<   2013年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

協会長より、お言葉 (WCCF日記) 平成25年4月29日(月)

協会長より、お言葉 (WCCF日記) 平成25年4月29日(月)


協会員のみなさまの御尽力に非常に感謝いたします。


ボーノさん
かぴばらさん(蓮さん)
ベップさん

が新加入され、さらに、いつもの戦力の図臼さんと月野さんのがんばりにより、

たった8人の協会ですが、

なんと、197位でトーナメント参加中です。


協会からの選出メンバーはこんな感じ↓
f0131183_23231070.jpg


ポイントを稼がずに、
さらにメンバー選出でも足を引っ張っている協会員が約2名。協会長(私)を含めると、約3名。


私のチームから選出されたメデルは、全白ボカですから、当然のように白メデル。
90分間ベンチに座っていてくれることを望みますね、協会全体としては。
黒メデルなら、少しは役に立つのかもしれないが。

でも、全白をやめるつもりはないし…
せめて、今週は全黒リバプールをプレイしておきましょうか。。。
自分に妥協して。
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-29 23:23 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

骨髄バンクを普及させるために   平成25年4月25日(金)

骨髄バンクを普及させるために   平成25年4月25日(金)


宣伝。
骨髄バンク普及映画製作のご案内。
f0131183_12402581.jpg

詳しくはHPへ



骨髄バンクを普及させるために映画を作る。
といっても、私が作るわけではない。

映画を作るために趣旨に賛同していただける方々から寄付を募っています。
といっても、私が集めるわけではない。
私は寄付をした人間の一人にすぎない。

ただ、本日、映画製作の方々がうちに来て、、
寄付があと少し、もう少し、、、なんです、とのこと。


………

白血病の治療に骨髄移植は不可欠。
しかし、骨髄の移植には赤血球の血液型ではなく、白血球の血液型を一致させないといけない。
白血球の血液型は数万とおり。
現在、骨髄移植のドナー(提供者)登録は50万人。この数では、日本人の約半分しかカバーできない。

白血病に対する抗がん剤の進歩は著しい。
しかし、移植ができなければ、やはり命に影響してしまうことが多い。
移植ができれば、基本的には、完全に治癒できる。

白血病は若い人や小児にも発生する癌。
だから、ドナー登録の価値を理解して、
そして、映画の必要性を理解してください。

と、私ではなく、製作団体の方々から。
(代表の方は、お子様を白血病で失っている。)


………

骨髄移植とは。
白血球型が一致したドナー(提供者)は各種検診を行い、異常がなければ骨髄採取のために入院。
骨髄は腰背部(骨盤、仙骨)から、全身麻酔のうえ、吸引採取する。
骨髄といっても、骨を削り取って採取するのではなく、骨の中に直径5mmくらいの針を刺して吸い取る。「骨髄」は液体だから。
(正確には骨髄(骨の中)に存在する骨髄細胞を取る。周辺には血液が存在するので、骨髄細胞と一緒に血液が吸い取られてくる。だから、採取された「骨髄」は、外見的には血液と全く同じ。輸血パックのよう。)

全身麻酔なので日帰りというわけにはいかないが、入院期間はせいぜい2泊3日。採取した腰背部に数日間、痛みがつづく。
それで、人間一人の命が救われるなら。


ちなみに、
骨髄は血液細胞のすべてを作る場所。それを移植するので、移植された患者さん(ホスト)は、赤血球の血液型も「移植」される。
移植が完了すると、ABO血液型が変わってしまう。
不思議なようで、全然不思議ではない話。


………


寄付は名目上、一口30000円。お礼に映画のエンドロールで名前が流れるとのこと。
もちろん、一般の人にそこまでの金額は求めていません。気持ちだけで十分。
寄付はクレジットカードがあれば、HPから可能。(すごい世の中です)
もちろん、銀行振込でも可能。

………

もちろん、当ブログを見た人に「寄付しろ」と押し付けるつもりは全然ない。
骨髄バンクというものの存在だけ知ってもらえれば十分。


え、おれ?
私は、単なる賛同者の一人に過ぎないし、もちろん、映画の製作に関わる立場でもない。
単に、寄付した金額が、某製薬会社の数倍であるというだけ。ただそれだけ。
尖閣諸島のときに東京都に寄付した金額の数十倍を寄付しただけ。ただそれだけ。


