<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

平成21年11月27日(金)

平成21年11月27日(金)

気分は今日もWCCF。

ちょっとのめりこみすぎ?
まさか、こんなにのめりこむとは。

ゲーム開始前に、
「サッカーをこよなく愛するみなさま、こんばんわ」
と、アナウンスが入るようになった。
これは、全員に共通なのか、それとも、ある程度の「やりこみレベル」を越えた人だけなのか。
僕の場合、サッカーを愛するかどうかは疑問。
WCCFをこよなく愛し、さらにファンペルシーとクリスもこよなく愛する。
でも、アーセナル(ファンペルシーのチーム)とかリヨン(クリスのチーム)とかが、どうなってるかはあまり興味ないかな…
もちろん、アフェライもパトもバルデスもぺぺもディアッラも、こよなく愛してるし、
アレックスシウバもアレックスもドミンゴスもアダイウトンもベレッチもダゴベルトもフレッジもリシャルリソンもロドリゴタバタもクレーベルも、、、。

愛するメンバーとともに4クレ。
今日は介護審査のために時間がないので4クレしかできない。
4クレでも1000円。6クレでも1000円。うーーー。

昨日に引き続き、アーリー重視。まさに私が「アーリー重視」。

クレーベルがクロスを上げてくれれば、得点率は50%以上。
これって破格の設定じゃないの?
クロスが10回上がれば、5点取れちゃう。本当に。
でも、10回も上がらない。。。

「アーリークロス」に設定すれば、とりあえずKクレーベルにパスが集中する。
DFやMF、そして、キーパーバルデスも相性がいいから。(L、I、K、A)
でも、クレーベルがクロスを上げずにドリブルしてしまう。
左と中央は点灯させっぱなし。

おそらく、パスの受け手の問題。
現実だって、FWがいい位置にいないと、クロスの上げようがないでしょ。
だから、クレーベルもクレーベルなりに考えていると思うんです。

クロスを受けるのは、左利きのIファンペルシー。
しかし、テクニックがあれば右利きでも得点してくれるので、状況次第でKパトとIダゴベルトも目標になれる。
彼らが、DFを振り払わないといけないのだろう。
とすると、ワントップよりは、ツートップなのかな。

最大の問題は、アーリーをつけっぱなしにしてしまうこと。DFがボールを奪ってから点灯させるのでは遅いから。でも、そのために、
我がチームの心臓である「フォアリベロ」を発動できない。
我がチームの頭脳である「ショートパスワーク」を発揮できない。
左手を細かく動かす工夫を開発すればいいのだろうか。

と、まだまだ、あれこれいろいろ考えて、ゲーム開発者の術中にはまるわけだ。


まずは、フレンドリー(COM)を1勝1敗。
アーリー地蔵だと、なんとも弱いなぁ。

次はレギュラーリーグ。
相手はキラF・トーレス他、いろいろ。
トーレス、止まんない…
「クリスにしか止められない」(クリスなら止められる)
やられたい放題で、前半で0-2。

あまりにも相手にサービスしすぎなので、後半は「アーリー無視」
ショートパスワークとフォアリベロの本気モード。
そしたら…
あっという間に、2-2の同点。
でも、ここまで。
最初っからアーリーを無視していれば勝てたかというと、、、それも疑問。

でも、引き分けでもうれしいかな。

次もレギュラーリーグ。
相手は、まぶしいくらいに金色、金色。
ペレ、ロベカル、ロナウド、ロナウジーニョがキラキラキラ。
でも、戦力比43:57
最近は、これくらいの劣勢なら、どうにかなるかな、と思いつつある。

(対人の場合は、アーリーは前半のみ。後半は本気モード。)
前半、ぺぺがロベカルを転ばしてイエロー。ロナウジーニョのFKが弧を描いて直接ゴール。
これは、無理設定。何もできない。
しかし、後半、アフェライ-ファンペルシーで1点。

1-1の引き分け。
後半は、どちらかというと押し気味。勝てそうな試合だったなぁ。
でも、引き分けでも喜ぶべき相手なのでは?
(というか、そろそろ天狗になってきた、オレ?)


