<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

平成23年9月29日(木) WCCFブログ

平成23年9月29日(木)

久しぶりにWCCF日記。

の前に、、親子でドン!

幼稚園に行く車内。長男は勝手にオーディオを操作してお気に入りのリンダリンダ。
長女を含めて3人で合唱しながら幼稚園へ。

リンダリンダが終わると、その次の曲がかかる。それを聴いて長男が、
「これ、太鼓でドンにあるの?」
と、気に入った様子。

その曲は、同じくブルーハーツの、

♪とぅーとぅーとぅー、とぅーとぅーとぅとぅとぅとぅっ、

キースーしてほーしいっ

幼稚園で歌われるとちょっと困る。。。

ちなみに、おそらく太鼓でドンには収録されていない。
太鼓でドン:リンダリンダ
ユビート:キスしてほしい
ドラムマニア:ひとにやさしく
なぜか、こんなように分散している。お互いのゲームへ誘導するためでしょうか。さすがに幼稚園生にユビートは無理だ。




WCCF
稼動中のチームは4つ。

①EGH全白フランスブラジルイタリア
☆3つついたのでデータ登録してみた。本当はどうでもいいんだけど。
あとキングスとEPCで全冠。試合数をこないしたら意外と強くなってきた。
リベリーのおかげ。

②オランダU5R
一度全冠したが、その後CTとJTを再度ゲット。となるとICCが待ち遠しい。
任期残り20試合。ICCが先か、オファーが先か。もちろんオランダからのオファーなら即決。
でも、オランダの都市名って、、?アムステルダム以外は、、?
次はオランダキラキラキラキラにする予定。
今さらになってベルカンプがすごいってことがわかってきた。しかし、中央突破限定。または列車。

③ブラジルDF、U5
U5に下げたら軽くなった。COMを相手に楽勝。Sレベル以外全冠。ま、それが大変なんだけど。
40試合消化。エベルトンシウバの得点王を狙っているのでフレンドリーは2戦しかやってない。(その1戦でエベルトンシウバが覚醒。)
カフーのトップ下が楽しい。
f0131183_12324029.jpg


④ビアトリアルゼンチンBCG
20試合消化で、やっと育ちつつある、という段階。
超有名人(ビアトリ含む)以外では、デミチェリス(グループB)が素晴らしい。MF時代のものをボランチで使用。まるで闘犬フェルナンデスのように動き回る。他に、やはりナスティは偉かった。サパタはダメだったけど。


ということで、
国籍KP
アルゼンチン:セレスティブランコ、 オフェンスAでミックスパスワーク
オランダ:トータルフットボール、 奪取Aでムービングパスワーク
ブラジル:カナリア軍団、 オフェンスAでショートパスワーク


使用感は一緒。
パスが活発になって攻撃は生きてくるが、ディフェンスはスカスカ。
「普通」ではなく、むしろ弱くなっている。
メンドクサがって地蔵なんてしていると、ヒドイ目にあう。DFのKPを用意して、しっかり操作すればかなりお得なKPであることには間違いない。特に奪取Aで発動するオランダって、ずるくない?奪取と支配、両方でSになるってことだけど。。。


反対方向の練習をして、間違ってAから下がってしまい、突然発動しなくなる、なんてことがよく起こるので注意。
「連携」の練習とか、「個人練習」とかも要注意。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-30 12:32 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

面積迷路 (学研、村上綾一著) 平成23年9月28日(水)

面積迷路 (学研、村上綾一著) 平成23年9月28日(水)

