<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

初心者目線のヒルクライム練習 これでいいのか? 平成26年4月28日(月)

初心者目線のヒルクライム練習 これでいいのか? 平成26年4月28日(月)



八ヶ岳以来、ママチャリを封印し、ロードバイクで赤城の「天使コース」を練習している。

天使コース
距離2.0km 標高差120m 平均勾配6%


単純計算で、10倍すると「赤城ヒルクライム」
12倍すると「ツールド八ヶ岳」

天使コースを6分で走り続けることができれば、
赤城 1時間0分
八ヶ岳 1時間12分
誤差がありそうだけど、目安として悪くないんじゃない?

問題は10本、あるいは12本連続できるのか??と。


で、最近の私の天使タイムは、

5分40秒:ベストタイム(100%出し切り)
5分55秒:わずかに息抜き(95%全開)   
6分30秒:2本めへ行けるかな(85%出力)

もしも、6分30秒で走り続けることができれば、、
赤城 1時間5分
八ヶ岳 1時間18分

だんだん現実味を帯びてきた数値だね。
これに決定。



………
別の考察。


私の水泳のベストタイム。
(20年以上前なので、遅いといって笑わないでください。)
200m 2分15秒
800m 10分15秒 → 200mあたり2分34秒

800mのタイムを「巡航速度」と想定すると、
ダッシュタイム:巡航速度の比は、

2分15秒:2分34秒
 ≒ 5:6 =1:1.2

つまり、ダッシュタイムの1.2倍を巡航速度に設定すればよい。


現時点で、私の天使コースのダッシュタイムは、5分40秒なので、
5分40秒 × 1.2 = 408秒 = 6分48秒


天使コースのダッシュが5分40秒程度の私は、巡航速度はせいぜい6分48秒。
とすると、現時点での推測は、それぞれ10倍、12倍して、
赤城 1時間8分
八ヶ岳 1時間21分36秒

なんか、これでも「現時点の自分には十分」という気がします。

6分30から6分48で走り続けられるよう練習すればいいってことだ。


ま、オボカタさんよりは、正しい統計操作だと思う。


………

それにしても、かなり疲労がたまる。
自宅の階段を上がるのもちょっと疲れるくらいに。

こんな感覚は久しぶりだけど、一応は練習になってるみたいね。
というか、これまでのママチャリでは、やはり不十分だったんだ。
天使コースのスタート地点でさえ、いつもの大鳥居より標高が上なんだから当然といえば当然か。



でもね、今日は、
ちょっと余力残し(2本目ならいけるかな)のレベルで、

5分55秒!


いや、10本行けとは言わないで。
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-30 12:12 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

練習しよう、そうしよう。赤城を想定して。 平成26年4月27日(日)

練習しよう、そうしよう。赤城を想定して。 平成26年4月27日(日)



火曜日は前橋市内東部の専門学校で仕事をしている。
その帰り道、「桃の木川サイクリングロード」なんてものがすぐ近くにあることに気がついた。
f0131183_125313100.jpg

世の中の自転車乗りにとって、
『サイクリングロードで自転車に乗ってはいけない』
ということが、もはや常識化されている現在、こんな便利なものがこんな近くにあるなんて、知ろうともしなかった。

専門学校へはママチャリで通勤している。
ママチャリなら、サイクリングロードに乗ってもいいかな。帰り道に散歩気分で乗ってみた。
実は、桃の木川CRを走るのは人生で2度目。1回目は(推定)小学校低学年の頃、家族4人で走ったおぼろげな記憶がある。あれから約40年経過。

赤城県道まで北上してみた。
走り始めてすぐ、右岸になんとも素晴らしい表示が!
f0131183_12533311.jpg

上泉伊勢守信綱。戦国時代随一の剣豪。その生誕の地。地名も「上泉」町。
もっと大々的に宣伝してください。みんなが知っている宮本武蔵や足利義輝よりも実力を評価されている武将です。
(完璧に余談ですが、
 「上泉伊勢守」は「かみいずみいせのかみ」と読みます。そういえば、著作権だかなんかの話で「なんとか河内守」という人がいましたね。読み方は「なんとかかわち・まもる」とのことですが、本人は「なんとか・かわちのかみ」と呼んで欲しかったのかもね。)


しばらく行くと、なんと両側4車線の豪華サイクリングロードになった!
f0131183_12535378.jpg

前橋市が随分と税金を投入しているんですね、俺の。


晴れた午後。俺専用のサイクリングロードで赤城県道へ到着した。一度も自転車に遭遇しなかった。


………

f0131183_12542052.png

赤城県道に合流したら、ほんの100m走ったところで信号を右折。
嶺公園方面へ。
『赤城ヒルクライムのために赤城県道で練習をしてはいけない』
これも小学生の常識。

赤城県道からさっさと離れる。県道と平行して東側を走る農道へ。めいわ幼稚園の脇を通り抜けると、『天使コース』『ポエムコース』のスタート地点へ到着する。標高は大鳥居よりも信号ひとつぶん上。
ここから畜産試験場の高さまでが天使コースとポエムコース。
詳細はリンクへ

f0131183_12551164.jpg

距離2km、標高差120m、平均勾配6%
次の小諸までは、ここでペース配分の練習をすることにした。
ケイデンス重視なのか、速度重視なのか、気分重視なのかを知るために。

10倍すれば赤城ヒルクライムと同じ距離になる。赤城で1時間を切るには、このコースで6分を切らないとお話にならない。
そのへんを目安に、3日間、試走してみた。

初日:ママチャリ
 8分30秒

二日目:ロード ケイデンス重視90以上
 7分20秒

三日目:ロード 速度重視20km/h以上
 5分50秒

いや、6分切りましたけどさぁ、、、
エネルギーの95%くらい出し切った。
これをあと9本どころか、2本めすら無理だってば、、、、


二日目と三日目の中間で、10本続けられる位置を模索しましょう。

f0131183_12544484.jpg

さっき見えた県庁が、今は眼下に見える。
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-28 12:55 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

【号外】富岡製糸場が世界遺産に! 平成26年4月日()

