<   2014年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

赤城山ヒルクライム(第4回)と群馬県選手権 (その2) 平成26年9月28日(日)

赤城山ヒルクライム(第4回)と群馬県選手権 (その2) 平成26年9月28日(日)


前半部分がヒルクライム。後半が水球。


★★★


(その2)は写真集中心。

f0131183_18111685.jpg

下山して一息。
やっぱ、アーセナルだと気合が入ります。
そんな意味で、箕嶺休憩所で『アーセナル!』と応援していただいた人には感謝。


f0131183_18105536.jpg

ゴール直後の大沼。荷物受取所。
まだ閑散としている。
支給された下山荷物袋をそのまま背負ったら紐穴が破れてしまった。。
仕方ないから、片手で持ちながらヒヤヒヤ下山。
リュックを持ってくるもんなんだね。


f0131183_20241960.jpg

下山待機所。
第一陣が出発した8時45分の時点で、そこそこの順番待ち。
みんな、渋滞するのを知っているから並びが早い。

で、下山途中に救急車。やはり、無事故では降りきれないよね。

のぼりとくだりが同じ時間、というのが原則のようです。
1時間で登れる人なら、まだすいているから1時間で降りられる。
のぼりに2時間かかる人が降りる頃には、もう渋滞なので2時間かかる。

「下りが時間がかかりすぎる!」と怒っている人は、あなたが登るのが遅いからです。



f0131183_18113557.jpg

僕のシートポスト背面に、目立つように貼られたシール。
僕なぞに抜かれた人は、もれなく拝みなさい。「自縛霊」だから。


………


今日(月曜日)、早くもリザルトが出ています。→HPへ
私のタイム:1時間12分47秒。
40代順位:43位(1000人中)

リザルトには各選手の出身地が掲載されています。
で、「40代の前橋市民」と限定すると、なんと、、2位!
惜しい!
前橋市民40代1位まで、あと2分くらい。でもその人は有名な「パナマ」所属ですので、、、


ちなみに、競輪支部会からは3名の方が出場。
そのうちの2人、手島さんと木暮さんには勝てました(^^)

なので、家族から「どうだったの?」と聞かれて、タイムと順位を言っても、イマイチ理解できてないようなので、、、

『競輪選手3人のうち、2人に勝った』

と説明しています。すげぇ、わかりやすいみたい。


ちなみに、僕の前で先行してくれたチャンピオンのTさんは、1時間5分。
さすがです。
しかし、去年の優勝時のタイムは1時間1分。オレのせい?


………


これで来年の目標ができました。
タイム1時間5分。
Tさんの前傾姿勢の秘密を解明して、料金所から先で離されないように。


え?引退?
するわけないじゃん、こんな楽しいのに。



★★★


さて、ここからは水球の話。

下山してイベント会場は、「疲れた、終わった」感が満載。
でも、僕には次の予定が待っている。
カレー、焼肉、ジュースなどを急いで食べて、敷島へ。

f0131183_18115766.jpg

  「群馬県選手権(水球)」

午前10時半。敷島プールに到着。
第二試合に間に合った。

………


群馬県の水球事情。
群馬県は、少なくとも30年以上前から、全国レベルの水球王国。
前橋商業高校を中心として、小学生チームから国体チームまで、常に全国優勝を争うレベル。

とはいえ、所詮はマイナーなスポーツ。
県内で水球部の存在する高校は、強い順に、
 前橋商業商業高校
 前橋南高校
 前橋高校
の3つしかない。
(ちなみに、赤城山ヒルクライム脳の人にとっては、「前橋高校」というと市立前橋高校でしょうが、正しい群馬県民にとっては「県立前橋高校」のことになります。市立前橋高校の一般的呼称は「昔の市立女子高」かと。)


そんな状況での「群馬県選手権」とは、
現役高校生チームやら、各高校の卒業生チームやら、小学生チームやらが対戦する「お祭り」大会。
卒業生にとっては、年に1回の貴重な試合です。
『生涯スポーツとして水球を続けていただきたい』
とは、ユーシ君の挨拶。全く同感。

そのためにも、水球がドラマになって、アジア大会でも好調なので、もう少しメジャーになって欲しいところです。
f0131183_18121954.jpg



ということで、私は前橋高校卒業生チーム。

前日情報では、僕を含めてメンバーが7人ちょうどしか集まらないとのこと。
フル出場ですか?と覚悟していたら、
当日、城北高校出身の群馬大学医学部生というスーパー助っ人が加入。
これでメンバーは8人に。

え?城北高校なんてずるい?
それを言うなら、ユーシ君が「前橋商業OBチーム」ってのも大問題。


といっても、水球は7人だけでは試合にならない。
途中でのメンバー交代が大前提。だから交代数に制限はない。
なので、各ハーフ(5分)で2分くらい試合に出されましたが、、、、


「ハーフ5分」というのは、水球ではファウルのたびに時計が止まるので、試合時間としては倍の10分くらいになります。バスケットボールと同じです。


いや、もう無理だってば、さ、、。
30mダッシュ一本で死ねます。。。


ちなみに、うちのメンバー内には、東京大学水球部主将(前橋高校卒業)なんて奴がいます。もてまくりだろうね。
f0131183_18125384.jpg


恥ずかしい試合結果は、、
 対 小学生:引き分け
 対 前橋商業OB:負け
 対 前橋南OB:負け


………

本日最後の一枚。
f0131183_1814437.jpg

こんだけ運動すれば、ビールがうまいということは、小学生でもわかる。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-29 18:12 | 本気のサイクリング | Comments(3)  

赤城山ヒルクライム(第4回)と、、、群馬県選手権… 平成26年9月28日(日)

赤城山ヒルクライム(第4回)と、、、群馬県選手権… 平成26年9月28日(日)

f0131183_20241960.jpg

 1時間12分!

