<   2010年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

平成22年3月30日(火)

平成22年3月30日(火)

仕事がお休みだけど、育児の日。決してお休みではない日。

春休みなので、長男もご在宅。長女と含めて、1:2のマッチング。
しかし、長男はプラレールさえ渡しておけば一人で遊んでくれる。
問題は長女。。。。

箸が転んでも怒り出すお年頃。
食事のときに、いっしょに横に座ってない!と言って怒り出す。
こっちも慣れてきたので、まぁ、笑い話の範疇。

同じく笑い話なのは、長女の食欲。
食べ物にはめざとい。めざとすぎる。長男にだけ特別なものを出すと、それをよこせ、と暴れだす。
お餅は無理だよ、という理屈は通じないから、しかたなく「きな粉」だけ食べさせる。
すると、これがおいしいらしく、きな粉だけひたすら食べ続ける。

僕のビールにも、それをよこせ、という意味で「あー、あー」言う。
ためしに飲ませれば、さすがにマズイらしく、べーと吐き出すが、まだ辞書には後悔と言う文字がないらしい。

長男のカラムーチョにも、手をのばす。仕方なく、何気なく食べさせたら、まさに「ヒーヒーおばあちゃん」
ひー、といって半分泣き出した。
さすがに辛いんだね。でもまだ、後悔とか学習とかという単語はない。


午前中、そんな食べてばかりの長女と長男を外へ連れ出す。
ガソリンスタンド、買い物、ツタヤ、、、
晴天だけど、真冬並の寒さ。しかし、子供は元気にツタヤへ。

正午に帰宅して昼食。本来なら昼寝の時間。しかし、長女は、目の前に食事が並んでいて眠ってしまうほど低レベルではない。しっかりと食べきる。
食べたら眠くなるほど、やわではない。しっかりと塗り絵を希望する。


午後は、ガーデニング。
僕にそんな趣味はない。どちらかというと苦痛。寒いし風も強いし。
しかし、長男の希望。おそらく、今の幼稚園の影響。
家族で花屋(植木屋)へ行き、みんなで庭へ”植樹”。長女が一人前におもちゃのシャベルで砂を掘り、みんなと同じことをしている(つもり)のには笑う。

何もなく幸せな日常。


ゲーセンもない…

夜。残業があるはずだったが、、、
眠くて仕方ない、なぜだろ?
夜12時に一度、眼が覚めたが、その後5時半まで熟睡してしまった。
さすがに、こんな時間まで寝たことは初めてだ。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-31 12:53 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成22年3月29日(月)

平成22年3月29日(月)


昼休みが1時間半。やっと普通の状態か。
昨日の妄想のつづきで、フレンドリーマッチ用のチームを作りたい。

決定事項:

チーム名「ビアトリマニア」
蓮さんも認めるビアトリの強さをもっと世の中の人に知ってもらいたい。
とはいえ、実物のビアトリのことなんて何もしらないけど。。

で、メンバー
FW ビアトリ B
FW イグアイン C
MF アフェライ C
(他は未定)

全白。アルゼンチンを基本に、ビアトリ以外は全部グループC。
グループCは優良白が多い。うれしい悩みだけど、その中でも大好きなアフェライは決定。
それならアフェライが弟子になったままで停止している古いICを使おう。

ということで、(たまたま月野さんと同じ時期に)ゲーム開始当初に活用していた全白チームのICと選手カードを持ってマトリクスへ。

0708の白ガチで惨敗したあとに、メンバーを微調整して作った全白チーム。
パトとファンペルシーがエース。他には、バベル、アドリアーノ、アッピア、Mディアッラ、クリス、アレックス、ぺぺ、ベレッチ、デミチェリス、バルデスなど。

ところが、なぜかICが3枚もある。
当時、似たようなチームを3種類も作って遊んでいたため。
で、どのICでアフェライが弟子になっているのか分からない。
ゲーセンでICをサテに入れても、弟子「パートナー」の表示がない。
困ったので、、とりあえず1クレ。

3枚のうちの1枚。真っ白のICカード。レアルもの?
情報を見ると、2代目に引き継がれたICであることは間違いない。
当時、アドリアーノがめちゃくちゃ強くて、「このチーム、すっげぇつぇぇぇ」って思ってた気がする。

ところが、なんと、
34勝12敗8分
何、この惨めな成績?
これでも「つぇぇ」って思ってた自分って?。。。

という複雑な気持ちとともに300円投入。
お金を入れると、やっと「パートナー」の表示が出てくる。これってセガの策略?
アフェライとクリスが弟子だ。
せっかくなので、というよりも、仕方なく1クレ。ちょうどレギュラー1部で対人戦。

