少しでも貢献できれば、1万円くらいなら安いもんです。自転車の金額に比べれば…


なのですが、
今年はエントリーしません。


理由はたくさんありますが、決して、
『 コスプレ禁止とか信じられねぇ 』
という短絡的なものではありません。


私の尊敬する某自転車コスプレイヤーさんが、
「 コスプレ禁止のため赤城不参加 」
とツイートしたところ、リツイートの嵐になってます。

その彼(彼女?)に赤城のコスプレ禁止状況を伝えたのが、僕だから。
情報源のたくさんあるお方なので、私からの情報だけで判断したとは決して断言できないが、彼を不参加に大きく傾かせたことは間違いない。
とすると、義理として、私だけが参加するわけにはいかない。コスプレだろうが、そうでなかろうが。

もしも、万が一、直前になって「やっぱりコスプレ解禁」なんてことになったら、謝っても謝りきれないし。

ということで、今年はエントリーしないことにしました。いずれにしろ、普通に満員御礼になるだろうから、前橋市としては何も問題ないわけでしょうが。


………


(ハルヒルに向けて)練習日記。

ハルヒルは22日。
直前の水曜日(18日)まで、思いっきり「絞り込む」。
その18日に整体に行って、準備終了。ちょっとギリギリだね。GWのせいです。


★しぼり、その1、
10日(火)
開館時刻とともに大渡体育館へ。
ラン10km。
 6km(時速15km)+インターバル1km(時速12km、時速16km)×3

走り終わったあとも含めて、ポカリ1リットル消費。
さらに、その後は、専門学校まで自転車移動(30分)。その道中も汗っかき。
1日で10リットルくらいの汗をかいたかも。汚いな。


★しぼり、その2
11日(水)
ローラー 5%負荷 距離20km
時速24kmから28kmで、1時間弱の「もがき」。
汗ビッショリ。当然のポカリ2本。

ハルヒルも同じく1時間弱だから、ポカリを2本持っていくべきか?


★休養
12日(木)
さすがに疲れてる。
WCCFで、飲酒インテルツェーして、練習なし。
ウインガーの条件として、「パスを受け止められる人」というのがあると思うのですが、それが「全体フラグ」なのか「個人の能力」なのか。


★しぼり、その3
13日(金)
今日はバディファイトにとっても「Xデー」。
f0131183_17572539.jpg

新拡張パックの発売日。大人買いの2ボックス。

『 全ワールドに必殺モンスターだってよ?! 』
意味が分からない人は、、、、、、素振り100回。


ポエム(上記写真)を経由して、荒牧の「ゲーセン風カードショップ」へ。
いわゆる深夜営業のWCCFですが、あくまでも「ゲーセン風」ですから。
WCCFとバディファイト完備なので、いつもお世話になってます。


というか、前橋の気温27℃。
「しぼる」どころか、ひからびちゃうよ。
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-13 17:57 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

ピストで「楽しい練習」 平成28年4月24日(日)

ピストで「楽しい練習」 平成28年4月24日(日)



今日は、こんな練習↓
f0131183_12423447.jpg

f0131183_12425251.jpg


伊勢崎地区の選手の方々が行う練習のひとつで、「島村もがき」。
1300mの直線道路。
 「あの先に見える信号の手前までもがいてください。」
f0131183_12431192.jpg

 え?信号なんて見えませんけど。。。。
 
途中まではバイク誘導。
バイクの番手マークで時速40kmから50kmまで上げてもらう。(本日は向かい風のため時速40km。シロウトにはこれで限界。)
中間地点でバイクが減速。そこを外から捲って、ゴールまで全力疾走。

って、ゴールが見えないくらい先にあるんですけど。

これは、やってみないとわからない。
単なる1000mダッシュではない。
1本やると、2本目が恐くなる。


1本目:人生初、ラインの3番手で追走。
やばい、チギレそう。。。
時速50kmの誘導は取手ケイリンで経験済みのはずなのに。少しでも車間があくと、風の抵抗が突然強くなる。追走一杯。

2本目:ラインの順番変えて、バイクじか付け。
先ほどの教訓から、超ピッタリマーク。
お、今度はスンナリ追走できるじゃん、余裕じゃん、となめながら、
捲りに出た瞬間に、ドカーーーー!とまさに「空気の壁」。そこからは100mももたない。。。

