<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

栗の木キャンプ場(群馬県渋川市、子持村) 平成27年10月24日(土)

栗の木キャンプ場(群馬県渋川市、子持村) 平成27年10月24日(土)



今年7回目のキャンプ。
子供の幼稚園時代の同級生と一緒、3家族10人で。


赤城山の左にある小さな山が子持ち山。
その麓にあるキャンプ場。
f0131183_1811738.jpg

今回は、うれしいことに自転車参加!

「土曜日は、お父さんだけ仕事があるから、終わったら自転車で行く」

距離は、たかだか25km。
土曜日の午後3時。
「ママチャリでも行ける」くらいの気分で、でも、ロードで出発。
f0131183_182485.jpg

久しぶりの利根川サイクリングロードの大正橋。
(「サイクリングロードなんて危ないから、自転車では走ってはいけない」なんてことは小学生でも常識。)
ここまで16km。残り9km。

サイクリングロードを離れ、国道17号を子持山方面に向かうと、ちょっと勾配が上がってきた。
子持神社直前の運動場前は、実は有名な坂道らしい。
2kmほど、そこそこの坂が続く。勾配は10%くらいかな?と思ってたが、標識を見つけてビックリ。
f0131183_1831426.jpg

平均10%、最大13%ってとこでしょうか。

予想外に汗かいて子持神社へ到着。
f0131183_1833132.jpg


しかし、これで終わりではない。
キャンプ場の直前に、、、、
f0131183_1834982.jpg

キャンプ場への入場路。写真ではわかりにくいが、推定20%で100m。
民家の2階をすぐに飛び越してしまう。


はぁはぁ言いながら、約1時間でキャンプ場へ到着。
f0131183_184873.jpg

キャンプ場からの見晴らしは最高。渋川と前橋の市街地が一望できる。
結構登ったからね。
f0131183_1843059.jpg

目の前は榛名山。いつも見ているものとは形が違う。
f0131183_1844417.jpg


夜は、夜景をバックに花火。
f0131183_18569.jpg

景色とか夜景とか、子供たちは興味がないらしい。


………


栗の木キャンプ場:
新しいけれど小さなキャンプ場。
遊び場がないのが不満。
そのぶん、前橋から近いから(自転車で1時間)、グループで来るのならいいかもしれない。

ただし、実は、放射線事情があまりよくない…


………


日曜日。
帰り道。
国道17号から坂東橋で国体道路経由。路面良好で路肩も広い。

追い風参考ながらも、独走で時速45kmから47kmをキープ。
キャンプ場からグリーンドームまで35分で到着した。平均時速37.5km(信号含む)。
あまりにも爽快だったので、ちょっとスピードを出しすぎました。
[PR]

by akogarehotel | 2015-10-26 18:05 | 子育てられ | Comments(0)  

私の処方:グリーンドーム 平成27年10月17日(土)

私の処方:グリーンドーム 平成27年10月17日(土)


f0131183_17444298.jpg

ちょっと日付が古い。
忙しくて、あげている暇がない、というか、忙しすぎる…
何が忙しいのかわからないくらいに忙しい。こうなると、何かに八つ当たりして爆発しそうだが、、、、
それを抑えてくれる、精神安定剤みたいなもの、それがグリーンドーム。


ここで走らせてもらえば、すべてを忘れられる。
楽しくて仕方ない。
f0131183_17433960.jpg



………


土曜日。
rosuket師匠のご尽力により、輪友会が、あのパナマレッズと合同練習。

パナマレッズは、おそらく群馬県で一番有名で、最も多くの実力者を抱えるアマチュア自転車チーム。
群馬グリフィンというプロチームに移籍した中井ユウサクくんも所属。
そのパナマレッズのまとめ役の渋谷さん(72期)と師匠とのつながりで、今回の合同練習が実現した。


ありがとうございます。こんな素晴らしいバンクを走れるだけで幸せです。


………


まずは、1000mタイムトライアル。ドームを3周。
1分19秒80
ベスト更新。さらに初の20秒切り。
でも本当は、走りながらも絶不調で、結果を聞きたくもなかったんだけど、
ディスクホイールとギア(初の3.57)のおかげですね。


