<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

リゾナーレ八ヶ岳(山梨県)

リゾナーレ八ヶ岳

  平成24年10月6日(土)~8日(月祝)に家族4人で宿泊。


数年前に、「星のや」が吸収して変身させたリゾートホテル。
名称もリゾナーレ小淵沢から、リゾナーレ八ヶ岳と変更された。

そのため、設備は当然古い。しかし、可能な限り改修して、しかも子供に優しいイベントを多数付加させている。素晴らしい変身を遂げた。

f0131183_1255947.jpg

敷地内には、地中海風の街並みを造りあげ、小道の両側には小さな露店がいくつも並ぶ。外国に来たような雰囲気になり、好評のようだ。でも、個人的には、所詮人工構造物。唯一、丸い建物だけが、ウズベキスタンのミラネットに似ていて、懐かしさを感じるだけ。
しかし、子供が大喜びで石畳を走り回るところを見ると、「騙されたものの勝ち」「楽しんだものの勝ち」。親バカとしてもとてもうれしい。この雰囲気を求めて、結婚式でも人気が高いらしい。


ターゲットは、親子連れと結婚式。この永遠の2大テーマには完璧に対応している。
それ以外では、大人だけの旅行者を多数見かけたのだが、、、、意外と楽しそうにしている。
もしも自分が大人だけで来ても、、、と思うのだが、好みの問題らしい。


ま、個人的に最高評価の原因は、、、

ハズレスタッフの生息率が、沖縄より明らかに低い。
遭遇したのは、滞在中にわずかに1度だけだった。
北海道も同じくらい低い生息率だが、飛行機を利用しなくても来れる八ヶ岳の勝ち。というか、JRなら新宿から1時間半。
さらに、駅からもICからも劇的に近いので非常に便利だ。


ということで、まず短所。古いがゆえの構造上の欠陥が全て。

階段が多い:かなり工夫はされているが、ジャグジー・ロフト付きの部屋なら階段は避けられない。安全柵も少なめなので、歩き回る幼児には要注意。ベビーカーでも不可能ではないが苦労する。

寒い:季節の変わり目に宿泊したためか、エアコンの効果が悪い。古い設備なので仕方ないのだろうが、フロントに連絡したら5分後にヒーターと毛布が届いた。

大浴場への通路に屋根がない:雨が降ると傘が必要。

案内や掲示が見にくい:そもそもホテル駐車場の入り口自体が非常に見つけにくい。ホテル内の掲示も、意識してなのか、小さくて目立たない。

ポケモンを放送していない:テレビ東京が映らない。他の曜日に放送しているのかもしれないが、子供にとっては大きな問題。

とまぁ、所詮この程度。


一方、長所はたくさん。

アクティビティはきりがない:
全てのスタッフが申し訳ないくらいに、子供に優しく親切。なので、低学年や幼稚園生でもかなりのことに手を出せる。
「森の空中散歩」は小学校1年生でも可能。むしろ、大人のほうが足手まといになる。
「粘土細工」の先生は神。ぐずる子供の気持ちをまぎらわせながら、どんなに難しい人形でも作らせてくれる。幼稚園児でもキュレムやレシラムが作れる。所要時間は2,3時間。その間、子供を預けたままでもよいので、親にとっては休憩時間。
「造波プール」は砂浜を模したプール。水深は0cmから140cmまで、徐々に深くなるので、身長にあった場所で泳げばよい。1時間に1回、大波が来ると子供たちは大歓声。ただし、滑って転ばないように注意。赤ちゃん用に別プールあり。タオル、浮き輪など全て用意されている。水着だけ持っていけばよい。
施設内の詳細はHPを。施設外にも乗馬や果樹園、昆虫博物館、植物園など限りがない。2泊3日でも遊びきれない。
f0131183_12553123.jpg


子供用食事メニュー:子供用のメニューが豊富。イタリアンには子供用コースまである。デザートまでついて破格の900円。バイキングではソフトクリーム食べ放題(子供限定)。

