2020. 赤城山オートキャンプ場 平成29年3月19日(日)

赤城山オートキャンプ場 平成29年3月19日(日)



アウトドアなんだから、アウトドアに徹していれば問題ないのに。



………



連休はキャンプへ。

走行会とか、大学の同窓会とかをお断りしつつ、いつもの赤城山キャンプ場へ。

f0131183_18240214.jpg

自転車を持っていこうかと思ったら、赤城旧道がまだ凍結通行止めとのこと。

同じ前橋なのに、当たり前だけど、市街地よりまだ寒いらしい。もう3月なのに、深夜12時を過ぎると、氷点下になる予想。


そんなときには「電源付サイト」。

キャンプなのに電気を使うのかよ、と思って当然だけど、お客を集めるためには必要なサービスです。最近は、ほとんどのキャンプ場に電源付スペースがあります。

成田にも軽井沢SGにも、もちろんあります。


が、キャンプ施設としては、開設時に電気の使用を想定していない。

そのため、契約電気量が非常に少ない。

しかし、キャンプのお客はそんなこと関係なく、電気に頼る。

その結果、ブレーカーが落ちて停電する。



………



春分の日とは思えない、肌冷えの連休。

うちも含めて、あちこちで電気暖房具がフル稼働。

f0131183_18233405.jpg

そして、当然の停電。

夜には小雪が舞ってきた。これが本来のアウトドアなのに、ちょっとだけサバイバル気分。

バーベキューの熱で暖をとる。



我が家では(妻の趣味で)、寝袋もシートマットもテントも、雪山OKの装備。

だから、あまり困りはしなかったけど、施設側は全テントに、毛布や薪を無料で配ったりして、まさに平身低頭。丁寧な対応です。

参加料500円のビンゴ大会の賞品が、売店で300円で販売している品物だったりして、実は、あまり褒められないキャンプ場だけど、ちょっとだけ見直した。



………



翌日は、恒例となったルアーフィッシング。

赤城山のふもとの落合釣堀。

f0131183_18234778.jpg

じっと待つなんてことが、性分には絶対に似合わない僕ですが、子供に付き合って仕方なくやってみた。。。が、

魚に、見事にルアーを食いちぎられた。

2000円もするルアーなのに、と子供に怒られてしまった。


SRの印刷代4枚ぶんか。





[PR]

# by akogarehotel | 2017-03-24 18:22 | 子育てられ | Comments(0)  

2019. お友達ご紹介 平成29年3月17日(金)

お友達ご紹介 平成29年3月17日(金)



「お友達」なんて言っては失礼きわまりないのですが、フェイスブックでは、世界人類みんなが友達ですから。



………



FBで「友達」になっている先生の講演会に行ってきました。

f0131183_12353061.jpg

萬田緑平先生

(緩和ケア診療所『いっぽ』)

すぐご近所で「緩和」専門の在宅診療をされている先生です。

本を3冊も出している、全国的に有名なお人です。

f0131183_12361309.jpg

f0131183_12362684.jpg

↑あつかましくサインももらっちゃいましたが、、、



医学が大嫌いな私が、医学の勉強会なんかに、お付き合い程度の気持ちで出席するわけがない。


わざわざ出かけた理由は、萬田先生が自転車乗りだから。

毎週、あちこちへロングライドに出かけ、その動画をFBにあげてくれます。

鬼石桜山(激坂)や榛名富士見(超激坂)にも、ご夫婦で上っています。先日は榛名外周100kmでした。

一応”TCR所属のようですが、走行会に出た話はあまり聞きませんね。


去年のハルヒルで、ゴール直前に「鳴り物」を叩きながら応援をしていた変な人です。


宝台樹や草津に、「かおなし」のコスプレで滑りにいく奇人です。


要するに、学問なんか関係なく、惚れ込んでしまう先生です。



………



講演の内容は、


疾患末期の患者さんが、病院で亡くなるか、自宅で亡くなるか。

もしも患者さんが「とりあえず自宅へ帰りたい」と選択したら、周りができるだけのサポートをしてあげようよ。

入院継続で治療を希望する人がいれば、それでよし。自宅で過ごしたい(最後を迎えたい)という人がいれば、その手助けをしましょう。

患者さんのなかには、まだまだ若い人もいるわけで、そのような人を実写を見せられると、、、、涙が出そうでした。



群馬県内だけでなく、あちこちで講演を継続しています。

ググッてみてください。



………



そういえば、30年前、石垣島で仕事をしていたとき、、


島の高齢者は、どんなに重症でも、病院へ入院しないで自宅にいる。

そもそも「入院」という単語は、島のじいちゃん、ばあちゃんはよく知らない。

寿命が来たら、家でお迎えを待つ。

救急車で病院へ運ばれてしまったとしても、

あと1日で亡くなります、という状態になると、自宅へ「退院」する。

自宅で息を引き取ると、医師が自宅へ行って、死亡を確認する。


しかし、同じことが、東京でできるか?!


訴えられるだけ。

あるいは、

自宅へ帰ったあとのサポートが何もない。

そのサポートが萬田先生なんですね。



………



ちなみに、本の左側に写っている人は、、、、

僕が学生の頃、授業があったらしいのですが、学校に行っていない僕にはわかりません。


あくまでも噂、つまり、周囲の評判ですが、

・口が悪い、言葉が汚い

・その口の悪さが、医者ではなく一般人から人気

・要するに人気取りでしょ?

ということで、学内には敵ばかり。


繰り返しますが、学校に行っていない僕にはわかりません。






[PR]

# by akogarehotel | 2017-03-21 12:35 | ただの日常日記 | Comments(0)