敵は全黒。
キラが1枚もなく黒で統一してあるのが美しい。メッシ、テリー、シュバインシュタインガーがいた。あとは覚えてない。
こっちは全白だから、47:53で劣勢。

で、久しぶりのチームなので疲労状況も知らず思いっきり練習したら、、、

クリス疲労蓄積。
アドリアーノ疲労蓄積。
アンドレジアス疲労蓄積。
みなさん出場不可能。

さらにデミチェリスが0708のマリーシアだったりして、仕方なくディアッラの「ワイドカバーリング」でしのいだりして、DFも5枚にしたりして、、、
でも、強い、このチーム。
ぺぺとアレックスが一通りのことをしてくれる。
そして、やはりパトは鬼だ。4ヶ月ぶりの御対面だが、相変わらず強すぎ。
2-0で楽勝。
しかし試合後のヒーローは、なぜかペルオが映ってた。無得点なのに。

うーーん。悩ましい。またこのチームを続けたくなった。
アフェライのカードを探すのが目的だったのに…


今日は1クレでおしまい。昼休みは帰宅。家に帰れば、
「いっしょに遊ぼーーーーーっ」という長男と、相変わらず機嫌が悪くてギャーギャー言ってる長女が待っているから。
おやつにビスケットを食べて、その粉が手に付いた!と言って、泣き喚く長女。
まじですか?
ハムサンドの中に、紙ふぶき1枚ほどのレタスが混じっていた、と言って怒る長女。
おいおい。。。

だんだん、慣れては来たけど…
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-31 12:52 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成22年3月28日(日)

平成22年3月28日(日)

昨日と打って変わって内容の濃い日。

朝9時から長男の英会話の発表会がある。
たかが4歳の子に発表会?!

先生「What is your favolrite snack?」
長男「I like spicy chips.」

こんな感じの原稿どおりの会話を約1分間、小さな会場で披露する。ちなみに彼の好みは「カラムーチョ」。

生徒(子供)は30人くらい。親の数はその倍。中には祖父母総動員で見学に来ている家族もある。もちろん、親の気迫は満点。そりゃ英会話に子供を通わせるような親だから…
(うちの場合は、ここの校長先生が患者さんだから通わせてるだけ、という言い訳。)
子供が「ABCの歌」を歌うが、音程はヘロヘロ。それでも親は大喜び。

午前10時に発表会はオシマイ。
発表会のご褒美としてラウンドワンへ。
寒い雨の日曜日。当然、混雑。世の中的にはインラインスケートが人気のようだが、うちの子供は三輪車とボールプールで満足。
昼近くに、長女が眠たそうで機嫌が悪くなり、妻と二人で帰ってしまった。

残されたのは僕と長男。車もない。
ここから「小旅行」の始まり。

お昼は「アンパンマンのレストランがいい!」と。
アンパンマンと提携した夢庵(すかいらーくグループ)の勝利。
子供からは絶大な人気のはず。それでも不景気なのは、味が問題?
夢庵までは、ラウンドワンから徒歩15分。雨がやんだ隙を見つけて二人で歩く。
手をつないで散歩。途中、道端に落ちているパンを見つけて喜び、犬にほえられて笑い…楽しい散歩。

夢庵でお子様セットを食べた後は、また歩いてJR前橋大島駅へ向かう。
JR両毛線という、どちらかというとローカル線。この1本に乗り遅れたら、次は来ない。
のたのた散歩していたら、電車の時間がせまってきた。あわてて長男を抱っこして走る。相変わらずかなり鍛えているよ、おれ。
しかし、16kgの長男は、さすがに重たい。息がはぁはぁしてきた。
すると「お父さん、僕、走るよ」って。
泣いちゃいそう…

無事に駅に着いて、僕が、
「雨がやんでてよかったね」と言うと、
長男は、
「雨が降ってよかったね」と。
「道の草と花が喜んでいるよ」だって。
泣いちゃいそう…

前橋駅まで電車で移動。そこからまた歩いてケヤキウォーク(ショッピングセンター)へ。
超絶大混雑のショッピングセンターで時間を潰していると、妻が来るまで迎えに来てくれた。
小雨の中の、散歩旅行終了。


楽しい一日。
しかし、まだまだ。
夜の残業のあとは、久しぶりに高崎経由で帰宅。
国ガチも白ガチも空白期間なので、アルゼンチンAチーム。

レギュラーリーグ1部で対人戦。
なんと戦力比60:40で優勢。しかも相手は全白。しかも、相手はアルゼンチン!
これは負けられない。。。が、、

サビオラ、つぇぇ。
ピネダって、誰?
アルゼンチンには強い選手がいっぱいだね。
でも、うちのビアトリも強い。2-1で辛勝。ほっ。

次がチャンピオンズなんとかの裏でフレンドリー。
対人1つを含み当たり前だけど全勝。
しかし、、、もう50戦以上消化したのに無冠。
というか、カップ戦に出たことすらない。
個人能力は順調に成長し、デミチェリス、エインセ、ブルディッソ以外は覚醒リーチ。
DFの要が成長してないのは、フレンドリーばかりで楽勝だから。
もちろん連携は発達。黄金6本。

