<   2017年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

2087. 某高校水球部OBトライアスロン部自転車特別練習 平成29年10月29日(日)

某高校水球部OBトライアスロン部自転車特別練習 平成291029日(日)



キャンプ場を一人で出発し、向かった先はグリーンドーム。

イシケンさんのグリーンドーム走行会。

f0131183_22354978.jpg

栃木の「走行会」も来訪とのことで、今日はたくさん。

さらに、栃木の「プロ」のかたまで来てます。赤星パンツの人が3人。その一人は神山拓也さんだそうです。(先日の松戸で、くそ選手に不利を受けたかわいそうな方です。)3人でチームスプリントの練習をしていた。


そんななかを、シロウトが走らせてもらうなんて本当に申し訳ない。

ほんと、ありがたいです。




f0131183_22360857.jpg

(目線を入れると逆に変かな?)

↑矢板トライアスロンに参加した後輩に声をかけたら、喜んで参加。

右側のアナザワ君は「アイアンマン」。アイアンマンレースの自転車の距離は180km

左側のセコ君は、赤城ヒルクライムで1時間6分。ハルヒルでは俺に負けたくせして…ということは、俺も頑張れば1時間くらいで走れるのか?



彼らは今日がピスト初挑戦。

最初は恐がっていたけれど、日ごろの鍛錬があるので、走行会が終わる頃には、もう問題なく乗りこなしている。

セコ君は、僕の時速40kmの周回に着いてきて、さらにラスト1周のダッシュも着ききって、あわや差しそうになってる。(と書いたけど、あと10年は差されっこない。)


まだ「本気のダッシュ」をしたことがないので、今回は1000TTは遠慮したが、次回は是非チャレンジさせてみたいね。ただ、2人とも僕と同じく長距離専門だから、タイムは期待できないけど。



………



自分のこと。


今日のタイムトライアルに向けて、乗り込んできたのに、

 1分20秒4

なんだよ、これ。。。


「スタートからのスタンディングがダメです。最初の半周だけで、2秒縮まります。」

とイシケン師匠。

こんなシロウトに対して、ありがたいご指導です。。。。



………



平塚競輪が台風にも負けずに開催中。

帰りに場外車券で、意図しない「走行会料」を払ってきたのは言うまでもない。

た、け、だぁぁぁぁぁぁぁぁ!





[PR]

by akogarehotel | 2017-10-31 22:33 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2086. みどりの村キャンプ場・群馬県高山村 平成29年10月28日(日)

みどりの村キャンプ場・群馬県高山村 平成291028日(日)



台風が近づいているというのに、、、

f0131183_18544325.jpg

今年は日曜日に雨が降ることが多いから仕方ない。





f0131183_18541218.jpg

テントの予定だったが、雨のためコテージタイプに変更。

ブルーシートで防寒したので、なんだか浮○者の家っぽくなっちゃいました。

この日は、雨よりも、寒さのほうが厳しかった。

みずぼらしい外見ですが、室内は快適。

そこそこ広いベッドと、そこそこ広い居住スペース。3家族で5人の子供が集まって遊んでいても、狭く感じない。

1泊1万円なら、文句ないです。



しかも、

「どうせ次の日は予約が入っていないから、何時までも遊んでいていいよ」

とのこと。素晴らしくテキトーなサービスです。



キャンプ場は、渋川から北へ。小野子山の峠の上にあります。

山のてっぺんなので、坂だらけのキャンプ場。本来、キャンプには不向き。

だけど、森と小川とアスレチックが楽しそうだから、夏に来るといいのでしょう。これだけ木が繁っていれば、真夏でも過ごせそうです。

最近は、軽井沢でも暑すぎるから。

f0131183_18542995.jpg

………



土曜日。

子供たちの卓球の練習が終わってからキャンプ場へ。

(キャンプよりも優先される練習。当然。)



午後5時到着。

もう寒い。(夜は10℃推定。朝は5℃推定。)

