2094. もてぎエンデューロ 平成29年11月26日(日)

もてぎエンデューロ 平成291126日(日)



f0131183_18540819.jpg


卓球のパパ友でもある、元競輪選手の瀬谷さんから、

 チームのエースとして、是非とも参加してください、と、

三度にわたって誘われたので、微力ながらお手伝いさせていただきました。


f0131183_18542628.jpg

↑どちらがどっち?



………



もてぎエンデューロ

自動車用サーキットを使用した耐久レース。

7時間、4時間、2時間、の3種類にそれぞれ、チーム、個人の部がある。

チーム戦はリレー形式で人数は自由。


f0131183_18545581.jpg

マトリクスをはじめとしたプロチームが参加する、ガチ率の非常に高いレース。素人足自慢的な冷やかし感覚で出走してはいけない。


参加人数が多いので事故も多い。

今回もドクターヘリが呼ばれて、それ以外に救急車は数知れず、目の前で2回落車を目撃し、イエローフラッグで巡航させられたのが2回。

事故の多いのは走っている選手のレベルが違うせい。速度の違う選手がカーブに侵入するとき、当然、コース取りが違う。遅い選手はインに切れ込み、速い選手はアウトへふくれる。

アウトへふくれる上級者に、インに近道したがる初心者がぶつかる構図。

毎回のようにドクターヘリにお世話になるレースだが、そもそもがF1サーキットなので主催者的にはむしろ「軽傷でしょ?」なのかも。


瀬谷さんに言わせると、

 「これ以上に安全なレースはないよ」

路面も良好、段差がない、車は通らない。納得です。



………



7時間耐久(チーム)、1周約5km

 私(4周)→セヤさん(3~4周)→アマノさん(1~2周)→私→

これを7時間繰り返す。


結果は、

 私        18周(90km

 セヤさん    14周

 アマノさん    8周

 臨時ヨコタさん 4周

で、合計44周(220km、平均時速30km

ありがたくたくさん走らせてもらいました。



ちなみに、優勝チームは、7時間で59周。

平均時速は40km以上。バカ?

個人の部の優勝は58周。バケモノ?


そんななか、こんなガチレースで、自分の後にラインができて、そのまま1周逃げさせてもらえると、ほんと快感ですね。他人の後を走るのも気持ちいいけど、やっぱり先頭で後から抜かされない、ってのはこの上ない快感。(リレーだから、疲れたら交替すればいいし。)



★魔の1時間

午後1時から2時までの1時間は、「4時間」組と「2時間」組がレースを中断していて、「7時間」組しかレースをしていない「魔の1時間」。

一気に人口密度が減少するので、ラインができない。自分と同じくらいの速度の人が近くに存在しないので、永遠に独走。


ちょうど、僕(4周)→セヤさん(4周)がこの時刻を担当。

4周(20km)の独走って、、、十分に死ねます。限りなく死ねます。

バンク50周だよ。



★★★



ということで、前日入りしてミーティング。別チームのrosuket師匠も。


f0131183_18544140.jpg

たまたま真岡でみかけたカウンターしかない居酒屋。



ミーティングの後は、調整練習。

旅先でゲーセン、が基本の僕ですが、バッティングセンターで妥協。

しかし、アルコール消毒しすぎたので、驚くほど当たらない。


f0131183_18551258.jpg

↑元野球部のrosket師匠。(いや、僕も野球部経験者ですけど。)





翌朝、5時起床で730分到着。

アマノさんが6時半ころに場所取りをしてくれたおかげでギリギリセーフ。

rosuket師匠チームメンバーを加えて、7人の大所帯。


f0131183_18533661.jpg


遠くからも目立つセンスの悪いジャージよりも、6番車のユニフォームと競輪ヘルメットがいい。

(ガチレースだけど、わずか数名のコスプレレーサーあり。)



午前9時にスタートして午後4時、終了。

休憩をはさむとはいえ、基本的に全距離(90km)を全力疾走なので疲れた。




全レース終了後の元競輪選手↓

f0131183_18552799.jpg

   したっ!!




帰り道。伊勢崎へ寄り道。

同じく元選手の駒村さんのラーメン「銀輪屋」へ。餃子をサービスしてもらっちゃいました。ありがとうございました。

f0131183_18535159.jpg

   したっ!







