<   2009年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

5月29日(金) 30日(土) 再復活 新型インフルエンザ日記

5月29日(金)

介護審査が超ハイスピード高機動で終了。
帰りに、ゲーセンに寄り道。。

絆なんてものをちょこっと…

1戦目:タンク B勝利
2戦目:タンク D敗北

おいおいおい!
毎回同じことを愚痴らせるな!
最近4戦でタンク3回。

おいおいおい!
味方にゲルキャ即決大佐とかがいて、切れそうになった。

こんな不満ゲームのあとは、もう1回!と言いたいところだけど、時間がない。
これが「ライトユーザー」のつらいところ。

蓮さんいわく「納得いかないと、もう一回。もう一回。とつづく」と。
「ヘビーユーザー」ならそれが可能。だから楽しい。

でも、僕にはダメ。
ストレスだけもらって帰ってきました。


なんかインフルエンザの患者さんが減ったかも?
もちろん、神戸じゃなくて、群馬の話。
「群馬の流行」も一段落したような気がする。
気のせいじゃなければうれしい。

………

5月30日(土)

気のせいだった…

インフルエンザ日記、再復活。
発熱患者さんが減った気がした、昨日までは。

全然論外。
本日、土曜日は、うじゃうじゃうじゃうじゃ。
「インフルエンザ」の患者さんがおじゃおじゃおじゃ。
もちろん、検査はできないから、新型かどうかは不明。
もちろん、新型だろうが、そうでなかろうが、薬を出すが、

本人たちには自覚がないから、あちこちで振りまいてくる。

まだ、終わらないのね。。。。


私の個人的見解として、
・湿度100%ではウイルスは伝染しない

雨が降ると、ウイルスの飛行距離が落ちるので伝染力はかなり弱くなる。
とすると、そろそろ終末宣言なのですが、
家の中の湿度は、100%じゃないから。。。

それでも、入梅すれば、、、、


月末なので、山のような請求書が送られてくる。
その中の1枚。

マスク代 150000円

1万5千円じゃなくて、15万円
事務員の給料より高いかもしれない…
私のところでは、患者さん全員にマスクを渡している。
サービスで渡すのではなく、押し付けている。「必ず着けなさい」と。

マスクもしないで咳をするような奴は、頭に来る。
目の前でそんなことをしたら、蹴飛ばしたいくらい。
つまり、自己防衛のために、患者さん全員にマスクを押し付けている。

なので、当然、無料。
マスクの無料サービス。
1人1枚だから、1ヶ月分にもなると、、、15万だってさ。
うわぁぁっぁぁっぁ。

某病院ではマスクを全員に渡しつつ、1枚50円で売ってるらしい。
正確に言うと、医療法違反になるが、、、
50円の損失なので患者さんは誰も文句を言わないから、問題にならない。

1枚50円で全員に売るなんて、超悪徳商法。
神戸の路上販売よりもたちが悪い。
ま、そうでもしないと潰れちゃう病院もありますからね。


★★★

前橋で新型インフルエンザの陣頭指揮をふるうのは、なんと、、

  泌尿器科医

これってのは、慶次が国主になるようなもの。
慶次じゃイメージがよすぎるから、真田一騎くらいにしておこうか。

あなたは戦闘(手術や前立腺の診察)が専門でしょう?
あなたには内政(丁寧な問診やのど鼻の診察)は無理でしょう?

でもね、目立ちたがり屋で、将来医師会長になりたくって一所懸命なんだって。

アホ!

最近分かったのが、

ウラで操っているのが、現医師会長と市長らしいそうだ。

ふーーん。
いまだに、こんなに私利私欲に走る人種がいるとは、、、。

医者ってのは、勘違いして育った(育てられた、持ち上げられた)人間が多いからね(^^)


☆☆☆

今日のニュース解説

ノアの箱舟という言葉を知らないのか。マスクをバカにすると、こうなる…
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-30 14:02 | ただの日常日記 | Comments(0)  

5月28日(木) 復活、ゲーセン日記

(インフルエンザ日記は報道規制のため、お休み(^^))


久しぶりにゆったりと休み時間が取れた。
ひでき、カンゲキ!

昼食を含めて休み時間は1時間30分。
さて、どうする?
牛丼→ゲーセンのクイックストライクは、さすがに胃もたれ。
最近は、ほとんど毎日そばやへ通っている。

「そば平」
新前橋にできた新しいそば屋。新しいといっても10年くらいたっている。
でも僕は、40年来の地元人間なので、10年めのそば屋は「新人」扱い。
一方、「すかや」は僕よりも新前橋歴の長い先輩。

そばと小丼物がセットになったランチ(760円)を注文。
味覚が若者の私としては、そばが「うまい」としかいえない、、、。
コンビニのそばでも満足してしまう味覚なので。。
うちの3歳の子供と同じ味覚ともいえる。

あれ?そういえば、そば湯が来なかった。
手抜きだよなぁ。。。。


その後は当然、マトリクス。至福のとき。

準備体操にポップン。
Lv24 Curus
ポップンカフェミュージックセレクションに収録されているムード曲。
180BPM なので、3倍速にすると 540BPM
これでは生ヌルい。
3.5倍速にすると 630BPM

どひゃぁぁっぁぁ
Lv24の600オーバーはさすがに失神しそう。
一汗かけるゲームになります。

え?4倍速??