子供に、勉強をしろ!と言う前に、、、、

f0131183_12225591.jpg


突然ですが、ブックレビュー。
だって、せっかく著者さんが本を送ってくれたから。

題名だけ見たときは、ありがちな、
・数学の好きな人には簡単すぎる
・数学の嫌いな人には難しすぎる
そんな本だと思って、かなりバカにしていたのですが、、、


よく考えられた新しい発想のパズルです。
「問題」ではなく「パズル」です。


例えば、
長方形がいくつか並んでいて、面積や辺の長さが書いてある。それを頼りに、ある特定部分の長さや面積を答えましょう。
というもの。

しかし、条件が1つだけあって、

★分数や小数点を使ってはいけない

長方形の面積の公式(たて×よこ)さえ知っていれば、小学生でも解けるように設定されている。なので、小学三年生が勉強していない分数や小数点を使ってはいけない。


↓たとえば、例題。
f0131183_12232165.jpg

小数点を使ってしまえば、暇つぶしにもならない、というか時間の無駄。
しかし、使わずにとなると、、、
思わずのめりこんでしまう。

これが「面積迷路」のおもしろさ。

あれこれと整数、倍数、約数を探し出さないといけない。確かに数学のセンスが必要かもしれないけど。


本には、レベル1からレベル5までの100問掲載。

↓簡単な部類に入るレベル3の問題
f0131183_1224471.jpg


中学入試に出てもよいかもしれませんね。

わからない人が睡眠不足にならないように、その解答。
f0131183_12243615.jpg


わからなかったお父さんは、自分の子供(中学生)にはナイショにしておこう。


↓ちょっとむずかしいレベル4の問題。
f0131183_1225776.jpg


まさに迷路。あちこち数字を探していくと…

はい、答えをどうぞ。
でも、すぐ見ていいの?
f0131183_12252915.jpg



さらに難しいレベル5の問題。レベル5のなかでは簡単なほうかな。
f0131183_1225519.jpg


「3cm」が迷路の出口。

↓解答
f0131183_12262574.jpg



というわけで、予想外に大絶賛の本でした。
それもそのはず。
なんてったって、売れっ子作家、大人気の村上先生の本ですから、

って、村上先生って、誰?

本にも書いてある通り、理数系専門塾エルカミノの代表で、、、って、そんなこと聞いてない。

ま、そのエルカミノが目白の奥地、駅から徒歩10分の小さなビルの2階にあったとき、村上先生は、ただひたすら、、、

スーパーマリオブラザースをやって見せてくれて、
ここがどうの、、、あれがこうで、、

と熱心に説明してくれましたね。僕は、軽く聞き流してましたが。
そんな情熱家の村上先生ですが、、

もっとも有名な点は、、

いわゆる信長の「あ」の人ということです。
今ではもうプレイしてないようですが、
当時の感想戦や打ち上げでは、ゲームのことを話させると、もうネチネチネチネチと、どうでもいい小さなことを時間がなくなっても話し続けるという、、、

ただ、真面目な話、信長日記は非常におもしろかった。
文章がうまい、さぞかし国語力のある人なんだろうな、と思ったものです。


要するに、
群馬では神童と呼ばれた私が、唯一、学問的に自分より上位と認める人間です。
少なくとも、
目白のボロビルの片隅で、まさに寺子屋のようだった小さな塾を、数年の間に本郷・自由ヶ丘にまで領地を広げてしまう、その才覚は賞賛だと思う。
「謀略を集中して進軍。あとは援軍をしっかり送れば勝てるでしょう」

そろそろうちの長男を預かってもらおうかなと思っているのですが、、、
遠いんだよなぁ。高崎教室とか作ってくれないかな。


最後にもう一問。
「あ」の人らしく非常にいやらしい問題↓
f0131183_12265729.jpg


普通に考えれば簡単な部類に入る問題。
しかし、めくらましのような罠がはられています、、、、
ああ、なんて、いやらしいっ!
(答えは「24」)



ちなみに、、WCCF0809白黒ほぼコンプをプレゼントしたはずですが、、、
多分、忙しすぎて?忘れてるかも?
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-29 12:27 | この本を読め | Comments(0)  

親子でドン  平成23年9月27日(火)

親子でドン  平成23年9月27日(火)