結婚式も連日開催され満室のはずだったが、あまり混雑感がない。うまく住み分けるように、工夫されているらしい。




「星のや」の評判は個人によってマチマチ。私は軽井沢の本家は、あまり好きではない。子供がいなくて、時間がありあまっている人間がターゲットだから。
それに反して、リゾナーレは、まさに、家族向け。子供がいて、時間の足りない人が標的だ。
うまく撃ち抜かれてしまった。
[PR]

by akogarehotel | 2008-01-08 22:14 | ホテル日記 | Comments(0)  

星のや(軽井沢)

ホテル日記

星のや(軽井沢、というよりも中軽井沢)

宿泊日:平成22年1月10日(日)

各部屋がコテージ型に独立したホテル。
経営者としては「隠れ家ホテル」を目指しているようで、

・コテージ間の連絡は不便
・自分の車での侵入は不可能
・2泊から申し込み可能
・テレビがない

などと制限つき。そのくせ高額。

確かに、大人だけで、時間に余裕があるなら楽しめるのだろう。

今回、予想外の大雪のため、中庭で雪遊びができることと、子供がうるさく騒いでも隣の部屋を気にする必要がないので選んだのだが…


結果は、やはり「大人用の隠れ家旅館」。
一応、ホテル側としては、子連れを歓迎して、子供用の食事メニューも多数そろえたりしているものの、、

ダメ。
スタッフが子供のことをしらない。
というか、スタッフは親バカじゃないから。。
でも、プラレールホテルのスタッフは親バカだったから、、ついつい比べちゃいます。

もっとも大きな問題は、

部屋の構造が「子連れ用」ではない。

室内に段差多数。なぜか隣の部屋へうつるのにも段差あり。
ベットも、ちょうどつまづきやすいような高さの段差あり。
さらに、床が、なんとタイル貼り。硬い石。
驚くことに、椅子も備え付けて、タイルでできている。

つまり、非常に贅沢なつくりであり、大人だけならば絶賛に値する。
これだけタイルを使ったホテルは日本では見かけない。
(モロッコの安い宿では、よくあるパターン。)

しかし、子連れでは、これはただの「命の危険」。

食事中に床にコップを落として割れてしまう。そんな部屋では、子供といっしょにリラックスできない。
せっかく休みに来たのに、 子供の動きに常に目を光らせていないといけない。

さらに、子連れは荷物も多い。
コテージからフロントまでの移動が、限りなくメンドクサイ。

おまけに、テレビがない!
ポータブルDVDを持っていったものの、やはり子供はうるさく騒ぐ。。。

家にいるより、疲れた。。。


ルームサービスのメニューには、牛丼やおにぎりやお子様ランチやカレーライスなど、不満がないんだけど。
悪いホテルではないんだけど、、、子連れには無理だね。

じゃぁ、なぜ泊まったんだ。
と言われれば、返す言葉もありません。

まとめ:相性って大切です。どんなに素晴らしいホテルでも我が家族には特殊不連携。
[PR]

by akogarehotel | 2008-01-07 02:45 | ホテル日記 | Comments(0)  

ハイアットリージェンシー東京(新宿)

ハイアットリージェンシー東京(新宿)

宿泊日:平成21年12月30日

信長ゲーセン競輪オフのあとに宿泊。
ホテルに着いたのは、当然、AM1時過ぎ。毎度のこと。

以前は「センチュリーハイアット」と呼ばれていたホテル。
いつのまにか改名した。

5年前、まだ長男が生まれる前に、宿泊した。
「子供が生まれたら不可能だろうから、生まれる前に贅沢をしておこう」と言って。

一応、一番高いダブルの部屋に宿泊した気がするが、
そしたら…

ガッカリ。
部屋は古い。内装のイメージが、バブル以前の「高級ホテル」。
レストランはゴミゴミ。
地下には訳のわからん売店多数。それに群がるおばちゃんの大群。

納得が行かないので、別のホテルで「再贅沢」をした。

あれから5年間。
さすがに、ハイアットも心を入れ替えた。
部屋を入れ替えた。リニューアルした。

今回は、ダブルでは、やや高めの19000円の部屋に宿泊。
この値段が「やや高め」ということが信じられない。
数年前は、新宿プリンスのシングルでもこんな値段だ。
ホテルが不景気とはいえ、DXダブル(ツイン)は、安すくてかわいそう。