ダウンなど完璧に着込んで、鍋料理。この気温ではバーベキューなんてやってられません。しかもガスコンロで鍋。文明キャンプ。

室内には持参した電気温風器。電気がないとキャンプなんてできません。



好きなだけ飲んで、眠くなったら寝る。

片付けは明日やればいい。

キャンプの長所を最大限に生かします。



翌朝、子供の遊ぶ声に起こされ、片付け開始。

朝食は「ランチパック」をホットサンドに。これはおいしい。



10時。

遊んでいる子供たちを残して、僕だけ次の目的地へ出発。


天気がよければアスレチックが楽しそう。

群馬天文台とほぼ隣接しているので、普通は寄っていくものらしい。

それよりも、渋川からここまでの「中山峠」が舗装も斜度もちょうどよく、おいしそうな坂に見えた。




放射能がちょっとだけ心配なのが残念。





[PR]

by akogarehotel | 2017-10-30 18:53 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

2085. 親と子の「自由研究」 平成29年10月22日(日)

親と子の「自由研究」 平成291022日(日)



長男が夏休みの宿題で提出した自由研究が、学校代表になり、

この日曜日に発表会があった。

f0131183_18482558.jpg

と、偉そうに自慢げに書いたけど…

自慢するとすれば、子供の能力よりも、親としての僕の努力でしょう。ムフっ。



… 自由研究を子供だけでやってるわけないじゃん!



………



去年の夏、

長女(小学校低学年)の自由研究が学校代表に選ばれた。

それを長男がうらやましがって、「来年は僕も出たいなぁ」とボソリ。



長女の研究は「ハムスターの研究」。

ハムスター2匹の行動を24時間調べるだけ、という単純なもの。

そりゃ、単純に決まっているよ、だって小学生の発想だから。

そりゃ、単純に決まっているよ、だって小学生の発想にみせかけなきゃいけないから。



長女がこの研究で自分の意思を示したのは「ハムスター」という単語だけ。

それ以外の観察項目、目線、言葉使いなどなど、全て親としての僕。

僕の「小学生っぽくみせる」工夫の功績です。



ちなみに、長男の去年の研究は、「本能寺の変について」。

 →去年の記事へリンク

本能寺の変が起きたと思われる夏の日の朝6時に、本能寺があったと思われる京都の跡地へ行って、京都の観光をして、ゲーセンで遊んできたことの作文。

個人的には「いい研究」だと思うけど、自由研究は「理科」じゃないといけないんだってさ。学校って、細かいことにうるせぇなぁ、いちいち。



………



そして、今年、長男を学校代表にするための研究は、

「おいしいチャーハンの作り方」

f0131183_18481090.jpg

どうやるとパラパラしたチャーハンが作れるか、という研究。チャーハンを作るときに、水分を減らす、前もって卵を混ぜるなどの工夫をする。


どれくらいにパラパラになったかを判断する方法として、

大さじ1杯ぶんのチャーハンを高さ30cmから落として、いくつのかたまりに分裂するかを調べる。このように「数値化」すると、学校の先生のウケがいい。


また、ひたすらN数を増やす。

同じ実験を最低2回ずつ行う。これもウケがいい。


当然、上記のことを小学生が発想するわけない。親の発想。

(医者ってのは、最も「研究」に慣れてる職業だ。)

でも、先生がたにはわからない(はず)。

子供が考えたと思っているはず。だって、題名が「チャーハン」だから。

いかに小学生っぽさを出すかが、親の才能の見せ所。


ということで、めでたく学校代表に選ばれ、日曜日は前橋市内の発表会でした。



………



f0131183_18475654.jpg

発表会のプログラム。


「親の発想」がバレバレなもの多数。

または「でんじろう先生」ものも複数。

かぶっている題名も多いので、それらは何かの雑誌から持ってきたと推測。


水力発電のしくみとか小学生が考えるか?

医療機器を使って酸素濃度を測定してる時点で、「親が医者」である証明。

別ページにはDNAの研究なんてのもある。DeNAなら許すけど。


「昆布の研究」は、ある意味「親の自慢」。羅臼昆布と利尻昆布を1枚まるごと使っている。万単位の研究費ですね。



ということで、並み居る優秀な研究をしりぞけて、チャーハンの研究が発表会で「優秀賞」に選ばれました。

これもひとえに、私の努力のいたすところと…



………



そもそも「自由研究」って、必要なん?