次は、初体験の200mFD(フライングダッシュ)。
2コーナーのバンク最上段から、一気に駆け下りて、半周のタイムを計測。
 こわい。
3コーナーに突っ込むときの速度は、この私でさえも時速60km越えている。そのまま速度を落とさずにカーブを曲がるので、ものすごい重力を受ける。
上半身で押さえきれないと転んでしまう。
どうしてもしり込みしてしまう。

タイムは12秒6。

意外と速かった。これもディスクのおかげ。


★★★


合同練習のため、ご高名な方々とお話し。


中井ユウサクくん:プロチーム群馬グリフィンのメンバー(前述)
 『踏み足とか引き足とか全然考えていません。ただ回すだけ。アタックするときは踏みますかね。大臀筋とかハムストリングとかよく知りません。』

 …われわれのような凡人とは、生きている世界が違うようです。


石川監督:元選手。石川雅望選手のお父さん。群馬ピストチームの統括役。
 『あなたは足が長いねぇ』
  …はい、照れます。
 『でも、サドルが高すぎて、後すぎる。前に出して、ハンドルを「送って」おきます。』
と言って、ガチャガチャと動かしてくれた。
いつもはプロ選手を担当している人なので、、、ただただ恐縮。


お二人の共通意見は、
「下死点でも足が伸びきらない」


でも、その状態では大臀筋を使いずらいので、大腿四頭筋がすぐに疲れてしまう。
だから立ち上がる。
ダンシングしながら、足を伸ばしきって踏むことにより、大臀筋を発動させる。

ダンシングしながら半周くらい駆けろ、ってことだ。
(千葉の近藤選手のように最終4コーナーでも腰をあげてる選手がいるし。)


ということで、ひたすら「半周ダンシング」の練習をしてみました。
当然、
 上腕二頭筋と上腕三頭筋が泣いています。。。



自転車って、本当におもしろい。
[PR]

by akogarehotel | 2015-10-22 17:44 | 本気のサイクリング | Comments(3)  

お久しぶりのWCCF 平成27年10月19日(月)

お久しぶりのWCCF 平成27年10月19日(月)


ほぼ引退している感じのWCCFです。

だって、
リバプールが出ないし、
ボカも出ないし、
ファンペルシーはトルコへ行っちゃったし、
というか、ゲームそのものが、、、、

これまでひたすら全白を続けてきた理由は、
パラ無関係の壊れカードを見つけることが楽しみだったんだけど、
バージョンアップのたびに、どんどん下方修正されて、、、
アドリアーノ、チアゴモッタ、マルコルベン、ビアトリ、スケロット、、、
完璧に「燃えるゴミ」。

極端な言い方をすれば、今は、
『どのカードを使っても同じ』

かなり極端ですけどね。
でも、これまでの白カードの力量差が、1から1000まであったとすると、
現在の白カードでは、1から100くらい。
これだと「カードごとの差がない」って感じて当たり前。


というか、ゲームを始めて最初のワンプレイで試合結果が見えてしまう。

右サイドボタンしか点灯してないのに、パスが左へ左へ流れていくとか、
独走で抜けた後のシュートがバーにあたるとか、
「得意の左!」という実況が入ったのに、枠の外とか、
敵のサイド突破をDF3人がかりでも止められないとか、
こんなのは典型的な「負け試合」なので、ジュースを買いに行く。

対して、
無理な姿勢から撃ったシュートが弾丸シュートになるとか、
敵のコーナーキックを青ボタンを押さずにセーブできるとか、
こうなると勝ち試合なので、アイスを買いに行く。


ま、サッカーなんてそんなものだから、
ザスパがミランに勝てるわけないんだから、そんなの試合を開始するまでもなく分かっているんだから、、、
このゲームを開発する人も頭を悩ましているんでしょうね。

でも、結果的につまらないんだから、仕方ないね。


………


そんな文句を言いながらもWCCFをする理由は、他に面白いゲームがないから。
「絆」はもはや職業プレイヤー以外は立ち入り禁止だし、
音ゲーは年齢制限があるし、
ドラムだけは、と思ったらマトリクスから撤去されてしまったし、