でもこれって問題でしょう?
これからAチームは公式戦のみ参加して、フレンドリーマッチ用に別チームを作ろう。
もちろん、本気じゃないチームを。。。たとえば、

ビアトリマニア
パレルモマニア
ソン ナ ヒトタチ

妄想が止まらない。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-29 12:53 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成22年3月27日(土)

平成22年3月27日(土)


典型的な土曜日。
何もしない、何もない土曜日。それが幸せ。

それなりに忙しく仕事。もちろん平均的な忙しさ。
山田うどんでうどんを食べて帰宅。

自宅では、相変わらず機嫌の悪い長女が待っている。
言葉がそこそこ理解できるのに、自分からはまだうまく伝えられない、それがストレスになっているのだと思うのだが…

スプーンのうさぎの絵を指差して、「あー」と言っている。
「うさぎだね」と返事をすると、、、大爆発。
正解は、そのスプーンでヨーグルトを食べさせろ、ということだったらしい。

WCCFよりもランダムの要素が大きく、WCCFよりも不正解のときの爆発度が大きい。
ただし、抱っこすれば機嫌が治まってくれるので、WCCFよりはあとに影響を残さない。


夕食は、長男の希望で、
「そばひろへ行きたい」って。
「そばが食べたい」じゃなくて「そばひろ」を指名。
本人はあまり店名を意識しているとは思えないけどね、「そばひろ」は”蕎麦湯”を出さないことで有名。
広いお座敷があって、子連れでも大丈夫なので、仕方なく行く。

長男は、4歳のくせに「ざるそば食べたい」だそうで、、
でも、僕のカツ丼を見るなり、「カツ食べたい」だそうで、、、。

夜。子供と一緒に、子供よりも早く寝てしまう。
これで、想定外の睡眠が3日連続。まじでまずいな。
仕事がドンドンたまっていく。
さらに悪いことに、睡眠時間をとっているくせに眠い。予定外の睡眠ってのは効率が悪いから。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-29 12:53 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成22年3月26日(金)

平成22年3月26日(金)

カードショップじらいや経由介護審査会行き。

午後1時開店の「じらいや」へ1時に到着。
何か目的があるわけではないが、光に吸い寄せられる虫の如く。

ショーケースのカードがキラキラ光って、一瞬「欲しいな」と思うが、
よくよく考えれば、使う予定の全くないカードを買うのはとんでもなく無駄金。
理性で押しとどめる。
一方、1枚50円のカードも、見ているだけであれこれと欲しくなる。
使うかもしれないから…
という理由で、ファンペルシーの黒とか、よく知らない選手だけど優良そうな白を数枚購入。
大人の無駄使い。。。。


介護審査会には定時の5分前に到着。しかし、すでに全員到着済み。
みなさん、暇なの?
ちょうど1年前に始まった審査会。1年前は1時間かかっていた会議が、最近は、
「30分かかると遅いほう」
僕も含めて、みなさまのスキルが上がったようです。

早く終わったら、当然ごほうび。
帰り道はボストンでWCCF。

アルゼンチンAチーム(U5)
50試合消化。
ゆっくりと腰をすえてゲーセンに行く暇なんてないから、フレンドリーマッチばかり…
いまだに無冠。士気が低い。15くらい。
さらに、フレンドリーだとイグアインが覚醒してしまうから試合に出せない。
ちょっと欲求不満。
ラウンジをこすれば不当なランダム設定。
少し欲求不満。
ミーティングをすれば評価に納得しない。
かなり欲求不満。

現在、16人中11人が個人☆4つ。
グランドは成功率が高いんだけどね、、。


今日は対人2戦。
がっくりレギュラーリーグ1部を残念2戦。

今日もこれまで同様に、FW縦置き中央突破で遊んだが…

☆☆☆☆①☆☆☆☆
☆☆☆☆②☆☆☆☆
★★★★③★★★★

①ビアトリ
②メッシ
③リケルメ・ガーゴ

ま、カードの位置を少し変えたくらいで異変が起きるわけない。
FW縦置き2枚は、COMには有効だけど、当然、対人には普通。ふつー。
でも、選択肢の一つとして配置を研究する価値はある。
特に、ポストプレイ。
特に、センターポスト(ビアトリ)、セカンドポスト、ワイドポスト、、、ではなくて、