3本目:単走。
バイクマークから捲りにでて、今度は「壁」上等。
2本目よりは多少長くもがけたと思ったら、バイクの捲り返し。
そこに飛びついて、なんとか追走して、、、一杯いっぱい。

4本目:捲り返して差しかえし
バイク誘導を捲って、もがいて、壁にぶつかって、
バイクの捲り返しに飛びついて、追走して、さらに差しかえす。
文章だけ見ればかっこいいけど、内容はそれなりのシロウト。


所詮、30秒か40秒の「もがき」なんだけど、こんな密度の濃い練習は初めてです。
4本で終了。4本で十分。


ちなみに、今日の練習は「新ヘルメット」のデビュー。
f0131183_12433312.jpg



………


練習後にBBQ。
(写真は自粛)
元競輪選手の斎藤薫さんも一緒に。
群馬の69期で、イシケンさんの同期生です。
で、イシケンさんとは対称的に、こんなに静かで選手をやれたのだろうかと心配してしまうくらいに落ち着いて物静かな方です。ただし、その静かな口調で、非常に興味深い話をたくさんしていただけましたが。



ご参加の皆様、お疲れ様でした。
イシケンさん、いつもありがとうございます。


………


でもって、翌日(月曜日)。
足全体が重くて痛くてつらい、、、、いわゆる「CPKが高そう」な感覚。
今日はもう何もしたくない…

通常の長距離練習だと疲れなんて全然残らないのに。
昨日は「たった4本」のもがきなのに、草津に行ったときのように疲れが残ってる。

それなりの指導者のもとにそれなりの練習をすれば、たったの4本でも、しっかりと「パワー練習」ができるってことですね。
競輪選手になろうと思ったら、この練習を毎日繰り返さないといけないのだから、あの人たちは本当にすごいです。


………


一応、練習日記。
17日(日) 八ヶ岳まったり温泉
18日(月) ローラー 30km
19日(火) ママチャリサイクリング 40km(通勤)
20日(水) ローラー6%負荷 15km
21日(木) ローラー6%負荷、10km
22日(金) 水泳1700
23日(土) ローラー6%負荷、7km
24日(日) ピスト島村もがき

1週間に1日は「オフ」を取ると決めている。結果的に17日がオフ。
[PR]

by akogarehotel | 2016-04-25 12:43 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

赤城山ヒルクライムについて 平成28年4月24日(日)

赤城山ヒルクライムについて(最終) 平成28年4月24日(日)


そういえば、今年から「絵」がかわりましたね。
f0131183_6385355.png

去年までのイラストは、ちょっと初心者さんという評判?
今年は一気にビッグネームの登場です。


で、なぜ石渡治さんか。

ご存知の人のほうが多いと思うけど、一応、確認。


★★★


赤城山ヒルクライムは別名「高千穂遙記念」。

高千穂遥さんの小説「ヒルクライマー」の中で、前橋から赤城山山頂までの架空のレースが登場した。

 『 市街地の道路を閉鎖して、そんなレースやっちゃっていいのかよ 』

とは、作品内の登場者のコメント。

そんなことは関係なく、、、
数年後、その架空のレースが現実化したのが、現在の赤城山ヒルクライム。
なので、毎年、高千穂遥さんがゲストとしてやってきてくれている。


高千穂遥さんの作品といえば、ほかには「グランプリ」。
f0131183_6474637.jpg

もちろん、競輪グランプリを題材にした小説。

この小説が縁で、石渡治さんや新田康仁さん(いわゆる赤い彗星のシャア!)と親交があるとのこと。

そして、このお二人もまた、毎年赤城山ヒルクライムに来ていただいている。


★★★


石渡治といえば、、、

昭和の時代ならば「火の玉ボーイ」とか「B・B」といってもいいけれど、現在は、
f0131183_6541226.jpg

「Odds」
(説明不要でしょうが)ロードレーサから競輪へ転向する主人公のマンガです。
赤城山ヒルクライムのパンフレットを見て、「リンタロウ」の名前が出てこないなんて、そんな人は参加しちゃダメでしょ。


要するに「競輪マンガ」のイラストが、パンフレット表紙を飾っている。


★じゃぁ、なんで競輪とコラボしないのさ!