 9分ベスト

これまでのベスト:1時間21分03秒
エントリータイム:1時間15分01秒
目標タイム : 1時間20分


………


金曜日。

昼休み。2度目の整体。疲れとれー。
夕方。練習したい気持ちをぐっと我慢して、軽く終わらせる。


………

土曜日。
仕事が終わってから、子供の運動会。
運動会後、赤城ヒルクライムの受付へ行く予定。
この日の移動は、すべてママチャリ。前日には練習どころか、ロードには乗らないと決めていた。

しかし、暑い。
運動会でも「熱中症に注意」と。もう10月になるのに?
暑さのために、受付会場までたどり着けない。途中、こんなところでで昼食。
f0131183_2024175.jpg

イシケンさん主催のバンク走行会をやってました。
ついでに、青森記念競輪も絶賛開催中。

…3000円もするカレーを食べることになったのは言うまでもない。

午後5時、涼しくなったところで受付会場(市立前橋高校)へ。

ロードで来ている人がたくさんいるのに驚いた。


………


さぁ、日曜日。
決戦は日曜日。
3時半に起きて、5時20分に家を出る。せっかく自宅から近いところでの大会なので極力ゆっくりと。
f0131183_20273371.jpg

↑スタート会場から見る赤城山。今、行くから待ってて。

f0131183_20275210.jpg

スタート地点。
だんだんと脈拍が上がっちゃうね。

荷物を預けたあとは、「いつもの練習コース」でアップ。
まさに「私の庭」ですから、このへんは。

アップ以降は、半袖半ズボンで過ごした。
「寒いーー」なんて声があちこちから聞こえたけど、日向なら問題ない。


そして、いよいよ7時。
エキスパートがスタート。

そして、7時5分。
私のBグループのスタート。

………


ゼッケン番号は「早い順」についている。
私のエントリータイムは、1時間15分01秒。
これでゼッケン番号は、664。

Bグループはゼッケンが200番から700番まで。
そもそもがBグループの後方の番号。
さらに、1時間15分なんてタイムでは走ったこともない身分。

てことは、どうみても、Bグループの最下位候補。
謙虚な気持ちで、Bグループの「ほぼ」最後方からスタートした。


スタートからの細い市道を抜けて、赤城県道へ出た途端に、なぜかみんなが本気で走り始める。

おいおい、スタート(計測開始地点)はまだずうーーーっと向うだよ!?


おかげで、4,5人で、本当に最後方に取り残されてしまった(^^)


しかし、上細井の信号(計測開始地点)を越えたら、僕も本気。
今までの練習通り、腹筋ぶん回しで「最低ノルマ時速20㎞」で走る。

そしたら、あなた、、、なんということでしょう??


、、、、ごぼう抜きなんですけど。


ごぼう抜かれ、ではなくて、ごぼう抜き。
さっき、赤城県道で置いて行かれた人たちをあっという間に追い越すんですけど、、、。

1時間20分の私にあっさりと抜かれるあなた方は、いったいどんなエントリータイムなの?と不思議だったが、、、
よくわかんないけど、いつものように抜きまくり、飛ばしまくり。


しかし展開的には想定外。
『時速20㎞以上なら番手主張』
これが今回の、というか、人生の大原則。

しかし、現在、私が先頭。
どう見ても、先頭。たまに誰かが後ろに着くけど、すぐに消えていく。
これではまずい、と思い、時沢のスーパー近くでちょっと足を緩めてみた。

すると、後ろから早い人が来た。
もちろん、番手主張!
ぴったりマークで走らせてもらう。


その「先行屋」さんは、
基本は時速25kmくらいで、勾配が緩むと時速27㎞くらいになる。
私にとっては、いつもの練習よりちょっと早いが、番手なのでラクラク追走。

後ろは?と思って振り返ると、しかし、誰もついてこない。
二人だけのラインだ。
そして、おかしいほどに、楽しいほどに抜きまくる。Bグループの選手をこんなに簡単に抜き去ろうとは夢にも思わなかった。
少なくとも100人は抜いた。


なんだが、、
その「先行屋」さんのフォームがめちゃくちゃ気になる。
めちゃくちゃで、気になる。

思いっきり前傾姿勢で、どうみても踏み足重視。
定期的にダンシングもするので、外見的には「もがき」。
こんな緩い区間で、その走りで、最後まで行けるのか?と他人事ながら心配になった。

私といえば、、、
これまたいつものように、後方荷重。
アップバーを持って、腰立てて、永遠にシッティング。
ダンシングなんてするだけ損!な走り。


まるで、若手先行選手が、青板先行で親分を引っ張っているようなもんだ。


ところが、、、、

この「先行選手」ってのが、、

赤城ヒルクライム2013チャンピオンの、Tさん!