でもまだ足りないと言われたので、、

大学の同級生やら、高校の同級生やら、、、
競馬の知り合いやら、、、に頼んでまわっている。


富士重工さん、是非お願いします。
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-27 12:40 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(2)  

快心の一枚 平成25年4月24日(水)

快心の一枚 平成25年4月24日(水)

【問題】この写真に一言。

f0131183_18322875.jpg




絆のバージョンアップのおかげで、なかなか降格しない。
で、准将という新しい肩書きが増えたので、もしかして、大佐(と中佐)が弱くなったのかな?(といっても、私よりもはるかに格上ですが。)
強い大佐は准将に、強い中佐は大佐に、というふうに。
大佐中佐マッチでも点数が取りやすくなった気がする。

でも、底辺スレスレの中佐であることにはかわらない。
以前なら最長でも10戦で少佐へ降格していたのが、それが20戦くらいまで延長されただけ。たぶん、明日にはめでたく少佐へ落ちることができるはず。

………

協会順位が1000を超えてた。参加数が一気に増えたな。



★★★

と思ったら、、、、


新しく加入していただいた方、感謝いたします。
(あえてお名前は公表しません)
称号「英雄」なんて、その存在すら知りませんでした。普通にコメントするのが、非常にはばかられます。


おかげさまで、なんと1日にして、

1000位 → 170位

に躍進しています!

となると、協会長自身も少し頑張らないと、、、、
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-25 18:32 | ただの日常日記 | Comments(2)  

トライアスロン日記 平成25年4月23日(火)

トライアスロン日記 平成25年4月23日(火)

その前にゲーセン日記。

協会トーナメントに出場できるのは360チームくらいらしい。

うちの協会でも360位なら入れるんじゃないか?
と思って見てみたら、、、、

協会ポイント  0pt


おい!
おまえら、がんばれ。


………

戦場の絆がマイナーチェンジしました。
降格、昇格の判定が変わって、より明確になったようです。

しかし、、、E一枚の1発降格がなくなりました。。。。


で、本日、1クレだけ。
6:6鉱山。私は中佐。
こっち:中佐6人
あっち:大佐3人、中佐3人
レベル3の大佐とかいるし、、、

当然、アクトザク4落ちの「E」
しかし、バージョンアップのため、降格しません。。。。


………

で、タイトルどおりの日記へ。


9月の水球に向けてシーズンイン。
ただし、泳ぎこむをするほどの時間は滅多にないから、、、

今年は自転車を乗り込む。
といっても、マイ自転車は、これ。ママチャリの上位バージョン。
f0131183_12124472.jpg


しかし、これに2300円出して「おもちゃ」を買った。
課金して装備を充実させた。
f0131183_1213811.jpg


サイクルメーター。
速度と距離が出て、スプリットタイムも測定してくれる。

これ楽しすぎる。
ついつい、踏み込んでしまうし、
ついつい、遠乗りしてしまう。


4月22日(月)
 自転車18km
 最後に4000mTT。9分。平均速度29km/h、最高速度38km/h。
 …仕事の帰り道にわざと遠回り。大渡橋から南部大橋までちょうど4000m。ハァハァいいながら帰宅するって、ちょっとおかしいかもしれない。

4月23日(火)
 貴重な時間に急いで敷島。
プールにいられる時間は着替えを含めて1時間。
600m×3
巻き足100
ダウン100
時間と戦いながら、なんとか、2000m確保。
去年の反省から、今年は「パワー」系の練習も取り入れることにした。


ということで、題名が「トライアスロン」に。
別にトライアスロンに出るつもりはない。(そりゃ、出られるなら出てみたい、宮古島くらいに。)
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-24 12:13 | ただの日常日記 | Comments(0)  

グリーンドーム日記 平成25年4月20日(土)

グリーンドーム日記 平成25年4月20日(土)


土曜日の午後の2時間だけの日記。
つまり、仕事が終わった午後2時から、
子供を迎えに行く午後4時までの二時間。それが、自由時間。


9月の水球の試合に向けて、そろそろシーズンインをしないといけない。
時間さえあれば、いつでも泳ぎたいのだが、二時間では無理だ。着替えの時間が意外ともったいない。
しかも、昼食をまだ食べてない。

食事と運動を両方出来ること。
それは、1つだけ。

そうだ、自転車に乗ろう


自宅からちょうど3kmの距離にあるグリーンドーム前橋。
利根川沿いのサイクリングロードなら信号なし。
ノンストップでたどりつける!

