<   2017年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

1997. 箕郷練習、誰の? 平成29年2月5日(日)

箕郷練習、誰の? 平成29年2月5日(日)



自転車乗りには有名な箕郷周回コースと「みさと食堂」。


「みさと食堂」。

(美沙都と表記する?マルエドラッグ高崎箕郷店の目の前。)

食堂に隣接して卓球場がある。食堂のご主人が、かなりの卓球選手だそうで、食堂経営のかたわら、卓球教室を開いている。

ということで、日曜日は箕郷で長男の卓球練習。


 卓球 → トンカツ のコンボ



………



せっかく箕郷まで行くのなら…俺も。

みさと食堂から箕郷周回コースまで、たった3分の距離。

子供を卓球場に(祖父母と一緒に)預けて、箕郷周回へ。

f0131183_13093622.jpg
f0131183_13094926.jpg

9時半、rosuket師匠とピスト練。

気温4℃なのに、たくさんのローディさんが来ています。

周回コースを1.5周(上半分を2周)走ったあとに、師匠に連れられて「断崖絶壁橋」へ。

f0131183_13092487.jpg

「直線400mの橋。競輪選手がよくもがいています。」と師匠。


あの~

もがくとか言う前に、橋から落ちそうで恐いんですけど、、、。

手すりの高さがあるので、ゆっくり走るぶんには構わないが、スピードを出すと、目の錯覚で、橋が細くなり手すりが低くなる。

ちょっと風が吹いただけで落ちそうな気持ちになる。

恥ずかしながら、ピストにしがみつきながら走った。


あと10回くらい走らないと、この恐さは消えませんね。



それにしても、rosuket師匠は物知りです。

「競輪選手がここで練習してます」という場所を20ヶ所くらい、知ってます。



………



このあたりは、榛名山の中腹。ハルヒルのスタート地点が見渡せます。

f0131183_13100566.jpg

昼なのに雪が降ってきた。

卓球の練習が終わるので、正午にはみさと食堂へ。



………



はからずも、祖父母含めて、家族全員でトンカツ食堂。

そのあとは、日曜日のお約束のヤマダ電機でバディファイト。



私: ピスト→トンカツ→バディファイト

長男: 卓球→トンカツ→バディファイト

安定の三連撃。



いや、長男は、

長男: 卓球→トンカツ→バディファイト→卓球

ループ?!





[PR]

by akogarehotel | 2017-02-08 13:08 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

1996. WCCF16-17 やばくない? 平成29年2月6日(月)

WCCF16-17 やばくない? 平成29年2月6日(月)



セガから通達が来た。

『 ナスティをサイドバックで使ってはいけません 』



もちろん、本当に通達が来たわけじゃないです。

ぬくぬくさんのブログのとおり。


★適正位置以外で使用するとモチベーションが低下する


そういえば、

バージョンアップ以降、ナスティ(リーベルDF76)がずーーっと灰色だ。

f0131183_23351072.jpg

そういえば、ナスティのパラはCBっぽい。SBは適正位置ではないのかもしれない。

f0131183_23352279.jpg

でも裏面は、しっかりサイドバックですけどね。

f0131183_23353597.jpg

しかし、

モチベーションが永遠に改善しないところを見ると、「セガ的には」CBなんでしょうね。

でも意地でサイドバックとして使い続けます。



★★★



最近、WCCFに対しては肯定的な立場にたっている私ですが、今回はマズイんじゃない?

お客がいるところを見たことがないよ。バージョンアップして、まだ1週間なのに?