まじなの?
このフォームでチャンピオンなの?
この走りで最後まで行けるの?
庶民には理解できない…

しかし、おかげで、畜産試験場まで「連れて行ってもらった」。
競輪用語でいうところの「恵まれ」です。


………


畜産試験場を14分で通過。
ベストより1分早い。

さて、このままチャンピオンさんの番手でいいのか?
それは初心者の私にはわからない。先頭交代という暗黙の了解が分からない。
二人だけのラインだから、あまり気にしなくてもいいのだろうが、、、
チャンピオンさんが後ろを振り向けば、と思ったが、一度も振り向かない。


よくわかんないけど、
富士見小学校前あたりで、チャンピオンさんのスピードが落ちたので、追い越してしまった。
これ、暴挙?

しばらく、次の信号までは僕が前。チャンピオンさんが後ろ。
引っ張ってもらったお礼のつもりだったんだけど、、

信号(最後の信号)を越えて、あっさりと追い越された。
そして、料金所前までの勾配がきつくなるところで、ぐんぐんと引き離された。
シッティング引き足の私には着いていけない速度だった。


どこにそんなにパワーが残っているのでしょう?

その謎がチャンピオンなんですね。すごすぎる。


………


料金所を24分で通過。
自己ベストより1分40秒も早い。

ここから先は、ひとりぼっちの戦い。
時速12㎞をキープできれば、目標の1時間20分を切れる。
他人なんか気にしないで、自分の速度だけ考えればいい。


が、、、、
時速15㎞前後で走れる自分。
整体のおかげ?
調整が成功した?


ひとりぼっちだけど、ごぼう抜き継続中。
すると、1番カーブ前後のところで、

183 木暮選手

を追い越した!

競輪選手です。もしかして、現時点で群馬最強ですか?
赤の3番ユニフォームなので、知らない人でもわかると思う。パンツはもちろん赤★。

ここで木暮さんを追い越したということは、

ドームの3角でも追い越せるということかな?

と馬鹿げた妄想。
妄想だけなら自由だから。

ま、短距離選手にマラソンさせるようなものだからね。


………


姫百合手前の休憩所から、

「アーセナル!」

と声援をいただいた。
うれしいですね。赤の他人ですけど。

ありがとうございます。


………

その後もペース駆け。
なんだか驚異的なタイム?と思い始めて、、

59番カーブの急坂はちょっと遠慮気味に走って、、

最後の直線を踏んだ!

、、、ら、足がつった。太ももがつった。
ダンシングできない。


仕方ないから、目の前をダンシングでスパートする早そうな人の「番手主張」。
シッティングのまま「流れ込み」しました。


とことん、「恵まれ」て、「ゴキブリ」なレースでしたが、結果オーライ。

そういうもんだ、競輪も人生も。



ベストタイムを9分更新して、1時間12分。

やったね。


(長くなったので次へつづく)
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-28 21:11 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

は! じ! め! て! の!… 平成26年9月26日(金)

は! じ! め! て! の!… 平成26年9月26日(金)



初めてなんです。
痛いのはちょっと…

決してシモネタではありません。


24日の水曜日のこと。
先週、練習を追い込みすぎたらしい。体が回復しきらない。
今週からは軽い練習にしているのに、いまだに自宅の階段が、富士山ほどではないが、高尾山くらいには感じてしまう。
なので、こんなところへ来てみた。この年齢になって、人生で初体験です。

f0131183_18185959.jpg

新前橋整骨院。
整骨院・接骨院は、あちこちにたくさんあって、よくわからないから、単純に「スポーツマッサージ」で検索して、一番近いところへ来た。

午後4時に予約して、少し早めに来たら玄関が閉まっている。
午後1時から営業中のはずなのに、ちょっと不安になったが…
10分ほどして、整体師さん到着。

初めてであることと目的などを伝えて、施術開始。
痛いのはあまり、、とも伝えたのだが、、、


ボキ!

『ギャッ』


バキッ!

『グェッ』


声を出すつもりはないのに、声が出るほどの衝撃。
こんな風に体を曲げていいの?って位置から、さらにガツンと押されて、、

なんじゃ、こりゃぁぁぁっぁぁっ


ま、そんな衝撃波は5回だけ。あとは痛いような痛くないような「マッサージ」を受けて、合計1時間で終了。

そして、終わってみてビックリ。
ありきたりだけど、体が軽い。
太ももの張りがない。重みがない。
そういえば、上腕も軽い。上腕部にも意外と疲労がたまってたみたいだ。

もちろん、家に帰って階段を登れば、まるで平坦か?と思うほど。
あんなに疲れていた脚が、まさにあっという間に回復した。


すごいな、これ。
整体って、すごいな。
自分の職業上、こんなところにお世話になるなんて恥ずかしい、と思っていた。痛みや疲れなんてものは、自分の力と薬で治すんだよ、と唱えてきた。
だけど、今日から考え方が一変だ。

ただ、私はありがちな「腰痛持ち」。
施術後にかすかに腰痛が出現した。でもほとんど問題にならない。腰痛の原因は腹圧なので、脚だけ、とお願いしてみてもいいかもしれない。


………


全身を1時間で、4000円。
回数券だと3500円。
ちょっと高いのかな、と思ったが、よくある「足つぼマッサージ」などは、10分で1000円が相場。
とすると、安いのかな。

整体師さんによると、
元競輪選手の人が来た、今週赤城に上る人が来た、ただ単に疲れたという人が来た、肩こりの人がたくさん来た、太った人が来た、など。
いろいろと利用方法があるみたいです。


………

翌日の25日の木曜日。
あまりにも調子がよくて、朝練のローラーを回しすぎた。
調整練習中のはずが、通常の1.5倍走行。。。バカですか?