と思ったが、、、
休憩なしの3kmツーリングって、意外とつらいね。

自転車に乗ると人が変わる私。
「ゆっくり走る」
という単語は辞書にない。
でもって、この日は、春の嵐。バック超向かい風。

グリーンドームにたどり着く頃には、ヘトヘト。
3000mはG1レースなどの決勝と同じ距離(通常のレースは2000m)。
さすが、プロはすごいね。
さらにいうと、誘導の選手って、バカにするけど、もちろん、まだまだ走れる人たちなんですね。


………

グリーンドームに来た目的はもちろん、昼食。
いつものカレー。

カレーを食べたあとは、

食後にすぐに運動してはいけない。
仕方ないので、休憩しよう。
ちょうど、たまたま、、、

西武園記念競輪 3日目、準決勝

(去年のこの日は、西武園まで行ったんだよなぁ。あの時は、後半3レースを全部的中。しかも万車券あり。)


9レースの準決勝を適当に購入。
実は久ぁぁぁしぶりの本場。マークに手間取って、あせってしまい、、、マークミス!

自動券売機で車券を買ったら、お釣りが300円しか出てこない!?
10000円入れたはずなのに…
あれ?入れたのは5000円だったかな、と思って、その場を離れたら、、
なんと
f0131183_16173364.jpg


遊びの車券なので、100円ずつ買うはずが、間違って、1000円ずつ買ってしまった。
意図的に6000円も買ったら、もうドキドキものなのに、、、
間違って6000円も買ったら、、、、ま、当たる可能性もあるから、もしかして、、、

しかし、結果は、
2山崎は人気を背負って消えてしまい、

1芦澤-8藤田

本来なら、小当たりを的中だったんだけど、、
f0131183_16174751.jpg

もちろん、大きくマイナス。

ま、これも競輪。


ところで、そろそろ前橋にもファンサービスの巡業があるらしい。
f0131183_16187100.jpg



顔写真を載せないほうがいい、と誰か忠告してくれないのかな。


………

WCCFのマルチパスケースの正しい使い方。
f0131183_16171467.jpg


車券がぴったり収まるサイズになってます。
これは、ありがたい!



と、こじつけてみた。
実際、車券なんて手元に残さないから…
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-21 16:17 | 競輪ブログ | Comments(0)  

戦場の絆日記と音ゲーもね 平成25年4月19日(金)

戦場の絆日記と音ゲーもね 平成25年4月19日(金)



先日のブログで、タイトルを「戦場の絆」日記としたら、アクセスが多くてビックリしました。
てことは、

お詫びの場として使える

ということで、

「アンパーンチ」
「ファンペルシー」
と、中佐でマッチングしたらあきらめてください。

ゲーム開始時に「よろしく」ではなく、
 「すまない」
 「よろしく」
とチャットしてます。


先日も、同じ人と3クレ(6戦)連続してマッチングして、
足を引っ張りまくって、本当に申し訳ない気持ちで一杯。
競走馬名のジオン中佐さんとは、日を替えても何度もマッチングして、、、
なるべく迷惑をかけないようにしているんですけどねぇ。


ということで、あまりにも地雷すぎて、いつ降格してもおかしくない中佐なのに、なぜか降格しきれない。。。

昨日のこと、
すでに連敗数は無限大。そして3連続のCCC継続中。
次にCを取れば、万が一、勝っても降格できる。
と思ったら、下マッチ。6:6で大尉、中尉までいる。
しっかりと、2連勝でSA。。。。。
複雑。


もちろん、その次のクレジットは、中佐大佐マッチ。
もちろん、2連敗のCC。
当たり前体操。
バンダイを恨む。早く降格したい。

もちろん、ドラムマニアへ「後退する」。


………

ところで

QDキャンセルを受けているときに、
敵のキャンセル後の格闘攻撃に対して、タックルをしているのに、
全然、反応してくれない。
これって、よろけ仕様?
それとも操作が悪い?

