<   2013年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

観音山トレーニング 「大谷」 平成25年11月27日(水)

観音山トレーニング 「大谷」 平成25年11月27日(水)

大谷:距離500m 標高差80m 平均16%
天空:距離760m 標高差100m 平均13%


昨日の火曜日、宇都宮競輪へ行こうと思っていたが、子供の発熱で中止になってしまった。
そんな週は、水曜日に乗らないといけない。体がなまってしまうから。


で、観音山(高崎)へ。
仕事が終わってから昼すぎに出発。
2時半に観音山に到着。日没まで1時間半ある。

もちろん「塩沢峠を上りきる」ための練習。
パワー重視の練習。

まずは、Cコース(熱海コース、2.8km、平均6%)をアウターだけで上る。
熱海コースはあちこちに案内板(ホテル熱海)があるので道を間違えることがない。
f0131183_18283096.jpg

熱海コース上部からの景色。高崎駅から2kmのところでこんな景色が見られるなんて。しかも俺専用。


熱海を上ったあとは、今日の目的地へ。
大谷コース(Iコース、500m、平均16%)

大谷のスタート地点。
f0131183_18285619.jpg

気がつかなかったが、「長坂」というバス停がある。1日に4本しか来ない。
ここから「長坂牧場」に行くには、この「大谷」を上らないといけないのだけど。

さらに、気がつかなかったが、神社がある。
大谷と同じような激坂の上にあるが、、、廃墟でした。が、一応、お参り。
f0131183_18292040.jpg



今日の予定は「大谷3本」。
1本目:ギア1枚残し。
ファイナルローではなく、1枚だけ、たったの1枚だけ残す。
でも、厳しいんですけど…

………

「大谷コース」概要
平均16%の坂がそのまま続く。スタート直後以外に息をぬく場所がない。
距離500mで、カーブはたったの5個。
中間あたりと最後に、推定20%超の直線が出現。
しかし、それでも、最大値としては塩沢峠より緩い。

………

f0131183_18294388.jpg

はぁはぁ言いながらも、最後の直線をスタンディングでなんとかクリア。


そのまま迂回路を下る。迂回路は舗装もよく、快適なダウンヒル。


そして2本目。
と思ったが、、
f0131183_18302886.jpg

あっちに、なんだか、ものすごい坂が見えますが…

行ってみた。
そして、すごかった。
当然、コース途中の写真はない。
スタートとゴールだけ。


「天空コース」
(距離760m、標高差100m、平均13%)
最大斜度はおそらく塩沢峠に匹敵できる。
f0131183_18305133.jpg

スタート地点は「大谷」のすぐ下。
f0131183_1831101.jpg

スタート直後が激坂?
いえいえ、これくらいは、むしろ平坦。
10%以上ないと「坂」とは言わないのだよ、坂とは。


このカーブを左へ曲がると、、、

出たな、妖怪!

何パーセント?
まるで階段みたいな坂が50mほどつづく。
多少カーブしているにも関わらず、この勾配。もしかすると塩沢以上かも。
路面のコンクリートに横溝が入っている。もちろん、滑り止めだ。
歩いて降りることすら、危なっかしい。こんなところを自転車で上るやつはバカだ。

でも、最も驚くのは、その坂の横に民家が建っている!?
いったい、どんな生活してるの??


しかし、その「階段」を抜けると、10%弱のカーブになる。
10%弱ということは、「平坦」。ちょっと休憩できる。(もちろん、走りながらの「休憩」。)

これで終わりじゃつまらない。最後にもうひとつ「壁」が出現。
さっきと同じく、20%は越えてるよね?的な「壁」を越えてゴール。

………

「天空コース」概要
スタート直後と終盤に、塩沢レベルの坂がある。
つまり、余裕で20%を越える激坂が2回。
しかし、それ以外は、10%程度なので、休憩可能。
途中で息抜きができるぶん、本家「大谷」よりも恐怖を感じない。