今日は育児のみ。


子供には何でも買ってやる私ですが、絶対に買ってあげないものが1つだけあります。

ニンテンドーDS

ポケモンにひたっている子供にはかわいそうだけど、DSだけは与えられない。
かわりに、毎週火曜日はゲーセンの日。

ポケモンバトリオブイ、という子供用のゲームのために幼稚園の帰り道にゲーセンに寄る。
ゲーセンといっても小さなショッピングセンターの片隅。
子供用のゲームしかないので、せいぜい小学生までしか来ない。

そんなポケモンバトリオブイについても、あれこれネタがつきないが…

突然バージョンアップして、古いカードが使えなくなったとか、
マイナーチェンジの際に「なんでこのポケモンがキラなの?」とか長男が申したり、
今日こそキラが出るといいね、なんて話をしたり、、、

親子まるで同じレベル。


で、本題は「太鼓でドン」
説明不要の有名ゲーム。

中学生の甥がかなりうまくて、マイバチを持参し「鬼モード」をらくらくクリアする。
プレイしていると観客が付くという。
そんな甥は受験のためにプレイはお休み中。


長男は、これまではラウンドワンの「小太鼓」の太鼓ゲームに夢中だったが、
本家の太鼓でドンをプレイしてからは、もっぱらこちら。

で、今ではポケモンバトリオよりも太鼓のほうが大好きかも。


初めは、当然、アンパンマン。
次がドラえもんかおもちゃのチャチャチャ。
これが普通の通り道で、

その次は、ポケモン主題歌、これもごく自然。
さらに銀河鉄道999とサザエさん。アニメそのものは知らないけど、歌は好きと。名曲だからね。

で、その次、
今では、なんと、

リンダリンダ

え?どこで知ったのそんな曲。
僕が教えた覚えはない。
で、今日、親子2人でリンダリンダ。

どーぶーねーーーーずみー、みたいに♪

リンダリンダーーーー、リンダリンダリンダリンダリンダ♪

長男「難しい曲だね。おとうさん、うまい!」


これからはゲーセンに行くのがさらに楽しみだ。

親子でドラムマニアまで、あとどれくらい?




マトリクスから撤去されたドラムマニアが、同系列のボストンにある。
しかも設置環境が最適で、音量が大きい。
マトリクスより遠いけど、行く価値ありあり。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-28 17:55 | 子育てられ | Comments(0)  

平成23年9月24日(土) WCCFブログ

平成23年9月24日(土)

ブラジルDFチームを辞任した。

まだ50試合だったけど、、

理由は、

その1:年俸10億になれば六角形の反対側もAになる、と蓮さんが言うから。

その2:これが大事。オファーが来た。サントスという地名。


「カナリア軍団」では守れない。ランクBでも守れない。ディフェンスに「A」のKPが欲しい。
このままダラダラ続けていても負けるだけだから、年俸が10億を超えたばかりなので、即辞任。

というより、やはり本拠地のこだわり。

W4を勝ったら、オファーが3つ来た。その3つめが、
本拠地サントス。

サントスって、ブラジルだよね?
サントスFCってのがあるくらいだから。
これでブラジルじゃなかったら涙目だったりして。。

で、まだ50試合しか消化してなくて、
辞任により、弟子のクリス、クレーベル、アレックスの覚醒黄金3人が、
「普通の人」で「ただの友達関係」になってしまうけど、

でも辞任した。


ということで、第三次ブラジルDFチーム。
メンバーは全員同じ。
弟子は、またクリスと、カフー。

立ち上げ直後はオフェンスのみ練習。
3戦目くらいでAランクの目盛を突破したのに「カナリア軍団」が発動しない。。。
仕方なく「攻撃重視B」でプレイ。
まるでセガに喧嘩を売る感じ。