しかし、部屋は、安い値段をまったく感じさせない。
本当に、こんな値段でいいの。

ダブルとしては充分に広く、窓が大きく景色もいい。
家具は、流行りのシックな雰囲気のものに統一されている。
この数年の間にリニューアルしたホテルは、みんな同じ感じ。

お風呂も広い。
もちろん、ユニットバスではなく、トイレは別々。
さらに、それなりのホテルにありがちな、「洋風のバスタブ」ではない。
浴槽の外に、ちゃんと洗い場があり、浴槽からいくら水が溢れ出ても、床が水浸しになることはない。

子供と一緒でも、何の問題もない。

おまけなのか、、
浴槽とベッドルームが、ガラス1枚をへだてて丸見えだ。
まるで、ラブホテル。
見えないようにカーテンを下ろすこともできるけど、、
これってどうなん?
子供は喜ぶだろうね。楽しそうだから。

テレビも大きく、サイドテーブルも広い。
室内の照明も明るい。
ルームサービスも充分。

滞在時間が、いつもどおりに、
AM1:30~AM9:00
たったの8時間!なので、レストランまで観察する暇はなかったが、
少なくとも、

金額相応、あるいはそれ以上。

年末でこの値段だから、安い部屋で、通常の季節ならもっとお得。
この5年の間に、ハイアットリージェンシーは進化しました。

「かなりできるようになったな!」


注)名前が似ているパークハイアットとは別物です。
[PR]

by akogarehotel | 2008-01-06 02:41 | ホテル日記 | Comments(0)  

フォーシーズンズホテル丸の内(東京駅)

フォーシーズンズホテル丸の内(東京駅)


宿泊日、平成21年12月5日(土)

(その後、平成25年10月現在まで数回。年に1回ペース。)


「新幹線の見える部屋でプラレールやり放題」というお子様向けプラン。

内容はともかくとして、そこそこの高級なホテルで、子供向けのプランを計画するという点はほめられるべき。
少なくとも、私たちは、いつも、子供がいっしょに行けるホテルを探し続けているから。

子供たちは新幹線で先に到着している。
僕だけが、遅れて車で到着。
ところが、、、、

一応、ラグジュラリーホテルだと思うんだよね、金額的に。だけど、

入り口の案内がない!
駐車場もない!
やっと見つけた玄関は、非常に狭く、車止めに屋根もない。
大雨の中を、車を止めて荷物を運ぶ。
一応、ラグジュアリーホテルを目指すのなら、これでは論外。この時点で、「もう次には来ない」と思っていたが…

そのぶん、人がやさしい。
ホテルの人は、若い人ばかりで、全員日本人。
新橋のどこかのラグジュアリーホテルのように、マニュアルどおりやればいいじゃん、というのとは天地。雲泥。
ここは、やり方が下手で、手順も悪いが、一生懸命さが伝わってくる。

でもって、もっともっと欠点はある。
狭い。そりゃ、東京駅の目の前だから仕方ないけど。
ホテルの入り口に大きな柱が邪魔をしている。建設上、仕方ないんだろうね。
同じく、部屋の真ん中にも、大きな柱。子供は喜ぶけどね、かくれんぼして。

お風呂も狭い。さらに、シャワーの温度が調節できない!?
ぬるいんだか、熱いんだか、というかぬるい。そんな温度の水しか出てこない。
シャワーだけなら、東南アジアのホテルといっしょ。

でも、そんなこといいや。
みんなが一所懸命だから。
子供用のプランを作るということは、子供にやさしくて、てことは、基本的に、
「何をしても目をつぶってくれる」

レストランで、うちの1歳児がちょこまか出歩いても、ホテルの人は笑ってくれる。
本当は内心爆発寸前かもしれないけどね。

子供用のウェルカムお菓子がある!
しかも、名前が印刷されてる。
しかも、二人ぶん!
さらにウェルカムドリンクも!牛乳だけどね。

さらに、シールブックもくれる。当然、二人ぶん。

さらにぬりえと色鉛筆も標準装備。
どこまで、うちの子供を知っているんだ?!
おばあちゃんちだって、ここまでは準備できないぞ。

そして、極めつけは、プランの名目どおり。
まずは、新幹線。

見える!どころじゃないよ。

さわれる!

