<   2017年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

2042. ハルヒル(榛名山ヒルクライム) 平成29年5月21日(日)

ハルヒル(榛名山ヒルクライム) 平成29年5月21日(日)



俺、ハルヒル前の1週間で、すっげぇ進化した気がする

 ↑こういうのを厨二病、またはチュウニズムといいます。


………


でも進化したと思うよ、本当に。


1)ディレイラーの調整

おそらくほぼ全てのスプロケが、ギアをファイナルロー(一番軽いやつ。フロントが内側、小さいギア。後が内側の大きいギア。)に入れると、チェーンとディレイラーが接触する。

前後のギアが最内側なので、チェーンも最内側を通り、ディレイラーの内側部分にチェーンが接触している。ただし、これは想定内であるらしく、ディレイラーの内面に黒いパッドが貼り付けてある。

でも、これが気に入らない。

f0131183_12522177.jpg

フロントディレイラーのワイヤーを調節して(緩める)、ディレイラーを極端に内側に寄せてみた。これで、ファイナルローでも接触しなくなった。

ただし、今度はチェーンが外側に行かない。フロントがアウターに入らないどころか、インナーのままでも、後ろのギアが11枚中9枚めまでしか行かない。10枚めにするとカチカチと擦れる音がする。

でも、ヒルクライムならこれでいいんじゃね?

ファイナルローでの走行中に、ロスがないほうがいい。インナーのままでも、120回転させれば、時速40kmが出る。下り坂の多い榛名でも、これならOK



2)ダンシング解禁、ただし「巻島ダンシング」

ヒルクライムでダンシング禁止、これ常識。

だけど、太ももを使わずに、疲れないダンシングなら、どう?

 踏む側の腹筋を引っ込ませて、

 大臀筋に力を入れる


これで、体を思い切り前傾するのが「御堂筋ダンシング」。

バイクを左右に振って、体を上下動させるのが「巻島ダンシング」。

f0131183_12531236.png

(分からない人は、坂道ペダルを読んでください。)

解禁といっても、完璧にできるわけではない。

試しに、やってみようか、というレベル。



3)整体

今週は2回も行ってきました。

整体の翌日は、ローラーの回転がいい。間違いなく効果がある。



………



前日、土曜日。

長男が夜10時まで卓球の練習。その送迎が終わってから睡眠。


日曜日。

3時50分起床。そりゃ、眠いよ。


駐車場に5時に到着。荷物を預けて、もがきとローラー。

荷物を預けに行くときに、有名人にお会いした。

f0131183_12525222.jpg

かば、、ではなくて、やばた選手。

黄色の6番なので、イヤでも目に付く。ご自身が競輪祭の決勝で着たウェアだそうです。決勝に出たの?!

今では、楽しそうにタバコを吸う、優しそうないいオジサンです(^^)



6時半ころ、集合場所へ。

f0131183_12523584.jpg

今回は、7000人だそうです。


7時10分

3000番台グループのスタート!


いつもどおりに最後方からスタート。

なぜなら、いつも必ずいるんですよ、速い人が。

最前列でスタートしてペースを乱されるよりは、最後方でスタートしてグングンと追い抜いて行く(追い抜いて行ける)ことを好む人たちが。

スタート待機のあいだに、それっぽい人が2,3人に目星をつける。体型でわかる。

そして、スタートしたら、当然の「番手主張」。

途中でへたれたら、即、切り替え。これも当然。

スタート直後は、小径車の速い人の後ろに付いた。ぐんぐん抜いたけど、坂道でスピードが落ちたので、あっさり捨てて別人の後ろへ。

速度が落ちたら、また違う人の後ろへ。

やっぱ、番手はラクだよ。ペダルを回さないのに時速30kmで走れるし。

空気抵抗を少なくするために下ハンドル持って、車間10cmくらいで追走。まさに競輪練習のおかげ。

5,6人を乗り換えながら、一度も先頭を走らずに、神社の手前の急坂まで到着。

すっごく調子いい。


しかし、坂は別。

番手の意味ない。

じゃぁ、今こそ「巻島ダンシング」。


?んー?

