<   2012年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

WCCFキャンペーン日記 継続中? 平成24年10月24日(水)

WCCFキャンペーン日記 継続中? 平成24年10月24日(水)

WCCFのキャンペーン期間が終了。
6週間の成果はこれ。
f0131183_1250696.jpg


マトリクスのシール濃度はきわめて薄味。
枚数を増やしたというが、それでも、6,7クレでシール1枚。これじゃ、2セットはさばけない。
期間が終了したにもかかわらず、キャンペーンを続行している。しかし、それでもシール濃度は同じ。7クレやってシールなしとか。
客が怒っても不思議がない。過疎に追い風。
(私自身は自転車5分の距離なので、何があっても行く。仕方がない。)

キャンペーンの後半は、店に行くと、ほとんどひとりぼっちだった。だから、ボロクソ弱い全白クリカカトーレスが、なんと、
90勝10敗とかいう天文学的成績。
あとキングスとW4を獲ると、称号「天才」の条件を満たすはず。


★★★★★


ファンペルシーが移籍したために、ヨーロッパサッカーに対して完全に興味を失ってます。
ところが、夜中にチャンピオンズリーグなどをちょろちょろと放送しているので、何気なく見ていると、、

いろいろと発見があるもんだ。特に中小クラブに。

ルーマニアの弱小クラブ(CFナントカ)に、カイトを見つけた。金髪が美しく大好きな選手の一人。
さらに、同じチームで、「クリスチアン」と実況される選手がいる。その試合では、FKを直接決めていた。
もしかして、と思って調べたら、やはり、、

全白クリカカの「クリスティアン」(カードはフラメンゴ)だった。


さらに、さらに、
シャフタールドネツクというウクライナのチームには、なんと、なんと!

イウシーニョ発見

私の「DFバッカリ」チームの右のエース。
(ちなみに、左のエースはマルセロ。)
f0131183_12502997.jpg

ドネツクには数年前から在籍していたものの、サンパウロやインテルナシオナウ(ブラジル)にローンに出されていたらしい。しかし、やっと今年から本チームに定着。
そのドネツクは、ユベントス、チェルシーのいるグループで、2勝1分の暫定首位。昨日はチェルシーに勝っちやったよ。おいおい。


これは、応援するしかないだろ。
俄然、チャンピオンズリーグが楽しみになってきた。


ついでに、
BATEとかいうチームに「フレブ」という選手がいるけど、あのフレブ?

でもって、
シャルケには内田、、ではなくて、アフェライ!
バルサから放出されちゃったんだね。
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-25 12:50 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

谷川岳天神平(てんじんだいら) 平成24年10月21日(日)

谷川岳天神平(てんじんだいら) 平成24年10月21日(日)


日曜日に家族で谷川岳へ。
朝6時に起きて(起こして)、6時半に自宅を出発。
午前8時には谷川岳ロープウェイ乗り場へ到着。ロープウェイで約5分の空中遊泳のあと山頂駅へ。
さらに、リフトを1本乗り継いで、「ほぼ」山頂へ到着。
f0131183_1247654.jpg

絶景。視力があれば富士山が見えるという。
元気な人は、ここから5時間歩くと「本当の」山頂へ行けるが、一般人はここで十分。

帰り道は徒歩。朝の気持ちいい空気の中を、天神平スキー場のゲレンデを歩いて降りる。子供は、転がるように走っていくが、大人にとっては苦行。
あっというまに、膝が笑う。

それでも、「所要時間30分」という散歩は爽快。
ゲレンデ食堂にたどり着いて、コーヒーと軽食を食べて、満足な気持ち。
朝9時なのに、一日が終わった気分。


で、帰ろうとしたのだが、、

ここからが大事な「使用感」。


谷川岳ロープウェイ

朝8時の時点では待ち時間ゼロだった。
山頂の食堂も空いていて、混雑なんて全く感じない。

ところが、我々が帰ろうとした午前10時には、これから登ろうとする人達の長蛇の列。建物の外まで行列が続き、おそらく2時間待ちくらい。
もちろん、駐車場にも列。その駐車場もロープウェイ乗り場から丘を1つ越えたところにあるので、さらに1時間くらい必要。
3時間待ち?