ハイポスト(パレルモ)。

FW縦置きを経験した結果、劇的に勝率が上がるわけはないが、サッカーを知らない僕が「ポストプレイ」を少しだけ理解できた。
ま、これが人生を変えるほどの収穫とは思えないけど、、、グッドでしょう。

でも試合結果は普通。ふつー。ぶー。

1戦目、47:53で劣勢。
うちのキローガがロナウドを倒してPK。敵に攻められたのはこの1回だけ。
でも1点献上。
そのあとは攻め続けて、でもスイーパーに止められて、配置を普通のツートップに戻して、後半ギリギリにやっと1点。1-1引き分け。

2戦目。41:59で劣勢。
敵は全黒キラ。誰がいたか、いちいち覚えてない。
前半0-0で、このままかなと思ったら、DFが疲れた後半に失点。0-1。敗戦。
勝てそうな相手だったのになぁ。こんなんばっかり。


しかし、
敗戦にガックリしているわけではない。
戦力比にガッカリ。
50戦も消化して、黒5なのに、いつも戦力比は劣勢。敵は30戦消化とか、さっきの全キラなんて10戦未満なのに…
国ガチでも白ガチでも戦力比が優勢になったことがない。
育成が下手なんだろなぁ。もっとギリギリまで練習すべきなんでしょうね。
WCCF歴が半年を越えているのに、いまだに練習のピコーン、ピコーンが苦手とは…

そんな自分にガッガリ。

無理矢理プラス要素を探すと、、

バイタルエリアプレスって、いいね。
全キラで喜んでいるような、個人技で突破してくる相手に対しては有効。もちろん、インターセプトも安定しているけど、、、敵のタイプで使い分けできる。
エインセに高価な値段で取引されているのも納得。
問題は、ディフェンスと奪取を練習しないといけない。
奪取は支配の反対。つまり、ゲームメイクをするならバイタルエリアプレスはできない!
できないことはないんだけど…

もひとつ。
0708白ガーゴのほうが、0809黒ガーゴよりも一生懸命奪取する。
こんなことってあるの?
眼の錯覚かな?


夜。
子供と一緒に熟睡。というか、熟睡したらしい。
自分がいつの間に眠ってしまったのかさえも分からない。さすがに、睡眠不足蓄積。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-27 13:40 | ただの日常日記 | Comments(1)  

平成22年3月25日(木)

平成22年3月25日(木)

昨夜は雪がちらついた。今朝は当然寒い。
そしたら、当然風邪をひく。
風が吹いて桶屋が儲かる。

昼休み。
たまたま外回りの用事がない。ぽっかりとあいた一日。
ゲーセンに行けば1時間以上遊べるかも…

しかし、今日は春休み。しかも雨。
家で欲求不満の子供が二人いる、はず。帰って一緒にぶつけあおう。
すきやで急いで昼食をとり、ゲーセンの前を素通りして一時帰宅。
偉いな、おれ。というか、この見返りは必ず!

雨。家の中で塗り絵や、お絵かきや、なんだかよくわかんない叫び声やら、、
そんなことで1時間を過ごし、職場復帰。

しかたないから、WCCFの妄想だけしておこう。

今、活動中、あるいは構想がほぼ決定しているチームは、
①アルゼンチンU5
②アルゼンチン白
③さそり座U5
④0809白ガチEGH
さらに
⑤白いオランダ
⑥白EGHベスト(白イニエスタ)
⑦それらをまとめたマイベスト白

いそがしすぎる…一日10時間くらいゲーセンに行かないといけない。

で、③さそり座U5の新チーム構想。

①から④のうち、③以外の全てに登場するのはエインセ。
③も含めて全4チームに登場するのがパレルモ。
自称パレルモマニア。エルロコはパレルモの愛称。日本語に訳すと「奇人変人」。

パレルモのカードは3種。
0708白 18,3,15,18,9,11 ハイタワー
0607黒 18,4,15,9,10,12 ラインブレイク
0607☆ 19,4,15,9,15,14 ゴールスピリッツ

さそり座U5では白以外のパレルモを使いたい。
で、こんなんなりました↓


☆☆☆☆☆①☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆②☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★★★★③★★★★★
★★④★★★★★★★★
★★★★★★★★⑥★★
★★★★★⑤★★★★★
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆⑦☆⑧☆⑨☆⑩☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★★★★⑪★★★★★

①E ●パレルモ
②G ☆アイマール
③I セルヒオ
④C ジャコマッツィ
⑤F ●スコールズ
⑥G スミス
⑦D ベルマエレン(弟子)
⑧A ●ファーディナント
⑨F ガランテ
⑩J ルベイエール
⑪K ☆シュマイケル