今日のアーリークロス。
4試合で2点。
パト1点(対人)、ファンペルシー1点。

昨日のアーリークロス。
5試合で2点。
ファンペルシー2点(対人1、COM1)。


夜、インフルエンザも一段落したかなと思ったら、、、、
1歳児が、40度の発熱!
えーーー、想定外、予想外。ヤブ医者だ。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-28 10:42 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成21年11月26日(木)

平成21年11月26日(木)

一応、インフルエンザ日記?

仕事が普通の状態になりつつある。うれぴー。
同じ日常であることの幸せ。

昼休みに、買い物をこなしつつWCCFを6クレ(1000円)。
昨日につづき、アーリークロス。
前のバージョンから引き続き、アーリークロスに、いったいいくらつぎ込むんだろう?

1戦目。レギュラーリーグ。またレジェンドが相手。。。
チャールトン入りの対人戦。
戦力比43:57。おっ、比率40を越えてるなんて、うれしい(^^)

試合は比率に反して、押せ押せ、おせおせ。
相変わらず、鬼3人が守って(クリス、ぺぺ、バルデス)、パト様がお仕事して、前半で1-0。
こうなると欲が出てくる。勝ちたい。
アーリークロスなんて、やってる場合じゃない。
勝利のために、アフェライのショートパスに変更。

Bチームなのでアフェライは覚醒していないが、それでも新バージョンでのショートパスワークは効果的。
2-0の勝利!
オレ、強くない?
なんで、白ガチはあんなに弱かったの?パトのせいだけじゃないと思う。
バルデス?

2戦目も対人。またブラジル代表。。。
名前は違うが、昨日とそっくりなチーム。
キラカカ、ロナウド、ロナウジーニョ。これは1軍と2軍の試合。勝てない。。
ブラジルチームに劣等感ありまくり。

その次はプレシーズン。
COMを2試合叩いて決勝へ。

決勝の相手は、MF全員が黒とキラ。FWは白。
「中盤支配」が重要と知っている、かなりやりこんでいる人だね。
立ち上げてまだ10戦くらいしかしてないけど、無敗だ。
(敵の選手の名前とか、全然覚えてない。)

こうなってくると、これも勝ちたい!直前の練習を休養して気合十分。

そして、敵が強い(監督が強い)というのは明確なので、ずるいことを…
ゲーム開始時は、クレーベルのアーリークロス(左と中央)に設定。
それをキックオフ直後に、アフェライのショートパス(中央と右)に変更。
予想通りに、敵は左サイド寄りのディフェンス。でもって、僕の期待通りに、アフェライ→パトで先制!

その後も、ショートパスワークとフォアリベロをこまめに変更。本気で勝ちに行った。
アーリーは完全に封印。
結果は、1-1。
クリスが疲れた後半に追いつかれた。。。

しかし、休養が効いたのか?(士気アップ)
PK勝利!しかも6人目。しかもディアッラ。

今日の戦績は6戦5勝(1分)1敗。
オレ、強い?
白ガチは別人かな。

で、またキラ引いた。ブッフォン。名前くらいは知っている。スペイン人かと思ったら、イタリア人だった。いらないなぁ。

アルゼンチン、来い!

おまけ:
0708の白いフォアリベロは、クリスだけ。白いけどキラキラな活躍。
0809のフォアリベロは…

アンドレジアス!?
総合値72って、フィールド選手では最低じゃないの?
白ガチで使ってて、スタミナが少なくて困った。
でも、まじめな顔つきが大好き。で、今日引いたので、ためしに使ってみようか。
クリスとのダブルフォアリベロで。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-27 11:59 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成21年11月25日(水)

平成21年11月25日(水)

インフルエンザ日記、6日目。

うわぁぁぁぁ、忙しい!
長期休養明けの出勤。
中3日の”休日”だった。そしたら、今日は忙しくて当たり前だが、、、。

インフルエンザばっかり。。。。
実は、今まではそんなに流行っているという実感はなかったが、今日は違う。
やっぱ、流行ってる。大流行!