前橋から来たのなら、あきらめて帰る。でも東京から来たら…
もっと早起きしてこないとダメだよ。


10月21日現在、紅葉はわずかに早い。来週日曜(10月28日)がピークかな?
でも、紅葉具合よりも、天候のほうが何倍も重要。太陽がかげるだけでもかなり寒い。
そりゃ、「11月から滑れるスキー場」だからね。
この日、セーター含めて4枚着用でちょうど良かったくらい。


脚に自信があれば土合(どあい)駅から歩けるけれど、一般的には水上駅からタクシー。
または自家用車。ただし、夕方になると関越道が渋滞するんだよね。。


………

天神平に来たのは、人生で2度目。たったの2度目。

前回は中学生のころ、峰さんとだったと思うけど、スキーに。
土合からスキーをかついで一生懸命歩いた記憶があるような、ないような。
当時からロープウェイは劇混雑で、行きも帰りもかなり並ばないといけない。11月から滑れるスキー場なんて周辺には少ないから、いつも大混雑。
雪質はいいけど、非常に不便なスキー場という印象だった。

今はほとんど混雑しないらしいから、、今度は冬に家族で来ましょう。


というか、「スキー場に来たのにスキーができない!」


ってのは、私にとってかなりのストレス。たとえ目の前のゲレンデに雪がなくても、全く同じこと。
ゲーセンに行ってもWCCFができない!のと同じ。

ん、てことは、そんなにストレスでもない?
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-22 12:47 | あちこち旅行記 | Comments(4)  

たまむすび(TBSラジオ) 平成24年10月19日(金)

たまむすび(TBSラジオ) 平成24年10月19日(金)


先日、「たまむすび」というラジオ番組(平日午後1時から)にメールを送ったら、番組の中で読んでいただいたらしい。

でも、もちろん、放送を全て聴き続けているような熱烈リスナーであるわけないし、そもそも、赤江たまおという人の顔も知らない。
たまたま、赤江さんが夏休みにモロッコへ初めて旅行して、あれこれ苦労した、という話をしていたので、非常に共感してメールを送った。

で、私の聴いていないときに、放送中に読んでもらったらしい。(おそら私がくマトリクスで、シュートボタンを叩いていた時間に。)
もったいないことをしたなぁ。。
10月1日の月曜日だそうです。

そして、今日、こんなステッカーが送られてきた。
どんな価値?郵送料が一番高い気がする。
f0131183_12525753.jpg


……

ラジオ番組に投稿したのなんて、約20年ぶり。
20年前の学生時代に「伊集院光のOHデカナイト」という番組に。
お返しにハンカチが送られてきた。ちなみに伊集院光と私は全く同じ誕生日。

その前に投稿したのは、中学生のころ。
当時、爆発的な人気を誇っていた「ミスDJ」。今で言う「70’s」「80’s」などの洋楽をひたすら流していた番組。リクエストが読まれても、サービスは何もなし。
各曜日毎にDJ担当が違い、その名前すら認識していなかったが、川島なおみも出演していたらしい?
裏番組に「オールナイトニッポン」があったはずだが、受験生はオールナイトニッポンを聴いてしまうと、勉強にならないからね。
なつかしい話だ。
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-20 12:52 | ただの日常日記 | Comments(0)  

WCCFの進路 平成24年10月18日(木)

WCCFの進路 平成24年10月18日(木)


結局、プレイヤーが進化しすぎてしまったのでしょう。
ゲームが始まって最初の数プレイで、勝敗を感じ取ってしまう。
パスが出ない、とか。右を指示しているのに左へパスするとか。
シュートがキーパーにはじかれるとか。

こりゃ、無理だな、と思ったら、よほどの「マギレ」を起こさないと、予想通りの結末になってしまう。
そして、「マギレ」を起こす方法のひとつが「極端なカード配置」なんでしょうね。

多少、不利な風向きでも、カード移動で相手を上回れば、勝敗をひっくり返せる。そんな仕様。
「育成ゲーム」としては仕上がってしまったので、「カード移動ゲーム」へ移行させたい。そんな意図を感じるのだが、、気のせい?