【号外】富岡製糸場が世界遺産に! 平成26年4月日()

f0131183_1827308.jpg

「世界遺産に??」みたいに、どこぞのトウスポと一緒で、悪い冗談でしょ?って思ったが、、
本当に世界遺産になるらしい…


(おそらく)群馬県民のほとんどが思うことは、、

『あれが世界遺産なら、なんでもありか?!』


世界遺産になることはうれしいが、あまりにもおこがましいのでは?
それが普通の(教養レベルが普通の)群馬県民の感情だと思う。もちろん、僕も。


………

(普通レベルの私が知っている情報は)

富岡製糸場は明治時代に造られた「糸を造る工場」。繭から絹糸をつむぐ。
(ちなみに、絹織物では群馬県の桐生市が有名だが今回の世界遺産には含まれていない。)
繭を作るのは蚕。いわゆるモスラ。その蚕の餌が桑。昔、群馬にはあちこちに桑畑があった。私の小学生の頃でも前橋市内でさえ、あちこちが桑畑だった。

明治の文明開化、女性の仕事、戦時中の工場。そんなキーワードがあるので歴史的に価値が高いんだよ、と教えられ、小学生の社会化見学のお決まりコースであり、私も10分ほどのトイレ休憩に立ち寄った記憶がある。

もちろん、マニアの方々はもっとたくさんの知識があるのでしょう。
だから、世界遺産当然必須当たり前ぇ、なんだろうけど。


富岡市のあの一帯が「中曽根領」であることが、変なことを推測しちゃうんだよね。

………

しかし、どんな理由があるにせよ群馬県民にとって、こんなありがたい話はない。
当たるはずのない車券が落車がらみで当たったようなもんだ。

富岡市近辺の交通状況が一変するだろう。
自転車乗りには非常に不評で廃止ギリギリの上信電鉄が息を吹き返すだろう。銀河鉄道999電車なんてことをしなくても乗降客が増える。

周辺の富岡サファリ(別名、群馬サファリ)も来場者が増加し、動物たちが幸せになるだろう。ちょっと足をのばせば横川。有名な鉄道ぶんか村や釜飯屋は喜んでいるでしょう。

ヒルクライム的には、富岡から妙義山を通って佐久へ通じる道が整備される。国道18号より南、十石峠より北に、それらに平行して走る峠道が整備されることになる。妙義山や艫岩の近くを通り、絶景が連続する道だ。
もちろん、御荷鉾(みかぼ)林道ももう少し手が加えられ、塩沢峠の往復路もおこぼれを頂戴できるかもしれない。


………


ただし、あのあたりの放射性物質の降下量がチェルノブイリレベルだということは隠し通していられるのだろうか?
(ヤフーを見られたらバレてしまう。)
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-26 18:27 | ただの日常日記 | Comments(0)  

12-13WCCF日記 全白メインで対人戦:ワールドトロフィーとか無理! 平成26年4月24日(木)

12-13WCCF日記 全白メインで対人戦:ワールドトロフィーとか無理! 平成26年4月24日(木)


ちょっと、というか、かなり悲しい結果。
日記に書くのも恥ずかしい…


ワールドトロフィー
0勝4敗8分

それまでのオーシャンとは違って、敵も「できあがった」チーム。
覚醒したクリロナ、メッシ、KOLEを相手に楽な戦いができるとは思ってはいなかったが、、
1勝もできなかったことは、まぁ、許す。攻撃陣はがんばって点を取ってくれたから。どちらかというと、問題は守備陣。自陣内で奪われて失点。こんなのばかり。
強奪かよ!
ま、それでも4敗は想定内だから許す。


とてもとても大きな問題は、引き分け8戦のうち、、、

PKで、1勝7敗


そりゃ、ワールドトロフィーなんだから、相手も「PKに強い」キーパーばかりだ。対戦した半分以上が「PKキーパー」だ。
だから、はずす、はずす、はずす。
笑うしかないくらいにPKをはずしまくる。
特に、トロシディス!7回中、成功ゼロ。。サイドバックってシュートがうまい選手が多いのに。。。。
(こいつを薦めたのはコスとかいう奴だったっけ?)
アドリアーノも成功率50%。でもこれはスタミナのため?

そんなのを相手に、ベナーリオががんばって1,2本を止めても、、

【評価:ベナーリオ】
試合中のセーブは◎。ファインセーブも連発。
コーナーキックには無力。フラグどおり。
PKは「やや強い」。1,2本は必ず止める。
PKを蹴らせれば当然100%成功。


ということで、次は私も「PKキーパー」を使ってみよう。
(と思ったけど、タファレル、パロップ、ついでにカリッソも、先日売り払ってしまったんだよね。その金額で焼肉を食べちゃったわけだけど。)



★★★

全白メイン終了

125勝10敗15分くらい、詳細忘れた。

タイトルはレギュラーリーグのみ。

弟子:チアゴモッタ、ベナーリオ
(たった二人?タイトルが少ないせいだ。二人とも個人特殊が覚醒だが、ベナーリオは変更することが前提なので残念。)


★★★

対人戦に限った使用感。
「使用感」なんて意味ないけどね、という意見には同意。
なので「評価」といってお茶をにごす。
支配、パワー、守備を震撼したチーム。


【0809アドリアーノ】
KPボールキープ(レア)。
まさに「怪物」。生涯一先行。一人でドリブルで持ち込んで、一人で激烈シュート。
CPU戦での強さを10とすれば対人戦では7くらいなので、ややガッカリだけど、それでもルーレットで敵のキラDFを抜くことが数回。私の知る限り、現バージョンで最高の白FW。
常に右FWで使い続け、隠れパラの「経験値」をあげるとよい、なんてのはオカルトですか?

【0910チアゴモッタ】
一言、よく動く。よく攻めて、よく守る。KPオーバーラップにすると尚一層。シュートもうまく、奪取力もある。
本来は攻撃的MFなのかもしれないが、だまってても攻撃してくれるので守備的MFで使ってる。得点時、ものすごく興奮して喜ぶ。ジュリと同様の特殊モーション、ほほえましい。

【0910モモシッソコ】
今回、うれしい新発見の一枚。リバプールではなくユベントス。
よく動き、よく守る。奪取力確実。悪くはない。

【0910シェルストレーム】
パラどおり優良。攻撃は不満なし。シュートうまい。意外とよく守り、よく奪う。
 今シーズンはアーセナルにいる?!でも一度も出場してないみたい。同じく出場機会ゼロのミヤイチがカード化されたんだから、13-14ではアーセナルからシェルストレームを希望。無理?