(僕がゲーセンに行く時間が悪いのかもしれない。夜10時とか昼3時とか。)



………



現バージョンの特徴は、


同世代連携良好、同チーム連携良好、チームKP良好、

ということは、完コピチーム推奨。


練習自動、コミュニケーションほぼ自動。

ということは、誰がやっても同じように成長していく。

(唯一連携だけが未確認。)


さらに、「適正ポジション以外で使用するとモチベーション低下」

ということは、誰がやってもカードは同じ位置。


指定されたカードを指定された位置で使い、全自動で育成されるゲーム。



………



さらに、

今バージョンから、実質的に、アイテムが使用できなくなった。

休養効果上昇、疲労軽減のアイテムが使えない。


U79ではスタミナがもたない。

モチベーションも維持できない。

不本意な試合結果になって当たり前。



僕のようなひねくれ者は、

オリジナリティある選手を使って、チーム育成に極端な特徴をつけて、

短所も大きいけど、長所がもっと多い。

そんなチームを作って自己満足してた。

現バージョンでは、それは無理だ。



………



1011の頃だったか、バージョンアップ直後に激烈に過疎った。

セガがあわてて、ゲームバランスを調節して、異例のロケテをやったりして、なんとか回復したが、

今回は、ゲームバランスではなく、ゲームシステムそのもの。


あちこちのブログを見ると、「面白い」と思う人が少なからずいるようだけれども、

前橋には、そんな人は少数派らしい。



全国的には、どうなんでしょう。

ツキノ杯がなければ、とっくに引退しているかも。

3月4日までに1任期回せればいいかなという状況。





[PR]

by akogarehotel | 2017-02-06 23:34 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(2)  

1995. 身辺整理 その2、介護専門学校 平成29年2月4日(土)

身辺整理 その2、介護専門学校 平成29年2月4日(土)


(長くてつまらないから、読まなくていいです。)


今年で辞めてしまう3つの副業のうちの、2つめ。

医療系専門学校。

f0131183_14205027.jpg

10年ほど前、突然、見ず知らずの専門学校の先生がやってきた。

解剖学を教えてくれる講師を探している。あちこちの病院医院を回っているが誰も引き受けてくれない。別の開業医から、僕を紹介されたという。


一応、僕は「死体の解剖」も専門といえば、専門ですが…


その先生が、本当に苦労していて、あちこちを探しているけど全然誰も見つからないという。あまりにもかわいそうなので、引き受けてしまった。



前橋工業高校のすぐ近くにある専門学校。介護福祉科、理学療法科、医療秘書科などがある。

着任当初は、介護福祉科の解剖学を担当した。

子供を朝9時に幼稚園に預けて、急いで専門学校へ向かい、9時半から授業。

毎週火曜日は綱渡りの日程だった。


まぁ、「塾の先生が夢だった」私なので、つまらない仕事ではない。

日程が厳しいこと以外は不満がなく、楽しくやっていた。


「わかりやすい授業で、評判がいいですよ」

なんて言われたが、半分お世辞だとは思うが。



数年続けたところで、また突然、今度は校長先生がやってきた。

介護福祉科のほかに、理学療法科の内科と小児科の講義も担当してほしい。

「引き受けてくれる人が誰もいない」と。


頼まれると弱いのは、いいのか悪いのか。

校長先生、自らがやってきたのを断るわけにはいかない。

年間75コマの授業を担当することになった。



ところが、1年続けたところでトラブル。


僕は

 『火曜日しか行けない』

と話したが、

専門学校側は

 『毎週火曜日に来てもらう』

という想定らしい。



1日4コマの授業なら20回(20週)で消化できる。勤務日をなるべく少なくして、フリーの火曜日には他にすることがある。

ところが、学校としては午前中の2コマだけとのこと。40週必要ということは、ほぼ毎週。


僕 「4限まで授業を入れてください」

学校 「はい、わかりました」


ところが、次期の予定表ができあがると、毎週火曜日2コマずつ。。。

↑これを3期、くりかえす。



申し訳ないけど、3期めで限界。

自転車に乗れなくなっちゃうよ。ということで、今年で辞めさせてもらった。


聞いたところによると、契約している病院があって、そこから講師を派遣してもらえるとのこと。じゃぁ、最初からそうしてよ!

