<   2009年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

9月29日(火)

9月29日(火)

寝不足で不安な夜が明け、火曜日なので仕事はお休み。
幸運にも、仕事はお休み。
なので、1歳児を連れて総合病院へ。

相変わらず熱が続いているので点滴。

暴れる1歳児の細い腕に、病院の看護士さんが4人がかりで点滴をする。
当たり前のように、一発で成功。
尊敬しちゃいます。
僕は、他人の子供になら点滴できるけど、自分の子には無理。
自信を持って無理と言い切れる。

看護士さんの中に、なんと僕が授業をしたときの生徒さんがいる。
手間を取らせて申し訳ないうえに、
子供をなだめながら抱っこしている姿を見られて、ちょっと恥ずかしい。

1歳児を自宅へ返してから、長男を幼稚園に迎えに行く。
そして、もちろん、今日は火曜日なので、

「火曜日はTSUTAYAの日!」

まるで、ツタヤのコピーのように言う。
最後の最後のトミカDVDを借りて帰宅。
もう全部借りてしまったから、次に借りるものがない。どうしよう?

月末なので仕事がたっぷり待っている。
夜中に残業する「気力体力時の運」がないので、夕方から職場復帰。
急遽、おばあちゃんが参戦してくれたので、メンバーチェンジして仕事へ。

もちろん、マトリクス経由。
ドラムを1回、絆を1回。
WCCFをする精神状態ではなかった。
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-30 13:14 | ただの日常日記 | Comments(0)  

9月28日(月)

9月28日(月)

さすがに忙しいな。
職場のほかに、家にも病人がいるから。

仕事の前に長男を幼稚園へ。
昼休みになった瞬間に、幼稚園へお迎え。
自宅に帰り、1歳児の看病。
別れを惜しみつつ、仕事へ戻り、外回り(往診)を2件。
職場へ戻ったのが、4時半。午後の仕事が待っている。

上記の中に、当然、ゲーセンどころか、昼食も無理。

さすがに、まいった。
でも、昼食抜きに対してグチを言うつもりはない。
病院勤務(救急部)の頃よりは、まだまし。

しかし、ゲーセンなし、に対しては、おおいにグチを言いたい!
あーーー、叩きたい!

1歳児は、まだ発熱中。
タミフルの切れ味が悪い。
他の家族は、誰も発熱していない。
→もしかして、インフルエンザとは違う?
もしそうなら残念。
どうせ発熱するのなら、インフルエンザであることを切実に望む。
(本当に。)


その夜。
1歳児、けいれん発作。
けいれんなんて、仕事で今までに何百回も見ているけど、

自分の子は、いや!

こわい!

平常心で判断不可能。
他人の意見を聞きたいので夜間診療所へ。
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-30 13:13 | ただの日常日記 | Comments(0)  

9月27日(日)

9月27日(日)

1歳児が発熱。
明け方の6時頃、38.3度の発熱。

あちゃぁぁぁぁ。
いよいよか。避けることはできなかったな。
この時期に発熱といえば、ほぼインフルエンザ。
即刻、タミフル内服。
(体温計とタミフルは、旅行の必需品。)

7時。
発熱のくせに、朝食をもりもりと食べるが、さすがに水族館は中止。
10時のチェックアウトとともに、前橋へ帰る。
水族館を非常に、異常に、楽しみにしていた長男がちょっとかわいそう。
見返りに、あれこれとトミカの約束をして、なんとかなだめる。


がらがらの北関東自動車道を、びゅんびゅんと飛ばして、2時間で前橋へ到着。
工事中の佐野-太田間が高速でつながれば、1時間半の距離になる。

来年の夏には、また大洗へ行こう。
違うホテルへ。


発熱の子供を寝かせて、
長男も部屋で遊ばせて、
だらだらと日曜日が過ぎていく。
子供が発熱してると、親は疲労だけがたまっていく。

夕方6時。
発熱から12時間経過したので、一応、インフルエンザ簡易キットなんてものを試してみる。
結果は、予想通りに「陰性」。
もともと検査なんて当てにしていない。検査に関係なく、「たぶんインフルエンザ」と想定している。


ところで、

髪の毛を切りたい。。。
おそらく2ヶ月以上、床屋に行ってない。もみあげが次元大介みたいかも。
このままいったら、、、

アルシンドになっちゃうよ!