………

「天空」という名の所以。
f0131183_18315068.jpg


その見晴らし。まさに、天空。
f0131183_1832885.jpg


これで2本めが終了。
再び、迂回路を下り、大谷スタート地点へ。


3本目:大谷をシッティングのみ

ファイナルローだけど、ダンシング禁止。
できるのかな?と思ったが、、
中央部の20%直線は、ちょっと蛇行しながらも、なんとか上れた。
しかし、最後の直線は、、、、
ペダルを回すことはできるけど、今にも後方へバク転しそうな角度。。。。
恐くって、前ハンドルにしがみつきながら、なんとか上りきった。

すげぇな、できるんだ、俺。


当然、ご褒美。
f0131183_18323398.jpg

長坂牧場のソフトクリーム。
他にジェラートが何種類もある。
ただし、ソフトクリーム売り場は牧場内の奥のほうにあり、ちょっとわかりにくい。


帰り道。
これもトレーニング。
高崎環状線を10km弱走る。
まわりの自動車と同じ速さで走らないと恐いから、がんばって踏む。
向かい風のなかを時速30維持って、、、、つらいんね。
夕方4時半に帰宅。もう暗くなってきた。


ということで、
次の塩沢チャレンジまでに、春までに、
太腿を太くします。
そう、女性のウェストくらいに。

……ま、森雪という女性もいますから。



最後に地図。

観音山界隈
f0131183_1525375.png


大谷と天空の詳細
下るときは、県道49号の舗装がよくて、走りやすい。
大谷をそのまま下りてたら、ブレーキパッドが何センチあっても足りない。
f0131183_14322815.png


参考:ヒルクライムコースガイドへ


最後の最後に、

競輪ファンなら、わざわざ立ち止まってでも撮らなければいけない写真。
f0131183_1828539.jpg

別に意味はないけど。
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-28 18:32 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

test

test
f0131183_1525375.png


f0131183_14322815.png

[PR]

by akogarehotel | 2013-11-28 14:33 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

初心者目線のブレーキ修理 平成25年11月24日(日)

初心者目線のブレーキ修理 平成25年11月24日(日)



先日の塩沢峠で故障したブレーキの問題。


1.前輪、後輪ともにブレーキがゆるい。遊びが大きい。
2.後輪ブレーキのブレーキパッドがタイヤにくっついたまま離れない。


この2点が、塩沢峠でのトラブル。


そういえば、、、、

と、エンゾ本を思い出した。
そしたら、ちゃんと書いてある!
f0131183_12341763.jpg


1.ゆるい

「ワイヤは伸びるもの。新品は一度しめなおす必要がある。峠ばかり走ると、なおさら注意が必要。」

なんだか、おれのことを見ているのか?
というほどに見透かされている。


◎新品のバイクは一定時期のあとにワイヤをしめなおさないといけない。

その方法:
本にも載っているが、
f0131183_12335714.jpg

ブレーキパッド近くのダイアル(D)で調整できる。

写真は、調整をしてしまった後のもの。
購入時は、ダイアル(D)とストッパー(S)はくっついた状態になっている。

①まずは、ダイアルを右へ回す。(正面から見て右へ)
すると、ダイアルとストッパーともに、上へあがる。(ブレーキ装置から離れていく。)
1cmほど離れるようにする。

②次に、ダイアルを左へ回す。もとにもどす。
すると、ダイアルだけがもとにもどる。
ブレーキ装置にくっつくまで元にもどす。
ストッパーは離れたままの位置。

これでワイヤが張りなおされた。
ゆるみがなくなり、「遊び」が減った。


たった、これだけ!
知っときゃいいじゃん!


………

もうひとつの問題点。

2.後輪ブレーキがくっついたまま離れないのは、、

ブレーキパッドがあまりにも熱くなり溶けてしまった。
それがリムにくっついたらしい。

ブレーキを使いすぎ、というか、あの坂がおかしい。


f0131183_1233254.jpg

ブレーキパッドを見てみた。

3本の溝がある。
この溝が消えたら、パッドの交換時期だ。
あと1mmくらいずつ残っているが、、、

「ずいぶん使いましたね」と主治医に言われた。

やはり、あの坂がおかしい。
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-24 12:34 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

大者 平成25年11月22日(金)

大者 平成25年11月22日(金)


だいじゃ

言わずと知れた、群馬で最も有名?なラーメン店です。



金曜日。
子供と妻が所用で不在。突然、独身になった!
夜9時まで、外見上、一応、まじめに仕事をして、さぁ夕食へ。

こんな時間に一人で、となれば完全に「一択」。

「だいじゃ」しかない。

もともと、それを想定していたので、今日はロードで通勤してきた。
ジテツー。

職場(新前橋)を夜9時過ぎに出発。
だいじゃ(高崎)まで約8㎞。

どうせ暗くてつまらないサイクリングだろうな、と思っていたが、、、、

大きな道を通れば照明が明るい。
自動車の番手を主張すれば、引いてもらえる。
とはいえ、それほど交通量が多いわけでもない。
快晴なので、星空がまぶしい。


ん?
意外と快適?