そして6戦目で無事に「カナリア」発動。
六角はもうすぐSの目盛に届きそう。
前回も6戦目だったので、あまり早すぎてはいけないのかもしれない。

その後はひたすらディフェンスを練習。

現在20戦くらい消化して、無事にAランクの目盛に到達。
しかし、誰かの特殊★を覚醒させないとAランクを発動できないので、擦り待ち。

クリス(フォアリベロ)、アダイウトン(アンチファンタ)がやっと★3。
ベレッチ(サイドブロック)とかまだ1つしかないし。。


まぁ、でも、これでなんとかいけそうな雰囲気。

20戦して、18勝2敗。
対人ゼロ。
レギュラーリーグ優勝。キングス(COM)、NS(COM)優勝。

2敗は、アンブレイカブル02(GKカーンなどのドイツ連合)とアーセナル。

なぜアーセナルに負ける?
バルセロナに勝ったのに。



ところで、
↓こんな状態。

f0131183_22412876.jpg


もちろん狙うは得点ランキング。

たまたま目だって活躍してたので、いっそのことワントップで起用したら、ボコスカ大活躍してくれた。マルセロよりもシュート力がある壊れカード。

一応、150試合で200点になるはずだけど、、、
(ちなみにフレンドリーはまだ1試合のみ)

しかし、中央オンリーのオタフォメになりがち。だって、そうしないと他の人が得点しちゃうから。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-24 22:45 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

平成23年9月20日(火) WCCF日記

平成23年9月20日(火)

弱すぎる。どれくらい弱いかというと、、

ブラジルDFチーム
キングス COM 2-1
キングス COM PK勝利
キングス 決勝対人 2-1
スーパー COM PK勝利

先日の秋葉原。決勝で勝った人に申し訳ないくらいだ。
キングスのCOMごときにハーハー言いながら、やっと決勝へ。
決勝は1点取られたあとに、なぜか逆転。

5R→U5 に格下げした。
ミランダ黒→白
ファン黒→白
クリス黒→白
クレーベル黒→白

これによりやはり「軽くなった」。パス回しが順調になり、攻撃はなんとか可能。
しかし、守れない。
ブラジル人のDFは共通してスタミナ不足。白はさらに不足。
後半ボロボロになる。
さらに、KP「カナリア軍団」のためにオフェンスが「A」。反対側のディフェンスが「B」にしかならない。
COMにさえも中央突破されたりして、、、


ま、結果的にはキングスもナショナルスーパーも取れたんだから、文句を言うな?
というか、

BRSジュリオセーサル(0910キラ)を大絶賛!
PK戦5勝無敗(対人1回)



秋葉原は、ちょっと見ないうちにゲーセンだらけになった。
家電店がゲーセンに変身している。
そりゃ、時の流れがそうさせてるわけで。



絆。
少佐でコツコツと努力して、なんと、
レベル1→レベル2→レベル3
になった!
もう少しで、中佐かな?と思ったら、、、

レベル3の少佐は大佐とマッチング…
1クレ目はなんとかザク改でBBでクリア。
しかし、2クレ目、、、、
誰も乗らないタンクに乗って、、、、

4オチ、E

そりゃ、相手だって強いから。。。

でも、これで積み上げたものが一瞬にして崩れて、、、
大尉降格。


どうしよう。IC捨てようかな。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-22 13:02 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

平成23年9月17日(土) WCCF日記

平成23年9月17日(土)

うれしい内容でICCを取ったので日記。

昨日の帰り道、ゲーセンをのぞくと、まもなくICC。
持ち歩いているチームでICCに参加権があるのは、
たった10億という敷居の低さなのに、ビアトリとブラジルはまだまだ

ということで、全白EGH。
フランスE、イタリアG、ブラジルHの組み合わせ。全員が自動的に細線以上。

4-3-3
左から

FW:フレッジH、メネズE、リベリーE

MF:ミラネットG、マウリG、アスタG

DF:エスキュデE、ラファエルH、スキラッチE、シャルメE

GK:ゴメスH

控え:フッキH、シセH、グルキュフE、キッエリーニG、マイコンH


「ダブルカッターって、そんなに固くないよ」って、蓮さんが言ってたけど、
そのとおり!
アンチコンビネーションだから中央突破には役に立たないし、強奪にも無意味だし、サイド攻撃に対しても、クリロナのような高速クロスには反応できない。
唯一、中央をパスをつないで突破してくるリアルのバルサみたいなチームには有効。でも、そんなの極めて稀。

しかも、特にエスキュデが、敵からボールを奪ったあと、しばらく意識を失うらしい…
ドリブルしたままといより、トラップしたまま不動。
当然、奪ったはずの敵FWに再奪取。
こんなのばっか。
(一方、スキラッチは、リアル以上に活躍。リアルが異常に不活躍。おいっ!)