ゲーセンが不景気な理由は、ゲーム開発会社が不景気だからでしょうね。

仕事帰りにネオンに誘われる虫のように、ふらっと立ち寄って、でも結局、遊ぶゲームがWCCFしかない。
、という日常。


………


そんな近況で、WCCFネタを2つ。

使途不明といわれるキャンペーン賞品の「ゴム」。
カード16枚では、スカスカすぎる。
子供の「バディファイト50枚デッキ」でもスカスカ。
いったい、どんなものを想定しているのかと思ったが、
f0131183_12591987.jpg

デッキケースの蓋をとめるためのものだったんですね。

じゃぁ、そもそも蓋が簡単に開いてしまわないように工夫しろよ、ってね。

とりあえず、記念に2つもらっておきました。


………


もうひとつ。
一部の「コレクター」「チェルシーファン」「白いの好き」なお友達の方へ、謝罪つきのネタ。


一ヶ月くらい前のことですが、実は、「しろぐば」が当選しました。
エクストラキャンペーン12弾です。

10口程度しか応募できなかったので、期待せずに忘れていたのですが、
ある日、まるで「いたずら手紙」のような差出人不明の手紙が届いて、
で、中身を見たら、セガさんからでした。

しかし、その日はちょうど都内へ出かける日。
なので、未開封のまま秋葉原へ。
たまたまマロンが閉店だったので、駅前の「黄色い潜水艦」へ。
別の店では、初日なので値段がつかない、と言って断られましたが、
潜水艦では、1万円とのこと。もちろん、即売。


白ドログバは、浜貞(神田)の鯵に進化しました。
動いている鯵の刺身だぜ。骨はから揚げだぜ。
お通しのエビが、皿の上で飛び跳ねてる店だぜ。

→浜貞の記事へリンク
[PR]

by akogarehotel | 2015-10-19 12:59 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

塩沢峠 平成27年10月13日(火)

塩沢峠 平成27年10月13日(火)


まとめアップの「その2」

f0131183_1844848.jpg

↑これは神流湖(下久保ダム)。塩沢峠はまだまだ先。


塩沢峠(群馬県神流町)【激坂】
 →リンクへ
御巣鷹山へ向かう国道462号を神流町役場近くの神社から右折。
御荷鉾林道(みかぼ)までの8km。たったの8kmで平均勾配は9%。
中間付近の1.5km区間では平均勾配12%。
そのうちの後半500mは平均勾配16%。
さらにその最後の100mは勾配25%。
道というより、モトクロスコースか、滑り台か。

JR八高線の丹荘駅から30km。近くにある「塩ノ沢峠」とは別物。


………


先日のミーハー宴会のときに、
11月1日(日)に塩沢峠へ行こう、と話が持ち上がった。
(朝6時に新前橋、朝7時半に鬼石界隈を出発。ご希望のかたは連絡いただければ詳細な日程をお知らせします。)
そのため、はるかなさんの「予行演習」を兼ねて、下見に行ってきた。


JR八高線の丹荘駅(たんしょう)までは輪行。
丹荘駅からは、国道462号をひたすら西へ。
国道462は御巣鷹山に向かう道。舗装がものすごく綺麗なのに、さらに舗装改良工事を行っている。さすが中曽根領。
小さなトンネルが4つあるけど、神流湖畔を走るとても爽快な道。