【0607レコバ】
対人でも壊れ具合に変化のない、真の壊れカード。ただしスーパーサブ限定。
まるでスキーのように超人CBをすり抜ける。

【フッキ白】
バージョン忘れた。白は1種類のはず。
ちょっと期待はずれ。期待が大きすぎた?アドリアーノとは比肩できない。たまーーに突破してくれるが、超人CBにはすぐ止められる。囲まれてもシュートができるパワーだけはギリギリ合格点。

【フレッジ】
バージョン忘れ。スーパーサブ。
十分に優良白。スタメンでも活躍。シュートうまい。特殊モーションで超人CBを抜くことがある。ただし、アドリアーノとくらべてしまうと…

【0910ムンタリ】
現時点で白トップ下として最良の1枚。突破よし、シュートよし、守備よし。

【1112メルテザッカー】
1対1はとても強い。クリメシでも対応可能。そりゃ、KPマンツーマンがレアだから当然。でもトラップが致命的に下手。バックパスを奪われて失点多数。CBはみんな同じなの?

【1112アンドレサントス】
メルテザッカーとアーセナルつながり、アドリアーノとブラジルつながりで入れた。KPがドリブル重視の割には、守備優先で攻撃はいまいち。ドリブルで持ち上がって、ぺぺにあっさり奪われてカウンター、みたいな。
合格点だけど絶賛ではない。

【キャラガー】
バージョン忘れた。高額なほう。
金額に納得。よく守る。クリメシ級にさえ抜かれた記憶がないかも。たまにボールを持ってあがってしまう。それだけはやめてくれ。
 KPリトリート(レア)はガッカリ。リードした後半にKP指定して失点。そんな繰り返し。自陣でボール回しすることになるので、かえって危険だ。

【1112トロシディス】
KP組織守備とキャプテン適正だけでも有用。守備は白としては十分に固い方。攻撃は普通。クロスはへた。パスはうまい。
 ただし、なぜかPKで成功したことがない。蹴らせなきゃいいんだろうが。

【まとめ】
★全白メインで登用確実
f0131183_12484031.jpg

 FWアドリアーノ INTER
 FWレコバ INTER
 (FWバロテッリ INTER)
 MFチアゴモッタ INTER
 MFムンタリ INTER
 MFモモシッソコ JUVE
 DFキャラガー LIVER

★登用考慮中
 FWフレッジ LYON
 MFシェルストレーム LYON
 DFシュクルテル LIVER
 DFトロシディス OLYMP



【オマケ:敵にいるといやな奴(キラ黒)】
ロナウジーニョ
 クリロナやメッシよりも「止まらない」。

Pビエラ
エドガーダビッツ
 ともによく動く。さらに、手足がよく伸びる。うちのFWが右足を抜いたと思ったら、左足が伸びてきて止められる、みたいな。

ちなみに、
俺のエドガーダビッツ(キラ)は、先日、焼肉に代わりました。。。。



………

次のチームも同じく「全白メイン」。
当然、アドリアーノとチアゴモッタは使う。
他にも使いたい選手がたくさんいて忙しいが、なかでも厳選して、、
f0131183_12481513.jpg

白テリー12-13
シセ(ダイレクトプレイ)
ビアトリ
ブルキッチ(12-13のPKキーパー)
ケール(ドルトムントの組織守備キャプテン)
リーセ

こんなところを考慮中。

他にも、インテル白を継続して、
フォルラン、クルス、マルティンス、サムエルなんかも使いたいけど、、
ベンチが満員です。
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-25 12:48 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

ツールド八ヶ岳(第28回) (その3)初心者目線の反省と考察 平成26年4月20日(日)

ツールド八ヶ岳(第28回) (その3)初心者目線の反省と考察 平成26年4月20日(日)


…あくまでも、個人的な考察として。
来年の今頃、読み返すために。




『うぇぇ、吐きそう』

ゴール後の標識付近で、そんな声が多数聞こえた。
これはヒルクライムであって競輪ではないから、吐くことが正しいかどうか知らないが、

俺、全然、疲れてないし…

確かにゴール直前の坂でもう踏めなくなって、速度が時速10km以下に落ちたけど、、、
ゴールして数分したら、もう元気。歩くのも困らないどころか、もう1本(25km)行こうと言われたら、(いやだけど)行けないこともない。

明らかにペース配分が初心者だ。

ケイデンス90から100で、巡航速度は勾配6~8%のところで時速16~18kmだった。
結果的には、もっと「踏んで」よかったのだが、、

踏みすぎて、へばるのを恐れすぎたなぁ。
あらためて思う。自転車って、複雑だ。


………

水泳の長距離の場合は、ペース配分は、単なる「ペース配分」という意味しかない。単純に、50mあたり何秒で泳ぐか、を考えるだけ。これは一次元。

ロードバイクは、そんな単純ではない。
 1、引き足(腹筋)でペース配分
 2、踏み足(大腿前面Quadriceps)でペース配分
 3、ハムストリングス(Hamstrings)でペース配分
 4、ダンシングでペース配分

少なくともエネルギーの使い方がこの4種類ある。4次元?
このへんを「ご利用を計画的に」しないといけないんでしょうね。

1、引き足
 言うなれば永久機関。どんだけ動かしても疲れを知らない。だから、平坦なら永遠に走っていける。
 しかし、私の場合、勾配6%を越えると純粋な引き足だけでは走れない。わずかではあるが踏み足が必要。勾配が10%に近づくと、踏み足との比率は半分半分くらいになる。

2、踏み足
 ママチャリの動力源。ハイパワーだけど、すぐに売り切れる。でも休ませればまた復活できる。要所要所でタイミングよく使う。宇宙戦艦ヤマトの波動砲のようなもんか?
 初心者の私は6%を越える坂でも微量の踏み足を使わないといけないから、踏み足エネルギーを「ゼロ」にするわけにはいかない。てことは8%の坂がひかえているのに、その直前の下りを踏み足でぶっ飛ばすなんてのは自殺行為。
その後に「休める場所」が控えていない限り、波動砲を発射するわけにはいかない。