…微妙、


確かに、疲れない。けど、遅い。座ってるほうが速い。

最大の弱点は、左右に振れること。ハルヒルのような大混雑レースでは危険。

疲れにくいというのは事実なのだけど、、、


いつもどおりに、神社から先は大きくスピードダウン。

神社までに追い越した人に、何人も抜き返された。おれ、坂に向いてないな。

ヘトヘトでゴール。


サイコンのスイッチを入れ忘れたので、タイム不明。概算で54分ぽかったので、

( いい大人が、「レースだ、タイムだ」なんて言ってる場合じゃないよな、ちょっと熱を冷まそう。 )

 なんて考えながら、下山した。



………



夕方、セコ君からのメールでタイムを知った。


 50分07秒、105位(1700人中)


去年(シャア) 52分18秒(187位)

おととし 50分57秒(475位/全体4800人中)


セコ君は、50分22秒。


セコ君は、先週のトライアルでは、55分だったのに。すごい進化だな。

というか、僕自身も、先週は54分だったのに。

50分は切れなかったけど、セコ君に勝てたので十分。

しかし、たったの15秒差。一緒に走っていたら負けてたかもね。


 『 赤城で再戦しましょう。 』 と、セコ君。


なんだよ、レースはもう引退しようと思っていたんだけどな…



………



うちのお子様 『 お父さん、何番だったの? 100番? あんまり(よくないね)?』

おい、学年170人のマラソン大会で10位だぞ?

お前は、学年80人で20位にも入れないだろうが!





[PR]

by akogarehotel | 2017-05-24 12:57 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2041. ハルヒルの、その先へ、バディファイト 平成29年5月21日(日)

ハルヒルの、その先へ、バディファイト 平成29年5月21日(日)



ハルヒルでゴールしたのが、午前8時。

まともな一般人は、これから、一日が始まります。

(ハルヒルの記事は後日。)



………



前橋からバディファイトが消えたあと、

カードショップ店員のナカジン君が、僕の頼みを受けてくれて、メーカーに交渉してくれた。その結果、

 日曜日、1時半から、小学生限定大会

が開催されることになった。


ナカジン君のおかげです。ありがとう!

という経緯で開催されるイベントに、僕が行かないわけにはいかない。

それが今日、5月21日の日曜日。



………



ハルヒル後、急いで帰宅。

自転車をきれいに拭いて、

さらに、火曜日のロングライド用に改造して、ディレイラーを調整して、

ウェアを洗濯して、

お風呂に入って、

お風呂を掃除して、

子供にお昼ご飯を食べさせて、

台所を片付けて、

ギリギリ、午後1時!

子供の同級生数人をつれて、カードショップ「コミカル堂」へ。



コミカル堂は、WCCFとビリヤードのあるカードショップ。

しかし、子供の監視のためWCCFをしている暇はありません。

 1時半から バディファイト

 2時半から デュエマ

 3時半から デュエマ(2回目)


いまどき、これだけ懇切丁寧なショップも珍しい。

前橋では唯一ここだけ。

子供達も喜んでる。

f0131183_12520900.jpg

自宅でDSやってるくらいなら、ここに来てカードゲームをしろよ!

目の前の人間と話をするからこそ、知能が成長するんだろ?

と偉そうに書いておきます。



僕自身は、基本的に、付き添い、ときどき付き合い。

でも、デュエマはしない。バディのみ。理由はデュエマがつまらないから。

バディが面白いというわけではないけど、デュエマはつまらない。

そんな、バディファイトも、子供達の購買意欲向上を目指して、日に日に新カードが販売される。メーカーも必死だ。。。。ちぇっ。

最近の話題は、これ↓

f0131183_12513889.png

ここにも、クリロナかよ!