約30km走ると神流町役場。その先500mくらいのところにある神社。
ここを右折して、塩沢峠に突入。

ここまですんなり走ってきた「赤城ヒルクライム入賞者」のはるかなさんも、ここからは本気緊張モード。(ここまでも本気?)
f0131183_18443947.jpg


10%前後の道を3km走ると、ゲートが出現する。
f0131183_18445943.jpg

ここから先が激坂区間。20%前後の坂がバシバシと出現する。

さすがのはるかなさんも、そろそろ限界。危ないので歩いてもらいます。
f0131183_18452174.jpg

↑勾配は25%くらい。

激坂区間のあとも、10%から15%の坂が約4km残ってる。
それを乗り越えると、めでたく塩沢峠のゴール。
f0131183_18454253.jpg

あまり景色はよくないが、そこそこ高いところに登ったのは分かる。
f0131183_1846225.jpg



帰り道は迂回。
塩沢峠を下るのは危険すぎるので御荷鉾林道へ。
ゆるい下りで鬼石まで直行できる。


塩沢峠でちょっと歩いたはるかなさんも、なんだかんだと着いてきて、無事にゴールできた。
本日の走行距離は70km。
ビールがうまい距離。


………


鬼石の手前に「諸松」という集落を抜ける横道がある。
この道が、推定15%~20%で2kmつづく超激坂。途中に平坦部分がほとんどないから、着地したら「スタートへ戻る」になる。
まだ一度もチャレンジしたことがない。次回、当たって砕けてみよう。
[PR]

by akogarehotel | 2015-10-15 18:46 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

英検のち富士山  平成27年10月11日(日)

英検のち富士山  平成27年10月11日(日)



f0131183_12415990.jpg

忙しかったので、まとめて更新。
「その1」は、他人には全く面白くはないだろう子供日記。


まず日曜日。
今年の夏から通っている英語塾「Mなんとか学院」の方針で、英検4級を受けることになった。
シンジラレナーーイ。
f0131183_12421983.jpg

「This is a pen.」すら訳せないし、曜日を英語で言えないし、
「前置詞」って何?とか言うし、

塾の営利目的がミエミエ。
しかも、塾の宿題が、
『この単語(60個)を3日後までに覚えてきなさい』
とか。。。
こんなむだな勉強してたら英語を嫌いになるから、むしろ塾なんかいかないほうがいいのだが、、前橋には選択肢がないから。


英語ってものは、「公文」のような「軍隊方針」でいい。
ひたすら同じ練習を繰り返して、体にたたきこめばいい。
ただし、繰り返すのは「文章」。バラの単語ではダメ。文章の音読を呪文のように、ひたすら繰り返せば、自然に話せるようになるよ。


時間があれば、僕自身が教えたいけど、本職の仕事があるし。。


と、「将来、予備校の先生になりたい」と思っていて、大学時代に時給5000円の家庭教師をしていた私の個人的なツブヤキ。


………


そんな状態での4級受験。
親は何も期待せず、待ち時間に受験会場(共愛学園)の周辺を散歩。

なんと、徒歩数分でここ。
f0131183_12424571.jpg

受験結果より、レース結果。
顔より、太もも。


★★★


英検の後は、ご褒美的に遊園地へ。

前橋からガラガラの高速道路を通り、2時間で到着。
f0131183_12414157.jpg

富士急ハイランド

「ふじやま」「どどんぱ」などの絶叫ジェットコースターと、トーマスランドで有名。2年前にはセカイノオワリのコンサートも開催されたり、テレビ番組の「逃走中」の収録もあり、子供たちにも名の知れた遊園地。

f0131183_1243335.jpg

↑これは最近できたばかりの「鉄骨番長」というアトラクション。
これって医学的に大丈夫なの?


小学生と一緒なので、絶叫系は遠慮。
子供でも楽しめる乗り物で1日半を過ごした。
f0131183_12432691.jpg

小さなジェットコースターや、バイキング、空中自転車などで遊び、あっという間に時間が過ぎる。
トーマスランドには立体迷路が新設されてる。
f0131183_12434521.jpg



帰りは中央道の大渋滞で、たっぷり4時間以上かかったけど、楽しかったので満足。
八ヶ岳、沖縄、北海道を追い越して、子供たちの「また行きたい場所リスト」の筆頭に上がりましたね。


最後は、「絶望要塞2」というアトラクションの記念写真。
f0131183_12442250.jpg

大笑いしたくなる写真だけど、大人でもハマるアトラクションです。リピーター多数。

(ちなみに、富士急ハイランドから、激坂で有名なあざみラインまでは自転車で30分弱の距離です。)
[PR]

by akogarehotel | 2015-10-15 12:44 | 子育てられ | Comments(0)  

「ミーハー」競輪ブログ 平成27年10月2日(金)

「ミーハー」競輪ブログ 平成27年10月2日(金)