3、ハムストリングス
 太ももの裏面には、解剖学的にいくつもの細い筋肉が存在するが、医者でさえもそれらの筋の名前はあまり知らない。面倒なので全部まとめてハムストリングスと呼ぶ。日本語訳はない。
 膝関節を曲げる筋肉。なので、ペダルを引くときに使うのかと思うが、ロードバイクではサドルとペダルの微妙な角度調整により、ペダルを踏むときにも使えるらしい。初心者には今ひとつ実感できない。
 疲れない筋に分類されるので、これで踏み足ができればレベルアップ。

4、ダンシング
 立ちこぎ。
勘違い1:体を垂直に立てて体重をかけてこぐものと思っていた。
→前傾姿勢のまま、太もも以外に腹筋も使う意識で。

勘違い2:急勾配になったところで仕方なく立ち上がるものと思っていた。
→適度にダンシングを取り入れて体をほぐす。他の筋肉を休ませる。
→スピードを出したいところでスピードを出すため。初心者的には、アタックというよりは、上り坂の入り口で惰性をつけるために頻用を。

八ヶ岳程度の勾配ならダンシングなしで上りきってやるぜ!なんて考えてた私は、楽しい初心者。そんなことはそこそこのレベルの人なら全員可能。
むしろ、シッティングのままゴールを目指していたら、おしりが痛くなってつらかった。。。。


………

結論。
太もも重視でどれくらい走れるのか、どこが限界なのか。
ダンシングだけでどれくらい走れるのか。
を知らなければならない。そして、

ハムストリングをもっと活用すること。

当たり前な結論なんだろうな。


もっと注文はある。
上半身がへたくそ。
8%くらいまでは引き足100%で上れ。


これを一日1時間の練習時間だけで解決できるかどうか、それが問題。


………

ということで、次のレースは、5月11日(日)の小諸。

こもろはす 車坂峠
f0131183_184826.jpg


一度上ってみたい峠だったので、軽い気持ちでエントリーしてみましたが、実は、
「富士ヒルにつづく第二位の急勾配」
だそうです。ホント?
平均8%で距離14km。

遊び気分なら楽しい坂でしょうが、レースだと…
今度は吐いても不思議ないかも?

せめてもの救いが『下り坂はありません』とのこと。
これで下りがあったら、箱根旧道と同じレベルになってしまう。
ヒルクライムでの「下り」は決して休憩などという意味はなく、「平均勾配をまやかしのものにする」悪い魔法です。


ちなみに、自転車乗りには本当にどうでもいいことですが、
「小諸は戦国武将が築いた城の町」との宣伝文句。

戦国武将って、誰?と思ったら、、
(お隣の上田市なら有名な真田一族ですが、)


山本勘助


うーーん、実在したかどうかも怪しい武将ですか。
コーエー的には評価の高い武将ですが、一般的には「西田敏行」というイメージが強いかもしれないですね。え、知らない?中井貴一を知らない?

ついでに、ツールド八ヶ岳(佐久平)といえば、私的には、村上義清。
義弘ではありません。
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-24 18:48 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

ツールド八ヶ岳(28回) (その2)初心者目線の個人的なこと 平成26年4月20日(日)

ツールド八ヶ岳(28回) (その2)初心者目線の個人的なこと 平成26年4月20日(日)


f0131183_196797.jpg

ということで、自分自身のツールド八ヶ岳。

★おことわり。去年の夏に自転車を始めた初心者。優しい目でお願いします★


土曜日。
夕方5時半、予定より3時間遅れて前橋を出発。
本来なら新幹線で向かう予定だったけど、天気予報で雨の可能性があったので残念ながら自動車に変更。せっかくの自転車競技でガソリンを燃やしてたら意味がないのに。。。

夜7時半、千ヶ日向グランドへ到着。
途中で夕食休憩したのに2時間で到着。近い!
(自走だって可能な距離だ。)
で、グランド(=駐車場)に着いてビックリ。すでに20台近い車が停まっている。なかには大きなキャンピングカーまでいる。
もちろん、皆、車中泊して明日のレースに出るらしい。

夜8時、佐久グランドホテルに到着。
ビールをぐっと我慢して9時に就寝。


………


4時起床。
5時半、千ヶ日向駐車場。
車内で朝食。
f0131183_1964890.jpg

勝負食はメロンパンと相場が決まっている。
リポDなんて飲んだのは学生時代以来だ。
外は意外と寒くない。予想気温は0℃だが、測定値は5℃。

6時半、ロードバイクを組み立てて受付へ。
人生初レースの初ゼッケン、初計測チップ、初荷物預け。ウキウキするね。

受付から駐車場へ戻るには、今日一の激坂。実測12%。距離500m。
f0131183_1971192.jpg


駐車場ではあちこちでローラーが回っている。固定ローラーが多いのはなぜ?地面が不安定だからという理由だけではないと思う。
私も着替えて3本ローラーへ。勝負服はファンペルシーと代々言い伝えられている。
f0131183_1973239.jpg

気持ちいい涼しさで、ついつい回しすぎた。
ケイデンス90から120で10km回した。
やりすぎ?水泳部時代は、試合直前のアップで最低でも500m泳いでたので、こんなもんじゃない?


8時40分にスタート地点へ。
f0131183_1975359.jpg

この状況、いやでも気持ちが昂ぶってくる。
スタート前のマトリクスチーム監督の挨拶、
『家に帰るまでが遠足です。家に着いて、ビールをぶはぁっと飲むまでが遠足です。』
御意!

9時0分にチャンピオンクラスがスタート。
以降は2分ごとに若いクラスからスタートする。
私は46歳クラスのグループF。後ろには51歳クラス、61歳クラスのグループがいる。

………

9時10分 人生初レースのスタート!