警察学校と同じく、約10年で終了。



………



専門学校での講師料は医者としては、相場どおり。

つまり、ぼったくり。お金のためなら、続けておけばよかった。

今後、医者全体が不景気になるだろうから、こういう定期収入は重宝する。


でも、自転車に乗れない人生はありえない。

お金では買えないものがあります



………



医療系専門学校の経営は厳しい。


2000年ごろに介護保険が導入されて、一瞬、介護福祉士が盛り上がったが、最近の「3K」事情が報道されて、就職希望者が減った。

さらに国家資格になったことで、国家試験の合格率が低い学校では入学者がさらに減少している。

経営側としては、僕のような臨時職員を雇うよりは、医者一人を専属の職員として雇うほうが圧倒的に安くすむ。

しかし、医者のくせして「診療」しないで講義だけなんてことを妥協できるのは、引退した高齢の「お医者さま」くらいしかいない。そんな人に頼んだって、まともな授業になるわけがない。国家試験の合格率をあげるためには、人件費には目をつぶって、現役バリバリの医者を雇わざるをえない。


通常、このような専門学校には「仲のよい」病院がある。

卒業後の就職先としてあてにするわけにはいかないが、授業の一環で病院見学や実習くらいなら頼める仲。そんな病院から、各診療科の先生が(お金さえもらえれば喜んで)講義に来てくれる。定期的な副収入は彼らにとってもうれしいから。

縁もゆかりもない僕に、依頼が来た理由がわからないが、今後はそちらへ頼むとのこと。



………



専門学校の生徒さんは、ほんとに多種多様。


自分が18、19の頃のことを思い出すと、彼らには何も言えないが、

勉強しようという気持ちがゼロの生徒が多数いる。

そりゃ、そうだ。20歳前後の若者が、その必要性が理解できなきゃ、勉強なんてするわけない。学校ってのは、女の子に会いに来る場所だ。

だから、どんな専門的な講義でも、まずは生徒の気を惹かせることが最初の目標になる。


一方、社会人入学のように、ヤル気満載の生徒さんもいる。

地方自治体の就職支援により、学費が軽減されている人が多い。彼らには、どんどん専門的な内容の授業が必要になる。



後者のような「大人」はほっといても国家試験に合格するが、前者のような「子供」を合格させることは非常に難しい。

彼らにとっては、学校で授業なんか受けているよりも、あちこちに社会見学にでかけて、


 「この仕事に就けなければ、生きて行けないんだよ。」


と、感じていただくしかないと思う。



………



だから僕は授業で出席を取らない。

勉強する気持ちがないなら、学校に来るだけ時間がもったいない。

コンビニでバイトでもしているほうが、よほど役に立つ。

学校に来て寝ているくらいなら、何か他のことをしているほうがいい。


もちろん、学校に来て寝ていても、僕は怒らない。


 「眠くなるような授業をする奴が悪い」


これは僕の大学医学部の常識。

つまらない授業はみんな寝る。寝るどころか、欠席する。

一度出席して、つまらなかったら、次からは行かない。

(俺だけじゃないよ、みんなそうだよ。)

生徒が先生を評価する厳しい学校。



だから、教える側の立場になると、せっかく授業に来てくれた生徒さんに、眠くならないような内容を考えているのだけど、、、、


人間は手を動かせば眠くならない。

学生にプリントを配って、常にそこに書かせ続ける。

これが最低限の工夫。


あとは、、、難しいね。



………



一連の授業の終盤時期に「小テスト」をする。

形式的にはテストだけど、教科書やプリントなど何を見てもよい。

それでも答えがわからなければ、他人と相談してもよい。



★最初に勉強すべきことは教科書の目次を覚えること


あるテーマが教科書のどこに書いてあったかな、とわかることから勉強が始まる。というかそれで十分。

たとえば、心筋梗塞の問題が出たら、教科書(またはプリント)のどこに書いてあるかを探し出し、その前後には、「狭心症」や「心不全」という項目があり、それらとのつながりを理解する。

学生のうちから、心筋梗塞の全てを理解できるわけがない。わからないことがあった時に、それを調べることさえできれば、あとは人生が助けてくれる。



それでもわからなかったら、友達に聞く。

先生が頭ごなしに怒鳴る声は生徒の耳には入らない。

友達にお願いして、教えてもらったことは、心に残るもんだ。


そうやって友達と会話をすることが「小テスト」の目的。

だって、いまどきの学生さんはメールやラインで「会話」するから、声を出さないでしょ?