ただし、「カード移動ゲーム」としては、まだまだ幼稚なほどに未完成。
ワープのような移動をしたのに、スタミナが減らないって、おかしいだろ。



………


ところで、某猫ブログに、電撃イベントで配布されるWCCFオリカの画像が載っています。
私には、そしておそらく大多数のWCCFプレイヤーにも縁遠いであろう「アニヲタ」カードのようです。幕張でAKBのイベントにぶっつけて電撃フェアを開催し、新規プレイヤー獲得を目指しているようですが、、、、

それは無理でしょう。


アニヲタさんがWCCFに興味を持つかどうかは別にして、

仮に興味を持ったとして、ちょこっと始めたとしても、

「クリカカ片攻シューキャン棒立4人抜き」に、狩られてオシマイだと思います。
初心者には厳しい現状。
いくら負けても屈しない頑強な精神の持ち主でないと無理。


………

ということで、負けるのにも慣れてきた?クリカカ全白ですが、、、


第二次「全白クリカカトーレス」は、キャンペーン中ということもあり、80試合消化。
年俸10億で始めたので、ダイレクトプレイ(S)を堪能できる、、、

と言いたいが、旅行の当選確率が低く、いまだに黄金3本。
これではまだまだ。
全員が個人覚醒したので、ひたすらラウンジを使っているのだが、、、。
(しかし、GKとDFのほとんどが「オフェンス覚醒」。。。覚醒選手を擦りすぎたせい?)


ちなみに、スタメンは2種類。

本気モード(COM用)
CF ジダン
GK キャラッソ

お遊びモード(対人)
CF オカカ
GK カルッソ


壊れカードのジダンを使うと、COMには楽勝。
ジダンは絶対におかしい。もしかして、国籍詐称か?

対人では、ネタを通す。スタメンは、オカカとカルッソ。
拮抗した試合なら、後半からキャラッソとジダン投入。
そんなだから、当然、WTは未勝利。。。


負けることを前提として遊んでいるので、多分、キャンペーンが終わったら続ける自信がない。


というか、

10クレでシールなし、って、おかしいだろ、マトリクス。
「キャンペーン中」という表示に偽りありだ。
キャンペーンが終わったら、もう行かない。絶対行かない。多分行かない。ひょっとして行かない。
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-19 17:45 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

漢字練習  平成24年10月17日(水)

漢字練習  平成24年10月17日(水)

すでに神童という言葉が板についたうちの長男ですが、
最近は漢字に興味を持っている。学校で習い始めたからなのだが、

手ごろな漢字を見かけると、「これ、何て読むの?」と訊いてくる。

先日は、私が着ているシャツに書いてある漢字を見つけて、

長男 「これ、なんて読むの?」

私 「『ほん(本)』っていう字だよ」

長男 「じゃぁ、全部で、なんて読むの?」

私 「わきもとゆうた」

長男 「これは、『やま』っていう字だ。全部でなんて読むの?」

私 「やまぐちこうじ」

長男 「これは『たろう』だね。」

私 「さとうしんたろう」


さすが、神童。勉強熱心。
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-18 17:28 | 子育てられ | Comments(0)  

WCCF日記 久しぶりにボカ 平成24年10月15日(月)

WCCF日記 久しぶりにボカ 平成24年10月15日(月)


爽快なことがあったので日記。
もちろん、WCCF。

シールの密度が、いまいちはっきりしないマトリクス。少しは増やしたと思うのだが、確定ではない。それを察知して、客も中途半端。

先週の土曜日の午後。
うちの子供が運動会に行って不在。ラッキーなのでマトリクスへ。
え、運動会に行け?いや、もう間に合わないし。


マトリクスには先客4人。
第二次「全白クリカカトーレス」で、チビチビプレイ。

あいかわらず、シュートを撃ってくれない。
CFで新加入させたアドリアーノも同じ。
って、もちろん本家の素行不良の「新たなる怪物」ではなく、バルサの優良SBのアドリアーノ。
去年の「トヨタカップ」(と言ったほうがわかりやすいでしょ?)で来日したアドリアーノ。

