<   2017年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

1983. 休学旅行 平成29年1月7日(土)

休学旅行 平成29年1月7日(土)



みねさんに触発されて、あの頃のことを思い出す。


その前に、

あちこち旅行記:旅行記へリンク



………



大学受験を前にして、僕と両親の会話。


両親 『 医学部以外へ合格しても学費は払わない。 』

私 「 わかりました。 」


両親 『 現役で合格して、留年せずに卒業したら、そのとき1年間遊べばいい。 』

私 「 わかりました。 」



………



親のスネはかじるためにある。

実は、農学部志望(理IIか北海道)だった私は、あっさりと医学部受験。


まぐれで現役合格して、奇跡的に留年せずに、5年生になった。

医学部は6年制だが、私の大学では、5年から6年への壁はない。全員が進級できる。また、卒業試験もない。全員が卒業できる。

5年生になった時点で卒業が決定。



さぁ、約束を守ってもらおう。

 「 1年間、遊ばせろ 」

と、両親に言ったら、予想通りの

 『 そんなことを言った覚えはない。 』


もうスネをかじらなくてもいいので、そんな言葉は無視する。

翌日、大学の学生部へ休学届けを提出しに行った。

すると、これは予想外の「ちょっと待ったコール」。


まさか学校側が休学に対して文句を言うとは思わなかった。学費を払いながら、学校に行かないのだから、学校丸儲けじゃん?と想像していた若かりし自分。

休学は学校評価に対してマイナスのようだ。


学生部から教務へ連れて行かれ、偉い人から将来の希望入局先を聞かれた。

 「 法医学です。 」


当時の法医学助教授が前橋高校の先輩で、その先生のところに学生時代から何度も遊びに行き、一緒に都内の警察署も巡回したり、死体の解剖もお付き合いしていた。(お手伝いではなく、お付き合い。)


教務の人 『 では法医学教授の意見を聞きに行こう。 』

ということで、法医学教授室へ連行された。


当時の教授は柳田先生という有名人。日本の法医学界ツートップのうちの一人。

 (著書「死に方がわからない」。法医学の人って、みんな本を書きたがるんです。)

ただし、肩書きに比べると、ものすごーーく温和な人。常に目を閉じて笑顔。


教授 『 休学なんかしないで、一年でも早く仕事を始めてください。 』


利害関係しか尊重しない私。

将来の上司に言われたら、2秒で返事。

 「 御意 」



………



こうして、あっさりと日本一周の夢は潰えて、残ったものは、

・放浪欲

・法医学へのわだかまり

・旅行用の貯金



その放浪欲が、現在の自転車一人旅になっているわけですが、

貯金は、6年生のあいだに、フリー雀荘に寄付してきた。


で、結局のところ、法医学には入局せず、内科に入ってしまったので、


 休学しておけばよかった!

と今でも後悔中。



………



(まだ続くよ)


休学旅行の目的は、世界を見ること。

自分の知らない現実が、世の中にはたくさんあるはずだよ。

国内なら休学しなくても旅行はできる。

6年生のときに一日だけ、「旅行」した。



行き先は、将来、もっとも住んでみたかった町。

…越後湯沢


苗場、石内、神立など上越スキーエリアの中心にある町。

当時、上越新幹線が開通してから5,6年。ガーラ湯沢駅が新設され、まさにスノーリゾートの中心地となりつつある(はずだった)町。

スキーをしながら、テキトーに仕事する人生って、幸せだよなー。

とおバカ大学生な私は、甘く考えていた。



その昔の越後湯沢。

小学生のころ、親に連れられて何度も来たときは、家族連れでにぎわっていた。

高校のとき、中学の同級生とスキーに来たときも、大混雑の繁華街だった。

大学1年のとき、高校の同級生とスキーに来たときも、まさにリゾート地だった。



しかし、大学6年のこのとき。もう雪が消えた5月の平日の越後湯沢駅。


まるで何もない。

いや、建物はある。でも人影がない。誰もいない。

1時間ほど、あてもなく散歩した。上越線の線路から国道17号界隈を。

なんども来たことのある、よく知った町だが、それは街路区画だけ。

こんなにさびしい雰囲気は初めてだった。


過疎とか、言葉はどうでもいい。

町は変わる、世の中は変わっていく、そんな風に感じていた気がする。



交番で暇そうにしている警察さんに尋ねてみた。

私 「 このあたりに塾はありますか? 」

巡査さん 『 そんなものないねぇ、この町には。 』



2,3時間の滞在で、笹団子だけ買って、東京へ日帰り。

これが私の「休学旅行」でした。

わずかながらも、知らなかった現実を見ることができて、今でも役に立っていると思います。

「旅行」は大事だよ。





[PR]

by akogarehotel | 2017-01-07 13:50 | あちこち旅行記 | Comments(4)  

1982. 三国志大戦日記 平成29年1月6日(金)

三国志大戦日記 平成29年1月6日(金)



どう考えても、オンデマンド印刷が不評、不満、不十分。



★オンデマンド印刷

筐体がカードを印刷して排出する画期的な方法。


言い換えると、

カードショップが得ていたはずの利益をゲームメーカーが奪ってしまう極悪な方法。


その理由は、

獲得した本人しか、そのカードを利用できない。

レアカードを獲得するためには、ひたすらプレイしないといけない。


三国志大戦にはトレード機能がある、とはいえ、、、

・自分が欲しいカードは他人も欲しい

・同じレアリティのカードでないとトレードできない

・ゲーセンで生活している人間に友人がいるか?