(もちろん、てっぺんじゃなくて、横髪。)
いっそのこと、サッカーファンのふりをして、仕事場にさりげなくロナウジーニョの写真とかを飾ってみようか。
でもって、ポニーテールにして、、、

高校生の頃、友達のマルハシ君は、床屋に行く時間がもったいないと言って、毎回五分刈りにしていた。そうすると、3ヶ月に1回しか床屋に行く必要がないんだって。
3ヶ月に1回、学校で大笑いされてたけど、その後の彼は東大生。
ふーーん。

ロナウジーニョじゃなくて、クリスか。。。
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-28 18:41 | ただの日常日記 | Comments(0)  

9月26日(土)

9月26日(土)

いつもどおりに午前中の仕事を適当にこなしたあとは、、、、
今日は、水戸まで出かける。

先日遊びに来た妻の友達のところへ、遊びに行く。
午前中のうちに、妻と子供たちは車で先に出発。
自民党のおかげでできあがった、北関東自動車道。
数少ない地元民と地元企業しか利用しないので、いつも空いている高速道路。
飛ばし放題。そのために、自宅を出て2時間半で水戸に到着したよ、というメールが昼頃に届いた。

近くなったね。

僕の古い概念では、北関東は位置的に接していても連携なし。
JRの両毛線と水戸線というローカル線では、WCCFの薄線にすら相当しない。
それが、この高速道路の「一部」開通で、一気に太線までつながった。
来年には、高崎から水戸まで完全開通の予定。
まさに黄金連携。
(ただし、政権交代のために工期が遅れる可能性あり。)

本当に、地元にしか役立たないけど、ありがたい公共事業です。
おかげで、こうして気軽に水戸の友達のとこまで遊びに行く。


ということで、仕事が終わった後、僕だけ単独行動。
家族を追いかけて水戸へ。
しかし、前橋-水戸間は、JRでは相変わらず薄線連携。
仕方なく、上野経由。
三角形の2辺を移動。新幹線と特急「スーパーひたち」を乗り継ぐ。
これでも各駅停車しかない直線移動よりも早い。お金は倍以上だけど…

「スーパーひたち」は上野から仙台行き。
上野の次の停車駅は水戸。水戸に着くまで降りられない。所要時間は1時間。
間違えて乗ってしまったら大問題だね。土曜の午後とはいえ、ほぼ満席。すごいな。


水戸に来たのは20年ぶり。高校生の頃、試合で来た以来。
駅は、かなり発展している。
少なくとも、前橋よりも、高崎よりも都会だ。ふーん。

家族と合流して、宿泊予定の大洗へ。

「大洗ホテル」

うーん、…
特記事項なし。可もなく不可も、、、ある。
フロントも仲居さんも、こっちの都合を関係なく、どしゃどしゃと話をするんだよなぁ。
僕が子供をあやしてたり、荷物を確認してたり、、、
そんなのおかまいなく、自分の義務を片付けてく。
沖縄のホテルの、そんな感じだった。

最近、「いいホテル」ばかりだったので、細かいところに気がついてしまうんだろうけど、、
高級ホテルじゃなくても、たとえば、小田急ハイランドのホテルのように、子連れにやさしいホテルはたくさんあるから。。。

ホテル日記にするほどの内容がないので、武将評価だけ。

茨城といえば、、、結城の、、、乱戦。

地方マップでなら(刀を落札すれば)戦えないこともないが、、、
全国で使うのは乱戦マニアな人か、乱戦バブルな時だけ。
次に来るときは、結城ではなくて、佐竹くらいを希望。

一方、「大洗」という町自体はすばらしい。
海は綺麗で、砂浜が広い!
水族館もあり、遊園地もある。
夏に来たい、と思うが、おそらく大混雑するんだろうね。

明日は両家族で水族館に行く予定なので、早めに就寝。

ところが、、、。
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-28 18:38 | ただの日常日記 | Comments(0)  

9月25日(金)

9月25日(金)

納得いかね。
もちろんWCCF。
今日は、昼休みが余裕ある。当然前橋ボストンへ。

1部に昇格したのがいけない。
なんやかやのトーナメントに出るのが悪い。
フレンドリーマッチ希望。

モニターを見て、試合順を確認。
次のインターナショナルまで、あと3試合。
インターナショナルには参加権がないから、そこで開始すれば、フレンドリーマッチになる。

ドラムマニアを2回叩いて、時間調整終了。
無駄な待ち時間のために、5試合しかできなくなってしまったが、目論見どおりに、フレンドリーマッチを5戦!
これだよ、これ。
充実ぅ!
試合調整が大事。
フレンドリーマッチのおかげで、選手は予想以上に成長。