そのアドリアーノも、ゴール正面からのシュートが宇宙まで届いたりするもんだから、、、

そんな中、ジダンだけは壊れている。
もちろん、フランス人じゃなくて、エジプト人のジダンだが、唯一、仕事をしてくれるカードだ。
いずれジダンのチームを作りたい。


………


で、ICCが始まろうとしている。

全白クリカカトーレスチームは、まだ参加できない。
フレンドリーを5戦やってもおもしろくない。

ということで、久ーーーーしぶりに、

「全白ポカ・ジュニアーズ」

ICCは、まだ獲ってないので大丈夫。
って、全白で、お客が4人もいて、勝つ心配なんて必要ないだろっ。

全白ポカ(ボカではなくポカ)は、

FW ビアトリ、ダトロ、パラシオ
MF インスーア、クルポビエサ、デミチェリス
DF ブルディソ、ムサッチオ、サムエル、ヴィヴァス
GK ルッケッティ

SUB スケロットSS+CAP、チャベス、レデスマ、マイダナ、セジャイSS

(守備がザルなので、ブルディッソ他数名が「ボカ」ではない。ごめん。)
バタグリアとパレルモは諸事情により不採用。

KPは「セレスティブランコ」と「バイタルエリアブロック(サムエルとマイダナ)」
だから、マイダナの価値があるのだな。



人間は私を含めて4人参加。ちょうど2人ずつ。

グループリーグ緒戦。
相手は、クリカカカシージャス…、ま、そういうチーム。フォメもそういうフォメ。

試合が始まって、普通に、いつもどおりに、リプレイのように、
クリがサイドを突破して、カカのヘディングで失点。0-1

ま、グループリーグだから負けてもいいよ、と思いながら、カチカチやってたら、、

あれ?
あれ?
後半にいつのまにか逆転。
右パラシオのクロスが、中央のビアトリを素通りして、左WGダトロが決める、なんていうレアな場面もあったりして、、うれしい勝利。

2-1
(この1勝にはデカイ意味がある。)


その後の、COM2戦も普通に勝って、決勝トーナメント。


   私(1位通過)
 < あっちの2位

 < さっきのクリカカさん(2位)
   あっちの1位


反対側のリーグにも人間ふたり。
そっちの2人も、こちらと同じように「チーム縛り」と「カカメッシカリッソプジョル…」の2人。

うまいこと分けてくれたね。
で、あっちは、もちろん「そういうチーム」が1位通過で、チーム縛りさんが2位通過。


ということで、準決勝。
あっちの「チーム縛り」の、ユーベと対戦。

 ユベントス 対 ボカ・ジュニアーズ

こういうのがWCCFの楽しみ方だと思うんだけどね。(勝ったから、言えるのかもしれないけど。)
お互いが、好きな人を使って、好きなフォメでね。

相手はユベントスのU5。補正が厳しそう。
ネドベド、ラヴァネッリ、あと誰だったっけ?
私の知っているユベントス選手って、デチェリエとジョビンコくらい。。。

で、噂の「昔の壊れカード」ラヴァネッリに早々に失点。
しかし、前半に追いついて、ハーフタイムで「守ってカウンター」を指示して、、

後半、あれれ?と逆転成功。

2-1


この試合、後半でのこと。
右WG的に配置したスケロットが負傷退場。
まじ?まだ試合は続くのに?
攻撃のコマがなくなって防戦一方。

でもって、敵のコーナーキック。
うまいところにボールが飛んで、「やられた!」と思ったけど、、
敵がシュートしなかった。ルケッティがキャッチ。

怪我させて悪かったから、シュートしなかったのか?
もしも、その通りなら、ありがとう。



さて決勝。
クリカカαとメシカカαが、準決勝で潰しあいをした結果、PK戦でメシカカの勝ち。

ま、どっちも同じようなチームだから。
違うのはナマエだけ?


試合開始早々から、当然、ピンチの連続。
WGメッシが、なかなか止まらない。
なんどもヒヤヒヤしながら、サムエル様がなんとか抑える。
アルゼンチン人にはアルゼンチン、そんな裏ワザがあったりして?


で、ある瞬間にカウンター。
ビアトリが抜け出し、ドリブル数歩。キーパーが出てくるのにあわせて、早めにシュート。
エリアの外だったので、「ここから?!」と文句を言われたが、きれいにゴール。
これが、オカカやアドリアーノだったら、天高く舞い上がる。さすがビアトリ。

前半で1-0

ハーフタイムでは「ディフェンスラインを統率」を選んで、セジャイ(DFスーパーサブ)を投入して、

でも、なんどもヒヤヒヤして、、

でも、そのまま終了。勝利。

ふぅ、。


楽しかった。
これがあるから、WCCFはやめられない。
これがあるから、全白はやめられない。
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-16 18:15 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

太鼓の達人の鬼?  平成24年10月14日(日)

太鼓の達人の鬼?  平成24年10月14日(日)


今日の一枚。
f0131183_12304939.jpg


小学一年生が、リンダリンダの「鬼」で、ミスをたったの4回。
親ばかじゃなくても、すごくない、これ?