追い風参考で、すいすいと飛ばしていた。
「ちょっと速度が速いかな?」と思ってサイコンを見てビックリ。

時速45㎞!

恐るべし、自動車誘導。
10分ちょっとで大者に到着してしまった。

f0131183_2031789.jpg

しかし、、、

店外10人の列。。。。

たっぷり1時間待たされました。
でも、1時間後にこれを食べられれば、何も文句はない。
f0131183_214968.jpg



(待っている間に「オッズGP」をひたすら読んでいた。その話は後日。)


………

夜10時過ぎ。

「大者」のラーメンは一般的なラーメンの約3杯分。
満腹状態で、ロードに乗り、夜風の中を帰宅。
自宅まで8㎞。
満天の星空。

いや、夜のサイクリングってのも、意外と気持ちいい。
【注】照明の明るい道に限る。
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-23 20:08 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

【12】塩沢峠(群馬県):神流町-塩沢峠 《激坂》

ヒルクライムコースガイド
(最終更新 平成27年10月15日)

【12】塩沢峠(群馬県):神流町-塩沢峠 《激坂》
距離8.2km 標高差740m 平均9.0%

f0131183_18401326.jpg

f0131183_19111828.png

f0131183_18394897.jpg

群馬県屈指の激坂。
目の前にしたら笑うしかない。

①勾配、コース

スタート地点
f0131183_18403769.jpg

国道462号。
丹荘駅から約30㎞、神流湖から約15㎞。
神流町役場を過ぎて100mほど走ると、橋の手前に神社と案内板がある。
ここを右折すると、戦いの始まり。

Step1 3.5km 
準備運動。10%弱のだらだらした直線。赤城の料金所付近のよう。2車線。民家が点在。
道幅広く、舗装良好。

Step2 1.5km
悪天時通行止めのゲートを越えると道幅が狭くなり「滑り台」の始まり。
ここから距離1500mで標高差160m。しかも直線。
滑り台を1段のぼって、少し平坦。また1段のぼって、ちょっと平坦。この繰り返し。
最後の500mでは標高差90mを上る。単純計算で18%。途中に平坦部があるのだから、、、最高何パーセントなの?
舗装はあまりよくないが、それどころではない。

Step3 2.0km
待望のカーブ区間。要所要所は10%程度あるけれど、まさに息抜き、まさにパラダイス。カーブってのは、こんなにありがたいのか!

Step4 1.2km
最後にもう一度イベント。10%超のカーブと直線。途中には距離700mで標高差100m(平均15%)の区間がある。
ゴール前は見通しのいい直線。つい、もがいてしまう。



②交通量
オートバイの人にとっても聖地らしい。平日でもわざわざ走りに来る人たちがいる。とはいえ、基本的に交通量は少ない。
道幅が狭いので大型車は通行不可。


③コンビニ 自動販売機
鬼石町のセブンイレブンが最後。神流町のスタート地点まで20kmある。
ただし、神流町役場付近には昔ながらの商店が多数。開いていれば最低限の買出しは可能。自販機も数台設置。

峠に入ったら何もない。
御荷鉾林道も何もない。


④食堂、施設
神流町役場付近や、塩沢峠のスタート直後に食堂がある。
完璧に町並みに溶け込んだ食堂なので、ジャージでも悪くはない?
神流湖周辺にも昔風のドライブインや食堂がある。
道の駅は下記に二つ。

トイレ:
スタートの神社の手前100mくらい。国道462の右側のバスターミナルにトイレがあります。


⑤季節、気温、服装
11月中旬。
前橋14℃、鬼石13℃。塩沢峠上は推定10℃弱。
上りはTシャツと長袖ジャージだけ。
下りは、オーバーウォール、ウインドブレーカーを追加。さらにセーターを着てもいいかも。
シューズカバーも持参。面倒なので履かなかったが、履いたほうがいい。