そんななか、こんなお客さん。
『喘息持ちの小学生。昨日から40度の熱と咳。昨日、近くの医者へ行ったら、「検査が陰性だからインフルエンザではない」と言われて、一般的な抗生剤だけ。今日も40度。』
なんか、どっかで聞いた話だ、おい!

どうして、こんな医者ばっかなんだよ、おい!
小学生に40度の熱を出す病気ってのは、インフルエンザ以外に何があるんだよ。
嘔吐下痢?溶連菌?これらは話を聞けば違いが分かる。


そんな、こんなで、午前中の仕事が終わったのは午後2時。
急いで帰宅。
長男が英会話に行く時間なので留守番をするために。
お昼のために、パンを買って帰ったら、、、、
1歳児が散歩をせがむために、パンを家に置いたまま外出。
おなか、すいた!

うれしい嘆きだけどね。

パンといっしょに買ったホットコーヒーが、アイスコーヒーになる頃に、やっと昼食。
1歳児のおやつといっしょに昼食。
平和な日常。

夜。当然、残業。
インフルエンザ休暇の間に、仕事がたんまりたまってる。
でも、もちろん、最低限の仕事だけを片付けて、、、
それでも、終わったのは、AM0時半だが、

さぁ、出発!いざ、高崎。
その前に、、、おなかすいたぁぁぁ。
子供と一緒なので、十分に食べられない。子供の前で、勝手につまみ食いができない。いっしょにいる時間が長くなると、おなかがすく。

チェーンのラーメン店でラーメン、カレー、餃子。
夜中の1時によく食べられると、自分をほめる。

そして、約1週間ぶりのWCCF。
高崎LLは1000円で5クレ。インフレ。

蓮さんがアーリーがいいとか、悪いとか、、よくわかんない。
多分、上方修正されていると予想。
なぜなら、ロングパスが通りにくくなった一方で、特技に付加したぶんについてはうまみをつける、というのが開発者の考えそうなことだから。

クレーベルを入れた白Bチームを作成。
白のくせして、AチームとBチームなんて、、、

☆☆☆☆☆☆⑪☆☆☆☆
☆☆☆⑩☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆⑨☆☆☆☆☆
☆⑦☆☆☆☆☆☆⑧☆☆
☆☆☆☆☆⑥☆☆☆☆☆
☆☆②☆③☆④☆⑤☆☆
☆☆☆☆☆①☆☆☆☆☆

①GK バルデス
②DF アレックスシウバ
③DF ぺぺ
④DF アダイウトン
⑤DF ベレッチ
⑥DF クリス
⑦MF クレーベル
⑧MF リシャリルソン
⑨MF アフェライ
⑩FW パト
⑪FW ファンペルシー
控え:ダゴベルト、フレッジ、ディアッラ、アレックス、ドミンゴス

1戦目、レギュラーリーグ。
こんな夜中じゃマッチングしないだろうと思ったら、予想外に対人戦。
しかも、

  マラドーナ!

そりゃ、こんな夜中までやるよね。
敵はマラドーナ他、キラジェラートなどR5。戦力比は35:65。
いきなり謝りたくなる数字。
で、マラドーナのドリブルってすごすぎ。多分、本当に足とボールが紐で結ばれてる。
そんな感じのCG。
しかし、マラドーナにパスが通らなければ、ただの人。ことごとく鬼クリスが、パスをカットする。たまに、パスが通っても、小鬼ぺぺがマラドーナを止めちゃう。

あとは、パト様がしっかりとお仕事して、なんと3-0の勝利。
いまだにどうして勝てたのか理解不能。

2戦目もレギュラー。敵は「イエローカナリアン」、つまりブラジル代表。
僕のチームは白いブラジル。つまりブラジル補欠。
ロナウドにやりたい放題にやられて敗戦。
しかし、最後に、しっかりと、

