<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

必殺!大臀筋ダンシングスペシャル 平成27年4月29日(水祝)

必殺!大臀筋ダンシングスペシャル 平成27年4月29日(水祝)


先週のイベントの影響で、ネタがだんだんと二次元化してます。



壁にぶちあたったら考えるんや。
そこで、何かひらめくのが天才ってやつや。
、、、、
、、ひらめいた!!

ほうら、わいは天才や!

(鳴子章吉。弱虫ペダルより。)



………


ツールド八ヶ岳以来、忙しいこともあり、自転車的には最低の1週間だった。

20 月曜日 熱のため練習なし
21 火曜日 熱のため練習なし
22 水曜日 東京へ行ったので練習なし
23 木曜日 仕事忙しすぎで練習なし
24 金曜日 仕事の合間に、ママチャリポエム
25 土曜日 仕事忙しすぎて練習なし
26 日曜日 子供と遊んだので練習なし
27 月曜日  1週間ぶりのロード!


しかし、忙しいながらも、病床にいながらも、

「わいは天才やから」

いろいろと思い悩ませました。
その結果、、、
(先日のタカノさんのコメントから大いにヒントを得て、)
ひらめいた!


必殺技!大臀筋ダンシングスペシャル!



ま、「必殺技」というほどではないけどね、、、、

簡単に言うと、踏み足で大臀筋をしっかり意識してみよう、ということ。
これにより、引き足では速度が出にくいそこそこの坂で、それなりのスピードを出せる。
(詳しくは、後日、舞世徐運先生の解剖学講義にて。)


で、この大臀筋ってのが、むずかしい筋で、いろいろと工夫をしないといけないんだけど、、


27日の月曜日。
1週間ぶりの天使アタック。大殿筋ダンシングスペシャルアタック炸裂。

なんと、

  5分16秒!
 距離2㎞、勾配6%

大ベストタイム更新。
(これまでのベストは5分29秒。去年の今頃は5分55秒。)

半信半疑で大臀筋を意識してみたけど、すごいな、これ。

記念写真。
f0131183_167483.jpg


ただ、まだまだ完成の域には達していない。
大腿四頭筋や下腿の筋を無意識に使ってしまう。大殿筋以外の部位に疲労感が出てしまう。


………


赤城からの帰り道。

あと2週間とちょっとで、あそこに登るんですね。
f0131183_1685716.jpg

どうしよう。。。。

「忙しくて練習できない」とか
「熱が出た」なんて言い訳は、あの渋谷さんには通用しない。
元競輪選手は、理由もへったくれもなく、結果だけが勝負だ。


あと2週間で必殺技を完成させないと、お話にもならない。


………


28日の火曜日。
いろいろあった専門学校の講義ですが、
(学生が授業中に痙攣して倒れたりと、)

専門学校まではジテツウ。
f0131183_16131089.jpg

途中にある国道50号の歩道橋。
去年までは、ここを自転車(ママチャリ)で登りきることができなかった。
折り返しのところで着地していた。
しかし、今年の俺は進化したぜ。
ピカチュウがライチュウくらいに進化したぜ。

初めて登り切った。
これまた記念写真。
f0131183_16132139.jpg

(一応「自転車は降りてわたってください」と書いてないです。)


榛名まであと1か月くらいあればなぁ。。。。
[PR]

by akogarehotel | 2015-04-29 16:19 | 本気のサイクリング | Comments(6)  

「大バディ祭」 平成27年4月26日(日)

「大バディ祭」 平成27年4月26日(日)

大バディ祭へリンク
バディファイトへリンク
オタクっぽいイベントに行ってきました。
f0131183_18165787.jpg


子供 「よしだ!」
吉田 「吉田『さん』だ!」

というCMをご存知でしょうか。
プロレス?格闘技?の吉田という選手が宣伝している「カードゲーム」。
それが「バディファイト」。


「カードゲーム」ってのは進化したトランプか、超絶進化した囲碁将棋みたいなもので、「バディファイト」の場合、おのおの50枚ずつの手持ちのカードを使って、対戦相手に勝てばいい。
「ポケモンカードゲーム」や「妖怪ウォッチカードゲーム」など、その種類は星の数に近いけど、なかでも有名で、そしてルールが簡単なのが、この「バディファイト」でしょうか。