⑥駐車場
神流湖より手前に道の駅「上州おにし」。温泉もあるらしい。神流町まで約15km。
神流町を少し過ぎたところにも道の駅あり。数km。
神流湖周辺にも少数だけど駐車場あり。


⑦最寄り駅
丹荘駅、児玉駅(JR八高線)から30km。
秩父駅(秩父鉄道、西武鉄道)からも30km強。


⑧景色
木々の中を走るが、ときどき視界が開けて上野村方面の山が見える。
見てる余裕なんかないけどね。


⑨ソフトクリーム情報
道の駅や神流湖周辺のドライブインにあるらしい。


⑩放射線情報
人体にただちに影響することはありません。


【注】
帰り道は、
ブレーキのメンテにかなり自信がある人に限り、塩沢峠を下ってもいい。
ブレーキに不安があるなら御荷鉾(みかぼ)林道へ。塩沢峠を右折すれば神流湖までゆるやかな下り坂の近道。
塩沢峠を左折しても十石街道方面へ出られるが、その地域は放射能に注意。


参考記事へリンク
平成27年11月1日輪友会ツアー
平成27年10月13日輪行-丹荘
平成26年9月30日自走-前橋
平成25年11月19日輪行-丹荘


コースガイド目次へ戻る
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-22 18:44 | ヒルクライムコースガイド | Comments(0)  

塩沢峠と御荷鉾(みかぼ)林道 平成25年11月19日(火)

塩沢峠と御荷鉾(みかぼ)林道 平成25年11月19日(火)


ということで、丹荘駅から塩沢峠へ行ってきました。
処々のブログで、群馬最大の激坂という情報だったのですが、、、

一言、
バイエルンのオランダ人FWだろ、これ。
f0131183_19262613.jpg

アリエンロッベン!

20%(推定だけど、たぶん確定)の坂が数百メートル続きます。

「壁」というとリアリティがないから、
あえて、
「滑り台」と表現します。これなら、決して表示偽装ではない。
子供の遊び場にあるアスレチックの滑り台と、ほぼ同じ勾配。でもって、距離は無限大。

観音山の大谷以上に『恐怖を感じた坂』でした。

多分、自転車で上ることを想定していない。
というか、
下りることはもっと無理!


………

新前橋駅 9時32分
高崎駅で乗り換えて
丹荘駅 10時09分着

f0131183_19265082.jpg

無人駅で、さびしく自転車を組み立てて、西へ向けて出発。
新宿(しんしゅく)という交差点を右折してからは、国道462号で「神流(かんな)方面」へ。
塩沢峠スタート地点までは約30km。

f0131183_19271024.jpg

数km走ると、鬼石(おにし)にあるセブンイレブンに到着。
ここから先には、コンビニはない。

鬼石から神流湖まではマイルドな上り。
f0131183_19275449.jpg

この国道462号は非常に走りやすい。道幅も広く、舗装も良い。
それなのに、さらに舗装改良工事なんてのをあちこちでやっている。
交通量が多いわけでもないのに、どこにそんなお金があるのだろう?