「タックルのときにPOD内で自分自身が前のめりになってタックルしている。手が動いているかどうかわからない」
と幸福さんに言われるくらいなので、、、、


………


「ファンペルシー」中佐は、連邦用に作ったIC。
しかし、連邦は、、、MSの性能がよすぎて自分が下手になる?

錯覚?

指揮ジム(格闘)とか、アクア(近)とか、
フルアーマーガンダム03(遠)とか、おかしいだろ、これ。
(射撃と狙撃は乗らないからわからない)


あえて連邦を我慢して、ジオンで精進しています。あえて。


☆☆☆

ユビートもポップンミュージックも、大幅にバージョンアップした。
客付きがいいゲームだからね。

ポップンは、あまりにも変更点がありすぎ。
レベル設定が今までとガラっと変わってしまい、古い人間にはプレイしずらくなった。年寄りは新しいものに慣れるのが苦手だから。


ユビートは、、、
ブルーハーツが削除されてガッカリしていたんだけど、その代わり今回から、

スリル(布袋寅泰)が追加

このゲームのターゲットって、40代も含まれるの?
うれしい追加だ。

♪べびべびべーび べびべびべーび べいべー♪

氣志團(きしだん。漢字あってる?)のワンナイトカーニバルも復活。
再び、のめりこみ予報。
高崎LLにはドラムマニアも新バージョン完全装備。音ゲーのためだけに通ってもいいかもしれない。
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-19 17:37 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

中国の鳥インフルエンザ  平成25年4月18日(木)

中国の鳥インフルエンザ  平成25年4月18日(木)



どうやら、「人→人」感染が起こっているらしいね。
仕方ない。

とすると
パンデミックは時間の問題だが、、、


現時点での中国の状況は(4月18日)、概数で、
感染 100人弱
死亡 20人弱(死亡率20%)

誰もが思う。「これって本当の数字か?」
北朝鮮よりは正確だろうが、中国が正確な数字を発表するか?
というよりも、中国の能力で正確な数字を把握できるか?
さすがに死亡数が大きく間違うことは少ないと思うが、
感染者数はケタが違ってて当然だろう。
熱が出ても病院にいかない人、いけない人のほうが圧倒的に多いだろうから。

とすると、それは実は朗報で、
適当に補正をすると、
感染者数 10000人(発表の100倍)
死亡数   40人(発表の2倍)
で、死亡率は0.4%とテキトーに概算。

意外と少なくなるじゃん?
これで「少ない」?

………

新型のウイルスが発生すると、人間は一通り感染しないといけない。
新型のインフルエンザが発生すれば、ほぼすべての人類に感染する。なかには、運がいい人も存在するけど。

とすると、日本人が1億3000万人として、
最低5000万人が感染するとして、
死亡率をかけると、、、20万人!

日本と中国の医療レベルで補正をしても、、、
5万~10万人の死亡数と言う計算。日本人だけでこの数字。


群馬県だけで1000人くらい(少ない?)。
東京都だけで15000人くらい(多い?)。


残念だけど、「いつ」というだけの問題でしょうね。


………

そんな中、ゴールデンウィークに中国へ行く人がたくさんいるんだろうね。

あなたが勝手に感染して、勝手に死亡するのは構わない。
が、
あなたが日本に持ち帰るのは非常に迷惑。



だけども、、、

GW明けに小さな山場を迎えておいたほうがいい。
GWに広がらなければ、夏休み明けの秋に広がる。乾燥する秋の感染力は威力倍増。
突然、大きな山が来るよりも、先に小さな山が来ていれば、何かの対応が取れるかもしれない。


といっても、もちろん、中国に遊びに行くような愚考を勧めているつもりは皆無。


………

ワクチンの開発には約半年かかる。
今年の冬にギリギリ。
2009年のブタインフルエンザのときと同じフィーバーが起こるでしょう。
1年半もすれば全国民分のワクチンができあがるだろうが、、さて。


タミフルが一応、効果があるらしい。
『タミフルは副作用が心配』という人は、どうぞ服用しなくていい。貴重品だからもったいない。
タミフルの派生品であるリレンザ、イナビルなど、ちょっと在庫補給しておこう。
。。。。と思って、いろいろ注文していたら、、
なんてったって高級品だから、100万近くになってしまった。
もちろん、ムダに終わるのが一番。