(子供たちの間でも、このカードをクリスティアーノ・ロナウドと呼ばれています。)


通常、敵のライフをゼロにすると勝利となるが、このクリロナがいると「4」にすれば勝利。(ライフは「10」からスタート。)

なんだよ、これ、ぶっ壊れじゃん。

ちょっと、やりすぎ。



テレビアニメでは、サッカー少年のナントカ君が得意とするカードだが、その少年の背番号は「8」。ユニフォームは日本代表風。

一応、気を使ってるようですね。金持ちに訴えられたら恐いからね。



夕方5時半までカードショップに滞在。

こんな暑い日は室内で遊ぶべきだね。屋外とかおかしいよ。






[PR]

by akogarehotel | 2017-05-24 12:50 | 子育てられ | Comments(0)  

2040. ハルヒルの、その先へ その1 平成29年5月22日(月)

ハルヒルの、その先へ その1 平成29年5月22日(月)



日曜日のハルヒルが、いい準備運動になりました。

さぁ、本番は明日(火曜日)です。

 海が見たい!


(ハルヒルの記事は後日)



………



今回は、たくさん下調べ。

f0131183_13012112.jpg

渋峠や八ヶ岳なら、勝手知ったる我が庭なので、道はよく知っている。

今回の目的地は直江津(上越)。菅平から先は未知の世界。

道順のほかに、各ポイント間の距離と標高を調べておきます。


たどり着くだけなら、そんなに慎重に調べる必要はない。

  「帰ってこないといけない」

火曜日の夜は、子供と卓球をする約束なので、7時までに帰らないといけない。

帰りの新幹線の時刻までに直江津に到着しないといけない。

下調べがないと途中棄権の判断ができません。



【予定】

前橋発 02:00~03:00?

直江津着 14:00

直江津発 15:11の電車に乗れば、卓球の練習に間に合う。



前橋-直江津 の距離はちょうど200km

平均時速20kmで走れば、春日山城と直江津水族館に立ち寄れる。


平均時速20kmって、遅くない?

そんなことない。

巡航速度時速40kmで走って、信号待ちがあると、平均時速20kmになる。

だからギリギリです。



………



先日、ヒロサワさんが、高崎から渋峠を目指したそうです。

午前9時スタート。

しかし、殺生ロープウェイ乗り場で夕暮れ終了。



9時スタートでは遅すぎます。

というか、殺生(せっしょう)まで行けたのですね。すごい。

だって、ヒロサワさんのことを、完全に「短距離タイプ」と思ってましたので。

(「殺生」とは、草津温泉を越えて、天狗山スキー場を越えて、毒ガス地帯の直前。ただし、白根山頂までまだ10kmくらいあって、勾配も10%程度が続く。白根山頂から渋峠までも意外とダラダラ長い。途中棄権して正解です。午前6時スタートならゴールまで行けてましたね。)



………



昨日、

ハルヒルが終わって、速攻で帰宅して、大急ぎでロードを改造した。

ディレイラーをツーリング仕様にして(後述)、工具バックをあちこちつけて、前後ライトを装着して、、。

f0131183_13010592.jpg

あとは、家庭の事情がスタートを許してくれるかどうかです。







[PR]

by akogarehotel | 2017-05-22 12:59 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2039. 戦国鍋TV 平成29年5月19日(金)

戦国鍋TV 平成29年5月19日(金)



このシュールな感が、練習中に観るDVDとして最適です。



………



ローラー用DVDの定義

『 それだけを観ることを目的とするとつまらないDVDだけど、練習中にそれとなく流しておくと、とても楽しい。 』


2,3分を見逃しても大丈夫。

心を注ぎ込んで見る必要がない。

画面を見ないで、音を聞いているだけで把握できる。

ほのぼのした気持ちにさせてくれる。

そんなことが要求されますが、


そういう意味で、「ゲームセンターCX」は最高です。

TUTAYAに行くたびに、新しいものを借りてきます。



その他に、先日からハマっているのが「戦国鍋TV」。

f0131183_13482389.png

なぜここにこんなネタが必要か?

そんなことどうでもいいから、とりあえず戦国モノにしてみました。

とりあえず、信長を出しときました。みたいな。



地方TV局を中心に深夜放送された番組のようですが、各コーナーに分かれています。

「川中島学園」 


川中島学園のテッペンを巡って、生徒会長の上杉君と転校生の武田君が、小田原学園、駿府高校、ヤクザ室町組を巻き込んで、熾烈な争いを繰り返す。ビーバップハイスクール的な物語。