医療現場では職員同士の会話は必須。

一人で全部できる奴はいない。(だから米倉ドラマはカス。)

常に他職種の人たちと協力しあって仕事がすすむ。その現場でラインやメールは使えないからね。

「挨拶」して、頭を下げて助けを依頼することができなければ、仕事はできないよ。



………



なので、僕は授業で出席を取らない。遅刻も自由。

定期試験は持ち込み可。他人の解答用紙以外なら何を見てもいい。


しかし、専門学校側から却下。

仕方ない。さすがに、これは僕のわがままかな。



………



大学時代、つまらない授業に出るくらいなら、プールに行く、バイトに行く、デートする。

僕も、同級生も、そんなでしたね。大学もそれがわかっているから出席は取らない。


しかし、世の中には、ラリホーのような授業のくせして、教室の出入り口に鍵をかけて、出席をサラリーマンみたいに厳しくとって、、。そんな大学が多い。僕の知っているF大学(国立)とかG大学(国立)とか。

学生がかわいそうだし、そういう育て方をされると、自分が上になってからもそうやって育てようとするから、たちが悪い。

広島大学(国立)とか、生徒はいいはずなのに、育て方が悪い典型例。

(学生全員を留年扱い)



そんなわけで、自分の子供に対しても、勉強を教えることはあるけれど、


その学問に興味を持たせること、

興味を維持させること、

つまらないと思わせないこと、


だけを考えてます。



結論が違う方向になってしまいました。

お金はありがたいけど、時間を優先して、辞めちゃいました、という話。





[PR]

by akogarehotel | 2017-02-04 14:17 | ただの日常日記 | Comments(5)  

1994. 身辺整理 その1、警察学校 平成29年2月2日(木)

身辺整理 その1、警察学校 平成29年2月2日



諸事情により、今年度で3つの副業から手を引くことになった。

本業に専念しろという圧力、そのほか諸々の理由により。


f0131183_17591245.jpg




そのうちの1つ、警察学校の話。

これまでボカした書き方をしていたことを、ちょっと詳細に。



★用語に多少の間違いがあるかもしれないけど、私は警察マニアではないので、ご容赦ください。たとえば、捜査一課と刑事一課の違いとか。



………



警察学校には「幹部昇任用」の講座というものがある。

毎年夏に、2週間、受験生の夏期講習のような授業を受ける。

この授業を受けることにより、その後の「昇任試験の受験資格」を得られる。


しかし、誰もがこの講座を受講できるわけではない。

県内の各警察署から推薦された1名ずつ、合計20名のみが受講できる。

要するに、受講を推薦される人物は、各署の期待の星で、ここに推薦された時点で昇格が決まっている。

受講時は30歳~40歳の警部補だけど、将来は警部や検視官から、さらに偉くなることが約束されている。(警部補だって、十分立派な肩書きですけど。)



そんなエースの集まりなので、授業の雰囲気は恐い。恐い。

生徒全員が姿勢よく座り、微動だにせず、まさににらみ付けるように授業を受けてくれる。冗談じゃなく、取調室で尋問を受けている気分。

しかも、教室の後ろでは、彼らの上官が、居眠りするような生徒がいないかどうか、にらみを利かせている。(そんな生徒は10年間で一人もいない。)


もちろん、挨拶は半端ない。軍隊みたい。

(実際の軍隊を知らないけど。)