スタートは意図的に「最後方」。
転倒して他人に迷惑をかけるわけにいかないから、わざと列の後ろのほうに並んでいた。本当に本当の最後尾。
グループFの参加者は150人。この時点で150番目。150人抜けば優勝だね。

スタート後、隊列が細長くなったところで、大外(道路の右側)に持ち出してエンジン点火。
そこそこの勢いでどんどんと追い抜く。気分は武豊。武田豊樹ではない。
追い越した中から、たまに誰かが後ろにおいすがってくるが、ごめんなさい。ちょっと踏むと千切れてくれる。

前方に、同じように右側車線で追い越しをかけている選手がいると、しばらく後ろにつかせてもらう。番手主張というよりは、初心者なのでペースを学ばせてもらうために。こんなケイデンスで、こんな速さなんだな、と。

で、適当なところで、ありがとう。
ぶつからないように注意して失礼する。

スタートして3~4kmで100人以上は余裕で追い越した。この頃になると、2分前にスタートした若いクラスの選手にも追いつく。
しかし、自分と同じクラス(ゼッケンの番号でわかる)を追い越さないと順位は上がらない。まだまだペースをあげないといけない。
とはいえ、ケイデンスは90~100。このままでもいいのかな?よくわかんない。
少なくとも、沿道で応援する地元の子供には、手を振って返事する。これだけは必須。スピードはどうでもいいや。


八千穂スキー場が近づく頃、下り坂が2ヶ所ある。
もうすでに足が売り切れて踏めない選手も多数いるが、まだまだ飛ばせる人たちもたくさんいる。当然、そんな人の後について、ここは「ラインを主張」。
余計な踏み足を使わずに、時速30km以上のスピードをありがたく頂戴する。
しかし、先行選手のスピードが鈍ったら、遠慮なく番手捲り。
「地区が違うしぃ」
スキー場手前の下り~平坦で数十人をあっさりと追い越した。

チョー気持ちいいぃぃ

しかし、このときの時速は40kmオーバー。
頭が悪いほどに踏み足を使ってたみたい…

スキー場を過ぎたら、足が売り切れた。。。。。
え??
「あと半分です、がんばれ!」という絶望的な声援もエネルギーを消耗した?(^^)
まだ、半分もあるの?

明らかにペースダウン。
後ろから同じクラスの選手2人に抜き返された。

スキー場を過ぎてドライブイン。ドライブインから麦草への分岐を曲がってしばらく。
この辺が最大につらかった。
引き足は元気だけど、勾配があるから踏みたくなる。でも踏めない。
まだゴールじゃないの?
あとどれくらいなの?

(ちなみに、「あと何キロ」という表示はほとんどない。そのかわり標高の標識が100mごとにある。スタート地点は標高700ちょっと、ゴール地点は2100ちょっと。)

そんな疲れたなかで「標高1800」なんて標識に出会うと、、、
あと300も?やっぱりペースを間違えた?

この頃になると、私たちよりも2分遅れでスタートした51歳クラスや、さらに後ろの61歳クラスの選手にも追い越される。
いったいあんたら、何歳なの?!


しかし、引き足重視で慎重走行をしていると、踏み足が回復してきた。?
標高1900が近づくころ、ペースが復活してきた。
これならさっき抜かれた同じグループの二人に追いつけるぞ、とがんばれる、ランバラル。

そんなところで、長い下り坂が出現。
ほとんどの選手が足が残っていないので下り坂でもノロノロだ。
そこを、もちろんどこかの誰かの番手にへばりついて、ぶっ飛ばす。
下りが終わると、ちょっと上り。その先には人が集まっているところがある。
あれがゴールか?
と番手捲りから最後の踏み足を使う。

「あと1kmです。がんばれ!」

死んだ。
この声に死んだ。

ここは白駒池駐車場。単なる荷物置き場。集合場所。
ゴールはこの1km先の「国道標高第二位の地点」だってさ。

もう足のこってない。速度8kmとか。激坂でもないのに恥ずかしすぎ。
さっきの下りにだまされた。

ヘロヘロでゴール。
f0131183_1982039.jpg

(さすがにレース中の写真はありません。)

………


ゴール周辺は雪が残る。
f0131183_1984228.jpg


白駒池駐車場に戻って、着替えやら、コーヒーやら、ゆきだるまやら。
f0131183_19901.jpg


一息ついたら、まとまってスキー場まで10km弱を下山。
もちろん、まだ上ってくる人たちが多数いるので邪魔にならないように。

八千穂スキー場がイベント会場。
f0131183_1992114.jpg

うどん、フランクフルト、炊き込みご飯など。
f0131183_1993957.jpg

走った後の空腹感のため、あっという間に1000円以上を食べてしまった。
そうこうしているうちに、「悲しいリザルト」が発表になる。

★スキー場通過時のタイム(グループF)
 トップ 40分
 私 50分(通過時27位)

あそこで10分も開いているって、、、、化け物か?
明日から私は何をやればよいのでしょう?


12時になったら下山許可。表彰式に縁のない私は帰宅。
帰り道は白樺がきれいでした。もんげぇ寒いけど。
f0131183_1910278.jpg



帰りもサービスエリアで休憩して帰宅。
3時には前橋到着。近いね。ラクだね。

………

ちなみに、
自己測定タイム 1時間28分
自己確認順位 29位(クラス150人)


来年の目標。1時間15分。10位。キリっ。
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-21 19:09 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

ツールド八ヶ岳(第28回) その1 平成26年4月20日(日)

ツールド八ヶ岳(第28回) その1 平成26年4月20日(日)


f0131183_12422859.jpg

人生初レースに参加してきました。

まずは、自分自身のことよりも、来年参加してみようかな、と思う人に参考になればと、諸注意を。


【1)駐車場】
f0131183_1242522.jpg

○千ヶ日向グランド:メルヘン街道からわき道へそれた丘の上。入り口がわかりにくいので案内板に注意。
野球グランド内の芝生部分に駐車する。ダイヤモンド部分(砂)は当然駐車禁止。非常に広い。朝6時開門と言われていたが、5時半に着いたらすでに駐車可能だった。警備員の人たちは朝早くから本当にご苦労様。300台という公式発表ですが、8時になっても満車にならず、もっと駐車可能な雰囲気。前日受付さえしていれば8時半に到着しても9時スタートに間に合う予感。芝生なので三本ローラーは置きにくいが、3塁側フェンス沿いには側溝がありコンクリート部分がある。
ライトスタンドと1塁スタンドに相当する位置にアスファルトの駐車場あり。40台の早い者勝ち。ここで、前日からキャンピングカーで来ている人もいるし、一般車で夜明かししている人もいる!

