<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

水の事故のはなし 平成23年7月30日(土)

水の事故のはなし 平成23年7月30日(土)

子供の不調のためにゲーセンに行けないので、つぶやきを。

津波やら洪水やら、単純な水難事故やら、水の事故が多い。。。


私自身は、
幼稚園年長のときに1000m泳げて、高校で水球。大学でも水泳部。
要するに李俊くらいの水軍熟練度。

水球ってのは、スポーツマンシップからは程遠い、そんな綺麗な言葉とは全く縁もゆかりもないスポーツ。審判から見えなければ何をやってもいい。審判の目は水中までは見えっこない。
つまり、水中では何でもあり、の格闘技。
相手をおぼれさせたほうの勝ち。足で相手の水着を引っ張るなんて当たり前。だから引っ張られないようなツルツルの専用水着を売っている。

そんな私でも、津波や洪水では簡単に溺れてしまうだろう。
理由は簡単。「服を着ているから。」

テレビ番組でも見かけたりするが、衣服を着ていると全く泳ぐことが出来ない。衣服が重りのように全身にのしかかる。
大学のときにふざけて服を着たままプールに飛び込んだら、水泳部の人間でさえも溺れそうになった。恐怖を感じた。
特にズボンを履いていては1mも泳げない。


水難から生き残るために、その1
【まずはズボンを脱ぐ】


じゃぁ水着になれば、津波でも生き残れるか?
水泳人の泳ぐ速度は一般に秒速2m。時速にしてたったの7km。
これ以上の速さの波には身を任せるしかなく、流されるところまで流されてしまう。運良く陸に打ち上げられればいいんだけど。。。


それでも、まぁ自分ひとりならなんとかなるだろうけど、、、
子供を助けることができるだろうか?
助けるために飛び込んだ親も死亡、そんなニュースばかり。
残念だけど、彼らは助け方を知らない。できるかどうかではなく、知らない。

溺れている人間を助けるためには、
当然、まず自分が裸になって、そして飛び込むが、、

必ず、溺れている人間の背後に回る。
前方から助けようとすると、溺れている人が無意識にしがみついてくるので、二人してからみあって泳ぐことができない。そのまま沈む。
背後に回り、自分の両手で、溺れている人の背中を持ち上げる。
背中が重たいなら、頭だけでもいい。
サッカーの優勝シーンで、両手でカップを高々ともちあげるように。
これで、溺れている人にも余裕ができて、なんとか落ち着くが、

助ける人は、当然、両手がふさがったまま。足だけで浮いていないといけない。
このときに、水球やシンクロの選手には基本中の基本の「巻き足」が必要。
平泳ぎの足を左右交互に行う感じ。
水球の練習で、30kgのバーベルを頭の上で持ち上げたまま巻き足をする怪物もいるけど、、、僕は10kgが精一杯。それでも子供の上半身は余裕で持ち上がる計算。

これで、溺れている人に余裕ができてきたら、背後から持ち上げたまま、足だけで背泳ぎをして陸を目指す。

てことは、、一人助けるのが精一杯。二人は無理だ。


水難から生き残るために、その2
【前はだめ。うしろから。】



他にも、注意はいっぱい。
たとえば、
溺れている人の位置は陸上からは、当たり前だけど正確に見える。
しかし、泳いで助けに向かう人には、波しぶきが邪魔をしてよく見えない。

飛び込むときに視点がずれないように飛び込み、泳ぐときは顔を浮かせたまま泳ぐ必要がある。
まさにシンクロの演技のよう。

シンクロ選手と水球選手なら、それぞれ一人ずつ助けることができる。
競泳選手は?
北島さんでさえ、前方から助けに行ってしまうようであれば危ないと思うよ。




さて、今から神戸へ出発。
新幹線は動いているのかな?
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-30 12:11 | ただの日常日記 | Comments(0)  

子供と夏休み日記  平成23年7月26日(火)

子供と夏休み日記  平成23年7月26日(火)

いきなり長女が発熱。
長男の誕生会を予定していたので、ガックリ。

39.7度という体温計を見ると、スーパーの値札の感覚。
40.0と大差ないのに、まぁ許すか、となる。。。


午後、欲求不満になりつつある長男だけをつれて外出。

ポケモン
「光と影のテンキュウギ」

とりあえずリンク
プラネタリウムでのポケモンイベント。
全国で30か所程度でしか開演されてないが、群馬では高崎と太田の2ヶ所で開催。高崎へ。

プラネタリウムの全画面を使ってのポケモンのお話。
360度に広がる真っ暗な画面に迫力ある映像。
通常の映画以上に存在感がある。

約30分のお話で、入場料は、なんと、、、、無料!?