次は、ドラム。1週間ぶり。

無謀にもLv33 ツッパリHYPER(曲名「バリバリヴギ」)を挑戦。
でもって、撃墜される。
ツッパリHYPERには、ポップンでも何度もやられてるくせにね。
中盤に、左シンバルの激連打がある。

無理!
左手が痙攣しても無理!

そうか、右手でたたけばいいのか?
次やってみよう。


絆にも挑戦。

絆は「ゆっくり座って遊べるゲーム」

ポップンやドラムは、ゲームが終わるとハァハァ言うからね。
でも、本当は、絆でもハァハァ言うくらいじゃないといけない?

NYはインフルエンザが流行しているため、6対6のミノ粉なしのウイルスあり。

「ザクとはちゃうで」これが私のPN。

そしたら「ザクとはちがう!」という人とマッチング。
私は中佐。むこうは大尉。
燃えるね、こういうの。無駄に燃える。

でもって、

高ゲルで4-0の確変でS
次は、仕方ないザクキャノンで1落としのB
ま、面目保った、エッヘン。

ということで、私は、高ゲル、ザクキャノン。
「ザクとはちがう!」大尉は、2戦ともFII、

  ザク じゃん!

ところで、味方の少佐さんをあとで携帯で確認したら、
最高階級:少将
だそうです。こういう人が多いんでしょうね。間違いなく僕よりうまい。


まだ時間がある!

先日より、微熱程度に復活した「三国志大戦」を。

とはいえ、カードが…
メインカードは持ち歩いてない。
ゲーセンの「リサイクルボックス」から拾ったカードのみ。

エースは、名前を忘れた弓の人(呉、レア8-8、援護兵召喚の人)
同じく呉の馬、武力6くらいの召喚の人
呉の弓、武力5くらいで麻痺矢の人
呉の火計で一番頭の悪い人(知力3)
呉の槍、「漢の意地」の人
軍師は陳群しか持ってない

というふうに、あっという間に名前を忘れてしまった自分の記憶力に愕然とするが、

ま、牛金が相手だからこれでいいや、なんて思ってたら…

間違って「全国対戦」ボタンを押しちゃった!

しかし、

勝ってしまった。。。
相手は張飛(9-1)がいたが、あとは忘れた。
本当に初心者ぽい。

もしかして私サブカ?
家の奥底にしまってあるメインカードは2級指揮官。先日作ったカードは9級指揮官。
ま、同じような物でしょ、許せ。

ちなみに君主名は「追込一気!」
とても気に入ってます。

高順ほしいーーーー
厳氏ほじーーーー
李儒(両方)ほっしぃぃぃぃ
呂布(人食い)ほしいいいい

☆☆☆

昨日見つけたニュース
2チャンネルの住人は意外と高学力高収入。引きこもりは少ない。」
アンケートの信憑性は定かではないが、当たらずとも遠からずのような気がする。
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-28 18:20 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

5月26日(火) 27日(水) 日常日記


月末。
銀行へ行っていろいろと手続きをしないといけない。
銀行が混雑するのは分かっているので、僕自身が銀行に行くのは毎月ではなく、1年に数回。なるべく手間を省くようにしている。

その、年に数回の手間が今回。
で、昨日、銀行に行った。

月曜日の25日に。
そんな日に銀行に行っちゃいけないことくらい知っているが、
銀行に着くまで日付と曜日を全く考えてなかった。

県内の筆頭銀行の、しかも本店の自動ドアを開けたとたん、、、
日付と曜日に気がついた。

競輪場よりも人が多い。
ここはウインズか?!ってくらい人混が。。。

「20分待ち」(要件を聞くまで)の掲示を見て、もちろん撤退した。

そして、今日(火曜日)、あらためて再出撃。
朝の10時。本店ではなく支店へ。

待ち人数3人。よしっ!

と思ったが…




一向に、名前を呼ばれない。。。

ただお金をおろすだけなのに。。。

銀行を出た、というより、解放されたのは11時。。

なんと50分待ち。
富士丸でもないのに、こんなに待てるか!