こんなベタなネタを、俳優やスタッフが超マジメに作製しているので、見ているほうは吸い込まれる。川中島合戦が4次まで続いた経緯も分かりやすく説明してくれる。

上杉謙信を演じている俳優さんが、とてもクールなイケメンなんだけど、どこかの舞台俳優さんだそうです。

f0131183_13480053.jpg



「活躍の割りに知名度の低い戦国武将が集まるキャバクラ」

 

お客の戦国武将と、お姉さんの楽しい会話。

のめりこんでしまうくらいに、本当に面白い。笑わせるというよりも、心をくすぐられる。

俳優さんが、戦国武将の雰囲気とユーモア感を完璧にかもし出している。ググッてみたら、ほとんどが舞台俳優さんだった。舞台をする人って、天才ばかりですね。

特に、斉藤道三さんとレイナさんの「掛け合い」は最高。昔ながらの才能ある「漫才」というべきじゃないでしょうか。


その女優さん(レイナ)を評価しているのは僕だけではないみたいです。

→リンク




「うつけBAR NOBU


おかまバーに来る客と、のぶママの会話。

何気ない話ばかりだけど、のぶママの演技に吸い込まれる。オカマと武将織田信長の両方を演じてるのは超イケメン俳優さん。このシリーズで一番の名優でしょう。

兵農分離、楽市楽座などの勉強要素が多いコーナーだけど、全然堅苦しくない。



「アイドルユニット、SHICHIHON槍(七本槍)」

 

豊臣秀吉プロデュースのアイドル7人組が登場する歌番組。

アイドルグループなんて、こんな簡単に作れちゃうんだよ、という業界批判。いいの?

ところで、7人全員の名前を言えますか?



まだ2巻(10話)までしか見ていない。続きが楽しみで仕方ない。

ローラー練習が楽しみで仕方ない。



ちなみに、「知名度の低い武将」で出演するのは、

元親、重秀(雑賀孫一)、官兵衛、道三、龍造寺、氏康、、。

いわゆるドラフト大成功ですが、本当に知名度が低すぎると、「笑い」にならないということを、スタッフがよーくわかっています。

板部岡江雪斎だけ例外。



で、よく見たら、、「ゲームセンターCX」と同じプロデューサーなんですね。

だから面白いのか!

作品の割りに、扱いの低い天才さんです。



★戦国鍋はローカル地上波(千葉テレビ、さいたまなど。群馬はなし。)

★ゲームセンターCXは有料CS(スカパーなど)





[PR]

by akogarehotel | 2017-05-20 13:41 | 本気のサイクリング | Comments(6)  

2038. ふじまる三国志 平成29年5月16日(火)

ふじまる三国志 平成29年5月16日(火)



ハルヒルのカーボローディングを兼ねて、王子まで行ってきました。

f0131183_18085004.jpg

最近、行ってないから、という理由で皆さんを誘い出したけど、

よくよく考えると、最後に王子本店に行ってから、もう10年を越えているかもしれない。子供が生まれてからは、来た記憶がないから。

梶原店にも、もう5年くらい行っていないはずだし。

こんなものを毎週食べられる幸福さんが、異常にうらやましい。



………



火曜日。

午前中は、仕事。

午後は、ローラーでハルヒル前に最後のもがき。


時速44kmで15km回したあとに、


 loosen 500m

 UP 500m(時速40km、ケイデンス110(ギア2.94))

 Dash 1000m(時速47km、ケイデンス130)


これを9セット。

3,6,9本目はDash1500m。

9本もやれば、さすがに出し切れた。


おなかがすいたので、王子へ移動。



………



王子のゲーセンは、王子サンスクエア。

待ち合わせまで、三国志。

マッチング相手は、なんと攻城兵デッキ。

俺↓敵↓

f0131183_18083589.png

結果は、、、


俺の区星が、あと1撃で落城できる。

敵の誰かが俺の城門を叩いているいようだけど、ゲージがたっぷりあるし、暴虐発動でもらった!と思ったが…

城門を叩いていたのは、敵の区星。。。

一発で、ゲージ75とか。


楽しい遊びです。



………



コシュ、幸福さん、サイクルさんが合流して、王子神谷へ。

タクシーで10分。

ふじまる、王子神谷本店に到着。

f0131183_18090696.jpg

夜7時、行列は13人。

平日なのに人口密度が高杉!