こんなことやってて、将来の役に立つのか?

理科に限る、国語算数社会の研究は認めない、という時点で、ヤル気激減。


会場にいるお父さんがたとは友達になれないだろうと勝手に納得。







[PR]

by akogarehotel | 2017-10-26 18:47 | 子育てられ | Comments(2)  

2084. この本を読むか? 「左近」 火坂雅志 平成29年10月21日(土)

この本を読むか? 「左近」 火坂雅志 平成2910月21日(土)


f0131183_13323617.jpg

大河ドラマ「天地人」の原作者火坂雅志さんの遺作。

執筆途中に急逝してしまったそうです。なので、話は途中まで。


「左近」とはもちろん、島左近。

島の左近と佐和山の城の、島左近。

93馬の特技なし、でしたっけ?


有名作家さんの小説なので、期待値が高すぎたのかもしれませんが、


確かに、前回読んだ「日本版パイレーツ」よりは、十分に歴史小説っぽく仕上がってます。が、


島左近をヒーロー化したい意識が、ギラギラしすぎ。

要所要所で、島左近が常に正解の選択肢を提案する。でも、諸人物がそれを否定してしまうので、島左近の人生が変わっていく。

「できすぎた人物」という感覚です。



筒井順慶の描写も違和感。

「病弱である」という定説から、作中に登場するときは、常にゴホゴホと咳をしてアピール。

しかし、10代の頃から病弱で、その後20年も生き延びる人なんて、この時代にはありえません。「36歳で病死した」という事実から、「若い頃から病弱だった」と勝手に設定しているのが、なんだか安っぽく感じてしまう。



柳生宗厳にも納得しない。

松永久秀の参謀として、数々の悪事に従事させられている。

でも、柳生宗厳も、足利義輝も、ともに上泉伊勢守の弟子。兄弟子を殺した松永久秀を、柳生宗厳が完璧に補佐するってのは、アリエルン?松永久秀が死ぬと、急に「いい人」になっちゃって、「おれは徳川を助ける」とか言い出して、、。



最も無理な設定は、

島左近と石田三成が初めて出会うシーン。

京都の山道で、バッタリ偶然に

いくらなんでも、これはねぇ。京都ってどんだけ狭いの?



余分な先入観を持ちすぎなんですよね、僕が。

だから、本がつまらなくなる。

結末が分かっているというのも、楽しくない要因のひとつですけど。



残念だけど、歴史小説は読みつくした感がある。

次は、前々から勧められていた、「すい臓を食べる話」を読んでみます。

これも医学的知識が邪魔しそうですが。




あぁ!知識がじゃまをするーー。






[PR]

by akogarehotel | 2017-10-21 13:31 | この本を読め | Comments(2)  

2083. ゲーセン日記復活 平成29年10月20日(金)




ゲーセン日記復活 平成29年10月20日(金)



いろいろなものが復活している。


リアルドラムを演奏しているので、ドラムマニアはむしろ遠慮。

・戦場の絆

・三国志大戦4

・クロスビーツ



★戦場の絆


あちこちのゲーセンから撤去されつくし、ついに前橋ではマトリクスくらいしか存在しなくなったが、そのマトリクスは1ゲーム200円の大サービス。

前橋じゅうのお客が集まるらしく、意外と混んでいる。とはいっても、8PODのうち半分がうまる程度。

モビルスーツが一新されて、またまた所持MSが減ってしまった。悪徳商法め。


中尉大尉でまったりプレイ中。



★三国志大戦4


「漢」勢力が導入されたが、興味はない。

それよりも、、、

ついに「他人が捨てたカード」を利用できるようになった。

捨てた側には「縁」がたまるので、リサイクルボックスにSRが捨ててあったりする。


そのゴミ箱から念願のホウトウを発見。(いまさら?)