待ってしまった自分を後悔。
人生を反省。

銀行が待たせるのは当たり前。
今さら文句を言っても仕方ない。
だから、

なるべく利用しないようにしなきゃっ。

ということは分かっているんだけど、
今回はヘマをやっちゃった。

『ご利用は控えめに』
ってテレビでも言ってるのに。

一方、「信用金庫」ってのはありがたい。
外回りの職員が適度に用事をこなしてくれる。


ところで、
信じられないかもしれないが、

今月は赤字だ。

信じられないかもしれないが、十分ありえること。
原因はもちろん豚インフルエンザ。

一人診察するのに、最低でも20分かかる。
そして、数々の感染防止のための備品を費やし、
さらに、そのための施設改善も行う。
どうみても、成り立たない。

しかし、冬に向けて、
感染者とそれ以外を分離するために、トイレをもう一つ作らないといけない。

出費がかさむねぇ。

という、ごく当たり前のことだけど、
多分、数多くの医療機関が困っていると思う。

その辺を誰かが助けてあげないと、通常規模の診療所では「診療拒否」が横行するのでは?
もちろん、
感染者を分離できないところでは、むしろ「診療拒否」しろ、と言いたい。


5月27日(水)

インフルエンザの報道を「終息」しろ、という宣言が出たが、、

前橋医師会からのFaxが来た。

『現在の県内のインフルエンザ状況

県全体:小流行

吾妻、富岡、桐生地区:大流行

集団発生:桐生地区、安中地区

(新型かどうかは遺伝子検査を施行していないので不明)』


どう見ても、
どう考えても、
終息してないし、、、。

「37.0度、咳が少し、でもなんだかダルい」
こんなのがインフルエンザだったりするので、、、、
一向に感染防御ができないわけです。
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-28 04:10 | ただの日常日記 | Comments(0)  

5月25日(月) 新型インフルエンザ日記、

「収束」だか、「終息」だか知らんが、、、

遺伝子検査をする機会が減ったのだから、患者が減って当然なのですが。

関西のみなさんは気が早いですね。
経済も大事でしょうが…

ただ、もしかすると、本当に減少傾向かな、という雰囲気を感じる。
もちろん、関東で。

『関東でもピークをすぎているかも…』

最近2,3日は、インフルエンザ疑いのお客さんが減ったかもしれない。
もしかして、うちだけの話かもしれないけどね(^^)
私のところでは、熱のある人は院内に入れないことにしているので、
「あんなとこ行くか!」ってね。

実は、それが狙い。
そうすれば、本当に鳥インフルエンザが流行ったときに、うちにはお客さんが来ないでしょ。
まぁ、いやらしい考え。

でも、本当に減少傾向なら、今さらこんなニュースは不要だよね。
(医療機関に対して、診察時の感染予防対策など。)
やっぱ、気のせいか…


毎日怒ってばかり、ぼやいてばかりだけど、、、、
最近、一番怒ったこと!

新型インフルエンザ騒ぎで、いくつかの高校はいわれなき誹謗中傷を浴びているが、
ほとんど全ての高校は、まさに「根拠なき」誹謗中傷。
かわいそう。

唯一、関東第一例のS女子高を除いては。

もちろん、NYに旅行したことは個人の自由だから、これに対しての誹謗中傷は、ウイルスを持ち込んだことを含めても「根拠がない」。

ただし、校長の会見は別。
誰かが刑法を適用してほしい。

僕が、今回の事件後にS女子高に対してもったイメージは、
・模擬国連に招待されて参加
・あまり進学校ではないけれど、英語教育はそこそこがんばっている。
・模擬国連に参加した栄光や麻布とまではいかないが、そのちょっと下くらい?

と、私はだまされた。
校長の会見を見て、だまされた。
全然違うじゃん。

・模擬国連には招待されてない。
・参加もしていない。
・「惜しくも国内予選に落ちたので」見学だけしようとした、という雰囲気。
・しかし、模擬国連は見学だけなら、申し込めば誰でもできる。
・予選通過5校以外は順位なし。6位なのか最下位なのか不明。「惜しくも」の根拠はない。
・しかし、観光はした。
・「人ごみをさけて」タクシーで観光した。
・ダンスパーティーと豪華ホテルを満喫。
・すべて自費(親のすね)

校長の会見て、完全な詐称じゃないの?政治家なら経歴詐称で進退問題じゃない?
経営一族の校長が、ウラを考えて、都合のいいトコだけ話しているとしか思えない。
偏差値を上げるための詐欺じゃないの?
でも立件はむずかしいから、このまま放置される。

うちの奥さん(関西人)は、関東の高校のレベルなんて知らないから、
「模擬国連に参加するなんて、関東では有名受験校なの?」とか聞いてる始末。

関東人の僕が、あやしく思って調べてみたら、ぼろぼろボロボロ。
(ちなみに、模擬国連の正式参加は、麻布、栄光、聖心、渋谷渋谷、渋谷幕張。誰でも知っている高校。)

生徒や卒業生には何の罪もないだけに、
本当、校長には頭にきてます。

ま、受験生を指導する人たち(受験校を選ばせる人たち)、つまり塾の先生、つまり、あ○のいちさんたち、
彼らが、しっかりと事実を知っていてくれるはずだから、、
ちょっとだけ安心しておこう。