で、対人は負けっぱなしだったのだが、、私、勘違いしてました。
当初、左SBキエリーニ、CBエスキュデとスキラッチだったのだが、、

エスキュデってCBじゃないんですね。
てっきり二人してCBだと思ってたら、実はエスキュデは左SBらしい。よく見るとスピードが意外とあるし。
ということで、

左SBエスキュデ
左CBラファエル(パワーディフェンス)

に変更。これでエスキュデのもちすぎる欠点が少し緩和され、なおかつ中央でパワーディフェンスが効くので、そこそこ守れるようになった。

問題点といえば、

ラファエルのスタミナが14なのにハーフで底を尽きることと、KPパワーディフェンスが「B」止まりということと、、

さっき、間違えてラファエルを解雇してしまったということ…
ぐぁぁぁっぁぁぁ。
登録画面でカードが重なっていた。。。。


攻撃面は、これだけ反則カードを使ってるからねぇ、、、

白リベリは、個人的にはWCCF最大の反則カード。
(サビオラは使ったことがありません。)
立ち上げ当初は右WGの位置をシャルメに奪われたけど、覚醒したら覚醒した。
とりあえず壊れた。
彼の唯一の欠点は、おそらく顔。なんでこんなに傷だらけなの?


もうひとり、地味にチームを助けているのが、

ミラネット、G、イタリア人MF、アザーサイドアタック
いわゆる「アザーサイド」なんだけど、特殊が覚醒したからなのか、、、
KPに設定しなくてもプチ発動する。
そもそも「サイドチェンジできるだけの正確なパスが出せる選手」なわけで、
左SHでボールを奪うと、そのまま右WGのリベリーへロングパス。
連携のおかげかもしれない。現在は太線(黄金リーチ入ってます)。
クリロナの左サイド片攻に対して、防御力発揮してます。


他にも、メネズとかマウリとか、当然フレッジ(蓮さんにもらった)とか、
アスタとか(おかげでグルキュフが補欠)とか、、、


で、ICC
グループリーグ
○ COM?
○ COMカタマリ
○ COMアルクデトリヨンフ

カタマリチームはビセンテの片攻。動かないなら対策可能。勝利。
厳しかったのが3戦目のフランス豪華版。ジダンとかブランとかマケレレとか、黄色い人ばっかりのフランス。
引き分けでも通過できたのだが、どうしても勝ちたかった。
で、1-0でギリ勝ち。

2位がもちろん豪華フランス。

もうひとつのグループは、
1位 いつもの住人さん
2位 COMズーパーオランニェ

これでいつもの住人さんが豪華フランスと対戦。もしかしたら…と期待。

準決勝
スーパー、じゃなくて、ズーパーなんだね。初めて気がついた。
オランダ語?というか、オランダ語ってあるの?オランダはドイツ語、フランス語、英語が3分の1ずつと聞いたことがある。
で、ファンペルシーのいない古いオランダ代表。
1-0でギリ勝利。


向こうの準決勝
住人さん 対 豪華フランス
1-1のままロスタイムへ。
へへへ、と笑いを隠していたら、、、ロスタイムで住人さん、ゴール。
ガックリ。そう、うまくはいかないね。

決勝
相手はクリカカルーニー+ビエラ?+カシージャス
70試合くらい消化。バランス型。

こっちは反則リベリー+メネズ+ダブルカッター
100試合消化。ディフェンス+支配震撼。

45:55くらいの戦力比だったけど、補正があるから意味ないね。

前半は0-0
敵の片攻は、サイドにコンバートされたエスキュデと、抜かれた場合のラファエル。ラファエルのパワーが17あるので意外と守れる。
クロスを1回くらいあげられたかな?でもスキラッチが1回くらいは守れる。