要するに、ゲームだけれども、ゲーセンにも行かず、携帯ゲーム機も使わない。友達同士でムダ話をしながら楽しめる。まさに超絶進化した囲碁将棋だと思いますね。
うちの子供には、DSを与えない。これは最低限の「ルール」。そのかわりに何かを与えないといけない。子供がこんなトランプモドキで満足してくれるなら、それでうれしいのではないでしょうか。
ということで、子供の希望でのイベント参加。

俺?
さすがに、こんなのには興味はない。。。。

だって、「イベント」となると、そのオタク度が爆発するから…


………


f0131183_18171924.jpg

行楽日和の週末。お台場へ。
東京ビッグサイト。
f0131183_1817356.jpg

9時開場の予定だけど、8時にはすでに大行列。
どうやらイベント限定品の購入や、イベント限定対戦、声優イベントなど、彼らにとっては重要なことがたくさんあるらしい。
ネットでは「朝5時半から並べる」とか書いてあった。
うちの子供的には、そこまで熱狂的ではない。でも遅く行くのもなんだか不安なので、8時ごろに到着。


………


「バディファイト」はアニメ化され、放送中。
声優、主題歌を歌う人、作家、そんな人がイベントでは神格化される。
「吉田さん」でさえ、テレビではゴミ扱いなのに、このイベントでは壇上に上がった途端に大声援。
まるで宗教、いや、完璧に宗教。

声優さんが歌を歌えば、、、、、もう、みなさまのご想像におまかせします。
なんで、「彼ら」は「かけ声」があんなにもリズミカルなのでしょう?どこかで練習しているのかな?


登場人物のコスプレさんも多数。
子供向けマンガなので露出は少ないけど、、、
「写真を撮らせてください」とは、恥ずかしくて言えない。
絶対に言えない。


………


イベントの主目的は、単なる「対戦」。

小学生は小学生同士で対戦し、対戦した数だけスタンプを押して、スタンプの数に応じて景品をもらう。

いくらバディファイトが有名とはいえ、うちの子供の交友範囲に一緒に遊べる人はいない。(一応、対象年齢が10歳以上となっていて、うちの子供はまだ10歳未満。)
しかし、ここでは対戦相手が無限。遊び相手に困らない。
時間の許す限り、ひたすら対戦を繰り返していた。

という意味では、まるで囲碁サロン、将棋サロン。
「オタク」っぽい感じのあるフリー雀荘ってことだ。


「親子対戦」もある。
親子同士で対戦すると、これまた「イベント限定カード」がもらえる。
僕と同じ「バカ親」が多数、いらっしゃいました。みなさん、偉いよね。


で、時間の許す限りって、、、、

午前9時から終了時刻の午後4時まで、ひたすら対戦を続けた。
お昼ごはんも食べずに、ずっと。
帰る時刻になっても、
「ごはんいらない、まだ遊びたーーーい!」

そんなにも楽しいんだね。わざわざ来た価値があった。


………


イベントは、もちろん「物販」で大儲けする仕組み。
500円のカードくじとか、1000円以上もする「限定品」があっという間に売り切れる。札束が飛び交っている。

せっかくなので、うちの子供にも、「くじ」を。
1回600円の「カードくじ」
すると、なんと、3等賞!
8等まであるなかでの3等賞。店員さんもビックリの当たりだったが、

『おめでとうございます!
 このファイルのなかのカードをどれでも1枚差し上げます。』


 1枚???