と感じるくらい近い。部屋の窓が大きいから、さらに近く感じる。
少なくとも、僕でさえも石を投げれば届く距離。乗っている人の顔がはっきりと見える。
向こうからも見えるので、ちょっと恥ずかしいけど。
それでいて、音と振動は皆無。
子供よりも、僕のほうが興奮。
もちろん、新幹線だけじゃなく、東京駅に出入りする全列車が見える。夜まで待てば、サンライズも見えるはずだったけど、、、

そして、そして、プラレールは圧巻。
ダンボール1箱。
しかも、新しい。プラレール50周年記念の蒸気機関車セット。
知る人は知る、今年の目玉商品。
さらに、高架レールもたくさん。だって、新幹線だからね。
プラレール慣れしているうちの長男でさえも、新鮮味抜群。

ひたすら遊びまくり。

食事も子供用メニューを完備。
さらには、寝相の悪い子供用にベッド柵。布団をはいでしまう子供用に追加の毛布。

こんだけあれば、文句はないだろ、って感じでしたね。
あと必要なのは、小児科常駐くらいかな。


まとめ:
物理的に、子供に優しいホテル。
おそらくホテルの岐路は、子供を選ぶか、外人を選ぶか。
こんなホテルでもなければ、東京駅なんてとこまでは来ない。


常宿レベル
東京の東ならここ。西ならパークハイアット。
[PR]

by akogarehotel | 2008-01-05 19:26 | ホテル日記 | Comments(0)  

ストリングスホテル東京 インターコンチネンタル(東京、品川)

ストリングスホテル東京 インターコンチネンタル

長ーーい名前だね。

平成21年7月4日(土)

うちの家族(夫婦と1歳3歳児)、妹家族二人で宿泊。
金額、60000円、40000円。

高ーーーーい!

ここに泊まるのは2回目。前回は、5年前のGW。そのときは、なんかのグレードアップで、「そこそこ広い部屋」だったと記憶しているが、、、、

狭ーーーーーい!!

だいたいね、6万円あれば、今話題のシャングリラに泊まれるわけですよ。
なのに、品川に用事があったのでここにしたわけで、、、

悪くはないホテルだけど、割高感。
ある意味、金額以外は不満なし。え?それで十分?


【部屋】

僕らが泊まったのは、「コーナーツイン」
ツインベッドは、かなり大きい。
ベッドを2つくっつけると、親子4人で寝ても十分。
子供がその上で、遊んでも不満のない広さ。

ベッドが大きいので、それ以外のスペースが狭い。
狭いくせに、オフィスデスクまで置いてあったりして、、

大人二人だけの宿泊なら、ギリギリ許せるか。
子供が二人いると、ちょっと…

でも、部屋は清潔、綺麗。
景色もいいし。
冷蔵庫あり、テレビあり、DVDあり。
不満ないじゃん!


お風呂もOK。
洗い場がしっかりと区切りされているので、子供と一緒でも大丈夫。
浴槽は、ちょうどいい深さで、これも子供にも安心。

トイレと洗面所が同じなので、ちょっと臭い。
ま、海外はみんなこんなだから許す。
(どんなに高いホテルでも、自宅に勝る浴室はないね。)


【ルームサービス】

やきそばなんてのもあり、合格点。

しかし、、、、

朝に「ごはん」がない!

このホテルでは、朝食のビュッフェにも「米」がない。
(おかゆはある)
そりゃ、外人だから、、、って言えば言い訳になるけど、、、

ごはんくらい炊いてよ!
これは大きなマイナスです。


【スタッフ】

文句ありません。
がんばりすぎてるくらい。

皮肉で言えば、
品川という立地の悪さを挽回しようと必死?