中央列車は、パワーディフェンスのおかげ?
ボランチマウリとCB二人で、なんだか安定してた。
ラファエルと交替してはいったキエリーニもパワー17。本職は当然SBだけど、左CBで使用して不満なし。

強奪されないのは連携のおかげ、とも言われるけど、
まぁ、なぜか守れた。

GKゴメスが、スピード12のくせして、KP「リベロキーパー」だから飛び出しが早い、というのも意外と効いているのかもね。



攻撃は、
右コーナー付近に大集合したメネズ、リベリー、シャルメ、グルキュフから、最後はメネズのカットイン。
よくある得点パターンです。

1-0で勝利。

いつも同じことですが、
どんな勝ち方だろうと、強い人に勝つのはうれしいね。

ただ、その人はICCを勝てば全冠だった。
先日はEPCで別の人の全冠を阻止しちゃったし、、、、恨まれる?
ま、この髪型で許せ。


これでこのチームはトリプルクラウン。
さて、タイミングを見てデータ登録しましょう。

少なくとも、ミラネットとリベリーを黄金にしてからかな。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-18 09:41 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

平成23年9月16日(金)WCCF日記

平成23年9月16日(金)

「どうしたんですか?」

と何度、訊かれたことか。
もちろん、髪の毛の件。
仕事上、一日に数十人のお客さんと話をするのだから当たり前なのだが、、
いちいち説明するのが面倒くさい。

3歳の長女が気がつくくらいだから、認知症のおばあちゃん以外は気がつく。

ただ、本当かどうか、「うけ」が良かったりする。
若く見える、という声をうるさいくらいに聞く。
じゃぁ、いままではふけてたのか?
長男の幼稚園友達から「かっこいい」と言われて、ちょっと喜んだりして。

ただ、世間的には、、、、?
外食すると店員の態度が違ったりする。
車を運転していて、近くの車の態度も違う気がする。
一般的には、かっこいいではなく「恐い」なのかもしれない。




ゲーセンに着くと、レギュラーリーグを1試合はさんでチャントロ。

持ち歩いているチームでチャントロに出場権があるのは…
ディフェンダーチームはRL5位という残念具合。
EGH全白は先日CT、JTを取ってしまい、RLの消化待ち。

で、参加権があるのはビアトリチームだけ。
で、ICを入れてみると、、、

先日、コンチスーパーを取ったばかりだった。
これで全冠。黄金時代到来。
(130試合消化で110勝10敗10分くらい。)
で、オファーが来た。

それが、なんと、、、

本拠地、ブエノスアイレス!

国籍縛りをする場合、本拠地にもこだわる。それが僕のこだわり。
ブラジルチームで黄色いユニフォームなのに、「アジアのなんとか」なんてニックネームで呼ばれたくない。
ビアトリチームの次期の構想は、アルゼンチンBCG。

このオファーは受けないといけない。
たとえ、オファー2で、小さめの六角形だとしても。
たとえ、チャントロに出るはずだったのを、中止してでも。

で、ビアトリチームを辞任。
弟子は4人。
イグアイン、サムエルのアルゼンチン人と、

アンデルソン!
エブラ!

激優良白の二人がついてきたのに、、、
次はアルゼンチンと決めているので、泣く泣くお別れ。
アンデルソンとか、ダブル覚醒で、イグアインと黄金なのに、、、。

ちなみに、
アンデルソン
エブラ
ミゲウ
アグエロ

この4人はレベルと次元が違う優良白ですね。当然だけど。
ビアトリがいいといっても、1段階違う感じ。
そう。リベリーと同じくらい頂点にいる。




ということで、
「ビアトリ&アルヘンスター」

全白BCGアルゼンチン。何もしなくても全員が細線でつながる。

どうしても使いたかった選手が、
マキシロドリゲス0910(評判いいらしい)
Gロドリゲス0910(評判悪いらしい)
さらに、
0910ガライ(有名人)
0607サパタ(誰これ?)
0607ナスティ(何それ?)