直立不動で、(何といっているのか聞き取れないような)大声で挨拶してくれる。

たぶん「ごくろうさまです」と言っているらしい。



日ごろ、町の交番なんかでは、

 「まじめに仕事しろよ、警察官」

なんて思うことも多々あるが、この雰囲気を見ると、

 「ちゃんとした奴が、いるところには、いる」

と改めて感心し、

 「ま、少しは警察に協力してあげてもいいか」

と思えますね。


なんて、上から目線ですが。



………



僕の担当は、2週間のうちの半日、2コマ180分。

「内因性突然死」という内容。

他には、小児科、産婦人科、法医学などの講義や、警察自らの鑑識、検案などの授業がある。


講師料は、半日で2万円。

ここから警察医会費1万円と源泉徴収2000円が引かれるので、手取り8000円。

医者の副業としては、ありえないくらいに安い。

それでも「名誉職」という扱いなので、働く側も、働かせる側も何も文句を言わないらしい。



俺?名誉なんてものは欲しくないんだけど…

恩師から 「他に頼める人がいないから」と言われたら、即答以外にない。

(それが10年前の話。今は、「暇な医者」がそこそこいるので、こんな名誉職が空職になることはない。)



………



じゃぁ、なんで辞めるんだ?


「本業」だけに専念しろ、という家族などの圧力のほかに、


 ★あまりにも時間に厳しい。



警察は軍隊だから、

 「水曜日の午後1時」

と決めたら、1分どころか、1秒の遅刻も許されない。


当然、5分前行動になるけど、

俺たちの仕事が時間通りに終わるわけないじゃん!

「午前中の仕事」が午後1時までかかるなんていつものこと。

時間通りに警察学校に到着するには、「午前中の仕事」すら休養せざるをえない。本業側から文句が出て当然だね。


警察に確認したところ、「後任の手配」ができるということなので、今年度限りでありがたく辞めさせていただきました。

この10年の間に、法医学に入局する医者がだんだんと増えてきましたからね。



………



辞めると言ったら、記念品を頂いた。

勤続10年以上らしい。

f0131183_18415740.jpg
ゴミにも出せず、

漬物石にしかならないんですけど。


ちなみに、警察職員証というものが配布される。

警察手帳ではなく、ただのIDカードだが、合コンに持っていくと10分くらいは盛り上がる。



………



野球選手が夢だったのは、必ず最後に愛は勝つ人ですが、

僕は、塾の先生が夢だった。

だから、この副業は、それなりに楽しく本気だった。


テーマの「内因性突然死」とは、

f0131183_18281678.jpg

病気で突然死すると、どんな所見があるか、ということですが、


言い換えると、

「死体が発見されたときに、事件ではなく病死と断定するのはこんなとき」

「こんな所見、こんな状況なら病死と判断してよい」



まさかテレビドラマのような世界が真実だと思う人はいないと思うが、

病院外で人が死亡する異状死で、それが殺人事件であるのは、おそらく100分の1以下。

群馬県では異状死が年間500くらい(たぶん)、そのうち殺人事件は?

5件もないでしょう。


テレビのなかでは、死体が発見されれば必ず殺人事件ですが、現実は、ほとんど病死。


とはいえ、殺人事件を見逃すわけにはいかない。

そのためには、名探偵のように現場周辺を捜査することも当然必要だけど、

もしも病死と「断定」できれば、それで「殺人事件」を否定する根拠になる。


ということで、病死と断定するために必要な所見、状況などを、偉そうに警察官にお話する。それが僕の仕事。

ただし、たったの3時間で全てを教えられるわけがないので、いつもプリントを配る。

疾患名とそれに伴うはずの所見、現況、内服薬などの一覧。10ページ弱。

出世した警察官から、

 「いただいたプリントは、いつも現場に持っていって、とても役に立っています」

なんて言われると、お世辞だろうけど、とてもうれしく思います。



つまらなくはない仕事なので、辞めるのも気が引ける。

むしろ、本業をやめて副業だけで生活できるといいのにね。

そんなバカなことが不可能だってことは、100億年承知です。



★ちなみに、同じ内容の講義を一般の方にすることは不可能です。

だって、「糖尿病にみせかければ完全犯罪ができる」なんて教えるわけにはいかないでしょ?






[PR]

by akogarehotel | 2017-02-02 18:28 | ただの日常日記 | Comments(11)