駐車場からスタート地点までは1km程度。しかし、しかし、、、
10%の坂が500m(^^)スタートまでは下り。帰り道が上り。
ツールコース内でさえも最高勾配が9%なので、今日一番の坂が駐車場の往復にある。レース後の帰り道に自転車を押して歩いて登る人が多数。
ただし、スタート地点までは下りなので余計なエネルギーを使う心配はない。


○福祉センター:一般道を佐久方面に戻って右側。70台。
スタート地点まで約2kmで、一般道を含めた緩やかなのぼり。レース直前に大事なエネルギーを使ってしまいそう。一般道を通っていかないといけないし、駐車場にトイレもないので、あまり得策ではないかもしれない。アスファルトといううわさ。
レース後の帰りは下りだから楽。でもあくまでも一般道…。交通量の多い中を駐車場までたどり着けるか。


○路駐:今すぐ自転車を辞めろ


【2)宿泊】
佐久市街のホテル、ビジネスホテル
八千穂スキー場界隈のスキー登山用ロッジ
清里方面
キャンピングカーあるいは車中泊
日帰り

以上が選択肢?
山梨ナンバーや長野ナンバーが多いので日帰りが主流?中央道からなら都内でも不可能ではないし。
ちなみに私の車は偽「神戸ナンバー」。それ以上に遠いナンバーは見つからなかった。勝った!(ちなみに、和泉ナンバー発見。)
茅野市(八ヶ岳の反対側)からは道路が冬季閉鎖中のため来ることはできません。


私が利用したのは、佐久グランドホテル。
7800円、シングル。
佐久駅よりも10kmほど八ヶ岳へ近づいた「中込駅」近くのホテル。
スタート地点まで12km。車で30分弱。途中にコンビニあり。
もともと輪行の予定だったので、なるべく近くへ宿泊、と思い選択。
普通のビジネスホテル(?)でユニットバスと小さなテレビ。そもそも早朝出発で滞在時間が短いから、これで十分。レースに出場する人は、前日のうちに清算できる。


それにしても、同日開催の「ツールド草津」とは両極端。
草津は、温泉に泊まって宴会してレース。レースを楽しむ人用?
八ヶ岳は、まじめに泊まってまじめにレースが主流?
人それぞれ、どちらでもいいと思いますけどね。
僕は、ホテルのビール販売機の前で5分ほど悩みましたが、、なんとか我慢することができました。


【3)受付】
前日受付もあるけれど、当日で十分。

受付建物は、メルヘン街道沿いの右側にある倉庫?のような建物(農協)。係員が集まっているのでここ?とわかるが、何も標識はありません。
f0131183_12432659.jpg

受付開始時刻の6時半に着いたが、人影まばら。参加証を見せてチップなどを受け取る。

計測チップはフロントフォークにつける。
説明が掲示されているので初めてでもわかりやすいが、ワイヤ切除用のニッパが順番待ちかも。はさみを持っていくと吉。
私はこんなもの見るの初めて。よく考えた品物ですね。

荷物を預けるのは建物の外に停車しているバス。
バスがしっかりと分類されていて混乱は少ないので、8時半ギリギリまで預けられる。

はさみさえあれば、一連の行為は30分もあれば十分。


【4)服装】
開催年によって多少のばらつきがあるでしょうが、今年(平成26年)は、

天気予報 くもりのち雨 
予想最低気温(佐久穂町) ゼロ℃

実際の天気 くもり 
 スキー場から上で一部霧。ときどき晴れ。下山時にわずかに小雨。
気温
 朝、駐車場にて 5℃
 スタート時スタート地点 推定10℃弱(AM9時)
 ゴール時ゴール地点 推定0℃前後
 ゴール後スキーハウス 推定5℃前後(正午)
スキー場には雪がたくさん残っています。リフトが動けば十分に営業できるレベル。
f0131183_12434662.jpg


という状況での服装は、
(ちなみに、私は他人よりはやや「暑がり」)

○アップ時:午前7時の駐車場
 ローラーを回すなら長袖Tシャツ1枚で汗をかく。
 アップをしないなら、レース時の服装+オーバージャケット1枚。
 ただし、受付への往復はさらにもう一枚必要。

○レース時:午前9時~
 上 半袖Tシャツ、長袖サイクリングジャージ
 下 パールイズミ「5℃」
 他 指だし手袋、ノーマル靴下

 スタート前の待ち時間は約30分。日差しが出てきたので思ったほど寒くはない。まわりには私よりも1枚多く着ている人が多い。対照的に半袖半ズボンのおじいちゃんとかもいるけどね。
 ウインドブレーカーを着ていてもいいのかもしれないが、スタートする瞬間に背中にしまうのが面倒なのでやめた。持って行くのもやめたし、結局私の体感温度では不要だった。スタートの待ち時間に必要なのは、むしろ砂糖を補給するおやつ。

ゴール近くで霧が出てきたときに、ウインドブレーカーを着込む選手を複数みかけたが、
もう少しなんだからがんばれ!


○ゴール後(午前11時以降)
最高標高地点がゴール。そこからUターンして、約1km下山したところが、白駒池駐車場。ここで下山用荷物を受け取る。
f0131183_1250132.jpg

熱い缶コーヒーを販売しているので、それらを飲みながら着替える。

 上 半袖Tシャツ(着替える)、長袖Tシャツ、サイクリングジャージ、セーター、ライトダウンジャケット(ユニクロ)
 下 パールイズミ5℃、ニーウォーマー
 他 指だし手袋、ノーマル靴下

これだけ着てもまだ寒いくらい。
着替え地点で動かないのなら耐えられるが、スキー場に向けて走り始めると風がかなり冷たい。少なくとも手袋は指まで覆うほうがいい、というか周りを見渡しても指を出しているのは俺だけだった…
レッグウォーマーも多いが、サイクルジャージの上からそのままはける体育用ジャージを着てもいい。その際はすそ止め必要。首巻着用者も多数。
靴カバーをしている人が多いが、そこまではどうかな?