ディアッラがロナウドを負傷退場させた!
レッドカードだけど…

その後はCOMに、引き分け、勝ち、勝ち。
最終戦は負傷退場のパトに代わって入ったフレッジが4得点。やるな大泉。

☆アーリークロスの実験
Kクレーベル → Iファンペルシー
クレーベルが左サイドなので、左利きのファンペルシー。
連携細線。Bランク。
基本的にアーリーをつけっぱなし。左と中央もつけっぱなし。

結果は5戦で2点。1点はマラドーナ戦。
みんながどんどんクレーベルにパスする。相性がいいから。
しかし、クレーベルがなかなかクロスを出さない。
クロスを出せば、あとは運次第、腕次第。正確な技術があれば、おそらく50%くらいの得点率。

バーアプで上方修正の感じがします。
問題は、アーリーをつけっぱなしにしなかった場合。
クレーベルがボールを持った瞬間に、アーリー設定では遅いんだよね、それが今後の課題。

スペイン人のキラを引いた。知らない人、ちぇっ。
網野さんが欲しがってるから、あげるぅ。

子供が床で寝ている心配があるので、2時に帰宅した。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-26 18:04 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成21年11月24日(火)

平成21年11月24日(火)

インフルエンザ日記、5日目

火曜日は本業がお休み。
でも、もちろん、休日という意味ではない。
自宅には、子供が二人待機している。インフルエンザ明けで、まだシャバに出ることを許されていない子供が二人。

長男は、完璧に回復。
以前、喘息といわれたことがあり(私ではなく、他の医者から)、少し心配だったが、タミフル速攻が非常に効果的であった一例である。
しかし、規定の5日間まであと1日。幼稚園に行っていいのは、明日からだ。

1歳児は、やっと回復。
昨日の時点で、もう治ったのかなぁ、と思うほど元気だったが、今日はさらに違う。
今日が100%なら、昨日は80%の仕上がり。
ダッシュ力が違う。スピードが違う。反応が違う。
昨日は黄色い顔。今日は赤い顔。
で、もちろん規定の5日間まで、あと1日。今日も外出禁止。

ということで、
機動力の高い2人の子供と、僕一人。火曜日は、妻は仕事。
2対1のマッチング。

当然、「休日」どころではなく、大奮闘の日。
家中を追い掛け回し、家中を片付けて、ごはんを食べさせ、昼寝させ…

でも、いつもの日常に近づいた。
よかった、よかった。


新型インフルエンザには、人類全員が感染しないといけない。
この星に生まれた人の全員が、死ぬまでに1回は感染しないといけない。ウイルスとはそういうもの。
一度感染すれば、体内に抗体ができる。抗体ができればもう感染しにくくなる。感染して、抗体を作っておかないと、流行が起きるたびに、マスクをして自宅に引きこもらないといけない。常識的な社会生活をしていれば、それは不可能。
もしも今年感染しなくても、来年、あるいは再来年、あるいはその翌年…

どうせ感染するならば、早いほうがいい。
今のうちなら、ほとんどの場合、タミフルが効果的だから。
来年になると、もしかするとタミフル耐性ウイルスが爆発するかもしれない。

なので、今回のことは、本心からうれしい。大変なことが1つ、通り過ぎたから。しかも、比較的軽く。だから、焼肉でお祝い。

ただし、1歳児は、検査で陰性だったため、ひょっとするとインフルエンザではないかもしれない。99%間違いはないと思うが、近いうちにまた発熱した場合の対処が困る。
またまたタミフルを飲ませてよいものか、、、。


しかし、、、
僕には感染しなかったのだろうか、、、。
子供が発症する前日の夜に、30秒だけ、本当に30秒だけ悪寒がして、37度ちょうどだったが。
単に気温が寒いから、と考えていたが…
新型に対する予防注射を接種したのは、11月19日。それでは、まだ効果は発揮されていないから、、、。
ま、いっか。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-26 18:02 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成21年11月23日(月祝)

平成21年11月23日(月祝)