[PR]

# by akogarehotel | 2017-11-27 18:50 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2093. この本を読む?  三国演義 安能務 平成29年11月24日(金)

この本を読む?  三国演義 安能務 平成2911月24日(金)



☆その前に、

ネタがないのでブログが更新できません。決して、手抜きしているわけではありません。

仕事して、子供の卓球の送迎して、な毎日。

暇を見つけて、ローラーを20分程度な毎日。


子供が卓球で4位だったこととか、ピアノ発表会は名探偵コナンの独演だったとか、ドラム発表会はドラムソロだったとか、水彩画で表彰されたとか、のネタならありますが、まさに親バカなので自重課長。



………



デュークさんに勧められたので、6冊セットで購入しました↓

2巻まで読んだら、やっと孔明が出てきた。

f0131183_19122454.jpg


三国志って、要するに、


 『中国という国を嫌いにさせる本』


なのですね。



あの国は、今も昔も、賄賂と汚職の国だ。と再確認させる本。


吉川英次は、「子供に楽しく読んでもらう本」を目指して、三国志を書いたようだが、

この安能さんは、「もうちょっとその国の文化を探ってみよう」と思って、書いてくれたらしい。


権力を奪った人間は、必ず専横に走り、その権力者にはおこぼれをもらいたい小物が群がってくる構図。別に、董卓だけが悪人ではない。呂布も曹操も、横暴な権力者で、劉備も同じようなものらしい。


「日本の侍もの」とは全然違う。

三国志の中に、「義」を重んじる武将って?関羽のほかに、誰?

負けて潔く切腹した武将って、関羽のほかに、誰?



戦争に負けると、ほとんどの武将が「ごめん」といって降伏する。で、何かの折にまた裏切る。

負ける降伏する裏切る、の繰り返し。ほぼ全員が松永弾正状態。



戦争の形態も全然違う。

(ご存知の通り、)何万人の戦争だろうが、基本は「一騎打ち」。

一騎打ちで負けたほうは、兵隊が何万人いようが、あっという間に退散する。だって、「親分」が一騎打ちで負けて死んじゃったら、自分が戦う必要はない。

「親分」に対する義理や信頼なんて、これっぽっちもないから、戦う理由がない。



日本なら、主君が戦死したら仇をとろう、となるのだろうが、大陸の国には、そんな侍スピリッツはない。一目散に逃げていく。

てことは、戦争が「一騎打ち」で片がつく時代に、「軍師」っているのか?軍師って必要なのか?

日本の戦国時代のような戦争ではないのだから、軍師が戦争を左右するってのは、そうそうあることではないらしい。

だから、孔明を「へぼ軍師」呼ばわりするのも納得できる。


孔明といえば、三顧の礼。

その「三顧の礼」の解釈は、


 孔明は、『わざわざ三度も訪ねていくほどに、素晴らしい人材』


と一般的に解釈される。

が、それは間違いらしい。本当は、


 劉備は、『在野にうもれたどこの馬の骨かわからない人物に、わざわざ三度も訪ねていくほど、民のことを考えて他人の言葉に耳をかたむける素晴らしい君主』


と思わせるのだそうだ。

 へーへーへー

別に、孔明が天才だという理由はない。



では、その劉備はヒーローなのか?

あたかも『努力と魅力と忍耐の人。その誠実さで人を惹きつける。』

というのが、もしかして一般的でしょうか。


しかし、実際は腹黒政治家で、(これも本当かどうかは誰も知らないけど)、

 呂布に味方して、すぐに裏切り殺し、

 曹操に味方して、すぐに曹操暗殺計画に加わり、

 袁紹に助けてもらって、すぐに裏切り、

というか、そもそも袁紹は、劉備が限りなくお世話になった公孫讃を殺した人間。そんな人間に頭を下げて助けてもらうほど、信念とか義理とか、全く持ち合わせていない人物。


ついには、

 劉表にイソウロウして、その領地を奪ってしまう。


よく考えたら、寄生虫みたいだな。

安納さん曰く、「誰にでも簡単に頭をさげることのできる、薄汚い政治家」だそうです。

はげしく納得。



じゃぁ、曹操がヒーロー?

実は、大量虐殺や無罪の処刑を何度も繰り返してる。信長の比叡山どころじゃない。

じゃぁ、呂布がヒーロー?

父親と呼んだ人間を2人も殺している。

じゃぁ、孫権?

一番まともな部類かもしれないが、単に情報がないだけかも。



大統領になったら、利権を食い物にして、やりたい放題。

あの辺のやつらは、

どこの国も、どこの時代も、悪役もヒーローも、みんな一緒だな。



………



さて、今、第3巻。

吉川英次よりは、面白いかもしれない。

がんばって6巻のゴールを目指す。





[PR]

# by akogarehotel | 2017-11-24 19:11 | この本を読め | Comments(6)