「あの会見はなんだ!」という意見はあり。
「なんでNYに行ったんだ」という意見は可哀想。

ま、僕なら、もしも子供が、

「NYのグランドハイアットに泊まりたいからお金ちょうだい。」

なんてことを言いやがったら、なぐるけどね。
新婚旅行でも1泊200円のホテルだった私たちなので。



関係ないけど、

三国志大戦をやった。
1年ぶりくらい。
新カードを作った。また、やってみるか。
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-25 19:01 | ただの日常日記 | Comments(0)  

5月24日(日) 新型インフルエンザ日記

ヤフーのトップ記事
『神戸での新型インフルエンザ終息へ。診断確定数が減少。』

遺伝子検査を行わないのだから確定数が減って当たり前でしょ!
こんな記事をのせるヤフーも、「政府」からの指示なのか。。
こんな記事に国民がだまされていると思うと、この国を憂う。

もちろん、希望的観測を含めて、もしかして減ってる?なんて期待してしまうが、、、

こんな記事も、、、
『関西大倉高校の学校閉鎖延期。患者が減らないため。』

残念だけど、希望的観測みたい。。。。


感染症学会の話。もう少し。

数10年に一度、何かしらのウイルスのパンデミックが生じる。
数年の間に全世界に広がり、世界人口のほとんどすべてが感染する。
そして、いつのまにか(免疫を持つようになり)、「普通の風邪」と認識されるようになる。
今回の新型インフルエンザも数年後には「いつものインフルエンザ」となる。

誰しも、一度は感染しないといけないみたいですね。
これが自然の摂理?


インシャラー
「すでては神の思し召」という意味。イスラム教の代表文句。
イスラム教の地域に住む人たちは、厳しい自然と激烈な内戦のため、いつ死ぬかも分からない生活をしている。
そんな中で生まれた宗教「イスラム教」では、
いつ死ぬかなんてわからないよ、それは神が決めること、それで仕方ないよ
と説いている。それが「インシャッラー」。
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-24 05:53 | ただの日常日記 | Comments(0)  

5月23日(土) 新型インフルエンザ日記



六本木ヒルズにある外資系高層ホテルは、グランドハイアット。
ここは、お子様お断りの豪華ホテル。

ニューヨークにある同系列のホテルが、グランドハイアットニューヨーク。
ここは、かの有名な、、、

模擬国連御一行様の宿泊ホテル。
何も、そんなに大金をはたいて、病原ウイルスを買ってくることないのに…

「何にも代えがたい経験と考えて…」という校長先生の言い訳。
そうですか、命にも代えがたいですか。他人の命ならどうでもいいですか。

「食事以外ずっとマスクをしていたのに…」という言い訳。
ダンスパーティーに参加したそうですが、そのときは?
というか、16歳がダンスパーティー?
ジュースの飲みまわしだって。
えろすぎ。


22日の昼のテレビ(ミヤネ屋)にて、、

東京大学医科学研究所の先生がコメントしている。

「すでに日本国内に何万人という患者がいるはず。だから、もはや検疫は不要。」

偉い!
よくぞ言った。テレビでは初めて聞いた言葉です。
東京大学医科学研究所は、天才の集団。あちこちの大学から、「食事・睡眠よりも研究が好き」という奇特な人材が数多く集まってくる。
おかげで、日本の医療は高水準を保っていられる。

そんな研究所の先生のコメント。ほぼ正しいと思っていいよ。
「ほぼ」というのは、、、
「弱毒だから蔓延するのは仕方ない」というニュアンスで話している。
そこは納得できないなぁ。

「県内全体の学校閉鎖は意味がない。各学校単位で閉鎖すればいい。」
とも言っている。これは、県単位で閉鎖しても効果が少ないことが理由。
これもちょっと賛同できない。それなら、
日本全部でいっせいに閉鎖すればいいんじゃない?

「GWの間に、各県に発熱外来用の設備(分断した待合室など)を充実させなかったのは政府の責任」
まさに同感。

「関西への修学旅行を中止するのは全く論外」
もう全国に患者がいるんだから、中止する必要はない。
これも賛成。
ミヤネ屋は、関西番組みたいなものだから、これを言わせたかったのでしょうね。


それにしても、国会でマスゾエさんに、
「学校を閉鎖するのは無意味じゃないですか?」
なんていう質問をしている日本ナントカ党のナントカさんは、、
国会ではなくてご自身がデイサービスにでもいかれたほうが…
こんなときに政治的思惟しかない発言は御遠慮願いたい。

それに対する、マスゾエさんの応答、
「死者が出てからでは遅い。やりすぎて悪いことはない。弱毒だからといって油断大敵。」
あれ?実は、そこそこ教え込まれてる?
そうなんです、実はしっかりと知ってるんだよ、マスゾエさんは。
だけど、政治的な目論見があるから、へんてこな話ばかりするんだよね。
本音が言えない立場なんです。
本音を言ったら日本がパニックになるかもしれないから。