夕方、また、脚がつらいぃぃぃ。

あわてて、26日(金曜日)の整体を予約したのは、言うまでもない。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-26 18:19 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

赤城山ヒルクライムの予行練習 平成26年9月23日(火)

赤城山ヒルクライムの予行練習 平成26年9月23日(火)


今日も、いつもの朝練の途中に寄り道してみた。


朝5時。
家を出るときは、東の空がうすく明るくなってきた。一応は「夜明け前」。
f0131183_18183669.jpg


レース当日と同じく、半パンに長袖アンダーシャツ、半そでTシャツ、ウインドブレーカーで走り出す。
風が強くて、ちょっと寒いけど、ぎりぎりセーフ。


途中の景色。朝日に照らされる赤城山とグリーンドーム。
f0131183_1821059.jpg

ライトがなくても困らないが、もちろん携帯しましょう。
ただし、僕の「自動点灯」のテールランプは消えたままです。
意外と明るいってことです。


5時半。
私立前橋高校前に到着。
f0131183_18202699.jpg

今日も試走に来ているお客様がそこそこ。ご苦労様です。


さぁ、今から半袖半ズボンになれるかどうか。

ちょっと微妙。
あと数分はウインドブレーカーが離せないかも。


………


今日はポエムでフォームとダンシング。
1本やって、適度に汗かいて終了。

昨日は一日中、足が重かったが、だんだんと回復してきた。
予定通り、調整進行中。


その帰り道。いわゆる「下山路」からの景色。
f0131183_182527.jpg

前橋市街地がきれいに見える。遠くには、妙義山の山肌と、八ヶ岳も見える。
こんなに視界が通るのは、かなり寒いということだけど、、、、


………


朝6時から7時。
帰り道に再び、市立前橋高校前をうろうろ。

もう全然寒くない。
風よけさえあれば、半袖半ズボンで問題ない。

この気温だと、レース中は長袖では暑すぎるだろうから、スタート待機の時間をなんとか半袖で過ごす工夫を考えよう。



あと4日だね。
昨夜は焼き肉を食べて、今日、アリナミンVVを買ってきた。だいたい準備完了。あとは前日に「メロンパン」を買うだけ。

発走前はメロンパン。これ常識。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-23 18:28 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

前橋合同庁舎へ社会科見学 平成26年9月21日(日)

前橋合同庁舎へ社会科見学 平成26年9月21日(日)


全国的にきわめて有名な前橋の合同庁舎です。
もちろん、赤城山ヒルクライムのスタート地点他イベント会場として。
f0131183_20182276.jpg

私は前橋市民ですが、初めて拝見しました。
でかい!
きれい!
私の税金がどうにか有効活用されていることを祈ります。


………


日曜日。
もう気持ち的には「調整モード」。

厳しい練習は昨日の赤城1本でおしまい。
今日は、天使コースを2本だけ。

いつもより重たいギアで腹筋を使って1本。
ダンシング練習でもう1本。

なかなか「休むダンシング」ができない。
あと1週間ではむずかしいな。
ダンシングを終えて着席するときに、勾配がきついと太もものエネルギーを無駄遣いしちゃうんだよね。


………


そんな調整練習をして、帰り道。
いつものように市立前橋高校付近を通りかかると、ちょうど朝の6時半。
f0131183_20243078.jpg

そっか、来週のスタート時刻だ。

ということで、寄り道してみた。
f0131183_202667.jpg

まさにスタート位置です。
来週は、この写真の中に「中国か?!」と思うくらいの自転車が埋まることでしょう。

その1週間前の今日は、人影もまばらですが、駐車場はすでに9割くらい埋まってます。もうさすがに赤城へ登り始めている時刻ですね。


そんな朝6時半。
意外と、というか、かなり暖かい。
昨日、赤城に上ったときはかなり寒かったけど、それは朝5時だったから当然?


とすると、来週の本番の衣装を考えないといけない。
長袖ジャージでは暑いかもしれない。
スタート待機の時間(朝6時から7時まで)もなんとか過ごせるかもしれない。
となると、、、

現在の第一候補ユニフォームは、これしかないでしょ!
f0131183_20473731.jpg

f0131183_18174031.jpg

背中にポケットもなく、汗の拡散もメダリストに比べると不安だけど、、

気持ちが大事!


念のために、長袖メダリストとレッグウォーマーも持って行きますが。


で、こんなサッカーユニフォームを見かけて、デュラエースのくせに遅い奴、とか思って「幅寄せ」しないでくださいね。
そんなことされたら、本能的に「小指」を使ってしまいます。お互いのためではないです。
(冗談です。「小指」が分からない人は石渡治さんに聞いてください。)


………



合同庁舎から自宅への帰り道。ちょうど朝の7時ころ。

かの有名な「ママチャリライダー」君とすれ違いました。
あの独特の鍋みたいなヘルメットなので、遠くからでもわかりますね。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-21 20:52 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

赤城山渋滞予想につき、、、 平成26年9月20日(土)

赤城山渋滞予想につき、、、 平成26年9月20日(土)


本日(土曜日)の一等賞!
牛たちが称えてくれてます。「もう来たの?」
f0131183_1483138.jpg

何が一等賞?