しかし、意外とすいすい進んで、45分でラーメンにたどり着いた。

f0131183_18085004.jpg

手前が「国産ブタ」、いわゆる豚マシ。

向こう側が「野菜マシ」。



個人的意見がいろいろあるでしょうが、

この世の中で「ラーメンに分類される食品」としては、絶対に一番うまいですね。

交通費8000円かけて食べにくる価値は絶対にあります。



赤羽で2次会。

強めのコーラ割りを2杯飲んで、新幹線の階段ダッシュで動悸が止まらなくなって、

ヘロヘロで帰宅。


この満腹感は20時間くらい維持できそう。









[PR]

by akogarehotel | 2017-05-18 18:07 | あちこち旅行記 | Comments(4)  

2037. ハルヒル・三国志・レベッカ 平成29年5月14日(日)

ハルヒル・三国志・レベッカ 平成29年5月14日(日)



ハルヒル一週間前の試走。

セコ君を軽く撃破してあげた。

f0131183_12350169.jpg

「50分きりたい」というセコ君は、先日試走したときは53分だそうだ。


ふん、まぁまぁか。

僕と同じレベルであることは間違いない。



………



14日(日)早朝、

箕郷中央公園集合。

前橋高校水球部OB自転車部ハルヒル試走会。


セコ君は、自転車を始めて1年ちょっと。赤城のタイムは僕よりも速い1時間11分。

もう一人のアナザワ君は、アイアンマンレースの完走者。3.5km泳いで、自転車180km、そしてマラソン42kmを走れる人。バカだね。



榛名支所まで準備運動がてら、3人で自走。約35分。

支所前を朝8時にスタート。


ガチメンバーなので、スタート早々、ガチレース。

しばらくは、前を行くセコ君を追いかける形だったけど、榛名脳外前で追い越して、そのまま一人旅。セコ君は着いてこない。

あれ?



榛名神社までは、マイペース先行。何人もの試走レーサーを追い越し、気分よく鳥居を通過。

 37分 平均時速20km


ここまでは調子よかったんだけどなぁ。

鳥居を過ぎたら、10%~14%の急坂が連続で出現。

 目標時速 15km

 目標最低時速 12km

 現実最低時速 8km 

何度も、時速8kmを記録し、ハァハァいいながら上る。神社から湖までのたったの4kmが永遠に感じられた。

途中の「男根岩」なんて、見る余裕もない。


目標は50分だけど、結果は程遠く、

 54分00秒



あと1週間で、4分短縮は無理だな。

 背中のリュックを下ろして、 

 整体に2回行って、

 リポD飲んで、

 試合当日のアドレナリンに期待して、


2分短縮が精一杯。52分を切れればOKとしましょう。



あっさりとちぎったセコ君は、55分。

むしろ神社以降は、差を縮められた。



一方、アイアンマンアナザワは、、「もうダメでーす」と神社から電話。

平地を180km走る奴だが、角度がつくと10kmも無理らしい。

セコ君と2人で、神社まで迎えに降りた。


実は、スタート前に、「たったの15kmなので不要と思いました」と、水ボトルさえ持って来てなかった。(どこかの元選手と一緒。)

スタート地で無理矢理ジュースを買わせて、なおかつ、神社までに飲みきりやがったので、俺たちのポカリを分けてあげて。

アイアンマン、意外ともろい。



神社から先は、3人で、少し走って、少し歩いて、少し休んで、、

なんとか、榛名湖までアナザワ君を引っ張り上げた。


「 軽いハンガーノックです。 」 と。

おいっ!


それにしても、榛名湖周辺はものすごい霧。視界10m未満。



………



箕郷方面へ直接下山。

箕郷周回コースでは、イシケンさんがガールズの遠峯選手に練習をつけている。

練習に加わろうとも思っていたのだが、


アイアンマン 「 もう疲れて練習できません… 」


セコ君と三人で、味里卓球食堂へ、カロリー補給に行きました。



………



ロードを収納してると、

イシケンさんが、神妙な顔つきで話しかけてきて、


「 チョウホウを使うといいですよ 」


え、それって、何か自転車の道具ですか?