「関ジャニ∞の仕分け」で「鬼」が解禁された。子供もそれ以降、鬼に手を出すようになったが、、、、。
この一年で恐ろしいほどに上達した。
去年の今頃は、全ての曲を「かんたん」でプレイしていたのに。。。。

すでに私には、かなうはずもない。
隣でプレイするのも恥ずかしいくらいだ。
私自身は、「鬼」でクリアできる曲なんてひとつもない。


「好きな芸能人は春日さんと大倉(関ジャニ)」と言うだけのことはある。




ちなみに、今日は鉄道記念日。
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-15 12:33 | 子育てられ | Comments(0)  

WCCF「全白クリカカトーレス」日記 第一部終了 平成24年10月11日(木)

WCCF「全白クリカカトーレス」日記 第一部終了 平成24年10月11日(木)

え、第一部?

全白クリカカトーレスが、あまりにも弱いので、フォーメーションを変更させてもらおう。それぞれ、本職(に近い)の配置で。
f0131183_115075.jpg

クリスティアンは本来のDMFへ。
ロランドもCBへ。
FWはオカカと、優良白のトーレス(本来はSB)とチアゴ(本来はOMF)の3枚。
ラウールガルシアをOMFにして、かなりアゲアゲで。
GKだけは、意地を通してみる。カルッソのまま。。。たぶん。

これで、「地蔵で両サイド攻撃」
KPはダイレクトパス(A)とパワーディフェンス(B)。
パワーディフェンスは0809時代ほどの爆発的効果はなくなったけど、、これしかないんだから仕方ない。


………

子供を寝かして、夜10時にマトリクス。
先客4人。めずらしく混んでいる。シールが増えたのかも。


私が着席した直後に、席替えで私の隣に来た奴がいる。
あえて「奴」。
そいつが、いきなりタバコを吸い始めた。灰皿をフィールドの上に置いて。
おいおいおい、おい!

タバコを吸うのは全然構わない。医者が儲かるから。
しかし、フィールドを焦がしたら弁償するのか?無視するだけだろ?

そいつは、「意図的に」飛翔を成功させてる。グンダンさん?
試合が始まってもタバコは続く。列車フォメだから両サイドに灰皿スペースがバッチリ。
もうね。。。。

………

レギュラーリーグのあとに、次は、ちょうどチャントロが始まる。
すでに獲っているタイトルなのだが、、、
・どうせ途中で負けるでしょ。
・COMと対戦なら少しでも年俸が稼げるし。(もう少しで10億。)
・裏でフレンドリーじゃ、年俸が増えないし。
・勝てばベストイレブンもありえるんだから。
そんな理由で、肩身が狭いながらも参加してしまった。

というか、そもそも、勝つことを心配する必要があるのか、このチームに?

そのチャントロ。
私を含めて3人が参加。
隣にいるタバコ君は参加しないが、その隣のタバコ君の友達さんが参加している。
お前には勝たせたくない!

って、思える身分か、このチーム?
ま、思うだけなら自由だが、返り討ち確実。



チャントロ1回戦。アウェイ。
いきなり対人戦。私の後に座ってる人。
敵はフランスっぽい5R。アンリのほかに、ベルカンプがいたような?ま、よく覚えてない。
序盤にあっさり失点して、0-1。
ところが、チアゴのクロスとか、ガンガン決まって、2-1で逆転勝利。


チャントロ1回戦。2試合目はホーム。
4-0 楽勝。
さっきの人が、ゴーストにしちゃったのかもしれない。
確認したかったけど、気まずくて、後を振り向けなかった。
このゲームで、喧嘩は増えるけど、仲間は増えない。絆とはちがう。