来週の本番を前に、あと一回だけ登っておきたい。
今週末は超絶混雑が予想されるが、、、、
ということで、、、、


………


木曜日。
朝練はいつもどおりの料金所。

夜は、ローラーで「秘密兵器」発動。
f0131183_1485237.jpg

ピストレーサー。
ギアは50-15で、3.33。ケイデンス115で時速49~50km。
これで距離15km。
ペダルは先日の走行会と同じ皮バンド。不自由ながらも引き足主体。

時間の関係で15kmで終わりにしたんだけど、、、
あまり疲れないなぁ、という素直な感覚。
ところが、、、


………


翌日、金曜日。
マジフトモモ爆発警報。

昨日のピストの疲れが、今日、もろ出た。歩くだけで疲労感。
(もともと、自転車ならアルプスでも登るけど、歩くのは50mが限界という自転車脳ですが、)
自宅の階段が富士山のように感じる…
それくらい豪邸ならいいんだけど。

朝練。
一応、料金所。
案の定、27分とか。ま、これでも今週火曜日のタイムよりは早い。

夜。
近くのうどん屋を往復するだけでも太ももが笑うので、ローラーは優しくお願いしてもらった。
ロードで、同じく3.33。時速47kmで距離15km。


………


そして土曜日。今日。

大混雑が予想されるこんな日は、朝6時出発なんてしたら、帰りが危険。
ということで、

f0131183_149169.jpg

月明かりだけしか見えない。

4:30AM 上細井交差点


同行予定だった職場の後輩からメール:

『寝坊しました。遅れます』

うん、想定内。


真っ暗な中を一人でスタート。
途中までは、サイコンも見えない。速度がわからないので、ひたすら回す。

今週の練習の結果、わかったことは、
①休むダンシングはむずかしい
②腰立てて、ひたすら腹筋で引き足
③引き足だけならどんだけぶん回しても売り切れない

要するに、②を常に意識しながら、ひたすらぶん回す。

畜産試験場を越えたあたりで、ちょっと疲労感。
もしかしてリタイヤ?なんて思ったけど、水分補給でクリアされた。
あぶない、あぶない。


料金所 27分。
ピスト練の疲れを引きずってて、このタイムなら十分に想定内。


姫百合 54分。
もうよくわからん。最低時速12kmを守ってるから、いいんでないかい?

その後、1kmごとの標識を4分40秒ごとに通過する。
このまま行けば、1時間20分は切れる!と思ったら、、、

f0131183_141066.jpg

最後の直線。
長ーーーーーーーーーい。
しかも、平坦かと思ったら、そこそこ登ってるし。
上げすぎたギアをあわてて軽くする。

先日は、ここで時速30kmを出せたが、今日は時速20kmちょいが精一杯。
それ(20km)が普通だろ、ということで、ペース配分もまぁなんとかできてたのか?


ゴール 1時間2X分03秒


先日の火曜日より1分早い。あとは、来週の調節と、試合当日のカテコールアミン分泌で、、、なんとか20分を切りたいところです。


………


で、何が一等賞?


ゴール時刻は、午前6時ちょうど。
ここまで登ってくる間に、誰にもすれ違わなかった。

てことで、「本日、一番最初に赤城に登った人」賞を獲得。

帰り道、登ってくるローディさんを見るたびに、意味もなく優越感。


で、畜産試験場までのあいだに、30人くらいの人とすれ違った。
朝の6時半です。
いったい、昼までには何人の人が登っていくのでしょうか。
明日の日曜日は、どうなっちゃうの?
帰り道は、十分に気をつけましょう。


………


今朝、5時前後の赤城界隈の気温は10℃から14℃。
前橋市街地では寒い気がしたけど、登り始めたら、もう暑い。
畜産試験場を越えたあたりからは、先日購入した競輪用長袖アンダーシャツ(メダリスト)の1枚だけで十分。
長ズボンジャージをはいていたけど、これも半ズボンでよかったかも。

しかし、下りは当然極寒の世界。
ヒートテック、オーバージャージ、ウインドブレーカーを追加したのに、まだ寒い。
ユニクロのウルトラライトダウンが欲しいんだけど、まだ売り始めてないんだよね。
下り用の手袋として、指まで覆うものを下山荷物に入れておくべきだね。



というブログを書きながら、現在、土曜日の仕事中。
脚が…
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-20 14:10 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

秘密兵器が到着! 平成26年9月17日(水)

秘密兵器が到着! 平成26年9月17日(水)



f0131183_1248358.jpg

ピスト到着。


その前に、、


………


今朝(木曜日)も追試で畜産試験場へ。
一昨日の落第点の反省を踏まえて、

①休むダンシング
 むずかしい。緩斜面でやってしまうと足に負担がかかる。少なくとも畜産試験場までは必要ない。料金所直前の坂でやれるかどうか。理想は、ギアを上げて休むダンシングで上りきって、貴重な下り坂へスピードをつなげること。


