<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ キャンプ場 平成27年3月28日(土)

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ キャンプ場 平成27年3月28日(土)


今年1回目のキャンプ。
f0131183_6483711.jpg

軽井沢方面がまだ雪のため、埼玉へ。初の試み。
飯能(埼玉県の田舎町)から名栗湖方面へ、車で20分の距離にある。
f0131183_6481898.jpg

周辺を見渡せば山の中。
子供の遊び場のほかに、マス釣り、川遊びもできるので、家族連れの満足度は高い。
ネットでの人気ランキングは常に上位だそうだ。
f0131183_6482732.jpg


ただ、、、

県道沿いにあり、地面は小さな石。
生垣の向う側には民家が集結している。
まるで道路わきの駐車場でキャンプをしている感覚。

群馬県民的には、ちょうど赤城県道沿いでテントを張っているのと同じ。


ま、群馬県民が恵まれすぎているんでしょうね。キャンプに関しては。

都心から来る人にとっては、これで十分なんだと思います。


いずれにしろ、子供たちが楽しんでいたので、まぁいいか。


………


土曜日。
仕事が終わってから、2時半に前橋を出発。
午後4時にキャンプ場に到着。

テントを設営して、ご飯作って、、、あっという間に夜。


日曜日。
ご飯作って、テントを片づけて、、、あっという間に昼。

(キャンプが好きな人の気持ちが、いまいち理解できない。。。。)


で、
軽井沢が寒いだろうから、ということで飯能にしたのだが、


ここも寒い!


当たり前だけどね。
電源付サイトで、ちいさなヒーターをフル稼働させて、やっと眠ることができた。



………


帰り道。
「ムーミン谷」で有名な「あけぼのこども森公園」へ。

谷の中に、ムーミン谷の建物が造られている公認公園。
あちこち走り回って楽しいのだけれど、、、
小学校低学年までが適齢らしい。うちの子供には幼稚すぎた。


………


それにしても、ストレスがたまった一日。なぜなら、、、

名栗湖を抜けると、有名な正丸峠などを通り、その先は先日行ったばかりの「ときがわ」エリアへと続く。
なので、ローディ、しかもそこそこ本気の人たちとたくさんすれ違った。

うらやましい。。。。

練習したい。。。


そんな午前中。
ほとんどの自転車が山へ向かうのに、帰る方向へ走る自転車を1台だけ発見。

もしかして?と思ったら、やはり競輪選手。
彼らは、朝が早いですからね。

ヘルメットとユニフォームで「選手」ということは分かりましたが、顔と名前が一致する選手ではありませんでした。
ま、私の知識では一致する人のほうが圧倒的に少ないし。

ちなみに、ピストではなく、ロードでしたね。


いずれにしろ、うらやましい。。。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-30 06:59 | 子育てられ | Comments(0)  

ホイール入手(競輪用) 平成27年3月27日(金)

ホイール入手(競輪用) 平成27年3月27日(金)



その前に、、、

忙しすぎます。。。。


23日(月)ローラー30km。
24日(火)春休みにつき子供と過ごす。練習なし。
25日(水)お墓参りにつき練習なし。
     それじゃヤバイので夜10時からローラー20km。
26日(木)仕事が忙しすぎて練習なし。
     職場でうたた寝して、気がついたら23時半。
27日(金)ローラー20km。
     忙しすぎて夕食を食べずに眠ってしまった。ホント。
28日(土)キャンプのため練習なし。
29日(日)キャンプのため練習なし。


練習が、1週間で3日だけ!?
ツールド八ヶ岳まで、あと1ヶ月なのに、これでは何も期待できません。
こんなときどうする?
いわゆる「脇本流」でしょ、これ。

自分のタイムは捨てて、少しでも他人の役に立つために走ります。
スタートから行けるところまで引っ張ります。どうぞ、ついてきてください。

下り1 → 下り2 → ハーフゴール → 下り3 → ゴール

2つめの下りまではがんばります、はい。
目印は「バロテッリ45」のユニフォームだけど、もしかして輪友会のジャージだったりするかも?