インフルエンザ日記、4日目。

1歳児は相変わらず37.5度。
でも、元気になりつつある。昨日よりは動きが軽いような…

長男はもちろん100%全開。
朝から、二人でD51を見に行く。

新前橋駅に隣接した車両基地。お座敷列車や、電車の洗車機などがある。
それらを自動車の中から見物していると、お目当てのD51到着。
外に出たい?って聞いても、答えは当然、
「汽笛の音が恐い」

今回ばかりは、その意見を尊重。

家に帰った後は、当然、室内遊び。
だんだんとネタがなくなってきたので、「めばえ」やらの子供雑誌を購入。
付録やシールで時間を過ごす。
せっかくの連休なのに、というよりは、連休でよかった。
さすがに仕事を休むわけには行かないので。

自宅にいるおかげで競輪祭をテレビで見ることができた。
「ちょっとニュースを見よう。自転車のニュースね。」
と子供に断って、テレビ観戦。そうしないと、
「お父さんばかりテレビを見ていてずるい」と言われる。

ちなみに、「動物のニュース」もあるけど、子供いわく
「馬だけじゃなく、他の動物も出るニュースがいい」とのこと。

競輪祭決勝。
浅井(三重)と永井、加藤、山田の岐阜3人の中部ラインが強力。。。。
のはずだったが、、、
浅井が弱いのか、カスなのか、欲を出したのか、
普通、かましだろ、普通!
それができずに、4人出切れずに、平原が加藤の横で競り。

なんで、浅井はもっと踏まないの?というよりは、平原が強かった。
浅井がどんなに踏んでも、どっかにくらいついて、どかして、まくって、優勝。
一人舞台とは正にこのこと。
後が赤の他人だったから、この戦法ができるんだよね。
もしも、武田と神山様が後にいたら、、、、


夜は、みんながそこそこ元気になったことを祝して焼肉。
家で焼肉。
いつもの慶安亭から買ってきて、家で焼く。
そりゃ、お店に行ったほうが、何倍もおいしいけど、それは不可能な相談。

さらに、夜。
妻の友達から電話。
「幼稚園生の子供が、朝から40度の熱と咳。喘息の持病あり。祝日当番医に行ったら『休日なのでインフルエンザの検査ができない』と言われ、薬なし。」

おいおいおいおい、
おいおい!
お前、医師免許捨てろ。今すぐ、破れ。

その友達は、兵庫県垂水在住。タミフルを届けることもできず。
すぐに大きな病院へ行くことを指示する。もしも、そこでもタミフルがもらえないなら、さらに違う病院へ行って、もらえるまで探すことを指示した。

新型で死亡した子供の記事を読まないのかね、医者は。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-26 12:58 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成21年11月22日

平成21年11月22日

インフルエンザ日記、3日目。
雲ひとつない日曜日。
予定していたリンゴ狩は中止。

1歳児の状態は、よくも悪くも昨日と同じ。
37.5度なのに元気がない。
さすがに、1歳児は治りにくい、というか長引きやすいな。
それでも食欲があるので、安心して見ていられる。

そして、一方、長男は、、、、
「鬼ごっこしよう!」

おかげさまで、100%というか120%回復。
しかし、規定により外出禁止なので、室内でしか遊べない。
こんなにいい天気なのに。。。

で、鬼ごっこをしたいんだって、家の中で。
いくら我が家が大豪邸とはいえ、鬼ごっこはできません。
風船を蹴ったり、階段を意味もなく上下したり、、、、
ソファの背もたれに立ち上がって、床に飛び降りたり、、、
「ソファが壊れるぅ!」
うれしい悲鳴です。

しかし、夕方、
「機関車を見に行こう!」だって。
毎度毎度のD51を見に行きたいそうだ。
規定では、シャバに出てはいけないけれども、自動車内にいるぶんには問題ない。いつものように自動車の中から見物しよう。

親子二人で駅へ向かってドライブに出発。
しかし、、、実は疲れているらしく、家を出てすぐに眠ってしまった。
駅に着いても、D51が来ても、汽笛の音が鳴っても、どんなに起こしても起きない。
仕方ないので、一人で見物。