「 牛歩のチョウホウですよ 」

「 区星デッキに群雄の牛歩張宝を入れる。こちらを強くすることよりも、相手を弱くすることを考えてみては? 」

とのこと。いいね!



てっきり、張飛の子供の張苞(ちょうほう)かと思った。

何をヘンなことを言ってるのだろう、って(^^)



………



忙しい日程。

午後からは子供の「ピアノ発表会」。

f0131183_12351510.jpg

群馬音楽アカデミーというクラシック中心の音楽学校。

全生徒を9回にわけて発表会を行う。写真の9倍の生徒が在籍している。



発表会の選曲は自由。

学校側としてはブルグミュラーとか、モーツアルトを期待しているのだろうが、

今年の一番人気は、、


  『 前前前世 』


いいんじゃないですか、楽しい学校です。



うちの子供の選曲は、

長男:SOS(セカオワ、ピアノ)、フレンズ(レベッカ、ドラム)

長女:恋(高橋源)


↓格好だけは一人前。手品をする兄弟芸人みたいですね。

f0131183_12344714.jpg

♪ どーこでー、こーわれぇたーの、おー、フレーん






[PR]

by akogarehotel | 2017-05-16 12:35 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2036. いつもの八ヶ岳 平成29年5月5日(金)

いつもの八ヶ岳 平成29年5月5日(金)



GWの記録を簡単に。


f0131183_18452819.jpg

GW後半は、いつもの八ヶ岳。

家族旅行の選択肢は、ほぼ一択。リゾナーレ八ヶ岳。


ただし、僕だけは土曜日に仕事があるので、


5日(金)

 前橋 → 八ヶ岳

  プール

 八ヶ岳 → 前橋

  深夜三国志


6日(土)

  仕事

 前橋 → 八ヶ岳

  プール


7日(日)

  プール

  サイクリング

 八ヶ岳 → 前橋


ちょっと、ガソリンを無駄遣いした感がある。



………



子供たちは滞在中、ずっと粘土細工。

「粘土の先生」に丁寧に教えてもらいながら、本当に一日中、ひたすら作り続けている。他にもお客さんがたくさん来るので、先生はお昼ご飯を食べる暇もない。お疲れ様です。

↓長男の粘土。現時点でのブームは、パズドラ。

f0131183_18451352.jpg

↓長女の粘土。セカオワのLOVEさん。俺が欲しい。

f0131183_18445642.jpg



せっかく八ヶ岳に来たので、自転車に誘い出す。まだ、桜が咲いてる。

f0131183_18444326.jpg


子供たちが作っている隣で、自分も小細工してみよう。

職場に飾るガラス細工、、、、

ナニコレ?ちょっと失敗。

f0131183_18454418.jpg

一応、ステンドグラスなんですが。

仮面ライダーではない。



ステンドグラスの先生は、でんさん。

お子様がサッカーをしているので、話が合う。


…センターFW。バロテッリが大好きで、背番号を45にしていた。ヴァンフォーレの育成に入ったら、背番号を自分で選べなくなった。27番になった。とのこと。


私 「 ボカジュニアーズに、背番号27の素晴らしい選手がいます。 」


その後、ビアトリの話で15分くらい盛り上がったのは、むしろ当然。







[PR]

by akogarehotel | 2017-05-15 18:44 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

2035. 三国志大戦(今回の対戦相手は…) 平成29年5月9日(火)

三国志大戦(今回の対戦相手は…) 平成29年5月9日(火)



対戦中↓

f0131183_18260186.jpg



………



自分に対して、「親バカ」という言葉は、否定するけど、

「競輪ミーハーファン(死語)」は、受け入れる。


競輪選手(元選手)と一緒に練習するとか、申し訳ないくらいに楽しくて仕方ない。

野球少年が巨人の選手とキャッチボールするとか、

サッカー少年がJリーグの選手と練習するとか、全く同じレベル。


これが、練習ではなく、飲み会となれば、さらに興奮するし、

もしも、ゲーセンとなると…



ということで、早朝のゲーセン。

f0131183_18272325.jpg

伊勢崎レジャーランド。

でかい。とにかくでかい。1階建てなのに、高崎レジャラン2フロア以上のスペースがある。


そして対戦相手は、もちろんイシケンさん。(群馬69期)

f0131183_18260186.jpg

 青板先行:イシケンさん

 生涯一先行:私(ちょっと図々しい名前)


イシケンさんは、三国志1の頃からプレイしていて、遠征先でも選手同士で対戦したという。たいらでは、あの有名な75期プリンスとも対戦したり、旬銀さんとも会ったことがあるって。(すごい!)