せっかくグリーンドーム(競輪場)の近くで、こんなに集客力のあるイベントが開かれるというのに、「競輪」は蚊帳の外なの?
これまで毎年、ヒルクライムを盛り上げるために、競輪選手の方々も参加しているのに、逆に、競輪を宣伝してあげようという方向にはならないのでしょうか。


確かに、おととし(平成26年)はイシケンさんもご尽力いただいて、ドーム走行会が開催された。でも、あれは明らかな宣伝不足。ちょっと失敗したからって、もうオシマイ?
もっと、何かできないものかな?


ありきたりの「未確定車券ガラポン」でもいいよ、つまんないけど。
もっと宣伝して、サクラでも集めて、ピスト試乗会をもう一度やってもいいんじゃない?
例の「画面付き固定ローラー」で「競輪選手と200m対決!」なんて子供が喜びます。
子供を呼ぶなら、子供自転車でバンク1周(内帯線のさらに内側)でも十分です。
選手のサイン会(翌日ヒルクライムに参加)なら、俺は行く!でも、新田さんは合同庁舎でのイベントで仕方ない。
少なくとも、合同庁舎からドームまでの案内板くらい立てようよ。で、ドーム前にはロード専用の駐輪場。


前日のクリテリウムでは、ドームのすぐ横を通るのだから、今からでも遅くない、何かやれ。


だって、今年は10月に前橋で寛仁親王牌(G1)が開催されるんじゃ?



ちなみに、僕の長男の名前と、石渡治さんは何も関係ありません。



★★★


次は、

「高千穂遥」といえば、

誰もが知っている「ダーティペア」。
(ナニソレ?と思った人も、赤城参加禁止)
f0131183_7124169.png


高千穂さんの名を世に広めるきっかけとなった、今でいうなら、まさに「アニオタ」的マンガ。

これでも、コスプレ禁止にしちゃうの?
(ま、それはそれで仕方ないですけどね。)


でもって、
「新田康仁(静岡74期)」といえば、
f0131183_717468.png

→ブログへリンク


シャアの本家様です。

これでも、コスプレ禁止にしちゃうの?
(ま、それはそれで仕方ないですけどね。)


………


さて、エントリー日が5月18日(水)午後8時と決まりました。

申し込むべきかどうしようか。
運動会と重なる可能性が濃厚。しかし、決定ではない。
エントリーしておいて欠席するのでは、エントリー漏れしてしまう人たちに失礼なので。
[PR]

by akogarehotel | 2016-04-24 07:18 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

赤城山ヒルクライムがコスプレ禁止の件(続報) 平成28年4月20日(水)

赤城山ヒルクライムがコスプレ禁止の件(続報) 平成28年4月20日(水)


「警察からの命令でコスプレ禁止」とのことでしたが、

今日、某警察某部署の人とお話しする機会があったので、(通りすがりの方のご意見どおりに)非常に腰を低くして、尋ねてみました。


、、、赤城山ヒルクライムが、「警察の命令によりコスプレ禁止」っていうんだけど、それ本当なん?


………


某県警某捜査1課のかたによると、、、

(前橋警察署交通課に確認したところ)
『赤城山ヒルクライムの実行委員の○○さんと話し合いの上、安全性を考えて「自粛するように」と決定しました。ただし、制限する法律があるわけではないので、「禁止」ではないはずです。』

さらに、

『マラソンのようにただ走るのならよいのですが、自転車ではいろいろと危険性がついてまわります。衣装がチェーンに引っかかったり、かぶりもので視界が狭くなったり。それでも、もしも事故が起きてしまった場合は、選手個人ではなく実行委員会の責任になります。大きな事故ならば次回開催が中止になる可能性もある。なので、自転車の大会としてはコスプレは許可しがたい。』

とのこと。

『つい先日の前橋渋川マラソンでも「着ぐるみの人」がいましたが、それらについては特に問題視はしていない。』
と。


非常に納得がいくお返事です。
 「ふざけてる」から「禁止」  ではなくて、
 「危ない」から「自粛要請」  ですね。


上記実行委員の○○さんともお知り合いなので、
警察側の意見を受けて、実行委員会がどう対処したかも想像できます。

いくつかのマイナス要素を考慮しても、
 「危ない」から「禁止」 となってしまったのでしょうね。仕方ない。


………


結論。
赤城山ヒルクライムは安全確保の観点からコスプレは自粛要請。
しかし、禁止ではないので強行出場は不可能ではない。


………


とはいえ、強行出場する価値があるとも思えない。
もしも出場するなら、競輪ユニフォーム+競輪ヘルメットでしょうか。
いわゆる「安全なコスプレ」。さらにプロテクターも着けちゃおうか(^^)どれだけ落車しても大丈夫なコスプレ。