②後方荷重
 ひたすら、腰を立てる。前傾しちゃダメ!これは意識すればできる。時沢の商店街付近は腹筋引足で時速30km。


③ペース配分
 引き足オンリーならどんだけぶん回しても売り切れないことは実験済み。もっと回せ。


その結果、

畜産試験場 14分55秒
料金所 25分45秒(Sp10分50秒)

一応、昨日より早い。
これで、料金所から上を一昨日と同じ速さで走れば、なんとか1時間20分は切れる。


………


ということで秘密兵器?


f0131183_1248358.jpg

(もういちど同じ写真)
いわゆるピストレーサー。
ロードの練習用の秘密兵器として購入しました。


オールスター競輪が終わって間もないのに、イシケンさんがわざわざ伊勢崎から届けてくれました。本当に、風貌とブログに似合わず、優しい会長さんです。
イシケンブログへリンク。
自転車店Sunlight Yellowへリンク

予算を相談して、フレームは中古、車輪は新品で組んでもらいました。
チェーンは……自慢したいのですが、イシケンさんに迷惑がかかるので秘密。オークションするとしたら1万円くらいか。
ギヤは50-15で3.33。ガールズよりも小さなギア比だけど、これでも十分に重たい、、、。


ピストは、ご存知のとおり、タイヤが回転したらペダルも回転する。ペダルが止まればタイヤも止まる。非常に危険な乗り物です。
ロードなら、加速するときにしか脚力を使いませんが、ピストは加速はもちろん、減速するときにも脚力を消耗します。回転しているタイヤを抑えないといけないから。いわゆる「バックを踏む」という動作です。
このときに、太ももを中心に無意識に筋肉を使います。
きっと、これがロードにとっていい練習になるはず。筋肉をつけてパワーアップするための秘密兵器です。

筋トレが大嫌いな私は、こんなことでもしないとね。


もちろん、練習目的でなくとも、ピストそのものも非常に楽しい。
自分で踏んだぶんだけ進む。
進んだぶんだけの圧力を脚から感じ取れます。
「風を切って走っている」感覚はロードとは比べ物になりません。

ただ、一般道を走るには、ちょっと危険。。。
法律上はブレーキを取り付ければいいのですが、私のような自転車経験が未熟な人間にとっては危険なおもちゃです。
なので、しばらくは三本ローラー専用だけど、、、、もちろん、ヘルメットを着用してローラーに乗ります。

だって自転車乗りの習性で、坂を上りきったり、目的の距離を走り終わったり、ゴールした瞬間って、ペダルを止めるでしょ?
それが普通でしょ?

ピストでそれをやるとどうなるか。

吹っ飛びます。
体が折れるかと思うくらいの圧力をサドルから受けて、吹っ飛びます。
なのでヘルメットは必需品。



………


イシケンさんとしばらく雑談。赤城ヒルクライムについて。

競輪選手枠というのがある。これはお互いの宣伝のため、当然必要でしょう。
出場する選手は、そこそこ本気で走るらしい。

田村選手 1時間03分18秒
手島選手 1時間13分55秒
石川選手 1時間17分20秒
矢口選手 1時間29分57秒
田村選手 1時間30分58秒
(ぱっと見ただけなので漏れてるかも)


去年、競輪選手のなかでもっとも早かったのが、1時間3分。
毎日職業で走っている人がこのタイム。
いったい、どんな人が1時間を切るの??

と思ったら、
イシケンさんのご子息様は、有名ですが、今年のハルヒル(山登り部門)の優勝者。そして、去年の赤城は、1時間1分。

『今年、1時間切れなかったら、家からたたき出す。というか目標55分。』だそうです。

まだ、高校2年生のはず。群馬のエースとして将来が楽しみです。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-18 12:49 | 本気のサイクリング | Comments(6)  

そうだ 赤城 行こう 平成26年9月16日(火)

そうだ 赤城 行こう 平成26年9月16日(火)



1時間2?分43秒。。。。。。


もう土下座します。
動画を投稿してもいいです。ウソ嘘。


スタート時間に遅れて、最後尾のJ(?)からという逃げ道もあるが。


………

ということで、早朝、赤城ヒルクライムしてきました。

去年の10月以来、たったの2度目です。
だって、放射能が…

でも、一応は上っておかないと、タイムの計算もできないからね、という目的だったのですが。。。



f0131183_144737.jpg

5:10AM 下細井をスタート。

28分30秒 料金所(マズイ)

51分00秒 1番カーブ(マジ?!)

1時間2?分 ゴール(謝罪)
エントリータイムに7分遅れ。

f0131183_1442550.jpg


スタートとゴールの写真しかないのは、多分、当日も同じ。
タイムも同じ??
それはまずいが。。。。


予定では、料金所まで最低速度20km。25分で到着。
料金所から姫百合までは時速12km。
姫百合からゴールまでは惰性で時速15km。
そんな予定が、、、、

結果。
畜産試験場までは最低速度20kmでクリア。しかし、17分とかかかってますけど…
畜産試験場から料金所まで時速18kmとか、、、アリエンロッベン。
料金所から先は時速12~13kmを維持。想定内。
ただし、距離が想定外。この速度じゃダメなの?