 Rホウトウ(連環) 1.0

 R孔明の妻(攻城兵) 1.5

 R関羽(武神) 3.0

 SR馬超(白銀) 2.5

行き着くところは、やはり攻城兵。



★今日のメインは、音ゲーの「crossbeats(クロスビーツ)」

f0131183_17591882.png

音楽にあわせて、画面上の「◎」をタッチする。


「シュガーソング アンド ビターステップ」という曲が好きで始めたのだが、第一印象はつまらなかった。センサーが厳しいし、スマホを使わない人間にスライドは難しい。

しかし、なぜか、やり込んできたらハマッてしまった。

最初は低レベルの曲にも苦労していたが、苦節半年、ついにレベル53をフルコンボできた。

f0131183_17524618.jpg

DAYBREAK FRONTLINE(ORANGESTAR) master Lv53

↓動画は他人のもの。ゲームは同じ。



他には、トルコ行進曲、カノン、四季(春)、エンターテイナーなど、一応、「大人用」の曲もありますが、、、

やはり、恥ずかしいのでプレイ時間帯を気にしています。


シュガーソングとビターステップ(リンク)

さよなら最終列車(リンク)




WCCFは…

一度、離れると、再び遊ぶのは難しいゲームですね。

コーチもいないし、。

イチゲンさんには不可能なゲーム設定になってしまいました。








[PR]

by akogarehotel | 2017-10-20 17:55 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

2082. 太もも育成計画 平成29年10月19日(木)

太もも育成計画 平成29年10月19日(木)



そろそろ話してもいいでしょう。


数年前、僕のところで働いていた女性が、競輪学校の入学試験を受けた。

同時に受験した児玉アオイを退け、一番時計で合格したものの、諸事情あり、現在は競輪選手にはなっていない。

その女性の1000TTのタイムが、1分17秒だったか、18秒だったか。


ということで、僕自身の目標タイムは、1分17秒。



………



ベストは1分20秒1。

まずは、1分20秒を切りたい。

なので、太もも育成中。

f0131183_18361668.jpg

基本的にピスト練習。


ローラー:持久力練習

時速43kmで距離15km

本来ならロード用の練習を、ピストでする。

ギアは50-16(3.12)。上ハンドルを持てないぶん、ロードよりもつらい。

本当は20kmくらい走りたいけど、そんなに暇がない。



ローラー:もがき練習

km全力

メニューは他にもありえるけど、まずは単純に。

1本終わると、5分休んで次。

何本もやりたいけど、時間の都合で2本くらい。いい大人なので。



特にもがきのときには、ハムストリングと大臀筋で「踏む」ことが大切。

ただし、そうするとピストがローラーの上を「はねて」不安定になる。ローラーから落ちそうになる。時速55kmを越すと、かなり危ない。

落車を防ぐ1つの方法は、引き足を同等に使うことだが、なぜかピストの引き足は大腿四頭筋に負担がかかる。おそらくギアが重たいため。


もう1つの方法は、体重を確実にサドルに乗せて、腹筋と背筋でピストをしっかりと押さえること。ハンドルに体重を乗せちゃダメ。前傾しちゃダメ。

サドルにしっかりと座る、基本中の基本ですね。


しかし、もがきは翌日に応えますねぇ。

自宅の階段を上るのもつらい。いい大人が…



………



DVDを観ながらのローラーは楽しい。

(もがき中は観れないけど)


戦国鍋を見終わってしまったので、今は、「ゲームセンターCX」。

昔懐かしいファミコン世代のゲームをよゐこ有野がひたすらプレイするだけ。全く知らないゲームがほとんどで、プレイ内容もだらだらしているけど、なぜか見入ってしまう。その「息抜き感」がいいのかも。

系列DVDを合わせれば30巻以上あるけど、これももうすぐ見終わってしまう。

f0131183_18355096.jpg
f0131183_18360353.jpg








[PR]

by akogarehotel | 2017-10-19 18:34 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2081. 箕郷周回、箕郷食堂(味里) 平成29年10月3日(火)

箕郷周回、箕郷食堂(味里) 平成29年10月3日(火)