単なる「プラネタリウム」という値段設定なので、大人300円、幼稚園児無料。小学生なら150円。
(施設によって金額は自由に設定できる。リンク先は、ちょっと高め。都会値段。)
ポケモンの権利料が請求されてないんだね。偉いな、ポケモン。
で、そんな値段なのに、ガラガラ…

ほとんど宣伝されていないらしい。6月から開催されているのに、僕が知ったのもまさに「昨日」だから。雑誌でたまたま見つけて。
もったいないおばけ。

さすがにゲーセンには行けてないので、バージョンアップの話だけ。

1011の驚き項目。
「スーパーサブ」はもはや論外なので、置いておいて。

「ポルト」が排出されないんだって?!
あまりマニアではない僕でさえも、ポルトが国内リーグで完全優勝をして、さらにヨーロッパリーグも優勝したんでしょ?ということくらい知っている。
でも排出されないの?
多分、蓮さんが怒って引退しちゃうよ、きっと。
ファルカオガルシアの黒とか、そろそろだったんじゃない?

「ハーフタイムコミュニケーション」は賞賛。
ハーフタイムで練習と同じような指示をすることにより六角形を一時的に変形できる。
「後半だけ思い切って攻めろ。そのかわり守備は不要」そんな感じ。
つまり、六角の反対側は著しく縮小される。
そんなギャンブル要素は大好きです。

前半で0-1とかだと、後半はFW4人なんてことを、普通にする自分にとっては大歓迎の項目です。


でも、ポルトが…

(リーベルは、当然無理と思っていたので仕方ない。フェイエとPSVの消失は微妙にガックリ。世間的には、ユベントスが大ダメージで、アトレティコが中ダメージ?フォルランが出ないってことなの?どうでもいいことだけど。)

ガックリついでに。
アーセナルのウィルシャー白が雑誌の付録で出ると聞いて、一瞬、脈拍が上がった。
が、、、
スタミナが12だそうだ。。。

相変わらずのセガの仕打ち。
19歳の若者が、引退したパレルモよりもスタミナがないのか?
こんなカードはWTでパラを下げる目的でしか使えない。
スタミナは試合出場時間で決まるらしいので、正式にバーアプすれば、もう少しスタミナが増えたウィルシャーが出るだろう。

とすると、誰が雑誌を買うの?
AKBファン?



稲ワラに続いて、腐葉土から放射能。
汚染された土が全国へばらまかれるようになったらゲームオーバーに近い。
とりあえず1年間(1期)は保存食で過ごすべきか。

「基準値を超えてないから安全」
という言葉が出てくる以上、安心はできない。
だって、「基準値」そのものが安全ではないから。。。

とりあえず自民党に戻れば少しは変わるのでは?
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-27 12:00 | 子育てられ | Comments(5)  

そういうわけでWCCF日記 平成23年7月24日(日)

そういうわけでWCCF日記 平成23年7月24日(日)


いろいろあっても、ゲーセンへ行ける幸せ。

オランダ黒10チームが全冠達成。
ま、5Rだから当然だけど…
最後に残ったのはコンチネンタル。

決勝は対人。敵はベッカムがCFというチーム。
前半にベッカムではなくフォルランだったかトーレスだったかに失点。
さらにペナルティエリア直前でフリーキックを与えてしまい、当然のようにベッカムが決める。前半で0-2のあきらめムード。

しかし、後半開始早々、我らのファンペルシーがやってくれた!
といっても、得点ではなく、、、
ペナルティエリア手前で倒されFK獲得。しかも赤つき!
でも救急車もついた…