ゴール後は、中間地点にあるスキー場センターハウスに集合する。ここで12時まで待ち、それからスタート地点まで下山する。約1時間待つことになるが、これが退屈で寒い。
うどん、肉丼、甘酒などおいしいものを多数販売している。「小銭」を持っていくようにとパンフレットに書いてあるが、そこそこの値段なので小銭では足りない。レース後の空腹感を満たすには2000円くらい必要かも。下山荷物におやつを預ければ解決しますけど。
スキー場センターハウスの自動販売機は電源が入っていない。飲み物はゴール地点の白駒池駐車場で購入しておくこと。


12時になると駐車場までの下山が許可される。表彰式やじゃんけん大会に興味がなければ、帰宅できる。寒さは同じ。



【5)水、補給食】
24km、1時間から2時間の走行、スキー場という気温を考えると、ボトルは1本で十分。
途中、スキー場でマラソンのような水分補給ができるが、、、明らかに体力をロスするけどね。

補給食を食べている暇はなかった。そのへんが初心者な私。スタート直前に口につめこんだものだけ。持っていくとしても、大きなお菓子は不便。
しかし、ゴール後には食べないといけないので下山用荷物にはしっかりと預けておくこと。ゴール地点で一応お菓子を販売している。ひとくちチョコレートの無料サービスあり。


【6)コース】
かんたんに。

全長24km
レースの距離掲示はほとんどないが、標高100mごとに道路標識が立っている。ゴール地点の標高は2100m。

八千穂スキー場で「あと半分です!」と、ガックリさせられる声援をかけられるが、距離的には半分くらいでも、標高的には6~7割くらい上っている。

基本的に5%前後の「緩やかな坂」。最高勾配が9%。そのほか8%が数ヶ所。道路標識が立っているのでわかる。10%以上の勾配は駐車場だけ。
下り坂が、スキー場までに2ヶ所。ゴール直前に1ヶ所ある。
特にゴール直前の下りは長く、スピードの出し合い。しかし、この下りのあとに1.5kmの「最後の上り」が待っている。それを知らずに「踏み足」で下ってしまうと…


路面は毎年改装工事が行われている。舗装の悪い場所が、残念ながらときどき出現するが、舗装したてホヤホヤの走りやすい路面も多数。



…そんなわけで、来年も八ヶ岳へ出場したい。草津のほうを選んだら飲まないわけにいかないから。


その2(個人的なこと)につづく
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-21 12:43 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

初心者目線のサイクルジャージ、ツールド八ヶ岳へ秒読み 平成26年4月18日(金)

初心者目線のサイクルジャージ ツールド八ヶ岳へ秒読み 平成26年4月18日(金)


ツールド八ヶ岳に向けてジャージを買いました。いやだったけど…


自転車に乗っている人間からすれば、あのピチピチジャージに違和感を感じないかもしれないけど、
一般市民がどう思うか?どう思っているか?


完璧なローディのような細い体型か、競輪選手のようなごつい体型のどちらかであれば、まぁ「ギリギリ似合う」。
ただの競輪ファンのような自分が、40過ぎのオヤジが、あんなものを着ても、

コスプレですか?

「水泳部が水着を恥ずかしがるか?」と言われそうですが、水泳部員は(非常に特別な場合を除いては)水着で街中を歩きません。非常に特別な場合を除いて…



これまで、一人で遠乗りするときは、登山メーカー「モンベル」の自転車用ジャージを着ていた。外見は地味で登山者風。しかし、足元はロードバイク用に細くなっている。ロードに乗っても、動きに不自由を感じない。

でも、さすがにレースともなれば、、、
ということで、有名なTさんちに行って買ってきました。
相変わらず、Tさんちは素人には厳しく、敷居が高いのですが、、、


f0131183_12463056.jpg

f0131183_12465869.jpg

試着したら、家族から大笑い。
試合じゃなきゃ着れない。


ジャージ(下)
パールイズミの「5℃」。16000円。Mサイズ。
こんな季節(4月)に「5℃」を買う人もいないので、かなり割引されていました。それでこの値段。こういう類のものを初めて買ったけど、高いのね。
高いなりに着心地は最高。足の動きに全然制約がありません。
しかし、下着をはかずにジャージを着ることは初心者の私には無理です。


ジャージ(上)
共同通信社杯(福井)ジャージ。20000円だったか?サイズLL。
去年、市田が療養中だったころ、福井で開催された共同通信社杯の選手用ジャージ。前橋記念のときに一般販売されていたが、選手用なのでサイズが「化け物か?」。
レースでは背中のポケットが必須なので、こればっかりは恥ずかしいとか言ってられない。背中にポケットがある普段着なんてないし。
(ちなみに、今年の共同通信社杯は4月末に以東温泉。これを最後に引退ささられる選手が複数出場するので、さぞかし盛り上がることでしょう(棒読み)。)


………

ということで、

4月20日(日)朝6時の佐久(佐久穂町海瀬)の予想気温は、0℃。

天気予報に雨マークもあり、防寒着を持っていかないといけない。
荷物が大量になってしまったので、車で行くことにした。
輪行じゃないと、帰りに飲めないんだよなぁ…

f0131183_12472072.jpg

おじいちゃんの車をレンタル。前タイヤをはずしただけで自転車収納可能。
そして、せっかく車なのだから、ローラーも積み込んでみた。
レース前にローラーに乗ってるひとたちって、かっこいいでしょ。
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-19 12:48 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

12-13WCCF日記 全白メインで対人戦:ネーション・オーシャン 平成26年4月17日(木)

12-13WCCF日記 全白メインで対人戦:ネーション・オーシャン 平成26年4月17日(木)