2chなんてものを見てみた。
慣れてないから、目的の掲示板を探すのに一苦労。
で、書き込みはこんな流れ ↓

都内では「関西帰り」しか発症しない。

それは「関西帰り」しか遺伝子検査をしないから。

結局、「関西に行くな」という世論になる。

都内にも間違いなくいるはず。でも検査をしない。

検査をしないのは「都内で発症」させたくないから。

その理由は、
…ここから下は、2chらしく、創造の世界。でも、おもしろい。

石原なんとかサンが、関西をつぶしたいから。
さらに、オリンピック誘致のため、東京のイメージを維持したいから。

裕次郎23回忌のニュースで、インフルエンザのニュースをつぶしている。

ありえなくはないけどね。
というか、次のバンクーバー(冬、カナダ)って危ないかも?


同じく、想像の世界。
ある夫婦の会話(本当は関西弁だけど、標準語に翻訳)…

妻 『ねぇ、あなた、学校が閉鎖になったせいで、子供たちがずっと家にいるのよ。私が忙しくって大変。なんてったって、子供が5人もいるんだから。あなた、どうにかして!』

夫 『ごめん。わかった。どうにかするよ。』

翌日、夫 『このままでは、家庭、じゃなくて、都市機能が麻痺します。学校閉鎖を解除します。』


   ☆☆☆

日本感染症学会の提言
『新型インフルエンザは、いずれ全ての人が感染する疾患。』

これが正しいのかも。

インシャラー
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-23 14:06 | ただの日常日記 | Comments(0)  

5月22日(金) 


【例題】
次の文章の裏を読みなさい。

『都内(目黒)で2例目の新型インフルエンザ確認。アメリカ帰りのダンスの先生。検疫をすり抜けた。』


【解答例】
(表)…八王子と目黒には近づかないようにしよう。

(裏)…2例いるということは、200匹いる。いや、「200匹いた(過去形)」。

もっと深く読めるかもしれないけど、私の経験ではここまで。

それにしてもねぇ、、、
フロリダで開催された世界的なダンスのイベントにご参加なされたそうです。。。
日本からわざわざ参加する人の脳内筋肉度は当然として、
この時期に世界中の人間が集まるイベントを平気で開催するアメリカって。。
日本にウイルスを送り込むための罠か?!!(これが裏?)


ということで昨日の問題

【問題】次の文章の裏を答えなさい。

『神戸では新型ウイルスに対する遺伝子検査を中止することに決定。』

【解答】

(表)…1例につき2000円もかかるのでは仕方ない。

(裏)…遺伝子検査をしない限り、「疑い例」は「疑い例」のまま。確実に診断された症例のみが、新型インフルエンザ患者としてカウントされる。

つまり、
今後、神戸では「患者を確定診断しない」
=「確定患者が増えない」
=「新型ウイルス患者が増えない」

おそらく、あっという間に1000を越えるはず(もう越えている?)。でも、検査しなければ、「日本で現在280例」とかいう、全く意味のない数字が歩いているだけ。

そして、
1000人も患者がいれば、そろそろ死者が出る。
しかし、「新型の疑い」の状態で死んでも、「新型確定」で死んだわけではないからカウントされない。
いくら死んでも、新型ウイルスによる死亡数としてカウントされない。

=日本では永遠に新型ウイルスによる死者は出ない

という恐ろしい封建国家。ミャンマー並みか?
もはやテレビに期待するのは残念大佐。
これらを報道できるのは週刊誌かインターネットのみ。

僕が週刊誌の記者なら、神戸市民病院の霊安室か裏口(ご遺体の出口)に張り付く。


そんな中、実は、昨日(5月21日)、某テレビ局の取材を受ける予定だった。
「まだ流行していないのに、発熱者と、熱のない患者をわけて診察している医療機関」ということで。

最近のテレビでは「過剰に反応しすぎじゃないの」という意見が多いから、
この取材依頼が、好意的なものか悪意にあふれたものか、それは定かではない。
しかし、取材依頼が国立衛生研究所というところを通してなので、どちらかというと好意的なものなのかな、と思っていた、、が、、

その前夜(5月20日)、都内で第一例が発生したため、こっちへの取材は中止になった。

ま、ある意味、安心したかな。
テレビなんて出ないほうがいい。
叩かれたり、ブログが炎上するだけだから。

で、昨日の夜(21日)、何気なくそのテレビ局を見ていたら、

大竹まことが、「騒ぎすぎなんじゃないの?」みたいな生番組をやっていた。
しかも、大竹まことかいっ。

取材を受けなくて正解。
さらに、
バラエティ風味で報道しているこの放送局の頭を疑う。

こら、4!
(もともと自民党放送局みたいなもんだから、予想はしていたんだけど。)

大竹まことには文句はない。彼らは、放送局の指示で動いているだけの傀儡だから。
おそらく彼らに悪意はない。食べていくために、放送局の指示に従うだけ。
芸能人ってかわいそうだね。