結局のところ、「自分で引くしかない」。



でもさ、こんだけWCCFに献金している俺でも、クリロナを引いたことがないぞ。

(それはそれで異常)

クリロナ引くまでプレイしろと言われたら、、、、逆にあきらめる。



そんな運の悪い人のために、

1万円プレイすると好きなカードを1枚」

という機能がある。

世の中、すべて金で解決というわけだが、金額も問題だけど、


不本意なカードを使って、1万円ぶんプレイすること自体が、ものすごくつまらない。



オンデマンド印刷では、画像の質が落ちるという副作用があるのだから、

今までのように、通常排出にして、欲しいカードはカードショップで買えるようにしてくれればいいのに。

そこまでして、カードショップをつぶそうと考えているんですかね、メーカーさんは。

共存共栄じゃないのかなぁ?



………



前作から引き続き、使ってみたいデッキは、

 白馬こうそんさん

 神速張遼

 シバイ

 さじ

 華雄

 呂布

 毒李儒

 攻城兵


7000円プレイした現時点で、1枚も引いてない。。。

というか、いまだにスターター(魏)のまま。

そろそろ飽きてきたよ、曹操に頼るのも。



SR孔明がダブったので、トレード機能でSR張遼を申請してみた。

どうなるだろう?

ただし、馬武将を曹操しか持っていないという事実。。。






[PR]

by akogarehotel | 2017-01-06 19:19 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(2)  

1981. 志賀高原焼額山スキー場 平成29年1月1日(日)

志賀高原焼額山スキー場 平成29年1月1日(日)



あけましておめでとうございます

f0131183_18484679.jpg

年末31日に夜勤だったため、今年のお正月は近いところへ。


志賀高原スキー場。

個人的には、国内最高のスキー場。

雪質、コース幅、コース種類、リフトゴンドラ、全ての設定が最高値です。そりゃ、オリンピックを開催した場所ですからね。


しかし、宿泊施設は悲しい状態。

スキーバブル時代の詰め込みホテルのまま。狭い、ゴミゴミしている、遊興施設がない。


でも、それって、「スキーが大好きな人」にはどうでもいいことですよね?

スキーさえできれば、それでいい、という人が集まる場所。それが志賀高原。



………



30年前、大学の体育の授業で初めて来た。

大学は都内にあるが、選択式で「スキー合宿」を選ぶことができる。

さすが金持ち大学だな、と思ったが、300人くらいが参加して、合宿所風の畳部屋にザコ寝。

楽しかったことには間違いない。



………



みんなが知っているロードバイクの聖地「渋峠」も志賀高原スキー場の一部。

標高2100m


道路は当然カチンコチン。そのため、「タイヤチェーン必須」。

4輪駆動以外は、チェーンを装着していないと、スタッドレスでも通行禁止。検問所で止められてしまう。


志賀白馬妙高あたりへ、チェーンを持たずにスキーに行くなんて信じられないのですが、

たまに、信じられない車が検問で止められてます。一応、近くで販売しているらしいけど、自分で用意しておくべきだ。

ちなみに、チェーンを持たずに突入して登れなくなって、レッカー車で強制送還されている車に遭遇した。迷惑だね。



そのためか、意外にも外人率が低かった。

その反動か、関西人率が異様に高かった。



★★★



1231

仕事をしながら年越しを迎えたのは15年ぶり。

前回は「2000年問題」で病院待機。2000年の正月と、2001年の正月以来。

そもそも、研修医のころは、ほぼ毎年、11日は絶賛勤務中でしたけどね。唯一、休日をもらえた年は、フリー雀荘で新年を迎えた記憶。



1月1日。

0時までの仕事を終えて、吉野家へ。ちょっと恥ずかしい。

帰宅して眠ったのは、AM2時。(リバプールの試合を生放送してるし…)


AM7時、自宅を出発。

AM10時、志賀高原到着。渋滞が全くなく、チェーン装着を含めて3時間。近い!