真っ暗な中に、D51の大きな黒い影。
新前橋駅車両基地の照明が、キラキラと車体に輝いている。煙突とブレーキから出る煙は、黒ではなく、白。
黒い車体に真っ白な煙。
大人が十分に感動できる。

で、子供は?
家に帰って、目を覚まし、
「さぁ、機関車見に行こう」だって。。

今、駅に行ってきたじゃん。
と言っても、
「おぼえてなーい!」と言って怒る、泣く、わめく、。。。。

明日の朝、再度見に行くことで両者納得。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-26 12:57 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成21年11月21日(土)

平成21年11月21日(土)

インフルエンザ日記、二日目。
適当に仕事。この言葉は、もはや日常。

1歳児は37.5度しかない。それなのに、元気がない…
「37.5度」というのが間違いだろう。

赤ちゃんの体温は非常に測定しずらい。
そもそも、いやがってまともに測らしてくれないし、さらに脇の下から少しでもずれれば、低めに測定される。
赤ちゃんの循環水分量は大人に比べて非常に少ないので、体の温度が全ての場所で一定ではない。
体の中心部は、いわゆる体温(37度くらい)だが、末梢に行くにつれて温度が低下する。
首の付け根は「中心部」だが、鼻や頬は「末梢」。おでこは微妙。
おでこを触って冷たく感じても、熱があることがよくある。
さらに手足は当然「末梢」。
40度くらいの発熱をしているにも関わらず、手足が冷たい場合は、温度が体に行き渡っていない、つまり、循環している水分が非常に少ないことを意味する。
要するに、「脱水」で危険な状態。
水分を飲めなければ、点滴が必要。

1歳児のおでこを触ると、熱い。
でも、体温計は37.5度。測り方の問題なんだろうな、残念だけど。
だって、元気がないもん。
しかし、幸いにも食欲はある。
もともとが大食いだから。女の子のくせに、僕に似て大食いだから。それが功を奏する。
もちろん、こんなときは食べなくてもいいから、飲め!
飲め、飲め、飲め!

100%果汁ジュースは、ビタミンCが空っぽの胃を刺激するので、多くは飲まないほうがいい。アクエリアス、ポカリなどのスポーツドリンクが最適なのは分かるが、おいしくないから子供が飲みたがらない。
「果汁の入ってない」オレンジジュースみたいので十分。砂糖と水で十分。欲を言えば塩。野菜ジュースを少量追加。
アンパンマンのジュースを大量に購入。キャラ物の威力絶大。
アンパンマンって、本当に偉いんだね。みんなの味方。


一方、長男は元気100倍。ほぼ回復。
でも、インフルエンザの規定で「5日間はシャバに出てはいけない」。
誰もそんなこと守らないけどね。


発症から12時間以上経過したので、1歳児の検査をしてみた。
結果は予想通りに陰性。
子供は鼻の穴を擦りにくいし、治療によりウイルス量が減っているから、検査で捕まえることができない。でも、もちろん、検査なんか関係なく、診断は新型インフルエンザ。
マイルCSのカンパニーくらい固い。(ん、単勝2倍?)
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-26 12:56 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成21年11月20日(金)

平成21年11月20日(金)

ついに、インフルエンザ日記。。。。

長男がインフルエンザになった。

昨夜(19日)、元気にお風呂に入って、いつもどおりに、はしゃいで、騒いで、、
そろそろ寝ようか、という時間になって、

「寒い…、もっと布団かけて」と。

ギクッ。
元気に遊んでいた子供が、たった10分の間に突然発熱。
39.5度。

こんな急激な発熱はインフルエンザ以外に考えられない。
京王閣の村上以上の確信を持って、新型インフルエンザで固い。
速攻で薬(タミフル)を内服。こればかりは、特技発動。

インフルエンザの治療は時間との戦い。発症してから、いかに早く薬(タミフル)を飲むかによって決まる。
それなのに、
「発症してから12時間しないと検査で出ない。検査してから薬。」とか、
「検査して陰性だったので薬は不要。」とか、
いまだにアリエンな医者が多すぎて困る、というか、驚く。