橋下知事「今後も感染者が出るという前提で、都市機能回復優先。」

自分の子供が死なないとわからないのかな、この人は?
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-22 11:51 | ただの日常日記 | Comments(0)  

5月21日(木) 新型インフルエンザ日記


八王子の女子高生が感染したことについて

八王子はエロいな、とかは置いておいて、
八王子は偉い!(その理由は後記)

5月11日から18日までニューヤークに滞在だってさ。
こんな時期にアメリカ行くとはねぇ、国連なんちゃららしいけど、
世界平和を勉強したつもりだろうが、日本に多大な損害を与える結果になる。
そんなとこに学生をつれてっちゃう高校も、どうにかなんない?
進学校でもないのに、、、、高校名をもっと公表してもいいと思うけど、ま、遠慮しておこう。

成田の検疫は、「すり抜けて当たり前」
何度も言うように、キットでは、発症後12時間以内はウイルス検出不可能。
12時間経過しても、検査技量によって検出不可能なことが非常によくある。
アメリカ帰りの39度熱発を、そのまま放流することが、常識不足。
(これはほとんど全ての医者が賛同するはずなのに、ほとんとテレビで伝えられてない。)

再検査した八王子の医者が偉い!
40度になったのでさすがに発熱外来を受診。
発熱外来を受けたおかげで、再検査、そして遺伝子検査になった。
これは、プチ幸運。
もしも、近くの開業医を受診していたら…
成田でウイルス検査をしているなら、もういいや。適当に薬を出すから家で寝ていなさい。
ってことになってたかもね。

だからといって、蔓延を防げたわけではない。
厚生省は、この女子高生の帰り道を公表しない。
あやしい遊び場を経由したから?ではなくて、もちろん、
   パニックになるから

「マスクをして帰宅したので他人にうつす可能性はない」から公表しないんだって。
この言葉を信じる医者はいない。
医者じゃなくても信じる人は少ないはず。

リムジンバスらしいね。
その後は?
少しくらい電車に乗った?
その後は?
駅近くをゴホゴホ言いながら歩いたはず。

せめて公表すれば、
思い当たる人たちがちゃんと受診したり、隔離されたり対応できるはず。
公表しないおかげで、
残念ながらバスに同乗した人たちが感染して、、
近くの診療所を受診して、、
「季節型インフルエンザ」と診断されて、、、

その前に、ゴキブリ論。
1匹見つけたら、100匹いると思え。
検疫をすり抜けたのは、これが初めて?
100匹はいないだろうけど、
3匹くらいはいるんじゃない?
(前橋にでさえ、韓国帰りの発熱者が放流されてるんだからね。)

要するに、都内で流行っている「季節型インフルエンザ」はすべて新型と思っても、あながち間違いではない。
だって、季節型が5月に流行するなんて、今まで考えられなかったことだから。

「最近、会社で熱出して休む人が数人いる」こんなのは、限りなくあやしい。


「新型インフルエンザが発症してない」
のではなくて、
「新型インフルエンザの検査をしていない」だけなんですよ。


弱毒だから流行ってもいい?
「季節型インフルエンザと同じと思っていてはいけない。」僕が言ってるんじゃない。WHOの偉い教授が言ってます。

おまけ:
神戸でPCR(遺伝子検査)を中止するようになったのは、
、、、
、、、、、死者を隠すためです


確かに、遺伝子検査は、お金もかかるけど(1例につき必要経費最低2000円)、。

インフルエンザが日本で多く「発症」する理由、というニュース。
このとおり!
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-21 12:52 | ただの日常日記 | Comments(0)  

5月19日(火)、20日(水) 新型インフルエンザ日記はつづく


火曜日は育児の日。
幼稚園の送迎をしたりして、、
忙しく日が暮れる。


おいおい、というニュース
神戸の5歳患者の家族が、実は5月4日~8日にグアムに行って、体調を崩して帰国したという。
なぜ、発表が今…?やはり日本はメキシコ以下。
ここが震源地でしょ?プライベートすぎて、あまり報道されないと思うけど。

WHOの報告
「重症化した人の半数は健康成人。」これでも弱毒というか?!


プラズマクラスターイオン発生器(シャープ)というものがある。
イオンを噴出して空気中のウイルスや細菌を退治しようという機械。
空気清浄機のように、吸い込んできれいにして元に戻す、ではなくて、
エアコンのようにひたすらイオンを排出つづける。
イメージ的には、マイナスイオンを出し続ける「滝」と同じ。

この効果がどれほどかは不明だが、
実は、ほとんどすべての日本車エアコンには標準装備されているんだって。
(僕の車は外車だから、知らなかった(^^)外車といっても、モロッコ大好きの私が乗ってるのは「フィアットプント」ですが。)

販売会社の人が言うには、「アンモニアをあっというまに分解する。においが消えてなくなる」ということを目の前で実験できるという。
アンモニア分子とウイルスでは、あまりにも大きさが異なるので、、、
だが、効果がゼロではないのは明らか。
さらに「会社内で使用したら明らかに風邪の患者が減った」と。