………


ということで、金曜日。
イシケンさんが「花粉症の薬のお礼」にと言って、持ってきてくださいました。いつも申し訳ありません。
f0131183_13582031.jpg

f0131183_13583551.jpg

チューブラータイヤ
デュラエースのホイール
15Tギア

「これなら17秒台ですね」とイシケンさん。

、、、それって、受験を考えるレベルですけど。

「3日ごとに空気を入れてください」とも。

、、、わかりました、って、「空気入れ」がない!
バルブの形状がロードとも、ママチャリとも違う。だって競輪専用だから。

月曜日に買いに行ってきます。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-28 13:58 | Comments(2)  

大同窓会 平成27年3月22日(日)

大同窓会 平成27年3月22日(日)



今回の記事には、読んだ人にとって心を害する内容が書かれているかもしれません。気分を悪くしたくない方は、このまま「戻る」を押してください。
読み終わった後に苦情をいただいても、当方では対応しかねます。


と、イシケンさんの真似をしてみましたが、、、

本日の内容は、完全に個人的な「つぶやき」です。おもしろくないと思う人は、正常な精神をお持ちの方であり、読み続けることは時間の無駄だと思います。






















ここまでのぞいちゃいました?
じゃぁ、気合を入れて読んでみてください。


………


本日は、大学の同窓会。
f0131183_17523929.jpg

このブログで私の出身大学名は公表していませんが、うすうす感じていただいていますように、

『名門大学』です。

都内と神奈川県内にキャンパスのある総合大学ですが、
その「卒業25周年の記念事業」として、全学部合同の同窓会が、本日、ホテルニューオータニにて開催されました。
私たちが卒業した当時は、1学年5500人の定員でしたが、そのうちの1800人がこの日、参加していたそうです。
(現在は、情報ナントカ学部などが増設されたので、1学年あたりの学生数は10000人近くになっています。)
そんな人数だから、この日のニューオータニは、まさに貸切状態だったわけですが、、、、、



大学の集まりって、、、、あまり好きじゃないんです。

っていうか、、、、すごく好きじゃないんです。

っていうか、、、大っ嫌い!


これは、「自分もそうである」ということを認めて言っているわけですが、


この大学の根底には、
『俺たちって、エリートだろ。』
『俺(たち)がルールだ。』
『俺が声をかければ、何人集まる!』
『卒業生にあらずば、人にあらず』
みたいな精神が流れているんですよね。


だから、大学関係の集まりでは、必ず、大学関係者の関与する場所で、講演などのゲストも大学関係者でまかなって、
という風に、完璧に閉鎖的、排他的なんですよね。


「人の上に人をつくらず」という教えは、忘れられてる気がするし、
「独立自尊」という言葉を間違って理解しているような気がするし。
見方を換えると、仲間だけで集まって傷をなめあっている、、というか。



で、同窓会はというと、
1800人も集まるイベントだから、最初っから期待もしていなかったんだけど、、、、
やっぱり予想どおりだった。

懐かしい友達とゆっくり話をしたいのに、
会場では大音量で、トークやら、歌やら、、、
トークショーだって、おもしろければいいのだが、
「ニシコリ君のおかげで仕事が増えた」というM岡修三くんとか、
ツイッター社の社長さんとか(名前わすれた)、
龍馬伝、ちゅらさんの監督さんとか(名前わすれた)、
(以上、すべて卒業同期)

自慢話ばっかりで、聞き飽きました。。。。。

しかも、
『写真は撮影しないでください。』
『ブログやネットにアップしないでください。』

写真を撮られたくないのなら来るなよ。
そんなに他人行儀なら、いなくていいよ。


完璧に、主催者(実行委員)の自己満足イベントだった。
で、悲しいのは、彼らがそれに気付いていないということ。
ま、そんな程度の方々。


ちなみに、この会場の中に(ホテルスタッフをのぞいて)「部外者」は一人だけ。
つまり、当大学の卒業生でない人間がただ一人いた。
それが、

二郎三田本店店長の山田さん

壇上に呼ばれて挨拶していたが、

この人って、世間的には総理大臣よりも偉い人でしょ?
そんなに気軽に呼びつけていい人間じゃないだろ。


『二郎が大きくなったのは、うちの大学のおかげ』
みたいに思っている奴が、何人かいるかもと思うと、とても悲しい。

『俺が呼んだら、来ないわけがない』
って、誰かが思ってるんだよね、きっと。悲しいわ。


宴会の最後は、応援部の挨拶だったけど、
応援団長がマイクを使って挨拶するところを初めて見たわ。

お前ら、声を出すのが仕事じゃないのか?
室内だぞ、ここ。



というわけで、剣よりも強いペンで訴えてみました。



………


そんな時間のムダでしかない集まりに参加した理由は、医学部のまとめ役、面倒役を担当してくれていたシマザキ君に義理を通すため。
シマザキ君は、学生時代はアメフトをやっていたイケメンで、FBで検索するとそのかっこいい顔がすぐに見つかる。で、付属高校の出身で知り合いも多いということで、今回の面倒役を引き受けてくれた。
だから、参加人数を増やして、少しでも引き立ててあげようと思ったのだが、

他のやつら、来てねぇし。(~~)

医学部は1学年100人。本日の参加者は、そのうちの17人?!
ま、みんな仕事も忙しいしね、、、
でも本当は、「楽しくない会」ってのが分かってるんでだよね。
俺だって「自己満足会」ってのを知っているから行きたくなかったのに…


たとえば、同級生のN田くん。
コルナゴに乗る彼は欠席。つもる話もしたかったのだが、、、、
この日のFBで「広尾あたりをポタしました」と。おいっ!