 600円の大当たりで、1枚????

f0131183_1831211.jpg

↑これが、1枚で600円もするカード。
『轟斬ガルガンチュアパニッシャー』
ヤフオクでは2000円くらいするみたい。
もらうカードを選んでいるあいだじゅう、まわりから羨望のまなざしでした。


間違いなく「宗教イベント」。
宗教ってのは、金が動くもんなんだよ。




夕方6時の新幹線で帰宅。
もちろん、自転車に乗っている暇はない。
[PR]

by akogarehotel | 2015-04-27 18:17 | 子育てられ | Comments(2)  

メーヤウ(カレー、東京都新宿区信濃町) 平成27年4月22日(水)

メーヤウ(カレー、東京都新宿区信濃町) 平成27年4月22日(水)


f0131183_18485899.jpg

当ブログに何度か登場しました、銀河系で一番おいしい食べ物を提供してくれるお店です。
日本語的には「カレー屋」に分類されるようです。これは、二郎を「ラーメン屋」と呼ぶようなもんですね、納得いきません。


JR信濃町駅(中央線、総武線)から徒歩3分。
駅前の大通り(外苑東)を北へ(四谷方面)、二つめの信号を右に曲がった地下一階。


そのメーヤウの店長さんが先月、お亡くなりになりました。
享年62歳。

30年前に信濃町駅の目の前に、木造、四畳半ほどという状態でオープンさせた店長さんです。開店直後より行列のできる名店となり、その後の駅前開発に伴い、現在の場所へ移転しました。
私自身はすぐ近くの大学に通っていたこともあり、1週間で3,4回は当たり前。一日のうちに2回なんてのも当然。1日に3杯(昼2杯、夜1杯)なんて食べたり、1週間に8杯(日曜日は休業)ということも記録しました。


さすがに、そこまで通うと、店長さんやその奥様とも顔見知りになりますが、同じような「廃人」が大学には何人も存在しましたね。


その店長さんのすごいところは、お客の注文を全て覚えて、会計になるまで正確に記憶しているということ。行列で並んでいる人に対しても、声が届く範囲なら注文を聞いてしまい、会計を正確にこなしてしまう。
記憶力に自信のある我々が、(食べながら)チャレンジしてみたけれど、3,4人のメニューを記憶するので限界でした。とてもじゃないが、会計の時間まで覚えておくなんて到底不可能。


ところが、店長さんは、それだけでは飽き足らず、
お客同士の会話を「盗み聞き」して、お客の名前を覚えてしまったりする。
名前を名乗ってもいないのに、ある日突然、
『○○さんの会計は、700円です』
なんて言われてビックリした記憶がある。


それらに比べれば、
「私がいつも卵抜きを注文する」
なんてことを記憶するのは店長さんにとっては初級レベル。
通い始めた当初は、毎回「卵抜きをお願いします」と断っていたけれど、
いつの頃からか、何も言わなくとも私のカレーには卵が入ってこなくなった。


そんな店長さんですから、私たちのようなプライドの高い大学生からも尊敬のまなざしを浴びていた。
信濃町の学生から「最も敬愛されていた信濃町の住人」の一人であったことは間違いないと思います。
(わかりやすく例えるなら、三田の学生にとっては、二郎のおっちゃんということ。)



当然、こういう人を「プロ」と呼ぶのでしょうね。



その店長さんが亡くなったと聞いて、なんとか納骨前にと思い、今日、日帰りで東京旅行を決行してきました。
f0131183_18493019.jpg

私が群馬に引っ越してからは、年に数回しか通えなくなった。
また、おそらく病気療養中だったこともあり、店長さんが店にいないことが多くなった。
2年前の11月、「自転車で行った」時(リンクへ)にお会いしたのが最後になってしまった。そのとき、やつれた感じがあったのだが、年をとってふけたのかな、と思っていました。

目をつぶれば、今でも『○○さん、今日は早いですねぇ』なんていう店長さんの「だみ声」が聞こえてきそうです。

ご冥福をお祈りいたします。




………


つづきがもうひとつ。


カレーの後は、落ち着いてコーヒーブレイクでもしよう。
f0131183_18495197.jpg

信濃町駅から徒歩2分の「紺碧」。
駅前右側(書店手前)の路地を東(JR四ッ谷駅方向)へずーっと歩いて、下り坂になる手前の左側、地下一階。

私が大学生だったころに開店したが、
植栽の多い、静かで居心地のよい店だ。
集中して英語の文献を読むには最適な店だが、あまりにも静かなので、ついつい居眠りしてしまうのが困りものだった。


そして今日、約10年ぶりに訪ねてみた。

店に入った瞬間に、店員さんが驚いた顔をして、こう言った。
『大変お久しぶりですね』
まるで幽霊でも見たかのように、目を丸くしてこちらを見ている。

驚きましたね、私も。
名前を名乗ったこともない、学生風情の私のことを覚えていたの?