もともとが「B」グループの最後方のゼッケン番号。それでこのタイムだと、スタートした瞬間に千切れるな、たぶん。

ごめんなさい。


………

ただし、収穫はあった。

①休むダンシング:
 いつものように「最後までシッティングで上ったぜ、おれつえ」みたいだった。帰ってから本を読んだら、「休むダンシングを取り混ぜないといけない」とあった!
 →緊急的ダンシング練習。


②もっと後方荷重:
 姫百合以降の平均速度をあと少しあげたい。時速12.5kmを13.5kmにするだけでよい。そのためには、もう少し腰を立てて、後方へ荷重して、腹筋を使って引き足しないといけない。あまりにも基本的なことだけど、坂道になると、ついつい前傾になっちゃうんだよね。で、腰ばかり痛くなる。
 →緊急的フォーム練習。


③ペース配分:
 最後の直線で時速30㎞までもがけた。まだ体力が残ってた。。。


………


そんな気持ちで、本日(水曜日)、料金所まで追試。

腰を立てて、腹筋使って、料金所手前の坂でダンシングなど。

結果:
15分15秒 畜産試験場
26分20秒 料金所

一応、昨日よりは早い。


………


赤城を一本上ったことで考えさせられた。

朝5時に出発して、7時半に帰宅。
往復2時間半。
前後の準備を考えると、練習のために3時間必要。
3時間の練習時間を工面することができれば、毎日赤城に上って、大会でもそこそこのタイムを出せるだろう。

しかし、自分のために毎日3時間なんて、全然無理。絶対無理。
この日は、7時半に帰宅して、9時から仕事ができたけど、
そのためには朝4時半に起きないといけないし、
そのためには夜9時半に寝ないといけないし。。。


何かを得るためには、何かを失わなければいけない

まさにその通り。
3時間の時間と引き換えに失うものがありすぎる。
そりゃ、この年齢だからね。
もっと若ければ違うだろうが。

弱いながらも、大学時代に体育会を経験した身分として、

「不完全な練習で大会に参加することは失礼かつ不満」


とすると、やはり、
赤城ヒルクライムは、今年が最初で最後だ。
というか、「レース」は今回で引退かな。

もちろん、遊びでは走るだろうけど。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-17 14:06 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

オールスター競輪 決勝 平成26年9月15日(月)

オールスター競輪 決勝 平成26年9月15日(月)


SSイレブン事件については、内部の人間同士の争いなわけだから、
自分のような部外者はコメントする資格も必要もない。
そう思っていますが、、、

オールスター決勝の車券を買ってブログを書く以上は、少しだけ。


SSイレブンの人たちが何かしたらしいが、「一般向け」にはほとんど何も報道されていない。
だから、何をした、という議論は全くできない。
唯一、分かっているのが、

『売上が減る可能性のある裁定を下した奴が、「おれえらい、メンツだいじ」的に、堂々とふんぞり返っている。』

「一般紙しか読まない一般人」には、そう見えるんじゃないですかね。

SSイレブンの当事者選手は、ことあるごとに「ファンに迷惑をかけた」と答えている。
でも、裁定者のSさんは、一度も「自分も悪かった」とは言っていないんでは?

だとしたら、永遠に悪役のままだ。

Sさんが「(実際は下がっていないとしても)売り上げを下げるような裁定をくだした組織として謝罪します。」くらいな大人的コメントをすれば、少しは周りから評価されるのにね。



………



私の立場。

公営ギャンブルは競馬から始めた。「強い馬が強い勝ち方」をすると競馬ファンは喜ぶ。
マックイーン、ブライアン、ディープインパクト、、、、個人的には、ビワハヤヒデ、ミホノブルボン。
競輪も同じ視点。「強い人が強い勝ち方」をすると、すごいなと思う。


高知記念なんて、武田だけ失格、あるいは引退にして、ほかの7人は注意点だけでいいと本気で思っていた。
しかし、その出走停止中の「地区プロ、H25、前橋」で武田の走りを目の前で見て、びっくり。
出走停止期間に、そんなに練習して、そんなに強くなってるの?!

復活後は、連勝連勝。

ちょっと見直した。
そんなところで、再びSSイレブン事件で自粛。

単純に「強い馬」が見れないじゃん!と思った。


で、自粛短縮によりオールスターから復活。そして決勝戦。


「強い馬が強い勝ち方」をすれば競馬が栄える

僕はそう思いますけどね。



………



15日(月祝)


富士山で目覚めた。
遊園地ぐりんぱの開店に並んで、前日できなかったワイヤーアスレチックを堪能。
こりゃおもしろい。

正午に富士山を出発。
途中、わざわざマクドナルドに寄って、妖怪ウォッチセットを買ったりしたにもかかわらず、
午後3時、前橋へ帰宅。

なんだ、間に合うじゃん、ということで、グリーンドームへ。


で、決勝戦。
f0131183_20361360.jpg

もろSSイレブン車券だね。
仕方ないよ、強いんだから。

神山はねぇ、、、、俺と同い年だろ、武田の捲りについていけるわけないよなぁ、って。

結果は、ご存じのとおり、
武田ー神山 で7倍くらい

武田が強かった。
完璧に2着あらそい。新田があと少しだったけど、前橋の3コーナーまくりが届かないのは「俺が経験すみ」。あの壁はきつい。
って、新田は俺とは比べちゃいけないくらいの化け物だけど、、、それでも無理だったね。

f0131183_20362928.jpg

表彰式。
ファンがいっぱいで近づけない。


こんな人も発見。
f0131183_20353841.jpg

前橋の市長さん。赤城ヒルクライム実行委員会長。
本当の腹の内が知りたいね。自転車振興なのだろうか。


………


久しぶりに目の前で「競輪」を見た気がする。
なんだか、「そそられてしまった」。あぁぁ、走りてぇ。

そうだ、明日、赤城、行こう。




グリーンドームで見かけた他人の自転車。キャノンデール。
何度か見かけますが、こんなので来る人もいるんだね。
f0131183_20371779.jpg

[PR]

by akogarehotel | 2014-09-16 20:37 | 競輪ブログ | Comments(0)  