⑫B イアクィンタ(弟子)
⑬C ファルファン
⑭G マルティンス
⑮E ヘイティンガ
⑯B べトン

攻撃KPアイマール「スルーパス」、セルヒオ「ゲームメイク」
守備KPファーディナント「0607アンチコンビ」「0708オーガナイズ」「0809全員攻撃」
個人突破型には、スコールズ「プレッシング」、スミス「DFスピリッツ」または「シュマイケル!」

構想から外れたさそり座の方々
FW:スアソC、デルピエロ●F、ヘッセリンクA、クーフェルマンスA、ルーニー●A、マラドーナ☆L、
MF:ラムーシB、イブソンC、バグネルB、フィーゴ●C、グティ●E、ナニK、トネットD、ロドリゴタバタA、バタグリアL、コク●C、ウーゴBE、イバガサD、ピレスB、シモン●K、志村A、マニシェ●I
DF:キブ●I、ラーム●I、デクレルG、
GK:ファンデルサール☆C、ロペスL、レーマンB
(DFが著しく層が薄い。)

さそり座の白の反省からDFを強化しましたが、、これが精一杯。
キーパーを白にして、キブ●やラーム●という案もあるが、☆シュマイケルを自分でひいたので、なんだか思い入れができてしまった。これが愛。

なんだかイングランドな雰囲気なのは気のせい?

控えのBイアクィンタ-Cファルファンの組み合わせのほうが得点力があったりしたり…
ボトムユナイテッドの選手(ガランテ)がスタメンってのは、いいのでしょうか?
いっそのこと全黒キラも楽しそう。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-26 11:33 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成22年3月24日(水)

平成22年3月24日(水)

午前中だけ仕事。
桜が咲くほどの温かい日が続いたと思ったら、、再び冷たい雨の水曜日。

こりゃ、医者が儲かるね。
なんて、毎年この時期に日記に書いているような…
でも、人類の最大の敵は温度変化(温→冷)かもしれません。


水曜日は英会話の日。長男が出かけていくので留守番をしないといけない。
そこそこ、しっかりと仕事をして、お弁当を買って、午後二時に帰宅。長女と2人で留守番をしながら、ごはんを食べる。

「くいしんぼう」をまさに絵にかいたような長女は、さっき昼食を食べたはずなのに、僕のお弁当を食べたがる。
目の前に出せば、本能の赴くまま、いくらでも食べ続ける。なので、長女と留守番をするときは、こちらも食事を我慢しないといけない。

お弁当は仕方ないとしても、おやつ(自分のぶん)は絶対に無理。
小腹が…

相変わらず、くしゃみが出たことぐらいで機嫌を損ねる長女と、ひやりひやり、おそるおそる時間を過ごす。

外は雨なので、室内で何をするともなく、時間が過ぎる。
そんな午後、そんな夕方。


夜。当然、マトリクス経由残業行き。

先日から開発したフォーメーションを続行。
これ、いいね。

☆☆☆☆①☆☆☆☆
☆☆☆☆②☆☆☆☆
★★★★③★★★★
★★★★★★★★★
★★④★⑤★⑥★★

①ビアトリ
②メッシ
③リケルメ

COMを相手になら、絶対に負けない、たぶん。
対人なら、当然相性次第だけど、、、

メッシがボールを奪われても、ビアトリがパワーで奪いかえす。
ビアトリが奪われても、メッシのテクで奪い返す。
リケルメは、それを見ている…

リケルメって、実は空気なんだけど、、
じゃぁ、ボール奪取できる人を③に置く?

その1.マスチェラーノを置いてみた。
網野さんと意見が分かれるのだが、、
ボランチでボールをバシバシ奪う人たち(マスチェラーノ、アンデルソン、、)は、トップ下でも必ずそうとは限らないのでは?トップ下でバシバシ奪ったら、ゲームが壊れるから。
マスチェラーノを置いたら、ボール奪取力が落ち、テクニックがないからパス精度も落ちて、、今いち。

その2.ガーゴ(0708白)を置いたら、
そこそこ奪って、そこそこのテクニックでパス。
ガーゴLとビアトリBの相性が悪いのだけが問題。
リケルメが疲れたときに。

その3.リケルメは?
どうせボール奪取なんてするわけないんだから、最初っから期待してない。
単にあなたの顔が好きだから。それだけの理由で「ボカのアイドル」を使い続ける。
(トップ下をアイマールとかヴェロンにすればもっと強いチームになるのだろうね。)

もうひとつリケルメ。
「リケルメをCFで使う」なんてのをネットで見た。
ありえる!
パラを考えれば充分OK。で、やってみた。。
悪くはない、悪くはないんだけど、、、

疲労が早い。MFよりもFWのほうが慣れてないから早く疲れるのかな?1試合もちません。(MFなら2,3試合続行可能。)

やっぱり、アイドルはトップ下。

そんなリケルメとともに、対人2戦。レギュラー1部。

1戦目:45:55劣勢
2-2で終了間際のロスタイムに、リケルメ→ビアトリの絶妙スルー。3-2で勝利。
相手は悲しいだろうね。ビアトリって誰?って。

2戦目:44:56劣勢
キラルーニー、キラスコールズのいる英国チーム。仮想幸福。
結果は縦置き中央突破FWの大楽勝。3-0。
オレつえぇ?