あちこちに「プロ」がいるんですね。


ごく普通のコーヒーと、ごく普通のトーストだけど、
じんわりとうまかった。
f0131183_1850108.jpg



………


ということで、
午後1時半に新前橋駅を出発して、
午後6時に新前橋駅に帰った。
東京の地面を踏んでたのは、わずかに1時間?
そんな水曜日の午後でした。



ちなみに、ひりゅ君は、メーヤウからも紺碧からも、徒歩5分圏内に住んでいる。うらめしい。
夜ならばアポなしで突撃したのだが。
[PR]

by akogarehotel | 2015-04-23 18:50 | あちこち旅行記 | Comments(9)  

29回 ツールド八ヶ岳 平成27年4月19日(日)

29回 ツールド八ヶ岳 平成27年4月19日(日)

f0131183_135219.jpg

f0131183_135387.jpg

上の写真の説明よりも、まずはお詫びから。

天気予報:晴れ

実際:しっかりと雨


こんな悪天候になってしまい、私が無理矢理誘った方々に本当に申し訳なく思います。
はるかなさん、rosuket師匠、重田サイクルさん、そして、yagitaさんにも。

しかも、レース後のイベントでは、大雨のなか、びしょ濡れで時間待ち。
テントの中で雨をしのいでいるのは、主催者とスタッフ。お客(レース参加者)は皆ずぶぬれ。

じゃんけん大会とか、お客は雨の中。
主催者と、アナウンサーのお姉さんだけが屋根の下。

これじゃ、だめだね。


もっと言うと、

朝、駐車場(千ケ日向)がガラガラなのに『満車』の表示を出してしまい、不便な場所へ案内された人が多数。
とか、
下山用の荷物を預けるバスは、スタートラインよりも山側に待機している。そこへたどり着くためには、スタートラインに並んでいる参加者の群れを突き抜けていかなければならない。
なのに、スタッフは「急いで荷物を預けてください」の一言だけ。
とか、



今年は草津が中止になったおかげで、参加者が50%増加の2800人。
完全にキャパシティを越えてますね。
疑惑の「計測チップのミス」も、参加者増加が原因でしょう。

八ヶ岳が好きなだけに、今回の運営には非常に悲しい思いをさせられました。

雨中のイベントには不満を感じていた人が多数いらっしゃったと思うので、来年、もしも草津が開催されるようなら、八ヶ岳の参加者は1000人をきってしまうのではないでしょうか。


そのへんを含めて、私が誘ってしまった方々に謝りたいです。


日頃から「八ヶ岳をホーム」と宣言している私でさえ、来年は(もし開催されれば)草津に出ようかな?なんて。
(私のホームは、赤城でも箕郷でもなく、八ヶ岳だと思ってます。)


………


で、写真。

レースでゴールした瞬間に、ものすごい寒気。ぶるぶるというよりも、ガチガチと震えた。
体はもちろん痛くてたまらない。

でも、これってレースのせい?
山の上が寒いのも当然?
そう思っていたのだが、、、、

前橋に帰ってビックリの39度の発熱。
自宅で自己中、ではなくて、自己注しました。
インフルエンザ、溶連菌ともに陰性でしたが、

しっかりと同行したはるかなさんとrosuket師匠にうつっていたら、ごめんなさい。
責任とって、うちで対応します。


………



ということで、日記。

(コースの説明などは去年のブログをご参照ください)


18日(土)

前橋を午後3時に出発。
5時に佐久到着。佐久グランドホテル周辺が、意外と都会であることに驚きつつ、洋食店でスパゲッティ。
ビールを我慢して、9時就寝。


19日(日)

4時起床。5時半にホテルを出発。
今から、あの山へ登るわけです。
f0131183_131324100.jpg


6時前に駐車場到着。去年よりは明らかに混雑。
イグアインのコスプレに着替えて、元気にアップ。
(このへんではまだまだ元気だったのに。)
f0131183_13185552.jpg