先週のこと、

天気がよかったので、ちょっともがいてきた。

ピストで箕郷周辺へ。

f0131183_13405194.jpg

↑芝桜大橋から見る榛名富士



………



7月のトライアスロン練以来、久しぶりの「街道」。

室内ローラー練習ばかりのもやしっ子でしたので、外の空気が新鮮です。


しかし、

箕郷周回の頂上には産廃処理会社があって、平日の昼間はダンプカーが忙しい。

全然、新鮮な空気じゃないし…


周回は1周で終わりにして、「芝桜もがき」へ。

有名な「芝桜公園」の横に、700mの直線。やや下っているのでスピードが出しやすい。

こんな道は、ピストに限る。

死ぬほど回せば、たった700mだけど、意識次第で十分練習にはなる。


5本ほど死んで終了。(平日なので遊んでばかりはいられない。)

↓帰り道、箕郷から見る高崎市街。

f0131183_13423124.jpg


………



いつもの「味里」(みさと)で昼食。

f0131183_13424689.jpg

平日の昼間は混雑。そりゃ、このボリュームですから。

f0131183_13421407.jpg

↑これはトンカツ定食(並)。

オススメはミックス定食。おかず3品を自分で選んで、ご飯大盛にうどんが付いて880円。



ただし、僕がここに来る理由は、これだけではなく、こちらの店主さんが子供の卓球の先生(師匠、コーチ)だから。料理の先生ではなく、卓球の先生。

この先生なくして、今回の優勝はなかったですから。





[PR]

by akogarehotel | 2017-10-14 13:39 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2080. 寛仁親王牌 平成29年10月7日(土)

寛仁親王牌 平成2910月7日(土)



前橋で行われている世界最大の自転車イベントについて、触れておかないわけにはいかない。

寛仁親王牌G1 (10月6日~9日)

f0131183_00415856.jpg

昔は立錐の余地もなかったのに、今は寂しいなぁ。

前橋市の収入が減っちゃうよ。



………



7日の土曜日。

仕事が終わってからドームへ。


カレーを食べたら、9レースが始まるところ。

野原雅也が出る。説明不要の「出たら買う、必ず買う」選手の一人。

f0131183_00463652.jpg

とか言いながら、車券は番手の南から。

「お父さん、カラオケ上手い!」と声をかけたら、頑張ってくれて、おかげで南が2着。

スジ違いで万車券かと思ったら、たった4000円。前橋のお客さんは車券が上手です。



10レース。

古性-稲垣-村上 のライン以外を買えるわけない。

稲垣村上の1点で、7倍はおいしすぎる。

f0131183_00464764.jpg


11レース。

大嫌いな選手が出て、なおかつ本命。

こんなレースは絶対に買わない。見てるだけ。

結果は、案の定。



12レース。

勝ち上がり関係ないレースでの脇本は予定通りの凡走。

(婚約者が見ているのにな。)

深谷の3番手の浅井から買って、結果は金子浅井。当たったけど手数料の損。

レース前の浅井のバンク登りが見られたから、まぁ許す。

f0131183_00465945.jpg


3レースだけ買って、3レースとも的中。

まぁまぁかな(^^)



………



この日のドームは知り合いの皆様が多数。

申し合わせてもいないのに、

アベさん、アヤカさん、ヒロサワさん、当然イシケンさん。なんか「いつもの場所」って感じでいいですね。

実は、後述の「うちの事務員さん」も来ていたそうで、ビックリでした。



………



嫌いな選手のこと?