………

中国では、

7歳の女の子が感染したけれど治癒した。

と大々的に報道している。
「中国への観光をやめないでください。感染しても恐くないから。」
と言ってるわけです。

「死亡率の低いウイルスは拡散しやすい」

しかし「率が低い」と「数が少ない」は同義語ではない。
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-18 12:36 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(2)  

M医療福祉専門学校 平成25年4月17日(水)

M医療福祉専門学校 平成25年4月17日(水)


4月は新学期の季節。


今年の2月頃、
群馬県M市にあるM医療専門学校から電話が来た。
いつものオバサン先生から、
「今年も講義をお願いします。今までは2年生でしたが、今年から1年生を担当してください。おほほほほほ。」ガチャン。


にくめないオバちゃんなので、いつも「二つ返事」で引き受けてるが、
新しい学年を担当するということは、、、
新一年生用に、2ヶ月かけて60ページの授業用プリントを作った。
WCCFのサテで原稿を考えたりして。
あー、疲れた。
去年と同じく2年生の担当なら、新しくプリントを作る必要はなかったのに。


そして、その1年生を担当した第一回目の講義が昨日。

介護専門学校の定員は80人。
ほとんどが高校を卒業したばかりの若い男の子、女の子だが、
最近の不況の影響から、通学に補助がでることもあり、社会人の生徒が約20人いる。私より年上と思しき生徒も、ちらほらとみかける。

子供ばかりのクラスに、少数の大人が混じることは非常によい。
クラスが静かになり、「やや」まともに授業を聴いてくれる。
(数年前は、社会人入学なんて皆無。そんな時代の授業は、まさに蟻の巣。)


そんなまとめ役の社会人さんが、授業が終わった後に、

「今年になって、初めてマトモな授業を受けました」

と。
ミーティングで称賛された選手のような気分。素直にうれしい。
プリントを準備した甲斐があったね、サテで。

しかし、他の授業がマトモではないとすると、ちょっとかわいそうだ。



………

現在、講義を担当しているのは2校。

介護学校
生徒はマチマチ。19歳の子供に、授業を静かに聴くことを要求しても無理。
しかし、その頃の自分自身を思い出せば、、、、すまない!
講義料はうれしい設定。

警察学校。
生徒(警察官)は微動だにせず講義を聴いてくれる。逆に恐い。
講義料は底辺設定。というかマイナス。(警察会に入会しないといけない。年会費1万円が必要。)


そして、辞めてしまったのが、
看護学校
生徒はマジメ。質問もハイレベル。
講義料は警察よりは上だが、、、ほとんど奉仕活動レベル。
しかし、医師会立なので学校そのものの意欲がない。公立よりもタチが悪い。
去年、医師会内の政治的イザコザでトップ総入れ替えがあった隙に、辞めてしまった。あまり関与したくない。
生徒がちょっとかわいそう。



ま、介護学校の近くに、アピナ野中という非常に優良なゲーセンがあるということが、最重要事項。
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-18 12:35 | ただの日常日記 | Comments(0)  

WCCF日記 マルチパスケース 平成25年4月16日(火)

WCCF日記 マルチパスケース 平成25年4月16日(火)




たゆまぬ努力の結果、4つめのパスケースをゲット。
その結果、

バルサ2つ → 甥へ
赤 → 長女へ
黄色 → 長男へ

と子供へのプレゼントができた。が、


「カードケース?欲しい!欲しい!」
と口をそろえていた子供たちだったのだが、、、実物を目にすると、


「カードが入らないぃぃ」


そりゃそうだ。
パスケースであって、カードケースではない。

子供たちが期待していたように、ポケモンのカードとか、アイカツのカードを入れることはできない。
無理に入れれば、不可能ではないが、折角のカードが傷ついてしまう。
「パスケース」ではあるので、各ゲーム用のICカードなら入る。
しかし、それでは利用価値が、、、、


数分後、机の上にちらかるおもちゃとともに…


f0131183_952233.jpg



いずれにせよ、目的の4つを獲得した。
これで正式に

「南米が排出されるまで引退」


宣言できると思う。



………


協会?