チャントロ2回戦。COM
普通に勝利。
あれれ、決勝戦だ。

チャントロ決勝戦。
相手は、タバコ君のお友達。
敵も全白。EGHで、リベリスネイデルエインセレグロッターリエ。そしてカリッソ。カリッソはJです。

本当は、決勝戦を辞退しようかと悩んだんだけど、、3秒くらい。
参戦して正解。カリッソが相手なら、手抜き無用。
もちろん、こちらはカルッソで試合開始。
そして前半をなんとか0-0で終了。
サービスタイムはこれでおしまい。後半からはキャラッソ。
そして、後半も0-0でPK戦へ。
ま、さすがに無理だろ、と思ったら、、、キャラッソが1本止めて勝ってしまった。

WTで負けまくったチームなので、対人ばっかりのCTを勝ったのは素直にうれしい。でも、重複タイトルなので、ちょっと複雑だけど、、、すまない。
「タバコのせいで空気が読めなかった」


この日は、まだまだ続く対人戦。
JT後のレギュラーリーグで、またまた対人戦。
相手は、クリロナカンナと、カリッソだったかカシージャスだったか。カカもいたような、いないような。そんな本家チーム。

当然、GKカルッソで試合開始。
当然、あっさり失点。これが普通。いつもの姿。
でも、なぜか前半ロスタイムに追いついた。1-1。
とすると、ハーフタイムにキャラッソ登場。
でも、なぜかあっさり失点。
しかし、同じく後半ギリで追いついて終了。2-2。

本家を相手に、初めて引き分けた。
チームがやっと成長したんだろうが、、、、遅い!

しかし、この日の対人成績は、1勝2分。
引き分けすらなかったんだから、「称賛」したい。
とすると、次も「全白クリカカトーレス」を続けてみたくなった。

チャントロを獲って、年俸が10億到達。
次のEPCを勝ったら、オファー3が来たので辞任した。

弟子は、クリスティアン、メッリ、キャラッソ。まぁ、誰が来ても同じですが。


………

ところで、「GKは練習中に怪我しない」と聞いたことがあるが、、

怪我しました。。。。
f0131183_11503788.jpg


カルッソは、セガ的にはGKではないらしい。


………

次回の「全白クリカカトーレス」は一部メンバーを変更。
第一次チームの欠点は、
1:得点力
2:中盤奪取
3:片攻対策のSB

ということで、新たに3人のブラジル人を招集。
得点力といえば、新たなる怪物君アドリアーノ。今はどこに。
中盤ボランチといえば、マンUの鉄板ブラジル人アンデルソン。おさげがかわいい。
SBには、南アWCでの北朝鮮戦の0度からのシュートが記憶からはなれないマイコン。おかげで北朝鮮の監督は収容所だ。
f0131183_11493988.jpg


そんな3人を入れて立ち上げておいた。
チーム名「クリカカトーレス カモネ」
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-13 11:50 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

WCCFキャンペーン日記、まだ? 平成24年10月10日(水)

WCCFキャンペーン日記、まだ? 平成24年10月10日(水)


10月10日は本来「体育の日」。
1年の中で、もっとも晴天率の高い日。
そして東京オリンピックの開会式の日。

なんていう大切な日を、あっさり無視して、
「体育の日を10月の第二月曜日に変更する」
という法律を制定した政治家、出て来い。

もちろん、私自身、東京オリンピックの後に生まれましたが。



WCCFは「クリカカ日記」ではなく、「キャンペーン日記」。

え、まだ?

マトリクスは極めて異常状態。
1000円9クレ(カード排出あり)。
シールは8枚毎。
デッキケースは2セット(各20個ずつ)配布。

このシールの含有率なので、キャンペーンが始まった瞬間に一気に過疎った。本来、客を集めるはずのキャンペーンで、逆に客が離れた。
その後、他店のキャンペーンが終了しても、客が戻ってこない。平日の夜と週末以外は、一人か二人。S級タイトルがCOMだけ、なんてよく見かける光景。

だから、当然、デッキケースがさばけない。
キャンペーン期間があと10日となったのに、半分どころか、、、、

最も残りが少ないレアル(?白いやつ)でさえ6,7個残ってる。
バイエルン(?赤白)なんて、まだ3つしか減ってない。17個残り。
ボカは7個なくなっているが、そのうちの5個が私。ということはバイエルンと競争中?