しかし、運動会と水球試合とのダブルブッキングが最大の懸念なんですが。




お答えいただいた関係者の方々、ありがとうございました。

m(_ _)m
[PR]

by akogarehotel | 2016-04-20 14:08 | 本気のサイクリング | Comments(4)  

ツールド八ヶ岳に「行ってきました」 平成28年4月17日(日)

ツールド八ヶ岳に「行ってきました」 平成28年4月17日(日)



行ってきました。えっ?(前日、夜)
f0131183_12363995.jpg



行ってきました。おっ?(前日、夜、2軒め)
f0131183_12354089.jpg



行ってきました。ん?(当日、午前10時)
f0131183_1236171.jpg



だって、こんな状況ですから。(当日、午前8時)
f0131183_12361838.jpg



………


土曜日に前日受付。
その時点では快晴なのに、レース当日の天気予報は最悪。熊本のこともあり、テレビでも詳しく天気予報を流している。
レース中は大嵐になるらしい。


じゃぁ、飲むか。。。

と、rosuket師匠に言われたら、当然、喜んで!
ウチダさん、ヒロサワさんも一緒に。
はるかなさんだけは理性があるから遠慮とのこと。

せっかくなので手抜きなし。久しぶりに焼酎のボトルとコーラ。いくらでも飲めちゃうよ。
f0131183_12371178.jpg

という、昭和な雰囲気漂う佐久の飲み屋街。


………


日曜日。
AM5:30、スタート地点は晴れわたる青空。
しかし、『乗換案内』の1時間ごとの天気予報は、

 6時 晴
 7時 曇
 8時 曇
 9時 雨 ←スタート時刻
 10時 雨
 11時 雨
 12時 雨 ←下山時刻
 13時 晴

ついでに長野県に「強風警報」発令。

悩んだけど、予定通りにDNS(当日欠場)に決定。師匠とウチダさんも同じくDNSだが、はるかなさんとヒロサワさんは出走。


………


朝8時、小雨が降りだす中、二人を見送る。
ほどなくして大雨になる。
出走取消チームは、ガスト経由で温泉行き。地元の人が集まる「八峰の湯」へ。「やっほー」と読む。
温泉はハーフゴールのスキー場よりも、標高が低いが、ここでさえ立っているのが困難な横風と雨。

正午。
レース後の二人を迎えに行く。道路には大きな木の枝がいくつも落ちている。落車しても自己責任てことなんでしょうね。


レース結果。なんと、はるかなさんが6位入賞(ハーフ女子)とのこと。年齢区分がないので、すごいですね。


………


閉会式でのマトリクスパワータグ監督さんの挨拶、

 『お前ら、来年も絶対に来てや!』


前年度29回大会は、ツールド草津中止の影響で、参加者が2500人だった。前年比150%。しかし、その29回大会が悪天候の上、ちょっと不評。
そのため?今年30回大会は、1700人。
ちなみに、今年も草津は噴火注意のため「レース」は開催できていない。(殺生までのサイクリングイベントとして開催。電源設備がないのでタイム計測なし。)

30年続く大会の主催者としての危機感なんでしょうが、
ちょっとスポンサーを大事にしすぎる気がしますけどね。
表彰式はスポンサーの出展ブースの「すきま」で開催。ゆったりと椅子に座ってるのはスポンサーの方々。表彰される選手を含めて、選手のみなさまは「そのへんの廊下」や「トイレの前」。

これでも、去年よりはだいぶ改善されていますが、、、、

参加者が集まらなくて困るのはスポンサーだと思うんですけどね。


………


当日欠場について。

競輪は雨でも開催するし、そんな選手に向かって私たちお客は屋根の下から怒鳴るわけで、だから自分が雨のレースになったとしても、何も文句を言わずに走るつもり。
赤城山で練習している人間にとって、今回の八ヶ岳の風は「ちょっと強いかな」程度のもの。他人の落車に巻き込まれさえしなければ何の問題もない。

じゃぁ、なんで欠場したのか。

諸事情につき、理由は「泥(砂)」としか書けない。
ジャージと自転車が汚れるから、というのは遠回しで正しい。

赤城と榛名では、1ミリでも雨が降れば、絶対に走らない。八ヶ岳ならそこまで泥を嫌う必要はないのかもしれないが、ここを許すと、いつのまにか自分の中の決め事が崩れてしまう可能性があるので。