これで1部リーグ、2戦2勝(1位)。
前期を3勝1敗3分で3位。複雑な思いで昇格できなかったので、今期は万全の状態で昇格したいね。

アルゼンチンAチーム。49試合消化。
個人覚醒:なし!
…☆4になったらそれ以上こすらない。リーチが入ったらフレンドリーに出さない。
イグアイン、リーチです。。。悲しい。

そのぶん、連携と特殊を擦る。
連携リーチ、特殊リーチのほうが個人よりも優先されるから、こっちでリーチが入ればイグアインが試合に出れる。

おかげで黄金3本成立。
でも、連携は本当にランダムだから、なかなかリーチにいかない…
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-25 12:45 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成22年3月23日(火)

平成22年3月23日(火)


巷は連休明けの火曜日。仕事に出る妻を見送りながら、僕は何もしない育児の日。

幼稚園も春休みなので、長男もご在宅。今日は1:2のマッチング。

2ヶ月くらい前に「湯布院に行くときにプラレールを買ってあげる。」
そんな約束をした。
長男は、2ヶ月間しっかりとそれを覚えて待っていた。しかし、湯布院に行く前に買うと、荷物が重いし、かさばる。なので、「帰ったら」に変更した。

ということで、親子3人でトイザラスへ。
地域最大級のおもちゃや「トイザラス」。10時の開店とともにお出かけ。開店しているけど、店内ではまだ店員が掃除したりしてる…遅いんじゃない?

長女にとっては「初」トイザラス。
見るもの全てにびっくり!
「うぉぉ!」
「うわぁ!」
「あーーー!」
あちこちのものに、いちいち驚いて、駆け寄って、抱きしめて、、、

何かひとつ買ってあげるよ、という約束だったが…

自分と同じ大きさのパンダをつかんで訴えている。
ごめん、、。それは大きすぎる。もうちょっと小さくいこう。

顔くらいの大きさの犬のぬいぐるみで妥協してもらった。電池で動いて、ワンワンと泣く。それでいて700円。すごいな、メイドイン…。

長男は、当初「ドクターイエロー」と言っていたが、「0系」しか商品化されていない。
僕が見てもあまりかっこよくない。
ドクターイエローといえば、やはり「700系」でしょう。

かなり悩んだ末に「カシオペア」に決定。
そのほか、ぬり絵やスケッチブックなどの、親が喜ぶ商品を購入して帰宅。

午前中は、おもちゃ屋の余韻で過ごす。

一生懸命カシオペアで遊んでいるが、いつまで飽きずにいられるか…
犬のぬいぐるみも同様…


最近、長女が、とりあえずよく泣く。
体調が悪いでもなく、とりあえず泣きわめく。
いわゆる「機嫌が悪い」。長男にも一時期あったが、そういう時期なのかもしれない。

まさに「箸が転がっても泣く」。冗談じゃなく、その通り。
おせんべいの粉が手に付いただけで泣く。
トマトの皮が口の中に残っただけで泣く。
色鉛筆が薄くて泣く。

散歩に出ても、すぐに泣いてしまい帰宅。

わかてっても疲れるなぁ。


長女が昼寝している間に、いつもの掃除を片付けて、任務終了。

当然、夜も子供と一緒にそのまま睡眠。気がつけば3:30!
たしか夜9:30くらいに寝かしつけてたはずだから…なんと6時間も熟睡。

こんなに寝たのは久しぶりだ。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-25 12:45 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成22年3月22日(月祝)

平成22年3月22日(月祝)

いわゆる移動日。

昨日と同じく、朝9時に朝食。遅すぎる設定。
子供たちは昨日買っておいた菓子パンですでに朝食を済ませている。
昨日と同じく、朝食会場の滞在時間は10分未満。
「すきや」並みの速度で食べて、さっさと部屋へもどる。

部屋へ帰ると、さらに食べ物が待っている。。。
昨日、温泉街で行列に並んで買ったプリン。一応、由布院の名物らしい。
人数ぶん、つまり6個買ったのに、、、誰も食べずに部屋の冷蔵庫に残ってる。
「食べ物を粗末にしちゃいけません」っておばあちゃんが言う。
じゃぁ、食べてよ、と言いたいが、、、みんな朝食後で満腹状態。
残していっては悪いから頑張って食べる。
朝からプリン3個一気。
このプリンがまた、温泉街の高級プリンだそうで、濃厚で濃厚で…まるでチーズケーキみたいで、、、要するに、おいしくない。
またしても行列に騙された。