ファンペルシーが覚醒!しかもオフェンスにボーナス。
さらに、黄金3本追加。
これで、
FWファンペルシーから、FWクーフェルマンス、FWモルス、MFパク、MFアフェライに黄金連携。
ついでにFWモルス-FWクーフェルマンスも黄金連携だったりする。
(開始当初の8戦くらいをファンペルシーとパク抜き(飛車角抜き)でプレイしていたtめ。)

48戦経過。
予想以上に順調に成長したので、ここで止めておく。
このチームでWCCFオフに挑むかもしれない。

予想以上に連携が進んだ理由は、
国籍が同じ
試合中のパスの回数
通信会社がスポンサー
が理由でしょうか。


クリスのフォアリベロを育てたり、
クレーベルのアーリークロスを実験したりしなければ、
もう少し黄金と覚醒が増えてたと思う。
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-26 12:15 | ただの日常日記 | Comments(0)  

9月24日(木)

9月24日(木)

連休明け。
仕事は当然忙しいが、連休中よりは十分マシ。

昼休みも、食事をしながらいろいろと妄想する。

コシュのフォーメーションは、4:3:1:2
の3ボランチ

☆☆①☆②☆☆
☆☆☆③☆☆☆
☆④☆⑤☆⑥☆
⑦☆⑧☆⑨☆⑩

サッカー素人の私には理解不能なくらいの守備的配置。3人で攻められるの?

という質問を、こんなときは頼りになるサッカーの達人に聞いてみた。
焼肉屋の金ちゃん。
前橋オフのときに行く、いつもの焼肉屋「慶安亭」の店長の金ちゃんは、中学高校でサッカー部。しかもキャプテン。
(WCCFは、もう飽きたって。三国志に夢中。)

サッカー部のキャプテンなんて、もててもてて仕方ないくらいでしょ。
金ちゃんも同様。今、その面影は…

金ちゃんいわく、
あくまでもリアルサッカーとして、
守備的チームならありえる配置。ただし、
①前線にボールキープできる人
②サイドバックも攻撃参加

ふーーん。
今度試してみよう、というか、今すぐ試したい!

また、ICを作らなきゃ。


ちなみに、私の配置
☆☆①☆②☆☆
☆③☆④☆⑤☆
☆☆☆⑥☆☆☆
⑦☆⑧☆⑨☆⑩

③がDFクレーベルなので、ちょっと引き気味に。
④アフェライ、⑤パクは、ハーフラインより後に置くと機嫌を悪くする。


夜。
連休中のうっぷんを爆発させるためにも、今日は高崎へ行かないといけない。
仕事をさっさと切り上げて、高崎LLへ。

久しぶりに来た高崎LL。
ユービートが大人気。なんと4台もある。しかも「さらに増台予定」だって。
理解不能。

カップラーメンを食べて、軽くドラムを叩いて、三国志を眺めて、、
目的のWCCFへ。
し、あ、わ、せ、ぇぇっぇぇ。

…うーーー
弱いってのは、当然承知しているが、やればやるだけガッカリするかも。。。
COMを相手に連敗モード。
ミニキャンプが発生してしまった。

お前ら、もっと練習しろ!

極めつけは、、、

PSVアインホーフェン戦
W4で、COMのPSVと対戦。

PSVといえば、、、僕の大好きなオランダリーグの、、、

FW ファルファン
FW クーフェルマンス
MF アフェライ

うちと同じじゃん!

アナウンサーが、快活に「アフェライ!ファルファン!、、クーフェルマンス!」って叫んでます。
でも叫ぶ対象は、敵チーム。。
なんと、クーフェルマンスがハットトリック!

もちろん、敵の、COMのクーフェルマンス。

うちの奴らは、何やってんの?
うちのアフェライは、なんで敵にパスするの?
うちのクーフェルマンスは、なんでシュートすらできないの?