それにしても、天気予報ってびっくりするくらいに正確ですね。1時間ごとの予報がピッタリ的中している。
[PR]

by akogarehotel | 2016-04-18 12:37 | 本気のサイクリング | Comments(5)  

ぼくのそんけいする人  平成28年4月14日(木)

ぼくのそんけいする人  平成28年4月14日(木)



書かされた感が強いけど、長男が、
「僕の尊敬する人はおとうさんです」的な作文を書いたことがあって、
涙が出そうにうれしかったですね。


って、そんな話題は関係ありません。


………


私自身が尊敬する人(二人)の話。
正確に言うと「大きく影響を受けている人物」。


一人めは、有名なキクミミさん。
f0131183_17305422.jpg

HPへリンク
初音ミクのコスプレというか、変装をして自転車に乗る人です。

…ただの痛い人でしょ?
…オタク?

そう思われがちですが、全く違います。

かなりの実力者です。
東京から箱根を越えて、富士山あずみライン(山梨側最高地)までをロードバイクで一日で走り抜けてしまう人です。
僕が八ヶ岳や志賀高原に自走したなんて、比べるものにもなりません。
数々の「ママチャリ」レースで優勝するほどの豪脚でもあります。


そんな彼(彼女?)が「変装」することの真意はわかりませんが、
キクミミさんがレースに出れば、間違いなく盛り上がります。
ママチャリレースというカテゴリーが、ここまで確立したのはキクミミさんの功績といってよいのではないでしょうか。
「コスプレ+自転車」ブームの開拓者であることも間違いありません。


新しい分野を開発して、ブーム(ムーブメント)を作って、盛り上げる。
総理大臣にも、芸人にも、なかなかできることではありません。


僕自身、先日、一度お会いしただけですけれども、間違いなく「タダモノ」ではない!

『聞く耳持たず』→ キクミミモータース
という変換も大好きです。


………


二人目は、萬田緑平先生。

表の顔は、
在宅医療を行う緩和ケア「いっぽ」(群馬県高崎市)の外科医師。
毎月、数々の講演会をこなし、日本全国で有名な先生。
群馬大学サッカー部。


「いっぽ」さんは、高崎市といっても、ほぼ前橋にあります。
私の自宅(前橋市)から歩いても10分くらいの距離です。
癌患者さんが自宅で亡くなることに関して、どんなケアをしてあげればいいのか、などを講演しながら、数多くの患者さんを在宅で看取っているそうです。


というのが「表の顔」。しかし、実際は、、、
↓これ(^^)
f0131183_18214922.jpg


…なんだ、またコスプレかよ。
じゃ、ありません。

『この格好で滑ると、まわりの子供たちが喜ぶんだよね。』

他人を笑わせること、他人を楽しませること、そこにいるだけで雰囲気をかえてしまえること。さすが「看取り」の天才の考えることです。


しかし、(スキーのレベルも必要ですが)なかなか、こんな格好できるものではありません。
尊敬すべき点は、その遊び心と、それを実行に移すエネルギーです。


ちなみに、萬田先生もロードバイクに乗っています。渋谷さんのチームに関係しているようです。華やかに三本ローラーで練習しているのですが、赤城を、まだ90分が切れないようです。こればかりは、ぜひ、手取り足取りご指導させていただきたいですね。90分で走れないはずがない。


そんな萬田先生とは、ご近所なのに、実はまだ一度もお会いしたことがありません。フェイスブックだけのつながりですが、まさに「いっぽ」先をいく大先輩という感じです。
(私は群馬大学出身ではないので「先輩」とは呼べませんが。)

先日の「シャア」の後、

『カオナシ衣装でロードバイクには乗れないですか?』

と相談を受けましたが、、、
裾がからまってしまいますね。レッグバンドで無理矢理固定しても危ないかもしれません。


ということで、尊敬する大先生の真似をしてきたのが、この写真。
これは私。
f0131183_17415414.jpg

この格好で滑っていると、子供を含めて、まわりの視線が熱いです。
スキーに自信がないと、なかなかできないよ、こんな格好は。



結局、僕は他人の真似をしているだけなんです。



★★★

。。。。。さぁ、明日は八ヶ岳へ向けて出発です。
[PR]

by akogarehotel | 2016-04-15 18:22 | 本気のサイクリング | Comments(0)