ということで、やはり、金額以外は文句ありません。

で、この部屋の値段が高い理由は、、

くまのぬいぐるみをプレゼント。
ワインハーフボトルプレゼント、冷蔵庫内の飲み物全部無料(ビールとかコーラとか)、
レストランへ行けばシャンパン無料、フィットネス無料、、、

余計なサービスが付きすぎ。
そんなの全部はずして、値段を安くしてくれればいいのに。


島津義久クラス

取引と政才のおかげで、戦才の割に、人気ありすぎ。
[PR]

by akogarehotel | 2008-01-04 18:57 | ホテル日記 | Comments(0)  

ロイヤルパーク汐留タワー

平成20年12月29日 宿泊

【ロイヤルパーク汐留タワー】

たぶん、間違いなく「ラグジュアリーホテル」のはず。
知識に疎い僕でもそう記憶している。

ずーーっと前に1回泊まったことがある。
そのときも「信長オフ」のあとで、で、1時ころにホテルに着いた。
新橋駅からホテルまで、歩いて5分のはずが、かなり迷ったような気がする。

今回、そのラグジュアリーホテルが、なんと、

10000円!

「一休」というサイトのお得意様プラン。
シングル1泊が、たったの1万円。
こんなに安くていいの?という値段だ。

上野のビジネスでも1万円かかる。
品川プリンスでも15000円かかる。
ともに部屋は、ここと比べようもない。

というわけで、推定相場30000円のシングルに宿泊しました。

①フロント
フロントという言葉が死語?すまない。

すばらしい。
日本の対応。
明日の朝のタクシーの状況や、東京駅までの行き方をてきぱきと教えてくれた。
このホテルのすぐ隣にある、有名な○ンラッドホテルに見習わせたい。
あちらは、人件費を節約したアジアな対応。

本来なら喫煙ルームしか選択できないはずが、メールで頼んでおいたら、ちゃんと禁煙ルームになっていたのも、非常に◎。

②シングルルーム
文句のつけようがない。
推定30000円の部屋だから、そりゃ新宿のパークタワーとはいかないが、、
部屋が広い。
シングルルームなのに、ダブルベッドが、しかも横向きに置いてある。
で、ベッド以上にリビングスペースが広くとってある。

風呂とトイレと洗面は1室。
ま、これは、さすがに分離は無理ですね。
文句は言えない。
しかし、すべてのインテリアが「ラグジュアリー」
洗面のシンク、鏡、などなど、絶対に標準を越えている。

そして、インターネット。
「パソコンを持参すればネット接続可能」なんていうのは聞いたことがあるが、
ここは、すでにパソコンがセットされている。
つまり、超豪華な個室ネット喫茶。

③そのほか。
朝刊サービスあり。
銘柄を聞かれたので、、、、、、

日刊スポーツ

と言ったら、喜んで承諾された。
えらい!
次は、東スポ?


で、毎度毎度のことですが、
こんなすばらしいホテルに、たったの5時間しか滞在できない。
明日の朝7時には新幹線に乗らないといけないからね。
うーーん、もっとゆっくりしたいなぁ。

3万円といわれても納得するホテルです。
[PR]

by akogarehotel | 2008-01-03 01:16 | ホテル日記 | Comments(0)  

ホテルメトロポリタン、東京、池袋

ホテルメトロポリタン:東京、池袋

宿泊は、平成20年10月18日(土)
デラックスダブル、一人利用で、28000円。

池袋でチェックアウトの遅いところを探したら、ここしかなかった。
そもそも池袋でビジネスホテル以外が、ここしかない?
プリンス?
いまではプリンスもビジネスなみ。

というか、メトロポリタンもビジネス並みでないとも言えないような…

28000円という金額から、ちょっとは期待して行ったのだが、

1間、ユニットバス、ルームサービスなし、部屋に飲み物なし、テレビ小さい、、

ビジネスよりちょっとだけいい、とは言えるが、「ラグジュアリー」には程遠い。
東京だから、28000円で、それを期待してはいけないのでしょか。

ユニットバスなので、子供との宿泊は無理。
壁が薄く、夜中に隣の部屋のテレビの声が聞こえる。
ツアー外人が多い。
結婚式客の宿泊が多い。おそらく割引値段。

フロントや、部屋の清掃具合など、けして悪いホテルではないが、
値段は納得できない。
1万円引いてもいいくらい。18000円でハンマープライス。
無理して泊まりたいホテルではないね。