絶好の天気なので、すぐ滑り始めた。

f0131183_18483262.jpg



上信越エリアのスキー場で「晴れ」は本当に珍しい。貴重な晴れ。

f0131183_18502348.jpg

子供二人は、そこそこ上達してくれた。焼額山のゴンドラを怖がらずに降りてくる。

おかげで、勝手に滑らせておけばいい。ずいぶんとラクになった。

f0131183_18480984.jpg

子供たちを妻に預けて、一人だけ上級コースへ。

一之瀬正面の最上部。30度弱の1枚バーン。なかなかあるものではない。

「おれって、うまくね?」と鼻を高くして滑ってたら、ちょっと転倒。恥ずかしい。

そのあとから、なんだか胸が痛い。(結果は後述。)



………



宿泊はプリンス。

プリンスといっても、志賀高原は別格。「ビジネスホテルより狭い」とか口コミ。

f0131183_18482051.jpg

6畳の空間にベッド4つ。部屋には風呂なし。

これはこれで、合宿みたいで楽しい。



………



1月3日。天気は雪。


昼過ぎに志賀高原を出発。

なぜか渋滞がなく、チェーンをはずす時間を含めて3時間で前橋へ。

便利!


片道3時間で最高のゲレンデに行けるのなら、日帰りでもいい。

でも、問題は天候。こんなに晴れることは、通常ありえない。

天気予報をにらみながら、また行きたい。



………



1月5日の病状。

自己診断は肋骨骨折。転んだときに、ストックか何かで胸を押してしまったらしい。

ま、笑いとばしてOK

f0131183_18511951.jpg

自転車には乗れるので、何も問題ない。






[PR]

by akogarehotel | 2017-01-05 18:47 | 子育てられ | Comments(10)  

1980. 前橋高校水球部OB新年会 平成29年1月3日(火)

前橋高校水球部OB新年会 平成29年1月3日(火)


(完全な内輪ネタ。個人的なメモ。新年関係の記事は明日以降に。)


12月31日、夜12時まで夜間診療所勤務。11時59分に来たお客さんにムカつきながら。
1月1日、朝7時に自宅を出発して、志賀高原へ。
1月2日、志賀高原。
1月3日、志賀高原から帰宅して、子供を寝かしつけてから、新年会へ。21時到着。


前橋高校水球部卒業生の新年会。
20代のOBの声掛けだったので、あえて僕の周辺にはお伝えしてありません。ごめんね。
僕が最年長。その次は10年以上も年齢が下がるので、知らない人ばかりだと思うので。

10人以上の参加者。話題は当然、水球のことかと思うと、そうでもない。
価値観が似ている人間の集まりなので、水球以外のことでも話題がつきない。
そのうちのいくつか、というか、そのうちの何人かのこと。
素晴らしい後輩のうちの、何人かのこと。


………


1人目。O君。卒業後6年?
某大学医学部の彼は、大学を1年間休学して、インドへ旅行してきたという。

偉い!

おそらく、言葉で表せないくらいの経験を得てきたはず。
卒業したら時間があるわけない。今のうちにというタイミングも最高。素晴らしい先見の明。
僕自身も、同じく、大学在学中に1年間休学して日本一周を企てたことがあるが、入局予定の教授から「絶対ダメ」と言われて、中止した。親だけの反対なら突っぱねるつもりだったが、将来の上司と悪い関係になるわけにはいかず、あっさりとあきらめた。
O君も同じく、親と学校から反対されたが、それを押し切って旅行に出かけたという。

偉い!

担当の教授から、さんざんイヤミを言われたというが、その教授が、某DERM科のI教授と聞いて禿しく納得。
患者さんの容態よりも教授選挙のほうが気になる人間として、有名なお方だ。
そんな教授との関係なんて無視して大正解。
その実行力とタイミングが、本当に称賛。将来が楽しみだよね。今のうちに仲良くしておきましょう。


………


2人目。A君。卒業後7,8年?
大学時代は水泳部キャプテンで、社会人になってからトライアスロンをやっていると噂には聞いていたのだが、

平泳ぎが専門の奴に、水泳の長距離はわかるはずがない。
そもそも、俺より若いやつに自転車で負けるつもりはない。

と、小せぇことを思っていたのだが、、

なんと、トライアスロンではなく、”アイアンマン”だって!?

スイム 3.8㎞
バイク 180㎞
ラン 42.195㎞
を、わざわざ台湾まで行って完走してきたって!?

ランのフルマラソンとか、アリエンだろ、これ。
バイクは6時間ちょいで走ったそうで、平均時速30㎞。
トライアスロンはドラフト(ライン走行)禁止なので、これは一般人には驚異的な数字。
しかも、『お金がないからDHバーは買ってない』と。
それくらい、俺が買ってあげるよ。


もちろん、今秋のトライアスロンで対戦を約束した。
ハルヒルも誘ったが、『平地はいくらでも走れるけど、山は無理』だそうだ。
人それぞれ、ってことですね。
俺は、平地は無理!

『榛名湖は参加しない』というのが師匠(医師)からの教えだそうで、その辺も価値観共通。

いいね!


………


今年は、ハルヒルでセコ君とガチ勝負で、トライアスロン(群馬または真岡)でA君他と対決。
練習意欲はあるけど、練習時間があるのかというと…




[PR]

by akogarehotel | 2017-01-04 02:15 | ただの日常日記 | Comments(5)