お金をかけてポイントを稼ぐ。
トーナメントではクリカカKOLEが猛威。


現時点で私個人に対しての「プラス」はひとつもない。
楽しめる人は、楽しめるようだが。



(一応、協会を作りました。入会していただいた方、ありがとう。そして、がんばれ。)
(マンフレさん。パスケースについて、ご好意ありがとうございます。今回はお気持ちだけ。5月の名古屋でパスケースのかわりに、ごちそうをお願いします。)
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-17 09:08 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(4)  

混合診療の解禁  平成25年4月14日(日)

混合診療の解禁  


たまにはアカデミックな話題。
どうでもいいといえば、どうでもいい。




混合診療って、何?
「保険証」で認められている診療と、認められていない診療を同一場所で同日に行うこと。

たとえば、
風邪をひいたときに、風邪薬を処方するのは「保険証」で認められている。
が、必要以上に気持ちのこもった治療、たとえば、

若くて元気な人に、栄養剤を処方して、さらに点滴までしてあげる。これらは「保険証」では認められない。

現在、「保険証」で認められないことを同日同一場所で実施してはいけないので、「必要以上の熱心な治療」が可能なところは存在しない。

しかし、法律改正により、これを可能にしましょう。
「保険証」で認められていない部分は、その分のお金を払ってもらえれば実施してもいいことにします。
ただし、一般に「保険証」では3割分の支払いで済むが、「保険証で認められていない部分」については、もちろん10割分を患者さんがしっかりと支払ってください。


というのが「混合診療の解禁」

これって、いいの?悪いの?


第一印象で誰もが考えるのは、

お金があれば何でもやってもらえる。→医者も喜ぶ。患者も喜ぶ。

お金がなくても最低限の治療はやってもらえる。→まぁ、今と同じなので、医者は許す、患者も許す。


これでおしまい?
じゃぁ、いいことなのか?


………

2015年

世界的に有名な名医あこがれドン兵衛が、癌を治す薬「ガンガナオール」を開発した。
しかし、保険適応を申請するには、さらに面倒な治験(実際の患者さんに服用してもらって効果があることを統計的に証明すること)をしないといけない。
非常に費用がかかる。
申請する事務手続きも複雑でメンドクサイ。
メンドーが大嫌いなドクターあこがれは、この新薬を「保険適応外」で使用することにした。
幸いにも混合診療が解禁されたことにより、日本全国すべての病院で、このガンガナオールを採用してもらえた。

しかし、さすがに新薬のガンガナオールを開発するにはかなりの費用を費やした。
だから、薬価も(とりあえず最初は)高額に設定せざるを得ない。
「1回分、100万円」

もしも保険適応であれば3割負担になり、さらに年末調整の医療費に計上できれば年間10万円を越えるものは税金から控除される。
しかし、自由診療ではそれは不可能である。(と仮定。)


1回100万円もする治療であるが、さすがに効果が素晴らしいので、飛ぶように売れた。
とんでもない儲けになった。
今さら「保険申請」をする気にもなれない。
くどいが、ドクターあこがれはメンドクサイことと、厚生省相手の事務手続きが大嫌いなのだ。

その後、ガンガナオールは永遠に保険適応になることはなく、自由診療で扱われつづけた。
100万円が支払える患者は命が助かる。
そうでない患者は…




これでは困る。

保険会社が続々と「自由診療保険」を発売した。
掛け金をかけておくと「保険証が効かない部分」の診療をした際に補助金が支払われる。
国内の保険会社だけでなく、TPP解禁により海外の保険会社も参入し、保険会社の生存競争に発展した。

しかし、この競走の中で生き残った日本の保険会社がある。
特に、ガンガナオールで治療したぶんの補助率を高率にした。ガンガナオールで治療された患者に対しては、その後の掛け金も不要とした。
この保険会社からバックマージンをもらっているのが、あこがれ財団であることは言うまでもない。


混合診療の解禁って、いいの?
悪いの?


保険証で使用できる新薬は永遠に発売されなくなります。

………



本来なら、混合診療解禁により、もっとも恩恵を受けるはずの分野は、不妊と移植。
しかし、日本人のモラルがそれをさえぎる。

夫と妻の受精卵を他人の子宮で育てたら批判されるとか、
癌で死んだ人の腎臓を移植したら週刊誌で叩かれるとか、
これでは、混合診療解禁のメリットは全くない。

そして、不妊治療が保険適応となり誰でもできるような時代になることは永遠にない。
[PR]

by akogarehotel | 2013-04-15 09:10 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)