産婦人科のK井君とは、(歌舞伎町の雀荘で)一緒に何日徹夜したか分からないのに。
ま、来るわけないか。



でも、長野県塩尻のN井君(松本深志高校出身)や和歌山県のI橋君(智弁和歌山出身)の「地方組」とは久しぶりに会えて、楽しかったですね。
「塩尻まで遊びに来てね、自転車で。」
「もちろん。八ヶ岳を反対側に下ればいいだけだから。」

「さすがに和歌山までは…」


………


そんな久しぶりの出会いに感動した(感動するはずだった)一日だけども、その最たるものは、
大学の同級生ではなく、高校の同級生に出会ったことだった。


なんと高校三年のときに仲が良かったイシクラ君と、30年ぶりに再会した。

私の高校は、
(県内で東大進学数が一番多いというが)
進学校ではないので、友達がどこの大学を受験するかなんて話は一切しない。

(教員の皆様は受験校という自負があるらしいが、学生は浪人前提なので)
どこの予備校に行くかは話題になるが、大学に受かっちゃった奴の噂はほとんど流れない。

イシクラ君とは、高三のときに同じクラスでかなり親しく遊んでいたが、どこを受験してどこの大学に入ったのかなんて、全く知らなかった。
(当時は、メールも携帯電話もなく、高校を卒業したら、運がよければまた会おう、くらいなのが当たり前だったのでは。水泳部以外の同級生って、一浪して私の後輩になったカドムラ君でさえも30年近く顔を見ていないよ。)


そんな彼が「名簿で名前を見つけて」会いにきてくれた。
最初は誰だか分からなかった。
高い鼻が目立つ彼の顔をジロジロと2分近く眺めないと思い出せなかった。だって、まさか同じ大学にいたなんて知らなかったから。
今は横浜で会計士をやっているそうです。へぇー。



地球が回っていることを実感させられた一日でした。


というわけで、東京の地面を踏んだのは3時間そこそこの小旅行でした。

↓「ルパン三世みたい」といわれて、ちょっとうれしかった本日の服装。
f0131183_17521388.jpg



文句ばかり言ってないで、どんな同窓会ならいいんだ?って?

あの頃、1985年から1990年までの出来事の映像を、ただひたすら流していればいい。
バース掛布岡田の阪神フィーバーとJAL御巣鷹山が受験生の頃。
大学1年の頃は、たしか大学野球部とラグビー部が優勝。
あとは、六本木ディスコの全盛期。スキーの超バブルと「私をスキーに」。おにゃんこ。愛が勝つ。お元気ですか~。オグリキャップ。

せっかくTBS社員がバックアップして映像機器を持ち込んでんだから、これくらいやってくれればいいのに。

あとは学部対抗のクイズ大会とか、腕相撲大会とか。
早食い早呑みはあまりよろしくないかな。
でも、二郎を呼ぶなら、二郎を持ってきてロットバトルでもいいよな。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-23 17:52 | ただの日常日記 | Comments(2)  

激動の一週間で、グリーンドーム走行会 平成27年3月21日(日)

激動の一週間で、グリーンドーム走行会 平成27年3月21日(日)


今週は、たっぷりと遊ばせてもらいました。
仕事も、そこそこ忙しかったんで、まぁ、許せ。

16日(月)ローラー。いつもより多く回ってます。45分。
     
17日(火)水泳部合宿。5500mという距離を時間内に泳ぎ切ったのは自分でも驚いた。
     自転車の練習をして体幹筋が着いたから、と思う。もちろん、ヘトヘトですが。

18日(水)赤城でタイヤ。前日の水泳の影響もあり、体がガチガチ。
     いわゆる「採血したらCPK高値が恐い」状態。

19日(木)合宿の打ち上げ。
     大学生の中に混じって宴会。もともとは参加する予定ではなかったが、大学時代の同級生が、水泳部の新顧問として帯同するとのこと。久しぶりの再開のため、久しぶりの劇的飲酒量。
f0131183_22304750.jpg

↑「顧問」というと「安西先生」を想像するけど、彼(新部長)も僕と同じく、外見だけは若い。コップの中身は焼酎原液。
 帰り道、ほとんど記憶がない。忙しくて練習どころではない。

20日(金)もちろん、二日酔い。仕事は惰性。
 ピストの調整を含めてローラー15㎞だけ。だって、吐きそうだから。


………



21日(土)