予想外にも、江戸川ダービッツがFKを直接ゴール。
さらに、ファンペルシーの怪我と引き換えに敵は10人。
その後、ドトウの攻めで3-2で逆転。敵DFがスタミナ切れてノロノロで、カイトの強奪が決まりまくってた。


任期の残りは30試合。WT中心にして負けまくろう。
妄想は次のチーム。
黒10(5R)はダメ。U5にしよう。
●ファンデルサール
●スタム
●コク
☆ファンペルシー
は決定。折角、蓮さんからキラペルシーをもらったのだから飾っておかないで、使ってみよう。
あと一人は、●カイトか●ファンボメルか。

●ダービッツ江戸川は☆が増えると便利な選手なんだけど、特殊不連携が多すぎる。。。




さて、もうひとつのチーム。
「ディフェンダー バッカリ」
DF選手限定。ブラジル。IKLAC。

立ち上げ当初は、マルセロがファンペルシー並みの活躍をしていたが、、


10試合目くらいにプレミアに昇格した途端に信じられないくらいに弱くなった。
キングス緒戦負け、どころか、
EPC緒戦負け、とか。。。

フレンドリーは無類の強さで、5-0、6-0とか。なのに。
公式戦はレギュラーを含めて、0-3、0-2とか。

理由は簡単。
攻められない。ドミンゴスのKP「ミックスパス(C)」では限界。

守れない。
だって、一度もDF系3項目を練習してないから。というか「オフェンス」以外は全然練習してない。

なぜなら、
オフェンスが「世界有数(A)」にさえなれば、、、

そして、
25試合めくらいでやっと到達。
KP「カナリア軍団(S)」

超ボーナス的な国籍KP。もとは「ショートパス」らしい。しかし、S?!

f0131183_18111885.jpg


これで攻撃準備完了。
あとは、ひたすらDF系を練習し、せめて人並みを目指し、、
なんとか、人並みの試合ができるようになった。

なんだかんだで50試合消化。
コンチネンタル優勝
EPC優勝
プレミア優勝

コンチスーパーはバルサが相手。
さすがにバルサには勝てません…

ICCに一度だけ挑戦。
ハイパリーガナーズ(アーセナルキラキラ)と対戦。余裕で負け。
もうちょっと育成しないと上級カップは取れない。
まさに育成ゲーム。


このDFチーム。意外と戦えるので楽しい。

FW
マルセロ
イウシーニョ
カルロス・エンリケ
エベルトン・シウバ

本職がDFだから当然シュートは下手。しかし、なぜかエリアの外からは、4人ともがミサイルのようなミドルを打つ。エリア内よりもエリア外のほうが強いシュートだ。
パワーが関係しているのか、隠れパラがあるのか。

4人のうち、カルロス・エンリケだけが、パラ的に完全なディフェンダー。
f0131183_1874681.jpg

ヘディングを期待してCFで起用したが、足元もうまい。
実は、どんなカードでも最低限のレベルは持ってるんじゃないの?という感じ。カーンだって、シュートがうまいかもしれない。

この人はイウシーニョ。
f0131183_188868.jpg

「カフーの後継者」という説明文のために即採用。で、カフーって誰?
で、実はイウシーニョって、キラもある?!知らなかった。
カードショップで偶然見つけて、200円で購入。このチームも将来はU5だな。
f0131183_1883348.jpg

で、このイウシーニョ。
f0131183_1811498.jpg

…誰かに似ている、、とずっと思ってたんだけど、、、

デュークさんだ!