0:5の大敗。

WCCFを始めて、初めての挫折感。。。

忘れるために、最後に絆をやって帰りました。
1ヶ月ぶりの絆で、グフで、タクラマカンで、バンナム戦になって、
敵にこもられて…


余計、爆発しそう。
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-26 12:15 | ただの日常日記 | Comments(0)  

9月23日(水)

9月23日(水)

せっかくのホテルなのに、子供を追いかけながら、自分は立ち食いしながら、朝食をすませる。

天気がいいので、今日も公園めぐり。

「新宿中央公園」

言わずと知れた有名公園。
ホームレスで有名?
僕が学生の頃は、においのために近づくことすらできなかった。
その後、諸事情を含みながら、綺麗になりつつあるが…


ホテルの目の前なので、子供をつれて散歩してみた。

広ーーーい公園だが、ブルーシートがあちこちに見える。
しかし、公園の西の端(都庁と反対側。パークハイアットの目の前。)だけは、整備され、清潔にされ、子供用のアスレチックなどの遊具ができた。
遊具のレベルは、意外とレベルは高い。

木製のアスレチックや、大きな滑り台はお兄ちゃん用。
一方、1歳児用には低めの滑り台が多数。
砂場、ブランコも充実。
文句を言うとすれば、、、自動販売機がない。
おそらく防犯のためだと思う。

日曜日だからか、混んでいる。
けども、公園が広いから、苦痛ではない。
しかし、こんなに多くの人が、いったいどこから来るのでしょう?
もちろん駐車場もないし。近くに住んでいるのかな?すごいな。
こぎれいな外人親子も多い。


昼近くになると、子供は眠くて機嫌が悪くなる。
しかも、砂場で、ほかの子供とちょっといざこざ。
やべっ。ぐずぐず、ぐずり始めた。

チェックアウトのために、ホテルに戻ったら、、
フロントで寝転んでしまう始末。
おいおい、この高級ホテルで、、、
典型的な「ぼんぼん」。。。。

なんだかんだ、なだめすかして、帰宅。
車に乗った瞬間に、子供は二人とも睡眠。昼寝って大事だね。

連休のくせに道路がすいている。
なんと、新宿から1時間半で自宅へ到着。新記録!
前橋って便利だね。


連休最終日、
当然、残業は山積みだが、、、、
当然、子供を寝かしつけながら、自分が先に睡眠。。。。
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-26 12:14 | ただの日常日記 | Comments(0)  

9月22日(火) パート2

9月22日(火) パート2

ざうおの後は、ホテルへチェックイン。
パークハイアットへ。

そしたら、とんでもない事に…

なんだかフロントの中で人が慌てている。
チェックインに、非常に手間取っている。
こんなことは、このホテルではめずらしい。というか、初めてかも。
子供を抱っこしながら、5分ほど待った。たったの5分か。
そしたら、
「こちらの手違いで、申し訳ありませんが、ご予約いただいた部屋とは別の部屋になります」
と。

でもって、連れて行かれたのが、、、

「なんか、すごい!」と長男。

去年、初めてこのホテルに来たときに、ホテル側のサービスでグレードアップして泊めてもらった部屋だ!
ディプロマートスイート。正規料金650000円!
60000じゃないよ、600000!
予約した部屋から、2階級特進!

部屋の入り口が2ヶ所。うち1つは、両開きのドア。ドアには部屋番号すら書いてない。この辺からして、超高級。
広大なリビングには、椅子が10脚くらいあるけど、狭く感じない。
キッチンは別部屋。
寝室も別。この寝室だけで、通常のダブルルーム以上。トイレと洗面は2ヶ所。
バスルーム(49階)からは新宿の夜景。
(詳細は、ホテル日記、平成20年1月に)

せっかくなので、今夜のWCCF会合もこの部屋で開催決定。

夕食までの間、妻が新宿へ買い物。その間、部屋の中に、僕と子供たち。

長男は、当然トミカのDVD。
1歳児は、「おかあさんといっしょ」のDVDを所望。
いつもなら喧嘩必須。
だけど、ここには大型テレビが二つ。(当然DVDプレイヤーつき)

長男が寝室で。1歳児はリビングで、DVDを見ている。
しかし、寝室とリビングが「遠い」。
リビングで1歳児の面倒を見ていると、長男がベッドの上を飛び跳ねて、転がり落ちて痛がってる。
長男のほうに行ってると、リビングで1歳児がソファから身を乗り出し、落下直前。

寝室とリビングを走って往復。
少なくとも「ゆっくりできる部屋」ではないな。

夜。子供は疲れてさっさと熟睡。

幸福さん、蓮さん、コシュくんが来るという。
「駅から遠いからタクシーで来てください。センチュリーハイアットではなく、パークハイアットです。間違えないように。」
とメールをしたが、、、