群馬アリーナから見る榛名山。
(群馬アリーナは、利根川サイクリングロードの「よしおか温泉」のちょうど対岸にあります。)
f0131183_18215582.jpg



「ミーハー」なんていう死語を知らない人がいるんじゃないかという不安はさておき、
私自身は、恥ずかしながら「ミーハー」だと自覚。


小学生のとき、後楽園球場のトイレで、隣に巨人の選手がいたときはとても興奮したし、
大学生のとき、桜井章一、片山まさゆき、馬場裕一と麻雀をしたいために、わざわざ電車に乗って出かけたし、
大人になって、ファンペルシーの2万円のTシャツを当然のように買ったり、
そして、市田を追いかけるし、、、。



ま、何が言いたいかというと、

『競輪ファンは、競輪選手が思っている以上に、競輪と競輪選手が好き』


………


ということで、10月2日(金)の飲み会のお話。

「赤城ヒルクライムお祝い会と慰労会」

はるかなさんの年代別女子8位入賞のお祝いと、
rosuketさん、ウチダさん、ヒロサワさんのお疲れ会。
  「おめでとうございます!」


で、そんな宴会に、赤城ヒルクライムに出走していない人間が3人参加。
↓この3人
f0131183_18221745.jpg

私と「会長」と「店長」さん。
(ご本人の許可を確認していないので、仮名。写真は適当にボケているので許してください。)

お二人とも、元競輪選手。「自転車練習の顧問」として、宴会にお誘いしたわけですが、、、
本音は、単純に、一緒に飲みたいから、です。

だって、私が「ミーハー」だから。
どんな別件であろうと、一緒に飲む理由さえあればいいんです。そして、楽しいんです。


競輪選手に限らず、プロのスポーツ選手は本当に偉いと思う。
分かりやすく言うと、前橋商業の水球部OBは全員偉い。

あんな練習は一般人には無理無理無理…
それをこなして、お金を稼いでいるんだから、本当に尊敬しちゃいます。
本当ならば、正座して背筋を伸ばして宴会を迎えなきゃいけないと思います。
が、

「会長」の前で背筋を伸ばしたことは、初対面の日だけだったか…

ま、そんなことはどうでもいいんです。

「気持ち」を持っている人と呑むのは、楽しいんです。


だから、飲み放題で、私はいつの間にか「二人でワイン3本」状態で、、
rosuketさんは、いつものように「帰り際の記憶喪失」で、
はるかなさんは、、、、、(自主規制)、、、。


「お疲れ様でした」


………

そんなわけだから、松戸オールスター競輪のときに、選手の提供品のオークションとか、無茶苦茶楽しいわけですよ。
中村選手とか根田選手とかのピストがオークションに出されたわけで、、、その場にいたら、当然10万からなわけですよ。

同日に西武園競輪場でも選手会のイベント。
はるかなさんが参加して、なんと選手から指導を受けて、

 「三本ローラーに乗れるようになった!」

と喜んでる。
そんなレッスンが無料で受けられるなんて信じられないわけですよ。



…なんで、前橋は何もやんないの?



10月6日(火)にあるって?
たしかにグリーンドームで「素人自転車大会」というイベントがあるのですが、、、平日に、、

もう「素人」は卒業したつもりなので。。。。


………


トライアスロンが一段落したので、水泳とランの練習をやめた。
そしたら、、、あっという間に、、、筋肉が落ちた。
肩(水泳)と腹筋(ラン)が悲しい外観になってきた。。。。


ということで、練習内容の変更。水泳とランの練習も続けましょう。

 スイム :週1回。パドル、プル重視。
 ラン  :週1回。ランニングマシーン5km。
 バイク :週5回。負荷装置45分。大臀筋重視。

まともな社会人としては、これくらいが限界と思います。


ということで、写真は土曜日の群馬アリーナ。
二日酔いの師匠とはるかなさんと、スポーツ本能が目覚め始めているみねさんと一緒に。
f0131183_18183531.jpg

ランニングマシーンを時速14㎞で距離4㎞、さらに時速15㎞で距離1㎞。
十分に死ねます。
[PR]

by akogarehotel | 2015-10-05 18:29 | 競輪ブログ | Comments(0)