デュークさんのほうが、何倍か男前だけどね。
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-25 18:10 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

平成23年7月23日(土)

平成23年7月23日(土)


日記が止まってます。


今週、水曜日に非常に親しい人のお葬式。
今までで一番悲しいお葬式。
まさに「あっけない」。


この日を忘れないために記録。
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-24 15:27 | Comments(0)  

軽井沢とか志賀とか 平成23年7月18日(月)

軽井沢も志賀高原も、「ほぼ群馬、実は群馬、完全に群馬」。

リンク是非どうぞ
沼田は福島県です。

いろんな意味で。
簡単な意味で。

三郷も福島県。
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-18 23:22 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

ブラジルチーム立ち上げWCCF 平成23年7月15日(金)

ブラジルチーム立ち上げWCCF 平成23年7月15日(金)



構想5年、妄想10年、制作1日、ついに完成。

(画像がたくさんでごめん)


ブラジル新チームを立ち上げた。

年俸5億のICで1stスタート。
3戦消化して、

FM 3-0
RL1 3-0
RL1 4-0

ま、どこにでもある普通の立ち上がりだけど…


もちろん全白で、なおかつ、
こんなメンバー↓

f0131183_18234878.jpg


全員緑。つまり全員ディフェンダー。
ブラジル、DF、IKLAC限定。

一応、スタメン配置は、これ↓

f0131183_1826693.jpg


f0131183_18262916.jpg


以前、網野さんがゴールキーパーだけのチームをやったとか、と聞いたので、別に、すごいだろ、というわけでもないです。
ただ、遊びだから、という感覚で。

勝てなくて我慢できなくなったらさっさとやめる

そんな気持ち。



当初、ロベカルを入れてアザーサイドを極めようかと思ったけど、そんな妄想はさっさと捨てる。
むしろ、全白の補正に期待。

当然、FWをもっとも厳選して、
まずはエースのこの人↓

f0131183_1830490.jpg



次がこの人↓
マルセロ以上に期待をかけている。

f0131183_18312767.jpg



でも、最も期待をかけてるのがこの人。
ジギッチ、パレルモ、ヘッセリンク以上の活躍を期待、、、、しちゃダメかな。
裏面の文章にそそられたんだけど、、、

f0131183_18324981.jpg


f0131183_18331235.jpg


ゴールキーパーもFWの次に優先項目。
選ばれた人はちょっとかわいそうだけど、、↓

f0131183_18355694.jpg



とりあえず3戦は期待通り。
ま、セガにいいように乗せられてるだけかもしれないけど、、、

夏休みはこれで遊ぼう!テキトーに。

f0131183_18341742.jpg


f0131183_18344187.jpg


f0131183_1835853.jpg



ちなみに、最大の問題点は、
ゲーセンでカードを並べるときに、誰がFWで誰がMFだか忘れてしまうこと。
だって、全員DFカードだから。

カードにメモを貼っておくしかないな。



もちろん、目標はKP「カナリア軍団」。
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-15 18:36 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

WCCFメモ 平成23年7月14日(木)

WCCFメモ 平成23年7月14日(木)


忘れないように今後の予定をメモしておこう。


オランダ黒10チーム

もうアザーサイドとかやめにして、、
次に引き継いだら、
・黒5にする(ファンペルシー、コク、ファンデルサール、スタム、あと一人。)
・トータルフットボールにする
  奪取震撼で「ムービングパスワーク」なんてお得じゃない?損なのか?

今のチームは残り30試合。
今日JTを勝って、☆3つ。初めて「エリアエントリー」しました。
一度クレジットを切って、カードを置きなおして登録した。さて、、



フランスE+ブラジルH+イタリアGの全白

アザーサイドなんて、さっさと見切りをつけて、
・ダブルカッターが見てみたい。
まるでセガの撒き餌(まきえ)のような雰囲気だが、、、
二人を黄金にしてディフェンス震撼。



もうひとつ「お遊びチーム」を妄想中。
ロナウドアンジェリムやロベルトカルロスを使うチーム。
今日、そのために古いEGHチームを途中辞任した。ラゾビッチ、トマソン、ディナターレのチーム。
うーーん、みんな愛着わいたから永遠に使い続けたいけどね。

というのがセガの魔法。

で、辞任したら弟子が、、、、

今日、辞任するためには1試合消化しないといけない。しかし、カードが手元になかったのでGKペリッツオーリだけ違うバージョンのものを試用した。
すると、弟子が、、、

ペリッツオーリ!

弟子に信頼度は関係ない?
それとも
カードのバージョンを変更しても信頼度は変化しない?

どっちか、あるいは両方ともが正解。
どっち?