試してみよう。
ということで、私の職場に設置。
自宅にも設置。さて、どうなるか。


子供がやっと寝静まった夜9時。
大人はやっと休憩しながらテレビ。

ようやくインフルエンザニュースをあちこちで報道するようになったね。
やっと。

そんなNHK9時のニュースにて。

神戸は医療機関がパンクしているらしい。そりゃそうだ。
でもって、ついに
「一般開業医で新型インフルエンザを診察するように」決まったらしい。

世も末。

で、神戸の小さな開業医が取材を受けている。
インフルエンザ検査キットが20回分。
タミフルが10人分。
この装備で何日もつ?その後はどうする?

問題はそんなことではない。

この小さな開業医さんはビルの1角。
診察室と小さな待合室が1つ。
新型インフルエンザ患者と、そうでない患者が同じ待合室で待つ。
待合室は15畳くらい?
「部屋のあっち側とこっち側にわけて座ってもらう」だって。

せめて、ついたてで仕切りなさい!

うそうそ、ついたてがあったとしても低次元。
もう無理。同じ部屋にいて感染しないはずがない。
患者がくしゃみと咳を1回もしないなんてことがあるか?

この医者いわく、
「医者の使命感としてがんばる」
だそうです。
何を勘違いしているのでしょうか。
あなたががんばって新型インフルエンザ患者を診察するおかげで、

あなたの医院に来た患者同士でウイルスを広げて、
さらに、あなたに感染してあなた自身がばら撒いて…

堂々と「診察拒否」しなさい!

それが世のためです。
あなたのプライドで生きていては他人に迷惑をかけるだけです。
あなたの持っているタミフルと迅速キットを市民病院に寄付して、あなたは「診察拒否」しなさい。それが勇気です。勇気リンリン。

ということで、神戸の義父母に連絡をしておいた。
「発熱患者を診察拒否しない医者」には行かないように、と。


それにしても、報道の言葉の問題。
「神戸で最初に感染して以来、たったの3日で大阪まで感染が広がった」

もちろん、ほとんどの人がわかっている思うが、
「感染はすでに1週間以上前の時点で広がっている」
この3日間で「感染バレ」が広がった。
丁寧な日本語で言えば、「感染が発覚した」。

バレー部の前に、剣道部が取り上げられているが、5月上旬にすでにウイルスをばら撒いていると報道されている。
2週間あれば、ウイルスは全国旅行だよ。
すくなくとも新幹線に乗って東京に来たよ。

「東京で感染が広がるのは時間の問題」
ではなくて、
「東京で感染が発覚するのは時間の問題」


じゃぁ、群馬は?
皮肉たっぷりに言うと、

 おそらくなかなか「群馬では感染は発生しない」

群馬が田舎で、交通の僻地だから、という意味ではないからね、そこんとこヨロシク。
誰のおかげか、新幹線が2路線もある交通の要所の群馬だけど、
おそらく、新型インフルエンザ感染者は、「発生しない」

そう、「なかなか発覚しない」

なぜなら、、、

5月19日に医師会からFAXが来た。
・先日一般開業医(私ではない)から依頼のあった疑い症例の遺伝子検査は陰性だったと。
この症例は海外歴なし、関西歴なし。A型というだけで、一般医が強く希望したので検査した、と。
・保健所は忙しくてパンク寸前。
・新型を疑うのは、海外か関西に行った人のみ。
・それ以外は、保健所に電話もするな。電話させるな。
・もちろん遺伝子検査も行いません。

だそうです。
神戸内の初発例は海外に行きましたか?
そんなことをもう忘れたのですか?

なので、前橋では当分の間、「感染者は出ません」

さらに、医師会からのご通達。
・「通常のインフルエンザ」は、一般医で診察してください。発熱外来には送らないでください。

「通常」と「新型」って、どうやって区別するのでしょう?
その区別ができないことぐらい、昨日今日のテレビを見てれば気づくでしょう。
一般外来で診察した「通常」インフルエンザ100人のなかに、一人でも「新型」が隠れていれば、あっという間に神戸大阪状態になるわけでしょ。

「新型」って診断された人たちは、普通に待合室で待ってるし、
普通に、スーパーとか電車とか、カラオケとか行っちゃうよ。
薬を飲んで熱が下がっているだけなのに、明日にでも遊びに行っちゃうよ。

医師会の理事がそんなこともわからない?
分からないはずがないので、、もうちょっと推理。

☆弱毒だから今のうちに流行させちゃえばいい

って考えがあるのかな、やっぱり。
既感染者を増やして国民的に抵抗力を作っておこう、という計画。
それはある意味正しいけど、いずれ鳥インフルエンザが流行ったときにどうする?
今回の練習問題を教訓にして、今のうちに、民衆に危機意識を浸透させることのほうが大事だと思うのですが。
休校にする重要性をもうちょっと理解してもらったほうがいいと思うのです。

避難訓練は適当に。火事になったら本気に。そんなことができる?