30分ほどで神流湖が見えてきた。
下久保ダムの「要塞」。
f0131183_19283130.jpg


そして、神流湖。
f0131183_19285145.jpg

周辺には「冬桜」とか「きょうりゅう王国」とか「三波石」などと観光資源が豊富のようだが、無視して先を急ぐ。

大きな神流湖が終わる頃、やっと目的の塩沢峠が前方に見えてきた。
f0131183_19291450.jpg


塩沢峠の入り口である、神流町(かんなまち)に到着。
丹荘から32km。2時間弱。
f0131183_19293618.jpg

意外と賑やかな街並みだ。
ヒルクライムで銀行を見かけるなんて、初めてかも。
小さな商店や食堂がいくつもある。自販機もある。しかし、コンビニはない。

その神流町の町外れが塩沢峠の「スタート地点」。
いくつもの案内板が並んでいる。
f0131183_19471768.jpg

ここを右折する。
交差点の右角には神社がある。しっかりとお祈りをして、完走を祈願する。


………


塩沢峠の概要。
f0131183_19314260.jpg


Step1 3.5km 
準備運動。10%弱のだらだらした直線。赤城の料金所付近のよう。2車線。民家が点在。

Step2 1.5km
悪天時通行止めのゲートを越えると道幅が狭くなり「滑り台」の始まり。
ここから距離1500mで標高差160m。しかも直線。
滑り台を1段のぼって、少し平坦。また1段のぼって、ちょっと平坦。この繰り返し。
最後の500mでは標高差90mを上る。単純計算で18%。途中に平坦部があるのだから、、、最高何パーセントなの?

Step3 2.0km
待望のカーブ区間。要所要所は10%弱だけど、まさに息抜き、まさにパラダイス。カーブってのは、こんなにありがたいのか!

Step4 1.2km
最後にもう一度イベント。10%超のカーブと直線。途中には距離700mで標高差100m(平均15%)の区間がある。
ゴール前は見通しのいい直線。つい、もがいてしまう。

合計距離8.2km 標高差740m 平均9.0%
平均値なんて、まったく意味がないと痛感する。


………

神社で15分ほど休憩。
しっかりと補給する。もちろん、目標は着地なしだから。

さて、スタート。
f0131183_1932724.jpg

牙をかくす虎のようなスタート地点の風景。


Step1 0km
ときどき下りや平坦もあるので楽な気分で上っていく。しかし、全平均9%なのだから、平坦なんてないほうがいいに決まってる。
塩沢ダムも通過。
さっき、もっと大きな下久保ダム要塞を見ているのだから、ここの写真は必要ない。

Step2 3.5km地点
「連続雨量○mmで通行止め」のゲートを越えると、雰囲気が一変。虎が牙をむく。
20%くらいあるんじゃないの?という滑り台みたいな坂が連続。
30mくらい上ると、一段落。そしてまた滑り台。そして一段落。この繰り返し。
なんとか着地せずに(おそらく)最後の坂の前まではたどり着いたが、、、

最後の坂を見て、もう無理!
(ページトップの写真)
思わず笑ってしまう。なんなのこれ?!
今までより、一段と勾配が増した坂が、視界のテッペンまで続いている。

残念ながら、2,3回踏んだところで力尽きた。

顔では笑いながら、内心、恐くてたまらなかった。
上れるわけない、というよりも、斜面に倒れそうだ。方向を間違えれば、崖下へ落っこちる。
観音山大谷(500mで平均16%)で感じた以上の恐怖感だ。

f0131183_19323540.jpg

着地地点から下を見たところ。
これって、帰り道はどうするの?
間違いなく、歩きだろ、これ。

気を取り直して再スタート。平坦部分でなんとかクリートをはめる。
その後、もう一回着地したが、なんとかStep2の激坂をクリアした。

処々ブログを見ると、何気なく皆さんクリアしているけど、、
みんな、そんなにすごいの?
現時点では私には絶対に無理だ。


Step3 5.0km地点
くねくねカーブ区間。
f0131183_19332456.jpg

今から上る道がすぐ「上」にある。
けど、これくらいは先ほどのStep2「滑り台」にくらべればヌルい。
何よりも、カーブであれば応用が利く。

この息抜き区間には紅葉のトンネルもある。
f0131183_19334318.jpg

(もはや写真優先。着地上等。)


Step4 7.0km地点
もういちど虎が襲いかかる。もしかしたら15%以上あるのかもしれないが、カーブなのでなんとか上りきる。
f0131183_193467.jpg


最後の直線は、ゴールが見えているだけに、ついつい踏んでしまう。
f0131183_19342823.jpg

(ゴールから見たところ)

そして、ゴール。8.2km。
f0131183_19345380.jpg



さすがに自分史上、最高の激坂でした。
そして、峠からの風景。
f0131183_19351757.jpg

この景色があるから、「山」に上るんだよね。


神社をスタートしてから59分。
途中、メールしたりしてたにしては、早いな、おれ?
しかし、「完走」できなかった。。。。



………

では、帰りましょう。
丹荘駅の電車の時刻まで、約2時間だ。

で、塩沢峠を下り始めた。

が、、、、、

2kmほど下りて、Step4を越えたところで、、、


ブレーキが壊れた。
後輪ブレーキのワイヤが緩んでしまい、全く機能しない。

どうしよ。。
20%の坂を前輪ブレーキだけで下りられるわけがない。
自転車を押して歩く?
あと7kmくらいあるのに、歩いたら何時間かかる?