駅から歩いて、しかも、センチュリーハイアットにいるという。。。
おい、こら。

10時半すぎに、やっと到着。
ホテルから「あまり遅い時間の来客は、ちょっと…」と釘を刺されているので、
残念だけど、部屋で乾杯だけ。
幸福さんが持ってきたくれた一升瓶で乾杯。

あわただしく、新宿へ移動。
東口タイトーステーションで、WCCF。

レギュラーリーグで、コシュと対戦。
コシュのツートップを抑えられない。サンチェスって誰?
知らない名前ばかりのFWだけど、みんな早すぎ。
押され押されて、やっとこ、さっとこ失点を1点で抑える。
ロスタイムにギリギリ1点かえして、辛くも引き分け。

ふぅ、、、。

その後は、コシュ対幸福さん。
幸福さんのポドルスキーとダゴベルトが強い。勝手になんでもやってくれる。
が、なぜかシュートがはずれる。
一方、コシュの無理シューが、ことごとく入る。
なぜか、3:1でコシュ勝利。
コシュは、WCCFオフ初勝利だって。

24時。ゲーセンが閉店なので解散。
一人で歌舞伎町方面へ歩く。
歌舞伎町入り口のタイトーがAM1時まで営業。
そこまでしてWCCF?
いやいや、こんなチャンスは滅多にない。

5卓しかない中途半端なゲーセンで、さらに6クレ(1000円)。
だめだめだなぁ。
クレーベルのアーリークロスが全然発動しない。
ディアッラをはずすと全く守れない。。
ファンペルシーはボールに触ってないくせに、スタミナが減る。。。

1時半にホテルに帰宅。せっかくの部屋なのに、駆け足で睡眠。
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-26 12:13 | ただの日常日記 | Comments(0)  

9月22日(火)

9月22日(火)

新宿へ。
本当は、コシュ君が「前橋に遊びに行く」と言っていたのだが。
コシュ君の子供はまだ小さいし、帰り道(関越上り)の渋滞を考えて、こちらから出向いてあげることにした。感謝しろ。

「ざうお」(新宿店)

全国チェーンのお店。「The 魚」という意味。
店内にあるイケスで魚釣りをして、釣った魚を好きな料理方法で食べさせてくれる。
新鮮な魚が食べられて、魚釣りもできてしまう、という素晴らしい企画のお店。

ただし、あまり期待しすぎるのは…

イケスは、それほど大きくない。
そりゃそうだ、室内だもの。
魚の種類が少ない。
そりゃそうだ、水族館じゃありませーん。

でも、子供には十分。
これまで、本物の魚釣りに2回行って、2回ともヒットすらしなかった長男にとっては、十分過ぎる。

1mくらいの棒の先に、1mくらいの釣り糸。
その先の針に、小さなエビを刺して準備完了。
イケスの中には、底が見えないくらいに魚がうじゃうじゃ。
長男が、釣竿をたらした瞬間に魚がつっついてくる。
長男が「うわっ、うわっ」と言いながら、竿を握っていると、急に、

「うわぁぁぁ」っと叫び、釣竿が引っ張られる。

そこから先は、お父さん(僕)が手伝ってあげる。
といっても、リールがあるわけではないので、そのまま引き上げるだけ。
ザバッっと引き上げると、意外とイキのいい黒い鯛(イシダイ)がバタバタと暴れている。網ですくい上げると、まわりから拍手と歓声。

半分を刺身(大人用)、半分をからあげ(子供用)にしてもらう。

その後、コシュ君も釣りに挑戦。
見事、鯛を釣り上げる。

が、釣った魚は必ず食べないといけない。戻してはいけない。
もちろん、その料金(魚の代金)は加算される。
鯛は、なんと4500円!

「鯛じゃないやつを釣ろうと思ったら、隣から鯛が食いついてきた」と、コシュ。
お店の思う壺。

ま、そんなんでも子供は喜ぶから、いいんじゃない?
水槽には、食用ではないが、サメやエイもいるので、うちの子にとってはパラダイス!

コシュ一家(1歳児)と私一家(4歳、1歳児)の7人で、個室で、デザートつけて、

16000円。(鯛2匹の値段含む。)

魚以外は居酒屋料理なのが減点だが、まあ悪くはないのでは?