9時 スタート地点へ
f0131183_13191921.jpg

去年よりもだいぶ気温が高い。
スタート地点で15度。(去年は5度)この気温なら半袖半ズボン。
赤城と同じくファンペルシーのコスプレ。
f0131183_13193513.jpg


f0131183_13195574.jpg

こちらは、スタート前の師匠。
長い距離はとても苦手とのこと。得意なのは、200mダッシュ。100倍しても八ヶ岳のゴールにたどり着けません。

f0131183_13201268.jpg

こちらは、はるかなさん。
自転車を初めて半年。ロードに乗った合計距離がたったの170㎞。しかし、天使、ポエムにママチャリで往復するツワモノ。




9時14分 スタート

時速20㎞以上では番手主張 を原則に、スキー場(15㎞)までは、ひたすらがんばる。
スキー場直前の下りを、1㎞以上、あかの他人にひっぱてもらい、去年よりも早いタイムで通過。

去年 50分
今年 47分
 (目標は42分だったんだけど)


しかし、そこから足が止まった。
今まで抜いた人たちに、おもしろいように抜かれる。ゴボウ抜かれ。
20人以上に抜かされた。
ゴール前の長い下りを意地の時速35㎞で走ったけど、最後の上りだけでさらに2人に抜かれた。。


そして、ゴール。
f0131183_13255360.jpg

体が痛い。ダルイ。
こんなに出し切ったレースは初めてだ。

、と思っていたら、やはりかなりの体調不良だったんだね。
ゴール周辺は雪があるから、当然寒いんだけど、
f0131183_13264028.jpg

それ以上に寒さを感じていたようです。


結果は、

1時間25分
41位(230人中)

去年は1時間28分。
去年よりも早くなっているから、よしとしよう。しかし、自己測定だと1時間23分台だった。
納得いかない。
師匠も自己測定と10分以上も遅く記録されているとか。
いわゆる、実行委員長(パワータグのボス)に嫌われたってことですか?


もしも体調がよかったら、と考えると、来年も八ヶ岳に来ることになるんでしょうね。
[PR]

by akogarehotel | 2015-04-20 13:30 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

練習をがんばると、何かが起こる…  平成27年4月9日(木)

練習をがんばると、何かが起こる…  平成27年4月9日(木)


ジンクス発動。。。。
先週、月曜から木曜まで2部練など、無理矢理敢行したところ、、
やはり、木曜の夜、子供が熱を出した。

ガックリ。

年末にインフルエンザの予防接種をすると、その効果がきれるのがこの時期。
例年、4月にもインフルエンザの流行があるが、今年はやや大きな流行のようです。
といっても、うちの子供がインフルエンザというわけではないですが。


いずれにしろ、十分な練習時間をとるわけにはいかない事実。

そこで登場した秘密兵器(第二弾)。


………


ローラー負荷装置
f0131183_12462666.jpg

モッズローラー専用の「負荷装置」。
3本ローラーの後輪部分とゴムで接続し、回転に負荷を与える。
大きさは10cm四方くらい。小さい。
f0131183_12464711.jpg

接続用のゴムを後輪ローラーにくぐらせておけば、着脱の際にいちいちローラーをはずす必要がない。簡単に取り付け、取り外しができる。
f0131183_1247138.jpg


10段階ほどあるメモリのうちの、軽いほうから2番目で試験走行。
このレベルでも、感覚的には5%から6%くらいの坂を上っている気持ち。気を抜くと、時速16kmとかになってしまうので、ローラーから落ちそうになる。最強のメモリだったら、どうなっちゃうの?
最強のメモリでまわせる人って、プロ?


本来、3本ローラーは回転数(ケイデンス)重視で行うべきものなので、負荷装置は教科書的には正しくない。
しかし、善良で多忙な社会人には、仕方ないんじゃないかな。



子供が熱を出した3日の金曜日から、8日の水曜日まで、この負荷ローラーを回してみた。
メモリ2(感覚5%勾配)で、まずは時速20km維持。
その後、22km、23km、24kmと上げてみた。
ギアはインナー4速固定(34-21=1.84)。
時速25kmを超すと、自転車が著しく不安定になりローラーから飛び出しそうになる。この状態が、おそらくケイデンス120くらい。