しかし、一生に一度は通らないといけない(感染しないといけない)道なので仕方ないとはいえ、
39度の熱を出して、うんうんうなっている子供を見ると、親はつらい。
一晩中、付き添い。
途中、夜中に鼻血を出した。

【出血症状】
ある特定のウイルスには、血管そのものに感染する力がある。血管を破って出血させてしまう。
マールブルグ出血熱、エボラ出血熱などの恐いウイルスが有名だが、「強毒型」鳥インフルエンザも出血症状がある。
そして、今回の「弱毒型」新型インフルエンザも、鳥インフルエンザと同様の構造を一部に持っているので、出血症状を呈すると考えられている。
水戸で医療従事者が感染後の脳出血で死亡、とか、小児が脳症後に脳出血で死亡などの例が報道されている。


心配な一夜を過ごして、朝(11月20日)。
体温36.9度!
すげぇな、タミフル。
いくら発症後超速攻(約10分)で服用したとはいえ、インフルエンザが1日で治った。
というか、10時間足らずで治った!

さすがに「治った」というのは言いすぎだけど、夜に比べれば元気100倍。
しかし、次には1歳児がいる。
咳をゴホゴホしている患者(兄)と、これだけ濃厚に接触していて、うつらないわけがない。今は、100%元気にしているけど、かわいそうだけど、悲しい未来が見える。


そんな状態で、仕事なんて平常心でできるわけない。
ん?いつもと同じとも言える?
午前の仕事を早めに切り上げて(そんなことが可能か?!)、昼休みに帰宅すてば、予想通りに、1歳児発症。
同じく、速攻タミフル。タミフルのショートカウンター。タミフルのアーリークロス。

ついでに、長男のインフルエンザ検査なんてものをやってみる。
完全に趣味の世界。だって、症状を考えれば診断は確定しているから。
「子供の場合は陰性に出やすい。」ので、あまり期待してなかったが、、出た!

A型陽性。つまり、新型。
(よかった、よかった)

その夜。
1歳児は、なんとか37.5度で発熱が止まっているものの、元気なく、しかも鼻血。。。
再び、心配な夜を過ごす。
でも、1歳児のインフルエンザが37度台ですむなんて、そんな幸運なことはないんだけどね。

長男によると、
月曜日に熱を出して幼稚園を休んだ友達が、たった二日しか休まず、水曜日に登園したらしい。インフルエンザの検査が陰性だったので、それ以上の出席停止扱いにはならなかったそうだ。
でもって、うちの子が木曜日に発症。

あきれる、という単語のレベルをはるかに越える。

自分の身は自分で守れ。
自分の子は自分で守れ。
てことだ。
世の中、リスクだらけ。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-26 12:55 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成21年11月19日(木)

平成21年11月19日(木)

WCCF日記。
強いのなんのって、オレの白チーム「ホボ・ブラジル」。

昼休みを1時間ゲット。
バッティングセンターへ行きたい気持ちを抑えて、WCCFへ。
だって、強いんだもん。

☆☆☆☆⑪☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆⑩☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆⑨☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆⑦☆☆☆☆☆⑧☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆⑥☆☆☆☆☆
☆②☆☆③☆④☆☆⑤☆
☆☆☆☆☆①☆☆☆☆☆

⑪パト
⑩ファンペルシー
⑨アフェライ
⑧リシャルリソン
⑦ディアッラ
⑥クリス
⑤アレックスシウバ
④ぺぺ
③アダイウトン
②ベレッチ
①バルデス

⑫ダゴベルト
⑬フレッジ
⑭ロドリゴタバタ
⑮ドミンゴス
⑯アレックス


立ち上げて10戦めのチームなのに、「鬼」がいる。

鬼No3:3人。
ディアッラももちろん使えるが、サイドバックのベレッチと、サイドバックにされてしまったアレックスシウバも、どんどん止める。ベレッチのスピードで何度も救われた。

鬼No2:クリス
☆がないのに相変わらず鬼だよ、この人。でも、No2。

鬼No1:バルデス!
サービス?
補正?
違うんですけど、他のキーパーと。

「キーパーボタンが下手だから白ガチで負けた」
と言われる私ですが、そんな下手な私のために、バルデス本人ががんばりすぎ!
ボタンの反応もいいし、クロスはもちろんセーブするし、シュート直前の球も体で止めちゃうし、1対1をファインセーブもするし、、。
この人、白でいいの?