①直前の松戸の決勝

 吉田拓-神山-そいつ

吉田が逃げてくれて、2コーナーで神山が外を牽制して、戻ろうと思ったら、そいつが内突いて吉田の番手にいる!神山は位置なく後退。

3コーナー、番手まくりで吉田を捲って、そいつの優勝。



②その前日、準決勝

 長島(栃)-そいつ

最終周回3番手を取った長島がバックで捲れそうにない。バックで、長島の「内を抜けて」自力で捲って1着。

こいつの罪は、

・味方を見捨てる

・味方を裏切る

のほかに、「危険走行」なんだよ。

いきなり、内を突かれたら危ないんだよ。それが分からないわけもないのに。

「内を突くとラクだから」内へ行きやがる。実力のない証拠。



③そして寛仁3日目、準決勝。

仲間はずれは単騎。

前を行く古性の内を突こうとしたら、戻ってきた古性の後輪に激突して落車。

当然の報い。


なんだよ、翌日も出走してるのかよ。



④ちなみに、翌日のそのレース。

関東4車、しかし、栃木栃木茨城の3人と、そいつは別線。

選手たちの間では、ちゃーーんとわかってる。



アベさんと、そいつの悪口で盛り上がっちゃいましたね。



★★★



最後に、ビッグニュース。

f0131183_00421277.jpg

うちの事務員さんと、上のサインの右側の人の奥様とが古くからのお友達。お互いに、実業団レベルのバレーボール選手だったという。

その縁で、群馬に来るときは必ずうちの事務員さんの家(焼き鳥屋)に、サインの左側の人と2人で遊びに来てくれるんだとか。

すごくね?


(右側の人は「VO」ではなく「V10」、左側の人は「不動会」。)



前検日の夜、

『今、(焼き鳥屋に)来れば、一緒に飲めますよ』

と連絡を頂いたけど、さすがに、それは非常識なので、サインだけお願いした。

すると、焼き鳥屋での記念写真とクオカ(稔真カップ)もおまけにつけてくれた。


ロッカーへのサインもお願いしたが、彼らが現れれば現場がパニックになる。

『もしもチャンスがあれば、書いておく』とのこと。

どうなったでしょうか、まだ確認できてない。



来年は、焼き鳥屋に押しかけちゃおうかな。

それとも、その焼き鳥屋でバイトしようか。






[PR]

by akogarehotel | 2017-10-12 00:40 | 競輪ブログ | Comments(2)  

2079. 【親バカ速報】”アベック優勝” 平成29年10月9日(月祝)

【親バカ速報】アベック優勝 平成2910月9日(月祝)



今回だけは許せ

f0131183_13302824.jpg

前橋市民スポーツ祭 卓球競技

 優勝(中学1年男子)

 優勝(小学生女子)

うちの子供2人がそろって優勝。



実は、内部事情があって「レベルの低い試合」なんだけど、


優勝はうれしい

チャレンジでも、優勝はうれしい

未勝利戦でも、うれしい

f0131183_13300009.jpg

f0131183_13301485.jpg


………



長男が出場したのは、「中学1年生以下の部」。

うちの子は小学生。「小学生の部」に出れば優勝して当然なので、ちょっと背伸びをした。


じゃぁ、すごい?

そうではなくて、

本当に強い小学生は、その上の「中学2年生」とか「高校生」に参加している。ナニソレ?



………



朝、プログラムを見てビックリ。

なんと、第1シード!

f0131183_13304380.jpg

「うちの子が一番かよー」 ←どこかのトライアスロンで聞いたセリフですね。


1回戦:シード

2回戦:3-0

3回戦:3-2

4回戦:3-0

準決勝:3-0

決勝:3-2


3回戦だけ、3-2っておかしいだろ?

