2040. ハルヒルの、その先へ その1 平成29年5月22日(月)

ハルヒルの、その先へ その1 平成29年5月22日(月)



日曜日のハルヒルが、いい準備運動になりました。

さぁ、本番は明日(火曜日)です。

 海が見たい!


(ハルヒルの記事は後日)



………



今回は、たくさん下調べ。

f0131183_13012112.jpg

渋峠や八ヶ岳なら、勝手知ったる我が庭なので、道はよく知っている。

今回の目的地は直江津(上越)。菅平から先は未知の世界。

道順のほかに、各ポイント間の距離と標高を調べておきます。


たどり着くだけなら、そんなに慎重に調べる必要はない。

  「帰ってこないといけない」

火曜日の夜は、子供と卓球をする約束なので、7時までに帰らないといけない。

帰りの新幹線の時刻までに直江津に到着しないといけない。

下調べがないと途中棄権の判断ができません。



【予定】

前橋発 02:00~03:00?

直江津着 14:00

直江津発 15:11の電車に乗れば、卓球の練習に間に合う。



前橋-直江津 の距離はちょうど200km

平均時速20kmで走れば、春日山城と直江津水族館に立ち寄れる。


平均時速20kmって、遅くない?

そんなことない。

巡航速度時速40kmで走って、信号待ちがあると、平均時速20kmになる。

だからギリギリです。



………



先日、ヒロサワさんが、高崎から渋峠を目指したそうです。

午前9時スタート。

しかし、殺生ロープウェイ乗り場で夕暮れ終了。



9時スタートでは遅すぎます。

というか、殺生(せっしょう)まで行けたのですね。すごい。

だって、ヒロサワさんのことを、完全に「短距離タイプ」と思ってましたので。

(「殺生」とは、草津温泉を越えて、天狗山スキー場を越えて、毒ガス地帯の直前。ただし、白根山頂までまだ10kmくらいあって、勾配も10%程度が続く。白根山頂から渋峠までも意外とダラダラ長い。途中棄権して正解です。午前6時スタートならゴールまで行けてましたね。)



………



昨日、

ハルヒルが終わって、速攻で帰宅して、大急ぎでロードを改造した。

ディレイラーをツーリング仕様にして(後述)、工具バックをあちこちつけて、前後ライトを装着して、、。

f0131183_13010592.jpg

あとは、家庭の事情がスタートを許してくれるかどうかです。







[PR]

# by akogarehotel | 2017-05-22 12:59 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2039. 戦国鍋TV 平成29年5月19日(金)

戦国鍋TV 平成29年5月19日(金)



このシュールな感が、練習中に観るDVDとして最適です。



………



ローラー用DVDの定義

『 それだけを観ることを目的とするとつまらないDVDだけど、練習中にそれとなく流しておくと、とても楽しい。 』


2,3分を見逃しても大丈夫。

心を注ぎ込んで見る必要がない。

画面を見ないで、音を聞いているだけで把握できる。

ほのぼのした気持ちにさせてくれる。

そんなことが要求されますが、


そういう意味で、「ゲームセンターCX」は最高です。

TUTAYAに行くたびに、新しいものを借りてきます。



その他に、先日からハマっているのが「戦国鍋TV」。

f0131183_13482389.png

なぜここにこんなネタが必要か?

そんなことどうでもいいから、とりあえず戦国モノにしてみました。

とりあえず、信長を出しときました。みたいな。



地方TV局を中心に深夜放送された番組のようですが、各コーナーに分かれています。

「川中島学園」 


川中島学園のテッペンを巡って、生徒会長の上杉君と転校生の武田君が、小田原学園、駿府高校、ヤクザ室町組を巻き込んで、熾烈な争いを繰り返す。ビーバップハイスクール的な物語。

こんなベタなネタを、俳優やスタッフが超マジメに作製しているので、見ているほうは吸い込まれる。川中島合戦が4次まで続いた経緯も分かりやすく説明してくれる。

上杉謙信を演じている俳優さんが、とてもクールなイケメンなんだけど、どこかの舞台俳優さんだそうです。

f0131183_13480053.jpg



「活躍の割りに知名度の低い戦国武将が集まるキャバクラ」

 

お客の戦国武将と、お姉さんの楽しい会話。

のめりこんでしまうくらいに、本当に面白い。笑わせるというよりも、心をくすぐられる。

俳優さんが、戦国武将の雰囲気とユーモア感を完璧にかもし出している。ググッてみたら、ほとんどが舞台俳優さんだった。舞台をする人って、天才ばかりですね。

特に、斉藤道三さんとレイナさんの「掛け合い」は最高。昔ながらの才能ある「漫才」というべきじゃないでしょうか。


その女優さん(レイナ)を評価しているのは僕だけではないみたいです。

→リンク




「うつけBAR NOBU


おかまバーに来る客と、のぶママの会話。

何気ない話ばかりだけど、のぶママの演技に吸い込まれる。オカマと武将織田信長の両方を演じてるのは超イケメン俳優さん。このシリーズで一番の名優でしょう。

兵農分離、楽市楽座などの勉強要素が多いコーナーだけど、全然堅苦しくない。



「アイドルユニット、SHICHIHON槍(七本槍)」

 

豊臣秀吉プロデュースのアイドル7人組が登場する歌番組。

アイドルグループなんて、こんな簡単に作れちゃうんだよ、という業界批判。いいの?

ところで、7人全員の名前を言えますか?



まだ2巻(10話)までしか見ていない。続きが楽しみで仕方ない。

ローラー練習が楽しみで仕方ない。



ちなみに、「知名度の低い武将」で出演するのは、

元親、重秀(雑賀孫一)、官兵衛、道三、龍造寺、氏康、、。

いわゆるドラフト大成功ですが、本当に知名度が低すぎると、「笑い」にならないということを、スタッフがよーくわかっています。

板部岡江雪斎だけ例外。



で、よく見たら、、「ゲームセンターCX」と同じプロデューサーなんですね。

だから面白いのか!

作品の割りに、扱いの低い天才さんです。



★戦国鍋はローカル地上波(千葉テレビ、さいたまなど。群馬はなし。)

★ゲームセンターCXは有料CS(スカパーなど)





[PR]

# by akogarehotel | 2017-05-20 13:41 | 本気のサイクリング | Comments(6)