初日は4km回してヘトヘト。
しかし、だんだんと距離を伸ばして、8日水曜日は、まず時速22kmで距離15km。その後、インターバルをはさんで距離20kmまで回した。
平均時速20kmとして、無事に「1時間走」完了。

まぁ、しかし、筋力は本当にヘロヘロになる。
太腿がパンパンで、室内を歩くのもメンドクサイし、階段なんて壁のように感じるし。
でも、短時間で練習密度を求めるなら、これしかないでしょうね。



………


ツールド八ヶ岳のスキー場まで、つまりハーフゴールまでは、だいたい、

距離15km、勾配は6%から8%。
ここを平均時速21kmで走れば、41分。

去年の45歳クラスの優勝者は40分で通過。私は50分かかった。

とりあえず、

「スキー場まで死ぬ気で踏む。あとは知らない」作戦でいきましょう。



レースの2週前と3週前が、筋力重視のハードトレーニング。
1週前から調整練習と、整体。
これで、つじつまだけは合いそうです。


………


GW中の4日、5日、6日が「お仕事」に決定。
そのご褒美として、勝手に5月7日(木)は休日。
遊ばさせてもらいます。
f0131183_12473131.jpg

福井へ日帰り。
15年前に住んでいた場所を、あちこち「サイクリング」してくるつもり。
本当に、15年ぶり。楽しみです。

晴れれば、北潟湖、東尋坊、福井競輪場、永平寺、一乗谷朝倉遺跡。。。
雨が降れば、ちょうど開催中の福井競輪F2で一日中、飲んできます。


で、自転車を持ち込むスペースを考えて、奮発して「グランクラス」なんてものにしてみましたが、、、

高い!
こんな値段するの?
ちょっと後悔かも。
[PR]

by akogarehotel | 2015-04-09 12:47 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

競輪ブログ、おまけが八ヶ岳カウントダウン 平成27年4月1日(水)

競輪ブログ、おまけが八ヶ岳カウントダウン 平成27年4月1日(水)



年度末のため?記念競輪もなく、開催数も少なくなってますが、
今週は素晴らしいレースが2つもありましたね、福井と前橋で。
(敬称略で失礼。)


福井競輪F1(3月29、30、31日)
勝たなきゃいけない脇本が、3日間をしのぎきって優勝。
番手選手がついていけない先行力があだとなり、決勝は近畿ひとり。それでもバックから捲って、微差優勝。大きな微差だ。
 →リンク(福井競輪11R)
(31日の火曜日に福井まで行こうかという案があったけど、昨日のブログのとおり、子供優先で過ごすことになった。そのかわりに、5月のF2に行く予定です。もちろん、日帰り。)



前橋競輪F2(3月28,29,30日)

橋本智明(宮城99)A2班、先行、32歳
競輪学校順位79位、競輪学校時代1着回数たったの1回
デビュー戦 1着。
しかし、その後、A級チャレンジ優勝まで初1年半。

こんな「どこにでもいそうな選手」、知ってる?
99期なのに32歳の苦労人。学校でも底辺。デビュー戦をまぐれ勝ちしたけど、初優勝まで1年半かかってる。
そろそろ転職の危機?


ところが、この選手が化けた。
突然、進化した。
いつ?それは知らない。HPでは過去10戦しか成績がないから。

いつのまにか、AチャレンジからA級へ特進。
そして、今回の前橋の直近10戦のうち、決勝進出9回、優勝1回。(もちろん、チャレンジではなく(普通の)特A級。)
A2班なので予選スタートだから、初日はすべて1着。もはや格が違う。
得点は94点。S級相当。


なんで、こんな「不釣合い」な成績と級班なの?
(勉強不足なので私にはわからない)



そんな橋本は当然のように前橋でも決勝進出。
予選1着 HB
準決勝1着 HB
2戦とも先行逃げ切り。


そして決勝戦。
主催者の意図どおりに、徹底先行3人による3分線。
先行選手のBK回数が3人とも10回以上。

関東(埼玉群馬)
8笠松将太(埼玉100)-丸山2(埼玉)-6沼川(群馬)

南関東
7齋藤宗徳(千葉100)-3川口(神奈川)-5石川(静岡)