そして、今日、グリーンドーム走行会。
f0131183_22371172.jpg


毎回、お忙しい中を、素人のために「無料で」開催していただけるイシケンさんには本当に感謝しています。
『少しでも競輪ファンのすそ野が広がれば』というイシケンさんの言葉を尊重して、毎回、「走行料」がわりに車券を購入していますが、、、

本日の車券
ダービー準決勝。4レースあわせて1万円ほど購入したところ、、、
f0131183_2242868.jpg

走行料が多すぎるということで、のしをつけて返してもらいました。
申し訳ない。


今回は競輪選手や競輪学校をめざしている方々も、同時に練習中。
危なくないように、というよりは、一緒に走っている時点で申し訳ない。


………


いつもの走行練習のしめは、いつもの1000mタイムトライアル。

通常、二人ペアで走る。
一人目のあとに10秒くらいあけて二人目がスタートする。この秒数なら追いつくことはないから。
で、私は誰と?
f0131183_22415010.jpg

なんと、元競輪選手の川井利晃選手(群馬74期)。
元S級だよ、おい。というか、つい最近までS級だよ、おい。

巨人の選手とキャッチボールするようなものだろ?

年甲斐もなく、興奮してしまいました。
ありがとうございました。


結果は、元選手のバイクはタイムトライアル用タイヤとタイムトライアル用ホイール。僕のは、ロード用タイヤとロード用ホイール。

それで、、、、、2秒差

いけるんじゃね?


うそです。



しかし、ビールがうまいことには変わりはない!
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-21 22:46 | 本気のサイクリング | Comments(4)  

水泳部合宿中 平成27年3月18日(水)

水泳部合宿中 平成27年3月18日(水)


3月16日から20日まで、大学の水泳部が前橋(県営敷島プール)で合宿をしている。
f0131183_17523287.jpg


大学自体は都内(および神奈川県)にあるので、「わざわざ」前橋までやってきて、という感じ。
もちろん、僕が呼んでるわけではない。

単純に、合宿する場所が他にないから。

………

僕が学生だったのは、はるかに30年くらい前。
その頃の合宿場所と言えば、、

修善寺!
そう、サイクルスポーツセンター(競輪学校)。

(たぶん、今は解体されたと思うが、)当時、室内の50mプールと宿舎「サイクルロッジ」というものがあった。そのころは、他にはそんな便利で安い施設はなく、都内の大学や、日本代表までもが合宿に来ていた。
シンクロで有名だった小谷みかこも見かけた。

他には、
群馬県猿ヶ京
新潟県六日町
山形県蔵王
なんて、ところを、まさにさまよっていた。

しかし、これら全てが、現在は撤去、または廃止。


そんな状況なので、前橋なんて、むしろ「近場」。しかも50mプール。
部員も私も大喜び。
毎年3月の恒例行事になった。


………


で、毎年、「OBずら」をして、偉そうに練習に顔を出すのだが、、

今年は泳いでみようかな、、、、
だって、上から見ているだけじゃ、「ただのオヤジ」で恥ずかしいから。

ということで、17日(火)。
f0131183_17592851.jpg


↑これが練習メニュー。
まるで暗号ですが、
前半が、50m×26本など
中盤に、100m、200m、300m、200m、100m、200m、200m、200mの連続。
最後がメインで、150m×10本、ダッシュ含み
合計5500m


泳ぎ始めて、すぐに後悔。。
で、何度か、途中でやめようかと思ったが、、、周りの部員の視線が、、、

最後のメインなんて、1本めをスタートした瞬間に「無理!、手が動かない」って思ったけど、、

惰性で泳ぎ切った。


これで思うのは、決して「おれすげー」
じゃなくて、
「自転車の練習すげー」

自転車に乗ると、水泳が速くなる

これは真実らしいですね。


………


夜のお酒が、さぞかしおいしかっただろうって?

いや、夕食を食べるのも忘れて、疲れて眠ってしまった。。。


………


18日(水)

赤城天使でタイヤ引き×1、ダッシュ×1

前日の水泳が、さすがにこたえてる。ヘロヘロで一日が終了。



さぁ、明日(19日(木))は「合宿の打ち上げ」です。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-18 18:06 | ただの日常日記 | Comments(0)  

ザギンで映画 平成27年3月15日(日)

ザギンで映画 平成27年3月15日(日)


ちょっと用事があったので、
ついでに家族も連れ出しちゃえっ、と「東京へお出かけ」。


たまたま、往復とも「新」新幹線。
f0131183_12321864.jpg

f0131183_1232344.jpg

おそらく、あちこちのブログで同じような写真が掲載されているのでしょうね。
北陸新幹線のおかげで、高崎から福井まで3時間半。
朝7時に高崎を出て、
朝10時に金沢に着いて、自転車を乗り回し、
夜6時半に福井を出発すると、無事に日帰りできる。