朝食が9時なのに、チェックアウトは11時。子連れには厳しい設定。開設当初は子連れなんて想定していなかったのだろうね。たぶんバブルの頃に建てたのでしょう。

レンタカーに乗って、由布院から大分空港へ。
途中に見える由布岳はやはり壮大の一言。群馬ではあまり見かけない「ハゲヤマ」。モロッコなどの岩漠地域でよく見かける景色なので、なんだか懐かしい。

大分の周辺には北九州空港も宮崎空港もあるから、どうせ暇な空港なんだろう?と思ってたら、、
かなり離着陸が多い。30分に1本くらい飛んでいく。
大分って、かなり賑やかです。その一因は、空港のすぐ近くにあるハローキティのテーマパーク「ハーモニーランド」のおかげだと思う。
おかげで飛行機の待ち時間も、展望デッキで退屈せずに過ごせた。

羽田行きは当然満席。
傾きつつあるJALだけど、ジュースの機内サービスがあった。
オレンジジュースをもらった長男は、コップを片付けてもらうときに、
「ありがとう、おいしかったよ」
と、スチュワーデスさんに。
そんな言葉をどこで覚えたのか(^^)
ナンパか?

長男は飛行機に慣れているが、長女はそうはいかない。特に着陸のときの気圧変化と音が恐いらしい。着陸態勢に入ると泣き始め、泣きつかれて寝てしまう。
そのまま眼を覚まさずに、飛行機を降りて、連絡バスにのって、モノレールに乗って、山手線に乗って、東京駅で新幹線に乗って、、、、
その間、ずっと抱っこ。
眠っている子供を抱っこするのは、起きている子供を抱っこするのと倍くらい違う。
重さが違う。眠っている子は重たい。気のせいではない。

昨日につづいて、かなり筋トレさせられた。

自宅に着いたのは夜7時。
疲れたぁ。でも、これから食事とお風呂という仕事が待っている。
草津でよかったんじゃないの?と今さらに思う。


夜。土曜日に放り投げた仕事を片付けるために残業。
帰り道にマトリクス。3クレだけ。

レギュラーリーグ1部。最終戦。現在3勝1敗2分で2位。ふーん。
対人。
相手はキラメッシ、キラシェフチェンコ、キラカーン。
なんか僕と好みが一緒。メッシKとシェフチェンコLで相性最適。

ちなみに、僕のアルゼンチンAtチームは、黒メッシ、黒イグアイン、黒マスチェラーノ、黒ロドリゲス。リケルメだけが0708キラ。黒のほうが連携が早いという噂なので。

試合は、、お互いのメッシの中央突破。なかなかやるね。
二人のメッシが合計4点取って、2-2の引き分け。

試合後の反省。
メッシの中央突破をKP「インターセプト」で止められるわけないじゃん!
とはいえ、「アンチファンタジスタ」はキラロドリゲスのKP。黒ロドリゲスは「DFスピリッツ」。せめてそっちにすればよかった?
あるいは白バネガの「ハードプレス」か…

連携が完了してキラロドリゲスを導入できれば解決することなので、それほど悩むことでもないが。

1部リーグは3勝1敗3分で3位。
40戦消化した今の状態でプレミアに上がっても、悲しい運命なので、まぁこれでよかったかな、と。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-25 12:41 | ただの日常日記 | Comments(0)  

平成22年3月21日(日)

平成22年3月21日(日)


そんなわけで朝9時に遅い朝食。

子供達はすでにバウムクーヘンでおなかが一杯。だから、親が食べている間、朝食会場でじっとして待っていることなんて不可能。
せっかくの高級旅館の朝食を3分で食べ終えて、子供と一緒に部屋へもどる。


午前中は、由布院の街中を散歩。

びっくり!