そして、橋本ライン
4橋本(宮城99)-1岩崎(茨城)-9渡辺(栃木)


橋本だけ、後ろが他人。
しかも、昨日の準決勝で、橋本の番手にいた高谷(青森の有名人)をどかして番手を奪った二人。むしろ敵。
そんなラインだから、いくらなんでも橋本の先行はありえない。
他の先行2人の争いを、あっさり捲って楽勝だろ、それが普通。

ということで、車券↓
f0131183_1217456.jpg


ところが、、、、

ところが、、、(泣)、、

橋本が先行しやがった。
どんだけいい奴なの?
笠松と踏み合いしながら、やっとのことで先行体勢。
ところが、番手が千切れやがって、、、
笠松が番手にはまっちゃった。。。。

この時点で車券はゴミ確定。

のはずが、、、、

ホームでも、バックでも、後が動けない。
最終4コーナー回ったら、むしろ後が離されてる!?


なんと、そのまま逃げ切った!
(番手にはまった笠松は9着。)
2着には9(栃木)が入って、2車複で4700円。

リンク(前橋競輪10R)

1.1.1で優勝。しかも3日ともHBの先行逃げ切り。
マンガレベルの選手だろ、これ?
いや、マンガ以上。だって麟太郎でさえ、こんな勝ち方はしてない。


次の配分はすぐ。週末(4,5,6日)の宇都宮競輪。
500バンクだから今回のようにはいかないか?
高知記念の裏なので、車券が買えないのが残念。


………


ツールド八ヶ岳まで約2週間。(4月19日)

意地で練習時間を捻出。
やけになって練習時間を捻出。

月曜日:昼休み、ローラー20km。夕方、ローラー10km。
  2部練なら、たった10kmでも中身をこめられる。
火曜日:子供と走り回る。
水曜日:ローラー40km(1時間走)。
  レース翌日と同じくらい疲労がたまる。暑くて死にそ。


今週と来週は「意地でも2部練」敢行。
朝練を封印しているので、時間との戦いです。


………


今年度の専門学校の講義時間割が届いた。
f0131183_12185650.jpg

去年よりも講義回数が5倍!になったので、ギチギチな予定。
昼休みが20分で1日7時間のお仕事。まるで、補給食を食べながらのロングライドみたいです。

本当は、本当にロングライドに行きたいんですけどね。
給料も5倍だから、と思って我慢しよう。。。。
[PR]

by akogarehotel | 2015-04-02 12:18 | 競輪ブログ | Comments(1)  

こどもの国(群馬県太田市) 平成27年3月31日(火)

こどもの国(群馬県太田市) 平成27年3月31日(火)


今日は一日中、自転車に乗ってました。


といっても、こんな自転車ですが。
f0131183_1235219.jpg



太田にある「こどもの国」という公園。
f0131183_124896.jpg

入場無料、遊具無料、飲食物持込可能。
お金がかかるとすれば、自転車関係の遊具だけ。それらでさえも、30分100円とか。
食堂のメニューも安いので一人当たり1000円あれば、子供が十分に喜んでくれる。
太田市の税金と『競輪の補助事業』のおかげです。
f0131183_1242793.jpg

前橋からは高速道路で1時間弱。足利や佐野からはもっと近いし、熊谷深谷方面からも便利。


………


今日は、いつものさくらちゃん(仮名、4歳)と、うちの子供二人を連れて、
1対3のマッチング。
朝9時半の開園から、午後5時の閉園時間まで、遊びまわる3人の子供を一人で追いかける。
…西村主審の1試合ぶんくらい走り回ったと思う。。。
それ以上?

へんてこ自転車も3セット(30分を3回)も遊ばされたので、1周200mのコースを20周は走った。自転車というよりも三輪車で。

3月というのに、桜をとおりこして、真夏の気温。
走りながら、汗もびっしょり。
子供たちは、かなり楽しんでくれたようで、帰り道は当然のように爆睡。


私は、とても練習なんてできる余裕はなかったけど、
まぁ、子供が喜んでたからね、不満はない一日。
[PR]

by akogarehotel | 2015-04-01 12:04 | 子育てられ | Comments(0)