28000円なら…
温泉旅館ならそこそのものが。
二人で56000円なら…
西洋銀座のスイートに泊まれる。

一人で探検してみよう、なんて下心が悪かった。
8000円のビジネスで我慢しておけ!ってことだね。

それにしても、池袋には「ホテルよりもきれいな」高層マンションがいくつかある。
きれいな玄関と贅沢なフロント。
ホテル?と間違えてしまう。
というか間違えて、道に迷いました。。。
[PR]

by akogarehotel | 2008-01-02 02:45 | ホテル日記 | Comments(0)  

パークハイアット 新宿 東京

ホテル日記を再開。
書かずにはいられないから。

とてもすごいところに泊まってきました。
間違いなく、史上最高のホテルです。部屋です。
僕の人生史上ね。

実際に泊まったのは、
平成20年、4月12日(土)

パークスイート、1泊160000円を予約。
そしたら、
なんと
なんと、
2階級特進。
2ランク、グレードアップサービス。

その結果、ディプロマートスイート
というなんとも仰々しい名前の部屋。
160㎡の部屋。
一般的な家よりも広いんじゃない?
(広めの3DKのマンションが通常65㎡)

玄関からしてすごい。
ドアが両開き。
しかも、勝手口(キッチンへつながる別の扉)まである。

この時点で、すでに我が家を越えている。

玄関を入ると、目の前にピアノ!
グランドピアノ。
貧乏人は、ついつい触ってしまう、が、
ふたをあけると
「他の部屋に迷惑をかけないように」
と書いてある。

つまり、ひくな、ってことね。
金持ちにとっては、ピアノは弾くものではなく、置物なんです。

部屋は、
ピアノのある玄関ホール、リビング、ダイニング(以上が全部いっしょで25畳くらい。)
ひろーい寝室(これだけで、通常のツインルームを越える。)
バスルーム、シャワールーム
洗面は2箇所、トイレも2つ
最後にキッチン。

キッチンにはネスカフェのエスプレッソマシーン。
使い放題。
食器もなんだかわからないけど、いいいいいいいっぱいしまってある。

ダイニングセットのテーブルの上には、得体の知れない、値段の計り知れないガラスの置物。
うちの子供(2歳)をけっして近づけるわけには行かない。

リビングと寝室に、それぞれテレビがある。
当たり前ですが、プラズマで超大型(50?)。
自慢じゃないけど、我が家のも大きいテレビ。
それをはるかに越える。

DVDプレーヤー、CDプレーヤーは当たり前。

もっとすごいのは、ほとんどオブジェとかした本。本。本。
おそらく1冊、数万円する大きな写真の載った本。本。本。
「エジプト」「アフリカ」とかいった観光モノ、「ONSEN」とかいう日本モノ、
「英英辞典」なんてものも。
壁一面が書架。本棚じゃなくて書架。
全部で100冊は越えてるよね。
我が家よりも間違いなく多い。

どうやって、ここまで持ち上げたんでしょう?

そう、ホテルは超高層。
レセプションが41階。
50階まである客室のうちの、僕が泊まったのは48階。

お風呂から新宿の町が見渡せる。
うーーん、マンダム。ガンダム。

ここのすばらしい点は、部屋だけではない。
人がすばらしい。
○ンラッドとは、雲泥の差。
みんな若い人ばかりなのに、しっかりしている。
教育がすばらしいのでしょう。
車を停めてから、部屋につくまで、
子供を抱えているのに、まったくひとつも苦労しなかった。
至れり尽くせりの、ご案内です。

ルームサービスも文句なし。
丁寧で、親切で、、
メニューが殆ど英語だけど、そして、ナントカ風、という料理ばかりだけど、
一応、カレー、ミートソースもあるからね。
しっかり、オレ好み。

最後に値段。


定価480000円
!!!!!!!!!!

48000円じゃないよ。

定価どおりで宿泊する人っているのかな?
[PR]

by akogarehotel | 2008-01-01 15:43 | ホテル日記 | Comments(0)