ただし、プレイ内容はネタ重視。

そのひとつがこれ↓

f0131183_18270676.png

柵5人の「柵アート」。

5つの柵を使って星型を作り、その中央で流星を舞うのが完成型。

WCCFでいうところの、U1200以上の、いや、以下の …ピー… 。

せっかく貯めた180縁で「小流星」を買ってるし。。。



でも、柵は僕の袁術でぶっ壊してしまい、、。



柵デッキのほかに、「攻城兵しばり」で対戦など、ふざけつくして2時間遊ばせてもらいました。

こんなのが「三国志大戦の正しい遊び方」だと思うし、午前中でなければビールを買いに走っていたところ。



………



そんな三国志の近況。

武力ナンバー2の攻城兵:董襲で呉デッキを組んだが、

1勝6敗 で降格。


さらに、関羽ビ竺と董襲を組んだが、1勝4敗で黄信号。

やばいので、区星暴虐に戻したが、1勝2敗。通算2勝6敗でもうひとつ降格。


攻城兵なんて、やめた!



と思っていたところに、R左治(変化の術、群雄)を引いた。

区星+左治って、楽しそうだな。

負け続けても我慢する力を養うのが、このゲームの真の目的。



………



大ニュース!

f0131183_18265064.jpg

セガとコーエーが和解した?!

だって、馬槍弓の「じゃんけんシステム」を最初に考えたのは、コーエーなんだから。







[PR]

by akogarehotel | 2017-05-12 18:26 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(3)  

2034. 久しぶり目線のロードバイク 平成29年5月11日(木)

久しぶり目線のロードバイク 平成29年5月11日(木)



今回は 50分切るよ と君がいうから

今日は 僕らの ハルナ記念日



セコ君が

『 ハルヒルの試走に行きましょう。50分切ります。 』

と喧嘩を売ってきたので、受けてやることにした。



………



ロードバイクネタは久しぶり。


ローラー練習しかしていないので、何も書けない。

でも、単にローラーは回している。

しかも、喧嘩を売られたので、今週は「いつもよりたくさん回しております」。



★9日(火)

とりあえず持久走

  Up 2km

   20km (ケイデンス120、時速44km

  Down 2km


そのあとはもがき。

 loosen 500m

 up 500m (時速40㎞)

 dash 1km (ケイデンス130、時速48km


 loosen 500m

 up 500m

 dash 1km


 loosen 500m

 up 500m

 dash 1.5km

以上(3本)を3セット


合計47km。死んだ。



★10日(水)

上記の持久走20km

次に、もがき(3本)×2セット

時間の都合で3セットできなかったが、距離40km

二日つづけて40km練。死んだ。

f0131183_00105510.jpg

お尻の皮がむけて痛くなったので、明日(11日)の練習はお休みしよう。


もがき練のおかげで、なんだか太ももと腹筋が育った気がする。

坂を上れる準備ができて来たよ(ぐへへ)。

妄想?



………



ローラー練の際に観ているDVD

最近は、、、



定番の坂道ペダル。マンガは全部読んだけど、アニメはあまり観ない。

f0131183_00121683.jpg

あえて「スペアバイク」。巻島と東堂が主役のサブストーリー。

こんなものを観ていると、やはり練習に力が入ります。

そういう意味ではオススメの1本。

f0131183_00120304.jpg





「ゲームセンターCX

f0131183_00113127.png
f0131183_00104336.png

「よいこ」有野が、ただひたすらファミコンゲームをプレイする。


 『これどうやってプレイするの?』

 『いや、よくわかんないですね。』


この「ぐだぐだ感」が、練習BGVに最適。シリーズを10本以上は見たが、「メーカー」シリーズが楽しい。「セガ」を見ると、あらためてその負けっぷりを確認できるし、「ナムコ」のパックマンなどは涙が出そうになる。