コシュ君の1歳児は、まさにジャスト1歳。
ようやく歩く頃で、つまり、ダウン値低め。そのわりに、ハイハイを含めて機動性は高いから、大変な時期だね。しかも、何でもかんでも食べちゃうしね。
そのくせ、「食品」はなかなか食べないから、これも困るんだよね。
うちの長男の1歳のころと同じです。
ごはんを食べないくせに、本を食べる。便の中に、本のきれっぱしが混じってた。

ま、お互い、夫婦共々、お疲れ様です。

次は、前橋まで来てください。公園ならたくさんあるから。たくさん。


…長いので、1部終了。つづく…
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-24 19:07 | ただの日常日記 | Comments(0)  

9月21日(月)

9月21日(月)

妻の大学時代の同級生が遊びに来た。
3歳の子供を連れて、わざわざ茨城県水戸市からやってきた。

妻の友達とはいえ、僕が講義をしていたころの生徒なので、僕としても10年来の旧知の仲。

水戸から前橋まで、自動車でたったの2時間だったという。
「一番すいている高速道路」にノミネートされるくらいの「北関東自動車道」のおかげだ。高速道路のない頃は、中間地点の栃木県小山市まででも2時間以上かかった。
そういう意味では、自民党土建屋はありがたいのだが、、、

(いくらなんでも、ダムは不要だろう。あのニュースのおかげで、川原湯温泉は名前を売るが、群馬県民の評判が落ちる。)

3歳のお客さんを迎えて、うちの長男(4歳)は大喜び。
自分のおもちゃを全部持ち出して、あれこれあれこれ、いちいち全部を説明してあげている。
「これが、トミカで、、、」
「これがプラレールで、、、」
「これがハイパーガーディアンで、、、」

ところが、お客さんは、トミカには興味がほとんどない。
戦隊モノが好きらしい。
うちの子は、戦隊モノは「こわい」と言う。
共通点はほとんどない。

が、子供ってのは便利なもので、そんな関係でも、なぜか知らないが、仲良く遊んでいる。
うちの1歳児も、「仲間意識」を持ちながら、お客さんと仲良く遊んでいる、つもりらしい。
親は、見ているだけでいいので手抜きができる。

昼食は、宅配のお弁当。
食事の自由度が低いのは、子連れの宿命。

食後は、みんなで散歩。
外の世界が大好きな1歳児が、散歩を強烈に望んでいるために、みんなで散歩。
近くの公園まで歩いて5分。
親が3人、子供も3人。
完全なマンツーマン。
子供たちは、スピードもスタミナも十分なため、追いかけるのが大変。
しかも、彼らの「連携はゼロ」。3人がバラバラのほうへ走り出し、遊びだす。
マンツーマンでないと散歩は無理。

公園でひとしきり遊び、帰りはいつもの神社を経由。

最近、1歳児が神社を嫌うようになった。
その理由は、、、、

お賽銭をあげるのがいや。

お金を渡すと、「自分のおもちゃ」だと思い込む。
賽銭箱に入れたくないんだって。
自分のおもちゃを取られたくないんだって。
手に握ったまま、はなさない。。

罰当たり!

無理矢理、手からお金を奪い取り賽銭箱へ。
傍らで、泣く1歳児。


夕方、お客様が、
「帰りたくなーーーーい!」と言って、泣き喚く。
それをクールに見つめる我が子。
うちの子も、「長男」になってからは、落ち着いてきたけど、
それまでは、イオンやサティの玄関前で、よく同じことを繰り返してたっけ。
暴れる子供をちからずくで車に乗せたことは、数知れず。
自分よりも「下」ができると変わるもんだ。

お客様は、結局、帰れず、夕食もいっしょに。
(帰り道が渋滞するだろうから、夕食を食べて帰るほうがいい。)
テイクアウトのスパゲッティを食べて、もう少しくつろぐ。

7時を過ぎると、昼寝をしていない長男が眠たそうにしてるので、お風呂に入る。
すると、お客様も眠たそう。
「もう帰る」と。
めでたし、めでたし。

子供にとっても、親にとっても、
いつも同じ日常の中に、今日みたいに、「友達がいるという変化」があるといい。
中身は、あまり変わらないのに、、なぜか、親子ともども落ち着いた一日になった。


ゲーセン?
なぜか、500円だけ。
だって、マトリクスが500円で3クレ!
おかげさまで、ファンペルシーとクーフェルマンスが黄金になりました。

でも、黄金連携って意味があるのだろうか…
[PR]

by akogarehotel | 2009-09-24 19:05 | ただの日常日記 | Comments(0)