ネーションオーシャンを突破したので日記。
f0131183_9252898.jpg

f0131183_9254795.jpg


その前に、
どんだけ育成したかというと、、
f0131183_9261315.jpg

ただひたすら120試合。
120÷8=15 レギュラーリーグ優勝15回。
恥ずかしい。まさに「一人遊び」。一人用モードができたゆえの楽しみ方だ。
不本意なマッチングがないことも当然大歓迎だが、何よりもうれしいのが、待ち時間の少なさ。
ハーフタイムさえも不要と感じるせっかちな私。待ち時間キャンセルが導入されたことが最大の喜び。育成やハーフタイムは、まさに「ボタン早押し合戦」だ。
そうすると、1クレ(1試合)あたり5,6分で終わる。
1時間で10試合以上消化できる。
前バージョンまでなら、1試合10分。1時間で6試合。
1000円8クレという数字なのに、昼休みが1時間弱の人間にとっては大きな差だ。ライトユーザーにとって非常にありがたい改善だね。


で、全白メイン。
メンバーとKP。
f0131183_9263381.jpg

ベンチ5人は全員スーパーサブ。
f0131183_9265292.jpg

KPは全部レア。
と言いたいが、アルバートドッグ(リトリート)とマインドウォール(シュートセーブ)は、あまり使わなかったりする。組織守備とオーバーラップのほうが有効だから。

MFは奇しくも全員09-10(チアゴモッタ、ムンタリ、桃シッソコ、シェルストレーム)。
f0131183_9271166.jpg


DFは意味なく赤い人ばかり。トロシディス(右SB、組織守備、連携良)を発見しただけでもこのチームを作った価値がある。キャラガー09-10は「壊れ」に近い。メルテザッカーも悪くはないが、後述のような大きな欠点あり。
f0131183_9272826.jpg



………

ネーション
勝ち:COM
PK負け:クリカカメッシ+ジュリオセサール
勝ち:COM
勝ち:メッシロマーリオカーン
勝ち:クリメシ

オーシャン
負け:クリロナメッシダビプジョ
勝ち:COM
勝ち:COM
PK勝ち:セリエ選抜ピルロデルピエロ江戸川


オーシャンの突破は運がよかっただけ?その通り。
でも、ま、いいや。

これで対戦開始時の獲得タイトルの欄が、LRだけ。
それでWTに参加できる。

なんか、かっこよくない?


ここまでの対人で、敵にいるとイヤなやつは、

ダントツで、江戸川ダービッツ。

とりあえずよく動く人は、このバージョンで光りますよね。
だから、マニュエルフェルナンデスとか、アランスミスとかを使ってみたいんだけど、、、使いたい選手が多すぎて手が回らない。

一方、クリロナもメッシもそれほど恐くはない。キャラガーとメルテザッカーが結構がんばる。
じゃぁ、なんで失点する?
答は強奪。
対人だと「強奪」が復活してるんだよ。

SBがエリア内にいるCBへバックパスして、それをトラップ際に奪われて失点。
CBメルテザッカーが何度これをやったことか…
こんなのサッカーじゃないよ。
(ゲーム的な解説をすると:
 テクニック値が低いか、トラップに対する隠れ数値が低いと、DFのトラップ幅が大きくなり、強奪が発生する。トラップ技術の高い選手を使いなさい、とセガさまが言ってます。メルテザッカーの守備能力は高いので、非常に残念です。)
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-18 09:27 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(3)  

ツールド八ヶ岳コースガイド(麦草峠)

ツールド八ヶ岳コースガイド(麦草峠)
(最終走行日 平成25年10月8日)

麦草峠 メルヘン街道
佐久市清水町-麦草峠(長野県)
距離26km 標高差1420m

f0131183_15533783.jpg

f0131183_17411858.jpg


国道標高第二位の峠。
紅葉の名所のため、交通量が平日でも多い。
浅間山を望む景色は最高。

冬季閉鎖(平成25年は11月14日から平成26年4月20日(ツールド八ヶ岳当日))
メルヘン街道の工事のため、一部迂回路あり。


①勾配、コース
ときおり、推定10%以上のカーブがあるが、基本的には平均5%の数値どおり、どちらかというと緩めの坂。ただし長い。「26km(本コース)」と言われると、「いつまでつづくの?」という感じ。
(迂回路経由では22km。)

舗装状態は普通か、やや悪い。上りでもちょっと気になる。下りではさらに気になる。


②交通量
紅葉、釣り、ハイキング、バイクツーリングの名所。
季節に関係なく交通量が多い。
レストハウスから頂上付近になるにつれ交通量が増え、頂上の駐車場は常に混雑している。麦草峠の標識付近には路上駐車多数。


③コンビニ 自動販売機
下記休憩施設以外にコンビニ、自販機はなし。
峠の入り口の清水町交差点から佐久方面に戻ればコンビニ多数。


④食堂、施設
レストハウス「ふるさと」
松原湖からの道と合流する三叉路にある有名なドライブイン。休日は混雑。建物裏から見る浅間山と佐久市街地は絶景。
食事可能、売店あり、ソフトクリームあり。

「八が嶺ロッヂ」
八千穂スキー場より手前、八千穂レイク近くにあるハイキング用休憩施設。
食事可能、売店あり、ソフトクリームあり。駐車場は砂利。
ただし、予約により貸切になることがある。

迂回路に入ってすぐに食堂と自販機あり。


⑤季節、気温、服装
10月は半袖Tシャツで登坂。かなり暑かった。
冬は雪が降るはずなのに、、、。
天気情報では、5m/s程度の風が吹くことがあるという。


⑥駐車場
観光客用の駐車場は峠頂上の白駒池付近にある。


⑦最寄り駅
JR小海線は、JRで標高最高の路線。
八ヶ岳高原線ともいうが、鉄道マニアにとっては「小海線」。
清水町交差点には八千穂駅(JR小海線)が近い。スタート地点から2㎞。
佐久平駅(新幹線)までは約20km。


⑧景色
やはり「ふるさと」からの浅間山がベストスポット。
ただし、コースどこからでも浅間山、八ヶ岳などの景色は素晴らしい。紅葉も気になるので、写真のために立ち止まってばかり。八千穂レイクも無視できない。
白駒池は人口密度が高いので通過してもいい。


⑨ソフトクリーム情報
「ふるさと」よりも、八が嶺ロッヂのほうがオススメ。


⑩放射線情報
全地域で3万ベクレル以下。
[PR]

by akogarehotel | 2014-04-18 07:34 | ヒルクライムコースガイド | Comments(0)