そういえば、
塩沢峠の上に「御荷鉾(みかぼ)林道」というのがあったはず。
「関東屈指の林道」と宣伝されていたが、、、
どこにたどり着くかは、オレ知らない。
でも、どこかにはたどり着くんでしょ?


気を取り直して、下りてきたStep4(700mで平均15%)をもう一度上りなおした。ブレーキが壊れていても、上ることはできるものね。
そして塩沢峠に再び到着。
峠の交差点を右へ向かった。たぶん帰る方向。たぶん。


………


「みかぼ林道」。関東屈指という割には狭くないか?
f0131183_1936121.jpg

f0131183_19361824.jpg



しかし、
こんな景色の中で「迷子状態」。
f0131183_1937288.jpg

先日の「夜の深谷」での迷子よりも寂しいかも。
携帯はバリバリ圏外。あたりまえ。

ちょっと走ってると、こんなものを見つけた。
f0131183_19372541.jpg

国道462号も含めて、この地域の道路が随分と綺麗だった理由が判明。
このあたりは、中曽根領なんですね。


さて、どこに着くか分からない道を、15kmくらいは走っただろうか。
f0131183_19382587.jpg

基本的に下り坂なので、間違いではないようだが、、

「落石注意」の看板の横で、実際に落石している。
f0131183_1938482.jpg

「土石流危険地域」という看板をいくつも見かける。
「ガードレール下 転落車多数」という看板もある。
なんだよ、この道は?

もはや「動物注意」なんて、かわいく思える。

トンネルがあった。
f0131183_19391410.jpg

トンネル内には照明などない。私はライトを持ち歩かない主義なので、完全に真っ暗。早く、帰りたいよー。

しかし、トンネルを抜けてしばらく走ると、視界が開けた。
f0131183_19395032.jpg

神流湖!!
塩沢峠から20km弱。約1時間で迷子状態から開放された。


f0131183_19401433.jpg

帰ってから地図を確認すると、むしろ近道だったのか?という感じ。
緩やかな下りの連続だから時間も節約になった。


予想外の好展開。この調子なら予定通りの電車に間に合うかもしれない。
神流湖から丹荘駅までは約15km。
軽自動車の番手に入りながら、時速30kmを維持して踏み続けた。
(スタミナはたっぷり残ってるんだよね。でもパワーがないから、塩沢を上れなかったんだ。)
信号がほとんどなく、舗装良好の道なので、平均30kmを維持することはさほど困難ではなく、30分ちょっとで丹荘駅に到着できた。

丹荘駅発 1537
新前橋駅着 1616

自宅にロードバイクを置いてから、「遅い昼食」へ。
f0131183_19404114.jpg


ビールがうますぎる!

本日の走行距離 84㎞


………


塩沢峠を上るにはパワーが必要だ。


塩沢峠を下るには、、、、、、塩沢峠は下ってはいけない。
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-21 19:40 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

北関東ローカル線、途中下車の旅-八高線 平成25年11月19日(火)

北関東ローカル線、途中下車の旅-八高線 平成25年11月19日(火)

火曜日。
今日も峠に行ってきました。が、
その前に、


f0131183_1365389.jpg

ローカル線途中下車 八高線

自称「乗り鉄」の私ですが、八高線に乗るのはこれが初めて。
なんとも恥ずかしい次第です。


JR八高線:
f0131183_1371727.jpg

八王子と高崎を結ぶ路線。それぞれの頭文字をとって八高線。
「高」は高麗川(こまがわ)の「高」ではないが、八高線は高麗川駅を中心に二分されている。電化のため?
高崎から高麗川までは、単線で非電化(ディーゼル)というガチガチのローカル仕様。