「新麻雀放浪記」

f0131183_00110702.jpg

元祖の麻雀放浪記と同じく阿佐田哲也の原作。「元祖」は超名作だったが、、、

新作は俳優さんが薄すぎる…

哲也役の火野正平は素晴らしいけど、主役の若者が軽すぎて観ていられない。1巻だけでギブアップ。麻雀シーンが少ないのも減点要因。


ちなみに時代設定は、これ↓阿佐田哲也は競輪が大好き。

f0131183_00114841.jpg

ある意味、DVDが観たいから練習するとも言える。









[PR]

by akogarehotel | 2017-05-12 00:09 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2033. 垣間見えたもの 平成29年4月28日(金)

垣間見えたもの 平成29年4月28日(金)



一般的な競輪ファンは、

競輪場で働いている人間に対して、


 お前らが給料もらえるのは、誰のおかげだ?


と、当然のように思っている。


走路補助員にだけでなく、車券売り場のおばちゃん、そして審判に対しても、

「俺たちの車券の売り上げで、給料をもらってるんだろ」と。



………



今回は、そんな「一日中ギャンブルばっかりやっているゴミみたいな奴ら」(褒め言葉)の「超絶・上から目線」を受ける側に立ってみました。

↓走路補助員という仕事

f0131183_22525216.png

数年前に始まった「ミッドナイト競輪」。

夜9時から12時までレースを行う。風営法のために、お客をいれることはできない。

ネット投票でのみ車券が買える。客はパソコン画面から応援する。

全レース7車立て。


こんなつまらない企画で車券が売れるのか?

大声で応援できないなんて、どこが面白いの?


と思われていたが、

実際は、予想以上の売り上げになった。



ミッドナイト開催の売り上げ:1億~1億5000万

ミッドナイト開催の経費:5000万

 … お客が来ないので警備員など不要。経費が圧倒的に安い。


昼間開催FIIの売り上げ:3000万~8000万

昼間開催FIIの経費:8000万



平日の昼間っからギャンブル場へ足を運べる人間と、

夜の隙間にスマホをポチポチできる人間と、

どっちが多いか、そんなのみんなが知ってるからね。


しかも「競合物件」がない。

競馬、オート、ボートともに、ナイター(午後9時まで)はあるけれど、ミッドナイトレースはない。これらが売り上げ好調の理由。

当初は、周辺住民に迷惑であるため、「ドーム式」の競輪場でのみ開催が許可されたが、、、こんだけ売り上げがいいので、いつのまにか、、俺も、俺も!

西武園、奈良、佐世保、、、、青森までも!?

雪国の夜に屋外で自転車に乗れるのか?

(以上、お仕事の合間に、審判員さんが話してくれた。)



とはいえ、、、

やはり、


お客にとって、楽しいのか?

叫ばなくても、楽しいのか?

これでは自転車競技ではなく、完璧に「ギャンブル」。

夜中に小銭をいじくるどこぞの公務員をあてにしている程度でしょ。

もっと太い客が欲しいよね。


残念だけど、無観客試合では「自転車競技」をアピールない。客層はなかなか広がらないだろうなぁ。

とはいえ、目先の売り上げに走らざるをえない競輪界の現状には、十分に同情します。

「ミッドナイト」じゃなくて、「ナイター」に力をいれろ!って、散々怒鳴っているんですけどね。



………



さて、お仕事のお話。


結構大変ですよ、これ。

ひとつのレースが始まって、次のレースの展示が終わるまで、ずっと直立不動。

それを7回(昼間は12回)。

気が遠くなりそうだね。


さらに、毎レースごとにスタート装置を設置。

あれが、重たいのなんの。

落車があったら、急いで駆けつけて、ヘビー級の選手を担架に乗せて、コースの安全確保。バンクを箒で掃除して、と大忙し。

汗かいて、ジャージを脱ぎたいけど、それは無理。

最終日は審判塔などの設備の片付け、そして選手休憩室の掃除。



世の中に、らくな仕事なんてないよ。






[PR]

by akogarehotel | 2017-05-03 22:53 | 競輪ブログ | Comments(4)