厚生大臣や大阪知事が「弱毒なんだから措置軽減を」といってるわりに、
国家君主が「弱毒だからといってすぐに状況を変更するつもりはない」とのこと。(テレビにて)

たまには、いいこと言うね。さすがに地元で病院を経営している国主様だから、特技医術の家臣がいるのでしょうね。

タミフルが3000万人分あるというが、それを今回使い切ったら、冬はどうするの?
マスクも同じ。今年の冬に使うマスクは、どこにあるの?

(1000歩ゆずって、もしも)弱毒だとしても、流行させていいってことは絶対にない。

死者のニュースが出ない限り、国民意識は変わらないであろうことが残念。
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-20 12:03 | ただの日常日記 | Comments(0)  

5月18日(月) 新型インフルエンザ日記


☆信濃町にある大学病院での対策

①連休「前」にアメリカ・カナダ・メキシコから(学会などで)帰国した人は、帰国後10日間、自宅待機。その間、不要な外出禁止。もちろんアルバイト禁止。

②発熱外来の準備。
担当する医師は1週間続けて勤務する。(担当する医師にも十分に感染する可能性があるので)その1週間の間は院外へ出てはいけない。つまり病院内で1週間生活すること。担当の1週間が終了したあとは、自宅で3日間待機(本来なら1週間待機すべきだが)。

…すばらしい!
内容もいいけど、「連休前」の渡航者にチェックしているところがすばらしい。
みんながこうやってれば、国内の流行は抑えられたかもしれないのにね。


☆ある上場生命保険会社の対策

連休前から、社員の入り口を1箇所にして、赤外線モニターを設置。発熱者は立ち入り禁止。自宅待機。

…さすがに「生命」保険だから。死者が増えたら会社の経営に影響するからね。


★前橋(市長と医師会と群馬県)の対策

発熱外来を設置したら、「○月○日の午前」というように医師会員に呼び出しをかける。必ず来なさい。そこで1日だけ診察して、あとは帰って何をしてもよろしい。
命令に従わない場合は、医師会をやめてもらう。

…はい、辞めます。
なんだろうね、この医学レベルの差は。
1日だけ診察して、そのときにウイルスをもらって帰って、家族や知人にばら撒いて、、。
発熱外来は必要だけど、これじゃ逆効果。

★★★

昨夜から段々増えましたね。
もちろん、患者数じゃなくて、テレビの報道時間がね。
さすがに規制を敷ききれなくなったわけで、仕方ないから、
「弱毒型を強調して、少しなら報道してもよい」
になったようですね。

橋下知事ですら、
「通常のインフルエンザと同じ対策にしたい」
だって、、、(アキレタ)。
橋下さんの家って、子だくさんじゃなかった?5人くらいいるんじゃない?
【子供に感染したら、重症化率10%、致死率0.4%】
なんですよ、怖くないのかな?
概算すると、各保育園で一人死ぬんだけど、それでもいいのかな?


神戸の高校生から最初に新型インフルエンザを見つけた医者がNHKでインタビューされていた。
「すでに、ウイルスが検疫をすり抜けていて当然と考え、検査してもらった」と。
こういう名医がいるから、神戸は頼もしい。

それに引き換え、どっかの校長とか、どっかの保健所は、
「5月にインフルエンザで学年閉鎖になるくらいなのに、『通常のインフルエンザと思っていた』」
「諸事情、手違いにより、PCRの結果が出るのが遅くなった」

なぜか、PCRの結果判明まで3日以上もかかった。
うがった見方をすれば、「民主党選挙にぶつけたかった」ため、とか、いろいろあるが、

そのおかげで、さらにウイルスが広まった。
その3日間の間に、本来ならば成田で隔離されるのと同程度の濃厚接触者が、なんの制限もなく社会に解き放たれた。
高校の同級生、バレー部員、家族、診察した別の医者、、、
これらが3日の間にウイルスをばら撒いてます。
高校生なんて、多少熱があっても、部活休めないでしょ?休んだら怒られるでしょ?
バイトも休めないよね。進学校だから塾も行ったよね。
感染者が2桁ですむはずがない。

成田で隔離された人の苦労が、まさに水の泡。
いまだに成田で走り回ってる検疫官の涙。


問題となっら運動部の最初の発熱者は、5月8日に発熱している。
これが確認された最初の勃発日。

しかし、

みなさまご存知のとおり、私の妻は神戸出身。
そして、じつはギリ父は、元校長先生。(今は定年。)
「連休前からいろいろな高校で”インフルエンザ”が多数発生していた」
だってさ。


日本って、メキシコ並、あるいはそれ以下?


そういえば、連休中に神戸に滞在した私は、「要健康観察者」?
(これは、完璧に冗談です。誤解しないように。)
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-18 12:36 | ただの日常日記 | Comments(0)