どこを走ろうか、今から楽しみ。
(福井記念と富山記念に日帰りできる、という言い方もあり。)

で、つい懐かしくてお土産だけ先に買ってしまいました。
「羽二重餅」
f0131183_1233111.jpg

北陸地方(特に福井県)の代表的なお土産。小さな大福のようなもの。餅そのものに、ちょうどよい甘さがある。個人的に史上最高の和菓子。
なかでも(当時)福井駅でしか売っていない「羽二重ぐるみ」が最高なんですけど、、


………


14日の土曜日。
夕食はザギンで、、、、、カラオケ。子供のリクエスト。
半年に1回くらいの家族イベントだけど、何年たっても歌うのは同じもの。
妖怪と、
f0131183_12334063.jpg

f0131183_12332549.jpg


SEKAINOOWARIと
f0131183_12335954.jpg


穴雪。
f0131183_12341877.jpg

↑この雪景色は、もう目に焼きついてます。



15日、日曜日。
f0131183_12344260.jpg

銀座で映画といえば、マリオン。
デパートと映画館の複合ビル。
バブルの頃から「オシャレなカップル」たちの待ち合わせ場所。
あれから30年。時計を含めて、マリオン自体がまだ存在していたことに驚いた。銀座の景気が持ちこたえている証拠か。


ということで、「映画ドラえもん、のびたの宇宙ヒーローズ」。

子供の影響で、最近、ドラえもん映画を数本見ているけど、今回は明らかに低レベル。原作のマンガのストーリーから、メンドクサイところをどんどん省略しちゃったので、映画だけを見た人には話のスジがわからないかも。
そんなこと子供には理解できないから、テキトーにやっちゃえ、な雰囲気がバレバレ。
前作、前々作がよかっただけに、ギャップがはげしい。

でも、もちろん、子供は喜んでますから、それはそれでOKです。
所詮、うるさい大人の独り言。

それにしても、爆笑問題の田中さんの声優は本職並みですね


………


この二日間は練習をお休み。
12日(木) ポエム、ママチャリ
13日(金) 水泳練習 200m×4(3'00)(1本め2'34!)
14日(土) 練習なし
15日(日) 練習なし

3日連続で自転車に乗ってない。
師匠からは、榛名に行ってきた、なんて連絡をいただくし、、
ストレスたまりまくり。


でも、今週(16日(月)から)は大学水泳部が前橋で合宿をするので、一緒にハードな練習ができます。「あーうれしー」棒読み。

さらに、
17日(火)からは京王閣競輪場で、全国民注目の今年最大級のイベントが開催され、
22日(土)はグリーンドーム。楽しみだね。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-16 12:35 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

白石峠、刈場坂峠、堂平山天文台  平成27年3月10日(火)

白石峠、刈場坂峠、堂平山天文台  平成27年3月10日(火)


f0131183_1973251.jpg

f0131183_198730.jpg

小川町から「ときがわ町」界隈には、これでもか!というくらいに多くの坂がある。しかも、ひとつひとつが勾配10%前後の名坂。
あまりにも数が多いので、慣れていないと道に迷う。
県道以外は基本的に「林道」なので1車線。ただし、舗装は許容範囲内で、交通量もきわめて少ない。とても走りやすい。
カーブの連続なので下りは注意。カーブの向こう側が崖だったりする。

シーズン中の休日は、サイクリストで賑わうらしいが、この日は平日。しかも「全国的に大荒れの天気」。
約4時間のサイクリングで、自転車どころか、自動車さえも3,4台しか見かけなかった。途中で雪も降ってきたので、寒くてさびしくなってしまうくらい。

補給は要注意。下記最寄り駅周辺のコンビニ以外に売店はない。県道に自販機があるのみ。天文台は休業中で自販機のスイッチは切ってあった。

白石峠から定峰峠へ北上すると、牧場があるらしいが、この日は凍結のため通行禁止。確かに、路面にはまだ雪が残ってた。気温ももちろん推定氷点下。


最寄り駅
小川町駅:JR八高線、東武東上線
明覚駅:JR八高線(無人駅)



①白石峠
峠に至るルートは5つもある。
勝負平経由:
道に迷ったため距離計測ミス。県道から分岐してすぐに、直線の激坂が待ち受ける。推定10~15%。観音山大谷と同じ。それが約4kmの距離つづく。
その後にある三叉路を「七重方面」(右)へ。
(私は間違って左「白石峠方面」へ行ってしまったが、ゴールは同じ場所。)

県道172号:
白石峠のメインルート。小川町や明覚方面から道なりに登ってくると、高篠峠方面へ行ってしまう。「勝負平(七重)」へのスタート地点を過ぎてから、数百mほど走ったところにある分かれ道を右へ。
分かれ道から峠まで、約6km。勾配は8~9%。赤城の後半みたい。