いつの間にかにキャンプ日記:キャンピカ、ぐりんぱ 平成26年9月13、14、15日(土日月)

いつの間にかにキャンプ日記:キャンピカ、ぐりんぱ 平成26年9月13、14、15日(土日月)


はい、今年7回目のキャンプ。

去年までなら、7回行けば、7回ともスウィートグラスだったけど、
今年は、あちこち行ってみよう、的な発想。

今回は、念願の「富士山が見たい」だそうです。


、だそうです、ってのは、僕以外の家族の意見ってことで。


………


キャンピカ
f0131183_2033482.jpg

(↑雲がなければ富士山が見えるはず。ただし天気上は「晴れ」。)
富士山のふもと。5合目の直前。標高1300くらい?
ひとことで、「寒い」

標高のせい、および富士山が近いせい?
そのために、天気が非常に不安定。
一日のうちで、一度は必ず雨が降る?というくらい。

だから、昼間の気温が上がらないのだろう。そのぶん、夜から朝にかけてググッと冷える。
同じ標高の軽井沢と比べて、さらに一段以上に寒い。

昼間はTシャツ1枚でもよかったが、夜から激寒。

寝るときは、Tシャツ、ヒートテック、パーカー、ウインドブレーカー、靴下、そして寝袋。

ちなみに、我が家のテントは「寒くても大丈夫」という超高級品らしいです。

その寒さは、誰もが想定内のため、炊事場が室内にあり、お湯が常に出る。お風呂もきれいなものが用意されている。
清潔な室内トイレには、当然、暖房がガンガンに利いている。
ともに、キャンプではあまり見かけない規模です。




ぐりんぱ
f0131183_2033399.jpg

(↑雲がなければ富士山が見えるはず。ただし天気上は「晴れ」。)
遊園地、というかアスレチック。
以前は「日本ランド」という名前だったらしい。

迷路のようなアスレチックが多数ある。
子供たちは、どれで遊ぶか迷うくらい。
こんな山奥にあるのになんでこんなにお客が来るの?各アトラクションが30分待ちくらい。


ただし、キャンプ場と同じく、天気が不安定。
富士山が見えることのほうがラッキー。小雨が降らない日はないと思った方がいい。
ウインドブレーカー必須。


………


土曜日。
仕事が終わって、2時に駅へ。
新幹線など乗り継いで、5時半に到着。
家族が先に着いているので、ゆっくりとテントの仕上げ。

と思ったら、、

近くのサイトの女の子が火傷。
痛くって泣いている。かわいそうに。

素通りしてもよかったけど、、、

火傷を見せてもらったら、、、、なんと、水泡ができている。
2度(正確にはは専門外)。
いずれにしろ、そこそこの治療が必要。

ステロイドを塗って、NSAIDsを飲んでもらって、
でも、基本は流水で冷やす、ということを思い出して、、

なんだよ、仕事しちまったよ。



最近、子供にはやさしい俺です。
その理由はコシュが知っている。

と、宣伝。


………


日曜日。
一日中、ぐりんぱ。
しかし、超混雑。
「年に3回あるかないかの大混雑」だったらしいが、、

まぁ、想定内。連休だから仕方ない。

ワイヤーアスレチックという木の上を渡るアスレチックが、一番の混雑。
2時間待ちのふれこみを、1時間半並んだ。

すると、そのとき、急に子供が腹痛。

テントに帰って休憩した。
待ち時間がぁぁぁぁ

しかし、その後に大雨。
早めに帰って来れて「運がよかった」と長男。
プラス思考万歳。


………


月曜日。
帰り道。
噂の圏央道の威力はすごかった!

八王子ー海老名間が開通したため、関越道から東名までスイスイ行ける。行きも帰りもほとんど渋滞していない。

キャンピカ(富士山)を正午に出て、御殿場インターを12時半。
連休の渋滞が始まる前に、海老名JCTを通過。

午後3時。なんと2時間半で前橋に到着。
近いな。近すぎる。

おかげで、競輪のオールスターに間に合ってしまった。
車券を買いに行ってしまった。


楽しい、清潔、でも寒い!
でもそれ以上に近い!

また行きたいキャンプ場だね。


………


ということで、天気が「晴れ」であるにもかかわらず富士山は見えませんでした。
そういうもんだよ、富士山って。

富士山が見たいなら、こちらへリンク


子供たちは、遊園地が楽しかったので、富士山なんてどうでもよかったみたい。
[PR]

by akogarehotel | 2014-09-15 20:43 | あちこち旅行記 | Comments(0)