なんと、デッキケースの5個目を獲得。
実はやりこんでいたわけで、、(^^)、、
こんなにもらえるなら最初のうちはスペイン、ウルグアイにしておけばよかったかな?
でもフォルランとか全然興味ないから。。。
結局、イタリアとドイツが2個ずつ手元に。
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-15 17:45 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

アザーサイドアタックって? 平成23年7月13日(水)

アザーサイドアタックって? 平成23年7月13日(水)

何度となく心が折れそうになったが、なぜか再びアザーサイド。
なんだかセンターポストのときと同じような状況だけど、、

アザーサイドアタック
「キープレイヤーが鋭いサイドチェンジのパスを出す。」

これが全て、これで終わり。
キープレイヤーにボールが集まりやすくなるわけでもない。
鋭いパスを受け取った側がとりたてて有利になるわけでもない。
さらに言うと、
サイドチェンジのパスそのものが通りやすいわけでもない。

細線程度の連携ではサイドチェンジのパスが反対側の芝生をコロコロ転がってスローインへ、なんて場面がよくある。

確実な効果といえば、、

あまりにも早く鋭いパスなので敵が驚く。
驚いてキーパーが飛び出す。(^^)。。。
WTレベルでも、キーパーが釣られて飛び出すことが多い。

見たことがない人は、
ベッカムのアーリーを想像すると、まさにその通り。それくらいの弾丸パス。
しかし、弾丸の行き先は反対側のサイドラインなので、キーパーが飛び出したとしても得点にはなかなかつながらない。


最も困るのは、当たり前だけど、三国志的に言うと、
「効果時間が超短時間」なこと。

パス出して効果終了だから。
で、動画などを検索して見てみると、、

たいていがKP地蔵で、、、、
キープレイヤーにボールが集まることもなく、一度も発動することもなく、
なんて動画ばっかり。


要するに、活用するためには、
KPをちょこちょこと変更しないといけない。
守備的KP→アザーサイド→攻撃的KP というふうに。

それができるなら(というか蓮さんとか普通にするんだろうけど)
キープレイヤーにボールが集まる工夫さえすれば、
少なくともMFの位置あたりでなら確実にサイドチェンジをしてくれる。

でも、その高さでサイドチェンジしてくれて、なにがおいしいの?

WGの配置だと、サイドチェンジよりもクロスかカットインのほうが優先されるみたいで、ほとんどサイドチェンジしてくれない。
WG配置でやってくれないことには、僕の理想のチームにならないんだよなぁ。

ということで、両ウイングのカードの高さを調節して悪戦苦闘中。
反対側のWGを天ベタで、キープレイヤーをわずかに低く、、なんてね。↓

f0131183_1718658.jpg


あるいは完全にベタ。

f0131183_17185344.jpg


で、メンドクサイのでKPは地蔵のままだから、、、

当然、負け続ける。。



アザーサイドって、試す価値があるのでしょうか?
だって、メネズのコンビネーションプレイにしておけば楽々点が取れるのだから。


というか、白で唯一の「コンビネーションプレイ」もち。

メネズって、タファレルくらい価値があるってか?!






絆。
少佐に上がって1日で大尉に落ちた。たったの6戦。

CCCCCC
負け、負け、負け、負け、勝ち、負け

C6で落ちるの?それとも4連敗のせい?
少佐を維持するなんて私には無理です…
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-14 17:18 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

あつはなつい日記 平成23年7月11日(月)

あつはなつい日記 平成23年7月11日(月)

今日は自転車通勤。
2km程度の距離だが、、、、なんなのこの暑さは…

朝の9時からアスファルトから熱風がやってくる。
約10分かけて職場に到着すると、体力ゼロ、スタミナゼロ。。。
仕事できるわけない。


昼休み。
クーラーの中で体力を回復したので再び自転車。
もちろん、マトリクス。


運よくICCに遭遇。
いつものオランダ黒10チームで参加。

グループリーグで対人戦を1回。
高校生。黒5?で、なんだか可愛そうなくらいに弱い。
442でサイドバックとMFがライン際まで開いている。初心者なのかな?と思ったが、、無点灯だ。
何か思うことがあってやってるのかもしれない。