白石峠はただの「交差点」。
ここからさらに2km登ると、堂平山天文台にたどり着く。この2kmは精神的につらい。。。。
天文台にはバイクラックなどがあり自転車歓迎ムードだが、冬季は自販機などスイッチオフ。


②刈場坂峠
県道172号から奥武蔵グリーンラインへ登る林道。
高篠峠方面との分岐部から頂上までは、約6km。
10%弱の勾配が中心。途中に「22%」なんていう表示もあるが一瞬だけ。
もちろん、ガッツリ楽しめる名坂。

③高篠峠
峠は4本の道が集結する十字路。
刈場坂峠との分岐部から約6km。勾配は緩やかで6~8%。舗装がよいので下り専用か。



★★★


来月(4月)から火曜日に濃厚に仕事が入ることになった。
専門学校での講義が去年の5倍になる。まぁ、そのぶんの収入も5倍だと思えば…、というか、そう思わなきゃやってらんないよ。

なので、今のうちに遊んでおく。


………


朝、子供を幼稚園に送り出してから出発。
AM9時50分 高崎駅
f0131183_1984349.jpg


ローカル線に1時間ほど揺られて、AM11時、小川町駅到着。
f0131183_199576.jpg

駅前のローソンで補給してから出発。

10kmほど走って、「白石峠・勝負平」のスタート地点。
f0131183_1992752.jpg

「七重方面」の看板が目印。
看板のむこうには、いきなり10%超の直線が待ち構えている。
こんなおいしい坂が、こんな近くにあるなんて、埼玉の人はとても恵まれてますね。

道そのものは、林道なので、こんな寂しい道。とても静か。怖いくらいに静か。崖に落ちても誰にも気付かれない。
f0131183_1995277.jpg

f0131183_19101060.jpg


ちなみに今日のコスプレは、バロテッリ(リバプール)。
f0131183_19105220.jpg


ヒーヒー言いながら登っていると、三叉路に出た。
標識があり、右が「七重方面」、左が「白石峠」。
当然左へ。
これが間違い。道はどんどん下り坂になり、しばらく走ると県道172号に戻ってしまった。
あれ?

ま、よくわかんないけど、そのまま県道172号を白石峠方面へ登ることにする。
このルートは、さすがに県道だけあって舗装良好。さらに、約200mごとに終点(峠)までの距離が掲示してある。
でも、勾配が10%弱であることは変らない。

…まだ200mしか走ってないのかよ、

と嘆きながら登り、やっと「ゴール」?へ。


白石峠。
白石峠は五叉路。ややこしい。
しかし、そのうち2つ。定峰峠方面へ向かう道は凍結のため通行禁止。
この先に、牧場があるはずなのに。仕方ない。


どこへ行こうか迷っていると、この看板。
f0131183_19113183.jpg

なんだか賑やかそうだ。ここまでが、人恋しくなるくらいに寂しい登り坂だったので、ちょっとのぞいてみよう。
あと2kmも登るのはつらいけど、、、

f0131183_19115029.jpg

このあたりは雪が残る。標高800mを越えているからね。

そして、堂平山天文台に到着。

で、確かに、バイクラックはあるんだけど、、、、
それ以外に何もないんですけど。。。
ていうか、人間が一人もいないし、、、
自動販売機も動いてないし、、。
季節が早かったのでしょうか。

雪が溶けないくらいな気温のうえに、自転車が倒れそうなくらいの風が吹いている。寒い!さびしい!
さっさと写真を撮って、次へ行こう。
f0131183_19122092.jpg

サンシャイン60やスカイツリーが見えるそうです、サンコンさんなら。


白石峠から尾根伝いに高篠峠へ出て、そのまま高篠峠を下り、
「10%前後でガンガン登る」という説明文の刈場坂峠の上り口へ。
刈場坂峠は、宣伝文句のとおりの急坂。
「勝負平」ほどの激坂ではないけれど、長く長く、、、
10%弱で6kmは長いよ…
f0131183_1913454.jpg

f0131183_19131999.jpg

このあたりのコースは、もう説明不要。
舗装良好の林道で、寂しくて、人家など滅多になく、車も通らない。
雪が残っているくらいに寒くて、風が木を揺らす音しか聞こえてこない。

f0131183_1912428.jpg

途中に、こんな表示もありますけどね。
実際はほんの一瞬なので、この標識の場所はむしろラク。ここから先が太腿にビシバシときます。

やっとの思いで、刈場坂峠をクリア。
時刻は午後2時。
風が思い切り冷たく、ついに雪が降ってきた!
寒くて寂しいから、もう帰ろう。

今日はここまで約50km走っているのに、すれ違った車は10台に達していない。交通量が少なくて自転車向けなのはいいんだが、、


粉雪が舞う峠の上から、最寄りの明覚駅まで約10kmを猛ダッシュ。
1時間に1本しか来ない電車に乗り遅れたら悲しいから。
無事に午後2時53分の電車に乗車。5時半に帰宅。