八王子(東京)まで一本で行けるの?という割りに、八高線を利用する群馬県民はほとんどいない。
だって、不便で遅いしぃ。。

………

高崎駅から輪行で乗車。
f0131183_1373887.jpg

1日に何本?
すべてが高麗川までしか行きません。

当然のように「ワンマン」です。バスと一緒。
車掌さんがいないのでこんな表示が。
f0131183_1375886.jpg

おばあちゃん対策ですね。

f0131183_1381872.jpg

無人駅があるので車内清算用に運賃表があります。
電車でこんなの初めて見た。
表示されているので機能しているのでしょうが、、
実際は、各駅で清算可能なので全く必要ありません。運転手さんも、車内で清算する客など来るわけない、といった雰囲気です。

藤岡あたりで車窓から。
高崎方面。まだ多少、街並みが見える。
f0131183_1383620.jpg


こっちは八王子方面。児玉方面。
f0131183_138543.jpg

ジャングル行き?


高崎から4つめの丹荘(たんしょう)で下車。
短小ではありません。

無人駅なので車内で清算かと思ったら、運転手さんはニコッと笑っただけ。
駅の出口に一応の「切符入れ」があるだけ。
f0131183_1391640.jpg

これって、なんでもやり放題?いい大人はそんなことしないけど、、
でも、無人駅でもスイカ対応なのは素晴らしい。


ちなみに、乗るときは乗車証明書発行機で、乗車証明書をもらって乗る。
降りる駅でそれを見せて清算する。
だから車内に運賃表なんていらないじゃん、となるのだが。


で、今回の目的駅。たんしょう駅。
f0131183_1393693.jpg



駅の階段から周囲を見ると、、
f0131183_1395647.jpg

これから向かう神流(かんな)方面です。いいねぇ。

f0131183_13101316.jpg

しかし、浅間はもう雪だ。
その隣(榛名山の左)、草津白根方面も雪だね。



さて、峠へ向かって出発。
(って、どこへ?)
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-20 13:10 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

胸部レントゲン検査とか検便とか 平成25年11月18日(月)

胸部レントゲン検査とか検便とか 平成25年11月18日(月)


たまに、マジメな話。

『大腸がんになると便が細くなる』

これは、教科書に載っている基本的なこと。

では、その「逆」。
「便が細くなった人は、大腸がん」
これは、どれだけ正しいか?

「便が細い」といって受診する患者さんには大腸がんを疑え、とはうるさく指導されるけど、実際に、「便が細い」ことで受診した患者さんのなかに大腸がんの人がどれだけいるか?
1000人に1人くらいしかいないんじゃない?

でも、その一人を見つけるのが医者の仕事だから、
結局は1000人全員に精密検査(大腸カメラ)を勧めるわけだ。
100万人に一人じゃなくて、1000人に一人だから、検査する側もほとんど悪気はないと思う。
でも、やられる側は、、、?
個人的には、嫌なら断っても全然構わないと思う。


一方、胸部レントゲンは?
大腸カメラは痛い検査だけど、胸部レントゲンは痛くない。
放射能もほとんど問題ない。
(むしろ赤城山のワカサギのほうが痛い。)


「健康診断で毎年、胸部レントゲン検査を受けましょう」

なんて言われてるけど、、、

『胸部レントゲン検査を施行しても、肺癌による死亡率を低下させることはできない』

と、厚生省の友人がよく言っている。
「健康診断なんか受けたって、肺癌は減らないよ」と。
おそらく事実だと思う。

でも、そんな「夢をくじくような話」をしないでよ!
ということは、お役人さんも理解しているから、決して、
「胸部レントゲン検査は意味がありません」
なんて発表はしない。
そんな「サンタクロースは実在しません」なんて発表はしません。

だって、サンタクロースは実在しなくとも、十分に価値があるでしょう?
夢を与えているでしょう?
健康診断も同じこと。
健康診断の項目に「レントゲン検査」があるだけで、

…健康診断って大事なんだな。
…肺癌ていう病気は恐いな。
…タバコやめようかな。
…いつかは健康診断を受けようかな、今年は遠慮しておくけど。

って思うでしょう。
国民の潜在意識にいろいろと訴えてくれる。

ゆえに、
肺癌以外の治療にも利用できることも含めて、
たとえ肺癌の治療率を向上させることがなくとも、
「肺癌検診としての胸部レントゲン検査」は必要なんだよ。

だけども、もしも、

国民の医療費が高額になりつつあるので、必要のない健康診断は中止しよう、
なんていう政治的な動きが起きるようだったら、、、、

この国は本当にやばくなる。
そんなときは急いで外貨預金をしよう。


え、おれ?
生まれてこのかた、今まで一度も、
健康診断なんてやったことないし。。。。

だって大事なのは、「健康診断があります」と宣伝することであって、
「健康診断の受診率」を増やすことではないから。
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-19 19:48 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