でも、ほんとにかわいそう。僕の目の前なので見たくもないけど勝敗が分かるが、、
ネーションズCOM 負け
ICC 対人(僕) 負け
ICC COM 負け
ネーションズ 対人 負け

愛の手を差し伸べてあげたい。でも友達数人と来ているようだし、これで興味をなくして辞めていくほうが、彼のためかもしれないし…

でも、今度あったら何かキラをあげようか。


準決勝でも対人戦。
要するに相手は、COMばかりのグループリーグを2位。
敵はFW4枚、しかも全部キラ。右ウイングにマイコンとか渋い。CFはメッシ。ボールキープだからMVP?
しかし、立ち上げ30戦くらいなので戦力比55:45くらい。
ま、勝って当たり前?

なはずだけど、、、

前半2-0で余裕かましてたら、なんと追いつかれた。。。
しかし、ロスタイムにファンペルシーが無双発動。
辛くも勝利。


決勝はグランドアルビセレステ。アルゼンチン代表。
オランダ対アルゼンチン
なかなか楽しいゲームだね。で、黒10だから、しかも育成90試合なのでCOMには楽勝。

☆が増えました(^^)


でも、ワールドトロフィーは勝てません…
ただいま、5戦5敗。
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-13 17:39 | ただの日常日記 | Comments(0)  

子供と同レベルの大人日記 平成23年7月10日(日)

子供と同レベルの大人日記 平成23年7月10日(日)


朝、長男が
「今日の日記を書いたよ」と。

あいかわらず仕事が早い、と感心しながら日記を見ると、、

ポケモン
ラウンドワン

と箇条書き、さらに四角い絵が描いてある。

「今日は、ポケモン(テレビ)を見て、ラウンドワンへ行くんだ。」と。

で、この四角いのは何?と聞くと、

「これはDVD(のケース)。ツタヤも行こう。」


まるで魔法の日記。
書いたことが全部真実になる、って、、、。


……

夏真っ盛りの日曜日。
一般的にはプールか公園か?
しかし、そんな放射能汚染地域には行きたくない。

 前橋の下水処理場に超高濃度の放射性物質があることは全国レベルで有名。前橋市の公営プールはその下水処理場に併設。なぜ泳ぎに行くの?
 群馬県で放射能汚染がもっともひどいのは沼田草津などの山間や高原。南風が関東平野を吹きぬけて最初に当たる山で放射性物質を振り落としたから。赤城、榛名、伊香保近辺の公園に遊びに行くなんて、そんな度胸は僕にはない。


結局、ラウンドワンという結論。2週間ぶり。

今日は前橋で「七夕祭り」開催中。おかげで、市街地から離れているラウンドワンはガラガラ。
朝10時に到着したりしたから、ほとんど貸切状態。遊びたい放題。


ラウンドワンのなかで長男が最も楽しんでいるのが、この太鼓のゲーム。

f0131183_18174462.jpg


まさにドラムマニアの子供版。
ドラムマニアと同じくKONAMIの製作。音ゲーと言えばKONAMI。

基本的な操作は、有名な太鼓の達人と全く同じ。
太鼓が小太鼓になって、バチがスティックになった。

曲目は、子供用にアンパンマン、ドラえもん、サザエさん。大人用にもいろんな曲があるらしいが、僕が遊んでいる暇はない。

長男はまさに「どっぷり」はまった状態。
僕が長女と遊んでいる間も、ひとりでひたすら叩いている。子供用のくせに「連打」なんてのもあるから、汗ビッショリになってる。
さらにスティックを叩くのに、同じリズムでなぜか足踏みもしているので、、、見てて笑える。


1クレ(もちろん無料)で3曲。
気がつくと10クレ以上も遊んでる。

30曲?!

さすがに僕の子だ。


二人で対戦もできる。
長男と「サザエさん」で対戦した。もちろん、わざと負けてやる。
すると、、

「お父さん、へただね」と。


うん、あとで練習しておくよ。
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-11 18:17 | 子育てられ | Comments(0)