走ったらもちろんビール。これはゆずれない。
f0131183_19133945.jpg

本日の走行距離55km。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-12 19:13 | 本気のサイクリング | Comments(6)  

映画「迷宮カフェ」 平成27年3月11日(水)

映画「迷宮カフェ」 平成27年3月11日(水)


f0131183_22215167.jpg

年末年始ころから、何度か(俳優の方々も来るような)試写会の案内をいただいたのに、多忙でいけず。
3月7日に公開になっても、我慢の日を過ごしていたのですが、今日、やっと映画を見に行ってきました。


で、一言、素晴らしい!に尽きます。

(決して、自画自賛ではありません。ってか、「自画」じゃないし。)


恥ずかしながらも、何度か涙を流してしまった。

映画で泣くなんて、いつ以来だろう?
というか、泣いたことなんてあるのだろうか?(さらば宇宙戦艦ヤマト、とか?)

ストーリーも絶妙な展開で、
前半部分は、なんだか安っぽいドラマのように思わせるのですが、
それらが、ちゃーんと後半で一つになるのです。
こうなってるのか!と感心させられてしまうので、で、余計に涙もろくなるのです。



出演している俳優さんのことなんて、主演の関めぐみさんを含めて、ほとんど知りません。
市川結衣さんという人が有名なの?でも、私にはダレソレ。

角田信朗という名前はどこかで見たことがある、と思ったら、
K1の人なんですね。
すごい筋肉なんだけど、それよりも、驚愕の演技力に脱帽です。

で、そういえば、K1のアンディフグって、白血病で亡くなったんですね。


骨髄移植をテーマにしている、と宣伝されると、なんだか敷居が高く感じてしまうかも。
単純に、人と人のドラマですよ、と思ってみてもらった方がいいでしょうね。


見終わったあとに、優しい気持ちになれる、そんな映画です。


で、涙を誰にも見られたくない、と思っていたら、なんと、、、、

映画館(けやき)の隣の席に、企画者の黒岩さん本人がいらっしゃる!
f0131183_22310100.jpg

平日のこの時刻の、この席に?!
恐いくらいの偶然です。



………


エンドロールには、寄付をいただいた方々の名前が流れます。

「群馬県」のトップには、、、、、(^^)


流れるのが早すぎて、私の動体視力ではよく確認できなかったのですが、

「愛知県」
司法書士事務所ふくい様

のお名前を発見しました。ありがとう!


「エルカミノ」は見つからなかったよ。。。。
もう一度、見てみよう。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-11 22:33 | この本を読め | Comments(0)  

パルコール嬬恋スキー場 平成27年3月7日(土)、8日(日)

パルコール嬬恋スキー場 平成27年3月7日(土)、8日(日)


今シーズン9日目のスキーは、パルコール嬬恋スキー場。
f0131183_14594544.jpg

お隣の万座ががけ崩れのため、その隣の草津が白根山噴火のため、ほぼ営業不能状態。
この周辺でフル稼働できている貴重なスキー場。

初級・中級用の幅広い、長い、平らなバーンの連続。
関東最長という3㎞のゴンドラでロングクルージングが楽しめる。

(と言うけれど、そもそも関東のスキー場って、群馬と栃木くらいですから)


やっと一人で滑れるようになった子供を連れていくには最適なスキー場。
もちろん、ボーダーも多いがゲレンデが広いのでそんなに危険性を感じない。
f0131183_150512.jpg