ついでに、
デミチェリスのグループB
エインセのグループG
というミスプリコンビ。

など。
メンバーは後日。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-17 11:00 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

平成23年9月15日(木)WCCF日記

平成23年9月15日(木)

恐ろしいくらいに弱い、というか、重い。
パス、ドリブル全部が遅い。
5Rのせい?全白のほうが、たとえ立ち上げ当初でさえも強かった気がする。

COMに勝てない…

2勝3敗1分の6位で迎えた最終節。
なんと、対人戦。。
ところが相手も立ち上げ10戦程度。スペインぽいチームだったような気がするが、運良く勝利。2-0。

しかし、2周目のレギュラーリーグも悲惨。
COMと3戦して、1勝1敗1分。
まだまだピンチ、瀕死。

むしろ対人戦のほうがよかったりする?
今日も昼休みはエンタープライズのタイミング。人間が3人参加。

いきなり緒戦が対人戦。
相手は、いつもの人。でもクリカカじゃない!?
ロナウド、ロナウジーニョなどのブラジル統一。
あっちもブラジル、こっちもブラジル。
あっちもジュリオセーサル、でも黒。こっちのジュリオセーサルはキラ。
あっちのロベカルは黄色、こっちは黒。
あっちのマルセロは白、こっちも白。そりゃそうだ。

自分的にはかなり盛り上がった対戦は、、
1-2で敗色濃厚の残り5分に投入したイウシーニョがマルセロへ好アシスト!
2-2の同点。
で、PKはキラの勝ち(^^)

EPCの緒戦ごときで疲れすぎ。

しかし、準決勝。
相手は当然COM、しかも1st。
でもって、0-0のPK戦。
だから、まじかよ?というくらいに弱いわけで、、、。
でもPK勝利。

決勝は対人、、、のはずだったが、、、
向こうは人が負けてる。
準決勝でCOMが勝ってる。
今日のCOMは強すぎ!
(実は、人間チームは、たまたま、立ち上げたばかりのものが集まっただけですが。)

決勝。COMを相手になぜか楽勝。
全く重さを感じなかった。なんなの、これ?


少なくとも5Rはよくないみたい。
せめてU5にしよう、明日から。
ファン、クレーベル、ミランダを白にする。
黒ロベカル、キラアレックス、キライウシーニョ、キラセーサル、キラカフーの5人。あくまでも一時的措置。


ところで、ブラジルの国籍KPはカナリア軍団。
オフェンスを「A」にするだけで「S」が発動する、というお得プライス。
ところが、、、

調子に乗ってディフェンスを練習していると、、

あれ?!カナリア軍団が発動しなくなってる!

という事件発生。俺の監督ランクって、こんなに低いの?




ちなみに、PK戦3戦無敗。うち2試合は全部止めた。
f0131183_16471430.jpg

少しくらいはおいしい思いをさせてもらわないとね。



髪の毛を切ったら、なんだか硬派気分。(外見ヤクザとも。)
硬派は妥協しない。

カレーの大盛を注文したら、ラーメンのどんぶりでカレーが出てきた。
文句を言わずに食べきるのが硬派。

つらい。。。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-16 16:47 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

平成23年9月14日(水)WCCF日記

平成23年9月14日(水)

第二次ディフェンダーバッカリチーム

f0131183_16551460.jpg


f0131183_16553422.jpg


FWは変更なし。
左 マルセロ
中 イウシーニョ
右 エベルトンシウバ
彼らには何の不満もない。

変更点は、中央突破対策アンド片攻対策

GKを本職ジュリオセーサル「クロスセービング」
ロナウドアンジェリム0910「アンチコンビ」
ジュアン黒「ワードカバー」
ベレッチ「サイドエリアブロック」
ミランダ黒「アンチスピードスター」