こんなに混んでるの?!
小さな路地を含めて温泉客であふれていて、駐車場は当然満車で、道路は車が全然動かない。
確かに、大きな温泉町ではよく見かける光景だけど、、、
規模は小さいけど、由布院ってまだまだ繁栄してますね。

駐車場待ちの列におじいちゃんと車を残して、僕たちは温泉街の散策。
レトロ風に建て替えられた由布院駅が観光の中心。駅にはレトロバスや人力車、馬車までが集まってくる。
評判の店にあちこち立ち寄り、お弁当やおやつを買い込む。
その中の一軒。ただの肉屋。地元の人が行くような普通の肉屋に行列ができてる。揚げたての地鶏のから揚げを売ってる。100g280円で、意外と高い。(普通200gから)
でも、行列ができるほどおいしいのだろう、と思い300g買い込む。

そしたら、、、大ハズレ。

何これ?行列はサクラ?
肉は固く、生っぽいし、油も多い。。。
行列に騙された。。いい経験をしました。
ただの甘味屋でも温泉地にあるだけで論外の混み方をするから…温泉っておかしい。日本人っておかしい。

午後は長男と二人で「大分サル山」電車旅行。
由布院駅から特急「ゆふいんの森」に乗って出発。


「ゆふいんの森」

全車指定席。なのにグリーン車はない。これは「全車グリーン車」という趣旨のため。
景色をよくするため、(本当はディーゼルエンジンが邪魔なため)車両が高く、まるで2階席のようなところに席がある。それだけでも見晴らし最高なのに、さらに全車両にサロンがついている。景色を見ながら食事を自由にできる椅子とテーブルがあちこちにある。
座席以外のフリースペースをかなり広く提供している。このへんにJR九州の湯布院観光にかける意気込みを感じる。

長男は、その価値を理解できっこないが、かねてから念願の「ゆふいん」に乗れて大喜び。そして、最近覚え始めたデジカメに夢中。
あちこち、アチコチを写真に撮っている。

私 「ゴミ箱まで撮ってるの?」

長男 「ゴミ箱じゃないよ、中身だよ」

とか、

長男 「いい景色ないかなぁ、、、、あった!」

と言ってシャッターを押したのはパチンコ店。

極めつけにこの一言。

長男 「いい思い出が撮れたねぇ。。。。」


お弁当を食べながら、あっという間の40分。大分駅に到着。
ソニックに乗り換えて別府へ。


「白いソニック」

青と白があるソニックのうち、新しくてきれいなほう。一言で言えば、最高レベルの「ビジネス特急」。皮風(?)のシートに暗い照明。前の席との幅が広く、かなりゆったり座れる。
そんな席に子供が座っても価値はないが…

あいかわらずデジカメで写真を取り捲りながら、別府駅に到着。
都会だ!
別府って、でかい。前橋よりもでかいかも。
もちろん、別府も前橋も競輪の町。これだけ栄えてるのは競輪(と温泉)のおかげ。

駅前からタクシーに乗ってサル山へ。
そのタクシーの運転手さんが、、
「お客さん、医者だろ?。。。前橋かい、競輪ドームのあるところだよね。桐生には競艇もある。いいねぇ。別府にも競輪があるからね。」

なんか、仲良く慣れそう。といっても運転手さんは70後半のおじいちゃんなんだけど。
運転中も、長男とおじいちゃん運転手は「ゆふいんはディーゼル。ソニックは振り子式電気気動車。」なんて話題で盛り上がっていた。


高崎山自然動物園

いわゆる「サル山」というか、サル山しかない。しかも、意外と小さい。神社の境内くらいの広さ。
しかし、すごい。
これは驚く。
はっきり言って、上野動物園やサファリでサルなんて飽きるほど見てたから、みくびってた。ここは、そんなレベルじゃない。

とりあえず、数が異常。500頭と言われてもぴんとこないが、要するに「たくさん」。
で、動物園と違うのは、「サルが見世物ではなく、人間がお客(見世物?)」

サルにとっては、ここは自分の家。人間のことなんか気にしないで我が物顔に生活している。
お客さんは餌をやってはいけないし、サルもそれを知っているから愛想を振りまいたり近寄ってきたりしない。
むしろ、不用意にカメラを向けると怒る。
うちの長男もサルに怒られて、もう少しでカメラを奪われそうになった(^^)

動物園よりもサファリよりも、サルと身近になれる。子供も楽しんでいるけど、大人も違った意味で楽しいかもしれない。

サルしかいない自然動物園だけど、十分に堪能した。

帰りは別府駅から路線バスで由布院へ。
別府市内では普通に街角に停車してたバスが、だんだんと山の中へ。
ハゲ山が壮大な由布岳のすぐ近くまでのぼり、絶景を楽しみながら終点の由布院へ。
こんな「路線バス」て初めて乗った。「観光バス」じゃなくて「路線バス」。
1時間も乗ってたのに、料金は900円。しかも長男は無料。

バスってのも楽しいもんだね。

しかし、長男は疲れ果て、バスの中で寝てしまってた。。
バスから降りて、旅館まで、16kgの長男を担いで帰った。あいかわらず、鍛えさせられてます。

(付記)
高崎自然動物園には水族館「うみたまご」が隣接しています。
長男は昨日20日にそっちは体験済み。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-24 13:29 | ただの日常日記 | Comments(0)