………


土曜日の午後、仕事が終わってから出発。
渋川・中之条を経由して、休憩を含めて2時間で到着。

天気は小雪。
晴天率の高いスキー場なのだけど、今週末は全国的に不安定。仕方ない。
f0131183_1501779.jpg


ナイター営業はないので、今夜は「遊び」だけ。

小さなゲームコーナーと、卓球だけでも旅行気分の子供たちは満足。
僕は、どんだけ酔っぱらっても、そのまま寝てしまえばいいので、もちろん大満足。


………


8日、日曜日。

朝から家族でスキー、ときどき雪遊び。

基本的に上級者用の斜面はない。私は、それを承知で来ているので、完全に「子守モード」。
雪だるま作ったり、穴掘ったり、、、

昼ころ、気温が上がったためか、霧が出てきた。
f0131183_150315.jpg

f0131183_1504045.jpg

もしかして雲の中?
たぶん、雲の中。
f0131183_1505732.jpg


ストックにつけた鈴の音だけが頼り状態。

万座嬬恋エリアの濃霧は有名。スキー学校の先生がゲレンデ内で遭難したこともあるほどだ。


おやつの頃にはまた晴れてきて、時間いっぱい午後4時までスキー。


ホテルをレイトチェックアウトにしたので午後5時まで部屋で休憩。
夕方、のろのろと出発して、午後7時には前橋到着。便利だね。


………


ちなみに、このスキー場は去年(平成26年)3月末に一度倒産した。
民事再生法を適用し、今シーズンから再出発。

そのため、あちこちで経費削減を感じる。つまり、人件費削減。

ま、どこのスキー場も同じようだから、(プリンスのような一部の例外はあるけれど)遊ばせてもらう方も、そのへんを承知しておかないとね。
そのぶん、ホテルはプリンスよりはかなり安い。そのため若いカップルも多い。
小学生はリフト無料。
子供用の遊具も平均的に充実。
f0131183_1511444.jpg

もちろん、群馬県民として再生されることを期待しますね。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-09 15:01 | 子育てられ | Comments(0)  

ハンドル幅とアダムハンセン 平成27年3月5日(木)

ハンドル幅とアダムハンセン 平成27年3月5日(木)


その前に、

「私が練習をがんばると家族が体調を崩す」
が現在も発動中。

去年にくらべると寒いからなぁ。
隙を見つけてサイクリングしています。


………


3日の火曜日。
山頂は雪が降っていそうな赤城で。
天使(タイヤ)×2
天使(もがき)×1
ポエム(アウター)×1


4日の水曜日。
天気がいいので場所を変えて、箕郷。
f0131183_130684.jpg

天気はいいけど、風もよかったけどね…自転車が止まりそう。。
左から(時計回り)×1 21分00
なかなか20分が切れないけど、そもそも今日の風では無理。


5日の木曜日。
家族の体調不良で練習休み。


………


ハンドル幅を換えたことについて、「有名人」さんからコメントをいただいた。
(有名人さんとは、去年の赤城HCで、年齢別40代で、前橋市民限定にすると1位の人。元競輪選手。72期。)

そのコメントに従い、「アダムハンセン」という選手を調べてみた。

アダムハンセン:
3大ツールを2年連続完走した唯一の選手。(レース数でいうと8連続らしい。)ハンドル幅38cmのロードバイクに乗っている。
彼の影響で、チームメイトも38cmとか40cmのハンドル幅らしい。

アダムハンセンのハンドル幅
(3つめのジロの記事内にハンドル幅の記載あり。)


ということで、ハンドル幅を短くすることは悪くはないらしいので、他にもいろいろ探ってみた。

★短いハンドル幅の短所
横に振りにくいのでダンシングしずらい。その結果、坂を上りにくい。

★短いハンドル幅の長所
空気抵抗が少ない。なぜか速い。


それらをふまえて、、

★私が思う短いハンドル幅の短所
たしかに、自転車を横に振りにくい。
「休むダンシング」がやりにくい。

★私が思う短いハンドル幅の長所
圧倒的にハンドルを引きやすい。
前傾して体重を支えやすい。
「攻めのダンシング」が非常にやりやすい。


要するに、
ヒルクライム目線で考えると、、

★ハンドルを引きやすいので、巡航速度が上がる。シッティングで体を立てて乗りやすくなったので、むしろ坂を上る速さがアップした。走りながら腹筋を使ってる感じがしっかりと伝わってくる。
10%未満の坂をシッティングで上るなら、間違いなくハンドル幅は短いほうがいい。

★前傾ダンシング(御堂筋ダンシングまたは和尚ダンシング)が安定。しかし、エネルギー消費も多くなるので、ヒルクライムでこれをする機会はあまりないかも。10%超の坂で前の選手を追い越すときのみ。


一方、
★休むダンシングは、幅広のハンドルでも苦手だったけど、幅が短くなったら余計に難しくなった。
しかし、「ハンドルを振らずに」と考えたら、、、できるかも!
本来、休むダンシングは、片方のハンドルに体重をかけるようにして「手で自転車をこぐ」ようなもの。その際に自転車を左右に揺らしたほうが走りやすいというが、ハンドル幅を短くしたぶん、体重をかけるけれども自転車を振らなければいい、とすると、なんだかできる気がする。

試行錯誤中。


もうひとつ欠点。
★いつのまにか「踏み足」を使っているらしい。練習後の疲労感が増えた気がする。てことは、実際にレースに出た場合、後半でたれる可能性も…


次の八ヶ岳(4月19日)で答えがでます。
[PR]

by akogarehotel | 2015-03-06 13:02 | 本気のサイクリング | Comments(2)