FWにも鬼はいますよ、もちろんパト。
化け物かぁ?
ただ、パトの個人技は素晴らしいが、そこまでつなげるかどうかが鍵。
その役目は、アフェライと、ファンペルシーと、監督。

中央突破と、右サイドの点灯を調節して、アフェライまたはファンペルシーからパスを出し、パトのシュートまで持っていく。
なんたって、アフェライとファンペルシーとは、250試合以上すごした私です。彼らの特徴くらいはつかんだつもり。

でも、試合以外でのファンペルシーとの相性(三択)はダメダメつづきですが、、。
だから、少しも擦らない。


今日も6戦。でもって、6勝!

その極めつけは、エンタープライズカップ。
決勝の相手は、チャールトン他キラ黒5。
準決勝(対人)を4-1で楽勝している。これは強い。
というか、

私との戦力比64:36。
これは、、、強すぎる。

ところが、、、、
パト爆発!

さらには、敵がパトを抑えたところを、まさかのアフェライシュート!

守っては、鬼が大活躍。
クリスとディアッラで中盤は完全制覇。
時折、サイドを突かれて、やばい!、と思ってもアレックスシウバ(左)とベレッチ(右)がクリア。

2-0で勝ち。
前のカード(100試合)で無冠だったのに、新チームでいきなり10戦目で初タイトル。
でへへへっへへ。。。

アフェライとファンペルシーを操る監督の腕前、ってことにしておいてくれろ。
(パトとクリスのため、とは言うな。)


ついでにカードも引きがいい。

ディアッラ(フランス人):コシュに高く売りつけよう

メッシ(アルゼンチン):Fw18、Tec19、Sp20、94。これはズルイだろ?キラより強いんじゃない。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-20 10:10 | ただの日常日記 | Comments(0)  

11月18日(水)

平成21年11月18日(水)

午前中は仕事。
予約が1名なので、「またーり仕事して、帰り道はゲーセンかな」なんて思ってたら、、

実際、予約1名なんてことだと、自営業としては厳しいのだが、、
予約外であふれていただきました。
この季節に「またーり仕事」なんて、アリエンだね。

それでも、おばあちゃんのおかげで、急いで帰る必要がない。
WCCF、やりたい!
新チーム、やりたい!

昼食をすきやで済ませて、マトリクス直行。
はやる気持ちを抑えるために、「とりあえず絆」

今日からリボーコロニー。4対4。
あっち:大佐3、少佐。
こっち:大佐、中佐、少佐、大尉(私)

私って、場違い?なマッチング。
結果も、明らかに、僕のせいで負け。。。。
「もどれ」と言われて、もどりたいのに囲まれてオチ。でもって、逆転敗北。

実力痛感。しばらく絆、やめておこう。。。。

WCCFは1000円で6クレ。

オレ、強い?
オレ様、強くない?

ボトムズにも負けてた私が、
無冠で100戦を終わった私が、
新チームになってから無敗!

レギュラー2部なので、COMが相手だが、楽勝、楽勝。
フレンドリーでたまたま、対人戦となり、1:1の引き分け。
それ以外は全勝、6勝1分。

所詮、レギュラー2部だろ?とは言うな。
オレにしてみれば、なんだろうが、誰が相手だろうが、文句の言いようのない成績。

好成績の秘密は、、
・アフェライがダブル覚醒
・パトが化け物(☆なし)
・クリスだって、化け物(☆なし)
な、ところでしょうか。

パトなんて、1試合平均2得点。普通にハットトリックしてきてくれる。
だんだん、使い方が分かってきたからね。

目標、打倒網野白チーム。
(いきなり、高すぎ?コシュくらいで妥協するか。)
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-19 19:01 | Comments(0)