SEKAI NO OWARI 平成25年11月17日(日)

SEKAI NO OWARI 平成25年11月17日(日)


今日は、一日中、子供二人と私の3人だけで過ごすことになった。

「カラオケに行きたい!」
と子供二人が口をそろえて言うので、シダックスへ。
同じような家族連れが他にもいる。
食事を注文しなければ、大人子供3人がフリータイム(フリードリンク)で1500円。安い。
f0131183_12553362.jpg


ちなみに、歌ってる曲名は、、、
f0131183_12555118.jpg

子供達自身が自分で勝手に入力した。決して私が指導したわけではない。
幼稚園児の長女でさえも、
「せかいのおわりが大好き。『トゥナイト』が一番すき」
と言う。
SEKAI NO OWARIの最年少ファンとして申請してもいいか?


で、なんと、うれしいことに、
来年GWの、さいたまスーパーアリーナでののコンサートに当選した。
今から子供達はウキウキ。

しかし、、、俺だけ仕事で留守番。。。

というか、チケット代がすっごい高いんだね。
バルセロナほどではないけど、、、SMAP並なんじゃないの?


………

西武園競輪場ではバンク走行会なんていう素晴らしいイベントを開催中らしいですが、
本日、前橋ドームでのイベントは、、、、
f0131183_1255113.jpg

スノーボード販売会。
ま、諸事情あるようだから、仕方ないかな。
(このイベントに前橋市長自身が見学に来てたから、何か思うところがあるのでしょう。)
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-18 12:55 | 子育てられ | Comments(0)  

小学校のマラソン大会 平成25年11月15日(金)

小学校のマラソン大会 平成25年11月15日(金)

f0131183_17503797.jpg

今日は長男の「マラソン大会」
といっても、たったの700mだそうです。

で、餌をぶらさげてみた。
もしも、同学年男子70人のなかで、
20位以内に入れば、2000円相当のおもちゃ。
10位以内に入れば、6000円相当のおもちゃ(『戦闘中』のボール)。


もちろん、自分(親)ができないことを子供に押し付けるつもりはないが、
私自身は、同学年男子200人(マンモス校)のうち20位だった。
だから70人中10位は、無理な数字ではないはずなんだけど。。。
(ちなみに、峰さんは200人中5位以内で、県の駅伝大会で入賞しちゃうレベルだからすごい。陸上部じゃないのに。水泳部なのに。)

ということで、今日まで、毎朝、親子二人で少しばかりの練習をしてきた。
でも、本人がやりたくないことを押し付けるのはよくない、と私は思うので、
練習といっても「散歩」になったりして、、、、



………

そして、今日。
朝8時50分にスタート。出勤前に家族総出で応援に行った。


たったの700mなので、スタートしたと思ったら、すぐゴールになる。
70人がそれほどバラけずに、一列でゴールへ向かってくる。
長男は、最終4コーナーに25位で入ってきた。「集団」だから、すぐ目の前に20位の子供が走っている。

すると、カーブしながら一人抜いた。さらにもう一人抜きそうだ。

『差せ!』

さすがに、これは心の叫び。
声に出したのは、こっち。

『抜け!』


だがしかし、直線が短すぎた。二人抜いたところでゴール。

23位。


現時点の長男にとっては身分相応な結果。
もっと練習すれば20位は簡単だけど、、練習させることがよいことかどうかは誰にも分からない。

というか、まるで競輪を見に行ったような感覚だったね。
4コーナーの捲りは熱いものがある。
そういえば、最近、現地で「声援」を送ってないなぁ。


………


長男の「レース」を見ていて、なんだか自分にも燃えてくるものが。

…僭越ながら、レースに出てみたくなった。

来シーズン、草津とか、軽井沢とか?
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-15 17:51 | 子育てられ | Comments(2)