キャンペーン期間中にさばけなかったら、どうするのだろう。
1セット以上、つまり通常の店舗のキャンペーン分がそっくり残っているのだから、シールをよほど増やさないと、あと10日間でさばききるのは不可能だ。
ある日、突然、シールを増やすか。それとも、ヤフオクか闇か。


結局、「急にシールが増えた」という情報を見逃さないように、毎日通っていたりする自分。それでも、、、他のお客さんに会わないから、、、。



「クリカカトーレス」日記

ま、、、、想像はしてたけど、、、

これまで、全白でWTに何度も挑戦したけど、
いつも勝率は5割から6割くらいだった。引き分けをはさんで、運がよければ5連勝となる。
要するに悪くても5割は勝てていた。(だから、間違いなく全白に補正があると信じている。)

だから、全白クリカカにも、悪くても、、、、と期待していたのだが、、

10戦10敗。。。
引き分けすらない。

敵のクロスは必ず得点。
うちのトーレスのクロスはロランドの頭を通り越す。

ほんとによくできたゲームだ。
FWの選手には、ゴールに対する嗅覚的なパラが隠れているらしい。
どんな選手がどんな位置でも活躍できるわけではない。

そして、
クリロナとカカの突破を止めるのは、普通の白(「優良」ではない白)DFには無理だ。
白カンナヴァロ、ベナリーヴォなんて棒立ち素通り、当たりまえーーー。

なんだかんだ言って、やはり「クリカカは強い」と再認識させられた。

だからこそ、WT10戦のうち、クリロナと8回、カカと7回対戦した。
ま、そういうゲームだ。



個人全員覚醒、黄金10本。
年俸10億まで、あと6000万。10億になったら次のチームにしよう。

次は「ドウブツエン」かな。
ビアトリ、アウマダ、サイディ、クリス、ガマーラ、カバ、トラ、ウシ…
動物園に牛はいないだろ。
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-11 17:41 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

リゾナーレ八ヶ岳  平成24年10月8日(月)

リゾナーレ八ヶ岳  平成24年10月8日(月)


緊急報告 動揺

「やつがた家はよいところですな」



連休に、家族でリゾナーレ八ヶ岳へ。
予想外に楽しかったので、記録。

f0131183_220197.jpg

軽井沢の有名な「星のや」が経営しているリゾートホテル。
とりあえず、親バカバンザイな設備がなんでもある。
山あり、プールあり、昆虫あり、よくわかんないイベントあり。

なかでも子供が楽しんだのが、「空中散歩」
高さ5~10mくらいの木々の間を、ワイヤをつたって渡り歩く。
下から見上げるとクビが痛くなる。それほど高い。

そして、最後は空を飛ぶように地面に降り立ってゴール。

「うちの子供が、こんなにすごいことができるんだ!」
と涙を流している親が多数。まさに、親バカ天国。

ということで、うちの子供の素晴らしい飛行姿勢。↓
f0131183_2203732.jpg



他には、木々の破片を使った工作や、粘土細工などもあるのだが、、、

子供たちに最大絶大絶倫な人気を呈していたのが、ポケモン粘土細工。
粘土つくりの先生が非常に丁寧に教えてくれるので、小学校低学年や幼稚園児でも、どんなに難しいポケモンでも作ってしまう。
ま、子供が飽きてあくびを始めたら、全部先生が作ってしまうのですが、
それでも、「親は喜ぶ」。

ということで、うちの子の作品。↓
f0131183_2205050.jpg


マジメな話をすると、
こんな丁寧な「粘土の先生」はいない。子供がどんなにグズろうとも、根気よく親切に話しかけて、人形が出来上がっていく。
簡単なものだと1時間くらいでできあがるが、キュレム、ゼクロムなどの、「大人にも無理?」的なものは3時間くらいかかる。
料金は1200円から2300円。難しいものほど値段が高い。
連休中なので、常に3,4人の子供たちが粘土細工に参加していた。先生はお昼ご飯すら食べる暇がない。

しかし、もっと驚いたことには、先生自身が「ポケモンには興味がないんです」!?とのこと。

アタマが上がりません。。。。


………


東京からJRなら1時間半。
群馬から車だと、すいていれば2時間半。連休の混雑で3時間半。

東京のほうが近いよね、当然。
[PR]

by akogarehotel | 2012-10-09 22:00 | あちこち旅行記 | Comments(4)