2079. 【親バカ速報】”アベック優勝” 平成29年10月9日(月祝)

【親バカ速報】アベック優勝 平成2910月9日(月祝)



今回だけは許せ

f0131183_13302824.jpg

前橋市民スポーツ祭 卓球競技

 優勝(中学1年男子)

 優勝(小学生女子)

うちの子供2人がそろって優勝。



実は、内部事情があって「レベルの低い試合」なんだけど、


優勝はうれしい

チャレンジでも、優勝はうれしい

未勝利戦でも、うれしい

f0131183_13300009.jpg

f0131183_13301485.jpg


………



長男が出場したのは、「中学1年生以下の部」。

うちの子は小学生。「小学生の部」に出れば優勝して当然なので、ちょっと背伸びをした。


じゃぁ、すごい?

そうではなくて、

本当に強い小学生は、その上の「中学2年生」とか「高校生」に参加している。ナニソレ?



………



朝、プログラムを見てビックリ。

なんと、第1シード!

f0131183_13304380.jpg

「うちの子が一番かよー」 ←どこかのトライアスロンで聞いたセリフですね。


1回戦:シード

2回戦:3-0

3回戦:3-2

4回戦:3-0

準決勝:3-0

決勝:3-2


3回戦だけ、3-2っておかしいだろ?

それゆえに小学生なんです。


3回戦の相手は、ハトポさんのお子様の同級生。

あっさり2セット取ったのに、3セットめで緊張の糸が切れた。

ミスが続いて、ドキドキして、興奮して、パニックになって、、、、

典型的な「地団駄」を踏んでいる。動画に撮りたいくらいだ。


相手は何もしないで立ってるだけなのに、勝手にミスして、勝手に失点して、勝手にセットを取られてる。

2-2 のフルセットになってしまった。


親としては、あきれて物も云えない。もう負けろ、バカ。と思ったが、

5セットめに相手のミスをきっかけに回復した。まさに病気が治った。


数字上は接戦の試合だったけど、申し訳ないけど、実力差は誰が見てもはっきりしてる。



しかし、ここを勝てたのが全て。ラッキー。

その後の2戦はむしろ調子を上げて、


決勝は、何度も対戦している同じクラブの小学生。お友達。

4セットめに相手にマッチポイントが出たけれど、そこを凌いで、

5セットめもデュースまでもつれこんで、勝利。


初タイトルです。

強い相手の出ていないプレシーズンみたいな大会だったけど、優勝は優勝。家族大喜び。



………



一方、長女は、


小学生はリーグ戦形式。

予選リーグは4人のうち1位のみ通過。


最初の試合では、スマッシュミスが目立ち、随分とネットが揺れている。

 それじゃ、無理だろ、今日の目標は予選通過だね

と思っていた。


その予選リーグは、相手にも恵まれて、

 3-0 3-0 3-1

で首位通過。



………



決勝もリーグ戦。各グループの首位だけ4人。

 Aグループ:去年の優勝者

 Bグループ:うちの子

 Cグループ:いつものライバル

 Dグループ:いつものライバル


4人の小学生の女の子。最年少はうちの子。

いつものライバルとの対戦成績は勝率5割くらい。去年の優勝者とは初対戦。

 「2位で十分かな」



ところが、親の予想に反して、

 1戦目:Cグループのライバル 3-0

 2戦目:Dグループのライバル 3-0


そして、

 3戦目:Aグループの前回優勝者 3-0


圧倒的じゃないか!?

予想外の結果に、みんな大興奮でした。



………



ところで、

卓球の選手管理はしっかりしています。


小学生の試合でさえ、シード順が非常に正確に判断されています。

おそらく「競走得点」みたいなものを卓球協会が正確に計算していて、その得点によりシードの振り分けが行われている。

今回の試合で、子供2人ともが、競走得点をさらに上げた。

これがうれしい。


シード順位が高いと、いきなり強い相手と対戦することがなくなります。

必然的に順位が上がりやすくなります。


競走得点って、大事だよね。






[PR]

# by akogarehotel | 2017-10-10 13:24 | 子育てられ | Comments(0)  

2078. 群馬県選手権(水球) 平成29年10月1日(日)

群馬県選手権(水球) 平成2910月1日(日)



f0131183_23593706.jpg

年に一回の水球の試合。


今年は、OBチームの参加予定人数が、ちょうど7人(水球は1チーム7人)だった。

フル出場を覚悟していたけれど、当日になってみたら、12人いる!直前にいろいろ声をかけてくれたらしい。

これなら試合は若いものに任せて、落ち着いて「監督業」に専念できる。


監督といっても、お気楽な「OBチーム」ではなく、本気の「現役高校生チーム」の正式監督。



というのも、


水球部顧問のアダチ先生(東大卒)は、高校時代の同級生。

頭はいいけど、水球どころか、水泳も経験がない。


『自分がベンチに入っていても、何の役にも立たないから、是非お願いします』


と、監督役を頼まれた。

で、9月に3回だけ練習を見に行って、そしてこの日は、偉そうにミーティングなどしながら、「監督」っぽいことを。

f0131183_00021233.jpg

↑手作りのフォーメーション板。



結果は、それなりに。

f0131183_23592374.jpg

最も重要な前橋南高校との試合が、シーソーゲームの末に、2-3 で敗戦。

一時は、2-1 でリードしていたのに…


え、1点差ゲームは監督の責任?

それは野球だけの話。



………



僕が監督をすることによって、選手(高校生)が試合を楽しんでくれればそれでいい。



「ボールを持っても、何をやっていいかわからない」


それじゃぁ、少しも楽しくない。

ウロウロして、ムダパスでボールを奪われて、あっさり失点。

大差負けばかりでは、面白いはずがない。


選手(高校生)が、

「どうすればいいか」をわかりながらプレイして

負けるにしても、失点を少なくして、

明日からどんな練習をすればいいかを理解してくれて、


水球って、楽しいなぁ


って、思ってくれるとうれしい。



とすると、メンバーチェンジなんかも、かなり気を使いますよ。

試合に出られなければ楽しいわけないし、でも明らかに泳力の落ちる選手の使いどころを探すのも難しい。かわりに交代させられる選手のことも考えないといけないし…



まるでWCCFですね。



選手の顔と名前を覚えて、

ジュースを配って機嫌を取ることから始めてます。






[PR]

# by akogarehotel | 2017-10-04 23:56 | ただの日常日記 | Comments(0)