ま、何でもごっそり入れてみた、という感じ。

で、立ち上げ直後の試合をまったりと過ごしていたら、、、

立ち上げ3戦目のレギュラー(プレミア)
対人:クリカカアンリカリッソ

早すぎる。連携線が一本もない。「カナリア軍団」にもなってない。
勝てるわけない。。。
1-3でボコボコ。。。

だって「重すぎる」。使える攻撃KPがないから仕方なく「ドリブル突破」。そしたらパスが全然出ない。
守備KPもアンチスピードスター「C」とかで対抗できるわけないし。。。


次はEPC。流れでそのまま参加したら、決勝戦は、、当然、
対人:同じ人

むーー。
と思ったら、
ダメ元でエベルトンシウバの「ディフェンススピリッツ」。
このKPはDF認識でないと発動しないので、右WGのエベルトンシウバを右SBに。
かわりに右SHのカフーを右WGに。

さすが有名人。
カフー偉い。欠点は顔だけ。
右サイドを突破してイウシーニョ(カフーの後継者)へアシスト。先制。

あとは、なんだかよくわからないけど守れた。
ディフェンススピリッツのおかげとは思えないけど、、

とりあえず、いつもの人に初勝利。
5Rだろ?とか言わないでね。そのメンツで。
(でも、その方はEPCだけ勝てば全冠。本当にごめんなさい。)


しかし、依然として中央突破には、か、な、り、弱い。
なので、クリス黒→白0708に変更。
そう、あの、伝説の「フォアリベロ」に。
やっぱりクリスはフォアリベロ。
スタミナに難があるので、前半アダイウトン(アンチファンタ)で後半クリス(フォアリベロ)。今後どうなるか。


その後、6試合経過で「カナリア軍団」になった。
オフェンスばかり休養なしで練習したから。かなり早い。

f0131183_1656780.jpg


なのに、、、、
レギュラーリーグが勝てない…
こっちが5Rだから相手も強い気がするんだけど、、、
2勝3敗1分
で暫定6位。(うち対人、1敗1分)

降格したら財政難が心配。
一時的にU5にしておこうか悩み中。
[PR]

by akogarehotel | 2011-09-15 16:56 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

平成23年9月13日(火)WCCF日記

平成23年9月13日(火)

床屋へ行ってきた。
推定3ヶ月ぶり、まるで話題のマウリ(ラツィオのキャプテン)みたいな長髪だったので、
本当に、いっそのこと、思い切り、切ってきた。

マウリが一転して、ゴメスみたいに↓
f0131183_15572065.jpg

(会ったら驚いてください。
たいつさんくらいです。)


先日、ゲーセンに行くとEPC開催中。
何気なくモニターを見ていたら、いつもの住人さん同士の決勝戦。

クリカカアンリ+カリッソ
 対
クリカカアンリ+カリッソ

どんだけ?
PK戦でカリッソが勝ちました。

って、どっちのカリッソ?


そんなクリカカアンリにボコられつづけたディフェンダーチームが任期満了。
最後はレギュラーリーグを優勝してオファー獲得。

第二次ディフェンダーチームの目標は
「クリカカアンリに勝つこと」

ということで、U5を想定していたが、
なんだか使いたい選手がたくさん。
ミランダ黒とか、クレーベル黒とか、クリス黒とか、、

で、5Rにランクアップ。
こんなチーム↓
f0131183_15565846.jpg


詳細メンバーは後日。
ものすごく高い理想形を期待しているのですが、、、多分、無理。

ロベカル黒
 ↓
カフーキラ
 ↓
アレックスキラ

ま、追いかけるくらいは自由でしょ?


(解説)
アザーサイド
 ↓
アーリー
 ↓
オーバーラップ(CF)


前のチームではゴールキーパーという貧乏くじ。
今回はボランチで大活躍を期待される人。5試合消化ですでに大活躍。

f0131183_15573785.jpg

[PR]

by akogarehotel | 2011-09-14 15:58 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(2)