それゆえに小学生なんです。


3回戦の相手は、ハトポさんのお子様の同級生。

あっさり2セット取ったのに、3セットめで緊張の糸が切れた。

ミスが続いて、ドキドキして、興奮して、パニックになって、、、、

典型的な「地団駄」を踏んでいる。動画に撮りたいくらいだ。


相手は何もしないで立ってるだけなのに、勝手にミスして、勝手に失点して、勝手にセットを取られてる。

2-2 のフルセットになってしまった。


親としては、あきれて物も云えない。もう負けろ、バカ。と思ったが、

5セットめに相手のミスをきっかけに回復した。まさに病気が治った。


数字上は接戦の試合だったけど、申し訳ないけど、実力差は誰が見てもはっきりしてる。



しかし、ここを勝てたのが全て。ラッキー。

その後の2戦はむしろ調子を上げて、


決勝は、何度も対戦している同じクラブの小学生。お友達。

4セットめに相手にマッチポイントが出たけれど、そこを凌いで、

5セットめもデュースまでもつれこんで、勝利。


初タイトルです。

強い相手の出ていないプレシーズンみたいな大会だったけど、優勝は優勝。家族大喜び。



………



一方、長女は、


小学生はリーグ戦形式。

予選リーグは4人のうち1位のみ通過。


最初の試合では、スマッシュミスが目立ち、随分とネットが揺れている。

 それじゃ、無理だろ、今日の目標は予選通過だね

と思っていた。


その予選リーグは、相手にも恵まれて、

 3-0 3-0 3-1

で首位通過。



………



決勝もリーグ戦。各グループの首位だけ4人。

 Aグループ:去年の優勝者

 Bグループ:うちの子

 Cグループ:いつものライバル

 Dグループ:いつものライバル


4人の小学生の女の子。最年少はうちの子。

いつものライバルとの対戦成績は勝率5割くらい。去年の優勝者とは初対戦。

 「2位で十分かな」



ところが、親の予想に反して、

 1戦目:Cグループのライバル 3-0

 2戦目:Dグループのライバル 3-0


そして、

 3戦目:Aグループの前回優勝者 3-0


圧倒的じゃないか!?

予想外の結果に、みんな大興奮でした。



………



ところで、

卓球の選手管理はしっかりしています。


小学生の試合でさえ、シード順が非常に正確に判断されています。

おそらく「競走得点」みたいなものを卓球協会が正確に計算していて、その得点によりシードの振り分けが行われている。

今回の試合で、子供2人ともが、競走得点をさらに上げた。

これがうれしい。


シード順位が高いと、いきなり強い相手と対戦することがなくなります。

必然的に順位が上がりやすくなります。


競走得点って、大事だよね。






[PR]

by akogarehotel | 2017-10-10 13:24 | 子育てられ | Comments(0)  

2078. 群馬県選手権(水球) 平成29年10月1日(日)

群馬県選手権(水球) 平成2910月1日(日)



f0131183_23593706.jpg

年に一回の水球の試合。


今年は、OBチームの参加予定人数が、ちょうど7人(水球は1チーム7人)だった。

フル出場を覚悟していたけれど、当日になってみたら、12人いる!直前にいろいろ声をかけてくれたらしい。

これなら試合は若いものに任せて、落ち着いて「監督業」に専念できる。


監督といっても、お気楽な「OBチーム」ではなく、本気の「現役高校生チーム」の正式監督。



というのも、


水球部顧問のアダチ先生(東大卒)は、高校時代の同級生。

頭はいいけど、水球どころか、水泳も経験がない。


『自分がベンチに入っていても、何の役にも立たないから、是非お願いします』


と、監督役を頼まれた。

で、9月に3回だけ練習を見に行って、そしてこの日は、偉そうにミーティングなどしながら、「監督」っぽいことを。

f0131183_00021233.jpg

↑手作りのフォーメーション板。



結果は、それなりに。

f0131183_23592374.jpg

最も重要な前橋南高校との試合が、シーソーゲームの末に、2-3 で敗戦。

一時は、2-1 でリードしていたのに…


え、1点差ゲームは監督の責任?

それは野球だけの話。



………



僕が監督をすることによって、選手(高校生)が試合を楽しんでくれればそれでいい。



「ボールを持っても、何をやっていいかわからない」


それじゃぁ、少しも楽しくない。

ウロウロして、ムダパスでボールを奪われて、あっさり失点。

大差負けばかりでは、面白いはずがない。


選手(高校生)が、

「どうすればいいか」をわかりながらプレイして

負けるにしても、失点を少なくして、

明日からどんな練習をすればいいかを理解してくれて、


水球って、楽しいなぁ


って、思ってくれるとうれしい。



とすると、メンバーチェンジなんかも、かなり気を使いますよ。

試合に出られなければ楽しいわけないし、でも明らかに泳力の落ちる選手の使いどころを探すのも難しい。かわりに交代させられる選手のことも考えないといけないし…



まるでWCCFですね。



選手の顔と名前を覚えて、

ジュースを配って機嫌を取ることから始めてます。






[PR]

by akogarehotel | 2017-10-04 23:56 | ただの日常日記 | Comments(0)